就活会議では、Internet Explorer11のサポートを終了いたします。今後はGoogle ChromeやMicrosoft Edgeをご利用ください。
就活会議
CREATED ON 2021.03.19 | UPDATED ON 2022.09.08

【就活ガイド】シャープ株式会社の本選考の傾向と対策【内定者回答あり】

メーカー #本選考
695 VIEWS
この記事は、就活会議の会員が投稿した体験記にもとづいて作成・編集をしています。就活会議の会員は現役の学生であることを確認しています。
【就活ガイド】シャープ株式会社の本選考の傾向と対策【内定者回答あり】

毎年多くの就活生がシャープ株式会社の選考を受けます。シャープといえば家電が有名ですが、現在はAI(人工知能)とIoT(モノのインターネット)の機能を活かした「AIot家電」の開発に力を入れています。 就活会議では、そんなシャープの本選考の情報と対策を22年卒向けにまとめました。 就活会議では、実際にシャープの本選考に応募し参加した学生から情報提供をしてもらっています。ESや面接での実際の回答例もありますので、ぜひ選考を受ける前に対策として読んでみてくださいね。

企業研究を進める

シャープの会社概要

まずは就職活動のスタート地点である企業情報をみていきましょう。ここではシャープの基本情報をお伝えします。

シャープの基本情報

会社名 シャープ株式会社
業界 総合電機
本店所在地 〒590-8522
大阪府堺市堺区匠町1番地
TEL:072-282-1221
設立 1935年5月
売上高 【連結】24,259億円
従業員数 【連結】46,643名
資本金 50億円(2021年9月末現在)
事業内容 電気通信機器・電気機器及び電子応用機器全般並びに電子部品の製造・販売

参考元:https://corporate.jp.sharp/info/outline/

シャープは1935年5月に設立となっていますが、創業は1912年と100年以上の歴史を持つ家電メーカーです。従業員は46,643名、資本金は50億円です。創業者である故早川徳次がベルトのバックルを発明して特許を取得したことが始まりの企業で、社名は同じく発明した金属製の繰り出し鉛筆「 エバー・レディー・シャープ・ペンシル」が由来です。

シャープの強み

強み・特徴「日本初、世界初の商品を生み出してきた技術力」

シャープは、これまで、創業者である早川徳次の「他社がまねするような商品をつくれ」という精神のもと、国産第1号のラジオ、テレビ、世界初の電卓や液晶ディスプレイなど、日本初、世界初の商品を数多く創出し、生活の向上と社会の発展に貢献してきました。こうした世の中にない新しい商品を創出するという精神は、当社の創業以来の「創意の遺伝子」として、将来にわたり受け継がれる当社の原動力です。「ナンバーワン」より「オンリーワン」をめざすというシャープの基本姿勢は、この「創意の遺伝子」に支えられています。

引用元:https://corporate.jp.sharp/ir/personal/

シャープは、世の中にない新しい商品を創出してきました。シャープを代表する製品・技術には、液晶テレビ「アクオス」や太陽光発電システム、空気清浄技術「プラズマクラスター」などがあります。「まねされる商品をつくれ」という創業者 早川徳次の精神を受け継ぎ、オンリーワンの商品/技術開発をしていることがシャープの強みです。

参考元:https://corporate.jp.sharp/ir/personal/products/index.html

シャープの社風

社風「若手のうちから活躍できる」

シャープは、企業で働く社員を大切にする社風です。社員の成長を後押しする研修やキャリア開発教育のプログラムなどで、成長意欲のある社員を支えています。企業の採用サイトで「仕事は厳しく、人には優しく」というメッセージを掲げており、シャープへの貢献度が評価される風土があるといえます。

社員一人ひとりが高いモチベーションを保ちながら、専門性を高め、成長を後押しする研修プログラムを用意しています。入社後、社会人としての基本を学ぶ「新入社員研修」をはじめ、自己の成長のために、自律的な学びを推進する「キャリア開発教育」プログラムなど、自ら成長しようとする意識の高い社員をサポートする教育体制を備えています。また、職場では上司や先輩社員からの業務にかかわるタイムリーで実践的な指導を通じて、人間的な成長も促します。このように全社一丸となって人材育成に取り組んでおり、“常に教え合い学び合う社内風土”を築いています。

