就活会議
CREATE 2021.12.22 | UPDATE 2021.12.22

【就活ガイド】サッポロビール株式会社のエントリーシート対策【通過者回答あり】

この記事は、就活会議の会員が投稿した体験記にもとづいて作成・編集をしています。就活会議の会員は現役の学生であることを確認しています。
記事のタイトル画像

サッポロビール株式会社は、「サッポロ生ビール黒ラベル」「エビスビール」などが人気の大手ビールメーカーです。就活生に人気の企業であるため、選考の難易度は高いといえます。しっかり選考対策をしておきましょう。 この記事では、サッポロビールの選考の過去3年分の過去問と先輩の回答を載せています。選考の入口であるエントリーシートの対策について、実際に先輩たちが提出した回答をもとに解説しますので、ぜひ参考にしてください。

本選考の概要を確認する

【企業研究】サッポロビールはどんな会社?

ESの対策をする前に、まずはサッポロビールについて理解しましょう。ここではサッポロビールの選考に通過した先輩たちが行った企業研究と、その社風などをお伝えします。

サッポロビールの企業概要

まずはサッポロビールの企業概要をみていきましょう。

サッポロビールの事業内容

サッポロホールディングスは、酒類事業/食品飲料事業/不動産事業を展開しています。サッポロビールは、ビール・発泡酒、国産ワイン、その他の酒類の製造・販売など「酒類事業」を担当しています。

■商品開発・戦略立案 ブランド戦略:お客様に喜んで手に取っていただける強靭なブランドを創り上げ、お客様の心を動かすマーケティング戦略を策定・実行します。​ブランドマネージャーはブランドの経営者として、社内外の関係者を巻き込みながら戦略を実現していきます。

商品開発:サッポロビールとお客様をつなぐ「商品」や「サービス」を生み出す仕事です。新商品のコンセプトを立案し、関係部署とやり取りをしながらターゲットの策定、ネーミング・パッケージの作成、中味の開発まで、すべてに携わり「0から1」を創り上げていきます。

研究開発:新商品開発のための研究のみならず、酵母による発酵などの製造技術開発や、「おいしさ」などの感性に科学的にアプローチするなど、さまざまな分野にわたり、新技術の研究開発と導入を行います。

■購買・製造 品種開発・原料調達:ビール原料である大麦やホップの研究や新しい品種の開発を行います。また、フィールドマンとして自らの足で国内外の大麦・ホップ産地に赴き、生産者やサプライヤーと協働で品質の良い原料をつくっていきます。

製造(醸造):産地やその年の気候により品質に差が生じる原料や生き物である酵母を管理し、常に安定した品質の製品を製造していきます。また新商品を造る際には、開発部門がつくったレシピを、工場スケールで具現化していくのも醸造の仕事です。

パッケージング:ビールなどを容器に詰めるパッケージング工程の管理を行います。一言でパッケージングと言っても、その工程は複雑なもの。鮮度を維持し、安全・安心でおいしく飲んでいただけるよう、必要な量をより低コストでお客様の手に届く商品の形に仕上げていきます。

エンジニアリング:工場は機械設備の塊。生産部門のさまざまな工程を工学的な技術で支援しています。商品を安定した品質でローコスト且つフレキシブルに供給するために、新しい設備の導入やメンテナンスの計画を立て、課題を技術的な視点から解決します。

需給:「需給(サプライチェーンマネジメント)」は、サッポロの命綱でもあるサプライチェーンの管理を担っており、余剰も欠品も出さないよう、全国の製品在庫を調整しています。製品の需要予測と製造計画の策定を行いながら、毎日全製品の出荷動向を確認し、製造計画を組んでいきます。

■マーケティング・販売 業務用営業:飲食店や酒販店に対して営業を行います。業務用営業の活動テーマは「相談するなら、サッポロビール」。オーナーの想いや夢を、ドリンクから接客、物件、多店舗展開支援などさまざまなサポートを通じて、一緒に実現していきます。

