株式会社リクルートキャリアのロゴ写真

株式会社リクルートキャリア

  • 4.4
  • 口コミ投稿数(1964件)
  • ES・体験記(19件)

リクルートキャリアの本選考のエントリーシート

本選考の通過エントリーシート

4件中4件表示
男性 21卒 | 日本女子大学 | 女性
Q. 弊社の志望動機を教えてください。
A. A. さらなるグローバル人材の育成と教育の拡充を実現させたいから。留学の〇〇の経験や、〇〇に多角的に向き合ってきた経験から、「日本の真のグローバル人材」とは何か、学生時代を通じて向き合ってきた。この背景には、受けてきた英語教育があると考えている。私は留学や海外ボランティ...
Q. 自身の長所・短所(自覚している特徴)を書いてください。
A. A. 【長所】隔たりなく誰にとっても話しやすい存在である点。私は塾講師、〇〇のアルバイトでこの強みを活かし、職場の問題解決に貢献した。塾講師のアルバイトでは、完全な個人業務で悩みを相談しにくく、新人講師が次々とやめていく時期があった。そこで先輩社員と新人講師を自身がつな...
Q. 自分にとっての壁を乗り越えた経験を教えてください。あなたにとって何が大変だったのか、それを乗り越えたプロセスの2点が分かるように書いてください。 (例)全く新しいことへの挑戦/今までやっていたやり方を変えた経験など
A. A. 〇〇でのボランティア活動の経験である。世界各国から参まったボランティアたちと、英語を使用して生活していた。英語を流暢に話す他のボランティアとの間に勝手に距離を感じ、輪の中にいながらもこれまでにない孤独感を抱いていた。私はその壁を【見方、考え方を変えること】で乗り越...
閉じる 質問と回答をもっと見る