引用元:https://corporate.jp.sharp/recruit/education/

シャープの本選考対策ポイント

ここからは、実際に選考を通過した先輩の口コミをもとに、企業研究と志望動機作成のポイントを解説していきます。

企業研究「競合他社と比べながらシャープへの理解を深める」

企業研究の方法としては、インターンシップへの参加が役に立ったとの声が多くありました。インターンシップに参加することでシャープについての企業理解を深められ、会社の雰囲気などを知ることができます。下記の先輩は、シャープを客観的にみるために競合他社の説明会やOB訪問も積極的に行なっていました。

「企業研究」で行ったこと、調べて役に立ったこと

電機大手といわれる会社のそれぞれの特長についてそれぞれ確認してどのような強みがあるのか注目した.そこでシャープは夏季インターンに参加した.インターンではwebサイトなどで知りえる情報に加えてより深い情報を知ることができるほかに会社の雰囲気を肌で感じることができた.そこからインターン参加生にははやめはやめに就活情報などいただいた.またインターン後は競合他社と比べて改めてシャープを客観的にみるために競合他社の説明会やOB訪問を行うように心がけた.そこで改めてシャープの独自の製品に魅力を感じることができた.具体的に調べておいて役に立ったことは,最終面接でシャープの将来についての話になったときに企業研究での知識から自分の意見を主張することができた.

志望動機「具体的な製品やサービスを挙げてシャープへの共感をアピール」

下記の先輩は、志望動機でプラズマクラスターを例に挙げて、シャープのオリジナルの技術に魅力を感じていることを伝えています。シャープの理念に共感していることをアピールすることで、企業にマッチした人材であると感じられますね。

実際に選考通過した先輩の志望動機

私は,生活を支える技術の最前線で活躍する人材を目指しています.そこで生活を支える技術の中で空気の力によって快適な空間を実現する空調家電にとても興味を持ちました.シャープの空調家電はプラズマクラスターといった業界の中でもオリジナリティがあり,とても魅力を感じました.そこでシャープにおいてプラズマクラスターのようなオリジナルの技術を搭載した製品に携わりたいと感じました.インターンシップで御社の現場を体験してモノづくりに対する姿勢を学び,シャープの生産理念にとても共感しました.また専攻している流体力学の知識を活かした発想で世界を舞台に快適な暮らしを提供することができる製品開発に携わりたいと考えています.

就活会議に無料登録してES・体験記を閲覧しよう!

シャープの本選考フロー

実際の選考についてみていきましょう。

2022年卒の本選考スケジュール

シャープの2022年卒本選考スケジュールを紹介します。

2021年1~3月 ES
2021年1~3月 WEBテスト
2021年3~4月 一次面接
2021年4~6月 二次面接

2022年卒の本選考は、1〜6月に行われています。面接回数は一次面接から最終面接まで2回実施されていました。WEBテストは玉手箱で、自宅で受ける形式です。

エントリーシート(ES)対策「ガクチカと就活の軸を問われる」

ESでは、就活生自身の過去の経験や実績について問われます。学業や経験で頑張ったことと、それ以外の誇れる実績について問われるため、具体的なエピソードがいくつか必要です。また、就活の軸について問う設問もあり、就活生の価値観をチェックする内容といえるでしょう。

2022年卒のESでは、以下の設問がありました。

設問と回答「学業や研究(第二新卒の方は仕事)で一番頑張ったことは何ですか?そこでどのような挑戦をし、何を得ましたか?(350文字以内)」

大学で一番頑張ったことについて問う設問です。下記の先輩は、研究に活用するプログラムの開発に取り組んだことを回答しています。研究での課題にどう対応したのか、具体的かつ分かりやすく回答できています。

実際に選考通過した回答

私は研究室で初めて、研究に活用するシミュレーションプログラムの開発を行いました。従来は論文や先輩方のアドバイスなどを元に、実験に用いる酵素を決定しますが、度々予測した結果が得られないという欠点がありました。そこで私は、学部でC言語のプログラミングの講義を受けた経験から、○○のプログラムを作成する提案を行いました。研究室でプログラミングの知識がある学生は、私だけなので指導教官と協力しながら要件定義を一から行い設計しています。そして第一段階として、○○するプログラムが完成し、研究に役立てることができました。まだプログラムの改善の余地はありますが、生化学の実験に情報の技術を融合させることで、研究をさらに発展させることができました。

Webテスト対策「玉手箱が実施される」

シャープのWebテストは玉手箱が実施されます。一般的な玉手箱と同じ出題科目で、言語/非言語/性格で構成されています。先輩の中には、英語の問題が出題されたとの声もありました。しっかり対策しておきましょう。

どんなテストか?

