信越化学工業株式会社のロゴ写真

信越化学工業株式会社

  • 3.3
  • 口コミ投稿数(166件)
  • ES・体験記(41件)

信越化学工業のインターンTOP

信越化学工業のインターン

インターンの評価

評点をもっと見る
総合評価
3.5
選考難易度
inactive
inactive
active
inactive
inactive
3.0
業界理解
inactive
inactive
active
inactive
inactive
3.0
会社理解
inactive
inactive
inactive
inactive
active
5.0
メンターのコミット
inactive
inactive
active
inactive
inactive
3.0
自己成長
inactive
inactive
active
inactive
inactive
2.5
内定直結度
inactive
active
inactive
inactive
inactive
2.0
学生のレベル
inactive
inactive
inactive
inactive
active
4.5
テーマの面白さ
inactive
inactive
inactive
active
inactive
3.5
総合評価
4.0
選考難易度
inactive
inactive
inactive
active
inactive
4.0
業界理解
inactive
inactive
inactive
inactive
active
5.0
会社理解
inactive
inactive
inactive
inactive
active
5.0
メンターのコミット
inactive
inactive
active
inactive
inactive
3.0
自己成長
inactive
inactive
active
inactive
inactive
3.0
内定直結度
inactive
inactive
inactive
active
inactive
4.0
学生のレベル
inactive
inactive
active
inactive
inactive
3.0
テーマの面白さ
inactive
inactive
active
inactive
inactive
3.0
総合評価
4.0
選考難易度
inactive
inactive
inactive
active
inactive
4.0
業界理解
inactive
inactive
inactive
inactive
active
5.0
会社理解
inactive
inactive
inactive
active
inactive
4.0
メンターのコミット
inactive
inactive
active
inactive
inactive
3.0
自己成長
inactive
inactive
inactive
inactive
active
5.0
内定直結度
inactive
inactive
inactive
inactive
active
5.0
学生のレベル
inactive
inactive
active
inactive
inactive
3.0
テーマの面白さ
inactive
inactive
inactive
active
inactive
4.0
総合評価
4.0
選考難易度
inactive
inactive
inactive
active
inactive
4.0
業界理解
inactive
inactive
inactive
active
inactive
4.0
会社理解
inactive
inactive
inactive
inactive
active
5.0
メンターのコミット
inactive
inactive
inactive
active
inactive
4.0
自己成長
inactive
inactive
inactive
active
inactive
4.0
内定直結度
inactive
active
inactive
inactive
inactive
2.0
学生のレベル
inactive
inactive
inactive
inactive
active
5.0
テーマの面白さ
inactive
inactive
inactive
active
inactive
4.0

インターンの内容(5件)

21卒 夏インターン

2019年9月開催 / 1日 / 研究職
21卒 | 東京理科大学大学院 | 男性
課題は特にありませんでした。会社説明後、座談会を行って終わりました。

まず、化学業界について人事の方から説明があった後、信越化学についての説明がありました。その後、座談会となり、それぞれ違う研究を行っている4人の若手研究者と...

21卒 夏インターン

2019年9月開催 / 1日 / 夏期1dayインターンシップ
21卒 | 東北大学大学院 | 男性
人事部から信越化学についてのプレゼンテーション 社員との座談会

信越化学についてのプレゼンテーションによる紹介、6人の社員からの仕事内容の紹介の後、その若手社員との座談会が行われた。1人の社員当たり20分与えられ、時間...

20卒 冬インターン

2019年2月開催 / 5日 / 素材開発コース
20卒 | 九州大学大学院 | 男性
先輩社員と同様の業務を体験して、職種に対する理解を深める。

前半はまず業界についてのレクチャーを受けた。その後、信越化学が業界内でどのような立ち位置にいるのかの説明と、信越化学の高利益率の秘訣を教わり、企業理解を深めることができた。後半は、実際に研究所に行き、そこで先輩と一緒に業務を行った。最終日は、一週間の業務のまとめと、インターンと通じての感想を小会議室で発表した。参加者も人事も先輩社員もいたので緊張感があった。

続きを読む

19卒 冬インターン

2018年2月開催 / 5日 / 総合職
19卒 | 慶應義塾大学大学院 | 男性
素材合成の際の、調合を変化することによる高機能化

まずはテーマで扱う製品の紹介をパンフレットなどを用いて説明していただいた。どの原料を使っているのか、またそれぞれの原料はどういった役割があって配合されているのかについて教えていただいた。原料の説明を受けて、戦略を立て、実際に調合を変えて実験をした。最初は指導員の知見に沿って行ったが、途中からは自分がアイデアを出して実験を重ねていった。4日目午後は翌日に備えて発表スライドの作成を行った。

続きを読む

インターンに参加してみて

この企業に対する志望度は上がりましたか?

