東京エレクトロン株式会社のロゴ写真

東京エレクトロン株式会社

  • 3.5
  • 口コミ投稿数(306件)
  • ES・体験記(41件)

東京エレクトロンの本選考の面接の質問・回答

本選考面接

  • 1次面接
  • 2次面接
  • 最終面接

21卒 1次面接

プロセスエンジニア
21卒 | 京都大学大学院 | 男性
Q. 弊社の志望動機について、半導体製造装置メーカーを志望する理由と合わせて教えてください。
A. A. 私が企業研究をする中で、御社が属する半導体製造装置の業界は各社非常に利益率や研究開発投資が多くなっていることを知り、常に技術革新を繰り返しながら高付加価値の製品を世に送り出していると考えました。そのような企業に身を置いて活躍することで、私が思い描く将来像である「世...
Q. 学生時代に力を入れたことについて教えてください。
A. A. 大学2年生の時に、所属していた大学祭実行委員会において野外音楽フェスの企画責任者を務めて5人のチームを率いて総勢40人ほどの委員会のメンバーを巻き込みながら、長年続いていた企画を改革して多くの課題を解決し過去最多の観客動員数と前年比160%の増収を達成したことです...

21卒 1次面接

フィールドエンジニア
21卒 | 熊本大学大学院 | 男性
Q. 周りと協力して成し遂げた経験
A. A. 私がやり遂げた経験は、学生会でイベントを企画し、昨年よりも多くの参加者を集めた ことです。私は学科の学生会に所属し、幹部を務めていました。私の所属する学生会で は様々なイベントを行っていますが、その中でも特に学科の学生に向けたイベントの 責任者をしました。イ...
Q. フィールドエンジニアの志望理由
A. A. 私は、FE を志望します。理由は顧客に寄り添った提案を行うことができる技術者になりた いからです。私は現在、アルバイトで携帯会社の乗り換えの提案を行っています。アルバイ トでは顧客の要求を聞き出して、顧客の希望にあったプランを提供するように心がけてい ます。...

21卒 1次面接

総合職
21卒 | 静岡大学大学院 | 男性
Q. 学生時代に力を入れたことを教えてください。
A. A. 私が学生時代に力を入れたことは、4年間の飲食店のホールのアルバイトです。その際、スタッフが働きやすい環境を創ることに心を配りました。入社当初は、スタッフ間で円滑な意思伝達ができておらず、お店全体が1人1人に負担のかかる効率の悪い働き方になっていました。入社して半年...
Q. 研究内容について簡潔に教えてください。
A. A. トランジスタは、電子機器の高性能化に伴って小型化が進んでおり、ナノスケールのトランジスタでは、電子はチャネル中を結晶格子や不純物による散乱を受けずに走行するようになります。このような電子は弾道電子と呼ばれていますが、量子コンピュータへの応用が期待されており、その直...

21卒 1次面接

営業職
21卒 | 東京工業大学大学院 | 男性
Q. なぜ理系院生で営業職を志望するのか。
A. A. 最先端の技術を営業として「広める」ことに魅力を感じ、それを行いたいと考えたためである。これは自分自身の経験に由来している。私は昨年、初めて学会発表を経験した。自身の開発したある試料作成方法についてのプレゼンを行ったが、発表後に多くの人と意見を交換した。その結果、自...
Q. 周りからどんな人と言われるか。
A. A. 性格面と行動面でそれぞれ言われることがある。前者は、「一見穏やかだが、芯がある人間」と言われる。具体例としては、ゼミの際、自分の持論が正しいと感じたら教授にも食ってかかることがある。日頃は常に笑顔を心がけているため、そのギャップが大きくてびっくりすると言われること...

21卒 1次面接

エンジニア
21卒 | 千葉工業大学大学院 | 男性
Q. 研究テーマについて分かりやすく教えてください。
A. A. 工場や家庭、地下鉄等から出る排熱の中でも150℃以下の低温排熱は総熱量の半分近くを占めますが、熱源が分散しています。私はこの熱を軽量、フレキシブル、室温でも高い電子特性を持つグラフェンなら効率よく熱電発電が行なえると考えました。しかし、現状ではグラフェンの品質、電...
Q. 自分をPRしてください。
A. A. 私はコミュニケーション能力、忍耐力が優れた人間です。学部生のときに〇〇ホテルでアルバイトをしていました。格式高いホテルで一流企業の役員や政治家の方々に接客をし、「礼儀作法」や「相手の気持ちを瞬時に感じ取って気遣える力」といったコミュニケーション能力を培うことができ...

