東京エレクトロン株式会社のロゴ写真

東京エレクトロン株式会社

  • 3.5
  • 口コミ投稿数(303件)
  • ES・体験記(39件)

東京エレクトロンの本選考のエントリーシート

本選考の通過エントリーシート

17件中17件表示

21卒 本選考ES

セールスエンジニア
男性 21卒 | 上智大学 | 女性
Q. 東京エレクトロンを志望する理由(入社したら、どんな仕事で、どんな風に活躍したいかも含めて)
A. A. 身近な生活やモノづくりに大きく寄与するIoTの発展を支えたいと考え志望いたしました。特に半導体製造装置を扱う貴社では、利益の10%を研究開発費に充てており、半導体業界全体へ大きな影響を与えられる点に魅力を感じました。 入社後はセールスエンジニアとして、国内外問わ...
Q. 力を注いだ科目または研究テーマの概要
A. A. グローバル展開をしている企業の社員の方による輪講で行われました。グローバルに働くとはどのような事なのか、各企業はどのようにグローバル展開をしているのか等お話しいただきました。毎週レポートが課され、それに対して点数とフィードバックをいただきました。そのフィードバック...

21卒 本選考ES

装置開発/設計/要素研究
男性 21卒 | 東京農工大学 | 男性
Q. 東京エレクトロンを志望する理由(入社したら、どんな仕事で、どんな風に活躍したいかも含めて)全半角400文字以内
A. A. 半導体製造装置のエンジニアとして世界No.1の製品づくりに携わり、半導体業界や社会の発展に川上から貢献したいと考えたためです。世界で評価される貴社の高い技術力と世界No.1を目指す「ものづくり」の姿勢に魅力を感じています。 また、説明会で付加価値の高い製品が社会...
Q. 力を注いだ科目または研究テーマ全半角50文字以内
A. A. 【力を注いだ科目】応用分子化学実験
Q. 力を注いだ科目または研究テーマの概要全半角400文字以内
A. A. 無機化学、有機化学、物理化学の化学実験の実習に一生懸命励みました。まずは、実験内容の把握・フローチャートの作成を行いました。事前に考慮すべき点について仮説を立て、3人組のチームで実験を行いながら仮説の検証を行いました。実験中に気付いた改善点は互いにフィードバックし...
Q. 自己PR全半角400文字以内
A. A. 自己を内面から磨くように心掛けており、大学では2年間のボランティア活動に主体的に励みました。8人のチームのリーダーとして、それぞれのメンバーがより高い成果を出せるように努力しました。 様々なモチベーションを持つメンバーがいる中で、チームとしてより高い成果を出すた...
Q. 趣味特技全半角100文字以内
A. A. 趣味:近所の公園でランニング。良い気分転換になっています。 特技:10年間続けたピアノ。コツコツ努力する姿勢を養いました。
Q. スポーツ・部活・サークル・アルバイト経験全半角100文字以内
A. A. 陸上部の中長距離走(中学・高校)に6年間励み、中学3年次には、区の駅伝大会で区間賞を獲得しました。 設立4年目の塾講師のアルバイトを行い、属人的な授業の質を再現性のある状態に変えることに努めました。
Q. 現時点での希望勤務地をお答えください ※このアンケートによって勤務地を確定するわけではありません。
A. A. 関東、中部地方
閉じる 質問と回答をもっと見る
男性 21卒 | 筑波大学大学院 | 男性
Q. 東京エレクトロンを志望する理由(入社したら、どんな仕事で、どんな風に活躍したいかも含めて)
A. A. 私が貴社を志望した理由は、確かな技術を持ちながらも成長し続ける姿勢に共感したからである。半導体は世界を支える製品であり、その製造装置において高いシェアを誇っていながらも、売り上げの約10%を研究開発に活用している点は貴社の魅力である。また、私は大学院で研究をする中...
Q. 力を注いだ科目または研究テーマの概要
A. A. 私の研究は、○○である。バイオ燃料電池は、酵素を電極触媒として正極で酸素を還元し、負極で糖やアルコールを酸化することで電力を得る燃料電池である。燃料が自然由来のため持続可能であり、酵素は常温常圧、中性pH付近で活性を持つため生体親和性が高い。したがって生体付近で使...
Q. 自己PR
A. A. 私の強みは、様々な視点を持っていることである。私は大学1年生のときから現在まで○○同士で交流する機会が多くある。○○は全国から集まっており、様々な専門分野やバックグラウンドをもつ人たちと意見交換を重ねてきた。そこでは、今世界が抱えている社会問題やそれに向けて行われ...
閉じる 質問と回答をもっと見る

