東急不動産株式会社のロゴ写真

東急不動産株式会社

  • 3.6
  • 口コミ投稿数(102件)
  • ES・体験記(80件)

東急不動産の本選考TOP

東急不動産の本選考

本選考体験記(6件)

21卒 3次面接

総合職
21卒 | 早稲田大学 | 女性
Q. 企業研究で行ったことを教えて下さい。
A. A. 私は不動産業界、その中でも特に総合不動産デベロッパー業界にもともと興味をもっていたため、自分なりにインターネットで情報を収集したり、会社説明会に積極的に足を運んだりしました。東急不動産では行わなかったのですが、総合不動産デベロッパー業界はOB訪問を行うことを強くお...

21卒 内定入社

総合職
21卒 | 慶應義塾大学 | 女性
Q. 企業研究で行ったことを教えて下さい。
A. A. 五大デベロッパーに限らず、いわゆる総合デベロッパーは全て企業研究をし、差別化をしておくべきだと思う。実際に面接では、併願先との違いを問う質問があった。また、未来志向な会社であるため、未来の世の中がどうなっていくか、その未来で東急不動産社員としての自分が何をしていき...

20卒 2次面接

総合職
20卒 | 明治大学 | 女性
Q. 企業研究で行ったことを教えて下さい。
A. A.
ディベロッパー業界において、東急不動産がどの点において特色があるのか、説明会・OB訪問・パンフレットを参考に事前に調べておいた。私は中でも東急不動産のリゾート開発・渋谷における商業開発について重点的に情報を集めた。具体的には、自分が今まで東急が手がける物件に行った際にどのように感じたのかを振り返り、また一緒に行った人の感想や、SNSなどでの世の中の人々の口コミ・評判も集めておいた。説明会では東急がどの点を自慢としているのか(得意なエリアはやはり渋谷だった)、どういう人材がほしいのか(主体性がある人)を強調して説明してくれるので、自己分析をもとに、それに添うようにエントリーシートを作成しておくとその後の面接でも役に立つと思う。OB訪問はVISIT OBというアプリを経由して行う形式で、私は大学の先輩に1名会っていただき、社風を教えていただいたりエントリーシートの添削をしていただいた。 続きを読む

18卒 内定入社

総合職
18卒 | 早稲田大学 | 男性
Q. 企業研究で行ったことを教えて下さい。
A. A.
不動産デベロッパーの仕事内容を理解すること、そして大手デベロッパーがそれぞれそのような持ち味を持っているかを知ることは必須である。その上で、自分がデベロッパーを志望し、東急不動産を志望している理由を示すことが大切だと思う。面接でもその点は当然聞かれるので、自分で理由を持っているだけでなく、人に整然と説明できる内容にまで落とし込んでいく必要があるだろう。そのために、私は会社を問わずデベロッパー業界に対してOB訪問を複数回行った。社員の方には、自社のことを聞くのはもちろん、同業他社についても業界内の視点からのお話を聞くことで、何社もの企業研究が可能だった。また、東急不動産に関しては、インターンへの参加が非常に重要。選考での優遇はもちろんあり、倍率は高いが応募してみる価値はある。 続きを読む

直近の本選考の選考フロー

志望動機

21卒 志望動機

職種: 総合職
21卒 | 早稲田大学 | 女性
Q. 東急不動産を志望する理由を教えてください。
A. A. 生活に身近なものを通して、多くの人々の豊かな生活の実現に貢献したいからです。この考えに至った背景には、2つの経験があります。1つは○○でのアルバイトです。私は○○でアルバイトをする中で、生活に身近な家具を通して人々の日々の暮らしに貢献していることにやりがいを感じる...

21卒 志望動機

職種: 総合職
21卒 | 慶應義塾大学 | 女性
Q. 東急不動産を志望する理由を教えてください。
A. A. かけがえのない時間を生み出したいという思いを最も達成できるのが御社だからです。音楽サークルで、仲間とつくりあげた音楽で、その場でしか味わえない豊かな音楽を生み出してきたやりがいから、チームでの空間づくりを通じ継続的に豊かな時間をつくっていけるデベロッパーを志望する...

