就活会議
CREATE 2021.12.24 | UPDATE 2021.12.24

【就活ガイド】株式会社Mizkan J plus Holdings(ミツカン)のエントリーシート対策【通過者回答あり】

この記事は、就活会議の会員が投稿した体験記にもとづいて作成・編集をしています。就活会議の会員は現役の学生であることを確認しています。
記事のタイトル画像

株式会社Mizkan J plus Holdings(ミツカン)は食酢や納豆など幅広い商品を取り扱う、「味ぽん」で有名な大手メーカーです。就活生に人気の企業であるため、選考の難易度は高いといえます。しっかり選考対策をしておきましょう。 この記事では、ミツカンの選考の過去3年分の過去問と先輩の回答を載せています。選考の入口であるエントリーシートの対策について、実際に先輩たちが提出した回答をもとに解説しますので、ぜひ参考にしてください。

本選考の概要を確認する

【企業研究】ミツカンはどんな会社?

ESの対策をする前に、まずはミツカンについて理解しましょう。ここではミツカンの選考に通過した先輩たちが行った企業研究と、その社風などをお伝えします。

ミツカンの企業概要

まずはミツカンの企業概要をみていきましょう。

ミツカンの事業内容

ミツカンは、食酢やポン酢、鍋つゆを中心とした商品開発事業をおこなっています。「味ぽん」「追いがつおつゆ」「おむすび山」など多くの商品を取り扱っており、お客様のし好に合わせて品質改良を続けています。

■商品企画 ミツカンらしい強みを活かせる戦略を立案し、商品政策やコミュニケーション政策を中心に具体化を進める部署です。様々なデータ分析や生活者調査を踏まえて、開発技術部や生産物流本部、MD企画部、デジタルマーケティング部など社内の関連部署と連携して商品開発やコミュニケーション開発を行っています。

■調達 安全・安心でおいしい商品づくりの為、品質・安定調達・コストのバランスを考えながら調達しています。具体的には新規原料資材の探索・開発、仕入先との価格交渉、仕入先の工場監査等を行います。

■販売企画 ミツカンが提供する商品やメニューの価値を、適切な場面(店頭や食場面)で実現するために、消費者・購買者・調理者・得意先それぞれの立場で、食場面・商品・メニューを組み合わせた魅力ある企画を提案します。

■開発技術 新商品コンセプトを具現化する為の商品設計を商品企画担当と二人三脚で取組み、市場動向や生活者ニーズに対応した新たな技術開発を関連部署と協業して行います。これらの検討においては「おいしさも、価格も、健康も」の3つを同時に成り立たせることにこだわり、取組みます。

■生産 お客様にとって、安心しておいしく召し上がっていただける商品を、適切なコストで製造し、お届けすることを目指しています。そのために、社内外のさまざまな環境変化を三現(現地・現物・現実)で捉え、事実に向き合い、人・設備・在庫・場所・時間・距離を最適に組合せて、サプライチェーン全体の効果効率を高めていくための活動をしています。

■広告宣伝 商品やメニューを魅力的に伝えるためのコミュニケーションプランを立案し、「広告制作」「ウェブサイトの運営」等を行っています。TVCMなどのマスメディアを活用した情報発信を中心に、生活者の変化にあわせてデジタルなど多様なメディアも活用することで、企業側からの一方的な情報発信ではなく、お客様に共感していただけるようなコミュニケーションを目指しています。

■研究 研究にて生み出した成果や技術を商品に組み込み、ミツカンが提供する商品価値を革新的に高めることが役割です。ミツカンはこれまで微生物や健康機能、調理効果やおいしさについて多岐にわたり研究し、実を結んできました。これからも将来をにらんで差別優位性となる価値創造を目指しています。

■営業 ミツカンは一般消費者向けの家庭用商品と、外食・中食・食品メーカー向けの業務用商品を販売しており、営業活動先は食品商社、スーパーマーケット、コンビニエンスストア、ドラッグストアから、レストラン、居酒屋、給食、惣菜メーカー、食品メーカーまで、食品産業の多岐に渡ります。営業活動における提案内容は、商品の紹介だけでなく、メニュー・品揃え・販売促進・情報・オペレーション等、ミツカンの持つ豊富なノウハウを最大限に活かし、お取引様の課題解決に繋げていきます。