家庭用営業:スーパーやコンビニに対して営業を行います。大切なことは、お客様目線での「課題解決型提案」です。常に、最終的な消費者であるお客様を意識した営業活動を実行し、商品・企画を提案することで、小売店の売上に貢献します。

フードビジネスサポート:お店がより繁盛する戦略を立て、業態開発・多店舗展開支援・人財育成・メニュー開発など幅広い切り口からコンサルティングする専門部隊です。

リテールサポート:市場分析や店舗の実績データ等から商談資料やストーリーを作成し、サッポロビールの提案力を底上げする支援を行います。蓄積された知見を駆使しながら、営業の能力向上を促進し、組織力を高めていきます。

■コーポレート部門 経理:経理上の処理はもちろん、各部署と協働しながら事業の改善に向けた取り組みを数字の視点から行っています。正確かつスピーディな会計処理を行うと同時に、事業活動や戦略施策を数値化し、タイムリーな情報共有やリスク・リターンの可視化を行うことによってさまざまな活動のサポートを行います。

法務:サッポログループの企業リスクの最小化、また企業価値を最大化すべく、法務の専門知識を通じて、さまざまな場面で活躍しています。法務業務は法務の専門知識だけではなく、コミュニケーション能力はもちろん、ビジネスの実態を深く理解した法務意見が求められるため、ビジネスセンスが問われる仕事です。

DX推進:サッポログループ全体のDX戦略を立案・実行すると共に、プロジェクトマネジメントやデータ解析などによって各事業のDX推進をサポートしています。また、DX人財の育成や、最新テクノロジーの活用を内製化できる体制の整備も進めており、多方面からのDX推進を通して、既存事業の変革や新規事業の創出を目指します。

サッポロビールの社風

好きなモノを売れることの幸せや、造る人の想いを伝えられる喜びは、何年経っても色褪せません。同じ「幸せ」「喜び」を分かち合える会社の仲間たちも、一生の大切な存在になります。「誰かのいちばん星」として一緒に明るく前向きに未来を切り拓いていきましょう!

引用元:https://www.sapporobeer.jp/recruit/people/people01.html

サッポロビールは、ビジョンである「誰かの、一番星になれ」の精神を大切にしています。ライフスタイルや価値観が多様化する中で、お酒のライバルはお酒だけではなく、心を動かすもの全てといえるでしょう。お酒を作るだけではなく、「誰かの一番星」として一人ひとりの心を動かしていくために、新しい商品を開拓していくことが必要だと考えています。新しい楽しさを届けるためにモノ造りを通してお客様の「心を動かす」ことを第一に、自社製品に誇りを持ちつつ挑戦を続ける企業風土があるといえるでしょう。

サッポロビールの求める人物像

"自燃型人財" 情熱という心の火を、まわりの人からつけてもらうのではなく、自ら燃え、周囲に火をつける人財 ・限界を定めず殻を突き破り、なにごとにも果敢にチャレンジしていく ・周囲と信頼関係を築き、組織に対して影響力を発揮できる

引用元:https://www.sapporobeer.jp/recruit/recruit/

サッポロビールは、「自燃型人材」を求めています。周りの影響を受けて動き出すのではなく、自らが情熱を持ち周囲の人の心に火をつける人材を求めています。「限界を定めず殻を突き破り、なにごとにも果敢にチャレンジしていく」「周囲と信頼関係を築き、組織に対して影響力を発揮できる」という言葉から、チャレンジ精神やコミュニケーション能力の高さ、リーダーシップを持った人材を求めていると考えられるでしょう。

