三菱地所株式会社のロゴ写真

三菱地所株式会社

  • 3.8
  • 口コミ投稿数(155件)
  • ES・体験記(104件)

三菱地所の本選考のエントリーシート

本選考の通過エントリーシート

69件中1〜20件表示
男性 21卒 | 早稲田大学 | 男性
Q. あなたが学生時代にした最大のチャレンジは何ですか。(500文字)
A. A. ○○団体の○○として新たな○○を確立した経験だ。現状と目標の間にある課題を分析し行動する力を発揮した。○○するために○○が貢献出来ることを考えた。プロの○○では統一された○○が非日常を味合わせ感動を生んでいたが、他の必要費用が嵩み当団体の○○費は少なかった。また収...
Q. あなたが大切にしている信念は何ですか。それを培ってきた経験をふまえて教えてください。(500文字)
A. A. 「論理と感情のバランスを意識して行動する」ことを大切にしている。特にチームで行動する際に意識している。過去の経験から異なる価値観を持つ人々を巻き込むために不可欠だと考えたからだ。上記の○○を確立した際の一番の困難は団体初めての取り組みであるがゆえに、周りの賛同を取...
Q. あなたは三菱地所でどのような仕事をし、何を成し遂げたいですか。そのように考える理由も併せて教えてください。(500文字)
A. A. 私は貴社で、スマートシティの構築を通じて日本のプレゼンスを向上させたい。現状、日本で少子高齢化等の社会課題が顕在化する中で、労働効率の向上への対応が求められている。この中で、ICT技術を用いたスマートシティの構築を通してこれらの課題に対してマクロな解決策を打つこと...
閉じる 質問と回答をもっと見る
男性 21卒 | 早稲田大学 | 女性
Q. あなたが学生時代にした最大のチャレンジは何ですか。
A. A. 所属していた学園祭運営サークルで、祭の熱気を学外の人々へと発信することに尽力した。代表陣が打ち出した理念を、祭の顔とも言えるロゴ、看板を始めとする掲示物、SNSに掲載する画像を通して可視化するのが私達デザイン班の使命だった。600人規模のサークルのうち、大量の制作...
Q. あなたが大切にしている信念は何ですか。 それを培ってきた経験をふまえて教えてください。
A. A. 『課題を抱える相手の言葉に敏感になり、共に解決しようとする意識』を大切にしている。約2年半、駅構内にある雑貨店で接客アルバイトに尽力した。メインの客層は、20~50代の女性だ。当初はお客様からの要望に狼狽えるばかりだった私。「早くしてよ」と指摘を受けるのは日常茶飯...
Q. あなたは三菱地所でどのような仕事をし、何を成し遂げたいですか。そのように考える理由も併せて教えてください。
A. A. 私は、都市に住む人々の生活と心を豊かにしたい。なぜなら、東京に住む私にとって、丸の内や銀座周辺は日常生活の延長線上に位置する“第二の都市空間”だった。「その場所でしか出会えない人や芸術と触れ合う体験」からは多くの実りを得た。例えば、三菱一号館美術館で目にした諸外国...
閉じる 質問と回答をもっと見る
男性 21卒 | 筑波大学大学院 | 男性
Q. あなたが学生時代にした最大のチャレンジは何ですか。 300文字以上500文字以下
A. A. アルバイト先のカフェで、レビュー評価を星3から4に引き上げたことです。カフェ当時のレビューは星5つ中3つというあまり良くない結果でした。そこで、お客様にアンケートの協力をお願いし、約100名の人からのご意見として主に、 (1)メニュー提供に時間がかかっていること...
Q. あなたが大切にしている信念は何ですか。 それを培ってきた経験をふまえて教えてください。 300文字以上500文字以下
A. A. 【人に寄り添い、人の為に自分の最大限を尽くす事】です。私は100人規模の軽音楽サークルの部長を務めてきました。部長という事もあり、部員からサークル等の相談を受ける事が何度かありました。その時私は、部員が何を解決したいのかを相談を通して共に考え、解決策を提案するよう...
Q. あなたは三菱地所でどのような仕事をし、何を成し遂げたいですか。そのように考える理由も併せて教えてください。 300文字以上500文字以下
A. A. 【リアルな体験から新たなきっかけが生まれる街を創りたい】と考えています。それは大学生時代に経験した、アルバイト先のカフェでの弾き語りイベントの主催がきっかけでした。弾き語りイベントを通して、「音楽×カフェ」で多くのお客様に、カフェの空間の良さを知ってほしいという想...
閉じる 質問と回答をもっと見る
男性 21卒 | 東京大学大学院 | 女性
Q. あなたが学生時代にした最大のチャレンジは何ですか。 300文字以上500文字以下
A. A. 所属する〇〇部の新歓リーダーとして部員を巻き込んで新歓活動を改革したことだ。 大学3年の時、怪我で満足いくプレーができなく、プレー外でもチームの強化に貢献したいと考えた。例年の入部者は〇〇人の入学者のうち〇〇人前後と強いチームにするには人数不足であり、これがチー...
Q. あなたが大切にしている信念は何ですか。 それを培ってきた経験をふまえて教えてください。 300文字以上500文字以下
A. A. 自分に妥協しないことと、他人の意見をしっかり聞くことの両立だ。 私は幼い頃より自分に負けることが何より嫌いで、やると決めたことはやり抜いてきた。この負けず嫌いの原点は幼少期、ピアノの発表会で弾きたい曲を弾くために短期間で500回練習すると決め、必死で練習した時に...
Q. あなたは三菱地所でどのような仕事をし、何を成し遂げたいですか。そのように考える理由も併せて教えてください。 300文字以上500文字以下
A. A. 人々に時代に即した感動体験をもたらす次世代の街づくりを、貴社の誠実で温和な人々に囲まれながらリードしたい。 私は近年のコロナウイルスの流行で外出を控えるようになり初めて、当たり前のように生活していた街の利便性や外に出てしか得られない感動があることに気づき、街とい...
閉じる 質問と回答をもっと見る
男性 21卒 | 金沢大学大学院 | 男性
Q. あなたが学生時代にした最大のチャレンジは何ですか。(300文字以上500文字以下)
A. A. 不要な教科書の回収・再販売を通して途上国の教育を支援する学生団体に所属し、支援金の増額に挑戦しました。私はまだ活用できるはずの教科書が捨てられているのを見て、教科書の寄付を誘導する仕組みが必要だと考えました。そこでまず、友人や先輩に教科書を手放す時期や動機、寄付ま...
Q. あなたが大切にしている信念は何ですか。それを培ってきた経験をふまえて教えてください。(300文字以上500文字以下)
A. A. 「日々の積み重ねと相手を想う姿勢がやがて大きな成果を生む」という信念があります。この信念は、私が大学2年時に約○○名が所属するソフトボールサークルの主将を務め、メンバー間の勝ちに対する温度差を改善した経験に起因します。勝利よりも活動の楽しさを重視するメンバーがいる...
Q. あなたは三菱地所でどのような仕事をし、何を成し遂げたいですか。そのように考える理由も併せて教えてください。(300文字以上500文字以下)
A. A. 先端技術の推進とイノベーションを創出するビジネス拠点の開発を通して、「未来を見据えた新たな価値を生み出す」ことを成し遂げたいです。私は大学で携帯電話の位置情報データを活用した研究に取り組み、都市内の人口集積に関する規則性を新たに発見した経験から、先端技術と街づくり...