  • はい
  • いいえ
はい
21卒 / 東京理科大学大学院 /
夏 / 1日 / 研究職

化学メーカーの中でも、トップの時価総額と営業利益率を誇り、参加前から志望度は高かったです。実際にインターンシップに参加して、それは信越化学の非常に高い技術...

はい
19卒 / 慶應義塾大学大学院 /
冬 / 5日 / 総合職

ここまでの質問に対する回答でも触れているように、研究所で働く方々の印象が非常によかった。自分が実際に入社できたときに、研究所では適切な指導を受け、議論を交わし、寮に帰れば仲良くして下さり、といった姿が容易にイメージでき、非常に志望度が上がった。また驚異の営業利益率によって最新の研究設備が整い、それによってさらに業績が伸びていくといった好循環を見て取ることができたため。

続きを読む
はい
20卒 / 九州大学大学院 /
冬 / 5日 / 素材開発コース

素材業界でのビジネスを知れて、社会に対する影響力も大きくやりがいがあると感じたから。その中でも信越化学は、特定の領域に強みがあり、今後も安定してグローバルに成長していく企業だと感じたから。また、先輩社員たちの雰囲気が真面目で良い社風であることを感じた。

続きを読む
はい
21卒 / 東北大学大学院 /
夏 / 1日 / 夏期1dayインターンシップ

純利益の割合が非常に高く、また、年々成長を続けている優良企業であることを知っため。また、会社自体を少数精鋭と呼んでいることから、若いうちから大きな仕事を任...

閉じる もっと見る

インターンへの参加が本選考に有利になると思いましたか?

  • はい
  • いいえ
はい
19卒 / 慶應義塾大学大学院 /
冬 / 5日 / 総合職

先程既に述べてしまったが、インターンシップに参加してある程度高評価を受ければ内定がほぼ決まるといった話を聞いたため。また研究室の先輩が何人も今までに入社しており、「同じスペックの学生2人がいたらよく知った研究室の学生を採る」とも言っていたから。

続きを読む
いいえ
21卒 / 東北大学大学院 /
夏 / 1日 / 夏期1dayインターンシップ

このインターンシップは、前半は座ってプレゼンテーションを聞く、後半は社員さんとの座談会、とこちらからアピールする機会が皆無であると考えられるため。また、冬...

はい
20卒 / 九州大学大学院 /
冬 / 5日 / 素材開発コース

インターンシップ最終日のプレゼンでは、人事担当者に発表がしっかりと評価されていると感じたから。色んな質問も受けて、それに対する回答も評価されていた。この発表が本選考でも記録されていれば選考は有利になると思った。

続きを読む
いいえ
21卒 / 東京理科大学大学院 /
夏 / 1日 / 研究職

特に本選考まで、なにも連絡はありませんでした。冬に5日間のインターンシップがあり、そちらは、少人数かつ実習がメインなので、そちらに参加することで圧倒的に選...

閉じる もっと見る

参加後の就職にどう影響したか

19卒 / 慶應義塾大学大学院 /
冬 / 5日 / 総合職
参加前
インターン参加前の志望企業・志望業界を教えて下さい。

日常に密に関わる化学をしていきたいという自分の軸のもと、現在の研究内容に近い製薬メーカーよりも化学メーカーがもともと視野の中にあった。また大手であるか、業績は安定しているかも重要視していた。そのため数ある化学メーカーの中でも財閥系含む総合化学メーカーの志望度が高かった。この会社も、業績が安定しているという点でもともと志望度が高かった。

続きを読む
参加後
インターンへの参加がその後の就職活動へどう影響しましたか?