■人事 ミツカンでは「人の成長」が資産と考えており、ミツカンに在籍する社員一人一人の能力を最大限発揮できるようにサポートをしています。主な役割としては、 ・ミツカンの掲げる理念や未来ビジョンに共感できる仲間を集めること(採用) ・手を伸ばせば届く目標を設定することで社員の成長を促すとともに、その成果に対して適切に報いていくこと(目標管理、人事評価、報酬管理) ・異動配置やさまざまな研修・教育制度によって社員の成長をサポートすること(異動配置、役職登用、教育管理)となります。

■情報システム ミツカンの情報システムの企画・開発・運用を全般的に担う部署です。情報システムは仕入~製造~販売といったメーカーの基本的業務の効率的な運営を支えるとともに、社内外での円滑なコミュケーションを促進する企業にとって重要な機能です。業務環境を整えるためのプロジェクトに参画し、会社の成長や組織・社員に役立つ情報システムの整備を進めていきます。

■計画策定・経営管理 自社、他社、日本、世界、社会動向等を分析し、会社の持続的な成長につながる計画をまとめあげていくこと、また、策定した計画に対し、実際の業績がどのように進捗しているか、損益状況を確認し、要因分析を行い、経営の意思決定に必要な情報を提供していくことが計画策定・経営管理における役割です。

■法務 日々の企業活動で発生する契約・取引に関して、法的に問題ないかという観点とともに、リスクはないか、チャンスを実現できるか、という観点で、契約書の作成や内容確認を行っています。また、社内で法令教育を行ったり、法令が改正された際の情報配信と社内ルールの改正等も実施しています。

■財務 ステークホルダーへの説明責任を果たすために、客観性・信頼性・透明性の高い連結財務諸表の作成を行います。また、この品質を高めるために、グループの問題・課題が把握できる会計基準等を検討し実行しています。グローバルに財務に関わる内外の環境認識を行い、企業価値向上に繋がるグループの財務戦略を企画立案し、財務健全性とキャッシュ最大化に貢献しています。

■経理 会社の経営成績を示す「損益計算書」や全財産の状況を現す「貸借対照表」などの財務諸表の作成を行います。また、法人税を初めとした税金計算や税務申告業務も行なっています。

■品質保証・お客様相談 安全で安心な商品を保証するための仕組みを構築します。新商品が品質面や生産面で問題ないように様々な観点から想定される品質のリスクについて話し合い、商品化までにクリアできるように支援します。また、商品のラベルやパッケージの表示や表現が法律に順じているか、お客様に誤解を与えないか、などの審査をして“ミツカンへの信頼を守る門番”となり“買う身になって”ミツカンの商品を守ります。

■総務 ミツカンの組織全体に関わる、幅広く多岐にわたった業務を担当します。社員の勤怠情報や人事情報を元に正しく給与を計算する「給与課」。1人1人の社員が働きやすくなるよう環境を整え、社内イベントの企画管理やお客様の窓口を行う「総務課」。労働環境問題を把握し解決し、社員への健康活動の啓蒙を行う「労務課」など、会社組織全体が円滑に動くための潤滑剤の働きを担います。会社をより良くするための制度や労働環境の検討も行い、社内の各部門や社外との対話も活発に行います。

参考元:https://www.mizkan.co.jp/company/recruit/graduate/work/job/

ミツカンの社風

当社は創業からずっと変わらず、大切にしてきた想いがあります。それは「買う身になって まごころこめて よい品を」「脚下照顧に基づく現状否認の実行」の2つの原点です。この想いのもと、“ピンチをチャンスに”変え、“両立しにくいものを両立させ”て、常に「変革と挑戦」を繰り返してきました。2つの原点はミツカンの永遠に守るべき価値観であり、ミツカンらしさの源にもなります。ミツカンで働く社員はこの2つの原点を行動の指針とし仕事に臨んでいます。指示をただ待つのではなく、理念を踏まえ、自ら考え行動し、変化を恐れずにチャレンジしていける人。また、周りの人と自らの仕事内容を日々語り合い、意見交換を通じて互いに知見を深め合い、より良い仕事ができるように工夫を続けることができる人。そんな人がミツカンで活躍しています。

