MESSAGE
Bringing Value to Life
日本郵船株式会社のロゴ写真

日本郵船株式会社

  • 3.7
  • 口コミ投稿数(150件)
  • ES・体験記(67件)

日本郵船の本選考体験記

本選考体験記

6件中6件表示

16卒 最終面接

16卒 | 上智大学 |   最終面接
Q. 企業研究で行ったことを教えて下さい。
A. 日本郵船の筆記試験対策は、やったほうがいい。この試験で落ちる人がかなりいる。テストセンターの問題を何回も解いていれば問題はないが、頭のいい人でもここで落ちる場合がある。また、OB訪問についても最終面接では聞かれるので、しておいたほうがいい。

18卒 4次選考

海上職
18卒 | 慶應義塾大学 | 男性   4次選考
Q. 企業研究で行ったことを教えて下さい。
A. 商船三井、川崎汽船との違いをはっきりと説明できるようにすることが必須。日本郵船はエントリー後に企業についての冊子を郵送してくれるため、これを熟読しておくと良い。日本郵船の説明会では航海士という職業について大まかにしか知ることができないので、OB訪問や座談会で細かな特色について把握し、仕事内容について明確にイメージできることが重要であると思う。ただ、基本的に海上職の方は勤務のほとんどを海上ですごすため、OB訪問をとりつけることは難し...

17卒 2次面接

17卒 | 横浜国立大学 |   2次面接
Q. 企業研究で行ったことを教えて下さい。
A. 私は海運業界の概況や最新の情報にどれだけ敏感にいれるかが通過のカギになると考えました。面接でも最近はこうだからという風に話せると、おっ!てなります。あまり目立たない業界だし、商社と併願されがちなのでそこで海運が第一志望なんだという熱意が伝わればかなり有利になります。そして、この会社は海運業界の中でも古豪でありナンバーワンなので、トップの誇りや女性でもばりばりやるぞという気概を見せられるかが重要だと思います。

17卒 2次面接

17卒 | 慶應義塾大学 |   2次面接
Q. 企業研究で行ったことを教えて下さい。
A. 海運会社はやっている事業内容にほとんど差がない。いずれも「グローバル」「インフラ」「少数精鋭」であるから、それらが自分にフィットする理由を考える。これで日本郵船以外にも対応ができる。ただし、最も重点を置くべきはその会社自体の志望理由を明確にすること。私はOB訪問と身近な親戚を頼りにした。特に日本郵船は三菱や日本の歴史とともに成長してきた老舗企業であるから、歴史ある企業で働くこととはどんなことなのかを考えてみるといいかもしれない。

20卒 2次面接

陸上職
20卒 | 早稲田大学 | 男性   2次面接
Q. 企業研究で行ったことを教えて下さい。
A. なぜ海運業界、そして日本郵船を志望したのか因果関係を説明できるようにするべき。どこでも聞かれる質問ではあるがわざわざ海運業界を選ぶのは何か理由があってのことだろうとの見方をされるのでしっかり考えておいたほうが良い。商船三井など同業他社を受けたか、なぜ受けなかったかなども聞かれたのでなんとなく志望した、という人をはじこうとしているようにも感じられた。どのような仕事をするのか社員のお話を聞く機会がなければわからない部分が多いので選考に...

16卒 2次面接

16卒 | 大阪大学 |   2次面接
Q. 企業研究で行ったことを教えて下さい。
A. まずホームページをくまなく読み、説明会に参加することです。そこで数種類のパンフレットをもらうことができます。ですが、最も重要だと感じたことは、希望者のみに郵送されるパンフレットを応募して手に入れることです。エントリーすれば日本郵船からメールが送られてくると思います。そのパンフレットは通常では入手することができません。個人個人の仕事内容が詳しく書かれているので、「私ならこの人のような働き方がしたい」と想像しやすいです。
6件中6件表示