Img company noimage

株式会社大林組

  • 3.8
  • 口コミ投稿数(304件)
  • ES・体験記(16件)

大林組の本選考TOP

大林組の本選考

本選考体験記(2件)

直近の本選考の選考フロー

志望動機

エントリーシート

Img square es

18卒 本選考ES

総合職
Img human 18卒 | 法政大学 | 男性
Q. 学業で特に力を注いできた事項をご記入ください。 300文字以下
A. 私が特に力を注いできたことは英語力の向上です。海外出張へ行くことの多い父の生き生きとした背中を常に追いかけていたことから、将来は父と同じように世界で活躍したいと思い、語学や異文化を学べる国際文化学部に入学しました。しかし、大学入学時に初めて受験したTOEICは430点であり、実際の英語力に絶望しました。そこで、卒業するまでにTOEIC900点を取得することを目標に、要する時間を逆算し、毎日最...
Img square es

18卒 本選考ES

総合職
Img human 18卒 | 横浜国立大学 | 女性
Q. 卒業論文または修士論文の内容についてご記入ください。(予定を含む)
A. テーマは現時点では未定だが、インターネットや通信機器が普及し、マスメディアの持つ力が急速に衰える中で求められる広告や各メディアの姿、といった観点で研究したいと考えている。情報が溢れる現代において、少しでも消費者との接触率を高め、自社の製品やサービスに関心を持ってもらう、というのはどの業界、企業においても大きな課題であり、そのためにはSNSの活用がコストパフォーマンスの面からも有効であるが、変...
Img square es

18卒 本選考ES

総合職事務系
Img human 18卒 | 早稲田大学 | 男性
Q. 学業で力を入れたこと
A. 座学に留まらず、実際に見聞きすることです。大学1年次の英語の授業で、発表の準備のために沖縄まで赴きました。絶滅危惧種の保護についてで、ヤンバルクイナという沖縄の鳥を最初は授業の資料やインターネットで調べただけでした。しかし事前提出の資料は60点でした。そこで私は、当事者の気持ちや、自分が肌で感じたことも必要だと考え、沖縄の研究員から話を伺うなどし、それを資料に盛り込みました。結果本番では、ク...

面接

  • 1次面接
  • 2次面接
  • 最終面接
Img square interview

17卒 1次面接

Img human 17卒 | 明治大学 |
Q. 建設業(ゼネコン)の魅力は?
A. 建設業は、私たちの生活で最も多くの時間を過ごす空間作りに携われます。また、大手ゼネコンでは、その空間作りを考える1人として、住宅事業から、インフラ事業まで幅広く生活の基盤に貢献できることが大きな魅力だと考えます。特に、スカイツリーのような、日本を代表し、私たちの娯楽を生み出す建設に携われることに興味を持ちました。私自身、日本や世界のシンボルになり続ける建物で、生活に娯楽を...
Img square interview

16卒 1次面接

Img human 16卒 | 立教大学 |
Q. 学業で力を入れたことを教えてください。
A. 私は「リーダーシップ論」に注力してきた。なぜなら大学のある授業のグループワークでリーダーを務めた際に、周りの力を引き出すことが出来ず悔しい思いをしたからである。私はリーダーシップのスタイルやリーダーに求められる能力などの知識を得るだけでなく、ゼミ活動のリーダーに立候補し、実践の場を設けることで理解を深めてきた。ゼミ活動ではメンバー1人1人の目線に立って考え、それぞれに解決...

内定者のアドバイス

16卒 / 立教大学 /
企業名: 大林組
1
内定をもらうために大事なことを教えて下さい。

なぜ他の業界ではなく建設業でないといけないのか、建設業の中でもなぜ大林組でないとけないのかを明確にしないと、リクルーター面談ですら通過するのは厳しいと思う...

2
内定が出る人と出ない人の違いを教えてください。

文系の内定者を見て思ったことは、体育会が多いということを感じた。恐らく一つのことを諦めず、粘り強く努力してやり抜くことが出来る人が、建設業に内定を出る人の...

3
内定したからこそわかる選考の注意点を教えてください。

最終面接でも半分程度落ちるので、最後まで入念な準備をした方がいい。また各面接でなぜ建設業なのか建設業の中でも、なぜ大林組なのかという理由を必ず聞かれるので...

内定後入社を決めた理由

16卒 / 立教大学 /
企業名: 大林組
1
内定後、入社を迷った企業を教えて下さい。

株式会社商船三井

2
入社を決めた理由を教えてください。

私は国や地域の発展に関わる仕事がしたいと思い、就職活動をしていた。なぜなら私は幼少期にシンガポールに住んでおり、大学2年次にシンガポールを再訪問した際に、...