製薬メーカーより化学メーカー、とりわけ大手で業績が安定しているところ、という志望企業の軸をより強める結果となったインターンシップであった。また、研究設備というのが今まで想像していたより重要だということに気づき、本選考シーズンになった時に説明会で機会があればそういった点を気にしながら質問などしていこうと思うようになった。

続きを読む
20卒 / 九州大学大学院 /
冬 / 5日 / 素材開発コース
参加前
インターン参加前の志望企業・志望業界を教えて下さい。

化学業界に行くことを決めていた。その中でも、人々の生活を根底から支えていけるような製品を開発している企業への志望度が高かった。そのような企業選びの軸で判断していて、素材メーカーに興味を抱いた。大手メーカーに行き、社会貢献度の大きいビジネスをダイナミックに行っていきたいと考えていた。グローバルに活躍したいと考えていたので、海外売上比率が高い企業を志望していた。

続きを読む
参加後
インターンへの参加がその後の就職活動へどう影響しましたか?

素材メーカーでの業務体験を通して、普段意識しない製品でも、自分が開発した製品がしっかりと世の中の役に立っていることを感じることができるので、やりがいは大きいと感じた。ただ、製品化するまでは時間がかかるので、粘り強さが求められる業界であると感じ、不安を抱いた。大企業であり、グローバルにビジネス展開している企業を志望していた自分にとって、信越化学のような企業はやりがいが感じられるのであっていると感じた。

続きを読む
21卒 / 東北大学大学院 /
夏 / 1日 / 夏期1dayインターンシップ
参加前
インターン参加前の志望企業・志望業界を教えて下さい。

1つに限定した業界選びをしているわけではなく、メーカーからエネルギー、独立行政法人などを志望業界としていた。特に、エネルギーや省エネ機器、再エネ発電などは...

参加後
インターンへの参加がその後の就職活動へどう影響しましたか?

自分はある特定の一人を喜ばせるより多くの人々を喜ばせることの方が価値観としてあっているものだと感じた。また、大企業では悪く言えば歯車となって働くイメージが...

21卒 / 東京理科大学大学院 /
夏 / 1日 / 研究職
参加前
インターン参加前の志望企業・志望業界を教えて下さい。

インターンシップに参加前は、大学院で化学の研究をしているため、化学業界の研究職を志望していました。化学業界の中でも有機化学をメインに扱っている企業を受けよ...

参加後
インターンへの参加がその後の就職活動へどう影響しましたか?

信越化学は割と無機化学よりの研究をしているイメージがあったので、有機化学を専攻する自分にとっては少し抵抗がありました。しかし、大学では有機をバックグラウン...

閉じる もっと見る

インターン当日の感想

参加して学んだこと

19卒 / 慶應義塾大学大学院 /
冬 / 5日 / 総合職

営業利益率や時価総額が非常に高いというのは企業HPでも就活情報誌でも簡単に手に入る情報である。しかし、実際にインターンシップで研究所の中に入ったことで、その利益によって最新の研究設備が容易に揃えられることを実感し、研究設備が整っている点に非常に魅力を感じた。

続きを読む
20卒 / 九州大学大学院 /
冬 / 5日 / 素材開発コース

素材業界は身近なものではないが、生活には欠かせない製品であるので、それを詳しく間近で見ることができてよかった。信越化学には、真面目でみんなと仲良く協力できるようなタイプが活躍していることを知ることができたので、社風についても理解が深まり、参加した価値があると感じた。

続きを読む
21卒 / 東北大学大学院 /
夏 / 1日 / 夏期1dayインターンシップ

「リーマンショック後に成長し続けている企業が本当に強い企業である」という話は非常に興味深く、今後の企業選びの参考になることを学ぶことができた。企業全体がま...

21卒 / 東京理科大学大学院 /
夏 / 1日 / 研究職

研究所に行って、実際に研究室を見学することはありませんでしたが、建物が綺麗だったので、志望する動機にも繋がりました。また、化学メーカー大手の研究者の方々の...

閉じる もっと見る

参加して大変だったこと

19卒 / 慶應義塾大学大学院 /
冬 / 5日 / 総合職

一緒の学生がいなかったのが少し寂しかった。しかし研究室が同じだった先輩もいて、その関係で様々な入社年度、部署の方々とお話することができた。指導員の方にも非常によくしてくださり、苦労した点はないといってもいいが、強いて言えば雪国ならではの寒さ、研究所内の雪が大変だったくらいである。

続きを読む
20卒 / 九州大学大学院 /
冬 / 5日 / 素材開発コース

素材業界についてのレクチャーは、初めて知ることが多くて、しっかり理解するのに必死だった。身近な製品ではないので、しっかりと勉強する必要があると思った。素材の実際の製造現場の見学会では、詳しい装置の説明などは聞けなかったので、もう少し聞けるとさらに良いと思った。

続きを読む
21卒 / 東北大学大学院 /
夏 / 1日 / 夏期1dayインターンシップ

社員一人一人に対し、適切な質問を考えることが難しかった。また、お話しできる社員さんの人数は限られていたため、誰の方へ向かおうか悩ましかった。一人の社員さん...