先輩たちが行った企業研究とそのポイント

先輩は、サッポロビールの業界内での立ち位置を理解することに力を入れていたようです。まずは自分のやりたいことを明確にした上で、自分のやりたいこととサッポロビールの方針がズレていないかを意識して企業研究をしています。その後、競合他社の研究を行い、なぜサッポロビールなのかを差別化していきました。 なお、企業研究をする上で座談会や社員面談が一番企業研究の役に立ったとのことです。実際の社員と話して、業務内容や社員の価値観を知っていくことが大切といえるでしょう。

実際に選考通過した先輩の声

サッポロビールの業界内での立ち位置を明確にするようにしました。その際3つのツールに分けて企業研究を行いました。1つ目は採用HPです。ここでは、主に自身のやりたいことの深掘り・会社としての未来・理念やビジョンの確認を行いました。未来についてはIR情報などを見て会社がどの方向に進んでいくのか、そこに自分のやりたいこととズレはないかを意識して読み込みました。2つ目は他社サイトです。他業界と比べて4社が独占している業界なので、その中でなぜサッポロなのかを競合他社との差別化を中心に調べるようにしました。具体的には他社と比べた強み・弱み、力を入れている事業の違いなどに注目しました。3つ目は座談会や社員面談です。ここが一番ためになりました。実際に社員の方と話すことで実業務のイメージ・環境・ヒトの価値観などがより具体的に話せるようになりました。インターンの後は一人一人メンターが就くのでわからないことやES添削などとにかく頼るようにしました。

エントリーシート(ES)対策「就活生の価値観を問われる」

それではここから実際に先輩たちがサッポロビールに提出したESを参考に、エントリーシートの傾向と対策を解説していきます。

ESの傾向と対策

https://static.syukatsu-kaigi.jp/images/articles/280/display_757ec36e-374a-420b-a873-1f1b8a2989e6.png

サッポロビールのESでは、周囲の人々と連携して目標のために挑戦したエピソードを問われます。求める人物像を「情熱という心の火を、まわりの人からつけてもらうのではなく、自ら燃え、周囲に火をつける人財」としているため、チームの中で主体的に行動する姿勢をアピールしましょう。また、あなたが一番大切にしている価値観を問う質問もあります。就活生の価値観を聞くことで、人柄や企業へのマッチ度をみていると考えられるでしょう。ESの回答を面接で深掘りされたとの口コミもあるため、後で内容を確認できるようにしておくと安心です。

2022年のESでは、以下の設問がありました。

  • ここ数年間に、あなたが自ら目標を掲げ挑戦してきたことについて、周囲の人々とどのように連携したかを含めて説明し、そこから何を学んだか教えてください。(1000文字以下)
  • あなたの専攻している学問について教えてください。(350文字以下)
  • あなたの研究テーマについて教えてください。(350文字以下)
  • あなたが一番大切にしている価値観は何ですか?(50文字以下)
  • その理由を教えてください。(100文字以下)
  • それが具体的に表れたエピソードを教えてください。(350文字以下)

過去3年分の選考の傾向

サッポロビールは、例年同じ設問が出題されています。ただし、2021年卒は一部の先輩が、ES通過後に追加のESで志望理由などを問われているようです。選考の状況によってはESが追加されることもあるようですが、設問はオーソドックスな内容ですので答えやすいと言えるでしょう。

2022年卒選考を受けた先輩たちの回答

ここからは2022年卒の選考を受けた先輩たちの実際のES回答をみていきましょう。

設問と回答「ここ数年間に、あなたが自ら目標を掲げ挑戦してきたことについて、周囲の人々とどのように連携したかを含めて説明し、そこから何を学んだか教えてください。(1000文字以下)」

就活生の過去の経験について問う設問です。ガクチカに近い質問といえるため、アルバイトやサークル活動などで、目標に向けて挑戦した経験を具体的に述べましょう。サッポロビールの面接では、ESの内容について深掘りされます。ESに記載した内容は、口頭でも説明できるように練習しておくと安心です。

