JPモルガン証券株式会社のロゴ写真

JPモルガン証券株式会社

  • 3.5
  • 口コミ投稿数(91件)
  • ES・体験記(25件)

JPモルガン証券のインターンTOP

JPモルガン証券のインターン

インターンの評価

評点をもっと見る
総合評価
5.0
選考難易度
inactive
inactive
inactive
inactive
active
5.0
業界理解
inactive
inactive
inactive
inactive
active
4.7
会社理解
inactive
inactive
inactive
inactive
active
5.0
メンターのコミット
inactive
inactive
inactive
inactive
active
4.7
自己成長
inactive
inactive
inactive
inactive
active
4.7
内定直結度
inactive
inactive
inactive
active
inactive
4.0
学生のレベル
inactive
inactive
inactive
inactive
active
5.0
テーマの面白さ
inactive
inactive
inactive
active
inactive
4.0
総合評価
5.0
選考難易度
inactive
inactive
inactive
active
inactive
4.0
業界理解
inactive
inactive
inactive
active
inactive
4.0
会社理解
inactive
inactive
inactive
inactive
active
5.0
メンターのコミット
inactive
inactive
inactive
inactive
active
5.0
自己成長
inactive
inactive
active
inactive
inactive
3.0
内定直結度
inactive
inactive
active
inactive
inactive
3.0
学生のレベル
inactive
inactive
active
inactive
inactive
3.0
テーマの面白さ
inactive
inactive
active
inactive
inactive
3.0

インターンの内容(7件)

20卒 夏インターン

2018年8月開催 / 3日 / マーケッツ&リサーチ
20卒 | 東京大学 | 男性
金融に関するプレゼン(3種類ありました。)

1日目 午前 為替、 FXに関する講義 午後 デスクローテーション 夜  グループワーク グループワークは4人1組。男女、大学のバランスがちょうどよくなるように分けられていた。 1グループに1人は経済を選考する学生がいたようである。 チームに3人ほどメンターがつき、ワーク中は基本的に絶えずアドバイスをくれる。2日目 早朝 株の早朝ミーティング見学 午前 金融政策に関する講義 午後 デスクローテーション 夜  グループワーク デスクローテーションでは実際のトレーディングフロアに入って社員さんと交流可能。3日目 午前 グループワーク 午後 プレゼンテーション 夜 ...

20卒 夏インターン

2018年8月開催 / 5日 / 投資調査部門
20卒 | 東京大学 | 男性
ある企業の有価証券報告書・中期経営計画・決算説明会の資料が渡されて、各自でその企業の3年後の売り上げと、営業利益の予測をする。

ある企業の有価証券報告書・中期経営計画・決算説明会の資料が渡されて、各自でその企業の3年後の売り上げと、営業利益の予測をする。1〜4日目で各自準備をする。朝回に出席する機会が一度だけあった。初日から毎日1時間ほど各セクターのシニアアナリストの方から話を聞いて、質問できる時間がある。最終日に一人ずつ別室にて社員の方々に向けて10分でプレゼンをする。

20卒 夏インターン

2018年7月開催 / 4日 / 投資銀行部門
20卒 | 東京大学大学院 | 男性
某鉄道会社の経営統合の是非/某建築材料・住宅設備機器メーカーの企業価値向上に関する提案

前半はグループワークがメインだった。それ以外はJPモルガンの説明、バリュエーションの講義、DCM,ECMの説明やケーススタディもあった。また、社員と話す機会はたくさんあった。後半は個人ワークがメインだった。3日目に個人ワークのお題が発表され、夜9時に提出。4日目に発表、その後若手バンカーとの交流や懇親会があったので、非常に幅広い年次の人と話す事が出来た。

インターンに参加してみて

この企業に対する志望度は上がりましたか?

  • はい
  • いいえ
はい
20卒 / 東京大学 /
夏 / 3日 / マーケッツ&リサーチ

志望度はかなり高まった。もともと、特別強く外資系金融機関のマーケッツ部門を志望していたわけではないが、インターンを通じてJPモルガンの社員さんの人柄、ワー...

