株式会社三菱総合研究所のロゴ写真

株式会社三菱総合研究所

  • 3.6
  • 口コミ投稿数(157件)
  • ES・体験記(42件)

株式会社三菱総合研究所

社員・元社員による会社の評価

評点をもっと見る
総合評価
3.6
成長性、将来性
inactive
inactive
inactive
active
inactive
3.8
給与水準
inactive
inactive
inactive
active
inactive
4.2
安定性
inactive
inactive
active
inactive
inactive
3.3
仕事のやりがい
inactive
inactive
inactive
active
inactive
3.9
福利厚生
inactive
inactive
active
inactive
inactive
2.8
教育制度
inactive
inactive
active
inactive
inactive
3.4
企業の理念と浸透性
inactive
inactive
active
inactive
inactive
2.7

社員の口コミ・評判

株式会社三菱総合研究所の口コミ・評判

福利厚生、社内制度

投稿日:2019年9月3日
回答者:
  • 20代前半
  • 女性
  • 3年前
  • 研究員、リサーチャー

【良い点】鍼灸師?整体師?マッサージ師のいずれか(どれかは忘れましたが)サービスが福利厚生として完備されている点、仮眠室がある点、交通費が全額支給される点...

株式会社三菱総合研究所の口コミ・評判

年収、評価制度

投稿日:2019年9月3日
回答者:
  • 年収??万円
  • 20代前半
  • 女性
  • 3年前
  • 研究員、リサーチャー
  • 非正社員

【良い点】しがないアルバイトでもしっかりと1分単位で賃金が支払われることは流石三菱といったところです。テレワークでも成果物でしっかりと判断し、お支払いして...

株式会社三菱総合研究所の口コミ・評判

仕事のやりがい

投稿日:2019年9月3日
回答者:
  • 20代前半
  • 女性
  • 3年前
  • 研究員、リサーチャー

【良い点】世の中の気付きにいち早く気づくことができる。分析手法やデータの組み合わせ方スキルが身につくだけでなく、国家プロジェクトレベルでの仕事を一アルバイ...

株式会社三菱総合研究所の口コミ・評判

女性の働きやすさ

投稿日:2019年8月20日
回答者:
  • 30代前半
  • 男性
  • 6年前
  • 研究員、リサーチャー

【良い点】自分は男性なので聞いた話でしかないが、子育て中の女性は、制度はしっかりと整っており、他の企業よりは恵まれていると言っている。事実、育休も取れるし...

株式会社三菱総合研究所の口コミ・評判

仕事のやりがい

投稿日:2019年8月20日
回答者:
  • 30代前半
  • 男性
  • 6年前
  • 研究員、リサーチャー

【良い点】国家レベルの大きなプロジェクトに関わることができる。人によっては誇りを持って取り組んでいる。【気になること・改善したほうがいい点】理想を並べるこ...

みんなの就活速報

会員番号:491542さん / 文系

3次面接以降に進んだ学生の就活速報

投稿日:2019年7月9日
面接官/学生
面接官 4人学生 4人
連絡方法
メール1週間以内
雰囲気
和やか
質問内容
その他自己紹介(自己PR)

上司の方が優しかったです。

会員番号:632191さん / 理系

内定した学生の就活速報

投稿日:2019年6月17日
面接官/学生
面接官 3人学生 1人
連絡方法
電話1週間以内
雰囲気
和やか
質問内容
なぜこの会社か?なぜこの業界か?将来やりたいこと

非常に話しやすい雰囲気の中で面接をさせていただいた。

会員番号:605227さん / 理系

内定した学生の就活速報

投稿日:2019年6月10日
面接官/学生
面接官 1人学生 1人
連絡方法
電話1週間以内
雰囲気
和やか
質問内容
なぜこの会社か?なぜこの業界か?学生時代のエピソード自己紹介(自己PR)

とくになし、

会員番号:672147さん / 理系

1次面接通過した学生の就活速報

投稿日:2019年5月18日
面接官/学生
面接官 1人学生 3人
連絡方法
メール3日以内
雰囲気
和やか
質問内容
その他なぜこの会社か?なぜこの業界か?学生時代のエピソード将来やりたいこと自己紹介(自己PR)

次の日に連絡が来た。若手3人と面談。しっかりと話を聞いてくれる感じ。

会員番号:641759さん / 理系

内定した学生の就活速報

投稿日:2019年5月16日
面接官/学生
面接官 3人学生 1人
連絡方法
電話3日以内
雰囲気
厳し目
質問内容
その他なぜこの会社か?なぜこの業界か?学生時代のエピソード将来やりたいこと自己紹介(自己PR)

