就活会議では、Internet Explorer11のサポートを終了いたします。今後はGoogle ChromeやMicrosoft Edgeをご利用ください。
就活会議
CREATED ON 2021.03.19 | UPDATED ON 2022.03.02

【就活ガイド】株式会社NTTドコモ(ドコモ)の本選考の傾向と対策【内定者回答あり】

IT・通信 #本選考
448 VIEWS
この記事は、就活会議の会員が投稿した体験記にもとづいて作成・編集をしています。就活会議の会員は現役の学生であることを確認しています。
株式会社NTTドコモの本選考の傾向と対策

携帯電話契約件数において業界シェアナンバーワンの株式会社NTTドコモ(ドコモ)。近年は動画・音楽配信サービスや決済サービスなどの事業にも力を入れており、世間からの注目度も高い企業です。 就活会議では、実際にドコモの本選考に応募し参加した学生から情報提供をしてもらっています。ESや面接での実際の回答例もありますので、ぜひ選考を受ける前に対策として読んでみてくださいね。

企業研究を進める

ドコモの企業概要

まずは就職活動のスタート地点である企業情報をみていきましょう。ここではドコモの基本情報をお伝えします。

ドコモの基本情報

会社名 株式会社NTTドコモ
業界 通信
本店所在地 東京都千代田区永田町2丁目11番1号 山王パークタワー
設立日 1992年7月1日
売上高 4兆7,252億円 ※連結(2020年度)
従業員数 8,433名(グループ28,113名)(2021年3月31日現在)
資本金 949,679(百万円)(2021年3月31日現在)
事業内容 通信事業
スマートライフ事業
その他の事業

参考元:https://www.nttdocomo.co.jp/corporate/about/outline/index.html 参考元:https://www.nttdocomo.co.jp/corporate/ir/binary/pdf/library/finance/highlight/highlight.pdf

ドコモの起源は、日本電信電話公社の民営化です。1985年の民営化後、1991年に日本電信電話株式会社(NTT)の移動体通信事業を継承する形でドコモ(当時:エヌ・ティ・ティ・移動通信企画株式会社)が設立しました。 参考元:https://www.nttdocomo.co.jp/corporate/about/outline/history/

近年では、動画・音楽・電子書籍の配信サービス、金融・決済サービスなどを推進するスマートライフ事業(非通信事業)にも力を入れています。

ドコモの強み

強み・特徴「業界シェアナンバーワンの顧客基盤」

NTTドコモのメイン事業は、携帯電話サービスを含む通信事業です。ドコモと契約したスマートフォンを使用している方も多いでしょう。

KDDI(au)・ソフトバンク・NTTドコモの大手キャリア3社の携帯電話契約数を比較すると、ドコモが1位となっています。

大手キャリア3社のシェア※2021年9月時点

参考元:https://www.tca.or.jp/database/

このように、メイン事業となる通信事業で強固な顧客基盤を築いていることこそが、ドコモの最大の強みです。

ドコモが携帯電話市場において圧倒的な支持を得る背景には、スマートフォンやタブレット端末を快適に使えるネットワーク環境を維持していることが挙げられます。 通信速度では、総務省実効速度計測において3年連続で事業者最高水準を達成しています。また、イベント施設や山岳地帯などの広いエリアで信頼性の高いネットワークを構築しています。 参考元:https://www.nttdocomo.co.jp/corporate/ir/library/docotsu/72/front.html

このようなネットワーク環境整備における努力が、業界シェアナンバーワンという実績をもたらしているといえるでしょう。

ドコモの強みは「エリアが快適であること」であり、その強みを継続的に維持・強化するために無線アクセスネットワーク部の「エリア品質担当」は日々努力をしています。「エリア品質担当」とは、新たなエリア改善プロセスや新しい改善手法を実践する本社直轄の組織です。 ドコモが25年間培ってきた知見とノウハウを最大限に発揮し、お客さまが、迷わずドコモを選んでいただけるような絶対的な信頼と安心感を獲得できるようにエリアを磨き上げることをビジョンに掲げています。

引用元:https://www.nttdocomo.co.jp/corporate/ir/library/docotsu/72/front.html

ドコモの社風

社風「助け合いの文化が根付いている企業」

ドコモは、困っている人には率先して手を差し伸べるような、助け合いの文化が根付いている企業です。採用サイトには、下記のような新入社員の声が紹介されていました。

プレッシャーもあるけど、そんななかでも仕事をちゃんと楽しめているのは、先輩たちがフォローしてくれるからだよね。私は入社してから、「この人ともっと仕事したい。この人にもっと褒められたい!」って思える人にたくさん出会えた。だから、頑張れてるんだと思う。 (中略) 在宅勤務もできるし、仕事と育児を両立している先輩も多いから、結婚・出産に対する不安を感じたことがない。それが実現できているって、ドコモに「助け合いの文化」が根付いているからだなって、最近思うんだよね。 「子どもが熱を出しちゃった」と聞くと、すぐに誰かが「じゃあ僕が!」って、手を挙げるし、見て見ぬ振りをする人がいない。優しい人が多い会社だなって、入社して改めて感じるな。