引用元:https://www.mizkan.co.jp/company/recruit/graduate/info/message/

上司も私たちの背中をどんどん押してくれるし、承認も非常にスピーディです。実は入社する前、ミツカンに対しては“大企業だけに、杓子定規の組織体系では…?”と少し不安に思っていたのですが、これは杞憂に過ぎませんでした。

引用元:https://www.mizkan.co.jp/company/recruit/graduate/interview/people/09/

ミツカンは、「変革」と「挑戦」という2つの価値観を大切にしています。ピンチをチャンスに変え、両立しにくいものを両立させることで新たな商品を生み出してきました。お客様を第一に考えた品質向上を実施していくと共に、経営の品質を高めていくことであらゆるステークホルダーの満足を向上させることを目指しています。 社員インタビューによると、上司が背中を押してくれるなど変革と挑戦を後押しする社風であること伝わってきます。スピードと柔軟性を持って業務に取り組む企業風土であるといえるでしょう。

ミツカンの求める人物像

自ら考え、行動を起こす 指示を待つのではなく、周囲の状況や自らの役割を踏まえて、自身が行うべきことを考え、率先して行動ができる人 諦めずに粘り強く物事に取り組む 困難な状況に直面しても、諦めることなく、打開に向けて粘り強く考えて取り組むことができる人 周りの人と協力する 周囲のいろいろな人と意見を交わしながら協力関係を築きあげ、よりよい成果を得るために協働できる人 好奇心や探求心を持つ 興味の「アンテナ」を張り巡らせ、広く物事を学び、目標に対して前向きに取り組むことができる人

引用元:https://www.mizkan.co.jp/company/recruit/graduate/info/talent/

ミツカンは、自ら考え行動を起こす主体性を持った人材を求めています。指示を待つのではなく自身が行うべきことを考えて行動し、困難な状況でも粘り強く取り組む姿勢が必要だと考えています。 また、周りの人と意見を交わしながら協力する「コミュニケーション能力の高さ」や、幅広い事柄に興味のアンテナを張り巡らせる「好奇心」や「探求心」のある人材も評価されやすいでしょう。周りの人を巻き込みながら、新しい発想で商品やサービスを創り上げていける仲間を求めていると言えます。

先輩たちが行った企業研究とそのポイント

先輩は、会社説明会で人事の社員に質問をすることで業界や職種理解を深めたそうです。また、公式ホームページのコーポレートスローガンや理念などから、自身の価値観に通じるところを確認しています。OB・OG訪問での企業研究をしておくに越したことはありませんが、公式ホームページと人事の方の話を聞くことでも十分に企業理解は深まったとの投稿があります。ミツカンは就活生に対して協力的で、知りたいことは電話して聞いてほしいというオープンなスタンスであったとのことです。社員の方から直接話を聞いて、企業理解を深めることが大切といえるでしょう。

実際に選考通過した先輩の声

会社説明会に出席し、業界や職種理解のために人事の方に質問をした。その後公式ホームページを隅々まで目を通し、ミツカンのコーポレートスローガンや理念などを頭に入れた。そこから自身の価値観に通じるところを強く感じたため、選考を進める過程で人事の方に直接電話をしてお話を伺ったこともあった。会社説明会で強く感じたが、人事の方は本気で学生側のミツカンへの理解を促してくれる。OB・OG訪問は企業理解の助けになると思うが、公式ホームページや人事の方に直接お話を伺うことで十分理解が深まったように感じる。人事の方はオープンで好きな時に電話をしてきてほしいというスタンスなので、面接用の質問をするのではなく、本気で知りたいことを尋ねることが功を奏したように思う。

エントリーシート(ES)対策「例年同じ設問が出題される」

それではここから実際に先輩たちがミツカンに提出したESを参考に、エントリーシートの傾向と対策を解説していきます。

ESの傾向と対策

https://static.syukatsu-kaigi.jp/images/articles/284/display_915f475c-cf13-4766-b70b-83d0fd238db9.png

ミツカンのESでは、例年同じ設問について問われています。設問内容は学生時代に自分で判断し行動できたことや、一番の挫折経験など具体的なエピソードを問われるものが多いです。「自ら考え、行動を起こす」「諦めずに粘り強く物事に取り組む」などの求める人物像にマッチした人材か評価していると読み取れる質問が多いといえます。