21卒 1次面接

総合職
21卒 | 三重大学 | 女性
Q. 自己PRをしてください。
A. A. 私は「自分でやると決めたことは目標を持って最後までやりきる」という強い思いで何事にも取り組みます。大学では〇〇実行委員会〇〇部局に所属し、メイン企画の立案・運営を担いました。1年次には当時最も歴史のあるコンテスト企画の司会に立候補し、本番1ヶ月前ぐらいから通し練習...
Q. なぜ半導体製造装置に魅力を感じたのか。
A. A. 完成品とは違って、求められているものに対して柔軟に形を変えることができる素材や部材に魅力を感じておりまして、半導体はこれからもIoTやAIの普及の伴って需要は高まってくるので、最先端のものづくりに携わることができるような半導体業界に興味を持ちました。そういった半導...

21卒 1次面接

総合職
21卒 | 名古屋大学大学院 | 男性
Q. 半導体製造装置業界のなかでもなぜ東京エレクトロンなのか
A. A. 第一に半導体製造装置業界における売上高は、東京エレクトロンが日本では群を抜いてトップであり、より広く自分の手掛けた製品を触ってもらうことができると考えたからです。またR&Dへの投資額やその比率を見ても、他の製造装置メーカーと比較して額も比率も大きく、今後の更なる成...
Q. エンジニアとしての実際の業務内容や勤務地を理解しているか
A. A. 自分の志望しているプロセスエンジニアは、薄膜制御や新素材の導入、低消費電力・高信頼性を実現する加工技術、パーティクル(装置内で発生するゴミ)の低減などに通じて、半導体制御装置の性能や生産性を最大限に引き出すプロセスの開発・提案を担当します。ハードやソフトウエアに対...

21卒 1次面接

知的財産
21卒 | 筑波大学大学院 | 男性
Q. 学業で力を入れたことを教えてください
A. A. 私が力を入れた研究は、○○を用いた有機二次電池の開発である。有機二次電池の研究は、当研究室での前例がなく、一人で学び研究する必要があった。研究の土台がないため電池を組むための材料検討に時間がかかり、卒業研究の時には苦労をした。孤独感や不安、疲労から、もうやめたいと...
Q. 学業以外で力を入れたことを教えてください
A. A. 私が力を入れたことは、塾講師のアルバイトである。担当した受験生は、学校の定期テストで点を取る勉強をしてきたため、以前学んだことや他分野を組み合わせて解くような力が求められる入試問題が苦手であった。そこで私は、初めの4か月で復習をし、残りの期間で実践的な学習をする年...

20卒 1次面接

エレキエンジニア
20卒 | 金沢大学大学院 | 男性
Q. どうして半導体製造装置業界なのか?
A. A. 私が就職活動の中で,半導体製造装置業界を志望する理由は,半導体製造装置は社会への影響力が大きいと考えているからです。 世界中の人々の暮らしは電子レンジやなどの家電をはじめ,携帯電話・スマートフォンを例に,半導体の成長によって発展してきたと言っても過言ではないと私...
Q. 1分程度で自己PRをしてください
A. A. 私は周囲を巻き込み何事にも挑戦する力があります。 この力を最も発揮したのが映画製作での経験です。私は友人を呼びかけ文化祭の映画大会に出場しました。しかし,最初は一人一人の熱意の差や演技への羞恥心が感じられ順調に映画作りを行えませんでした。そこで私は,一度撮影を止...

