就活会議では、Internet Explorer11のサポートを終了いたします。今後はGoogle ChromeやMicrosoft Edgeをご利用ください。
就活会議
CREATED ON 2021.12.15 | UPDATED ON 2021.12.15

【就活ガイド】パーソルテンプスタッフ株式会社の面接対策【内定者回答あり】

サービス
197 VIEWS
この記事は、就活会議の会員が投稿した体験記にもとづいて作成・編集をしています。就活会議の会員は現役の学生であることを確認しています。
記事のタイトル画像

人材派遣業界のパイオニアとして、全国各地で事業を展開しているパーソルテンプスタッフ株式会社。クライアントやスタッフ、社員などの関わる人すべてを大切にする、あたたかな社風が就活生からも人気となっています。 この記事ではパーソルテンプスタッフの面接の特徴、実際に聞かれた質問や内定者の回答をまとめました。過去3年で実際に聞かれた質問を載せていますので、ぜひ参考にしてくださいね。

本選考の概要を確認する

【企業研究】パーソルテンプスタッフはどんな会社?

面接の対策をする前に、まずはパーソルテンプスタッフについて理解しましょう。 ここではパーソルテンプスタッフの選考に通過した先輩たちが行った企業研究と、その社風などをお伝えします。

パーソルテンプスタッフの企業概要

まずはパーソルテンプスタッフの企業概要をみていきましょう。

パーソルテンプスタッフの事業内容

パーソルテンプスタッフは、人材派遣事業を中心に事業を展開する企業です。しかし、パーソルテンプスタッフが誕生した当初、日本にまだ人材派遣という考え方はありませんでした。設立から40年たった現在では、業界のリーディングカンパニーとして活躍しています。 参考元:https://www.tempstaff.co.jp/recruit/company/advantage/

パーソルテンプスタッフは、働く人の多様な未来を支援するために、下記のようなサービスを展開しています。

引用元:https://www.tempstaff.co.jp/corporate/about/service/

パーソルテンプスタッフの社風

パーソルテンプスタッフは、年次やチームに関係なく、助け合いが当たり前となっているようなあたたかな社風です。採用サイトの社員紹介のページには、そういった社風を魅力に感じている社員たちの声が多数紹介されていました。

選考段階でお会いする先輩方が、皆さん口を揃えて「とにかく社風がいい」とおっしゃっていたのも入社の決め手でした。実際に働いてみると、まさにその通り。普段は年次に関係なく責任のある仕事を任せてもらえるのですが、行き詰まり困っていたりすると、不思議と毎回「大丈夫?」と声がかかります。「がむしゃらに!でもいざとなったら助け合う」という社風だからこそ、責任のある仕事でも積極的にチャレンジができる。

引用元:https://www.tempstaff.co.jp/recruit/person/interview/18.html

会社に入って一番感じているのは、社員全員が周りの人に対しての貢献欲が高いこと。周りの人というのは、法人のお客さま、派遣スタッフの方々だけでなく、社内のメンバーも指しています。先輩方は、悩みや不安を聞き、自分のことのように一緒に考えてくれます。

引用元:https://www.tempstaff.co.jp/recruit/person/interview/19.html

入社から約1年経ち、改めて先輩方の人柄の良さとアットホームな会社環境を実感しています。社内は上司部下関係なく気さくなコミュニケーションが取れる雰囲気です。営業活動で落ち込むことがあってもオフィスに戻るとホッとした気持ちになります。オフィスは、行き詰まったときに助けてくれる先輩、成果を出したときに自分のことのように喜んでくれる先輩、仕事終わりに一緒に飲みに行く先輩など、チームを超えて自分を支えてくれる方々がたくさんいる、あたたかい環境です。責任のある仕事を任せてもらいながらも、困ったときは先輩方の背中を見ながらはたらくことができたことはとてもありがたいと思いました。

引用元:https://www.tempstaff.co.jp/recruit/person/interview/20.html

支え合いが当たり前となっている企業風土が根付いているため、若手でも安心してチャレンジできる環境であることが分かりますね。「入社先は社風も重視して考えたい」という人にも、おすすめの企業と言えます。