引用元:https://information.nttdocomo-fresh.jp/special/crosstalk4/

困ったときには先輩社員が積極的にフォローに入ってくれるとのことです。若手であっても、安心して仕事に打ち込めそうですね。 また、育児に対しても理解のある社員が多いようです。他にも、「休みをとることに寛容な人が多い」といった声もみられました。プライベートと仕事を両立して、長く活躍したいという人にマッチする職場環境と言えるでしょう。

ドコモの本選考対策ポイント

ここからは、実際に選考を通過した先輩の口コミをもとに、企業研究と志望動機作成のポイントを解説していきます。

企業研究「競合他社と比較しながらドコモへの理解を深める」

ドコモの企業研究のポイントは競合他社との差別化をしっかりと理解することだと先輩たちは言っています。業界研究や企業研究に取り組むだけではなく、そこから知った同業他社との違いを言語化できるように準備しましょう。ドコモでなければならない理由を論理的に説明することが重要です。

「企業研究」で行ったこと、調べて役に立ったこと

この企業は通信キャリアの企業の中でも深い企業分析を最も求められる企業だと思いました。例えば、企業全体、toC向け、toB向けにかんする、強み・弱み・特徴などです。それらに加え、株式会社NTTドコモが所有するサービスに関する知識も要求されます。例えば、面接では株式会社NTTドコモが所有するサービスについて語って、そのサービスの強みはどこだと思う、そのサービスの弱みはどこだと思う、KDDIやソフトバンクや似たサービスをやっているのか、そのサービスの弱みに対してどのように解決してく必要があるのか、その解決に向けて今のあなたの力で貢献できる部分はどこなのか、逆にそのサービスの弱み解決に向けてあなたの足りない力はどこかなどの回答を求められます。

志望動機「興味のある事業やサービスを伝える」

実際に選考を通過した先輩の志望動機では、なぜドコモなのかが明確に述べられていました。下記の先輩も、ドコモのどの事業に興味があり、その中でもどのような点に魅力を感じているのかを具体的に伝えていますね。 企業研究を入念にしたうえで、自分はドコモのどのような事業やサービスに惹かれているのかを志望動機に落とし込んでみましょう。

実際に選考通過した先輩の志望動機

人がサービスを受ける上で、物理的距離が障壁にならない社会をあたりまえにしたいからです。田舎に住んでいた祖父が癌になった際、隣町の病院に祖母はなかなか会いに行けず、最期の時も立ち会えなかった経験があります。この経験から、遠隔支援技術を普及させてこのような思いをする人をなくしたいと考えました。御社には遠隔での医療行為などの高度なサービス提供を可能にする5G技術や7500万人のdポイントクラブ会員といった豊富なアセットがあります。従って、貴社は自身の夢を叶えることが可能な唯一無二の企業であると考えています。そして、このアセットを活用し医療を始めとする様々な領域で遠隔支援技術を提供していくことで、夢を成し遂げたいと考え御社を志望しました。

ドコモの本選考フロー

それではここから、ステップごとに実際の選考体験をもとにした対策をお伝えしていきます。

2022年卒の本選考スケジュール

ドコモの2022年卒本選考スケジュールを紹介します。

2022年度採用の選考ステップ
2021年3月ES
Webテスト
2021年4月一次面接
GD
二次面接
最終面接~内定

上記は、3月にエントリーシートを提出して4月に内定した方の選考スケジュールです。 選考ステップは個人によって異なり、面接が2回であるケースやグループディスカッションが実施されないケースも見られました。インターンの有無などで変わる可能性が考えられるため、自身の選考ステップを早めに確認しておきましょう。

インターンから早期選考に進める

ドコモでは、インターンに参加すると早期選考に進めるという情報が寄せられています。志望度が高い人は参加が必須ですね。 また、インターンへの参加が企業理解につながったという声も。志望動機を深めるためにも、インターンには積極的に参加することをおすすめします。応募時期を逃さないように、早め早めに情報収集に取り組みましょう。