20卒 本選考ES

ビジネスコース
男性 20卒 | 東京大学 | 男性
Q. ・あなたが学生時代最も力を入れたことのテーマ 
A. A. スポ薦のない大学が、スポ薦だけの大学を4年間で追い越すことを目標にした、学生時代のアメリカンフットボール部での活動。
Q. ・あなたの役割
A. A. 4年生の大事な時期に大怪我をしてしまい、それ以降引退までは、選手兼スタッフとして活動していました。
Q. 成果
A. A. 日本一を目標に掲げるチームにとって、そのスタート地点となる1部リーグ昇格という年間目標に対し、選手ではなくスタッフとして貢献。
Q. 背景とこだわり
A. A. 4年時は、学生時代の集大成をフィールドで体現すべく意気込んでいたため、当初は絶望したが、裏方として努力をするチームメイトに刺激を受け、立ち直ることができた。試合に出場する選手と、それよりもはるかに多い裏方のスタッフや選手が、同じ熱意を持って努力するチームにすること...
閉じる 質問と回答をもっと見る
男性 18卒 | 同志社大学 | 男性
Q. 学生時代に頑張ったことはなんですか
A. A.
1人の友人と共に、半年間かけて、21人のチームを作り、300人規模の成人式イベントを行った経験です。 大学で成人を祝わないことに疑問を感じたことと、大学2年生の終盤になり、新しい出会いが少なくなっていることに問題を感じ、また自身の成長のために企画しました。集客目標を300人に設定していました。 しかし、集客期間2ヶ月のうち、1ヶ月目では集客目標の30人ほどの達成で、目標達成をすることが非常に困難に思われました。ですがなんとしてでも目標達成するため、試行錯誤しました。前例や実績がないこのイベントの可視性を高めることで集客につなげようと考え、「見える化」を行いました。SNS上で1.動画によるイベント内容の宣伝や、2.スタッフの紹介ブログの連載、3.チケット購入者の紹介、4.大学内でチケット購買ブースを設けることなどを行いました。 その結果、2ヶ月間の集客期間で300人の集客を達成できました。 続きを読む
Q. 自己PRをしてください。
A. A.
私は「誠実で主体的なエンターテイナー」です。 約束を必ず守ることや嘘をつかないなどの誠実さ。当事者意識を強く持ち、自ら行動を起こし、周りを巻き込み何かを変えていける主体性。そして周りの人間の幸せや喜びが自らの原動力になることからエンターテイナーであると思っています。その3つの特徴により、私は周りから信頼を得る力が長けていると感じています。学生時代打ち込んだイベント企画では、ゼロから企画チームを作るという経験を繰り返し行ってきました。特に実績のない段階で企画チームのメンバーを募ることは難しかったですが、誠実な私だからこそメンバーを集めることができたのかなと感じています。主体性で行動を起こし、誠実さで人と向き合い、エンターテイナー性で人を惹きつけます。この力はこの先働く上で、「お客様のニーズにしっかりと向き合うこと」、「自分が属する組織や集団の向上」に生かされると考えております。 続きを読む
男性 16卒 | 早稲田大学 |
Q. 学業、ゼミ、研究室などで取り組んだ内容。250文字。
A. A.
企業金融のゼミにて計4名で行った論文作成だ。私達は『論文を通じて一つでも意味ある気づきを発表し、早稲田大学懸賞論文で入賞する』という目標を掲げた。そのため夏休みも日々国会図書館へ通い、既存研究や金融市場の動向、分析方法の情報収集を行った。中でも私は、メンバーが個人の力を発揮しつつ仲間と動いていると実感できる環境づくりを心掛けた。例えば、メンバーの考えや・動きをいつでも見られる共有の場の設定だ。そして、「日本企業において買収防衛策の導入は企業価値を高めるか」というテーマの論文を執筆し、入賞した。 続きを読む
Q. 自己PR。400文字。
A. A.
私は、『①何事にも臆せず挑戦し、自らを成長させる姿勢、②相手の立場に立って考え続ける姿勢』を大事にし、行動している。これまで様々な選択に直面した際、例え難しいと感じても、成長できる場と感じた事は試行錯誤し挑戦した。例えば、幅広い年齢層や立場の人と話せるようになりたいという思いから、学生団体にて協賛金営業に挑戦。社会に出て企業で働くとはどういうことか、またそこで自分の弱み・強みを見つけるべく総合不動産会社の1年間のインターンに参加。そして、これらに臨んだ先々で依頼される場面や相手の意見に対し、単にYES/NOの答えではなく、置かれた状況下で何をしたら、どう答えたらより役に立てるのか、相手の立場に立ち続ける姿勢を大事にしている。以上のような挑戦をし、その先々で相手の気持ちや考えを予想し動くことのやりがいを感じると同時に、多くの反省もあり、それらを克服すべく、次なる挑戦をしたい思いが増した。 続きを読む
Q. 学生時代に最も打ち込んだこと。400文字。
A. A.
学生100名が参加するビジネスコンテスト運営団体にて行った協賛金営業だ。私は局長として営業戦略・実行を担当し、『仲間と考え抜いたコンテストを絶対に開催する』という想いで、500万円を目標に設定。しかし、開催2.5ヶ月前に260万円しか集まっていなかった。その原因に1.限られた面会時間内で相手の興味を引けないという営業効率の低さ、2.アポイントの不足があり、営業の質と量を増やす必要性があると考えた。そこで、1.営業スタンスの変更。自分達の活動概要中心の説明から、相手は何を求めているかを読み取るスタンスに変更した。相手の知りたい事に応じ、パンフレットやムービーでイメージを共有した。2.企業接触回数の増加。訪問先企業の在るビル内一覧企業にアタック、社会人向けイベントへ参加、飛び込み営業、就活サイト掲載企業の人事に連絡により追加的に670社に接触。これらにより36社から560万円獲得し大会の成功に貢献した。 続きを読む
閉じる 質問と回答をもっと見る
4件中4件表示