実際に選考通過した先輩の声

〇〇名が所属するテニスサークルの代表を務め、前例のない活動改革に挑戦し年間退部者を〇〇名削減した。 テニス初心者として入部した私は、当初より経験者起点の活動の多さに違和感を覚えていた。そこで、【テニス経験の有無に拘らず全部員が活動を心待ちにする組織作り】を目標に掲げた。しかし同サークルでは近年、途中退部する部員が年間約〇〇名と多く、その大半が初心者であったため掲げた目標との乖離を感じた。また退部者数の多さに伴い、活動費に対する集金の採算が合わず、組織の運営貯蓄金を切り崩し存続危機に陥りかけていた。 そのため初心者の退部防止に着手することで、組織の課題感と個人の目標の両面にアプローチできると考えた。そこでまず同期○名に現状と課題を説明し、協力を得て【活動改革チーム】を発足。サークル内外の初心者約〇〇名に動向・要望の聞き取りを実施し、自団体の体制への不満等を把握した。その中で、『初心者が主役になれる』活動を打ち出すことが初心者の退部防止に繋がると考えた。そこで外部のテニスサークルや同期と協働して『初心者限定リーグ戦』や『運動会合宿』の立案と運営を行った。さらに、練習においても経験者との技術の差を埋めるようなゲーム性のある内容を多く取り入れた。練習に際しては、経験者の先輩方の協力も必要であった。そこでまずテニスコートの予約面数と使用時間を増加させ、既存の練習環境を担保した。その上で協力していただき、少しずつ経験問わず集団でテニスを楽しむことの魅力を感じ取ってもらっていった。一方、1年生の秋という早期から運営を任されるサークルの特性もあり、他の同期の当事者意識の欠如も課題にあがった。その際、同期〇〇名一人一人に仕事内容を説明し、その後本人の要望を聞き取った上で最適な役割分担を行い、チームワークの最大化を図った。1年間、同期や他サークルの協力を得ながら初心者の要望の汲み上げとアウトプットを繰り返した。その結果、次年度の年間退部者を〇〇名に抑え資金繰りによる存続危機を免れたとともに、掲げた目標への足掛かりとなった。この経験から、チームを率いて新たな行動を起こすにあたり、目標への熱意をもって一人一人の「個」の想いを丁寧に汲み取ることが重要だと学んだ。

設問と回答「あなたの専攻している学問について教えてください。(350文字以下)」

サッポロビールのESは、技術系と事務系のどちらを選ぶかで設問内容が一部異なります。事務系は「あなたの専攻している学問について教えてください。」という設問をされ、技術系は「あなたの研究テーマについて教えてください。」という設問をされます。その他の設問は、同じ内容です。専攻している学問や研究テーマについて問われた際には、初見の相手にも内容が分かるように分かりやすさを意識して回答しましょう。

実際に選考通過した先輩の声

アメリカ経済史のゼミに所属し、アメリカ発の世界的な経済危機について学んでいる。 同ゼミでは、学生が「アメリカ経済の歴史と現状」に関するトピックを取り上げ、報告及び討議を通して国際社会への多角的な理解を目指している。中でも私は、世界的な経済危機にまつわるプレイヤーが、いかなる心理をもって意思決定を行ったのかを学んでいる。なぜなら、歴史とは過去の失敗を知り、未来へ活かすための学問だと考えるからだ。経済危機の歴史には世界を揺るがすほどの「失敗」があり、それを洞察することで、俯瞰的な視野をもって今後の経済動向を捉えられると考えている。例えば世界金融危機(リーマンショック)。住宅ローン会社や格付け会社、金融機関といったさまざまな利害関係者が、市場の緩みに慢心し短期的な利益を先行し続けた結果であった。