20卒 本選考ES

総合職 技術系
男性 20卒 | 大阪大学 | 男性
Q. 東京エレクトロンを志望する理由
A. A. 私はモノづくりを通じて世界中の人々の暮らしを豊かにしたいと考え、貴社を志望しています。今後、半導体は自動車の自動運転、ビッグデータ処理などの様々な分野で必要不可欠だと思い、半導体分野に興味を持ちました。その中でも貴社を選んだのは、説明会で社員さんとお話をした際に、...
Q. 力を注いだ科目または研究テーマの概要
A. A. 船体建造時には一般的に溶接が用いられています。優れた気密性・水密性といった利点がある一方で、溶接後に引張残留応力が発生するという欠点があります。その引張残留応力と運行中の揺れにより、溶接部に力が加わり、割れが発生します。 現在の補修法として、亀裂部品を交換する事...
Q. 自己PR
A. A. 私は七転び八起きの精神のもと、成功するまで粘り強く取り組む事が出来ます。事故受付センターの電話対応のアルバイトでは、お客様のお叱りやクレームにもめげず、愚直に取り組む事で、その姿勢の大切さを学びました。その経験は学業でも活かされたと思います。私の研究室のパートナー...
閉じる 質問と回答をもっと見る
男性 20卒 | 熊本大学大学院 | 男性
Q. 志望する理由(入社したら、どんな仕事で、どんな風に活躍したいかも含めて)(400文字以内)
A. A. 半導体は自動車やスマートフォンなど人々の生活に欠かせない様々な製品に組み込まれています。その根幹である半導体製造装置の事業に携わることで、ものづくりを通して社会貢献をしたいと考えています。貴社は半導体製造装置で国内1位、世界でも高いシェアを保っており、これは高度な...
Q. 力を注いだ科目または研究テーマ(50文字以内)
A. A. エレベーター保守サービス用LTE回線の信頼性・劣化の原因分析
Q. 力を注いだ科目または研究テーマの概要(400文字以内)
A. A. 私は、企業と共同研究を行い、エレベーター保守サービス用LTE回線の信頼性・劣化の原因分析を取り組んでいます。具体的には、監視センタで収集容易な無線レベルログから、通信拠点側のパケットレベルログの挙動の予測を行うことを目的としています。パケットレベルログはパケットロ...
Q. 自己PR(400文字以内)
A. A. コミュニケーションを積極的に取るようにしています。周囲に対しても困っていることはないか常に気にかけ、自分の知識を積極的に共有するようにしています。そのためか、研究室では、新人の担当を任されています。研究室に新しい後輩が入ってきた時に、こちらから話しかけ、困っている...
Q. 趣味特技(100文字以内)
A. A. マンドリンの演奏が趣味です。大学で4年間サークル活動を行い、学部卒業後は社会人団体に入団しました。現在は、年1回の演奏会に向けて活動しています。また、たびたび演奏会を聴きに行きます。
Q. スポーツ・部活・サークル・アルバイト経験(100文字以内)
A. A. 中学、高校の6年間で卓球をしていました。大学ではマンドリンサークルに入り4年間活動しました。アルバイトは居酒屋のキッチンで3年間働きました。今は、試験監督のアルバイトをしています。
閉じる 質問と回答をもっと見る