閉じる 質問と回答をもっと見る
男性 21卒 | 早稲田大学 | 女性
Q. あなたが大切にしている信念は何ですか。それを培ってきた経験をふまえて教えてください。 300文字以上500文字以下
A. A. 立場や価値観が異なる人でも巻き込み、チームで成果を出すという信念です。この信念は、高校時代の部活動で培われてきました。私は硬式テニス部に所属し、30名の部員を率いる部長を務めていました。しかし部長を任された当初は、試合に出る部員と出られない部員の間で、練習に対する...
Q. あなたは三菱地所でどのような仕事をし、何を成し遂げたいですか。そのように考える理由も併せて教えてください。300文字以上500文字以下
A. A. 2つあります。1つ目は、ディベロッパーとして開発事業に携わり、人々が交流する「空間作り」を世界規模で成し遂げたいです。サークル活動で留学生と日本人が交流するイベント企画を行なった経験から、将来はもっと大きなスケールで人々を繋ぐ空間を提供したいと考えました。ディベロ...
男性 21卒 | 慶應義塾大学 | 女性
Q. あなたが学生時代にした最大のチャレンジは何ですか。(500文字以内)
A. A. バスケットボールサークルの新入生歓迎活動時に、意欲が低い同期を巻き込み歓迎活動を成功させるという取り組みに尽力した。このサークルでは歓迎活動に積極的な同期が19人中5人しかおらず、係の人もサークルに参加しないといった問題が顕在化していた。私は役職についていた訳では...
Q. あなたが大切にしている信念は何ですか。それを培ってきた経験をふまえて教えてください。(500文字以内)
A. A. 大切にしている信念は「効率性だけを追求することで、本来の目的を見失ってはいけない」である。私は部活と勉強を両立するために、限られた時間の中で如何に効率良く行動し、高い成果を上げるかということを重視していた。たしかにこの能力は必要であるが、効率性ばかり意識していると...
Q. あなたは三菱地所でどのような仕事をし、何を成し遂げたいですか。そのように考える理由も併せて教えてください。(500文字以内)
A. A. 日本ビジネスの中心地としての発展を遂げ、日本の玄関口としての役割も担っている大丸有エリアの魅力を最大限に引き出し、世界に誇れる一大都市にしたい。なぜならば大丸有エリアには、ビジネスの中枢という側面と観光地や娯楽としての側面の二種類が存在し、両側面からのアプローチを...
閉じる 質問と回答をもっと見る
男性 21卒 | 関西学院大学 | 男性
Q. あなたが学生時代にした最大のチャレンジは何ですか。(300~500文字)
A. A. ウガンダの孤児院のためにクラウドファンディングを行ったことです。ゼミ研究を前に、途上国の教育を視察しようと考えウガンダを訪れました。その際、マラリアの流行地域であるにも関わらず、医薬品が枯渇していることを知り、プロジェクトを立ちあげました。しかし、「関心を持つ」層...
Q. あなたが大切にしている信念は何ですか。 それを培ってきた経験を踏まえて教えてください。(300~500文字)
A. A. 私の信念は「人生の価値は何かを得ることよりも残すことにある」です。このように考えるきっかけとなったのは、大学入学初期に受けた講義にあります。「世界の8割は途上国。残りの2割の中でも大学に通えているのはごくわずかと考えれば、君たちはエリート」だと言う話を聞きました。...
Q. あなたが三菱地所でどのような仕事をし、何を成し遂げたいですか。そのように考える理由も併せて教えてください。(300~500文字)
A. A. 私は将来、開発の進む地域において「人々の記憶に残る場所づくり」の一旦を担う業務を行いと考えています。上記の設問で示した通り、私の座右の銘は「人生の価値は何かを得ることよりも残すことにある」です。人々が生活する上で欠かせない衣食住のうち「住」は特に人々の記憶に残りや...
閉じる 質問と回答をもっと見る
男性 20卒 | 東京大学 | 女性
Q. あなたが学生時代にした最大のチャレンジは何ですか。
A. A.
【校舎全体の合格実績をリーダーの立場から改善!】小学生対象の個別指導塾でリーダーとして統括を行い、保護者面談制度導入に取り組んだことだ。私の勤める校舎は元々合格実績が芳しくなく、自分がリーダーとなった後も校舎全体で成績向上が見られず、自分の統括に問題があるのではないかと悩んだ。理由を分析したところ、指導員と保護者の間で生徒についての情報が十分に共有されていない点を原因として思い至った。そこで保護者との面談を、全指導員が行う制度として導入したいと考えた。しかし、面談によって業務量が増えるため反対意見もあった。ミーティングにおいて、面談によるメリットを粘り強く伝え、またどの程度の頻度であれば実現可能かについて詳細な調整を行った。また、面談時のマニュアルも作成し、不安の解消に努めた。結果、指導員全員に制度導入を受け入れてもらうことができた。制度は保護者、指導員双方から評判が良く、第一志望合格率は前年度の1.5倍になった。家庭と塾での指導方針を一貫させることができたこと、また保護者と直接会う機会を作ることで、指導員のモチベーションを上げることができたことが成功の要因だと考えている。 続きを読む
Q. あなたが大切にしている信念は何ですか。それを培ってきた経験をふまえて教えてください。
A. A.
私は「物事を考える際に、常に他人の視点をもつこと」を大切にしている。このように考えるようになったきっかけは、塾でのアルバイトを始めたばかりの頃に、良い指導ができず、保護者の方からお叱りを受けた経験だ。担当していた生徒の保護者の方から「子どものモチベーションが上がらないようなので、指導員を変えてほしい」という要望を受けた。私は自分の指導の欠点をつかむことができず悩んだ。そこで先輩に頼んで授業を見てもらい、フィードバックをいただいた。その結果、自分の指導は効率を重視しすぎていて、生徒目線に立てていなかったことに気づいた。指導の効率性も大切だが、その上で生徒が積極的に塾に行きたいと思える授業でなければ、生徒のモチベーションを高めることはできない。そこでただ機械的に指導するのでなく、大学で学んでいること等プライベートな話もすることで「私」という人間にも興味を持ってもらえるよう工夫して指導を行った。結果、評判が上昇し、校舎ナンバーワン講師になることができた。このような経験から、相手の目線で物事を考えることの大切さを学んだ。今後働くにおいても、お客様目線を大切にしている企業に勤めていきたい。 続きを読む
Q. あなたは三菱地所でどのような仕事をし、何を成し遂げたいですか。そのように考える理由も併せて教えてください
A. A.
「住む人、働く人だけでなく、たまたま立ち寄っただけの人を含め、関わる全ての人の幸せに寄与できる街」を作りたい。昨年自身の最寄り駅周辺が再開発され、それまでとは比較にならないほど活気溢れる街になった。母は駅に行く際にも「オシャレしていこう」と言うようになった。私が住む小さな町でさえそうなのだから、大きな街を開発することはどれほど多くの人の日常の幸せに寄与できるのだろうかと思った。街づくり事業は、人の幸せの根本を支え、それを目で見ることのできる、自分にとって理想的な事業である。また、多様な人にアプローチする必要がある開発事業において、塾講師の経験で培った 「様々な人の目線で物事をみることができる」強みを生かしていけるのではないかと考えている。 また、貴社が、今後日本の人口が減少していく中で先を見据えた海外事業展開を行っており、またそれを積極的に進めていこうという気風がある点に魅力を感じている。日本の街だけに限定されずに、海外のお客様を含めた多様なお客様へアプローチしていける貴社において、地域に限定されない本気の街づくりに携わり、その街に関わる人すべての人の幸せの根本を形作れたらと考えている。 続きを読む