設問と回答「あなたが一番大切にしている価値観は何ですか?(50文字以下)」

就活生の価値観を知るための設問です。文字数が少ないため、簡潔に回答しましょう。このあとの設問で、その価値観を大切にしている理由と具体的なエピソードを問われます。

実際に選考通過した先輩の声

いかなる時もチームに目を向け、一番「人」に寄り添って悩みを取り払えるリーダーであること。

設問と回答「その理由を教えてください。(100文字以下)」

自身が一番大切にしている価値観について、その理由を問う設問です。先輩は、「チームに目を向け、人に寄り添って悩みを取り払えるリーダーであること」という価値観について、中学の陸上部での経験を基にその価値観が確立されたと回答しています。その価値観が表れた具体的なエピソードは、次の設問で回答しましょう。

実際に選考通過した先輩の声

リーダーシップにまつわる失敗がその後の価値観を変えたからだ。中学校の陸上部で主将を務めた際、熱量の少ない同期に厳しく接してしまった。それにより同期を退部に追いやった失敗を経て、現在の価値観を確立した。

設問と回答「それが具体的に表れたエピソードを教えてください。(350文字以下)」

自身の価値観が表れたエピソードについて回答する設問です。先輩は、中学での失敗を糧にして高校の部活に取り組んだことを回答しています。リーダーとしてチームのメンバーの様子に目を配ったことで、成長した後輩と県大会に出場できた経験が述べられています。入社後に周りの人を引っ張って、チームに貢献する姿がイメージでき好印象ですね。

実際に選考通過した先輩の声

高校時代に弱小陸上部の主将として、歴代最多〇〇名の県大会出場に貢献した。 中学での失敗を糧に、自身にあったリーダーシップを確立すべく、再び主将に就いた。そして陸上競技は個人種目中心だからこそ、挫けそうな時に支え合うチームの一体感が必要だと考え【複数名で県大会出場】という共通目標を掲げた。しかし、直近5年間は出場者ゼロ。そこで同期と後輩のワンチームで「個」の最適解を目指す【カウンセリング制度】を導入した。そこでは後輩一人一人の怪我の状態やモチベーションを汲み取った上で、月別目標や個別の練習メニューの提案を行った。また練習後に反省点をS N Sで担当同期に共有するルールを設け、目標への進捗管理を徹底した。1年間の試行錯誤の結果、後輩の加速度的な成長に助けられ、歴代最多〇〇名の県大会出場者数を記録した。

2021年卒選考を受けた先輩たちの回答

ここからは2021年卒の選考を受けた先輩たちのESを紹介していきます。

設問と回答「ここ数年間に、あなたが自ら目標を掲げ挑戦してきたことについて、周囲の人々とどのように連携したかを含めて説明し、そこから何を学んだか教えてください。1000文字以下」

2021年卒のESと同様の設問です。先輩は、役職者としてサークルの運営制度改善に取り組んだことを回答しています。最初に挑戦した内容を括弧書きした後に、具体的なエピソードを回答しているため分かりやすいですね。文字数が多いため、段落を分けて読みやすくなるように工夫している点も好印象です。

実際に選考通過した先輩の声

【役職者として、所属する放送サークルでの運営制度改善に注力した】  65年の歴史あるサークルのため伝統的な運営方法を行っていたが、予算面でムダが多いという課題があった。また、その形式を支持する上級生がいるため変更が難しい状況でもある。そこで当時2年生だった私は、実際のムダを数値にして「見える化」し、説得を試みたが、改正には至らなかった。小学生の頃から多くの役職を経験し、説得力に自信のある私にとって初めての挫折だった。  その時、データよりも周りを巻き込んで1つの課題に向き合うことが大切であることを学んだ。この経験以降私は、自分が達成したいことを第一に行動を起こすではなく、グループ全体としての価値向上を目指すことを軸に活動を行った。それは、運営方針だけでなく、放送サークルのメイン活動である番組制作にも活かされた。私は何度も番組の脚本を執筆したが、自らキャスティングを行い、1つのチームを組織した。脚本に多数の価値観や視点が加わることで更に内容が磨かれることを目的とし、必ず脚本に対する意見を貰う会議を繰り返し行った。その結果、放送の全国大会で入賞を果たすこともできた。