2022年のESでは、以下の設問がありました。

  • 就職志望度の高い企業名を入力してください。(200字以内)
  • ミツカンを志望した理由と当社でどのように活躍したいか教えてください。(200字以内)※無い方は、一番力を入れた学業の概要をご記入ください。
  • ゼミ、卒論、修論等のテーマについて入力してください。(200字以内)
  • 学生時代の中で成し遂げたい事や課題に対して自身で考え判断し行動出来たと最も思えることを入力してください。(400字以内)
  • 学生時代の中で一番の挫折経験または失敗した事とその事が以後の自分にどのような影響を与えたか入力してください。(400字以内)

過去3年分の選考の傾向

ミツカンは、例年同じ設問が出題されています。志望理由と学生時代の取り組みに関する設問が中心です。志望理由ではミツカンへの志望度の高さや熱意をアピールし、学生時代のエピソードでは具体的かつ説得力のある回答をすることが大切です。求める人物像を理解した上で、ミツカンにマッチした人材であることをアピールしましょう。

2022年卒選考を受けた先輩たちの回答

ここからは2022年卒の選考を受けた先輩たちの実際のES回答をみていきましょう。

設問と回答「就職志望度の高い企業名を入力してください。(200字以内)」

ESでは、就職志望度の高い企業について問われます。ミツカンとは異なるジャンルの企業を志望している場合、説得力のある説明をするように心掛けましょう。以下の先輩は、ピアノや吹奏楽など音楽を続けてきたため楽器メーカーへの就職も考えていると回答しています。食品メーカーとは異なりますが、納得できる説明ができていますね。

実際に選考通過した先輩の声

私は食品系のエンジニア職だけでなく、楽器メーカーへの就職を考えています。私は小さいころからピアノを習っており、高校では吹奏を始め、大学でも続けてきました。長年音楽を続けていたため、楽器の製造に対しても興味を持ち、ヤマハに志望しています。

設問と回答「ミツカンを志望した理由と当社でどのように活躍したいか教えてください。(200字以内)」

志望理由とミツカンでどのように活躍したいかを問う設問です。具体的なエピソードを交えながら、説得力のある志望理由を回答しましょう。文字数が少ないため、どのように活躍したいのかは簡潔にアピールすることがコツです。

実際に選考通過した先輩の声

人々の健康を支える食に貢献したいと考え、貴社を志望しました。私は大学2年からキッチンアルバイトを続けています。その中で、「食」は人々の健康や幸せに貢献できると感じました。そのため、食品のエンジニア職に興味を抱き、貴社のインターンシップに参加しました。そこで貴社で働く人の雰囲気の良さを実感しました。貴社では研究室で行ってきたモノづくりの経験をもとに多角的な活躍をし、新しいことに挑戦したいです。

設問と回答「ゼミ、卒論、修論等のテーマについて入力してください。(200字以内)※無い方は、一番力を入れた学業の概要をご記入ください。」

大学での取り組みについて問う設問です。文字数が少ないため、簡潔に回答しましょう。先輩は、研究内容について分かりやすい言葉で解説しています。

実際に選考通過した先輩の声

私は熱音響エンジンについて研究しています。熱音響エンジンとは熱から音への変換を行う装置のことです。この装置を用いることで、廃熱を利用した発電が可能になります。熱音響エンジンの内部を水で濡らすことで音波が発生するために必要な熱量が減少することがわかっています。この現象が実際にどのように起きているのかわかっていないため、私の研究では可視化を行うことで現象の解明を図ることを目的としています。

設問と回答「学生時代の中で成し遂げたい事や課題に対して自身で考え判断し行動出来たと最も思えることを入力してください。(400字以内)」

学生時代に目標や課題に対して、自主的に取り組んだ経験を問う設問です。先輩は、吹奏楽団での取り組みについて具体的に回答しています。この質問から、ミツカンは自主性を持った就活生を採用したいと考えていることが読み取れますね。求める人物像のように「指示を待つのではなく、周囲の状況や自らの役割を踏まえて、自身が行うべきことを考え、率先して行動ができる人」であることをアピールしましょう。

