双日株式会社のロゴ写真

双日株式会社

  • 3.9
  • 口コミ投稿数(398件)
  • ES・体験記(98件)

双日株式会社

社員・元社員による会社の評価

評点をもっと見る
総合評価
3.9
成長性、将来性
inactive
inactive
active
inactive
inactive
3.4
給与水準
inactive
inactive
inactive
inactive
active
4.7
安定性
inactive
inactive
active
inactive
inactive
3.4
仕事のやりがい
inactive
inactive
inactive
active
inactive
4.3
福利厚生
inactive
inactive
inactive
active
inactive
4.1
教育制度
inactive
inactive
inactive
active
inactive
3.7
企業の理念と浸透性
inactive
inactive
active
inactive
inactive
3.4

※ 口コミ・評点は転職会議から転載しています。

社員の口コミ・評判

双日株式会社の口コミ・評判

仕事のやりがい

在籍時期:2018年頃
投稿日:2021年3月30日
回答者:
  • 30代前半
  • 男性
  • 3年前
  • 海外営業

【良い点】
若い段階から1人で出張に出て交渉する場面を経験できる。相手からは若手と見られながらも相手に自分と会社を認めさせ、議論する場を経験できる。
【気...

双日株式会社の口コミ・評判

仕事のやりがい

在籍時期:2019年頃
投稿日:2021年3月1日
回答者:
  • 20代前半
  • 男性
  • 2年前
  • 海外営業

【良い点】
人手が不足しているので若手にもある程度の裁量権が与えられる場面が多い。ただしその分求められるスキルは高い。必要が有れば海外出張にも積極的に行け...

双日株式会社の口コミ・評判

女性の働きやすさ

在籍時期:2012年頃
投稿日:2021年2月9日
回答者:
  • 20代後半
  • 男性
  • 9年前
  • 法人営業

【良い点】
産休育休制度がしっかりしているので、とてもお休みが取りやすい環境です。有給も取りやすい点も、メリハリがあって良いです。
【気になること・改善し...

双日株式会社の口コミ・評判

社員、管理職の魅力

在籍時期:2012年頃
投稿日:2021年2月9日
回答者:
  • 20代後半
  • 男性
  • 9年前
  • 法人営業

【良い点】
営業同士は中が良く、結束力も高いです。コミュニケーションがしっかりとれていれば業務も円滑に回ります。
【気になること・改善したほうがいい点】
...

双日株式会社の口コミ・評判

年収、評価制度

在籍時期:2012年頃
投稿日:2021年2月9日
回答者:
  • 年収??万円
  • 20代後半
  • 男性
  • 9年前
  • 法人営業
  • 社員クラス

【良い点】
賞与は年2回ありますので、この点は良いと思います。業績が悪い時は下がりますが、それはどこの企業も同じだと思いますので、仕方ないと思います。
【...

※ 口コミ・評点は転職会議から転載しています。

みんなの就活速報

会員番号:881349さん / 文系

3次面接以降に進んだ学生の就活速報

投稿日:2021年3月21日
面接官/学生
面接官 1人学生 1人
連絡方法
メール3日以内
雰囲気
和やか
質問内容
なぜこの会社か?なぜこの業界か?学生時代のエピソード将来やりたいこと自己紹介(自己PR)

話しやすい

会員番号:703743さん / 理系

内定した学生の就活速報

投稿日:2020年9月22日
面接官/学生
面接官 2人学生 1人
連絡方法
電話即日
雰囲気
厳し目
質問内容
なぜこの会社か?なぜこの業界か?学生時代のエピソード将来やりたいこと自己紹介(自己PR)

落ちたかと思た

会員番号:1001507さん / 文系

内定した学生の就活速報

投稿日:2020年9月20日
面接官/学生
面接官 4人学生 5人
連絡方法
メール1週間以内
雰囲気
和やか
質問内容
その他なぜこの会社か?なぜこの業界か?学生時代のエピソード将来やりたいこと自己紹介(自己PR)

面接官印象深い

会員番号:703743さん / 理系

2次面接通過した学生の就活速報

投稿日:2020年9月12日
面接官/学生
面接官 1人学生 1人
連絡方法
電話3日以内
雰囲気
和やか
質問内容
なぜこの会社か?なぜこの業界か?学生時代のエピソード将来やりたいこと自己紹介(自己PR)