いいえ
19卒 / 慶應義塾大学 /
夏 / 3日 / マーケッツ部門

他の金融の部門と比べ比較的ホワイトで給料が良い点は魅力的と感じたが、肝心の業務内容に関しては働く意義を見出せなかった。というのも、株や債権、クレジットの売...

はい
20卒 / 東京大学 /
夏 / 5日 / 投資調査部門

上記に述べたように社員さんの雰囲気がよく、働く環境として申し分ないと感じたから。また会社自体商業銀行を持っていることで安全性も高く、投資銀行でありながら日...

はい
20卒 / 東京大学大学院 /
夏 / 4日 / 投資銀行部門

志望度が上がった理由は、社員の人が魅力的だったから、社風が自分に合うと感じたから、グローバルで圧倒的なプレゼンスを誇るトップティアであると分かったから、一...

はい
17卒 / 慶應義塾大学 / 女性
冬 / 5日 / 投資銀行部門

どの社員の方とお話しても頭脳明晰、冷静、理性的で仕事ができそうな人が多い印象を受けた。他社の説明会等で散見されたノリ・パッション系人材がほとんどおらず、単...

閉じる もっと見る

インターンへの参加が本選考に有利になると思いましたか?

  • はい
  • いいえ
はい
20卒 / 東京大学 /
夏 / 3日 / マーケッツ&リサーチ

インターン後に全員ディナーに呼ばれる。一部はその後に個別で呼び出され、ディナー、デスクローテーションなどで交流があるが、それが本選考で有利に働くと考えられ...

いいえ
17卒 / 一橋大学 / 男性
夏 / 3日 / ミドルオフィス・オペレーションズ

インターン生限定のイベント等はなかったため。また、インターン中にもあまり評価をつけている様子はなかったため。

はい
20卒 / 東京大学 /
夏 / 5日 / 投資調査部門

パフォーマンスが優秀な人はもちろん裏で評価され、本選考の時の面接官の心象の点で非常に有利な位置に立っていると思う。優先ルートがあるわけではないが、枠が少な...

はい
20卒 / 東京大学大学院 /
夏 / 4日 / 投資銀行部門

JPモルガンは夏のインターンシップで評価されると裏選考に通されるなど、本選考で有利になるからである。ただ、夏のインターンシップで評価が悪いと本選考では不利...

はい
19卒 / 慶應義塾大学 /
夏 / 3日 / マーケッツ部門

本選考においてインターン参加者は1次面接や2次面接が免除になるため。また毎年インターン参加者から一定数とっていると聞いており、マーケッツ部門で働きたい場合...

閉じる もっと見る

参加後の就職にどう影響したか

20卒 / 東京大学 /
夏 / 3日 / マーケッツ&リサーチ
参加前
インターン参加前の志望企業・志望業界を教えて下さい。

高額な給与、キャリアパス、華やかさにひかれ、何となく外資系金融機関、外資系コンサルティングファームを志望していたが、実際にインターンに参加してみて力量とあ...

参加後
インターンへの参加がその後の就職活動へどう影響しましたか?

私は就職先を決めるにあたり、仕事のやりがい、そして社会へのインパクトのある仕事を任せていただけることを重視していた。前者に関してですが、いくら高給をもらっ...

20卒 / 東京大学 /
夏 / 5日 / 投資調査部門
参加前
インターン参加前の志望企業・志望業界を教えて下さい。

とりあえず金融業界で外資系という形で決めて、そこに該当するものを一通り見ていた。業界自体の勉強も兼ねて、セルサイドもバイサイドも関係なく、どちらもインター...

参加後
インターンへの参加がその後の就職活動へどう影響しましたか?

投資調査部門への志望度、JPモルガンへの志望度ともに上がった。社員の方々が実際に働いている姿を見ることで、アナリスト業務のイメージがついて自分の叩く姿も想...

20卒 / 東京大学大学院 /
夏 / 4日 / 投資銀行部門
参加前
インターン参加前の志望企業・志望業界を教えて下さい。

裁量権の大きさ、自己成長の環境がある企業、ゼミで学んだバリュエーションや財務分析に興味を持ったという点から外資系投資銀行に興味を持ち、インターンシップに応...