閉じる 質問と回答をもっと見る
男性 20卒 | 大阪大学 | 男性
Q. ①あなたが学生時代にした最大のチャレンジは何ですか。(300~500字)
A. A.
私は、個別指導塾の曜日リーダーとして、退学者の大幅な削減に貢献しました。 私の勤める塾では退学者がとても多いことが従前から問題となっていました。 私には、どの生徒にも塾を辞めることなく成績の向上を目指してほしいという思いがあったので、生徒に対するアンケートから教室内の問題点を分析し、そこから(1)担当生徒以外にも声掛けを行うこと、(2)宿題の出し方を改めることの二点を教室全体の決まり事としました。 上記二点を推し進めるにあたり他の講師に意識してもらったことは、生徒とのコミュニケーションをしっかりと図ることです。(1)はもちろん、(2)についても、生徒に合った難易度・量の宿題を出すには、コミュニケーションを通して、生徒のことを知ることが大切であると考えました。 初めは、あまり協力的ではない講師もいましたが、協力的な講師にも手伝ってもらいつつ、アンケート結果などの客観的な資料を用いて説明するなどし、講師全員で上記二点に取り組むことができた結果、教室全体の退学者が前年度の約半数となりました。 この経験から私は、目的意識を持って周りを巻き込んでいく姿勢が、チームとしての結果につながることを学びました。 続きを読む
Q. ②あなたが大切にしている信念は何ですか。それを培ってきた経験を踏まえて教えて下さい。(300~500字)
A. A.
私が大切にしている信念は、「常に『誰かのために』という思いを持つ」ことです。こうした信念は、高校時代のサッカー部での経験を通して培われました。 私は小学生の頃よりヘディングが苦手で、そのせいで何度も得点の機会を逃したり、失点をしてしまったりしていました。それでも私は、恐怖心や痛みから、ヘディングの練習をすることを避け続けていました。 時を経て高校のサッカー部に入部し、顧問の先生に出会いました。先生は練習の際も試合の際も常々、「仲間のために走れ」とおっしゃっていました。しかしある時、この言葉は文字通り「走る」ことだけを意味するのではなく、広く「仲間のために努力する」ことをも意味するのであると気づきました。それからの私は、「仲間のため」と思うことで、時にはその仲間の手も借りながら、苦手だったヘディングの練習にも懸命に取り組むことができました。そして、高校生として迎える最後の試合においてヘディングシュートを決め、チームを勝利に導くことができました。 私のモチベーションの源泉である「貢献の実感」を常に抱き、辛く泥臭いことにも全力で取り組むことで、貴社においても最大限の結果を残したいと考えています。 続きを読む
Q. ③あなたは三菱地所でどのような仕事をし、何を成し遂げたいですか。そのように考える理由もあわせて教えて下さい。(300~500字)
A. A.
私は貴社において、大丸有エリアという日本経済の中心地を支え、日本の発展に寄与したいと考えています。 上記した通り私は、「貢献の実感」を自らのモチベーションとしており、大学時代においても、個別指導塾の曜日リーダーとして、生徒に貢献したいという気持ちを強く持ったことで、退学者数の減少という結果を得ることができました。また、法学研究会というサークルの○○として、サークルの発展を願う強い気持ちに後押しされる形で様々な施策を講じた結果、日頃の活動である勉強会の参加人数を増加させることができました。 このような経験で培われた、他者を巻き込み物事を進めていく力を武器にして、私のモチベーションである「貢献の実感」を強く持ち、日本の発展を支えるような再開発を行いたいと考えています。地権者の方や行政を巻き込み進めていく大規模な再開発を、これからの日本の経済の中心であり続けていく大丸有エリアで自ら行うことで、強い「貢献の実感」をもって仕事に取り組めるのではないかと考えています。 日本の経済を支える大丸有エリアでの開発に多数携わってこられた貴社においてでしかできない、私の考える最大限の「社会貢献」を行いたいです。 続きを読む
閉じる 質問と回答をもっと見る
男性 20卒 | 上智大学 | 男性
Q. あなたが学生時代にした最大のチャレンジは何ですか。(300文字以上500文字以下)
A. A.
「責任感を持ち、積極的な行動力でやり遂げる」ことが私の特徴だ。70人程が所属する体育会ワンダーフォーゲル部では主将として、登山活動における主体的な「準備」に力を入れた。理由は主に二つある。①登山は安全第一であり、常日頃の「準備」が安全性を保つためには最も大切だが、当部はこれまでそれを怠ってきたから、②一人一人の「自分の身は自分で守る」という主体性が安全に繋がるから、である。①には山行日程から逆算した体力トレーニングや技術講習の実施、➁には講習の少数精鋭化や目標とやるべきことを記入する「目標設定シート」の導入をそれぞれ行った。結果として、以前よりも主体的に活動するようになり、活動の安全性も向上させることができた。これは、講習の少数精鋭化や「目標設定シート」で、部員一人一人と本気で向き合うことができたためだと考える。また、山行日程から逆算して取り組んだことでトレーニングや講習の成果をより体感できたことも大きな要因だと考える。貴社に入社後も、その街や人により良い価値を提供するという責任感を持って積極的に行動し、大きな取り組みをやり遂げることで、貴社に貢献したい。 続きを読む
Q. あなたが大切にしている信念は何ですか。それを培ってきた経験をふまえて教えてください。(300文字以上500文字以下)
A. A.
私が大切にしている信念は「積極的な、前向きな、対話的な姿勢」だ。体育会ワンダーフォーゲル部での主将としての活動では、安全第一の登山において重要な常日頃の「準備」を怠ってきたという部の課題が浮き彫りになったことを「前向き」に捉えた。そして、やるならば「本気」で取り組み、根本的な解決に導きたいと考え、「自分の身は自分で守る」という主体性に着目して改善に取り組んだ。初めは、「準備」という「楽しくない」ことへの重視に対して納得してもらえない部員も多くいたが、一人一人と「対話」を重ね向き合い続ける中で、「楽しくない」準備が至上の「楽しみ」を生む、という私自身の考えも伝え続け、互いが本気でぶつかり合ったことで、互いに納得した状態で取り組みを行うことができた。このように、「積極的な、前向きな、対話的な姿勢」を意識して取り組みを行った結果、一人一人と向き合いながらも自分の意志を貫き、周囲を巻き込んで課題解決をやり抜くことができた。貴社に入社後もこの信念を大切にし、直面する課題を前向きに捉え、積極的にチャレンジし、街や人と向き合うことで貴社に貢献したいと考える。 続きを読む