20卒 志望動機

職種: 総合職
20卒 | 明治大学 | 女性
Q. 東急不動産を志望する理由を教えてください。
A. A.
私はリゾート開発を通じ、都心でも人々が気軽に非日常体験を得られるライフスタイルを提案したいため、貴社を志望します。中でも理由は2つあります。 1つ目は、都心に住む人々にとって、物理的な面で気軽に「別世界感」を感じられるホテルが少ないと考えたからです。趣味の旅行で世界を見て回ったことで、東京の経済的地位や観光ニーズを確かに感じた反面、ホテルはタワー型で夜景を見せるものが多く、日常を忘れられるリゾート空間が少ないと感じていました。忙しい毎日の中でわざわざ遠方に足を運ばなくとも、「ここが東京なのか」と思ってもらえるリゾート空間を、貴社の都心での開発ノウハウと組み合わせて作りたいと考えております。 2つ目は、インバウンドのリピーターを増加させ、観光先進国としての日本の地位を確かなものにしたいからです。初めての観光客は「東京らしさ」を求めて旅をしますが、それに終始すると単なる観光地めぐりに過ぎなくなり、結果的にリピーターにならないで終わってしまいます。そこで東京の中にもオールインワン型のリゾートを展開し、世界基準の施設を作ることで、観光地目当てではなくその施設だからこその癒しを求めて再来する顧客の創造を狙いたいです。 以上のように、貴社において非日常のリゾートを地方のみならずあえて都心に作ることで、10年後多様な働き方により変化する街の人々のオアシス、さらにはオリンピックも継続的にインバウンドのリピーターを見込む拠点として、人々のライフスタイルに影響を与えていきたいと思っています。 続きを読む

18卒 志望動機

職種: 総合職
18卒 | 早稲田大学 | 男性
Q. 東急不動産を志望する理由を教えてください。
A. A.
未来の日本に、幅広い年代が豊かに生きることができる都市をつくりたいという想いがあり、貴社を志望しています。私は学生時代に取り組んだ過疎地域での地域づくりにおいて、充実した地域環境が人々の豊かな生活に欠かせないことを実感してきました。一方で、地方の街が衰退し、地域経済に悪影響を与えている現状を目にし、それがいずれは全国的に発展する大きな問題であることを再認識しました。こうした経験から私は、将来的に都市部にまで波及する衰退に立ち向かい、日本経済を継続的に発展させるためには、時代のニーズに即した魅力的な街をつくることが不可欠だと考えています。街づくりを仕事にできる不動産デベロッパーならば、それを実現することができると思っています。また、渋谷というエリアにおいて幅広い人々を受け入れる街を創っている御社であれば、魅力的な街づくりに携わることが可能であると信じています。 続きを読む

18卒 志望動機

総合職
18卒 | 慶應義塾大学 | 男性
Q. 東急不動産を志望する理由を教えてください。
A. A.
一つ目の夢は、地域に密着した街づくりによって「東京の多様性」を支えることだ。私は、大学3年次に休学して世界一周旅行をし、35か国で100以上の街を訪れ、個性豊かな文化を肌で感じた。一方で根無し草の旅人であった私は、どの街へ行っても当事者になれない悔しさを感じ、生まれ育った東京で何かを成し遂げたいと強く思った。私は東京の最大の魅力は、江戸時代から続く歴史の奥深さと、一駅過ぎるだけで雰囲気が変わる多面性であると考える。東京で青春を過ごした私だからこそ、今度はディベロッパーという立場で、街が持つ文化・歴史、そして訪れる方のライフスタイルに合わせた柔軟な「街づくり」を通じて、東京の魅力を最大化していきたい。 二つ目の夢は、ハード・ソフトの両面を通じて、長期的に地域に寄り添う街づくりをすることだ。東日本大震災後の復興支援コミュニティ広場の創設では、ボランティアが陸前高田を「第二の故郷」と感じ、継続的に関わり、支援して頂くことが目標だった。そしてそれを実現したのは、被災者の方の喜ぶ顔やボランティア同士の横の繋がり、関わった子供たちの成長していく姿だった。私は、街づくりは「ハコ」を作った時点では終わらず、「サービス」や「体験」を通じて人々の交流を促し、長期的に地域の方に寄り添っていくものと考える。開発のみならず、人々の生活に密着した多様なコンテンツを提供する御社で、その夢を実現していきたい。 続きを読む

エントリーシート

21卒 本選考ES

総合職
21卒 | 慶應義塾大学 | 女性
Q. 大学・大学院生活において、あなたが一番挑戦をしたエピソードを、 具体的にご記入ください。 ※600文字以内
A. A. 私は大学で、〇〇部に所属し「入部当初に上級者でなくてもチームに貢献できることを後輩に伝える」という目標を掲げ、日々の活動に励んだ。 最初は周りに食らいつくことに必死で、試合に全く勝てない状況が続いた。そこで、遮二無二頑張ることをやめ、頭を使って試合に勝てない原因...

21卒 本選考ES

総合職
21卒 | 明治大学 | 男性
Q. 大学生活の一番の挑戦 600字以内
A. A. 私が大学生活において一番挑戦をしたことはアルバイトでの運営上の人員不足問題解消である。昨年の4月に私の店舗では人員不足の結果、社員の方の負担が増えることが問題として挙げられた。その社員の方にはお世話になっていたことから、この問題を解決したく思い、社員の業務である従...