参加後
インターンへの参加がその後の就職活動へどう影響しましたか?

実際にグローバルでプレゼンスのあるJPモルガンのインターンシップに参加する事で、JPモルガンが第1志望になった。その後の選考も外資系投資銀行に絞って就活を...

19卒 / 慶應義塾大学 /
夏 / 3日 / マーケッツ部門
参加前
インターン参加前の志望企業・志望業界を教えて下さい。

大学で経済を研究していないため、とりあえず様々な業界をみようと外資系投資銀行、日系の金融機関、コンサル、メディアなど幅広い業界のインターンに参加し、見てい...

参加後
インターンへの参加がその後の就職活動へどう影響しましたか?

このインターンを機に外資系証券のマーケッツ部門への興味はなくなったが、同じ会社の他部門への興味は湧いたため、自分の中で興味や志望度を整理する上で非常に意義...

閉じる もっと見る

インターン当日の感想

参加して学んだこと

20卒 / 東京大学 /
夏 / 3日 / マーケッツ&リサーチ

マーケッツ部門の中でも様々なプロダクトを扱い、また様々な職種(セールス、トレーダー、ストラクチャリング)の方がいらっしゃるのだということがわかった。これま...

20卒 / 東京大学 /
夏 / 5日 / 投資調査部門

社員さんがみんな人当たりが良くかつ優しい人たちで、親身になって色々とやってくれていた。JPモルガンという会社に対しても、そこの投資調査部門で働く社員さんに...

20卒 / 東京大学大学院 /
夏 / 4日 / 投資銀行部門

JPモルガンの強みやどんな社員の人がいるのかなどが非常に良く分かるインターンシップだった。他社のインターンと比べても、社員と接する機会が多く、面倒見のよい...

19卒 / 慶應義塾大学 /
夏 / 3日 / マーケッツ部門

ランチやデスクローテーションなどを通じて、かなりの数の社員の方々と交流する機会があり、それらを通じてマーケットの労働環境を現場の社員から知れたのが一番の収...

閉じる もっと見る

参加して大変だったこと

20卒 / 東京大学 /
夏 / 3日 / マーケッツ&リサーチ

インターンに来ていた学生はマーケッツということもあり、優秀で人当たりがいい人が多かった。そのためグループワークは大変捗り、どのグループもそれなりのクォリテ...

20卒 / 東京大学 /
夏 / 5日 / 投資調査部門

課題自体は非常に難しく、最後まで手探りの状態であった。いきなり今後3年間の売り上げと利益(中期経営計画が実現可能か)を考えろと言われても、売り上げの出し方...

20卒 / 東京大学大学院 /
夏 / 4日 / 投資銀行部門

個人ワークは初めてだったので、1から自分でやるという点に関しては苦労した。IR資料の読み方や分析の方法など分からない部分に関しては社員に質問する中で学んで...

19卒 / 慶應義塾大学 /
夏 / 3日 / マーケッツ部門

金融のバックグラウンドを持たない学生として、知識がなく、プレゼンやディベートをするにあたり非常に大変であったと感じた。また、グループの中で学生同士で知識の...

閉じる もっと見る

印象的なフィードバック

20卒 / 東京大学 /
夏 / 3日 / マーケッツ&リサーチ

もう少し効率的にワークをしなさいと言われたこと。外資系金融機関にありがちなイメージのような長時間労働はなく、社員さんがそれぞれワークライフバランスを意識し...

20卒 / 東京大学 /
夏 / 5日 / 投資調査部門

内容は良いものが出来上がっているので、プレゼンをするときに、もう少し事前に発表準備をしてから本番を迎えるとよりスムーズに発表が行えるというフィードバックを...

20卒 / 東京大学大学院 /
夏 / 4日 / 投資銀行部門

M&Aの提案を考える際には、クライアント企業の財務状況の考慮が不可欠であり、そこに対して専門的なアドバイスが出来る点がIBDの強みであるというフィードバッ...