実際に選考通過した先輩の声

この企業は夏のインターンシップに参加すると早期選考に乗ることができるので、インターンシップに参加した方が有利になると思います。 早期選考の方が倍率も低いと思いますので、夏のインターンシップに挑戦してみるべきだと思います。

エントリーシート(ES)対策「『挑戦心』と『行動力』が評価される」

ドコモのESの設問は2つだけです。チャレンジした経験と叶えたい夢が問われます。

採用サイトで発信されている人事部メッセージを見ると、ドコモは「挑戦心」と「行動力」のある人を求めていることが記載されていました。

困難が訪れた時こそ、未来そして自分を信じ、あきらめずに乗り越えていく「挑戦心」と「行動力」が必要です。
「挑戦心」とは、技術革新の最前線でその変化を楽しみ、新しいコミュニケーション文化の世界を作るという、答えのない困難にチャレンジするマインド。 「行動力」とは、思い描く世界を実現するために自らアクションを起こし、最後までやり遂げる力。

引用元:https://information.nttdocomo-fresh.jp/about/talent/

ESの段階から、挑戦心と行動力をアピールして求める人物像にマッチした人材であることを伝えられるといいですね。

2022年卒のESでは、以下の設問がありました。

設問と回答「成功や失敗を問わず、学生時代にチャレンジしたエピソードを教えてください(400文字以内)」

この設問では、成功・失敗に関わらず何かにチャレンジした経験があるかどうかが問われています。「成功や失敗を問わず」ということは、結果を出したことよりも「挑戦心や行動力そのもの」が評価されているということです。しっかり成果を出した経験よりも、思い切ったチャレンジをした経験を述べましょう。 また、下記の先輩のように、何が成功や失敗につながったのかを分析し、論理的に説明することも重要です。

実際に選考通過した回答

私がチームで力を入れて取り組んだ経験として、インドの孤児院での教育支援ボランティアを挙げます。「貧困」や「教育格差」への問題意識から、少しでも自分にできることがしたいという思いで、このボランティアに参加しました。現地では、多国籍のボランティアメンバーに対して子供達の教育支援が任されました。しかし施設職員から具体的な指示は一切なく、まさにゼロベースの任務でした。さらに、国籍や価値観の異なるメンバー同士の意思疎通が不十分だったことで、チームとしての連携がうまく取れないという困難が生じました。そこで私は、積極的にリーダーシップをとり、1.話し合いの場の設置や、2.メンバーの目線を合わせるための「共通目標設定」の提案、3.教育支援の方針策定に向けた論理的提案の継続、といった工夫を重ねました。結果として、メンバーの議論が活発になり、チームとしてボランティアを成功させることができました。

Webテスト対策「SPI対策を万全に」

ドコモの選考では、SPIが実施されます。対策を万全にして、確実に通過できるように準備しておきましょう。

どんなテストか?

SPI(言語、非言語、性格診断)

対策ポイント

SPIを確実に突破するポイントは、問題を解くことに慣れておくことです。問題集を1冊用意し、繰り返し解いておきましょう。時間内に問題を解ききれるように、実際に時間をはかって練習しておくことも大切です。

GD対策「メンバー全員の認識をすり合わせたうえで議論を進める」

2022年卒選考ではグループディスカッションがおこなわれています。オンラインでのグループディスカッションとなるため、慣れていない人は練習しておく必要があるでしょう。 テーマは事前にメールで伝えられていたために、ひとりひとりが自分の案を持って臨むことになるという情報が寄せられています。

テーマ「10年後に当たり前になるNTTドコモの新規事業を立案せよ」

このテーマでは「当たり前」という抽象的な言葉が用いられていますね。具体的なところまで議論を落とし込むために、「当たり前」とはどういった状態を指すのかという認識を、メンバー全員で共有しておくことが重要です。実際に下記の先輩も、最初の認識のすり合わせにしっかりと時間を取っていました。

評価されていると感じた所

このグループワークについて事前に『10年後に当たり前になるNTTドコモの新規事業を立案せよ』とお題が与えられていたので参加する個人個人が自分の案を持って臨んでいました。 なので、与えられた時間の中でその案のすり合わせを行い、その上で方針を決めていく形式になりました。 5人の意見をまとめて、一つのものにしていくときに、全員が共通の認識を持っていることが必要不可欠だと思います。ここについてはしっかりと時間を取るのがオススメです。

一次面接「人間性が評価される」

一次面接は、30分程度の個人面接です。和やかな雰囲気の面接となるケースが多いです。 一次面接では、学生時代の経験を問われます。過去の経験から人間性を評価していると考えられるため、自身の人となりが伝わるように、考えや価値観に基づいた回答をしましょう。

