野村證券株式会社のロゴ写真

野村證券株式会社

  • 3.9
  • 口コミ投稿数(2149件)
  • ES・体験記(83件)

野村證券のインターンTOP

野村證券のインターン

インターンの評価

評点をもっと見る
総合評価
4.5
選考難易度
inactive
inactive
active
inactive
inactive
2.8
業界理解
inactive
inactive
active
inactive
inactive
3.3
会社理解
inactive
inactive
inactive
active
inactive
3.8
メンターのコミット
inactive
inactive
inactive
active
inactive
3.8
自己成長
inactive
inactive
inactive
inactive
active
4.5
内定直結度
inactive
inactive
active
inactive
inactive
2.8
学生のレベル
inactive
inactive
inactive
active
inactive
3.5
テーマの面白さ
inactive
inactive
inactive
active
inactive
4.0
総合評価
3.7
選考難易度
inactive
inactive
active
inactive
inactive
3.3
業界理解
inactive
inactive
inactive
active
inactive
4.0
会社理解
inactive
inactive
inactive
active
inactive
4.3
メンターのコミット
inactive
inactive
active
inactive
inactive
2.7
自己成長
inactive
inactive
active
inactive
inactive
3.3
内定直結度
inactive
inactive
active
inactive
inactive
3.0
学生のレベル
inactive
inactive
inactive
active
inactive
4.3
テーマの面白さ
inactive
inactive
inactive
active
inactive
4.0
総合評価
3.5
選考難易度
inactive
inactive
inactive
active
inactive
4.0
業界理解
inactive
inactive
inactive
active
inactive
4.0
会社理解
inactive
inactive
inactive
active
inactive
4.0
メンターのコミット
inactive
inactive
inactive
inactive
active
4.5
自己成長
inactive
inactive
active
inactive
inactive
3.0
内定直結度
inactive
active
inactive
inactive
inactive
2.0
学生のレベル
inactive
inactive
inactive
active
inactive
3.5
テーマの面白さ
inactive
inactive
active
inactive
inactive
2.5
総合評価
4.3
選考難易度
inactive
inactive
active
inactive
inactive
2.9
業界理解
inactive
inactive
inactive
inactive
active
4.6
会社理解
inactive
inactive
inactive
active
inactive
4.4
メンターのコミット
inactive
inactive
active
inactive
inactive
2.9
自己成長
inactive
inactive
inactive
active
inactive
3.8
内定直結度
inactive
active
inactive
inactive
inactive
2.0
学生のレベル
inactive
inactive
active
inactive
inactive
3.3
テーマの面白さ
inactive
inactive
inactive
active
inactive
4.0
総合評価
4.5
選考難易度
inactive
inactive
inactive
active
inactive
3.5
業界理解
inactive
inactive
inactive
active
inactive
3.5
会社理解
inactive
inactive
inactive
inactive
active
5.0
メンターのコミット
inactive
inactive
inactive
active
inactive
3.5
自己成長
inactive
inactive
inactive
inactive
active
5.0
内定直結度
inactive
active
inactive
inactive
inactive
2.0
学生のレベル
inactive
inactive
inactive
inactive
active
4.5
テーマの面白さ
inactive
inactive
inactive
inactive
active
5.0
総合評価
4.7
選考難易度
inactive
inactive
active
inactive
inactive
3.0
業界理解
inactive
inactive
inactive
active
inactive
3.7
会社理解
inactive
inactive
inactive
active
inactive
4.3
メンターのコミット
inactive
inactive
inactive
inactive
active
4.7
自己成長
inactive
inactive
inactive
inactive
active
5.0
内定直結度
inactive
inactive
active
inactive
inactive
3.0
学生のレベル
inactive
inactive
inactive
active
inactive
3.7
テーマの面白さ
inactive
inactive
inactive
active
inactive
4.0

インターンの内容(25件)

20卒 冬インターン

2019年2月開催 / 5日 / 総合職(営業)
20卒 | 東洋大学 | 男性
65歳男性に対して長期保有目的の国内外問わず株式を1銘柄提示して企画立案して発表すること