20卒 本選考ES

総合職
20卒 | 明治大学 | 女性
Q. これまでの人生の中で、あなたが一番挑戦をしたエピソードを、具体的にご記入ください。
A. A.
親の会社の業務上の課題解決を目指し社員を説得し、会計ソフトを導入した一連の経験だ。 会社の問題点として、事務員がエクセルや紙ベースで経費入力をしており、時間がかかる上情報が分散し、必要な情報が迅速に得られないというものがあった。そこで、私は解決のため様々な手法を検討した中で会計ソフトの効果について学び、その導入を試みた。 当初は負担を増やしたくないという社長や事務員の反対に遭ったが、①現状課題を分析し、ソフトにより会社の全体最適に繋げられること、②導入プロジェクトは責任を持って私自身がリードし直接指導を進めること、の2点を軸に説得を続け、導入のメリットの理解を得られた。実行段階では、エクセルに愛着を持つ事務員のために読込可能なフォーマットの表を作るなど個々の要望に対応した。 これらの方法を半年間地道に続けたことで、社員が新技術導入による業務効率化のメリットを認識し始め、積極的にソフトの利用を進めるようになった。 結果として所要時間が短縮され、事務員の有効活用時間が増え工場業務等の他部門にもアサインできる機会が増えた。さらに資金の流れが一元管理されたことで経営管理が容易になり、無駄なコストの発見から利益の増加に繋げることができた。 これらのことから、課題解決のためには他者に問題点を論理的に伝え、責任感のある姿勢を見せ、臨機応変に現場の要望に対処し協力を得ることの重要性を学んだ。 続きを読む

20卒 本選考ES

総合職
20卒 | 大阪大学 | 男性
Q. ①趣味・特技を教えてください。(100字)
A. A.
私の趣味は野球観戦です。祖母が阪神タイガースのファンだったこともあって、幼少より私も阪神タイガースを応援してきました。下宿先から甲子園までが近いので、授業が終わってから甲子園までよく足を運んでいます。 続きを読む

グループディスカッション

卒業年度
人数
時間
テーマ
 
2018卒
8人
40分
結果と過程のどちらが重要か
詳細
2016卒
6人
--
結果と過程大切なのは○○。
詳細

面接

  • 1次面接
  • 2次面接
  • 最終面接

21卒 1次面接

総合職
21卒 | 早稲田大学 | 女性
Q. 学生時代に1番頑張ったことを教えてください。
A. A. ○○でのアルバイトに力を入れ、レジでの過不足を0にしました。私は大学1年から現在まで○○でアルバイトをしていて、レジ部門に所属しています。レジ部門では違算件数が減らないことが問題であると感じていました。そこで私はレジ仲間に意見を聴いて原因を分析したところ、商品券会...

21卒 1次面接

総合職
21卒 | 慶應義塾大学 | 女性
Q. 学生時代の挫折経験を教えてください。
A. A. 大学対抗の弁論大会への出場が危うくなったことです。 所属ゼミ有志での出場が決まりリーダーとして意気込んでいたのですが、準備段階で議論が度々紛糾、離脱希望者が続出し、出場条件の人数を満たさなくなってしまいました。 衝突の原因を話し合ったところ、メンバーごとの大会...

20卒 1次面接

総合職
20卒 | 明治大学 | 女性
Q. なぜデベロッパーを志望したのか。
A. A.
業界を志望した理由は2つあります。1つ目のきっかけは大学の卒業研究において、リゾート開発をテーマに取り上げたことがあります。最終的に、リゾートには地理的条件と各ディベロッパーによる開発が必要と結論付けました。したがって、町の価値はその開発によって大きく影響を受けることを学び、特に地方においてリゾートを作り日本を活力化させたいという思いから、その過程に携われるディベロッパー業界に興味を持ちました。  2つ目は自分の特性として、実際に自分の足で現地に赴いて、様々なコミュニティ活動を通して地域活性化を図る仕事も、好奇心旺盛で人との交流が好きな自分に向いていると感じています。その土地に人々が求めているニーズを肌で掴み、開発という形でそれに応えていく作業は、人同士の交流があってこそなし得るものだと思い、とても魅力的に感じています。このように、卒業研究で得た知識だけでなく、旅行で培った経験や、人と交わるスキルなどを活かせる仕事として、ディベロッパー業界を志望しました。 続きを読む

18卒 1次面接

総合職
18卒 | 早稲田大学 | 男性
Q. 学生時代頑張ったことは何ですか。また、そこで得た成果や学びは何ですか。
A. A.
学生時代は一貫して、地域活性化を目的とする学生団体に所属し、新潟県の中山間地域において活性化活動を行ってまいりました。昨年度には団体の代表を務め、周囲を率いる立場も体験してきました。特に、新規事業の立ち上げに際しては様々なことを学びました。地域において、若年層への教育支援事業を立ち上げた際、様々な思惑を持つ利害関係者が組織の内外に存在したため、なかなか前に進まない苦しい状況でした。しかし、私は組織の代表としてあきらめず、粘り強く関係者との対話を重ね、全員を同じ方向に向けて事業の立ち上げを成功に導くことができました。ここから私は、一見難しいと思えることも、粘り強く取り組むことによって道は開けること、そして立場が違う人々と協働し、一つのことを成し遂げる面白さを学びました。 続きを読む