設問「学生時代に力を入れたこと」

ガクチカが問われています。下記の先輩は、目標達成のために臨機応変に対策を考えられるように、俯瞰的に課題を見るようにしているといった考え方を述べています。広い視野で物事を見極められるという人間性が伝わってくる回答にできていますね。

実際に選考通過した回答

塾のアルバイトにおいて、課題を見極め計画する力で、【高校1年生の担当生徒の学習環境を改善した経験】になります。個別指導アルバイトで勉強姿勢改善に着手し、担当生徒の三教科の校内順位を79つ上げることに貢献した。俯瞰的視点から臨機応変に目標達成への取組み方を考える私はテスト勉強が捗らない生徒に2つの自宅学習計画を提案しました。1つ目はやるべきことを書き起こしたうえで、逆算配分して可視化する方法になります、そして、2つ目は日課とする分野とまとめて時間を投じる分野とを区別して時間配分し勉強する方法です。その結果、科目のバランスが取れるようになり、苦手意識の克服だけでなく作業効率の向上にもつながりも上がりました。

二次面接「人間性をさらに深掘りされる」

二次面接は、30分程度の個人面接となります。一次面接同様、和やかな雰囲気となるケースが多いです。 二次面接では、一次面接よりもさらに踏み込んだパーソナルな質問が聞かれます。対策として、自己分析の内容をより深めておくとよいでしょう。

設問「メンバーと対立した経験はありますか。どう対処しましたか。」

意見が食い違ったときにどう対処できるのかが問われています。下記の先輩は、この回答のあとに「その経験から何を学びましたか。そして、弊社でどう活かしますか。」という深掘りの質問をされています。 深掘りをされたときに、冷静に論理立てて話せるように、考えを素早く整理する練習をしておく必要がありますね。

実際に選考通過した回答

体育会○○部で、目標としている大会の二か月前に、レギュラー部員とその他の部員の間に亀裂が走ったことです。当時、部内選考会を通じて代表から漏れた部員のモチベーション低下が顕著に現れました。私は、何らかの形で全部員を巻き込んで成果を出すことに拘りたいと強く思いました。初めは、代表入りしている私が正面からの意識改革に取り組むも失敗に終わりました。当人たちへの配慮に欠けていた行動であったと反省しました。そこで、部員の得意分野に絞った役割配分を通じて、コミットメントを引き出すことをしました。なぜその役割が大事なのか、その役割を通じてチームにどんな影響を与えることができるのかといった客観的な意見を伝えることで、当人たちからの協力獲得に成功しました。

最終面接「なぜドコモなのかを明確に」

30分程度の個人面接となります。最終面接では面接官が2人になり、そのうちのひとりは年次の高い方が入るケースが多いです。一次、二次面接よりも硬めの雰囲気となりますが、実力を発揮できるように適度にリラックスして臨みましょう。 最終面接では、就活の軸や入社後やりたいことなど、志望動機に紐づいた質問が多数聞かれています。最後に改めて熱意が評価されているため、「なぜドコモなのか」を具体的に説明して、入社意欲の高さをアピールしましょう。

設問「あなたのドコモで成し遂げたい夢を具体的にどのように成し遂げるのか?他の企業の選択肢もあると思うが、なぜドコモなのか?」

入社後やりたいことと、それを実現させるためのキャリアプランが問われています。下記の先輩のように、携わりたい事業を具体的に提示しましょう。目標は具体的であるほど、熱意や入社意欲の高さが伝わりやすくなります。

実際に選考通過した回答

私は「人々の技術格差をなくす」という目標をスマートシティという手段をもって成し遂げたいと考えています。なぜスマートシティなのかといいますと、理由は2つあります。1つはスマートシティが人々の暮らしを変革しうるコンセプトだからです。私はこの10年技術進歩を肌で感じながらも、どこか違和感を感じていました。そしてその違和感は今の技術進歩が道具ベースで起こっていることです。例えば今でも人類は毎朝ゴミ出しをしています。もうそろそろ暮らしに変革が起こっても良いのではないかと日々思っています。2つめの理由は近年話題になっているDXの中心になると考えているからです。例えばスマートシティと一言で言っても、機器のIoT化からネスト0のエネルギー管理など多岐にわたります。そういった分野横断のDXの中心になりうるのがスマートシティだと思い非常に興味を持っています。

内定者が語る、内定獲得のためのアドバイス

投稿してくれた先輩たちの口コミをまとめるとポイントは大きく3点です。

  1. 自分の意見を論理的に話すこと
  2. 競合他社との差別化を明確に
  3. 自己分析にしっかり取り組む

とくに、自分の意見を自分の言葉で、論理的に話すことが求められているのではないかと先輩たちは分析しています。深掘りされることを前提とした面接対策に取り組みましょう。 面接では、パーソナルな質問と企業に紐づいた質問の両方を、さまざまな角度から聞かれます。企業研究と自己分析を、それぞれ入念におこなっておきましょう。