 また運営方針という面でも、私は1つの課題を多角的に捉えられるよう、周囲の様々な意見を吸い上げて取り組むという点に注力した。  そして、2年次の学びと当時の課題を踏まえ、3年生の時には放送サークルの副代表として「匿名の意見投書制度」を設けた。  きっかけは普段の会話から、運営を行う幹部と一般メンバーの間に活動に対する考え方という点で乖離を感じたことだった。私は団体の雰囲気と活動の質は比例すると考え、意見をすぐに運営に発信できる制度を設け、風通しの良い団体作りを目指した。  投書の内容には不満だけでなく、そう思う背景や改善案の記入を条件とし、運営にメンバーの考えや価値観が文面でも伝わりやすいよう工夫した。また、頂いた意見は議事録にて返答を行い、運営側が回答を出したプロセスを掲載することで、こちら側の価値観も共有できるようにした。  その結果、例年は運営主導で決めていた運営方針に第三者の意見が加わることで、更なるブラッシュアップが可能な環境を整備できた。また、練習の質やメンバーの活動意欲が向上。その年には複数のメンバーが放送の全国大会入賞を果たすことができた。

設問と回答「あなたの専攻している学問について教えてください。350文字以下」

2022年卒のESと同様の設問です。自身の大学での選考について分かりやすく記載しましょう。先輩は、研究の動機や成果についても詳細に回答できています。

実際に選考通過した先輩の声

専攻している学問:ジャーナリズム 主な研究:「関西から見た東京五輪」をテーマに取材活動を中心とした課題発見 ◇動機  報道や街中の広告を関東と関西で見比べていく中で、東京五輪開催に対する熱量に差があるように感じたからだ。また周りの友人もさほど五輪に関心を示す人は少なかった。私は現状を把握するために、公式グッズショップ(客観的なデータ)と前回大会にゆかりのある人物の声(内面的な思い)という2つの軸で取材を行った。 ◇成果  データを取っていく中で関東と関西ではなく、高齢者と若者の間に関心度合いの差があることがわかった。今後は、五輪というコンテンツが若者に対してどういった形でアプローチをかけているのかを取材したいと考えている。

設問と回答「あなたの価値観について教えてください。あなたが一番大切にしている価値観は何ですか?」

2022卒のESと同様の設問です。自身の大切にしている価値観について、簡潔に記載しましょう。

実際に選考通過した先輩の声

様々な人や環境に触れて刺激を受け続けることで、自身の知識の幅を増やすこと。

設問と回答「その理由を教えてください。100文字以下」

2022卒のESと同様の設問です。この後の設問で、具体的なエピソードを回答します。

実際に選考通過した先輩の声

仕事面では、刺激を受けることで視点や知識を拡大し、自分なりの提案をしていくことで、企業や社会に貢献できると考えるから。 個人面では、人生の選択肢の幅を増やすことで、生き方に変化のある人生を送りたいから。

設問と回答「それが具体的に表れたエピソードを教えてください。350文字以下」

2022卒のESと同様の設問です。先輩は、自ら目標を掲げ挑戦してきたことについての設問と同様に、放送サークルでのエピソードを回答しています。リスナーが何を求めているのか考えながらラジオの企画に取り組んでいることから、入社後にもお客様のニーズに合わせた提案ができそうだと感じられて好印象ですね。

実際に選考通過した先輩の声

【放送サークルのメイン活動の1つである昼放送の知名度向上を目指した】  目的達成のために放送を面白くすることが第一と考え、当時話題だったミスキャンパス候補者とコラボしたラジオを企画。だがメンバーの前でリハーサルをした際、候補者の人柄という面で視覚的インパクトはあるが、内容は平凡だという意見をもらった。  そこで私は、リスナーが何を求めているのか探るため、候補者のSNSを分析し、第一印象とは違うギャップある投稿に多くの「いいね」がついていることに注目。そこで候補者の友人数名に協力を依頼し、友人を交えて打ち合わせを行う中で見えた普段の姿を軸に1人の女学生としての魅力を放送した。  結果、学生だけでなく大学の教授やTwitterから多くの反響をいただき、昼放送には定期的にお便りが寄せられるようになった。