20卒 本選考ES

事務系総合職
男性 20卒 | 明治大学 | 男性
Q. 東京エレクトロンを志望する理由(400文字)
A. A. 私にとっての人生の目的とは「ITの力で世界を支えること」です。そして、私はこの変化の目まぐるしい時代であるからこそ、世界からITに対する要求は日に日に高くなっていますし、これからも高くなると考えています。そんな時代の変化に適応し、世の中を支えることの出来るIT製品...
Q. 力を注いだ科目または研究テーマの概要(400文字)
A. A. 私はサイバーセキュリティ・プライバシーについて学ぶ研究室に所属し、「スマートコンセント」と呼ばれる電力使用量の計測ができ、ネットワークを介し計測データを取得できるIoT家電のプライバシー性に着目をし、研究を行いました。具体的には、電力使用量の特徴から使用家電の識別...
Q. 自己PR(400文字)
A. A. 「一緒に居る人を楽しませたい」私が常日頃心掛けていることです。具体的には、一緒に居る相手の人間性や感情を考え、感じ取ることを意識し、その人に合わせた話や振る舞いを多くすることを心掛けています。なぜ私が常にこの心掛けを意識しているかと言うと、こちらが心から相手を楽し...
Q. 趣味特技(100文字)
A. A. 私の趣味は動画配信サービスでヒューマンドラマ映画を鑑賞することです。鑑賞し終わった後に、その映画から何を学び感じたか、今後の自分の人生にどう活かしていくかということを必ず考えるようにしています。
閉じる 質問と回答をもっと見る

20卒 本選考ES

メカエンジニア
男性 20卒 | 東京農工大学 | 男性
Q. 東京エレクトロンを志望する理由
A. A. 私が貴社を志望した理由は、日本一かつ世界を相手にできる技術力と、これからの社会に必要不可欠な半導体製造装置メーカーという業界に魅力を感じたからです。 私は子供のころからモノ作りが好きで、自分の力でPCやロボットなどの機械を完成させること、また作り上げる過程で工夫...
Q. 力を注いだ科目または研究テーマ
A. A. 機械システム特別研究2(ロボット製作)
Q. 力を注いだ科目または研究テーマの概要
A. A. 機械システム特別研究2は、数人のグループで協力して競技用のロボットを製作するという授業です。予算は3000円、使用できる電池は4つ、使用できるコントローラーはスイッチが4つ付いているのみという制限の下で、制限時間内に二種類の異なる材質のブロックを運ぶという競技内容...
Q. 自己PR
A. A. 私は、計画に予想外の問題が起きても、機転を利かせて完遂する能力に自信があります。 学生時代にやりたいと感じたことをやり残したくなかったこと、また「自分はこんなことを成し遂げた人間である」と胸を張って言えるようになりたいという思いから、自転車でのアメリカ横断を行い...
Q. 趣味特技
A. A. 電子機器の分解、修理が特技で、携帯型ゲーム機の修理やギターのエフェクターの自作、デスクトップPCの自作などを行っていました。 また天体写真を撮るのが趣味で、数人のグループで旅行に行くことが多いです。
Q. スポーツ・部活・サークル・アルバイト経験
A. A. 軽音学部にて、○○として部活の運営と渉外の仕事を行いました。また自転車部にて長期キャンプツーリングを行いました。 アルバイトは居酒屋のホールとキッチン担当を三年半ほど続けています。
閉じる 質問と回答をもっと見る

20卒 本選考ES

エレキエンジニア
男性 20卒 | 金沢大学大学院 | 男性
Q. 東京エレクトロンを志望する理由(400文字以内)
A. A. 貴社を志望する理由は,最先端技術を求めて研究開発に力を注ぎ,エレクトロニクス産業を牽引している姿勢に魅力を感じたためです。 貴社は半導体製造装置業界で売上高アジア1位,世界4位という高いシェアを持ち,その売り上げの約10%を研究開発費へと充てています。この研究開...
Q. 自己PR(400文字以内)
A. A. 私は周囲を巻き込み何事にも挑戦する力があります。 この力を最も発揮したのが映画製作での経験です。私は友人を呼びかけ文化祭の映画大会に出場しました。しかし,最初は一人一人の熱意の差や演技への羞恥心が感じられ順調に映画作りを行えませんでした。そこで私は,一度撮影を止...
Q. 趣味特技(100文字以内)
A. A. 私の趣味はゴルフ,キャンプ,登山です。 ゴルフは一昨年から始め,動画によるフォーム修正を重ねてショートコースへ行っています。 また,アウトドアが好きで友人とキャンプや登山にもよく行っています。
Q. スポーツ・部活・サークル・アルバイト経験(100文字以内)
A. A. 小学校1年生から野球を始め,現在も大学のサークル,20~65歳の方が所属する社会人チームで活動を続けています。 アルバイトはスポーツジムのインストラクターや家庭教師,居酒屋での経験があります。
閉じる 質問と回答をもっと見る