パーソルテンプスタッフの求める人物像

採用サイトにて、下記のような人事メッセージが発信されていました。

社内では、年齢や性別に関係なくやる気と実力次第で責任ある仕事を任せており、多くのプロジェクトで20代~30代の社員も主体的に参加し活躍しています。 そして今までに、在宅・テレワーク支援サービスやRPAサービスなど多くの新しいサービスが生まれています。
私たちのビジネスは「人と人のつながり」で成り立っています。 パーソルテンプスタッフでは、「お客様のために」「スタッフの方々のために」という思いを誰もが大切にしています。 営業部門だけではなく間接部門でも同じ思いを持ち、全社員が一丸となり、お客様やスタッフの方々に寄り添える企業として仕事をしています。
現在、「はたらく」環境は大きく変化しています。 テクノロジーの進歩によって仕事の進め方も変化し、お客様の課題もさらに複雑化していますが、私たちは自社サービスだけでなくパーソルグループ内のさまざまなリソースを活用し、これからも新しいサービスを創り出しお客様の課題を解決していきます。

引用元:https://www.tempstaff.co.jp/recruit/company/advice/

パーソルテンプスタッフは、これからも新しいサービスを創り続けるために、やる気のある主体的な人を求めています。今までも、やる気と実力のある社員が主体的に働くことで、多くのサービスを生み出してきたようです。 選考では、「パーソルテンプスタッフで働くことで、顧客やスタッフにどう貢献したいのか」を話し、やる気を伝えましょう。今までに主体性を発揮したエピソードなども伝えられると、高評価につながると考えられます。

先輩たちが行った企業研究とそのポイント

パーソルテンプスタッフの企業研究では、各部門の事業内容や役割などをよく理解しておくことがポイントです。そのうえで、入社後やりたいことを具体的に伝えられるように準備しておきましょう。下記の先輩によると、選考で、入社後の業務内容や役割などを把握できているのかが問われるとのことです。 企業理解のために、OB訪問を実施している先輩も見られました。生の社員の声を聞いておくと、志望動機にも深みが出ます。入社後のイメージを明確にするためにも、積極的に参加しておくといいでしょう。

実際に選考通過した先輩の声

企業研究は企業サイトを中心に行った。それだけでは不十分と思うなら、日経新聞や他社比較もするとさらに深まってよい。ガクチカ・志望動機はもちろんだが、入社後どのような仕事に就いて、どのような人たちと関わって、どのような人たちに価値を届ける仕事なのか理解しているか時々確認された。そこで自分は○○部の○○(職種)として、どのように働きたいかを具体的に言えるとよい。人材業界は人と人を繋げる仕事なので、人との繋がりを大切にしているか否かは大切なポイントだと思う。OB訪問は自主的に、と言うよりは紹介してもらった形になる。実際にお食事に連れて行ってもらい(選考ではないのでリラックスしてなんでも聞いてと言われた)、会社・働く社員の方の雰囲気をよく知ることができ、企業研究になった。

もっと企業研究対策をする

面接対策「人柄重視の評価となる」

それではここからパーソルテンプスタッフの面接を受けた先輩たちの口コミをもとに、面接の傾向と対策を解説していきます。

パーソルテンプスタッフの面接の傾向と対策

パーソルテンプスタッフの面接攻略ポイント3つ

パーソルテンプスタッフの選考では、面接は2~3回実施されるケースが多いです。下記の見出しでは、面接が3回実施された際の情報を記載しています。

面接の人数・時間・場所

一次面接から最終面接まで、学生1人に対して面接官1人の個人面接です。面接が進むにつれて、面接官の年次が上がる傾向が見られました。 所要時間は各面接60分未満となっています。面接時間が短すぎるということはないため、落ち着いて論理的な回答をすることを心がけましょう。

一次面接から最終面接まで、和やかな雰囲気の面接となります。学生の自然体での人柄を見ていると考えらえますね。人柄重視のパーソルテンプスタッフらしい面接です。ただ、最終面接は緊張感も漂っているとのことですので、ペースを乱さないように、気持ちを整えておく必要があるでしょう。

一次面接 二次面接 最終面接
人数(面接官) 1人 1人 1人
人数(学生) 1人 1人 1人
所要時間 40~60分 60分 50~60分
実施場所 オンライン オンライン オンライン
対面(新宿オフィス)

過去3年分の選考の傾向

パーソルテンプスタッフの選考では、一次~二次面接でパーソナルな質問を、最終面接で入社意欲を確認する質問を聞かれる傾向があります。まずは自分の考え方や価値観を言語化して伝え、人物像を分かってもらう必要があるでしょう。 「失敗や困難をどう乗り越えたのか」という質問は、パーソルテンプスタッフにおける頻出質問です。 最終面接では、「うちは泥臭いけれど大丈夫?」といった、覚悟を問うような質問が聞かれます。「問題ない」と伝えるだけではなく、「なぜ問題ないのか」を経験を基に説明できると高評価につながります。

