TDK株式会社のロゴ写真

TDK株式会社

  • 3.3
  • 口コミ投稿数(358件)
  • ES・体験記(29件)

TDKの本選考TOP

TDKの本選考

本選考体験記(4件)

18卒 内定入社

事務系総合職
18卒 | 早稲田大学 | 男性
Q. 企業研究で行ったことを教えて下さい。
A. A.
まずは会社のホームページや会社案内パンフレットを読み込み、どういった会社でどのような事業分野に進出しているのかをじっくり調べました。会社説明会は参加必須ではありませんが、実際に各職種で働いている社員の方の話を聞くことでTDKでの仕事に対するイメージがつかみやすくなるので参加しておくと良いと思います。企業研究の際に、業界地図などを読んで業界での立ち位置などを確認しておくのは良いと思いますが、面接では他社との比較よりもTDKに対する情報や熱意を見られていると感じました。そのために、新聞や雑誌などから電子部品に関わるニュースを読み、そこにTDKの事業がどう関わっていて、今後どういった展開ができそうかといった情報を頭に入れておくと面接の際もアピールできるのでおすすめです。 続きを読む

17卒 内定入社

17卒 | 早稲田大学 |
Q. 企業研究で行ったことを教えて下さい。
A. A.
自分1人で行う研究と、実際に人に会って話を聞く研究の2つを十分に行うことが必要だと思う。新聞や雑誌、インターネットを利用した企業研究は非常に手軽で簡単に行えるが、どうしても数字などの表面をなぞったものになりがち。実際にその会社で働く人からお話を聞くことで、会社の生の情報が手に入る。選考では面接の最後に質問ができることが多いが、その際に訪問で得たものを質問に織り込むと面接官の心に届く質問ができると思う。 続きを読む

直近の本選考の選考フロー

志望動機

18卒 志望動機

職種: 事務系総合職
18卒 | 早稲田大学 | 男性
Q. TDKを志望する理由を教えてください。
A. A.
私がTDKを志望する理由は、大きく分けて事業内容と人の2点です。私は社会基盤を支える仕事がしたいと考えています。現在、身の回りにある様々なものは電子部品が支えており、便利な世の中を支える電子部品メーカーに興味を持ちました。御社は高い技術力に加え、幅広い事業を持っていることが強みです。御社の事業の中でも特に車載用部品において、「これからの車を作るのは私たち」という採用担当の◯◯さんの言葉が印象に残っています。IoTや自動車分野などの成長市場に向けてセンサー事業への投資など積極的に事業を展開しており、今後の社会の発展に大きく貢献できると感じました。2点目についてですが、数十社の説明会や選考を受ける中で、御社の社員の方の雰囲気や対応に1番よい印象を持ちました。特に二次選考の面接において、面接官の方全員が学生の話を笑いを交えながら真摯に話を聞いてくださり、この上司の下で働きたいと強く感じました。以上2点が志望する理由です。 続きを読む

18卒 志望動機

技術職
18卒 | 山形大学大学院 | 男性
Q. TDKを志望する理由を教えてください。
A. A.
私は大学で学んだエレクトロニクスの知見を活かし、環境・エネルギー分野に寄与する材料やデバイスの開発に携わりたいと考えています。中でも貴社の透明導電性フィルムの開発に関心を持っています。大学での研究を通じ、フレキシブルなデバイス開発の最大の課題は、低コストで高品質な電極を作製することだと感じました。私は有機ELなどの電子デバイスを研究対象とし、様々な材料を扱ってきた経験からニーズに応じた高機能なフィルムの開発に貢献できると考えています。 また、貴社は高い海外売上比率を誇るグローバルリーディングカンパニーであるため、グローバルな視点を持ち、世界に向けたモノづくりができる点も魅力に感じ、志望しました。 続きを読む

18卒 志望動機

総合職
18卒 | 同志社大学 | 男性
Q. TDKを志望する理由を教えてください。
A. A.
グローバルに働きながら、モノを通じて人々の暮らしを支えられることに魅力を感じました。学生時代にアメリカ留学やバックパック旅を経験する中で多くの日本製品に出会い、世界に誇れる日本の製造業で働きたいと考えました。中でも、電子部品はあらゆる工業製品の製造に不可欠なものであり、人々の暮らしを支える使命を抱いています。御社は事業をグローバルに展開し、海外売上比率も9割を超えていることから、世界のモノづくりを支えておられると学び、私もその一役を担いたいと思いました。「目標に向けて粘り強く取り組む」「英語が堪能」という私の強みを発揮しながら世界の人々とつながり、御社の製品を通じて人々の生活を支えます。 続きを読む