実際に選考通過した先輩の声

私は所属していた吹奏楽団で「経験者の人に負けないぐらい上手に吹けるようになること」を目標とし活動しました。私は高校時代から吹奏楽を始め、打楽器をやっていました。大学では新しいことに挑戦してみようと思いクラリネットを始めました。しかし、大学では高校時代と比べ練習時間が少なく、中々吹けるようにはなりませんでした。大学1年の時の演奏会では吹けるとこだけ吹いて、他のところは吹き真似をしていました。そのため、吹くことのできない悔しさを感じました。そのため、更なる練習時間の確保と効率的な練習を心がけました。まず、誰よりも早く練習にきて、練習後にも納得のいくまで自主練をするようにしました。また、合奏時に吹けなかった箇所を同期や先輩に教えてもらい、繰り返し練習しました。こうした細かな積み重ねを続けていくことで次第に吹ける箇所も増えていきました。最後の演奏会ではソロパートを任せてもらえるまで上達しました。

設問と回答「学生時代の中で一番の挫折経験または失敗した事とその事が以後の自分にどのような影響を与えたか入力してください。(400字以内)」

挫折経験や失敗について問う設問です。失敗した後の対応や取り組みから、困難な状況に直面しても粘り強く取り組むことができる人材かどうかを判断していると考えられます。失敗した内容以上に、改善のための取り組みやどんな学びがあったのかを回答できれば好印象です。

実際に選考通過した先輩の声

私が学生時代にした失敗経験は金属加工で失敗を繰り返してしまったことです。 私は卒業研究の際、実験装置を製作するために学内の工場で金属加工を行いました。加工を始めた当初、私自身の勉強不足で、加工の際に設置の仕方を間違えてしまったり、工作機械の刃物を破損させてしまったりしてしました。そのため自分自身の力不足を痛感しました。そこで様々な観点から金属加工の勉強を行いました。具体的に、本や加工動画を参考にし、勉強し直しました。また、座学だけではなく、実際に工場の技術者の方に加工を見学させてもらい、現場の声からのアドバイスもいただきました。その結果、金属加工も上達していき、無事装置を完成させることができました。さらに、今では研究室内で後輩だけでなく先輩にも加工について教える立場になりました。この経験から、失敗した理由や原因を分析して次へつなげる力や粘り強く努力する力を身につけることができました。

2021年卒選考を受けた先輩たちの回答

ここからは2021年卒の選考を受けた先輩たちのESを紹介していきます。

設問と回答「就職志望度の⾼い企業名を⼊⼒してください。(200字以内)」

2021年卒のESと同様の設問です。先輩は、ミツカンが第一志望だと答えた上で、研究開発に携わりたいと回答しています。志望度の高さをしっかりアピールできていますね。

実際に選考通過した先輩の声

株式会社 Mizkan J plus Holdingsが第1志望です。 企業研究のために、他の食品メーカーを参考にしましたが、別記のように、貴社が見据える未来像やそのための取り組みに共感し、貴社での研究開発に携わりたいと考えています。

設問と回答「ミツカンを志望した理由と当社でどのように活躍したいか教えてください。(200字以内)」

2021年卒のESと同様の設問です。先輩は、学園祭でのエピソードに触れながら日本の家庭の味を支えるミツカンの事業に魅力を感じていることを回答しています。具体的な職種を挙げて、ミツカンの商品を世の中に届けるサポートをしていきたいという想いを伝えていますね。

実際に選考通過した先輩の声

貴社は複数のカテゴリーリーダーとして日本の家庭の味をつくっており、その影響力の大きさと調味料の汎用性に魅力を感じたからです。私は学園祭実行委員会の模擬店部門で活動した経験から、実際に商品の製造や販売には関わらなくても、販売に至るまでを支えた商品をお客様に食べてもらう喜びを知りました。そのため、経理として会社全体を支え、貴社の技術力と信頼に溢れる多彩な商品を世の中に届けるサポートをしていきたいです。