19卒 / 慶應義塾大学 /
夏 / 3日 / マーケッツ部門

プレゼンとディベートでは学生なりの視点を持って取り組んで欲しかったと強く言われた。結果的に、ネットや社員の話を参考にしてプレゼンを作るとテンプレのような内...

閉じる もっと見る

選考対策

直近のインターン選考フロー

インターンES

20卒 インターンES

トレジャリーサービス
20卒 | 東京大学大学院 | 男性
Q. 第2志望部門の志望理由を教えてください
A. 私がトレジャリー・サービス部門を志望した理由はグローバル化が急激に進む社会において企業がどのように適応していくかと、それをどのようにサポートするかに興味があるからです。 グローバル化というのは企業にとっては非常に大きな問題であり、これに(戦略コンサルティングのように)直接関わるよりも、業務をスムーズに行えるよう財務面でサポートすることの方が、専門性が高く私には魅力的に思えます。これは専門的...

20卒 インターンES

マーケッツ
20卒 | 東京大学 | 男性
Q. 志望理由は何ですか?
A. マーケッツ部門を志望する理由は、マーケットを通じて世の中に対して大きなインパクトを与えたいからです。現在日本では「貯蓄から投資へ」という流れが加速していますが、まだ十分であるとは言えません。私は貴社マーケッツ部門のストラクチャラーとして魅力的な商品を供給、あるいは世界最大規模の投資銀行である貴社のネットワークを活かし海外の金融商品を提供し、またトレーダーとしてはクライアントの期待に応えるべく...

20卒 インターンES

投資銀行部門
20卒 | 東京大学 | 男性
Q. 第1志望部門への志望動機(日本語400文字以内)
A. 私が金融業界に魅力を感じたのは、幼少期の米国生活を通じて醸成された「仕事を通じて日本社会に価値提供したい」という私の思いが、社会の活動と密接に関わるお金を扱う金融業界で実現すると考えたからだ。その中で貴社は強力な海外ネットワークと豊富な資金を基盤に、少数精鋭の環境で若手にも大きな裁量権が与えられるため、業務を通じて自分がより多くの価値を社会に提供できると感じた。さらに、現在の社会において企業...

インターン面接

20卒 夏インターン 最終面接

2018年7月開催 / 4日 / 投資銀行部門
20卒 | 東京大学大学院 | 男性
Q. 仕事において一番重要な事は何か
A. クライアントビジネスにおいては、相手の立場に立って考えることが非常に重要だと考える。そうする事でクライアントがやりたい戦略に沿い、かつクライアントの利益につながるような戦略を考える事が出来ると思うからである。また、次の仕事につながるためにはクライアントとのリレーションを築く必要があり、そのためにも上記が必要である。

20卒 夏インターン 2次面接

2018年8月開催 / 3日 / マーケッツ&リサーチ
20卒 | 東京大学 | 男性
Q. 力を入れてきた課外活動
A. 私が今までの大学生活を通して最も力を入れてきた活動の一つに国際系サークルの活動があります。特に昨春のウガンダ渡航では、海外渡航に関するノウハウが無い状態から準備が始まったのですが、そのような状況の中で渡航メンバー全員に役割を割り振り、皆のやる気を引き上げることに成功するなど積極的に周囲を巻き込む事に成功しました。この時、私はこれまでの人生で最も成長を実感しました。私はそれまで小中高と野球部と...

20卒 夏インターン 1次面接

2018年8月開催 / 3日 / マーケッツ&リサーチ
20卒 | 東京大学 | 男性
Q. マーケッツ部門で活かせる強み
A. マーケッツ部門では、私の持つ強みである分析力とコミュニケーション能力が活かせると考えています。まず分析力に関してですが、これは先日の貴社のサマーワークショップにてグループワークをした際に自分自身の強みであると感じました。私たちの班はディベートをしたのですが、その準備でプレゼンテーションの論理展開、相手がどのような反駁をしてくるかを考える際や相手に対して質問をする際に分析力を活かせたと考えてい...