初めは厳しいが途中で柔らかになる。 部門長クラス2名と人事1名かと

会員番号:600291さん / 理系

2次面接通過した学生の就活速報

投稿日:2019年5月13日
面接官/学生
面接官 4人学生 1人
連絡方法
メール1週間以内
雰囲気
和やか
質問内容
なぜこの会社か?学生時代のエピソード将来やりたいこと自己紹介(自己PR)

落ちたと思った

会員番号:658394さん / 理系

2次面接通過した学生の就活速報

投稿日:2019年4月29日
面接官/学生
面接官 4人学生 1人
連絡方法
メール3日以内
雰囲気
和やか
質問内容
なぜこの会社か?なぜこの業界か?学生時代のエピソード将来やりたいこと

話をしっかり聞いてくれる

会員番号:304223さん / 文系

1次面接通過した学生の就活速報

投稿日:2019年4月25日
面接官/学生
面接官 3人学生 1人
連絡方法
メール即日
雰囲気
和やか
質問内容
その他なぜこの会社か?なぜこの業界か?学生時代のエピソード将来やりたいこと自己紹介(自己PR)

非常に話しやすい雰囲気を作ってくださっているように感じた。基本的な質問が多く、学チカや長所短所などを質問された。

会員番号:560797さん / 理系

1次面接通過した学生の就活速報

投稿日:2019年4月24日
面接官/学生
面接官 3人学生 1人
連絡方法
メール3日以内
雰囲気
和やか
質問内容
なぜこの会社か?なぜこの業界か?将来やりたいこと自己紹介(自己PR)

論理的にはっきりと結論を伝える 正しいかどうかというよりは自分がどのような考え方をしているかを示すことが大事 気になっているニュースを聞かれ、ひとつは用意していたことを答えたが、他にはという質問にたいして少し慌ててしまったので、普段からニュースを見ましょう(笑)

会員番号:670457さん / 理系

1次面接通過した学生の就活速報

投稿日:2019年4月23日
面接官/学生
面接官 3人学生 1人
連絡方法
メール3日以内
雰囲気
和やか
質問内容
なぜこの業界か?学生時代のエピソード将来やりたいこと自己紹介(自己PR)

志望動機について論理的に聞かれた。

インターン情報(ES・体験記)

  • エントリーシート
  • インターン体験記

株式会社三菱総合研究所

総合職
内定
Q. (1)当社インターンシップに期待すること、(2)インターンシップで取り組んでみたいテーマをお書きください。
A. 私は貴社インターンシップを通して、「シンクタンクの仕事を知りたい」と考えています。私はこれまで、日本の方向性を形作る仕事がしたいと思い、専門の土木工学の知見を活かせる官公庁への就職を中心に考えていました。しかし、官公庁事業を含む諸事業に対して、当事者からではなく少し離れた客観的な立場から課題を見つめ提案を行うシンクタンクのアプローチを知り、客観的、俯瞰的な視点からこそ見えてくる物事の本質があると考え、シンクタンク業界に興味を持ちました。中でも、元々興味のあった官公庁事業案件の比重が大きい点で貴社に興味を持ち、貴社の仕事についてもっと知りたいと感じました。こういった経緯から私は貴社インターンシップで、日本の方向性を形作る「国策」に対して行うシンクタンクプロジェクト、又は国策ありきで始まるのではなく、貴社発信で日本の方向性を形作る提言を行う研究開発部門でのワークに取り組んでみたいと考えています。前者では、実際に稼働しているプロジェクトに関連する業務に取り組むことで貴社の仕事を肌感覚で体感し、国策に対して貴社が持つ視点を学び、官公庁が持つ視点との違いを理解したいと考えています。後者では、社会問題の解決を目指しながらビジネスとしての収益性も確保するという課題に取り組むことで、新たなビジネスモデル創造のヒントを得たいと考えています。

株式会社三菱総合研究所

シンクタンク
通過
Q. (1) 当社インターンシップに期待すること、(2)インターンシップで取り組んでみたいテーマをお書きください。
A. 私は、貴社のインターンシップを通じて実際の業務を経験し、貴社の業務が自分の将来やりたい仕事なのかを確認する機会にしたいと考えています。 私は個別指導の塾で講師をしており、日々生徒の大学合格までの道筋を考えています。生徒の現状を把握し、進捗状況に応じて臨機応変にやるべきことの優先順位を決めています。成果として生徒を第一志望に導くという一連の流れに私はやりがいを感じました。この経験から顧客の抱える問題の本質を見抜き、解決策を考えるコンサルティング業務と共通するものを感じ、コンサルティング業界で働きたいと考えています。しかし、現時点で実際のコンサルティング業務を経験することは数少ないため、貴社のインターンシップで実際のコンサルティング業務とはどのようなものなのかを経験し、自分のやりたい事と一致しているかを確認したいと考えています。 私が取り組んでみたい業務は、環境・エネルギー事業本部における業務です。近年、地球環境改善の観点から再生可能エネルギーを用いて発電を行うことが増えてきています。しかし、不安定な再生可能エネルギーだけでは電力の安定した供給は難しいという問題があります。このようなエネルギー問題は資源の枯渇やCO2排出量削減の観点から、将来必ず解決しなければいけない問題であると私は考えています。そのため貴社が現在のエネルギー問題に対してどのようなアプローチをしているのか関心があります。