玉手箱:言語、非言語、性格 一部英語の問題があったとの投稿があります。

対策ポイント

webテスト対策の問題を解いて練習した先輩が多いです。シャープの選考を受けた先輩は、「大学でwebテストや筆記テストの対策があり、模擬試験などを受けた。」「WEBテスト対策の本を読んだり、他社のWEBテストで練習しました。なにか特別な対策は行っていないです。」と投稿しています。参考書やWEB上に公開されている問題で対策を行うほか、大学の模擬試験や他社のWEBテストを受けて練習しておくなどの対策が定番のようです。

一次面接「話しやすい雰囲気で実施される」

一次面接は、オンラインで面接が実施されています。話しやすい雰囲気だったとの声が多く、先輩は「リモートでの面接で慣れないところをフォローしていただいた.またリラックスするために雑談で和ませてくれた」と投稿しています。面接官は2人で30分程度の面接が実施されます。ESをもとに、希望する事業部門の志望理由やガクチカについて詳しく聞かれるようです。

設問「学業や研究(あるいは仕事)で一番頑張ったことは何ですか。」

ガクチカは、ESでも問われています。ガクチカでの課題を盛り込んで、具体的なエピソードを回答しましょう。課題を解決するためにどのように行動したのか話すことで、仕事に対する姿勢をイメージさせることができます。

実際に選考通過した回答

情報系の学部に入学した以上自分にとって有用で世の中にも役立つアプリケーションを開発したいと思い、Webやスマートフォンを扱う研究室に入りました。私自身が普段の生活で不便に感じていることを解決するような実用アプリケーションの試作に取り組みました。しかし授業と違いプログラムは格段に難しく、どう処理を流し、どうモジュールを構成するかというシステム設計や実装でのエラー対応に想定以上の時間がかかり、計画の甘さを痛感しました。問題点と解決策を教授と議論し、品質を落とさずに完成させるための計画練り直しを行い、展示会では好評を得ました。開発技術だけでなくスケジュール管理の実践ができ、卒業研究にも活かしていきたいと思います。

最終面接「英語の質問をされる」

最終面接を受けた先輩の投稿によると、英語の質問をされたとの声がありました。「英語の質問は選考に影響しないそうです。」との投稿もありますが、シャープの選考では英語力を見られているといえます。落ち着いて、あきらめずに回答する姿勢を見せることが大切といえるでしょう。

設問「エントリシート以外で学生時代に苦労したことを教えてください」

ESでは学生時代のエピソードについて問われますが、ESに記入したエピソード以外の苦労した経験について問われています。シャープの選考では過去の経験を問う質問が多いため、エピソードは複数用意しておくと安心でしょう。下記の先輩は、シャープ以外の選考のために用意しておいたエピソードを咄嗟に答えて対応しています。

実際に選考通過した回答

他のエントリシートで聞かれて用意したものを臨時に引っ張ってきて答えました。 私が苦労したことは集団塾での指導経験です。 講師として丁寧な授業を心掛けましたが、授業中に喋り出す生徒や集中できない生徒がいました。 そこで私は指導技術の向上を目指し定期的に授業を録画すると、私語をする生徒は問題を速く解き終え暇をしていたことに気づきました。この発見を次回の授業に生かし、既習範囲の入試問題を配ることにしました。 また、授業に集中出来ない生徒の気持ちに寄り添い、共に授業に集中出来ない外的要因を考えました。 その成果として生徒が少しずつ授業に集中でき、クラスの雰囲気も明るくなりました。この経験から私は問題解決を図る際はその背景にある原因をしっかり掴むことの大切さを学びました。

就活会議に無料登録してES・体験記を閲覧しよう!