19卒 本選考ES

セールスエンジニア(営業)
男性 19卒 | 芝浦工業大学 | 男性
Q. 志望動機を教えて下さい。
A. A.
私は企業を選択する際に、企業の方針・発展性、そして職場環境を重視しています。貴社 は、半導体製造装置の開発・販売のトップ企業であり、今後の方針は、新中期経営計画の 中では持続的成長を掲げ、素晴らしいと感じました。また、説明会では、若い社員の方々 が各分野で伸び伸びと活躍されていると感じましたので、貴社を志望いたしました。私は、特にセールスエンジニアとして、私の強みである実行力と協調性をフルに生かしたいと 考えています。「貴社の製品販売には私が欠かせない」と言われる営業マンになり、目標は、貴社の経営目標を達成するトップ営業マンになることです。 続きを読む
Q. 研究内容を教えて下さい
A. A.
研究は未定ですが、プロジェクト演習という工作実習に力を注ぎました プロジェクト演習では実際にCADを用いた金型の設計から、マシニングセンタや 放電加工機を使用した金型の加工、射出成形機によるプラスチック成形、そして、 製品の評価に至るまでを行いました。プラスチックを成形する際に、理論値通りに 成形出来ず、何度も挑戦し、とても苦労しました。この経験から、私は製品を生み 出すことの難しさ、そして製品のありがたみを知ることができました。また、このこ とから、諦めずにやり抜く力が身に付きました。 続きを読む
Q. スポーツ・部(サークル)活動・文化活動などの体験から得たものを教えて下さい
A. A.
私は生協学生委員会の活動から協調性が身につきました。学生委員会では、オリエンテーションの企画長を務めました。初めは「企画長なんて簡単だ」と思っていました。ところが、始めてみると様々な意見が出て、自分の意見を通すだけではまとまらないと痛感しました。そこで、メンバーの意見を尊重し、十分議論することで良い方向に導くことができ、成功を収めました。 続きを読む
Q. あなたの長所を教えて下さい。
A. A.
私の長所は実行力があることです。大学ではラクロスサークルを立ち上げました。初めはメンバーが集まらず、苦労しました。その原因がラクロスの認知度が低いためだと気づき、ポスター制作や講演会を行うなど、積極的に勧誘に務めました。その結果、30人以上のサークルとなりました。貴社でも、何事にも諦めることなく立ち向かう姿勢を大切にして貢献してまいります。 続きを読む
Q. あなたの趣味を教えて下さい。
A. A.
私の趣味はハンドボールをすることです。休日は高校の部活のメンバーや社会人の方々とハンド ボールをしています。社会人の方とコミュニケーションを取れる有意義な場となっています。 続きを読む
閉じる 質問と回答をもっと見る
男性 18卒 | 法政大学 | 男性
Q. 東京エレクトロンを志望する理由
A. A.
私は広い視野を持ち、社会に幅広く影響を与える仕事をしたいと考えています。御社は現代の社会では欠かせない半導体ビジネスを通多くの製品や分野など社会を広く支える影響力を持った会社であるとともに、様々な方面や今を生きる人から求められるやりがいを併せ持った会社です。そんな御社の一員として誇りを持って仕事に打ち込み、会社と社会に貢献し続ける人間でありたいと考えているため、御社を強く志望しています。 続きを読む
Q. 力を注いだ科目または研究テーマ・概要
A. A.
私はこれまで所属しているゼミなどを中心に人間社会について考え、一人間としてどのように生きるべきかということについて学んできました。 ゼミでは暴力の人類史など人がどのような文明化のプロセスを辿ったかを主に学習し、法哲学や倫理学的観点から事象を分析し、その他の多くの講義でも現代社会に溢れる人間とそれを取り囲む問題に対し考えました。根底から考えたり、複合的な視点から考える能力を身に付けられたことは大きな財産だと思います。 続きを読む
Q. スポーツ、部、サークル活動、文化活動から得たもの
A. A.
大学時代はボランティア活動とその運営に熱中し、3年次から人、物、情報などを管理して団体をマネジメントする立場に就いています。 そうした組織作りを通して、人と共同して動くことの大切さや人の動かし方、人への頼み方、巻き込み方を学びました。 現在も複数人で何かに向かって頑張る際には、自分がどの立ち位置にいようとチーム全員が共通認識や当事者意識を持てるように取り計らうよう心がけ、円滑に進行できるようにしています。 続きを読む
Q. 自分の長所など、自己PR
A. A.
私の強みは人と深く向かい合えることです。人を見て、その時に応じた策を練り実行することができます。中でも共同体の中で場の雰囲気を読み、改善する能力に長けていると思います。こうした力を活かし、御社に入社後も社会や消費者、社内のニーズや各人が持つ考えを拾い上げ社会と会社のために還元できる人間になれると考えております。 続きを読む
閉じる 質問と回答をもっと見る