株式会社三菱総合研究所

総合職
通過
Q. 当社のインターンシップに期待すること
A. 私が貴社のインターンに期待する点は,大きく分けて二点ある.一つ目は,自分の成長を促したいという点だ.貴社が提供してくださるプログラムでは,実際に稼働しているプロジェクトについて,立案から議論,実行までの一連の過程を体験することができる.現在私はコンサルティング分野に興味を持っているため,このプログラムを通じてコンサルタントとして必要な知識・能力・技能を少しでも取得し自分の力としたい.体験談などを読むと,他社プログラムと比較して,少人数で課題に取り組み,責任を持って最後までやり遂げる必要があることを感じた.社員の方のアドバイスなどを受け,コンサルタントとしての適性を図ることを期待している.二つ目は,現時点での自分のコンサルタントに対するイメージを,さらに明確にしたいという点である.今回,特に興味を持っている三菱総合研究所で実際に働く姿を,社員の方々と接することや,内から見て感じることで,貴社のリアルな社風や理念を是非とも自分の肌で実感したい.

本選考情報(ES・体験記)

  • エントリーシート
  • 本選考体験記

株式会社三菱総合研究所

研究職
通過
Q. 当社を志望する理由を述べてください。あわせて、上記の希望部門やご自身の興味・関心を踏まえて、入社後に取り組んでみたいテーマと、あなたがそこで果たしたい役割について述べてください。900文字以上1100文字以下
A. 私が貴社を志望する理由は、国内有数のシンクタンクで研究員として成長し、国や地方自治体の政策の立案・決定を支援し国の抱える課題解決を行うことで、日本社会の発展に寄与したいと考えているためです。貴社への入社後は、特にシンクタンク部門のヘルスケア・ウェルネス事業本部において、医療分野の専門家として研究調査や解決策の提言を行うことで日本社会を発展させていきたいと考えています。医療分野は公平であることの重要性から、国の制度や政策が影響する部分が大きいと考えており、民間の医療機関や製薬メーカーではなくシンクタンクの研究員として専門家になることで医療における課題を解決する支援がよりできるのではないかと考えております。私が医療分野に興味を持ったきっかけは2つあります。1つ目はゼミでの研究です。研究を行っていく中で、現在の日本社会は少子高齢化の進行による医療費の増大や介護負担が大きな社会問題であると感じ、このような日本や地域が抱える医療・福祉の課題の解決を支援したいと考えるようになりました。また、人生100年時代謳われるこの時代において健康寿命が重視されており、以前にもまして予防医療が注目されています。これらのことから、今後新たに生まれる医療課題についても自身が大学時代に勉強した統計分析の知見を活かした研究・予測を行い、国とともに対策を立てていきたいと思っています。2つ目は自分と周囲の方々との間で医療の考え方や知識にギャップがあると感じたことです。私は父が医者であるため、多くの医療知識や情報を得ることができました。しかし、一般的には医療知識や情報はあまり身近なものではないのかもしれないと感じ、私は医療が日本の多くの人にとってもっと身近な存在になるように国や地方自治体に働きかけられるような仕事がしたいと考えました。また、人々に正しい医療知識や情報が増えることによって、今まで病院側が行っていた過剰な医療行為が減り、医療費削減の課題の解決につながるのではないかとも考えております。以上のことから、私は貴社での業務を通して、国とともに経済・社会的な面から医療を支えることのできる人材に成長したいと考えています。