パーソルテンプスタッフの選考では、志望動機に紐づいた質問が少ないです。しかし、まったく聞かれないというわけではありません。聞かれたときに説得力のある回答ができるように、内容を深めておきましょう。

2022年卒選考を受けた先輩たちの口コミ

ここからは2022年卒の選考を受けた先輩たちが実際に面接でどんなことを聞かれ回答したのかをみていきます。

2022年卒選考の一次面接「考え方や価値観を深堀される」

一次面接では、学生時代の経験を深堀されます。選考を通過した先輩からは、「自分の考えを徹底的に聞かれる形になるので、矛盾が生じたりしないように注意しました」との声が。 深掘りの中でズレのない回答ができるように、本音ベースで話す必要があるでしょう。正確な情報を話せるように、自己分析を徹底的におこなっておくことも大切です。

下記の質問では、どのような状況で力を発揮できるのか、発揮できなかったのかが問われています。経験の中で考えたことや学んだことを話せると、より人物像が伝わりやすくなります。

実際に面接で聞かれた質問「今まで経験した中で、力を出し切った経験と出しきれなかった経験はなんですか?」

長期のインターンシップで営業を経験したことです。 最初は初めての営業でとても苦戦をしました。 しかし、そこで一緒に働いていたインターン生はとても視座が高く成長意欲を持った学生ばかりで、負けてられないなと思い、どのようにすればうまくいくのかをたくさん考えました。 そして、自分の課題を洗い出し、行動に移すことで目標を達成することができました。 これが私が力を出し切った経験です。 逆に力を出しきれなかった経験は大学受験です。 今通っている大学は第二志望で、第一志望の大学に合格することができませんでした。 力を出しきれなかった原因として、入学試験の寸前で体調を崩してしまい、100%の力が出せませんでした。 この経験から、普段からの体調管理の大切さに改めて気づきました。

2022年卒選考の二次面接「困難をどう乗り越えられるのかが問われる」

二次面接では、「今までの経験で直面した壁」が問われます。困難を乗り越える力のある人物なのかが評価されていると考えられます。 また、就活の軸を問われている先輩もいました。企業マッチを意識した回答ができると、高評価につながるでしょう。

下記の先輩のように、何が大変だったのか、苦労したのかをしっかり伝えることが大切です。また、その経験から何を学んだのかを伝えられると、さらに印象的な回答になるでしょう。

実際に面接で聞かれた質問「今までの学生生活の中でこれは一番大変だったな、大きい壁だったと感じる経験や、そこから乗り越えた経験は?」

高校1年生の頃に行った文化祭の企画が大変でした。これはそれぞれのクラスが企画をして、生徒会が主催するオーディションに参加し、出店までのハードルが高かったものです。クラスの代表として挑戦しました。
ここで大変だったのは人前で何かを発表するのが初めてだったので、緊張と自信のなさから自信をもって取り組むことができなかった点です。クラスの人をまとめ上げるのが難しかく、また駄菓子屋を企画、会社選びから何から何までやらないといけなかったのはすごく大変でした。結果的にオーディションは不合格だったのが一番大変だったという経験になります。
(以下深堀)
・乗り越えられなかった経験になるということですか?
➡いいえ、そのあとまたチャンスをもらうことができた。無料休憩所という無料で紅茶やコーヒーを提供するチャンスをもらうことができました。

2022年卒選考の最終面接「入社後のイメージを明確にしておくことが大切」

最終面接では、入社意欲を確認されます。入社してやっていく覚悟があるのかが評価されるため、入社後のイメージを明確にしたうえで、どう業務に向き合っていくのかが伝えられるとよいでしょう。

下記の先輩のように、ただ「乗り越えられる」「問題ない」と答えるのではなく、「なぜ乗り越えられるのか」「なぜ問題ないのか」を伝えましょう。

実際に面接で聞かれた質問「女性の悩みを聞いたり、聞いていてこっちが辛くなるような話もあるが、その点においてどう感じますか?(経験がない中で話を聞かなければならない)」