18卒 本選考ES

総合職(技術系)
男性 18卒 | 東京農工大学大学院 | 男性
Q. 志望理由
A. A.
私は、「私が作った技術によって科学技術の発展に貢献したい」という夢があります。私は、研究でリソグラフィーなどを行うのですが、いくら特性のいいデバイスができてもプロセスが煩雑であるために安定してデバイスを生産できず、研究と製品化のギャップを強く感じました。貴社の説明会に参加し、プロセス全てが自動化されたコータ/デベロッパに魅力を感じ、このような装置こそ科学技術を土台から支えるものだと思いました。今後さらに細かく精密な装置が求められますが、私は貴社で、その難題を解決する新しい技術を開発し、科学技術の発展に貢献したいです。 続きを読む
Q. 研究内容
A. A.
グラフェンとは、様々な優れた特性を持つ原子一層分のシート状の物質であり、そのグラフェンをランダムに重ねたランダム積層グラフェンは非常に優れた特性を持つため、近年注目されています。そんなランダム積層グラフェンを、CVD法を用いた独自の方法で作製し、電気・磁気的評価を行っています。現在は、それが優れた特性を持っていることが確認できたので、そのランダム積層グラフェンを用いたガスセンサーの応用研究に取り掛かっています。 続きを読む
Q. 課題活動などの体験から得たもの
A. A.
私は、高校生向けの大学広報活動の学生リーダーを務めています。各イベントでは、私を含め6名の学生リーダーが中心となって企画・運営を行い、どうすれば魅力的なイベントになるかという事を何回も話し合いました。この体験を通して、協力して一つのものを作り上げる協調性や責任感を身に付けることができました。 続きを読む
Q. 自己PR
A. A.
私の長所は、アイデア力と行動力があることです。実は、私が今行なっている研究テーマは、私自ら考え、教授に提案して新たに立ち上げた研究です。この研究は、応用が期待できるいい結果が得られ、先日の応用物理学会でも発表を行いました。このように、私は新しい事を生み出す力とそれを実現する力があります。 続きを読む
Q. 趣味・特技
A. A.
私の趣味はマニュアル車の運転です。ただ、運転するわけではなく、車速やエンジン回転数、ギアを常に考えて、スムーズに運転する技術を日々磨いています。 続きを読む
閉じる 質問と回答をもっと見る
男性 18卒 | 和歌山大学大学院 | 女性
Q. 東京エレクトロンを志望する理由
A. A.
IoTが進むなかで、半導体がこれまで以上に重要な役割を担うと考えられることから、その根幹を支える仕事がしたいと考え、貴社を志望しています。そして、半導体の開発に先んじた先端技術開発へ多額を投じる貴社で世界に通用する技術者になりたいと考えています。これまで体系的に学んだ知識と視野の広さを活かすことで、多くの技術が含まれる製造装置に関わり、装置性能を決定する基礎となる機械設計に携わりたいです。 続きを読む
Q. 研究概要
A. A.
生体細胞などの無色透明な試料を非染色・非侵襲で観察する手法を低コストで実現することを目的にしています.光と信号処理の技術を用いて像を取得するディジタルホログラフィには観察したい試料の像とともに,不要な像が生じるという問題があります.私は他分野である光暗号化の技術を取り入れることにより,この不要な像を低コストで除去可能な手法を提案しています.これにより,従来手法と比較し安価,かつ一回の撮影で試料の観察が可能です. 続きを読む