20卒 1次面接

エンジニア
20卒 | 山形大学大学院 | 男性
Q. 研究テーマの概要を教えてください。
A. A. 私は物体の性質をミクロな目線で解き明かすことを目標としており、主な手法として量子モンテカルロ法を用いた数値計算を行っております。 卒業研究では、プログラム言語を自ら学習し、統計力学上の磁性モデルに対して数値計算を試みました。 最も苦しかった点は、予想される結果...
Q. 自己PRをしてください。
A. A. 私は知らないこと、できないことでも臆せず果敢にチャレンジすることができます。また、仲間からの教えを柔軟に吸収したのち他者に貢献することができます。私は大学一年生の時に、初心者として柔道部に入部しました。キャンパス内で大学からの初心者は私一人でしたが、同期や先輩の熱...

20卒 1次面接

人事職
20卒 | 早稲田大学 | 男性
Q. 学生時代に力を入れた事はなんですか。
A. A. 私は大学サッカー部応援団体に所属し、サッカー部と信頼関係を構築する事で、低迷していたサッカー部を大学日本一に導きました。 私が応援団体に入会した1年の時、サッカー部は優勝した翌年という事もあり、慢心からか手を抜く選手が多くいました。そしてリーグ戦で負け続けついに...
Q. 志望する職種は何ですか
A. A. 営業職を志望しています。御社の誇る半導体製造装置を日本中のみならず世界中に売る事で、世界中の人々の生活と未来に貢献していきたいです。営業をするにあたって、私の強みである「信頼関係構築力」を活かしていきたいです。御社の顧客は日本企業より海外企業の方が多いと説明会の際...

19卒 1次面接

技術職
19卒 | 九州工業大学大学院 | 男性
Q. 志望職種と勤務地の希望はどこか?
A. A.
志望職種はソフトエンジニアです。理由として私の専攻が情報系でありプログラミングなどが好きであるということと、AIなどを用いてより汎用的な半導体製造装置や効率よく生産できる高性能な半導体製造装置の開発に携わりたいと考えており、そのようなことに携われるソフトのエンジニアとして働くことを希望しています。 希望の勤務地は九州(熊本)の工場です。私の地元が九州であることも理由ですが、東京エレクトロンの主力製品であるコータデベロッパーと洗浄装置は九州の工場で作られているからです。私が希望している、より最先端の仕事に携わるには九州の工場で半導体製造装置の開発に携わることが良いかなと考えたため、東京エレクトロン九州の熊本にある工場での配属を希望しています。 続きを読む
Q. 長所と短所について教えてください
A. A.
長所は、普段、周りから学ぶことはないか、常にアンテナを張っており、周囲を観察し、考えて行動することです。これは特に、アルバイトをしている時に、大きくプラスに影響したと実感しました。仕事中に周囲を観察し、いいなと感じた部分を自分で試すこと、意図や考え、動きについて質問すること、この二つを続けていくことで、自分の動きが良くなり、上司や先輩から評価をいただくことが増えていきました。 短所は、選択肢が複数あり、判断に迷ったとき動けなくなってしまうことです。そのため、迷って動けなくなったときは、信頼できる人に相談して、アドバイスを頂くようにしています。その際は、なぜそう考えたのか理由も教えていただき、自分が納得できると理想的です。 続きを読む

18卒 1次面接

エンジニア
18卒 | 筑波大学大学院 | 男性
Q. 東京エレクトロンに興味を持ったところはなんですか。
A. A.
私が東京エレクトロンに魅力を感じた点は3つあります。1つ目は、社会への影響の大きさです。スマホの高性能化、ウエアラブル、IoTなど、半導体があらゆるところに使用されており、かつ今後もその必要性の増大が見込まれている現在、半導体をつくる半導体製造装置で世界トップシェアの製品を複数種有しており、TELで働くことで世の中の製品を根底から支えることができると思いました。2つ目は、高い研究開発投資力です。常に最先端で世の中を支えることができ、最先端技術に携わることで、私自身がエンジニアとして成長していける環境があると感じました。最後に3つ目として、私がこれまで学んできた、プロセスやエレクトロニクスに関する知識を活かせると思いました。 続きを読む
Q. 自己PRをしてください。
A. A.
私は目標達成のために努力して成し遂げることができます。例えば、研究活動において「学会発表をする」という目標を成し遂げました。研究を進める過程では、目的の物質がつくれなかったり、評価方法が分からなかったりなど乗り越えるべき課題が数多くありましたが、先輩や指導教官に助言を求めることはもちろん、自主的に関連する過去の論文を100本以上読んで解決策を考えたり、時には徹夜で実験をしたり、他大学の先生に助言を求めるなど努力を続け、主体的に課題を解決してきました。その結果、学会発表を成し遂げ発表を見に来た人からは高評価を受けました。今後社会に出ても、課題に直面した時には努力を怠らずやり抜こうと決めています。 続きを読む