株式会社三菱総合研究所

総合職
内定
Q. 当社を志望する理由を述べてください。あわせて、上記の希望部門やご自身の興味・関心を踏まえて、入社後に取り組んでみたいテーマと、あなたがそこで果たしたい役割について述べてください。
A. 「政策の現場実行」を官民巻き込んで行い、産業界全体の変革を先導したいからです。私は仕事を通して、社会に広くインパクトを与えられる「政策」に携わりたいと考えており、中でもいかに政策を現場で実行できるかが産業界全体の変革に直結すると考えています。政策の実行に当たっては、多くの利害関係者間での合意形成や新たな技術の導入など、現場で実際に解決しなければならない課題が数多く存在すると考えます。シンクタンクならば、官公庁の最新の政策動向を踏まえた上で複数の民間企業の戦略立案をコンサルティングすることができ、さらには政策動向が具体的な事業に落とし込まれ、現場レベルで発生する種々の課題を解決し、最終的な成果を出すまで見届ける「政策の現場実行」を体現できると考えました。特に貴社を志望する理由は、官公庁案件の比重が大きいためより政策動向に精通することができる環境にあるから、またインターンシップを通じて実感した利益追求だけでなく事業の社会的意義を大切にする貴社の風土を魅力に感じたからです。 入社後は、建設産業戦略に関わるテーマに取り組んでみたいです。建設産業はこれまで日本の社会資本整備を担う重要な役割を果たしてきましたが、近年は産業構造の転換期を迎えています。例えば、国内市場の縮小に伴う企業間競争の激化が挙げられます。この状況を踏まえ、国内の建設会社は海外建設市場への積極的進出を試みています。しかし実際には経験・ネットワーク不足や、新興国の建設関連制度、人材の問題等、今後乗り越えなければならない課題は山積している印象を受けます。この状況において私は、最新の官公庁政策の動向を理解した研究員として的確なコンサルティングを現場レベルで複数の企業に対して横断的に行う役割を果たし、工事受注件数増加など目に見える成果にこだわって日本の建設業界全体を海外市場進出の成功へと導きたいです。そのためにも、入社後はまず官公庁のインフラビジネス案件に積極的に関わることで最新の業界動向に触れ、自身の研究員としての専門性に磨きをかけたいと考えています。また一方で、今後の建設事業者は受注型のビジネスモデルだけでは生き残りが難しくなっており、従来の事業領域にとらわれずに事業を多角化し、提案型ビジネスモデルへ転換していく重要性があると考えられます。そのため、今後の建設産業のビジネスモデルを考える上では、建設産業のみならず、幅広い分野の知見や経験を有することが大切であると考えます。したがって入社後は,建設産業に関連した分野のみにとらわれることなく、幅広い分野に積極的に興味を持って取り組みたいと考えています。

株式会社三菱総合研究所

総合職
通過
Q. 当社を志望する理由を述べてください。あわせて、上記の希望部門やご自身の興味・関心を踏まえて、入社後に取り組んでみたいテーマと、あなたがそこで果たしたい役割について述べてください。
A. 数十年先も皆が幸せに暮らせる社会を創っていくためには、非常に多くの課題を解決しなければならないと思います。多くの企業が課題解決に取り組んでおり、解決の手段にも様々なものがあると思います。その中でも私は、工学部で物理を学んできたという専門性を生かし、科学技術の面から課題解決をしたいと考えました。また、私が、好奇心旺盛である反面、すこし飽きっぽいという性格なため、一つの分野を極めるというよりは、ある程度幅広い分野に関わりたいと考えました。  そのような思いで、就職活動を行っているうちに、科学技術に強く、官公庁向けの案件が多い貴社に強く魅力を感じました。そして、冬のインターンに参加させていただいた際には、社員さんの人柄や会社の雰囲気に惹かれ、より一層、貴社への志望度が上がりました。 貴社でやりたいこと  私は、原子力を中心としてエネルギー全般、震災の復興や安全・防災に関心があり、貴社ではそれらのテーマに取り組みたいと考えております。 私が高校生のころ、東日本大震災が発生し、住んでいた地域は計画停電の対象となりました。それによって、今まで当たり前に感じていた電力の安定供給が、全く当たり前などではないということを実感し、エネルギー問題について関心を持つようになりました。そして、昔から理科が好きだったこともあり、大学では原子核工学を専攻しました。  しかし、一般の方々と原子力などについて会話をすると、認識のギャップがとても大きく、私も、彼らに理解してもらえるような説明を、全くできないことに気づきました。科学と一般社会との隔たりを強く実感しました。その経験から、原発に関する問題を解決したり、風評被害をなくしたりするためには、科学技術をわかりやすく、かつ正確に説明することが必要だと考えました。 また、福島第一原発とその周辺を見学した際には、震災の傷跡が今なお色濃く残っている状況を目の当たりにして、福島の復興と、原発の安全性の向上、迅速かつ安全な廃炉汚染水対策の必要性を痛切に感じました。  それらの経験から、貴社では、エネルギー政策全般や、福島の風評被害防止、復興、廃炉の推進などに携わりたいと思います。そして、自分の専門性を活かしながらも、専門に固執することなく、科学技術と一般社会との架け橋のような存在になりたいと思います。 さらに、貴社の掲げる「Act」という標語のように、調査と提言だけではなく、現場へと赴き、お客様と伴走をしながら解決策を実行したいと考えています。

会社情報

基本データ
会社名 株式会社三菱総合研究所
フリガナ ミツビシソウゴウケンキュウショ
URL http://www.mri.co.jp/
本社所在地 〒100-0014 東京都千代田区永田町2丁目10番3号
電話番号 03-5157-2111