株式会社ボストン・コンサルティング・グループのロゴ写真

株式会社ボストン・コンサルティング・グループ

  • 4.0
  • 口コミ投稿数(438件)
  • ES・体験記(45件)

ボストン・コンサルティング・グループのインターン面接

インターンの面接

6件中6件表示

20卒 夏インターン 最終面接

2018年8月開催 / 3日 / コンサルタント
20卒 | 東京大学 | 男性
Q. 東京都に存在する駅の数は?
A. A. フェルミ推定を用いて回答した後(面積ベースで解いた。)回答した後は、ここで算定した数が妥当かどうか、評価方法、JRが利益を最大化するためには、駅がどこにいくつあれば良いと思うかなどを聞かれる。 おそらく最初の設問に対する回答よりも、面接官との議論についていけてい...
Q. リーダーシップについてどう思うか
A. A. 私はリーダーシップとは皆の一番後ろに立って、脱落しそうな人をフォローすることであると回答した。 ここでは素直になることを心がけた。論理性ではどうしても面接官に勝てないので、どれほど相手の意見を受け入れられるかということをアピールした。 論理力に自信がない人でも...

20卒 夏インターン 1次面接

2018年8月開催 / 3日 / コンサルタント
20卒 | 東京大学 | 男性
Q. あなたの長所と短所は?
A. A. 長所は集中力です。理由は、両親、周囲の友人に普段あまり熱心に勉強をしたり、授業を聞いているように見えなくてもテストや受験などの時にはきちんと結果を出すというように言われているからです。特に大学受験の際には高校3年11月まで部活をやりながらも、持ち前の集中力と計画性...
Q. サークル活動を継続できた理由
A. A. 成果が目に見えるからである。国際系のサークルは支援先と団体の所在地が離れているが故に連絡が疎になり、自分たちが何をやっているのか、何をやるべきなのかが分かりにくいという状況に陥りやすい。しかし私たちは現地のJICAの方々と定期的にミーティングの場を持ち、互いに情報...

20卒 夏インターン 最終面接

2018年8月開催 / 3日 / アソシエイト
20卒 | 東京大学 | 男性
Q. 1人目:この瞬間に空を飛んでいる飛行機の数は何機か。
A. A. 世界の空港の数を〇〇地方の空港の数と密度から推定すると、◯◯個となる。また、各空港において、1日に発着する飛行機の数は〇〇機である。平均を取ると〇〇機が妥当だと考えられる。それらを掛け合わせることにより1日に飛ぶことになる飛行機の数が算出できる。この瞬間という概念...
Q. 2人目:どんな軸で就職先を選んでいるのか、コンサルタントとしてどう働きたいか。
A. A. 自分は現在コンサルタントという職業に興味を抱いているが、それは大学に入り持つようになった〇〇という思いの達成にこの職業が最も有効に作用すると考えたからだ。また、コンサルタントとしての働き方については現状まだ明確な認識があるわけではないが、〇〇という思いの達成にはで...

20卒 夏インターン 1次面接

2018年8月開催 / 3日 / アソシエイト
20卒 | 東京大学 | 男性
Q. 最近気になったニュースは何か。
A. A. キャッシュレス社会の進展に関して、Line等企業による仮想通貨業界への参入が気になった。中国などでは既にキャッシュレスが浸透しているが、日本では未だそうではない。仮に今後大手IT企業が仮想通貨業界に参入すれば、使用機会の増大に伴い日本国内でも浸透が図られるかもしれ...
Q. どんな料理でも作れるロボットが有ったとして、自分たちで店を開くか、売るか。(ケース筆記)
A. A. その状況下では売ることを選択するのが妥当だと思われる。理由としては、現在までに開発経費で〇〇円使っており、仮に自分たちで店を開いた場合に一日◯人、◯食売れて、1食あたりの単価が〇〇円だとすれば1年では〇〇円の売上となる。一方、売る場合は単価を〇〇円、実際に導入され...

17卒 夏インターン 最終面接

2015年9月開催 / 3日 / コンサルタント
17卒 | 早稲田大学 |
Q. 国内の年間結婚式の実施数
A. A. 結婚数に結婚式実施率を掛けることで求めようとした。当初は年齢別で求めようとしたが、難航したため、周囲の実感値から計算し直した。最終的な数字は実際の値から遠くなかったようで、その場で次の面接に進むよう言われた。
Q. 国内に存在するサッカーボールの数
A. A. まず、国内で販売されたサッカーボールの数を求めると再定義した。フットサルボールはサッカーボールに含むこととした。サッカーとフットサルの競技人口から、ボール保有率を出し、掛けることで推定しようとした。競技人口に関しては、年齢別に考えた。学生の競技人口について、実感に...

17卒 夏インターン 1次面接

2015年9月開催 / 3日 / コンサルタント
17卒 | 早稲田大学 |
Q. 牛丼チェーン店の新メニュー導入の是非
A. A. 新メニューは、人件費を圧迫するが、利益率の高く十分に需要が見込めるものであった。そのトレードオフを数字に置き換えて大小を比較し、結論を出した。筆記形式での回答を求められたので、分かりやすく書くことを心がけた。
Q. 世界や自分の所属する団体にとって、最重要な課題は何ですか?
A. A. 大学において、就職活動を早く始めることが、揶揄されていることが問題だと答えた。この問題は、御社にとっても由々しき問題である、と説明し、同意を求めた。同席していた学生の中では一番に回答した。
6件中6件表示