辛い話もあるとは思うのですが、私自身、性格としてポジティブなところがあるので、関わった人もポジティブに変えていけるようにしたいと思っています。
ーここから深掘りされましたー
【質問】ポジティブでい続ける秘訣は何かありますか?
【答】周りの人間関係だと思っています。私も今までの経験で挫折もあり、モチベーションが下がってしまうことは何度もありました。しかし、そこでまた頑張ろうと思えるのは、周りの人がサポートしてくれたり、励ましてくれたり、一緒に頑張ろうと奮い立たせてくれたりなど、そのコミュニティの人間関係があるからこそ、辛いことも一緒に乗り越えたいと思います。
そのため、もともとの性格もあるのですが、私がポジティブでいられるのは周りの人のおかげだと思っています。

2021年卒選考を受けた先輩たちの口コミ

続いては2021年卒選考の面接で実際に聞かれた質問をまとめていきます。2021年卒選考の口コミでは、面接は2回となっていました。

2021年卒選考の一次面接

2021年卒選考の一次面接では、人物像をとらえる質問が問われていました。下記のように短所を聞かれた際は、克服するために取り組んでいることなども伝えられると好印象につながります。

実際に面接で聞かれた質問「自身の短所はなんですか?」

私の弱みは「慎重になりすぎてしまうところ」です。私は、何事も計画を立ててから、ものごとを行うため、些細なことでも少々考えすぎてしまう傾向にあります。日々の修士研究では、高価な試薬を使用し、1つのデータを得るのに3日を要する実験を行っているため、綿密に計画をたて、効率的に実験を行おうとするあまり、慎重になりすぎてしまい、結局行動が遅れることも多々あります。しかし、丁寧に取り組むことで、何事もミスなく正確に対応することができていると自負しており、これは私自身の長所でもあると感じています。今後は、何事も迅速かつ正確に物事を行うよう訓練を積み重ね、心がけていき、貴社で若いうちから貢献できればと考えております。

2021年卒選考の最終面接

2021年卒選考の最終面接では、困難に直面した経験が問われていました。2022年卒選考でも聞かれていたため、パーソルテンプスタッフにおける頻出質問と考えられます。 経験の中で考えたことや学んだことなども話せると、人柄が伝わる回答になります。

実際に面接で聞かれた質問「困難に直面した経験?」

高校時代、私はバスケットボール部に所属しており、副キャプテンでした。そのバスケットボール部での活動において、練習についていけないと主張する後輩と、大会で勝ち進みたい、少しでも良い成績を残したいと考える私達の間で、意見の衝突が発生しました。そこで、私は、部員全員と話し合いの場を設け、部員皆が満足する練習メニューを考案し、顧問を説得し、練習メニューの変更の了承を得ました。その結果として、それぞれが楽しみながら練習を行い、大会でも好成績を残すことができました。高校を卒業した今でも、先輩・後輩含め、みなと連絡を取り合い、今でも親交があります。この経験から、集団をまとめる大変さ、皆で1つの目標に向かうことの大切さを学ぶことができました。

2020年卒選考を受けた先輩たちの口コミ

続いては2020年卒選考の面接で実際に聞かれた質問をまとめていきます。

2020年卒選考の一次面接

2020年卒選考の一次面接では、学生時代の経験を深堀りされていました。取り繕った回答をすると、深掘りの中でズレが生じる可能性が高いです。あくまで本音ベースの回答を心がけましょう。

実際に面接で聞かれた質問「学生時代努力したことはどんなことですか。」

大学1年生の時に新しくサークルを立ち上げました。大学の公認のサークルにしようという目標を立てたのですが、まず、同じようなサークルが二つほど存在していました。しかし、飲み会が主であったり、人数が多すぎるといったことで満足に活動ができないと感じました。そこで、同じような考えを持つ人の助けにもなればということで公認のサークルにしようと決心しました。その際、顧問の先生が必要となるなど、困難はありましたが、相手の立場に立って考え、教授の責任を最低限に減らすことを提案したり、提案する際にも迷惑にならないよう工夫するなどし、交渉した結果、熱意も伝わったのか無事顧問となってくれる先生も見つかり、公認とすることができました。

2020年卒選考の二次面接

2020年卒選考の二次面接でも、人物像をとらえる質問が聞かれていました。ただ、下記のような選考状況を確認する質問も聞かれていたため、志望動機に紐づいた質問にもしっかり回答できるように準備しておきましょう。