21卒 / 東京理科大学大学院 /
夏 / 1日 / 研究職

グループワークをして発表するなどどいった課題がなかったために特に苦労したことはありませんでした。しいて挙げるならば、群馬県と研究所が非常に遠く、インターン...

閉じる もっと見る

印象的なフィードバック

19卒 / 慶應義塾大学大学院 /
冬 / 5日 / 総合職

指導員が事前に考えた筋書きからもう一歩踏み込んで、自分が考えた実験系を組みたいと言われたときは評価した、と言ってもらえた。これは夏に参加した別の企業でのインターンシップの経験が生きた結果であるが、やはりどの会社でも自主性が求められると実感したのは印象的である。

続きを読む
20卒 / 九州大学大学院 /
冬 / 5日 / 素材開発コース

最後の座談会で、先輩社員から信越化学は安定感があるという話を聞いたのが印象的だった。しかし、次世代のビジネスの種を見つけることもかなり重要だという話を聞いて、基礎研究の大切さを知った。

続きを読む
21卒 / 東北大学大学院 /
夏 / 1日 / 夏期1dayインターンシップ

個人に対するフィードバックはなかったが、人事部の方がおっしゃっていた、「リーマンショック後に成長し続けている企業が本当に強い企業である」という話は非常に興...

21卒 / 東京理科大学大学院 /
夏 / 1日 / 研究職

上に書いた通り、発表会がなかったので、直接的なフィードバックはありませんでした。ただ、座談会の時、私は有機化学系の研究をやっているため、信越化学の塩ビとは...

閉じる もっと見る

選考対策

直近のインターン選考フロー

インターンES

21卒 インターンES

生産技術職
21卒 | 大阪府立大学大学院 | 男性
Q. 当社インターンシップの参加目的を教えてください。(500文字以下)
A. A. 私は自身の専攻である化学工学が生産技術においてどのように活用できるのかについて学びたいと考えております。私は就職活動を進めるにつれて、身の回りに存在する製品にあらゆる変化を与える可能性を秘めた化学の力に興味を持ちました。そして自身が学んでいる化学工学を活かして社会...

20卒 インターンES

技術職
20卒 | 九州大学大学院 | 男性
Q. 志望動機
A. A.
私は将来化学企業で勤め、世の中を豊かにする為に研究に励みたいと考えております。貴社の主要事業は全て世界シェアが高い点と、研究体制において市場では何が求められているのかを常に意識されている点に魅力を感じました。また、効率的な生産方法を取ることで高収益をあげているので、実際にその研究現場を肌で感じたいと思い志望致しました。今回のインターンシップを通して、貴社に対する理解を深めるだけでなく、実際に三位一体の現場で求められるスキルを把握し、今後の成長の指針にしたいと思います。 続きを読む

19卒 インターンES

研究開発
19卒 | 横浜国立大学大学院 | 男性
Q. 志望動機
A. A.
私は貴社の「積極的な海外展開」、「全事業で世界No.1」という2点に惹かれて、本インターンシップへの参加を志望しました。  私は、日本のトップレベルの技術を全世界に届ける仕事がしたいです。中国家庭に生まれ、日本の学校教育を受けてきた私は、日中双方を見て、日本の技術に対する、中国での需要の大きさは身を持って感じています。幅広い事業展開を日本だけに留まらずグローバルに行ってきた貴社だからこそ、そういった需要にも応えられると思います。このような貴社の海外の事業に自分の日中双方で過ごした経験や語学力を活かして貢献したいと考えています。  また、貴社は総合化学メーカーとして数多くの世界No.1のシェアを有し、今もなお全事業で世界No.1を目指し続けています。そのような挑戦姿勢を支える研究開発現場や、意思決定プロセスにたいへん興味があります。  本インターンシップでは、貴社が長年にわたって培ってきた最先端の技術に触れ、多くの研究者・技術者の方々とのディスカッションを通して、職業理解を深め、今後の自分の研究への姿勢や将来の職業選択に役立てたいと思います。 続きを読む

インターン面接