18卒 志望動機

総合職
18卒 | 筑波大学大学院 | 男性
Q. TDKを志望する理由を教えてください。
A. A.
大学の研究活動で学んだ磁性や材料に関する知識や経験を活かすことで、貴社の磁性材料に関する研究やそれを応用したMRセンサなどの研究開発に携わりたいです。私は研究活動を通じて、磁性やスピントロニクスの奥深さ・面白さと、それを応用したデバイスが社会に大きな影響を与えることを知り、その製品開発に携わりたいと感じるようになりました。特に、貴社のHDD用TMRヘッド技術には、社会や産業に多大な貢献をしている点で以前から非常に魅力を感じていました。貴社には材料からの一貫生産体制や高い技術力など、私がやりたいことができる環境が全て揃っており、貴社で技術者としてより豊かな社会の実現に貢献したいため志望致します。 続きを読む

18卒 志望動機

技術系
18卒 | 長岡技術科学大学大学院 | 男性
Q. TDKを志望する理由を教えてください。
A. A.
貴社の素材技術やプロセス技術、評価・シミュレーション技術などの5つのコアテクノロジーで支えられている自動車用高信頼性電子部品に興味を抱きました。自動車では電装化が今後更に進むため、電子部品の必要性が増大します。そのうちで重要となるのはノイズ対策などの役割をするコンデンサなどの高信頼性電子部品です。また、私は配向セラミックス研究の中で粒子のばらつきや気孔の有無、密度などに注意しながら行っています。そのため、私がセラミックス研究の中で学んだ粉末作製技術や焼成技術、評価技術が生かせるのではないかと考えています。貴社では次世代自動車の要求に応えられるような高信頼性電子部品を創造していきたいです。 続きを読む

エントリーシート

21卒 本選考ES

研究職
21卒 | 琉球大学大学院 | 男性
Q. あなたの大学・大学院時代の専門(得意分野)を教えてください。 (50文字程度)
A. A. プラズマ工学を専門に「短時間・低温・無毒」で滅菌する技術を研究。国際学会でポスター発表経験もあります。

21卒 本選考ES

事務系総合職
21卒 | 早稲田大学 | 男性
Q. 志望動機 100字程度
A. A. グローバルに事業を展開している点で志望しています。 私は東南アジアやヨーロッパなど14カ国を一人旅で回りました。 それぞれの国に歴史や文化がありますが、日本のエレクトロニクス技術が世界により貢献できるのではないかと考えました。御社は海外売上比率が9割以上だと知...

21卒 本選考ES

営業・資材
21卒 | 上智大学 | 女性
Q. TDKの志望理由を教えてください。(100文字程度)
A. A. 製造業に影響を与えたいと考えたからです。様々な展示会に足を運ぶ中で、製造業の奥深さや面白さに惹きつけられ、それらの発展を縁の下から支えている電子部品に携わりたいと思うようになりました。特に貴社では圧倒的な海外比率を誇るため「専門知識を武器にグローバルに活躍する」と...

19卒 本選考ES

総合職
19卒 | 同志社大学 | 男性
Q. 志望動機
A. A.
私の夢は世界中の人々の未来を創り、支えることです。貴社での仕事を通じてこの夢が実現できると考え、貴社を志望しました。そう考えた理由は2点あります。1点目は電子部品の未来へ向けた可能性の大きさです。電子部品はこれからの自動車、家、健康、エネルギーの進化を大きく支えることを知りました。特に、貴社は変革期を迎えている自動車マーケットにおいて強みを持っており、より安心・安全・快適で環境にやさしいクルマ社会の実現に貢献できると考えました。2点目はグローバル展開していることです。貴社は海外生産、海外売上高比率が約9割に達しているグローバル事業基盤を持っており、世界中の人々を支える仕事ができると考えました。 続きを読む

19卒 本選考ES

総合職
19卒 | 首都大学東京 | 男性
Q. TDKを志望するあなたの熱意をアピールしてください。 300文字以下
A. A.
私が貴社を志望した理由は、ずばり「圧倒的顧客志向」です。私は夏以降のインターンを通じて関西の電子部品メーカーに度々お世話になっていましたが、貴社の企業説明会でお話を伺った際に「うちはお客様が求める物を実現するために何でも努力する」という言葉を聞きハッとしました。それは儲かる製品だけを供給するのではなく、たとえ利幅が小さいものであってもお客様の夢を実現する為に最良のパートーナーを目指すという貴社の姿勢があるからこそだと思います。そして私は貴社の圧倒的顧客志向に圧倒的に惚れこみ、是非一緒に仕事をしたいと思うようになりました。私のこの熱意は秋田の豪雪を全て溶かすほど熱く強いものであると断言します。 続きを読む