設問と回答「ゼミ、卒論、修論等のテーマについて入力してください。(200字以内)」

2022年卒のESと同様の設問です。自身の大学での取り組みについて分かりやすく記載しましょう。先輩は、ゼミのの研究テーマと具体的な実績について回答しています。

実際に選考通過した先輩の声

財務会計とビッグデータのデータサイエンスをテーマとするゼミナールに所属しています。3年次では、3人チームで「経営者能力と利益調整が配当額に与える影響」というテーマの研究を進めました。Rという統計ソフトを用い関連性を調べ、パワーポイントや論文を作成しました。出場した大会の講評では、学部生としてとてもレベルの高い研究と評価され、2位を獲得しました。今後は利益調整に関するテーマで卒業論文を作成予定です。

設問と回答「学生時代の中で成し遂げたい事や課題に対して自身で考え判断し行動出来たと最も思えることを入力してください。(400字以内)」

2022卒のESと同様の設問です。先輩は、学園祭の実行委員会で模擬店のサポートに取り組んだエピソードを回答しています。話し合いを進めながら、相手の気持ちを考慮して提案をするという姿勢から行動力とコミュニケーション能力の高さが感じられますね。

実際に選考通過した先輩の声

明治大学の学園祭である明大祭の実行委員会に所属し、模擬店部門員として出店するサークルのサポートを行っていました。活動の中では、サークルの作りたい商品の材料や作り方が保健所のルールで禁止されており、仲介者として伝えなければならない場面が多くありました。例年この場面で模擬店部門は苦労することが多く、今まで通りではない伝え方をしなければならないと考えました。そこで、後輩を巻き込んで話し合いの場を設けました。そして、「謙虚な姿勢で話す、その商品を作りたかった気持ちを考慮し、代替案も一緒に提案する」を徹底することにしました。その結果、やりたいことができなく最初は不満そうだったサークルの方とも穏便に話を進められました。サークルの責任者の方から「本当にありがとうございました」と模擬店で売っていたポテトをもらったことは嬉しかったです。今後も、現状をより良くするために自ら積極的に行動していきます。

設問と回答「学生時代の中で一番の挫折経験または失敗した事とその事が以後の自分にどのような影響を与えたか入力してください。(400字以内)」

2022卒のESと同様の設問です。先輩は、部活で挫折したエピソードを回答しています。挫折経験から目標を持って粘り強く取り組むという強みを得られたと、求める人物像にマッチしたアピールができていますね。

実際に選考通過した先輩の声

一番の挫折は中学校の部活動です。先輩方の演奏に感動し、吹奏楽部に入部しました。しかし私はピアノを習っていたことが一度もなく、楽譜すら全く読めない状態でした。そして、私の中学校は神奈川3強と言われていた強豪校であり、野球の甲子園より出場するのが難しいと言われる吹奏楽の全国大会を目指していました。その環境に私はついていくことができず、先輩からも先生からも怒られ逃げ出したくなる毎日でした。ここで本気の挫折を味わいました。しかし、人一倍練習を重ね食らい付き、引退まで3年間やり遂げることができました。中学生時代にこの経験をしたことは私の中で大きな財産となっています。高校、大学でも目標を持って本気で頑張れることを見つけてこれたのは、この経験の影響だと思っています。高校の部活動や受験、ゼミナールがその一例です。高い目標にも挑戦し粘り強く諦めないという私の強みは、この挫折体験からできていると感じています。

2020年卒選考を受けた先輩たちの回答

ここからは2020年卒の選考を受けた先輩のESを紹介していきます。

設問と回答「ミツカンを志望した理由と当社でどのように活躍したいか教えてください。(200字以内)」

2022年卒2021年卒と同様の設問です。先輩は、大学院で学んだ食の機能性の知識を活かして人々の健康に役立つ商品を生み出したいと回答しています。

実際に選考通過した先輩の声

独自技術に根ざした研究開発体制に惹かれ、志望しました。貴社は酢に対し様々な側面からアプローチし、人々の健康に寄与しています。このように、研究開発を通し【人と社会と地球の健康】を有言実行している点に、他社には無い魅力を感じました。この環境で【人を健康・笑顔にする】商品開発に寄与したいです。具体的には、大学院で培った食の機能性の知識を活かし、更なる健康機能性を付与したお酢ドリンクを生み出したいです。