Q. スポーツ・部活動・文化活動などの体験から得たもの
A. A.
軽音楽部での楽曲制作から,個々が率直な意見を出し合うことの重要性を再認識しました.最初は互いの演奏やアイデアに対して率直に意見を出し合うことができず、制作した曲もまとまりがありませんでした。そこで、メンバーと個別に話す機会を取り入れることで、方向性を定め,他者からも良い評価を得られるようになりました。 続きを読む
Q. 自己PR(長所・特徴)
A. A.
私の長所は広い視野をもっている点であり,それが発揮されたのは研究室運営です。20名の学生が研究活動をおこなう際の問題を様々な角度から予測し、対策を講じることにより個々の活動を円滑に進める補助をおこなってきました。また、研究活動においても見方を変え,他分野の技術を用いることにより新たな手法を提案することができました. 続きを読む
Q. 趣味・特技
A. A.
音楽鑑賞・演奏,読書 続きを読む
閉じる 質問と回答をもっと見る
男性 18卒 | 専修大学 | 男性
Q. 東京エレクトロンを志望する理由
A. A.
イノベーションを起こしてきたエレクトロニクス産業の、今後のイノベーションを支えたいと考え、志望しています。国際経営学を学び、多くの世界を変えた起業家たちに感銘を受け、「この人たちの力になりたい」と思うようになりました。そのため、根幹からそれらを支えている半導体製造装置業界を志望しています。上記のような思いから、貴社ではセールスエンジニアとして未来の製品をつくりたいお客様の要望に応えていきたいと考えています。技術的な知識も身につけ、要望以上の提案もしていきたいです。複数の装置を有している総合力があり、豊かな技術力のある貴社でなら、それが実現できると考えています。お客様との信頼関係の構築から受注獲得、アフターサポートまで粘り強く取り組める強みを活かして実践してきたいです。 続きを読む
Q. 力を注いだ科目または研究テーマ・概要
A. A.
国際経営学のゼミナールに入り、日本の電機メーカーの衰退要因について研究しました。大学生になり、世界的な企業だと思っていた日本の電機メーカーが崩壊していたと知りショックを受け、なぜ世界的な企業が衰退するのかに興味を抱いたからです。グローバル化やデジタル化が進む中では、かつて世界を席巻した企業であろうとも、過去の成功体験に固執し変化を拒めば崩壊することを学びました。今後はAIやI o Tにより更なる世界環境の変化が進みます。これらの技術をうまく活用し、得意な事業にシフトすることに展望を見出しました。 続きを読む
Q. スポーツ・部活動・文化活動などの体験で得たもの
A. A.
高校時代、硬式テニス部で初心者ながら県大会出場を果たしました。1年生の頃、経験者に1ポイントも取れずに負け、「努力しても俺には勝てない」と言われた悔しさをバネに努力した結果です。この経験から、失敗や悔しさをバネにして成功に繋げる大切さを学びました。そのため、現在は大学受験の悔しさをバネに、ゼミナールや就職活動に力を入れています。 続きを読む
Q. 自己PR
A. A.
目標に向けて粘り強く努力ができます。半年間1日も欠かさずに日経新聞を読み、ゼミナールの記事をまとめる発表会で1位を獲得しました。習慣化のために楽しく新聞を読めるようにしようと考え、興味のある記事を切り抜きノートに貼る工夫をしました。これにより「成果が形に残る」「記事の繋がりが見える」ことに面白みを感じ、1日も欠かさずに読むことができました。 続きを読む
閉じる 質問と回答をもっと見る