設問と回答「志望する理由を教えてください。250文字以下(ES通過後の追加ES)」

2021年卒のESでは、ES通過後に追加のESを提出したとの口コミがありました。内容は、志望動機の他に得意な科目や自身のセールスポイント、入社後にやってみたい仕事を問われていたようです。追加のESがあったのは一部の就活生のみですので、選考状況によってはこのような設問も出題されると心得ておくと良いでしょう。

実際に選考通過した先輩の声

 人々にビールを楽しむきっかけを与えたいからだ。特に若者へのビールの間口を拡大したい。 私はこれまで、ミーハーな性格を活かし様々なことに興味を持って取り組んだ。その1つとしてビールに触れた結果、幅広い人と人との繋がりを得ることができ、ビールの持つ腹を割って話せるようになる魔力を知った。 特に、貴社は広い価格帯の製品を提供しているため、消費者の年齢に合った製品を提供することが可能と考える。そのため、20歳を超えてから生涯にわたって愛されることが可能なブランディングを生み出せると考え、志望した。

2020年卒選考を受けた先輩たちの回答

ここからは2020年卒の選考を受けた先輩のESを紹介していきます。

設問と回答「ここ数年間に、あなたが自ら目標を掲げ挑戦してきたことについて、周囲の人々とどのように連携したかを含めて説明し、そこから何を学んだか教えてください。1000文字以下」

2022年卒2021年卒と同様の設問です。先輩は、研究室の資料整理に取り組んだことを回答しています。熱意をもって自ら行動する姿から、サッポロビールの求める人物像にマッチしていることが伝わりますね。

実際に選考通過した先輩の声

私が自ら目標を掲げ挑戦してきたことは、研究室の資料整理という問題に「片付け隊長」として陣頭に立ち取り組んだことです。 昨春、キャンパス移転のため研究室の資料整理を学生で行いました。 研究室に保存されていた大量の魚類のサンプルを、必要・不必要なものに分類する作業を行いました。そして、必要なものは適切に保存し荷造りすること、不必要なものは適切な方法で処分する必要がありました。 しかしながら、学生のモチベーションが低く、作業への参加率が悪いという課題がありました。また学生が、作業内容をそれぞれ把握できておらず、作業の効率が悪いという課題がありました。これらの理由から、期限内に作業を終わらせることが必要でしたが、思うように作業が進んでいないという課題がありました。 そこで、全員の意識を変え、作業の効率を上げることで、期限内に作業を終わらせようと考えました。何故ならば、研究室という学生が使う場所だからこそ、学生の力で作業を終わらせたいという責任感があったからです。周囲がモチベーションの低い中で、仕事をやり遂げるために自らが率先して周囲を巻き込もうと考えました。そしてそのために「片付け隊長」として自ら「学生一丸となって、期限内での作業の完了」という目標を掲げ挑戦しました。 「片付け隊長」となり学生に参加を呼び掛けるだけでなく、率先して一番大変な作業にあたりました。このように自分の熱意を示すことで仕事の必要性を訴え、仕事に興味をもってもらえるように努めました。また、論理的に仕事の意義や必要性を伝え、そのためにどうするべきか全員となって考えることで周囲を説得しました。 さらに、作業マニュアルを作り、方法を全員で共有するように努めました。また、仕事内容ごとのチームに分け、それぞれのスペシャリストになってもらうことで効率のアップを図りました。 その結果、他の学生から「隊長、今日も仕事しようよ」と呼び掛けられるなど、皆が関心を持つようになりました。そして、4か月かかる予定だった作業を2か月で終えることが出来、予定通りに移転を完了することが出来ました。 この経験からチームの意識を変えるには、まず自分から熱意をもって動くことが重要だと学びました。そして、困難な課題であっても全員が一丸となって取り組むことで解決できるということを学びました。

