株式会社フジテレビジョンのロゴ写真

株式会社フジテレビジョン

  • 3.4
  • 口コミ投稿数(253件)
  • ES・体験記(47件)

フジテレビジョンの本選考TOP

フジテレビジョンの本選考

本選考体験記(4件)

21卒 2次面接

総合職
21卒 | 慶應義塾大学 | 女性
Q. 企業研究で行ったことを教えて下さい。
A. A. 企業研究として、フジテレビが作っているテレビ番組をジャンルや時間帯問わず視聴することが必然である。私は当時放送しているフジテレビの番組を一通り見た。そしてなぜテレビ局なのか、フジテレビで何がしたいのかを固めていった。基本的な動機と実現したいことは細分化して考えてお...

19卒 2次面接

制作
19卒 | 立命館大学 | 女性
Q. 企業研究で行ったことを教えて下さい。
A. A.
私はスポーツ部門での制作を志望していたので、まずキー局の放送しているスポーツ番組はすべて録画してチェックしていた。それぞれの局でどのスポーツに力を入れているか、どの場面、どの選手に注目しているかなどを自分なりに分析しまとめたりしていた。フジテレビの場合は、アナウンサーが直接取材にいく以外にも、ディレクターが自ら出演し編集している映像が多かったり、ほかにもレギュラーのスポーツバラエティ番組があることなどから、他局とは違う角度からスポーツ番組を作る機会が多いと考え、それをベースにエントリーシートを書いたり面接に挑んだ。OB訪問もなるべく行い、自分の考えるフジテレビとテレビ局で働いている方たちの考えるフジテレビに大きな相違がないかなどを確かめた。 続きを読む

16卒 2次面接

16卒 | 千葉大学 |
Q. 企業研究で行ったことを教えて下さい。
A. A.
3日間インターンに参加させて頂き、技術職のほとんどの仕事を見させて頂けた。実際に現場の社員とお話して、番組の裏側や様々な経験談を聞くことができ、より仕事に対する具体的なイメージができた。そして自分が取り組みたい仕事は何なのか、そこを志望する理由はなぜなのかを体験から考えられたので、インターンに参加することをおすすめする。また、どの番組の制作技術をグループ制作会社がやっているかはわからないので、実際に面接で携われない番組を事前に知ることで面接対策にもなる。 続きを読む

直近の本選考の選考フロー

志望動機

21卒 志望動機

職種: 総合職
21卒 | 慶應義塾大学 | 女性
Q. フジテレビジョンを志望する理由を教えてください。
A. A. 私がフジテレビを志望する理由は、人生へのモチベーションを上げる連続ドラマを作りたいからです。日常で仕事や家事に追われている人たちが、見るだけで日常の中に小さな特別感を感じることができる連続ドラマの実現が私の現在の夢です。私はディレクターとして、企画から携わり、ディ...

19卒 志望動機

職種: 制作
19卒 | 立命館大学 | 女性
Q. フジテレビジョンを志望する理由を教えてください。
A. A.
私がフジテレビを志望する理由は、他局よりもより近い距離でスポーツに触れ取材ができるからです。私は将来、今よりも女性やスポーツに興味のない人が見やすいスポーツ番組をつくりたいと思っています。そのためにも、若いうちにどんどん現場にいって取材を自分で行い、その経験をもとにスポーツの今まで注目されなかった面や新たな面白さ、親しみやすさを見つけて、それを伝えられる番組を作りたいです。フジテレビの社員の方々のお話を実際に聞き、若いうちからたくさん多くの番組に関わったり、新しい企画を出す機会が多いと伺い、その風通しのよさにもとても魅力を感じました。これから2020年の東京オリンピックではお台場が注目される機会も多くなると思うので、ぜひフジテレビで働きたいと思いました。 続きを読む

16卒 志望動機

企業名: フジテレビジョン
16卒 | 千葉大学 |
Q. フジテレビジョンを志望する理由を教えてください。
A. A.
「私は御社の「人狼」のような双方向性のあるコンテンツを創り、リアルタイムで楽しむことのできるコンテンツを創りたいです。また5年後に東京五輪の開催が予定され、スポーツは注目が集まっております。そしてスポーツは大勢の人が同時に盛り上がる最大のコンテンツです。私はスポーツでの新しい視点の映像を生成し視聴者の欲しい映像や情報を届け、より多くの人々を楽しませたいです。またハイブリッドキャスト、音声入力や同時通訳などの技術を用いて全世界の観ている人がリアルタイムで繋がり、楽しさ・感動を共有できるようなコンテンツを視聴者に届けたいです。」 続きを読む

エントリーシート

21卒 本選考ES

総合職
21卒 | 早稲田大学 | 女性
Q. あなたがこれまで最も力を注いだことと、そこで得たことを教えてください。
A. A. 雑貨店の接客アルバイトで傾聴力が身についた。堂々巡りの質問を繰り返すクレーマーの中年女性。美空ひばりの尊さを教え諭す年配の男性。時には40分以上の電話対応も経験した。その過程で,多様なお客様の言葉に真摯に向き合う姿勢を大切にした。他者の視点で物事を捉え,真のニーズ...