内定をもらうために大事なことを教えて下さい

なぜドコモなのか、ここを面接官に納得感のある回答で伝えるべきです。この質問が、合格を決める重大な山場であると感じます。事実、最終面接では、知人3名が敗退しており、鬼門であることが伺えます。そのため、最終面接では、志望動機関連のあらゆる質問に対して、完璧なロジックで回答を固め、かつ、情熱的な対話スタイルで挑むよう、徹底した準備が必要です。また、GDに関しては、協調性を意識して取り組んでください。チームで取り組むのが、ドコモスタイルです。

内定が出る人と出ない人の違いを教えてください

内定が出る人と出ない人の違いは、上記の通り「徹底的な企業分析」です。それに加え、「徹底的な自己分析」も求められます。最終面接では、ガクチカをともて深ぼられました。(1つのガクチカで20個の質問レベル)ですので、2つを徹底することです。

内定したからこそわかる選考の注意点を教えてください。

ドコモで成し遂げたいことについては非常に深掘られる。これは私の想像の遙か上をいっていたので、これから受ける人はまずその点をしっかり答えられるように準備した方が良い。また、通過連絡は人それぞれで、私は最終面接後GWをはさみ1週間以上経過してから連絡が来た。

ドコモに入社して何を成し遂げたいのかを明確にしておこう

ここまで、ドコモの本選考の概要をまとめてきました。ドコモの選考では、学生ひとりひとりの人間性を徹底的に紐解かれる傾向があります。深掘りに対して一貫性のある回答ができるように、自己理解を深めておくなどの対策をしましょう。 また、入社後やりたいことについても深堀されています。ドコモに入社後、どの事業でどう活躍したいのかを明確に考えておくことが大切です。

ここで紹介したのは先輩が投稿してくれた口コミの一部です。更に詳しい口コミもあるので、ぜひ読んでみてくださいね。

今回記事の中で紹介した最新の口コミはログイン後に観覧いただけます。

会員登録をして最新の口コミを見る続けて企業研究を進める
就活会議

この記事を書いた人: 就活会議編集部

就活会議の編集チームです。就活生の皆さんの役に立つ「企業と面接のリアルな情報」を発信しています。体験記・ESは 会員登録 すれば見放題! YouTubeチャンネル も配信中です!

関連記事
株式会社NTTドコモの企業研究
IT・通信
【就活ガイド】株式会社NTTドコモ(ドコモ)の企業研究〜企業分析で選考突破〜

株式会社NTTドコモ(ドコモ)は、携帯電話契約数で業界シェア第1位の企業です。ドコモといえば通信事業という印象を持っている人も多いでしょうが、実際は、動画・音楽配信サービスや決済サービスといった通信事業以外のサービスも広く展開しています。 この記事ではドコモの基本情報や業界内での立ち位置をもとにお伝えするとともに、先輩たちが実際に行った企業研究方法をご紹介します。ドコモの選考を受ける前にどのような会社なのか、その特徴をしっかり理解していきましょう。

#企業研究
就活会議編集部
富士ソフト株式会社の企業研究
IT・通信
【就活ガイド】富士ソフト株式会社の企業研究〜企業分析で選考突破〜

組み込み系ソフトウェア開発や業務系ソフトウェア開発、ネットビジネスソリューションなど、幅広くシステム開発をおこなう富士ソフト株式会社。日本国内にとどまらず、海外にも拠点を置いています。 この記事では富士ソフトの基本情報や業界内での立ち位置をもとにお伝えするとともに、先輩たちが実際に行った企業研究方法をご紹介します。富士ソフトの選考を受ける前にどのような会社なのか、その特徴をしっかり理解していきましょう。

#企業研究
就活会議編集部
SCSK株式会社の企業研究
IT・通信
【就活ガイド】SCSK株式会社の企業研究〜企業分析で選考突破〜

SCSK株式会社は、住友商事グループに属するシステムインテグレーターです。住友商事の情報システム部門が独立する形で誕生しました。現在はグループ外の幅広い業界に対しても積極的に事業を展開しています。 この記事ではSCSKの基本情報や業界内での立ち位置をもとにお伝えするとともに、先輩たちが実際に行った企業研究方法をご紹介します。SCSKの選考を受ける前にどのような会社なのか、その特徴をしっかり理解していきましょう。

#企業研究
就活会議編集部