設問と回答「あなたの研究テーマについて教えてください。350文字以下」

2022年卒2021年卒と同様の設問です。専門的な内容については、初見の人にも分かるように記載しましょう。

実際に選考通過した先輩の声

「マイワシにおける生殖腺刺激ホルモン(GTH)の機能解明」というテーマで研究を行っています。 この研究では、マイワシの繁殖のメカニズムを解明することを目標に研究を行っています。マイワシは水産資源上最重要な魚ですが、その数は大きく増減しており、適切に管理することが求められています。そしてそのためには、マイワシの生態、特に生殖のメカニズムを明らかにすることが必要です。 魚類の生殖は、脳などからそれぞれ分泌される、いくつかのホルモンによって制御されています。そのうちの一つである生殖腺刺激ホルモン(GTH)は、多くの魚において報告されています。しかしながら、マイワシでは、GTHに関する報告は皆無です。 そこで私は現在、マイワシにおけるGTHの探索、そしてその機能の解明を行っています。

設問と回答「以下設問にてあなたの価値観について教えてください。あなたが一番大切にしている価値観は何ですか?50文字以下」

2022年卒2021年卒と同様の設問です。文字数が少ないため、簡潔に記載しましょう。

実際に選考通過した先輩の声

苦手なことにも積極的に挑み、やり抜くこと

設問と回答「その理由を教えてください。100文字以下」

2022年卒2021年卒と同様の設問です。自身の価値観についてどのような想いからそう考えるようになったのか、分かりやすく記載しましょう。

実際に選考通過した先輩の声

自分が成長することが出来るからです。 苦手なことにも果敢に挑戦し努力することで新たな発見が得られます。 そして、その発見が自分の視野を広げ、自らを大きくしてくれます。

設問と回答「それが具体的に表れたエピソードを教えてください。350文字以下」

2022年卒2021年卒と同様の設問です。自身の価値観が表れたエピソードについて具体的に記載することで、説得力が増します。先輩のように、自らどんな行動を起こしたのか詳細を記載しましょう。

実際に選考通過した先輩の声

フルマラソンに挑戦した経験に表れています。 私は長距離走が苦手でした。しかし、友人がフルマラソンに挑戦する姿に感銘を受け、苦手なことを克服して成長したいと強く思いました。そこで、完走を目指して、フルマラソンに挑戦しました。 さらにただ完走を目指すだけでなく、平均記録を超える「5時間以内に完走する」という目標を掲げました。そして、そのためには自信のない体力の強化が必要でした。 そこで、6kmのランニングと体幹中心の筋力トレーニングを、3か月間毎日行いました。学業やアルバイトとの両立を図ることは困難でしたが、スキマ時間を作り欠かすことなくトレーニングに励みました。その結果、天草マラソン大会において4時間43分という記録で完走できました。 この経験から、重ねた努力が自信、そして結果につながることを学びました。

サッポロビールのESの傾向

ここまで、サッポロビールのESの傾向と対策をまとめてきました。サッポロビールのESは、例年同じ設問が出題されています。就活生の価値観を問う設問が中心となっているため、具体的なエピソードで説得力のある回答をすることが大切です。 ここで紹介したのは先輩が投稿してくれた口コミの一部です。更に詳しい口コミもあるので、ぜひ読んでみてくださいね。

今回記事の中で紹介した口コミはログイン後に観覧いただけます。

会員登録がまだの方はこちらから
就活会議

この記事を書いた人: 就活会議編集部

就活会議の編集チームです。就活生の皆さんの役に立つ「企業と面接のリアルな情報」を発信しています。体験記・ESは 会員登録 すれば見放題! YouTubeチャンネル も配信中です!