Q. あなたは三菱地所でどのような仕事をし、何を成し遂げたいですか。そのように考える理由も併せて教えてください。(300文字以上500文字以下)
A. A.
私は将来、多様な人の生活の中心となり、唯一無二の「ないと困る」空間を創造する仕事がしたい。体育会ワンダーフォーゲル部での主将の経験からこの考えに至った。部の課題に自ら向き合い改善していく中で確立した仕組みが、今や部に欠かせなくなったことから、社会人としてそのような仕事がしたいと考えた。また、地元地域で再開発が進み、その場が地域にとって「ないと困る」空間となる等の変化から街づくりの影響力を実感し、その中で事業を主導できる総合デベロッパーに興味を持った。その中で貴社を志望する理由は主に二つある。①「まちづくりを通じた社会への貢献」を基本使命に、生活基盤である街や空間を長期的な視点で捉え、それぞれの街や空間で求められる本質的な価値を創造し続けるチャレンジ精神があるから、②そのようなチャレンジ精神を大切にしたまちづくりを行っているからこそ、本当にその街や人にとって唯一無二の「ないと困る」空間を創造するという私の将来の夢に繋がると考えるから、である。入社後は、私の信念である「積極的な、前向きな、対話的な姿勢」を活かして、多様なニーズに柔軟に対応しながら事業を前進させることで貴社に貢献したい。 続きを読む
閉じる 質問と回答をもっと見る
男性 19卒 | 東京大学 | 女性
Q. あなたが学生時代にした最大のチャレンジは何ですか。
A. A.
運動未経験にも関わらず、体育会系ラクロス部に入部したことです。中高時代はオーケストラでクラリネットをやっており、運動とは無関係だったのですが、大学では何か新しいことを真剣にやってみたい、運動部という厳しい環境で自分を成長させたいという想いで入部し、キーパーの役目であるゴーリーというポジションにつきました。運動部経験者が多い中での活動は想像以上に厳しく、2年生の頃まではなかなか公式戦に出ることができずに悔しい思いもたくさんしましたが、部活がない日でも自主練や筋トレをやったり、自分の弱みを克服するために独自にトレーニングを調べてやったりと、周りの人以上に努力を重ね、3年生の頃からはAチームに上がって公式戦に絡むことができるようになりました。最高学年になった今では、ゴーリー全体を率いてチームのディフェンスを創る存在として活躍していると自負しております。この経験から、体力や根性はもちろんのこと、自分に足りていないことを徹底的に考えて課題を解決する力、逆境においても常に前を向いて上を目指す精神力、厳しいことも言ってくれて互いに高めあえる大切な仲間を得ることができたと思っています。 続きを読む
Q. あなたが大切にしている信念は何ですか。
A. A.
「自分で決めたことはやり通して結果を出す」ことです。 このことは4つの経験に基づいています。1つ目は中学受験です。私は小学校5年生の後半に中高一貫の女子校に進学することを自分で決めました。最初は、他の受験生に比べ大きく出遅れたため苦労しましたが、地道な努力により得意科目では全国100番以内に入り無事第一志望に合格できました。2つ目は中学1年生から始めたオーケストラ部のクラリネットです。高校2年生でパートリーダーとなり、自分の演奏技術向上のみならず、後輩の指導に取り組みました。結果としてパート全体の技術を向上させることができ、最後の演奏会を成功させ引退しました。3つ目は大学受験です。2年生の終わりに東大受験を決め、あまり成績が芳しくなかったため周囲から驚かれ、反対もされましたが、一年間の全力の受験勉強で無事合格することができました。そして最後の経験は、大学でのラクロス部での経験です。前項でも書きましたが、運動部に入るからには試合で活躍したいと考えて努力した結果、現在ではスタメンとして活躍しています。社会に出てもこの信念を大切にし、すべての仕事に責任を持ってやり通し、結果を出したいと思っています。 続きを読む
Q. あなたは三菱地所でどのような仕事をし、何を成し遂げたいですか。そのように考える理由も併せて教えてください。
A. A.
私は、次の百年を見据え、世の中の変化に対応するビジネス街を創り上げたいと思っています。貴社の大きな強みは、他社に先駆けて国際性と情報集約能力を持ち合わせた丸の内エリアという魅力的なビジネス街を創り上げたことだと思います。しかし、他社のビジネス街も追随し、かつ世の中の変化のスピードが速くなっている今、さらなる進化が求められています。例えば、今は少子高齢化が深刻な社会問題となっているため、オフィスと保育施設が融合した、より女性が働きやすい街づくりなどのニーズが大きくなっていると思います。このように、常に時代を先取って変化し続け、新たなビジネスモデルや働き方のニーズにも対応できるようなビジネス街を持続的に創り上げていきたいと考えています。街づくりは、目的に一貫性があるという意味において、先述の「自分が決めたことはやり通す」という自分の強みを最大限に発揮できると考えていますし、多くの関係者と関わる必要がある仕事においては、中高時代のオーケストラと大学時代のチームスポーツで培った周りと関わり巻き込む力が活かせると思っています。 続きを読む
閉じる 質問と回答をもっと見る
男性 19卒 | 上智大学 | 女性
Q. あなたが学生時代にした最大のチャレンジは何ですか。 300文字以上500文字以下
A. A.
私の最大のチャレンジは納涼盆踊り大会の責任者として、企画不成立の危機を乗り越え、仲間と協力しながら大成功に導いたことです。準備を始めた当初は学生メンバーの仲間50人の間に温度差があり、準備を進めるのは困難でした。私は「大会を笑顔でいっぱいにする」という共通の目的意識を浸透させ、仲間を鼓舞することで主体的行動を促すことが重要と考えました。そこで、協賛活動、広報、企画運営など各部門を設け、それらを統率することにしました。なにかあれば仕事は私が全てバックアップするという覚悟で、1、各幹部の能力を見立てて仕事を任せ、フィードバックを即時に行うこと、2、仕事を円滑に進められるよう、ツールやその使用環境を整えること、3、個々人の都合や想いを汲み取り、各々への動機づけを欠かさず行うことに注力しました。結果、仲間の団結が強まり、昨年の約500人増である3000人の笑顔が溢れる大会にすることが出来ました。この経験を通し、目的を据えて論理と熱意の両面から人を巻き込み、困難に立ち向かっていくことの大切さを学びました。 続きを読む
Q. あなたが大切にしている信念は何ですか。 それを培ってきた経験をふまえて教えてください。 300文字以上500文字以下
A. A.
私が大切にしている信念は「自分の能力を高め、その力をひとのために使う」ということです。この信念は9年間カトリックの教えを受けてきた中で形成されました。カトリックの学校で過ごした中で、他者との関わりを考える場面がたくさんありました。文化祭の案内委員長として迎えた文化祭では来校者の方々と接する中で「ありがとう」や「楽しかった」という声をたくさん聞きました。そのような言葉は私にとってかけがえのないもので楽しいという気持ちを他者と共有できた喜びを感じました。また、聖母月行事でお招きした佐藤剛史氏の「食」についての講演では、他者と共に食べることは同じ立場で考えることや思いやる気持ち、信頼関係を築くことが出来る時間だと学びました。このような体験から、自分自身の一方的な気持ちを押し付けるのではなく、他者の立場や思いを理解することが必要だと感じました。そして、他者のために自分の能力を高め、その力をひとのために使っていきたいと強く感じました。仕事においても、会社から“与えられる”だけではなく、“自分が与える”という気持ちを持ち続け立派な社会人になりたいです。 続きを読む