週の前半は金融業界や証券業界の話をした上で野村証券の強みや今後の展望などの講義を受けたり、社会人マナー講座、日経新聞の活用講座などの座学中心でおこなわれていた。その中で与えられた課題を考えたりする時間もあった。後半は前半に引き続き課題をやりながら発表の準備をおこなっていた。東京証券取引所や野村証券のマーケット部門の見学をしたりなど課外活動が多かった。最終日に初日に与えられた課題について発表した。

20卒 冬インターン

2019年2月開催 / 4日 / 投資銀行部門
20卒 | 早稲田大学 | 女性
東京海上ホールディングスに対する買収提案を考えよ

バリュエーションやファイナンス、企業・業界のリサーチ手法の講義がありました。部署別にヘッドの人からの講演があり、質問タイムが設けられました。また、毎朝日経新聞の読み方を教えてもらう時間がありました。グループワークを行い、発表のための準備をしました。時間が限られていたことから、自宅に持ち帰り作業するグループも多かったようです。優秀な班が3つ選ばれ、全員の前での発表がありました。その後は懇親会でした。

20卒 冬インターン

2018年11月開催 / 1日 / 営業
20卒 | 同志社大学 | 男性
顧客のニーズに合った投資先を提案する

まず、金融業界と野村證券について人事の方からの座学で学んだ。その後、顧客のニーズに応えた投資先の提案という課題に班で取り組んだ。投資テーマの決定及び社員へのプレゼンの準備に8人組の班で取り組んだ。社員にプレゼンを行った後は、社員からフィードバックを頂いた。

インターンに参加してみて

この企業に対する志望度は上がりましたか?

  • はい
  • いいえ
はい
20卒 / 東京大学 /
夏 / 4日 / 投資銀行部門

個人的には既に投資銀行部門の業務にはある程度の関心があり、今回のインターン参加によりそれがブラッシュアップされる形となった。その上で、特に野村證券で働くと...

いいえ
20卒 / 東洋大学 /
冬 / 5日 / 総合職(営業)

志望度が下がった理由は野村証券の営業マンの過酷さや現状を知ったことである。毎日激務なのは間違いなく、お客様との接待に行ったりと休日もつぶれたりしてあまりに...

いいえ
20卒 / 早稲田大学 /
冬 / 4日 / 投資銀行部門

礼儀や常識を重んじる組織文化が野村の信頼や実績につながっており、厳しく確実に育ててくれるカルチャーがあるように感じました。しかし自分で学んで成長して行きた...

いいえ
20卒 / 同志社大学 /
冬 / 1日 / 営業

インターンシップに参加するまでは、金融論のゼミに所属していたこともあり、金融業界に興味を持っていた。しかし、インターンシップを通してこの業界はお客様に負の...

はい
20卒 / 明治大学 /
夏 / 4日 / 営業部門

会った社員の方全員がとても輝いていた。野村の看板を背負っていることに誇りを持ちながら上を目指して働いている姿はとてもかっこよく、一緒に働きたいと強く思える...

閉じる もっと見る

インターンへの参加が本選考に有利になると思いましたか?

  • はい
  • いいえ
はい
20卒 / 早稲田大学 /
冬 / 4日 / 投資銀行部門

なぜ外資でなく野村か、なぜ他日系ではなく野村か、という点を説明するにあたってインターンシップの参加経験は必要になると感じました。社員とのコミュニケーション...

いいえ
20卒 / 東洋大学 /
冬 / 5日 / 総合職(営業)

特にインターンシップに参加したから何かを免除するとかは私の周りではなかった。唯一いい点があるなら社員とのつながりができるためES添削や面接対策などをしても...

いいえ
20卒 / 同志社大学 /
冬 / 1日 / 営業

直接インターンシップに参加したことでフォローがあり、選考が有利になることはない。しかし、早期選考の案内は参加者全員に来るので、興味がある人は参加しておくべ...

はい
20卒 / 東京大学 /
夏 / 4日 / 投資銀行部門

企業理解を深めるという点では有利になることは間違いないと思う。また、インターンで班として成果を残せば目に止まりやすくなるため、本選考の際にもアピールできる...