設問と回答「ゼミ、卒論、修論等のテーマについて入力してください。(200字以内)※無い方は、一番力を入れた学業の概要をご記入ください。」

2022年卒2021年卒と同様の設問です。この設問では、初見の人にも分かるように専門用語の使い過ぎに注意しましょう。簡潔に分かりやすく記載することが大切です。

実際に選考通過した先輩の声

【新規機能性油の探索】魚に多く含まれる油であるDHAは、多くの健康機能を有しています。これらの機能はDHAの持つ多くの二重結合に起因すると示唆されていますが、DHAよりも二重結合数の多い油は存在せず、その機能性は明らかとなっていません。そこで私は、DHAより二重結合数が多い油を新たに合成し、その生理機能の評価を行っています。これにより、油の機能性の解明や、新たな機能性食品の開発に貢献できます。

設問と回答「学生時代の中で成し遂げたい事や課題に対して自身で考え判断し行動出来たと最も思えることを入力してください。(400字以内)」

2022年卒2021年卒と同様の設問です。先輩は、ボランティア部の活動について具体的に回答しています。始めに【子供の野菜嫌いを克服させました】と結論から述べることで、その後に記載した内容が理解しやすくなっていることがポイントです。

実際に選考通過した先輩の声

【子供の野菜嫌いを克服させました】私はボランティア部のリーダーとして活動する中で子供と接する機会が頻繁にあり、野菜嫌いの子供がとても多いという課題に気づきました。幼少期の好き嫌いは健康や成長に悪影響を及ぼすため、この問題の解決に貢献したいと感じました。子供が野菜を嫌う原因は、野菜は美味しくないと決めつけ、嫌悪感を抱いていることだと考えました。そこで仲間たちに声をかけ【子供たちに農業を教え、実際に野菜を育てるプロジェクト】を立ち上げました。農家の方の元へ直接訪問し、農作業について教えてもらいながら活動した結果、子供たちは自分が育てた野菜の収穫を心待ちにし、大変な作業も率先して行ってくれました。ボランティア後に感想を聞いたところ、「初めて野菜を美味しいと思った」などの意見が多く、野菜本来の美味しさを伝えることができました。このように、私は周囲の意識を改善する策を考え、行動に移すことができます。

設問と回答「学生時代の中で一番の挫折経験または失敗した事とその事が以後の自分にどのような影響を与えたか入力してください。(400字以内)

2022年卒2021年卒と同様の設問です。挫折経験を通して得ることができた、自身の強みをアピールしましょう。

実際に選考通過した先輩の声

【研究で挫折し、それを乗り越えました】油脂が持つ健康機能は、多くの人が苦しむ生活習慣病の解決に繋がると考え、機能性油の研究を行っています。この研究は前例が無く、困難を極めました。しかし、私は常に「今の世の中に無い、新しいものを生み出したい」と考えており、この状況にもやる気が溢れてきました。反応が進まない原因を考え、繰り返し実験を行いましたが、成果は得られず、辛い思いをしました。しかし、めげることなく失敗の原因を1つずつ精査し、1か月に10本以上の論文を読み、ゼミでの議論で原因究明に努め、更なる実験に努めました。一見不可能と思えることでも諦めず「失敗も貴重な1歩」と前向きに捉え、あらゆる方法を試みた結果、合成法を確立することができました。この経験から失敗を恐れずに向き合い、挑戦し続けることの重要性を学び、それが成功した時の達成感を味わいました。今後も失敗を恐れずに様々なことに挑戦します。

ミツカンのESの傾向

ここまで、ミツカンのESの傾向と対策をまとめてきました。ミツカンのESは、例年同じ設問が出題されています。研究テーマや挫折経験など、学生時代に関する設問が中心となっているため、具体的なエピソードで説得力のある回答をしましょう。 ここで紹介したのは先輩が投稿してくれた口コミの一部です。更に詳しい口コミもあるので、ぜひ読んでみてくださいね。

今回記事の中で紹介した口コミはログイン後に観覧いただけます。

会員登録がまだの方はこちらから
就活会議

この記事を書いた人: 就活会議編集部

就活会議の編集チームです。就活生の皆さんの役に立つ「企業と面接のリアルな情報」を発信しています。体験記・ESは 会員登録 すれば見放題! YouTubeチャンネル も配信中です!