穏やか でした。

会員番号:945499さん / 文系

2次面接通過した学生の就活速報

投稿日:2020年7月10日
面接官/学生
面接官 1人学生 1人
連絡方法
電話即日
雰囲気
厳し目
質問内容
なぜこの会社か?なぜこの業界か?学生時代のエピソード将来やりたいこと自己紹介(自己PR)

厳し目だが、面接官との会話を楽しむことを心がけました。

会員番号:894009さん / 文系

2次面接通過した学生の就活速報

投稿日:2020年6月24日
面接官/学生
面接官 2人学生 1人
連絡方法
電話即日
雰囲気
和やか
質問内容
なぜこの会社か?なぜこの業界か?学生時代のエピソード自己紹介(自己PR)

二次面接は人柄面接だと感じました。

会員番号:738343さん / 文系

1次面接通過した学生の就活速報

投稿日:2020年6月23日
面接官/学生
面接官 1人学生 1人
連絡方法
電話即日
雰囲気
和やか
質問内容
なぜこの会社か?

どこをもっと考えたほうがいいかアドバイスを貰った

会員番号:783040さん / 文系

2次面接通過した学生の就活速報

投稿日:2020年6月5日
面接官/学生
面接官 1人学生 1人
連絡方法
メール即日
雰囲気
和やか
質問内容
その他なぜこの会社か?なぜこの業界か?学生時代のエピソード将来やりたいこと自己紹介(自己PR)

端的に話す

会員番号:733343さん / 理系

1次面接通過した学生の就活速報

投稿日:2020年6月1日
面接官/学生
面接官 1人学生 4人
連絡方法
メール即日
雰囲気
和やか
質問内容
その他

グループディスカッション。 事前に「10年後に双日がNo.1になるビジネス」という課題が与えられていて、それを1分で話すところから始まる。議論は20分。

会員番号:834577さん / 文系

3次面接以降に進んだ学生の就活速報

投稿日:2020年5月29日
面接官/学生
面接官 1人学生 1人
連絡方法
電話1週間以上
雰囲気
和やか
質問内容
なぜこの会社か?なぜこの業界か?学生時代のエピソード将来やりたいこと自己紹介(自己PR)

普段通りの自分で臨む。

インターン情報(ES・体験記)

  • エントリーシート
  • インターン体験記

双日株式会社

総合職
通過
Q. 自由作文 400字以内で自由に記述してください。内容は問いません。
A. 私は新たな挑戦の成功に向けて精進する事ができる。これは○○○○サークルの幹事長として、○○○○での演舞披露を成功させた経験に基づく。チームは新型感染症の影響でお祭りという活動の場を失っていた。そこで「この状況を打破し、今年だからこそできた新たなステージを作り上げたい」という想いから、○○○○での演舞披露を企画する。しかし運営団体にメールで企画申請を行うと、舞踏を目的とした貸出は事例がない為断られてしまった。私はそれでも○○○○での演舞披露を諦められず、まずイベント事例から実現可能性が高い開催方法を考えた。次にそれを踏まえた上で、運営団体に直接交渉を行い、企画に懸ける想いを伝える事に注力した。その結果、運営団体の心を動かす事ができ、○○○○の使用が認められた。貴社においても、この強みを活かして、関係者と共に新たな価値創造に挑戦する人材として活躍し、人々の暮らしを豊かにしていきたい。

双日株式会社

総合職
通過
Q. 自由作文(400字以内)
A. 私の強みは「チームワーク力を強化する存在となれる」ことだ。この力を最も発揮したのが、体育会サッカー部のマネージャーとしてチーム力を底上げした経験だ。当時、なかなか試合に勝てず、選手のモチベーションも下がり、チームは弱体化していた。その状況に危機感を感じ、チームを勝利に導きたいと想い自分ができることは何かを考えた。そしてより選手が快適に練習できる環境を作ろうと目標を掲げた。これまで選手の要望をマネージャーが理解しきれていなかったと感じたため、練習時間外で選手と話す機会を増やし、信頼関係を構築し、選手の意見を聞いた。その意見を基に、後輩のマネージャーと共に話し合い、従来のマネージャーの仕事を見直した。。練習の準備を代行することで練習効率を上げると共に、練習中には「もっと声を出そう」、ミスの際には「切り替えよう」と声掛けを行った。その結果、選手の意欲を高め、チームの勝利に貢献した。