はい
20卒 / 明治大学 /
夏 / 4日 / 営業部門

早い段階で業界、企業のことを知れること、その後のイベントでさらに幅広く野村証券を知れることで企業研究等は問題なく行えると感じたから。また、人事の方と話せる...

閉じる もっと見る

参加後の就職にどう影響したか

20卒 / 東洋大学 /
冬 / 5日 / 総合職(営業)
参加前
インターン参加前の志望企業・志望業界を教えて下さい。

元々、広告代理店に勤めたいと考えていたが、金融業界も気になっていたので金融知識もつけることができれば何か今後の役に立つと考えて金融業界も見ていた。広告代理...

参加後
インターンへの参加がその後の就職活動へどう影響しましたか?

金融業界に関しては、証券会社という部分を知ることで他の金融業界の業種である信託銀行についても興味が出てきたため、信託銀行は全て受けた。証券会社は受けること...

20卒 / 早稲田大学 /
冬 / 4日 / 投資銀行部門
参加前
インターン参加前の志望企業・志望業界を教えて下さい。

分の市場を高められ、自分で経済力をつけられる、結果が目で見える実力主義の環境を求めており、証券会社を志望していました。日系、外資問わず金融にいきたいと考え...

参加後
インターンへの参加がその後の就職活動へどう影響しましたか?

自分のしたい仕事はあったものの、野村のカルチャーに好感を持てなかったです。当初はしたい仕事ができるか、という点が大きな軸となっていましたが、働いている人や...

20卒 / 同志社大学 /
冬 / 1日 / 営業
参加前
インターン参加前の志望企業・志望業界を教えて下さい。

インターンシップ参加前は志望する業界が定まっておらず様々な業界を見ていた。その中で、自分の興味のある金融に携われたら面白いと思い、証券会社も志望していた。...

参加後
インターンへの参加がその後の就職活動へどう影響しましたか?

このインターンシップに参加したことで金融業界は自分の選択肢からなくなった。証券会社は顧客に負の価値を与えてしまうということを実際に体感したためである。自分...

20卒 / 東京大学 /
夏 / 4日 / 投資銀行部門
参加前
インターン参加前の志望企業・志望業界を教えて下さい。

サマーインターンには幅広い視点を持って臨もうと考え、ボストンコンサルティンググループ等コンサルや野村證券やモルガンスタンレーといった投資銀行を始め、経済産...

参加後
インターンへの参加がその後の就職活動へどう影響しましたか?

投資銀行に対する志望度は上がった。ただもちろんそれは確定的なものではなく、あくまで現時点における流動的な順位付けの中での現状である。後になって省庁インター...

閉じる もっと見る

インターン当日の感想

参加して学んだこと

20卒 / 東洋大学 /
冬 / 5日 / 総合職(営業)

まず、金融知識、証券知識については確実に学びが深まり、コミュニケーション能力やプレゼン能力も社員の方々が適宜指導してくださるため相当個人としてのスキルは上...

20卒 / 早稲田大学 /
冬 / 4日 / 投資銀行部門

野村のカルチャーを知れたことが参加してよかったと思うことです。礼儀や常識を重んじる組織文化が野村の信頼や実績につながっており、厳しく確実に育ててくれるカル...

20卒 / 同志社大学 /
冬 / 1日 / 営業

社員の方から座談会で証券会社での働き方を聞くことが出来たのは有意義だった。私自身それまでイメージだけで証券会社の仕事が大変そうだと思っていた。しかし、イン...

20卒 / 東京大学 /
夏 / 4日 / 投資銀行部門

野村證券にどんな人がいて、どのような働き方をしているのかという部分に関しては本音ベースの話を聞くことができ、非常に面白かった。また、発表の審査員は実際に主...

閉じる もっと見る

参加して大変だったこと

20卒 / 東洋大学 /
冬 / 5日 / 総合職(営業)

まず、課題を与えられた時にどの株式の銘柄を選んでそれがなぜいいと思ったのかを企業の財務状況や事業規模だったりとにかく裏付けをして提案した理由をいかにして強...