実際に面接で聞かれた質問「他にどんな企業を受けているか」

私は業界では全く絞っておらず、御社のような人材系に加え、メーカー、ITなども受けています。また、職種にもこだわっていないので、営業職もあり、SEやマーケティングなども受けています。それぞれに共通していることは、誰かのためになっていると実感できるような仕事ができることや、自分自身の力で生きていけるような環境があるということにあります。私は、行動のモチベーションが誰かのためにというときに上がることが多いので、それを仕事にできたら大変魅力的だと考えています。また、会社にぶら下がるのではなく、もしその会社がつぶれてしまったとしても自分の力で生きていけるような力を早くに身につけたいと考えているので、先ほど申したような軸で就活を行っています。

2020年卒選考の最終面接

2020年卒選考の最終面接では、パーソナルな質問と入社意欲を問う質問が聞かれていました。最後まで熱意を十分にアピールしましょう。

実際に面接で聞かれた質問「教育学部ということで、教員にはならないのか」

私は大学1,2年生の頃は教員になるものだと考えていました。しかし、教育実習などを通じ、今学生である私が、社会に出ずに教員になったところで子供たちに教えられることは教科以外に何もないんだなというように感じました。友人に就活をしてみないかと誘われたこともあり、就活を行っていくうちにまずは社会に出て、企業に就職して経験を積んだうえで、その時にもし教員になりたいと考えるならばその時になればよいと考えて就活をしています。そのため、就活とバイトと忙しい中ではありますが、免許はできる限り取ろうと考えていて、小中高の免許を取り、少しでも自分の可能性を広げていけるよう、現在も大変ではありますが大学にも通っております。

パーソルテンプスタッフの面接の傾向と対策

ここまで、パーソルテンプスタッフの面接の傾向と対策をまとめてきました。パーソルテンプスタッフの面接では、学生の考えや価値観などをしっかり紐解かれます。取り繕った回答は深掘りの中でバレてしまう可能性が高いため、素直に回答することを意識しましょう。 また、パーソルテンプスタッフの面接では頻出質問もあるため、先輩たちの口コミを参考に対策しておくことも重要でしょう。 ここで紹介したのは先輩が投稿してくれた口コミの一部です。更に詳しい口コミもあるので、ぜひ対策として読んでみてくださいね。

今回記事の中で紹介した口コミはログイン後に観覧いただけます。

会員登録がまだの方はこちらから
就活会議

この記事を書いた人: 就活会議編集部

就活会議の編集チームです。就活生の皆さんの役に立つ「企業と面接のリアルな情報」を発信しています。体験記・ESは 会員登録 すれば見放題! YouTubeチャンネル も配信中です!

関連記事
記事のタイトル画像
サービス
【就活ガイド】パーソルテンプスタッフ株式会社の本選考の傾向と対策【内定者回答あり】

人材派遣業界のパイオニアとして、全国各地で事業を展開しているパーソルテンプスタッフ株式会社。クライアントやスタッフ、社員などの関わる人すべてを大切にする、あたたかな社風が就活生からも人気となっています。 就活会議では、そんなパーソルテンプスタッフの本選考の情報と対策を23年卒向けにまとめました。 就活会議では、実際にパーソルテンプスタッフの本選考に応募し参加した学生から情報提供をしてもらっています!ESや面接での実際の回答例もありますので、ぜひ選考を受ける前に対策として読んでみてくださいね。

就活会議編集部
記事のタイトル画像
サービス
【就活ガイド】パーソルテンプスタッフ株式会社の企業研究〜企業分析で選考突破〜

就活をする上で絶対に欠かせない企業研究。この記事でパーソルテンプスタッフ株式会社の基本情報や業界内での立ち位置をもとにお伝えするとともに、先輩たちが実際に行った企業研究方法をご紹介します。パーソルテンプスタッフの選考を受ける前にどのような会社なのか、その特徴をしっかり理解していきましょう。

就活会議編集部
記事のタイトル画像
サービス
【就活ガイド】パーソルテンプスタッフ株式会社のエントリーシート対策【通過者回答あり】

人材派遣業界のパイオニアとして、全国各地で事業を展開しているパーソルテンプスタッフ株式会社。クライアントやスタッフ、社員などの関わる人すべてを大切にする、あたたかな社風が就活生からも人気となっています。しっかりと対策をして内定を勝ち取りましょう! この記事では選考の入口であるエントリーシートの対策について、実際に先輩たちが提出した回答をもとに解説していきます。パーソルテンプスタッフの過去3年分の設問と先輩の回答を載せていますので、ぜひ参考にしてくださいね。

就活会議編集部