双日株式会社

総合職
通過
Q. 自己PR(2000文字以内)
A. 私の強みは、新たな環境に1人で加入する状況においてもすぐに人脈を広げることのできる協調性とコミュニケーション能力です。私は5年制の高専出身であったため、大学には3年次編入という形で入学しました。高専から農学部への編入は非常に稀で、同学年の編入生は私以外におりませんでした。編入当初を振り返ると、同じ時期に入学した2学年下の学生たちとはすぐに友好関係を築くことができましたが、既に同学科やサークルの同学年内では強い友好関係が築かれており、そこに溶け込むことは容易ではなかったことを覚えています。そこで私は、積極的に様々なメンバーに話しかけることや、あえてサークルや学校祭等の多様な活動に参加することを意識して2年間を過ごしました。最初の頃は私が入学した以前に生じたエピソードや内輪ネタ等で疎外感を感じることもしばしばありましたが、時間が経つにつれそのような感情を抱くこともなくなり、半年が経つ頃には全くストレスを感じることなく各グループへ属することができるようになりました。1年も経つ頃には、編入というアイデンティティを自ら利用して、笑いを起こすこともできるようになっていました。このような過程を経た結果、多様なグループ、特に同学科やサークルのメンバーと強い友好関係を築くことができたと確信しています。私は他大学の大学院へ進学したため日常で会う機会は無くなってしまいましたが、現在でも同学科の友人と休暇が重なれば共に旅行へ出かけたり、サークルのメンバーと共に合宿や大会へ参加したりすることで、関係を更に発展させることができています。また、前述した通り、私は大学卒業後に他大学の大学院へ進学しました。新たな研究室には他大学から入学した学生は1人もおらず、編入時と全く同様の環境だったことを覚えています。しかしながら、このような状況は上記の経験のおかげで苦にならず、むしろ新たな人脈を増やすことができるという嬉しさを感じることすらできました。まだ大学院へ入学してから4か月しか経っていませんが、研究室のメンバーと共にジムで運動したり、研究室のメンバーを通して他の研究室の学生と友好関係を築いたりと、研究以外でも非常に充実した生活を送ることができています。このような人間関係を構築する力を養う経験は、学生時代に限らず、社会に出た後も社会人の基礎能力として必ず役に立つと感じており、貴社のインターンシップにおいても活かしていきたいと考えています。 また、発見した課題に対してすぐに行動を起こし、多角的視点から思考して解決策を導く問題解決力も私の強みとして挙げられます。私は小学校2年生からバスケットボールを習い続けていたこともあり、高専時代でのバスケットボール部では部長を担当していました。私の高専では多忙な教授が顧問を務めていたため、練習内容は部長が決定することが伝統でした。とは言え、実際は過去の部長たちが作り上げたメニューのカタログのようなものがあり、それに沿って練習を行っているのが現状でした。勿論世代が変わるごとに多少のアレンジが加わり、質の高いメニューであることは間違いないのですが、チームの特徴は各世代で明白に異なり、それに応じてメニューは大きく変わるべきだと私は感じていました。したがって、私が部長に就任した後は試合ごとにチームで課題を出し合い、その課題を克服するようなメニュー作りをするように心がけました。具体的には、私が部長になって間もない頃の練習試合では、チーム全体で体力不足が課題として挙がったため、基礎であるランメニューを多く取り入れることにしました。しかしながら、チームのペースを考えず初めから非常に厳しいランメニューを取り入れたことにより、練習の途中で参加人数が大幅に減少し、結果的にチーム全体のモチベーションも下がってしまったことを覚えています。これにより部長としての実力不足を痛感した私は、チーム全体に視野を広げ、練習中にメンバーの状態を確認しながら適宜メニューを変更して取り組むように努めました。また、積極的に大きく声を出し、チーム全体の士気を上げるようにも努力しました。これによって、練習中のリタイアもなくなり、部長になって間もない頃には僅差で勝利することができなかったチームに勝利できた時は、チームの成長をひしひしと感じることができました。これに加えて、部長という役割を通して問題解決力や行動力、リーダーシップ力等の能力を幅広く養うことができたと感じることもできました。この経験によって培った能力は様々な問題へ応用することができるため、社会人となった後も大きな効果を発揮できると確信しています。