グループディスカッション

卒業年度
人数
時間
テーマ
 
2018卒
7人
40分
ある会社で新商品を出すにあたり3つの候補の中からどれを選ぶべきか
詳細
2017卒
7人
--
ある社の製品のシェアを大きくするにはどうしたらよいか
詳細

面接

  • 1次面接
  • 最終面接

18卒 1次面接

事務系総合職
18卒 | 早稲田大学 | 男性
Q. 5年後にどういう人間になっていたいですか。
A. A.
5年後はある程度仕事も覚え、仕事を任されることが多くなってくる時期だと思います。そこで「上司にも後輩にも信頼され、◯◯のことなら君に」という専門分野を持つ人間になっていたいです。もちろん5年目ではまだ全ての仕事内容を把握しきれてはいないと思いますが、先輩後輩どちらからも気軽に質問や相談に来てもらえるような人間になることができるように、5年目までしっかりその職種の経験を積むとともに、日々新たな情報を収集し勉強に励みたいと思います。/面接官からは仕事でもプライベートでもどちらでもいいよと言われましたが、仕事のことを話しておくのが無難かなと思います。事務系では職種別採用ではないので話が特定の職種のことに偏らないように心掛けました。 続きを読む

17卒 1次面接

17卒 | 早稲田大学 |
Q. 学生時代に一番頑張ったことを教えてください。
A. A.
競技合気道サークルで新入生歓迎幹部を担当したことです。当時、新入生が集まらない上、入会しても退会者が多い状況でした。様々なモチベーションで活動できる自由な風土が伝わっていない点、新入生の多くが合気道に馴染みがなく入会後のギャップがある点が問題点だと考えました。これに対し、多くの新人に響くビラ作成、サークルを続けてもらうための企画をしました。例えば、性別ごとに合気道に求める要素は異なると考え男女別のビラを作成し、形と乱捕り試合のデモ実施によって入会後のイメージを作りました。結果、例年の2倍の新人を迎え、8割が継続して活動しています。ここから「分析し実際に行動する力」を学びました。注意したことは、問題に対し、自分が何を考え、自分が何をしたか、というように話すことで事実の羅列ではなく「思い」が伝わるよう話したことです。 続きを読む

内定者のアドバイス

18卒 / 早稲田大学 / 男性
職種: 事務系総合職
1
内定をもらうために大事なことを教えて下さい。

どの企業にも共通することですが、企業研究をしっかりして会社の動向を把握することが大切だと感じました。面接では明るく自信を持って受け答えをすることも大切です。どちらも一見当たり前のことですが、集団面接を受けているとこの当たり前の基本ができていない学生が多く見受けられました。また、TDKの面接では比較的オーソドックスな質問が多かったので、面接前にある程度質問を想定してそれに対する答えを組み立てておくとよいと思います。

続きを読む
2
内定が出る人と出ない人の違いを教えてください。

上司や部下、同期とうまく関係を築けるかどうかを見られていると感じました。グループディスカッションでは相手の意見を尊重しながら議論を進めていく、面接では他の学生のことも考え、1人で時間を使いすぎず簡潔に受け答えをする。こういった点も評価に加わっているのではないかと思います。

続きを読む
3
内定したからこそわかる選考の注意点を教えてください。

1次選考のグループディスカッション時に、筆記試験でクレペリン検査があります。筆記試験というよりは性格検査で簡単なテストですが、不安であれば先に他にクレペリン検査を実施している企業を受験をしておくといいかもしれません。

続きを読む
17卒 / 早稲田大学 /
企業名: TDK
1
内定をもらうために大事なことを教えて下さい。

自由闊達を特に大事にしている企業のようだったので、面接では自信をもってハッキリ自分の思っていることを話すことが必要だと思う。一方で昔ながらの日本企業らしさも残っており、奇をてらった受け答えや服装はしないほうがよいと感じた。社員訪問やイベント参加など地道な努力が実を結ぶと思う。学歴についてはある程度満遍なく採用しているようだ。

続きを読む
2
内定が出る人と出ない人の違いを教えてください。

グループディスカッションや面接の場で、自らの考えを筋道立てて表明できる人が選考を通過していると思う。また、事務系については、独りよがりになることなく他者と協働することができる人が多いと内定者の座談会や内定式に出席した結果感じた。英語力についてTOEICスコアの基準が定められているが、これを越えさえしていればハイスコアから普通のスコアまで幅広く受け入れているようだ。