20卒 / 早稲田大学 /
冬 / 4日 / 投資銀行部門

グループワークの時間が限られていたことが苦労したことです。意見がまとまらず、最後の最後まで買収先企業が選定できず、プレゼン資料作成の時間に充分時間を割けず...

20卒 / 同志社大学 /
冬 / 1日 / 営業

投資先の提案という課題に取り組むうえで、班の学生の金融に対する知識量の差がとても大きく、班で取り組むには難しい課題だった。また、グループワークに与えられた...

20卒 / 東京大学 /
夏 / 4日 / 投資銀行部門

途中台風が接近し、元々短い作業時間がさらに短くなり、非常に大変だった。また、最初の企業選定に時間を使いすぎ、シナジー検討やバリュエーションに割く時間が少し...

閉じる もっと見る

印象的なフィードバック

20卒 / 東洋大学 /
冬 / 5日 / 総合職(営業)

お客様の資産や投資目的等しっかりと状況を考えたうえで提案するときに一貫したストーリーの様なものを考えておくことが大切だと言われた。また、お客様は金融知識に...

20卒 / 早稲田大学 /
冬 / 4日 / 投資銀行部門

クライアントの中期経営戦略をいかに読み込み、その会社の方向性を掴み、何が刺さる提案なのか考えることが肝だということです。一方で斬新なアイデアもワーク中には...

20卒 / 同志社大学 /
冬 / 1日 / 営業

顧客からはこちらから提示した以上の額は出てこないというフィードバック。投資提案のプレゼンを行った時に、社員の方が「いくらくらい投資すればいい?」と言った。...

20卒 / 東京大学 /
夏 / 4日 / 投資銀行部門

最終プレゼンのフィードバックとして「情報が多すぎて分かりにくい部分があった」というものが非常に記憶に残っている。収集した知識をアウトプットしたい欲と、わか...

閉じる もっと見る

選考対策

直近のインターン選考フロー

インターンES

20卒 インターンES

営業
20卒 | 法政大学 | 男性
Q. 営業インターンを志望する動機、学びたいこと。(200字以下)
A. 志望理由は以下の二点である。 一点目は、証券業界のリーディングカンパニーである貴社のインターンシップに参加する事で、証券会社の営業職の職務を学ぶとともに、優秀な社員の方々や学生とのグループワークを通して、自己成長する機会にしたいと考えているからである。 二点目は、競合他社が数多くある中で、なぜ貴社が顧客から支持され続けている証券会社であるのか、身を持って体感したいと考えているからである。

20卒 インターンES

クオンツコース
20卒 | 上智大学 | 男性
Q. 応募する部門のインターンシップに参加したい理由と、それを通じて習得したいことを教えてください。(400文字以下)
A. 今回この部門のインターンシップに参加したい理由の1つは、後述するように投資全般に興味があり、また「クオンツコース」では、学科で扱っている数学がどのように実際の市場で活用されるのか知ることができるからです。今まで数学が仕事に生きる場面をあまりイメージできなかったので、どのような形で金融とつながりを持っているのか非常に関心があります。また、正直なところ具体的にどのような業務内容なのか想像できない...

インターン面接

19卒 冬インターン 最終面接

2018年2月開催 / 4日 / 総合職
19卒 | 慶應義塾大学 | 男性
Q. このインターンシップに参加したい理由を教えてください。
A. 大学時代のゼミでの研究から、個人の資産形成に影響を与えることができる証券業界に興味を抱いた。なかでも野村證券は証券業界最大手であることから、証券業界の担っている社会的使命までも学ぶことができると考え志望した。

19卒 冬インターン 最終面接

2018年2月開催 / 4日 / 営業職
19卒 | 大阪大学 | 女性
Q. 自己PRをしてください。
A. 私の強みは、一度決めたことは何事もやりきるまで諦めない姿勢である。学部時代から始めたフットサルでは初心者だったため試合に出てチームに貢献する機会が与えられなかった。悔しさから毎回の練習では目標を設定して、周囲の先輩同期さらに後輩にも相手になってもらい練習を重ねた結果、攻めとしての得点源ではないものの守りのポジションで活躍するようになった。この経験からもチームにとって自分がどう貢献するのかを随...