内定者のアドバイス

21卒 / 慶應義塾大学 / 女性
職種: 総合職
1
内定をもらうために大事なことを教えて下さい。

デベロッパー業界の中でも事業領域の広さや人の魅力などから、三井不動産・三菱地所に次いで人気があるイメージだったが、東急不動産で何がしたいのか、なぜ他社では...

2
内定が出る人と出ない人の違いを教えてください。

内定者を見ていると、何かに対し自分の思いを持って打ち込んできた人が多いように思う。取り組みについてかなり深掘りされるので、その経験のインパクトの強さより、...

3
内定したからこそわかる選考の注意点を教えてください。

インターン参加者は早期で内定が出て、内定者数も多い印象なので、インターンはぜひチャレンジするといいと思う。自分はインターンは落選したものの本選考で挽回でき...

18卒 / 早稲田大学 / 男性
職種: 総合職
1
内定をもらうために大事なことを教えて下さい。

デベロッパー業界は人気が高く、採用数が少ないので、非常に難しい就活になると思う。そのうえで選考を勝ち抜くためには、やはりデベロッパーのビジネスモデルの理解と各デベロッパーの特性の理解であろう。私は業界内で企業を問わずにOB訪問を繰り返し、いろいろな角度から各社の特性を比較していった。また、どこか一つでもいいのでインターンシップに参加することができれば、デベロッパーのビジネスについてかなり詳しくなれるのでお勧めである。

続きを読む
2
内定が出る人と出ない人の違いを教えてください。

デベロッパーにふさわしい能力や性格を持っているかどうか。これに尽きると思う。コミュニケーション能力、周囲を引っ張っていく力、建物や街への興味などがそれに当たるだろう。周囲の内定者を見ても、これらの力に秀でている人が非常に多い。

続きを読む
3
内定したからこそわかる選考の注意点を教えてください。

OB訪問はかなり重要だと思う。できる限り多くの人に申し込み、様々な話を聞くことをお勧めする。自分のためにもなるし、ある程度は選考のうえでも評価してもらえるだろう。そのうえで面接では、素直に自分の人柄を知ってもらえるよう努力すればいい。ちなみに、最終面接はほぼ落ちない。

続きを読む
16卒 / 早稲田大学 /
企業名: 東急不動産
1
内定をもらうために大事なことを教えて下さい。

OB訪問を会社の企画として行ってくださるのでそれに応募すること、また内定者の4分の1はインターン組だったので早めにインターンに参加して名前を売っておくことが近道です。インターンの締め切りは早いです。

続きを読む
2
内定が出る人と出ない人の違いを教えてください。

全体的に体育会系が多いとは思いますが私のように穏やかなタイプもいると思います。なのでがつがつしている人が選ばれるのではなく真面目にやるときはスイッチを切り替えて行動できる人が求められていると内定者を見ていて思います。

続きを読む
3
内定したからこそわかる選考の注意点を教えてください。

三次面接のGDはあまり重視されておらず人事部長との面接が最高の難関だと思います。圧迫気味であまり笑いも起きない面接なのでここで毅然と自分をアピールできるかが内定の分かれ道になります。ここまでにしっかりと東急不動産について調べておくべきです。

続きを読む
閉じる もっと見る

内定後入社を決めた理由

21卒 / 慶應義塾大学 / 女性
職種: 総合職
1
内定後、入社を迷った企業を教えて下さい。

野村不動産株式会社

2
入社を決めた理由を教えてください。

野村不動産と比較し、多様なアセットに強みがあるからこそ新しい多様性のある開発を行っていける可能性が高いと感じたため。また、社員数が少ないながらも非常に大き...

18卒 / 早稲田大学 / 男性
職種: 総合職
1
内定後、入社を迷った企業を教えて下さい。

三菱地所株式会社

2
入社を決めた理由を教えてください。

幅広い世代に対応できる街づくりがやってみたかったので、同業他社よりも東急不動産を内定先に決めた。この会社は若者の街渋谷の開発を行いながら、サービス付き高齢者住宅の先駆者としてシニア事業に非常に強みを持っている。そうした事業の幅広さから、これからのビジネスの広がりに魅力を感じ、また事業同士を組み合わせれば相乗効果を得られるのではないかと考えた。さらに、お会いした社員の方の雰囲気が自分に合っており、この会社であれば自分の力が発揮できると確信した。

続きを読む
閉じる もっと見る