Q. あなたは三菱地所でどのような仕事をし、何を成し遂げたいですか。そのように考える理由も併せて教えてください。 300文字以上500文字以下
A. A.
私は大丸有エリアの開発に携わり、訪れる人、働く人など幅広い世代が交流できる場所をつくり出したいです。私は仕事としてまちづくりに関わり、人と人が出会い新たな知識を深めあうことを当たり前の環境にしていきたいです。貴社では、大丸有エリアを東京の中心として、以前から一貫して新しい価値や魅力や賑わいについて考えており、地権者や行政とガイドラインを定め、多様な関係者と協力してまちづくりを進めている点に魅力を感じます。私もこうした仕事に携わり、30年後も大丸有エリアが東京の中心であり続けられるような都市にしていきたいです。しかし、これからの東京を考えていくと、在宅ワークなど働き方が多様化し、人と人が触れ合う機会が減っていくと考えます。そこでこれまでのビジネス街に+αとして幅広い世代が学び合う施設を作りたいと思います。これまで培ってきた知識を次の世代へと受け継ぐために、人と人が直接あって意見を交換できる場所を産み出していきます。そして、多世代が共に生きる未来の社会のニーズに応える街づくりができると考えている。 続きを読む
閉じる 質問と回答をもっと見る
男性 19卒 | お茶の水女子大学 | 女性
Q. 最大のチャレンジ
A. A.
サークルで入部人数を前年比4倍に増やすという目標を立て、達成に向けチーム運営に尽力したこと。新歓活動に向けて、今後の活動の拡大に向けた必要人数を割り出し、20人という目標をチームで設定した。実際の活動では広報に目をつけ、SNSの運用活発化とビラ業務の外部委託によってイメージ向上を図り、認知度・好感度を上げて新入部員を増やすというプランを描いた。しかし労力・コストの増加に対する懸念から、このプランについて意見が分かれてしまった。リーダーとして計画を主導する立場にあった私は、ミーティングという全体の場の外で、部員に対して一対一でヒアリングを行った。反対派の部員の共通項がチャレンジへの恐怖にあると感じた私は、懸念を払拭する根拠やメリットを伝え、納得がいくまで対話を重ね、合意形成へと導いた。また、賛成派部員から様々なアイディアが飛び出すことに着目し、プラン実行中は日々反省の時間を作り、そこで出たアイディアを積極的に取り入れて主体性を引き出した。全員がビジョンを共有し、主体的に考えチャレンジできる環境を作ったことでチームの力を100%発揮し、最終的に入部数22人を達成することができた。 続きを読む
Q. 大切にしている信念
A. A.
私が大切にしている信念は、「想いを基準に行動すること」である。これまでの人生の中で、「自分がどうなりたいのか、どうしたいのか」という想いを明確にすることで、個人として目標達成意識を強く持ち、結果に繋げてきた。大学ではフランス語の勉強で「学年トップ」という目標を掲げ、そこから短期的な目標を定め、授業後に教科書をノートにまとめ直したり、単語帳を1日1ページずつ必ず覚えたり、といった学習を行った。しかし、「学年トップ」という目標達成のためにはさらに他学生よりも積極的な学習が必要であると感じ、日々担当教授の元へ質問に行き、疑問点の解消と体系的な知識の構築を目指した。また、フランスからの留学生とランチをするなど、コミュニケーションも積極的に行った。その結果、成績がトップとなり表彰を受けた。また、サークルなどでチームをまとめた経験から、自分だけでなく周囲の想いに働きかけることで、人を動かし、チームとして最大の効果を生み出すことができると学んだ。今後仕事をする中でも、個人としてもチームとしても、「想い」という単位を基準として物事を見つめることを常に心がけ、目標達成への推進力としていきたい。 続きを読む
Q. 成し遂げたいこと
A. A.
想いを形にし、あらゆる豊かさを提供できる街を作り上げたい。幼い頃近所で再開発が行われ、街ががらりと表情を変えて往来の活発な明るい場所へと変わったことが強く印象に残っており、以来街づくりの仕事に関心を持っている。街をつくることは生活基盤を形作ることであり、人の流れを生み出し、企業活動を生み出し、消費を生み出すことに繋がる。産業を超えた経済の流れが生まれることで、街全体が活気付き社会を豊かにすることができると考える。人々のニーズを汲み取り、あるべき未来を見据えて、働・住・遊といったあらゆるコンポーネントを複合させることで、先進的で活気ある豊かな街を築きたい。 そのために、生活活動のほぼ全体に関わることができるエリア開発に携わりたいと思っている。「人を想い」エリア開発をすすめてきたノウハウを持つ貴社でなら、街全体を俯瞰しつつ、生活・労働・遊びなど、幅広い側面からアプローチできると考える。そして一つの街に多様な表情を持たせられることが、エリア開発の強みであり醍醐味であると私は感じる。街の未来を的確に捉え、関係者をまとめ、プロジェクトを推進するために、自身の「想いを汲み取る力」を最大限発揮したい。 続きを読む
閉じる 質問と回答をもっと見る
男性 19卒 | 早稲田大学 | 女性
Q. あなたが学生時代にした最大のチャレンジは何ですか。300文字以上500文字以下
A. A.
渋谷民100人未来共創コンテストのチームリーダーを務め、官学民を巻き込みアイデアの実現に挑戦した。本企画は、学生・社会人混合の各チームが世界を驚かせるアイデアを競い、優勝案は区の政策として実現される。当チームは、「渋谷の多様性で観光客を驚かせたい」という思いから、多様性に着眼したインフラ整備を発案した。しかし、予選会は通過チーム最下位と悔しい結果であった。そこで1位チームにアドバイスを求めたところ具体性の弱さを指摘された。私は、具体性を高め絶対に優勝すべく3つ提案をし、主体的に挑戦した。1.多様性の認知度を把握するため、国内外の観光客30名ずつに街頭インタビューを行いリアルな声を聞いた。2.実現するためには専門技術が必要なため、民間企業を訪問し協賛企業を獲得した。3.具体化したアイデアの反応を伺うため、プレイベントを実施した。結果、多様性の周知度と潜在的なニーズを知ることができ、さらに予算まで考慮した具体的な案となった。この成果が認められ、決勝大会では1位に選ばれた。この経験から「今まで関わりのなかった人にも積極的に接触すること」と「他者から学び、自ら挑戦すること」の大切さ実感した。 続きを読む
Q. あなたが大切にしている信念は何ですか。 それを培ってきた経験をふまえて教えてください。300文字以上500文字以下
A. A.
「立場の異なる人々を巻き込み」「自分の思いを持って主体的に挑戦を続ける」ことである。これは200人のテニスサークルの主将として「創設史上初の学内団体戦優勝」に挑戦した際に培われた。前回までも同目標を掲げていたが、4連続2位と悔しい思いをしていた。私はこの原因が結束意識の低さにあると考え、「絶対に初優勝してサークルに恩返しをする」という思いのもと結束力の強化に取り組んだ。まず、チームの意識統一には、まず自分が1人ひとりと向き合う必要があると考え、毎練習後に30人のメンバー全員と連絡を取り意見を引き出した。また、結束力の重要さをメンバーに感じさせるため、関東1位の実績と高い結束力を持つ強豪チームに練習試合を取り付けた。さらなる結束力の強化にはサークル全体を巻き込む必要があると考え、応援者からメッセージを募り団旗を作成した。結果、団体戦当日は平日にも関わらず100人以上の応援者が会場に駆けつけ、サークル全体がかつてない結束力を発揮し、初優勝を果たした。この経験を通じて、「立場の異なる人々を巻き込み」「自分の思いを持って主体的に挑戦を続ける」ことの重要さを学び、信念として大切にしている。 続きを読む