16卒 1次面接

16卒 | 大阪大学大学院 |
Q. 自己PR
A. A.
相手のことを考えて行動できる。学生団体で企画のリーダーをいくつかもったが、メンバーひとりひとりが意見を言い易いような雰囲気づくりを心掛けた。また、意見を言いにくそうにしている人に対しては、別のところで意見を聞くなどして信頼関係を築くことで会議中にも発言回数を増やしてもらうことができた。と答えた。単に自己PRで済まさずに、この性格だと会社にどのようなメリットがあるかイメージしやすいように伝えた。 続きを読む
Q. 説明会通して、社員さんに対してどういう印象を抱いたか。
A. A.
不安定な業界、「常に変化を求めている」という説明会冒頭の言葉から怖くて目がギラギラしたひとばかりいると考えていたが、実際にはそういう人は少なく、普段は温和な人も多くいて、周りをしっかりみてくれている人が多いと感じたことを伝えた。変化に対応するために視野を広く、もつことの重要性を感じた。 続きを読む

16卒 1次面接

16卒 | 九州大学 |
Q. 学生時代に点数つけると
A. A.
80点くらいです.学部時代はトライアスロン部に所属し,部活での活動を中心に生活していました.大学から始めたスポーツでしたが,練習すればするだけ自分のちからが伸びているのを感じ,目標であった全国大会にも出場することができました.学部4年では希望の研究室に入ることができ,無事に卒論を終えることができました.大学院でも同じ研究室に所属し,希望の研究を続けています.学会でも発表することができ,満足しています.残りの20点は海外に行くことができていないことが心残りだからです.予測していない質問だったので,ありのままに話しました. 続きを読む
Q. 部活にはいったきっかけ
A. A.
大学に入学したとき,大学ではいままでやったことのない新しいことをやろうと考えていました.そんな中,部活やサークル見学をしていく中で出会ったのがトライアスロン部でした.かなりきついイメージはありましたが,大学から始める人がほとんどだということと,全国大会にも行きやすいということを聞き,この部活で頑張ろうと思いました.実際入ってみるときつかったですが,自分にとって未知の世界ばかりで非常に楽しく,続けることができました.具体例を出して詳しく話すようにしました. 続きを読む

16卒 1次面接

16卒 | 慶應義塾大学 |
Q. 志望動機について教えてください
A. A.
私は広く社会に貢献したいと考えており,エレクトロニクス産業の根幹を支える半導体業界に興味を持っていました。会社説明会において,貴社は半導体の性能向上を支えている半導体製造装置のメーカーであるということを知りました。その時,社員の方が「私たちが一歩前進すれば半導体業界は十歩,エレクトロニクス業界は五十歩前進することができる」とおっしゃっていて,社会に及ぼす影響が大きな分野だと感じました。貴社のプロセス開発職において,私が大学で学んだ無機材料に関する知識や経験を活かして半導体業界の発展に貢献したいと考え,応募に至りました。 続きを読む
Q. 研究内容について
A. A.
機能性無機材料であるZnOの微細構造を制御し,色素増感太陽電池(DSSC)へ応用する研究を行っています。DSSCとは,ZnOなどの酸化物半導体や色素,電解液から構成される太陽電池で,その性能は酸化物半導体のnm ~μmの領域における微細構造を制御することで大きく向上します。私の研究では,前駆体を合成し,熱処理を施して前駆体由来の形態をもつZnOを合成する方法を採用しました。前駆体には金属-有機構造体(MOF)と呼ばれる物質を使用し,MOFの形態を制御することでZnOの形態を制御し,電池性能向上を目指しています。 続きを読む