21卒 本選考ES

総合職
21卒 | 早稲田大学 | 女性
Q. 学生時代に取り組んだこと
A. A. SNSを駆使したオンラインサロンの運営を行い、収益化。複数のアカウントで投稿内容を比較し、得た反響を顧客とのやりとりや商材に活用する。競合との差別化、オンライン故の安心感担保等課題はあるが、顧客から引き出した本音を元に一人一人徹底して寄り添うサービスの提供を行ってきた。

21卒 本選考ES

一般職
21卒 | 九州大学 | 男性
Q. あなたがこれまで最も力を注いだことと、そこで得たことを教えてください。
A. A. 私は高校まで野球一筋であったが、大学では野球に区切りをつけ、新たな世界にチャレンジするために、英語の勉強を最低5時間毎日続けた。そして、三年時に大学を休学しアメリカの大学でビジネスの授業を受けた。そこで、海外で様々な国籍の友人を作ることができ、多様な価値観や文化に...

20卒 本選考ES

技術職
20卒 | 千葉大学大学院 | 男性
Q. あなたが大学生活で得たことは何ですか?
A. A.
私は学生時代に集団で何かを成し遂げる体験を数多く得ました。今までに様々なことを経験してきましたがスポーツや音楽、研究の全てにおいて常に仲間と共に考え努力してきました。スポーツでは特にサッカーで11年間センターバックとしてチームの司令塔を務め、県大会優勝を果たし私自身も地区選抜選手に選ばれました。音楽では大学オーケストラのバイオリン科に唯一の初心者として入団し、○○として演奏会の運営を仲間たちと指揮してきました。これらの経験を通してリーダーシップや仲間との円滑なコミュニケーション、互いに協力し助け合うことの楽しさを学び、それをこれからの社会人生活に活かしてきたいと考えています。 続きを読む

20卒 本選考ES

総合職
20卒 | 立命館大学 | 女性
Q. あなたがこれまで最も力を注いだことと、そこで得たことを教えてください。(150字)
A. A.
地域の子どもを見守るボランティア活動です。「ひとりぼっちをつくらない」という目的をもって活動しています。活動では、「興味をもってもらうこと」を意識していました。子どもとの共通点を見つけその話題をふくらませたり、流行っているギャグを真っ先に取り入れたりしました。この活動から、「愛され力」を得ました。 続きを読む

面接

  • 1次面接
  • 2次面接

21卒 1次面接

総合職
21卒 | 慶應義塾大学 | 女性
Q. 学生時代に頑張ったことを教えてください。
A. A. 大学の学祭実行委員に所属し、本祭のメイン企画をする部門で企画を成功させたことです。部門での私の役割は、出演者や企画者の間の架け橋になることでした。部門の活動内容は、メインの企画を立てて、学生や外部の人に出演依頼をし、その実行をすることです。 私は〇〇担当として、企...

19卒 1次面接

制作
19卒 | 立命館大学 | 女性
Q. なぜフジテレビで働きたいと思ったか教えてください。
A. A.
もともと、「笑う犬」シリーズなどが大好きで、小さいころから一番みてきたテレビ番組はほとんどフジテレビの番組でした。そんなフジテレビはジャンルを問わず、いつもいろいろな角度からの面白さを追求したもので、共感もおおく、そんなテレビ局でかつて私が感じたような親近感を持ってもらえるようなスポーツ番組を作りたいと思って御社を志望しました。フジテレビは今、少し厳しい状況にあると思います。ですが、OB訪問をした際、その状況を逆手にとって新しいことに挑戦しよう、もっと視聴者に寄り添った番組を作ろうとする熱い社員さんがたくさんいることをかんじ、そこにもとても魅力を感じました。まだまだ面白い物を追い求める大人がたくさんいる御社でぜひ働きたいと思います。 続きを読む

16卒 1次面接

16卒 | 千葉大学 |
Q. 研究内容でテレビに活かせそうなことはある?
A. A.
「Twitterの投稿文章を用いて各単語に感情値を割り当て、感情極性辞書の作成を試みています。また、それを使用しTwitterの投稿文に対して形態素解析を行い、単語単位で感情値を付与し、投稿文の感情判定を行う手法を検討しております。実際に投稿されている文章に対してポジティブ・ネガティブの感情値を算出し、人々の関わる物事や事象の予測ができるのではないかと考えております。なのでこの研究は視聴者の番組に対する反応や意見抽出などが可能なのではないかと思います」。テレビとSNSの投稿数はリンクしているのでこのようなことができるのではないかと思い、答えた。 続きを読む