Q. あなたは三菱地所でどのような仕事をし、何を成し遂げたいですか。そのように考える理由も併せて教えてください。 300文字以上500文字以下
A. A.
土地の魅力を最大限引き出すエリア開発を行い、その土地に住む人・働く人・訪れる人あらゆる立場の人々を笑顔にしたい。街づくりプロジェクトや趣味のひとり旅を通じて、土地の特色を活かした開発が行われている街に魅力を感じ、将来はそのような街を自ら参画し、多くの人と関わりながら創りあげたいと考えている。貴社は丸の内エリア、泉パークタウンと全く魅力が異なる街をインフラ・景観とともにつくりあげており、私自身、丸の内に降り立った際には気分が晴れやかに、そして自然と笑顔になることができる。私は、これほど街の特色や魅力を引き出し、エリア一帯での開発をできるのは貴社しかないと考えている。また、スローガンである「人を、想う力」のもと、社員をも大切にするDNAに深く共感している。自身の経験から、関係者1人ひとりを尊重することが良い結果を生むことを学び、街づくりにおいても大切だと考えるからだ。サークルの主将や街づくりプロジェクトでのリーダーを通じて培った、目標達成に向け「それまで関わりのなかった人まで巻き込む執念」と「他者から学び、自ら挑戦する姿勢」を働く上でも決して忘れず、貴社の一員として多くの人々に笑顔を届けたい。 続きを読む
閉じる 質問と回答をもっと見る
男性 18卒 | 法政大学 | 男性
Q. あなたが学生時代にした最大のチャレンジは何ですか。 300文字以上500文字以下
A. A.
【日本文化を紹介する国際交流イベントの開催】 私は留学中に日本へ嫌悪感を持つ中国人や台湾人に出会い、日本人という理由だけで口を聞いてもらえませんでした。その悔しさから、私は彼らに本当の日本を知って欲しいと思い、国際交流イベントを学生20人と開催しました。まず、彼らが嫌悪感を抱いている原因はマスコミの影響だと相手の立場になって考え、実際の日本を知ってもらうことを目標に掲げました。そこで、海外の接客を通じ日本は世界一礼儀正しい国だと実感したことから、日本独自の「おもてなし」の文化を発信しました。加えて、アイスブレイクとしてストッキング相撲や梅干しの試食を行い、五感全てで日本を感じてもらい、また参加者同士が国籍を超えた交流が出来るように工夫しました。時にはメンバーとイベントに対する価値観の違いで衝突しましたが、私は本当の日本を知って欲しいという一心で、誰よりも一所懸命働き、また互いの方向を一致させ共通の価値観を創出しました。イベント当日、200人の来場者と拍手でイベントを終わらせ、彼らに「あなた達のおかげで日本を好きになった」と言ってもらえた瞬間、私は大きな感動を得ることができました。 続きを読む
Q. あなたが大切にしている信念は何ですか。 それを培ってきた経験をふまえて教えてください。 300文字以上500文字以下
A. A.
私が大切にしている信念は「継続は力なり」です。原点は「父が継続的に努力することの大切さを耳にたこが出来るほど説いてきたこと」、「毎日100回の素振りを行い、少年野球でレギュラーを獲得できたこと」の2点です。 私はこの信念を胸に、TOEICを430点から920点まで向上させました。私は得意な英語を更に学ぶために国際文化学部に入学しましたが、入学時に初めて受験したTOEICは430点でした。加えて、ネイティブの先生が担当する英語の授業では、留学経験者が大半を占めるクラスメートが先生と流暢に会話をする一方で、私は授業についていくことが出来ず挫折を経験しました。その悔しさから、私は卒業するまでに流暢にコミュニケーションを取れると評価されるTOEIC900点を取得することを目標に掲げました。まず、要する時間を逆算し、毎日最低2時間勉強すると決めました。移動時間に必ずシャドーイングをする、シャワー中は英語で独り言を言い続ける等、学習を習慣へ落とし込み、どんなに忙しい日でも最低2時間勉強できる環境創りに注力しました。3年間の継続的な努力の結果、当初430点だったTOEICの点数は920点に達しました。 続きを読む
Q. なたは三菱地所でどのような仕事をし、何を成し遂げたいですか。そのように考える理由も併せて教えてください。300文字以上500文字以下
A. A.
私は海外事業に携わり、「日本の技術力を活かし、強い日本を世界に発信する」という夢を成し遂げたいです。私は2度の米国留学を通じ、自身が日本を好きだと実感し、また日本の技術力は海外の一部で評価される一方で、実際には市民権を未だに得られていないと痛感しました。そこで、留学中に出逢った東南アジア出身の友人たちが彼らの生活をより豊かにした日本のデベロッパーに感謝し、更なる貢献を期待していたことから冒頭の夢を抱きました。具体的には貴社が培ってきた地場を活かし、東南アジア諸国でその国のランドマークとなるような街を開発したいです。私はスーパーマーケットのアルバイトや国際交流イベントでは遭遇した課題に対し、チーム一丸となって解決策を模索・提案し、課題を解決してきました。それら経験で発揮された「創意工夫力」や「巻き込み力」を貴社でも発揮し、私は「生物」と表現される現場で遭遇する様々な課題に対し、関係者の方々の人間性や現場の状況を考慮した提案を行う等、最良の解決策を見出し、チーム一丸となり解決していきたいです。結果、新興国の更なる発展ひいては貴社の「海外売上比率を2割にする」という目標に寄与したいです。 続きを読む
閉じる 質問と回答をもっと見る
男性 18卒 | 慶應義塾大学 | 男性
Q. あなたが学生時代にした最大のチャレンジは何ですか。 300文字以上500文字以下
A. A.
私が学生時代の最大の挑戦は、体育会で、日本一に貢献することでした。部員は150人を優に超える中、レギュラー獲得への道のりは、当然、険しいものとなります。そうした状況で4年間、死にもの狂いで努力し続けました。そうして、選手としての貢献を目指していましたが、最後の大会まで、メンバー入りはなりませんでした。しかし、なんとしても日本一達成に携わりたい想いが強く、プレー以外での貢献を様々に模索した結果、1軍のオフェンスリーダーに、スカウティング資料を作らせてくれ、と懇願することにしました。相手の試合を何十回も見返し、弱点を50枚以上のワードにまとめ、彼に売り込みました。さほど期待していなかった彼は驚いて、「凄いなこれ!絶対に使える!」と言ってくれ、1軍の資料に採用してくれました。そして、以降の相手についても作成を依頼され、彼にも協力を仰ぎ、最終戦まで精力的に取り組みました。結局、チームは大学日本一に輝きました。当初思い描いた形とは違いましたが、最後まで情熱を絶やさなかったことで、チームの日本一達成という目標に貢献できたと自負しています。 続きを読む