内定者が語る、内定獲得のためのアドバイス

投稿してくれた先輩たちの口コミをまとめるとポイントは大きく3点です。

  1. 面接はESを深掘りする質問が多い
  2. 事業部の志望理由を具体的に考えておく
  3. 最終面接で英語の質問をされる

シャープの面接は、ESに書いてあることについて質問されます。ESで回答した内容を深掘りされても答えられるように、事前に準備しておきましょう。また、事業部の志望理由についても問われるため、企業研究をした上で具体的に回答することが大切です。最終面接では英語の質問をされたとの投稿がいくつか見受けられました。先輩の投稿によると、選考結果の連絡が遅かったとの声もあるため、最後まで諦めずに連絡を待ちましょう。

内定をもらうために大事なことを教えて下さい

早い段階で面接があったので、他の企業を練習にすることがほとんどないまま一次面接や最終面接を受けることになってしまったので、もし機会があればもう少し練習すればよかったかもと思いました。 面接自体は変な質問がほとんどなく、基本的にエントリシートに書いてあることについて自分なりに深掘りすれば、あまり詰まることはないと思います。また最終面接では部門によって少し圧迫気味かもしれないので、気にせずに笑顔で押し通していきましょう。

内定が出る人と出ない人の違いを教えてください

一次面接の際に自分がどうしてその事業部を選んだのかを自分なりに言えることが大事だったじゃないかと後から思いました。また多分人気のある事業部ばっかり選んでいたら内定が出ない確率が上がるじゃないかと思います。

内定したからこそわかる選考の注意点を教えてください。

一次面接での和やかな雰囲気に流され、最終面接も同じ雰囲気だと思って臨むと少し痛い目に合うかもしれません(私みたいに)。しかし良くも悪くも、ザ、日本の技術系企業な感じの面接なので、突発に自頭を試すような質問はされないので、普通に対策すれば良し。

具体的なエピソードを複数用意しておこう

ここまで、シャープの本選考の概要をまとめてきました。シャープの選考では、ガクチカなど具体的なエピソードについて問う質問がいくつかされます。面接ではESをもとに質問される他、ESに記入した以外のエピソードを問われることもあるようです。具体的な回答ができるように、複数のエピソードを準備しておくと落ち着いて受け答えできそうですね。

ここで紹介したのは先輩が投稿してくれた口コミの一部です。更に詳しい口コミもあるので、ぜひ読んでみてくださいね。

今回記事の中で紹介した最新の口コミはログイン後に観覧いただけます。

会員登録をして最新の口コミを見る続けて企業研究を進める
就活会議

この記事を書いた人: 就活会議編集部

就活会議の編集チームです。就活生の皆さんの役に立つ「企業と面接のリアルな情報」を発信しています。体験記・ESは 会員登録 すれば見放題! YouTubeチャンネル も配信中です!

関連記事
記事のタイトル画像
メーカー
【就活ガイド】シャープ株式会社の企業研究〜企業分析で選考突破〜

毎年多くの就活生が選考を受けるシャープ株式会社。シャープは、事業ビジョン「8K+5GとAIoTで世界を変える」のもと、家電やIT機器関連のサービスやソリューションを提供しています。 この記事ではシャープの基本情報や業界内での立ち位置をもとにお伝えするとともに、先輩たちが実際に行った企業研究方法をご紹介します。シャープの選考を受ける前にどのような会社なのか、その特徴をしっかり理解していきましょう。

就活会議編集部
記事のタイトル画像
メーカー
【就活ガイド】サッポロビール株式会社の企業研究〜企業分析で選考突破〜

就活をする上で絶対に欠かせないのが企業研究です。この記事では、サッポロビール株式会社の基本情報や、先輩たちが実際に行った企業研究方法をご紹介します。サッポロビールの選考を受ける前にどのような会社なのか、その特徴をしっかり理解していきましょう。

#企業研究
就活会議編集部
記事のタイトル画像
メーカー
【就活ガイド】積水化学工業株式会社の企業研究〜企業分析で選考突破〜

就活をする上で絶対に欠かせないのが企業研究です。この記事では積水化学工業株式会社(積水化学)の基本情報や、先輩たちが実際に行った企業研究方法をご紹介します。積水化学の選考を受ける前にどのような会社なのか、その特徴をしっかり理解していきましょう。

#企業研究
就活会議編集部