18卒 本選考ES

技術系総合職
男性 18卒 | 埼玉大学大学院 | 男性
Q. 東京エレクトロンを志望する理由
A. A.
私の研究では微細加工を用いるため、スパッタリング・フォトリソグラフィー・エッチングなどの装置を使用します。実際に素子を作製すると、微細加工は精密な制御が必要なため、技術的にとても難しいことを実感しました。そのような微細加工を、全自動で行うことができ、かつ売上高が日本でトップの半導体製造装置を製造している貴社の高い技術力にとても魅力を感じ、貴社の製品開発に携わりたいと思いました。また、研究で学んだ微細加工の知識を活かしつつ、さらに実践的な能力を身につけたいと考えて貴社を志望しました。 続きを読む
Q. 研究概要
A. A.
私は超伝導体を用いた放射線検出器を設計、作製、評価の流れで研究を行っています。私が研究している超伝導検出器では従来の放射線検出器と比べ、高い位置分解能かつ広い検出面積を有するため、分布調査での利用が望めます。しかし、超伝導検出器は極低温状態にする為、冷却コストが大きくなってしまうので、私は高温超伝導体を用いた放射線検出器の作製を行っています。現在は、検出器を作製した際に、超伝導特性が劣化してしまうため、原因を探るために加工による検出器への影響を調査中です。 続きを読む
Q. 部活動などの体験から得たもの
A. A.
私は学生時代に卓球部に所属していて、チームに貢献したいという思いから主務という役職に就きました。仕事内容はほとんど雑務みたいなものでしたが、私が率先して部の雑務に対して動くことで部員たちの練習以外の負担を減らすことができました。その結果、部全体の実力が上がり、組織でのサポート役の重要性を学びました。 続きを読む
Q. 自己PR
A. A.
物事を分析・解析し、目標を達成できることが私の強みです。私は中学から卓球を始めましたが、運動は得意ではなく、始めた頃は勝つことができませんでした。なので、勝つために、自分と相手を分析・解析し、それに合った練習をすることで、県大会出場を果たすまでの実力になりました。現在、私はこの強みを勉強や研究でも役立てています。 続きを読む
閉じる 質問と回答をもっと見る
男性 17卒 | 広島市立大学大学院 | 男性
Q. 学業、ゼミ、研究室などで取り組んだ内容。
A. A.
私は、数学を得意としており、ロボットなどの機械について興味があるため、情報工学の分野について学業を取り組んでいます。また、ロボットなどの機械についての知識を得ることができると考え、ロボティクス研究室に入り世の中でどのような研究が行われているか、どのように研究を進めていくのか、わかりやすく相手に伝える方法について学んでいます。現在は電気回路やプログラミングなどの勉学とともに、息吹を入力情報とする入力デバイスの研究を行っています。 続きを読む
Q. 自己PR
A. A.
大勢の前で説明をするという自身の苦手なことを克服するために教育免許状を取得するという目標を定め、実行し最後までやり遂げる行動力と向上心があります。私は、大勢の前で何かを説明するということを苦手としていました。将来、大勢の前で説明を行うことがあると考え、苦手を克服し説明した際に多くの人に説明した内容を理解していただく方法について学び、経験しようと考えました。その方法の一つとして、大勢の前で説明を行うプロである学校の教師に着目し、教師について学ぶことで大勢の前でわかりやすく説明する方法を学び、実践しようと考えました。そして、わかりやすく物事を伝える方法について学び、教育実習では、ほかの教育実習生や指導教諭の先生方と積極的に相談し、わかりやすく説明する方法を学び、考え、実践しました。その後、教育免許状を取得し、それまでの経験を活かして、大学院の中間発表会で優秀発表者として賞をいただきました。 続きを読む
Q. 学生時代に最も打ち込んだこと。
A. A.
私が学生時代に最も打ち込んだことは研究です。手足の不自由な人が日常でPCを使用しやすくすることを目的とする、息を入力情報とした入力デバイスの研究をしています。PC上のマウスカーソルを息吹きかけることで操作できる入力デバイスを開発し、これができることで一般の入力デバイスの使用が困難である手足の不自由な人がPCを使用しやすくなると考えています。指導教諭の先生にお題をいただき、自分でどのようなものを作るのか、どのように作るのかを考え、実際に作成し、動作のテストを行い、現段階での問題点や改善点を考察し、よりよいものを作るという研究方法をとっています。私は、この入力デバイスの試作機の問題点や改善点を見つけ、デバイスを作り直しより良いものにしていくという工程がとても楽しいと感じており、毎日試行錯誤を行っています。 続きを読む
閉じる 質問と回答をもっと見る
男性 17卒 | 兵庫県立大学大学院 | 男性