Q. あなたが大切にしている信念は何ですか。 それを培ってきた経験をふまえて教えてください。 300文字以上500文字以下
A. A.
私が大切にしている信念は、努力し成長する過程を楽しむということです。今まで、大学受験での1年間にわたる浪人生活や、プレーがなかなか上手く行かない中でも、毎日のように始発で練習に向かっていた体育会での4年間の生活など、様々に苦しい経験がありました。しかし、そうした辛い日々の中でも、どこかで必ず地道に積み重ねてきた努力が、ある時パッと目に見える形となり、「成長してる!」と実感できる瞬間があり、その時の形容しがたい喜びを思い出す度に、また頑張ろうと自らを奮い立たすことができました。たしかに、どの取り組みにおいても結果が出たわけではありませんでした。しかし、そのプロセスにおいては、自分は着実に成長出来たと実感できることは多くあり、そうした考えで様々な困難を乗り越えてきたこともあり、上で述べたような取り組み方は間違っていなかったと自負しています。 続きを読む
Q. あなたは三菱地所でどのような仕事をし、何を成し遂げたいですか。そのように考える理由も併せて教えてください。 300文字以上500文字以下
A. A.
私は貴社で、「オンとオフの切り替えが出来る街作り」に取り組みたいと考えます。 体育会所属時、年中脇目もふらず練習に取り組むも結果が出なかったことから、時には、競技から離れるなどメリハリが重要であると感じたことからそう考えました。貴社が基盤する丸の内エリアは、高層ビルがレトロな雰囲気の東京駅と相まって、夜景などが美しい一方で、どこか「無機質さ」が漂う空間であると感じました。それは、「人の生き生きさ」が薄いことが原因だと思いました。会社員が毎日仕事に追われる日常では、そうした無機質な空間になってしまうのも致し方ないと思います。そこで、貴社の「丸内WALK」のようにハード面から環境を変え、半ば強制的に人々が息を抜ける場を提供することで、少しでも、人々が「素の姿」でリラックスしていられる空間ができるのではないかと考えます。そうしてしっかりとメリハリをつけて仕事することで、思いがけず新しいアイデアが想起されるなど、業務にも好影響を与えられると考えます。こうした考えのもと、私は、ある種「無機質」なオフィス空間の中に、「人っぽさ」を組み込むことで、メリハリのあるワークスタイルを提供したいと考えます。 続きを読む
閉じる 質問と回答をもっと見る
男性 18卒 | 立命館大学 | 男性
Q. あなたが学生時代にした最大のチャレンジは何ですか。300文字以上500文字以下
A. A.
私の最大のチャレンジは、大学2年生の頃、◯◯◯のプログラムで、1年間で「東京オリンピックを契機としたビジネスモデル」を創ったことだ。 プログラムの最後にあるのは、シリコンバレー行きの切符をかけたビジネスコンテスト。10人のメンバーのチームの中で私は最年少ではあったが、リーダーを立候補した。「なんとしてでもシリコンバレーに行く」、と目標を設定した。全員が年上で、知識の差があるというプレッシャーの中、それに負けず自ら進んで意見を述べ、かつリーダーとしてそれを先輩の意見とうまく組み合わせながら考えたアイデアは、メンターの方々から「絶対うまくいかない」と言われ続けた。 しかし、そんな批判は逆に闘志に火をつけた。よりそのプログラムに時間を費やし、諦めずに磨き上げた結果、ビジネスコンテストで10チーム中優勝し、目標通りそれをシリコンバレーでブラッシュアップする機会をもらい、現地の大手企業の方々の前でプレゼンをして周った。この経験から、周囲の人を巻き込み、一つのレールの上に乗せることでチームの最大限の結果を出せることができると共に、目標を設定し、がむしゃらにそれに向かって取り組むことができる者こそが、真の価値を手にすることができることを学んだ。 続きを読む
Q. あなたが大切にしている信念は何ですか。それを培ってきた経験をふまえて教えてください。300文字以上500文字以下
A. A.
私が大切にしている信念は、「人のために自ら率先して行動する」である。私は◯◯◯への留学中、現地学生と日本人留学生とのバスケットボールコミュニティを0から立ち上げた。私自身バスケットボールが大好きで、毎日学校のジムに通っていた。そこで、現地の学生が人数不足のため、思うようにゲームができない状況を見た。 また、日本人留学生が現地学生との交流機会を探しているという事実も知っていた。そこで私は、二つのニーズを満たし、双方に利益があると考え、バスケットボールを通した交流団体を形成した。人を集めることに苦労をしたものの、「みんなのためになりたい」という強い気持ちのもと、諦めずに声をかけ続けた。 結果、そのコミュニティーは60人規模まで成長し、参加学生の交流会と、学校のジムに協力を依頼し、バスケットボール大会を開くことができた。「ありがとう」や、「おかげで楽しい生活を送っているよ」という声を聞くたび、誰かに貢献しているという気持ちがこみ上げ、やりがいを感じた。この経験は、私の性格を踏まえた、私の人生における信念を発見する機会となった。 続きを読む
Q. あなたは三菱地所でどのような仕事をし、何を成し遂げたいですか。そのように考える理由も併せて教えてください。300文字以上500文字以下
A. A.
私は貴社で、生活空間に変革を起こすことで、より良い暮らしと社会を提供したい。私が◯◯◯の留学生活で成し遂げたバスケットボールコミュニティ団体の形成は、自分の人生において「人の生活に良い影響を与える」という自分の生きがいを発見する機会となった。 また、ディベロッパーとして多くの人を巻き込み、事業を完成まで導く貴社のビジネスは、私が◯◯◯のプログラムで身につけた「周囲の人を巻き込み、0から1を創る力」を発揮することができる環境にあると考える。私のこの性格を活かせる仕事ということと、やりがいを感じる瞬間の両方を考えた際、貴社がされているビジネスが私の一番求める環境であると考えた。デベロッパーの中でも貴社は説明会の中で、「人を、想う力。街を、想う力」というスローガンのもと、人と街を密接に繋げ、人と街と共に成長していくんだという想いを強く感じた。 私はそんな貴社で、そのスローガンを背負いながら私の性格を活かし、建物を通じて社会と人々をより豊かにし、生活に変革をもたらしたい。そんな私の夢と貴社のビジネスが一致しているため、貴社を強く志望する。 続きを読む
閉じる 質問と回答をもっと見る
男性 18卒 | 名古屋大学大学院 | 男性
Q. あなたが学生時代にした最大のチャレンジは何ですか。 300文字以上500文字以下
A. A.
私が学生時代に行った最大のチャレンジは、100人のバスケットボールサークルの代表を務め参加率向上に取り組んだことです。例年参加率が低下していたので原因を探るため、仲間との話し合いを行いました。話し合いでは意見の対立も起きましたが、私が議論を先導し、まずは根本的な問題を考えました。その結果「互いの関りが希薄である」ことが問題であるとわかり、馴染みやすい環境づくりを行いました。具体的には、定期的にイベントや親睦会を開催し交流を深め、活動中に孤立している人には話しかけることを心掛けました。その際に、運営体制も見直していきました。これまでは、仲間に責任持って運営に取り組んでもらうことが困難でした。原因は、「誰かがやるから大丈夫」と思ってしまうことだと考え、役割分担を新たに行いました。仲間の強みを活かし、企画、経理、広報といった役割を明確にすることで、それぞれが責任を持って運営に取り組み、「皆でサークルをつくる体制」を築きました。このように、私が代表として活動内容、運営体制の見直しを先導し、チーム一丸となって取り組むことで参加率を50%から90%へと向上させることに成功しました。 続きを読む