本選考情報(ES・体験記)

  • エントリーシート
  • 本選考体験記

双日株式会社

総合職
内定
Q. 人生で最も注力してきた活動とその理由を教えてください。また、その活動にどのような想いで取り組み、その結果何を得ましたか。(400字以内)
A. 私がこれまで最も注力した活動は,インドネシアの植林会社における1年間の海外インターンシップである.なぜなら,常に課題に直面し,自分の頭で考えて乗り越えなければならない新鮮な環境だったからである.日本のように,周りには助けてくれる人は全くおらず,人とまともに会話もできない,といった状況から始まったインターンだったが,まずは言語を習得して現地社員と関係を深める,そして研究で何か成果を上げる,更には所属部署であるR&Dの労働環境を改善するという強い想いを持って取り組んだ.その結果,インドネシア語を駆使して現地社員と協力し研究で成果を挙げ,更に労働環境の改善を行うことができた.これにより,人は行動と熱意をもって初めて心を動かすことができること,地道な努力が実を結ぶこと,困難を乗り越え,社員と協力して成果を上げたことにより得られる喜びは非常に大きいことを知ることができ,かけがえのない経験を得た.

双日株式会社

総合職
通過
Q. 人生で最も注力してきた活動とその理由を教えてください。また、その活動にどのような想いで取り組み、その結果何を得ましたか。(400字以内)
A. 高校時代テニス部で主将として活動したことだ. 私たちの部は県団体優勝を目標としていたが,顧問や部員にテニス経験者がおらず,技術的指導者の不在や部員たちの団結力不足から毎年初戦敗退しており,目標達成は困難な状態だった. 2年生のとき,主将として選ばれた責任感から,部活を絶対に中途半端にしたくないと想い,何とかして目標達成に向けて課題に取り組むと決意した. そのために,市の社会人テニスクラブに部員を誘って参加し,技術的な指導を受けるだけでなく,普段の練習にも取り入れ改善を図った.さらに部内リーグを定期的に行い,部員たちの中で競い合う環境を作った. その結果,部活全体の雰囲気が活発になり,部員達がほぼ全員テニスクラブに積極的に参加するまでになった.そして最後の大会でベスト4という歴代最高成績を残すことが出来た. この経験からチームで目標を共有し取り組むことに大きなやりがいを得ることができた.

双日株式会社

総合職
通過
Q. ◆設問 1 人生で最も注力してきた活動とその理由を教えてください。 また、その活動にどのような想いで取り組み、その結果何を得ましたか。(400 字以内)
A. 人生で最も注力した活動は小学3年生から始めたバスケットボールです。この活動の中で チームを牽引する側や底上げをする側、支える側と様々な立場を経験しました。 高校までは競技が好きだからという理由で続け、エースとして見本であり続けること、積極的に 周りを巻き込んで目標達成のために進み続けることを意識しました。大学ではハイレベルな環境で自分を高めたいと考え、体育会に所属しました。主戦力でない時は、一部員としてひたむき に努力することによる雰囲気作りや、相手チームの分析など戦略面で貢献することを意識しました。この競技を通して、様々な考えに対する受容性やチームを形成するための協調性、目標に向かってやり抜く力など様々なことを得ました。その中でも最大の収穫は「仲間と目標を達成できたときの嬉しさ」を知れたことです。この気持ちを何度でも味わうため、この先の人生でも周囲の人々と共に挑戦と成長を繰り返していきたいです。

会社情報

基本データ
会社名 双日株式会社
フリガナ ソウジツ
設立日 2003年4月
資本金 1603億3900万円
従業員数 19,222人
売上高 1兆7548億2500万円
決算月 3月
代表者 藤本 昌義
本社所在地 〒100-0011 東京都千代田区内幸町2丁目1番1号
平均年齢 41.7歳
平均給与 1154万円
電話番号 03-6871-5000
URL http://www.sojitz.com/jp/
NOKIZAL ID: 1130785