Q. 志望理由
A. A.
私は、生産性の高い半導体製造装置を開発することで消費者に高品質・低価格な製品を届けたいと思っています。なぜなら、私は半導体デバイスを扱う研究に取り組んでおり、半導体製造装置自体の性能が最終製品に大きく関わることを実感したからです。その中で貴社は、世界トップクラスの技術力を持って、未来を見据えた最先端技術にかねてから挑戦し続け、エレクトロニクス機器の新たな可能性を生み出し続けている点に魅力を感じました。貴社に入社した際には、工学の知識・観察力・発想力を駆使して世界一の半導体製造装置を共に創り、半導体産業に大きく貢献していきたいと考えています。 続きを読む
Q. 研究テーマ
A. A.
高性能エレクトレット材料探索 続きを読む
Q. 概要
A. A.
私はIoT機器への搭載が期待される帯電物質を用いた振動型発電素子について研究しています。現状、IoT機器に用いるには発電量が乏しいという課題があります。そこで、半導体産業で用いられるHfO2という材料に着目し、本来マイナス要因とされる欠陥を利用することで現行材料の7.2倍もの発電量を増大させる可能性を見出しました。本研究を発展させれば、微弱振動での発電や多くの電力を必要とするIoT機器への応用が可能となり、将来的に電池や配線を不要にすることが期待され大きなビジネスに繋がると考えています。 続きを読む
Q. サークル活動などの体験から得たもの
A. A.
私は大学のテニスサークルに所属していました。サークル活動の一環として大学の文化祭でフランクフルト店を出店しました。当初は、販売スキルがほとんどなく売り上げが伸びずに赤字でしたが、お店のレイアウトなど話し合いなんとか黒字化に成功しました。この経験から、お互いの意見を聞き出し周りを巻き込んでいく重要性を学びました。 続きを読む
Q. 自己PR
A. A.
私の強みは【物事を理論的に考え改良すること】です。これは、固定概念に囚われずに多くのことに疑問を持ち、発見やアイデアで仕事効率を向上できます。アルバイトで、スプーン汚れのクレームが多発した時期がありました。私は洗う人に注意するのではなく、汚れを残さない洗い方を店長に提案し、スプーン汚れのクレーム件数の激減に成功しました。 続きを読む
閉じる 質問と回答をもっと見る
男性 16卒 | 慶應義塾大学大学院 |
Q. 東京エレクトロンを志望する理由
A. A.
私は広く社会に貢献したいと考えており,エレクトロニクス産業の根幹を支える半導体業界に興味を持っていました。会社説明会において,貴社は半導体の性能向上を支えている半導体製造装置のメーカーであるということを知りました。その時,社員の方が「私たちが一歩前進すれば半導体業界は十歩,エレクトロニクス業界は五十歩前進することができる」とおっしゃっていて,社会に及ぼす影響が大きな分野だと感じました。貴社のプロセス開発職において,私が大学で学んだ無機材料に関する知識や経験を活かして半導体業界の発展に貢献したいと考え,応募に至りました。 続きを読む
Q. 力を注いだ科目または研究テーマ・概要
A. A.
機能性無機材料であるZnOの微細構造を制御し,色素増感太陽電池(DSSC)へ応用する研究を行っています。DSSCとは,ZnOなどの酸化物半導体や色素,電解液から構成される太陽電池で,その性能は酸化物半導体のnm 〜μmの領域における微細構造を制御することで大きく向上します。私の研究では,前駆体を合成し,熱処理を施して前駆体由来の形態をもつZnOを合成する方法を採用しました。前駆体には金属-有機構造体(MOF)と呼ばれる物質を使用し,MOFの形態を制御することでZnOの形態を制御し,電池性能向上を目指しています。 続きを読む
Q. スポーツ・部活(サークル)活動・文化活動などの体験から得たもの
A. A.
私は大学3年の時,100名規模のテニスサークルの役員を務めていました。役員は12人いましたが,運営開始当初は皆の意見がバラバラでした。そこで私たちは毎週役員会を開き,皆の意見をぶつける場を設けました。皆の本音を聞くことで互いを理解し,役員が一丸となることができました。そのような関係を築けたからこそ,互いを信頼し,協力し合うことで1年間サークル運営をやり通すことができたと考えています。 続きを読む
Q. 自己PR(長所・特徴)
A. A.
私は「自分の意見をしっかり伝える」ことを重視しています。私は現在,産業技術総合研究所の研究員と共同研究をしており,ディスカッションにおいて,互いの意見が合わないことも多々あります。しかし,自分がやりたいことをしっかり述べると相手もそれに対するアドバイスをしてくださります。そのようなやりとりを繰り返すことで自身の知識や研究の幅を広げることができると考えております。 続きを読む
閉じる 質問と回答をもっと見る
17件中17件表示