Q. あなたが大切にしている信念は何ですか。 それを培ってきた経験をふまえて教えてください。 300文字以上500文字以下
A. A.
私の信念は「努力を惜しまないこと」です。全力で勉強に取り組み、這い上がった経験から、このことを信念として持つようになりました。私は大学時代、あまり成績が良くないことから、希望の研究室に入ることができず、とても悔しい思いをしました。このことから、勉学において、周りに負けない成果を残すことを決心しました。まずは、グローバル化する中、英語力が必須であると感じた私は、「TOEICスコア倍増」を目標に掲げ尽力しました。一年間、単語と模試の反復練習をやり通すことで、スコアを360から795に上げることに成功しました。今では留学生のサポート役を担い、会話力を養う努力を続けています。専門の勉強では、「大学院上位合格」を目標に掲げ尽力しました。一年からの総復習を行い、過去問を50回解くことで、一位を取ることに成功し、昨年度は専門の試験の中でも難関な、「国家公務員総合職試験」を合格することができました。この経験から、どんなに困難なことに思えても、努力を惜しまずやり抜くことが大切だと学びました。これからも「努力を惜しまない」信念を持ち、何事にも誠実に取り組んでいきたいです。 続きを読む
Q. あなたは三菱地所でどのような仕事をし、何を成し遂げたいですか。そのように考える理由も併せて教えてください。 300文字以上500文字以下
A. A.
私の夢は「街づくりを通して日本を支えること」です。私は幼いころから、地元での再開発を体感し、街づくりの与える影響の大きさに魅力を感じました。この経験から、将来主体的に街づくりに携わりたいと考え都市計画を専攻し、デベロッパー業界を志望しております。そして、貴社に入社して具体的に成し遂げたいことは、国際都市東京を実現することです。日本では人口減少が進み、今後世界で生き残るためには国外に市場を切り開き、いかに外貨を取り入れるかが鍵となります。そのためにも、東京を国際ビジネス拠点へと発展させ、日本と世界を繋ぎたいです。まずは、外国の方が働きやすいよう、国際会議場、医療施設を整えることで、海外企業を誘致する複合開発を行いたいです。そして、国内企業と交流できる場を提供し、国内外の企業間交流を深め相乗効果を生み、かつ海外へ市場を拡げられるきっかけの場を提供したいです。貴社には、古くからの実績と信頼があります。そして、現在は積極的に海外企業の誘致を行い、東京を国際競争力ある街へ発展させる取り組みを始めています。そんな貴社に入社し、国際都市東京を実現することで、日本の成長を牽引していきたいです。 続きを読む
閉じる 質問と回答をもっと見る
男性 17卒 | 早稲田大学大学院 | 男性
Q. 志望理由400字以下
A. A.
私はものづくりを通じて世の中にインパクトを与え、より多くの人に影響を与えたい。専攻分野である土木が生み出す構造物は人々の生活を変えることは難しいが、ディベロッパーが生み出す不動産は生活になくてはならないものである。不動産を創り出すことで人の流れを大きく変えたい。貴社は丸の内を中心にエリアマネジメントに注力している点は馬の管理に通じる。いかに長く第一線で活躍できるか、日々の馬に対する維持管理に気を使っている。毎日馬の状態を把握し、その日の飼料やトレーニングを決める。うまく競技馬を管理し、人間で言う70歳になるまで現役として活躍させた経験から、創った後の不動産周辺の街の価値をどう高めていくのかという貴社の考え方に共感した。また、ニーズが多様化するためにその地域に合わせたまちづくりができるのは貴社であると思う。新たな賑わいを生み出し、より多くの人に影響を与えることができるのは貴社だと感じ志望する。 続きを読む
Q. あなたが学生時代にした最大のチャレンジは何ですか。500字以内
A. A.
体育会馬術部の主将になった際、「メンバーの経験値の違いによる技量とそれに伴う参加意識の差」という課題に直面していた。最初の団体戦となる東京六大学大会で毎年2位であったため35年ぶりの優勝という目標を掲げた。同大会は個人力の合算による結果であり、勝つにはチームを一体化すること普段以上の力を出せると考えた。解決策として、①個人ミーティングを開き、各部員に合わせた練習プランの実践②定例化していた試合計画を見直し各人馬に合った出場計画の実行③目標とされる部員になるべく、私自身部活に真摯に取り組んだ。個人ミーティングで後輩と話す際相手が萎縮しないよう、普段から積極的に話しかけ気軽に話せる関係性を作ることに注力した。馬術の練習というのは、1日40分程と限られた時間をいかに密な時間にするかが重要になる。以上の取り組みで練習意欲を掻き立て、練習の質が向上した。大学からの馬術未経験者の技術が向上し、チーム内に良きライバル関係を作った。互いに切磋琢磨できたことで、目標としていた六大学大会で団体優勝。自らが効果的な対策を立案し実行したことで、これから働く上でも統率力や課題解決力という点で自分の経験を活かしたい。 続きを読む
Q. あなたが大切にしている信念は何ですか。それを培ってきた経験をふまえて教えてください。500字以内
A. A.
私は努力の継続性を大切にしている。ベートーベンの「努力した者が成功するとは限らない。しかし、成功する者は皆努力している」という言葉が好きだ。私は15年間馬術をやってきてそう確信している。馬術は年齢・性別関係ないスポーツで、小2から始めた私は小6のとき馬術が盛んでなかったこともあり、県大会を総なめするようになった。しかし、その地位に満足せずよりレベルの高いところを目指した。そこには新潟という地域としての問題が2つあった。第一に雪による練習時間の削減には、本番さながらの緊張感とイメージを持って練習することで、試合でいつでも100%の力が出せるよう工夫した。次に新潟という小さい世界で収まらないようにするため、他県に積極的に遠征し格上の選手から技術を盗んだ。その選手にならって素直にまず真似てみてそこから自分に合う騎乗スタイルを確立していった。自分なりに考え、行動を起こし続けることにより1つ1つステップが上がることに喜び・やりがいを感じた。結果として全日本のジュニアクラスで予選落ちから始まったが、高校2年のときに優勝できた。社会人になっても現状に満足することなく、歩みを止めない人間でいたい。 続きを読む
Q. あなたは三菱地所でどのような仕事をし、何を成し遂げたいですか。そのように考える理由も併せて教えてください。500字以内
A. A.
丸の内のエリアマネジメントをすることで、貴社にしかできない一体感のある賑わいが生まれ続ける街づくりを実現させたい。ディベロッパーは人の想いを形にする仕事だが、まちにとっては不動産ができてからが始まりであり、その後の維持管理が重要である。これは馬の管理に通じるものがある。年齢の異なる様々な馬がいる中で個々に合わせた体調管理を行うため、有識者を分配したチーム管理制を作った。その日の馬の体調に合わせ、日々の練習メニューや飼料の量を調節し、今後の育成も含め未経験者を各チームに振り分けた。高齢馬に関しては体力面で難しいところはあるが、経験を積んできている強みがあるため、人の経験不足を補うために経験の浅い選手に高齢馬をあてがって試合に臨む工夫を行った。以上の経験から、貴社のエリアマネジメントに共感を覚えた。丸の内程の一等地を広範囲にわたり所有しているのは日本で貴社しか存在しない。広範囲で土地を持っているからこそ、強い責任感を持ち街のことを考え抜き、そこでたどり着いた答えを実現でき得ると考えている。私は丸の内でのエリアマネジメントを通じてまちの価値向上を実現し、丸の外や海外での事業に挑戦したい。 続きを読む
閉じる 質問と回答をもっと見る
69件中1〜20件表示