続きを読む
3
内定したからこそわかる選考の注意点を教えてください。

第一次選考にあたるグループディスカッションではかなりの人数が落とされているようだった。私が知る限りでは解禁前のメンターやリクルーターの接触はないようなので、就活解禁日以降の行動が勝負だと感じる。グループディスカッションと同時に性格適性検査を受験するが、この結果が1次面接の際に返却される。診断された性格も当然判断材料にされていると考えられるので、面接では無理に性格を偽らず、ありのままを伝えた方が上手くいくと思う。

続きを読む
17卒 / 徳島大学大学院 /
企業名: TDK
1
内定をもらうために大事なことを教えて下さい。

私は有機化学を専攻していましたが、材料開発をしたかったので化学メーカーはもちろん自分の分野とは違った分野でも探していました。研究開発がしたいと化学メーカーに絞るのも良いと思いますが、思い切って分野を広げて自分のしたいことを見つけてみるのもいいと思います。全然関係ないと思う分野でもよく見てみると知識が必要とされていたり、新しいものづくりに繋がると分かったので広い視野で企業を探してみてください。あと行きたい企業のインターンシップは選考に有利に働くことが多いので積極的に参加したほうがいいと思いました。

続きを読む
2
内定が出る人と出ない人の違いを教えてください。

自分がその会社に入ってやりたいことは何なのか、自分の強みは何なのかという自己分析がしっかりできている人が内定を貰っていると思います。自分自身のことを理解し、面接が苦手であれば人より練習したり、積極的に就活セミナーに参加したりすることで自分に自信がつき、企業にうまくアピールすることができると思います。

続きを読む
3
内定したからこそわかる選考の注意点を教えてください。

私は推薦を使ったのですが、今年は募集が多く最終選考でも落ちることがあると聞きとても不安でした。推薦だから受かるという考えはやめた方がいいと思いました。またインターンシップは積極的に参加した方がいいと思います。インターンシップに参加しただけで内定がもらえる企業や選考がスキップされるところもあります。そしてやはり人事の方や社員の方と知り合っているのといないのとでは全く印象が変わると思います。

続きを読む
16卒 / 信州大学 /
企業名: TDK
1
内定をもらうために大事なことを教えて下さい。

しっかり自分の卒業、修士研究を行い、目的などを理解すべきです。また、ペーパーテストがあるので、一般の座学も怠らないようにすべきです。20年後の未来等を考えられるように普段から考えましょう。

続きを読む
2
内定が出る人と出ない人の違いを教えてください。

自分の研究をおろそかにしている。理解していない。他人に与えられたテーマをただやっているだけな人はだめだと思います。また、何事にも目的意識を持って行動していないと難しいです。将来を仕事以外にもやりがいを見いだせる経験をしていないひともだめです。

続きを読む
3
内定したからこそわかる選考の注意点を教えてください。

最終面接が社長さんが来るということで、人数はかなり絞られていて、ほぼ顔合わせだと思っていましたが、思いのほか人数が多く、おそらく最終面接でも落ちる人がいると思うので、気を付けましょう。

続きを読む
閉じる もっと見る

内定後入社を決めた理由

17卒 / 早稲田大学 /
企業名: TDK
1
内定後、入社を迷った企業を教えて下さい。

株式会社三井E&Sホールディングス

2
入社を決めた理由を教えてください。

私がTDKを選んだ一番の理由は、電子部品業界という今後大きな発展が予測されている業界で働きたいと考えたから。造船業界では近年新興国の会社が安い労働力を基に躍進しており、日本などの先進国はかなり苦戦している。さらに昨今の海運不況により船舶の需要は低迷し、世界は船余りの状態に陥っていることから短期的・長期的にみて業界の成長は見込めないと考えた。一方、電子部品業界は電子化の進行とIoTや電気自動車の普及など将来の成長材料が多く、実際にどの会社も活気にあふれているように感じた。また、2社の社風を比較した時、TDKの方が自由闊達な雰囲気があり、魅力的だったため。

続きを読む
17卒 / 徳島大学大学院 /
企業名: TDK
1
内定後、入社を迷った企業を教えて下さい。

ローム・ワコー株式会社

2
入社を決めた理由を教えてください。

私がローム・ワコーよりもTDKを選んだ理由としては、一つ目はローム・ワコーは製造を中心とした企業であり、私がやりたかった研究開発がなかったということである。二つ目は同じ電子部品を扱っている企業ではあるが、TDKの方が幅広い製品を扱っており、様々な分野に精通しているため広い視野で物事を捉えたものづくりができると考えたから。

続きを読む
閉じる もっと見る