東京モノレール株式会社のロゴ写真

東京モノレール株式会社

  • 0.0
  • 口コミ投稿数(13件)
  • ES・体験記(4件)

東京モノレールの本選考のエントリーシート

本選考の通過エントリーシート

3件中3件表示
男性 19卒 | 慶應義塾大学 | 男性
Q. 志望動機
A. A.
 私は、安心安全にモノレールを使っていただくための「当たり前」を支えたいと考え、貴社を志望致します。貴社が持つ路線は日本の玄関口と都心を結ぶ必要不可欠な存在で、確実にお客様を目的地までお届けしなければなりません。この使命を果たすため、現場・本社両方の立場から日々考え業務に当たり、安全運行という「当たり前」のために一生懸命に働きたいと存じております。これに加え、沿線開発進行に伴い、モノレールの利用者が増えていきます。多くの方にモノレールを知っていただくよう、持ち前の発信力を活かしたいとも考え、貴社を志望致します。 続きを読む
Q. 学生時代に、目標達成・課題解決のために、自ら考え周囲に働き掛けを行い、期待した人の動きや成果・結果 を引き出した経験を述べてください。(※学業・学内/学外活動を問わない。成果・結果だけでなく、 その過程での自身の成長、失敗した時に学んだ教訓なども含めて具体的に記入すること)
A. A.
アルバイト先の映像授業を扱う塾の生徒数を増やしたことです。私の塾は、母体の予備校の経営転換発表をきっかけに、新規生徒獲得に苦労しておりました。私はチーフチューターとして、現状を打破するためにチューター全員を集めて会議を開きました。会議の結果、(1)「現状に対して危機意識の薄いチューターがいる」、(2)「宣伝活動が高校へのチラシ配布のみ」、(3)「体験生に映像授業の強みを伝えきれていない」以上三つを改善すべきだということになりました。(1)について、各チューターの意識を変えることはチームで行動するため先決事項で、かつ困難でした。その際は、取組によって自分達が得られることを伝え、全員の協力を得ました。(2)ついて、多くの人の目に触れていただくよう、駅前でのチラシ配りや、HPでチューターの取組紹介を始めました。(3)について、「受講時間、期間を自由に決められる」、「費用対効果」の2点を前面に押し出す資料を作り、説明時に用いました。また、科目別・志望校別で最適な受講講座を面談で提案するようにし、生徒さんの映像授業と塾への信頼を築きました。以上の取組で、体験数・入会率が倍増し、生徒数は12名から23名に増えました。私はこの経験から、課題に対してチーム全員が同じ目標を目指して動くことの難しさと、それを乗り越え課題を解決できる自信を得ました。 続きを読む

18卒 本選考ES

専門職(駅係員及び運転士候補)
男性 18卒 | 明治学院大学 | 男性
Q. 志望動機
A. A.
実家の目の前に鉄道が走っており、鉄道が身近であったため、鉄道に携わる仕事に憧れていました。また、サークルの幹部の経験から「人を支えること」に大きなやりがいを感じています。 今後、オリンピックを控え、ますます多くのお客様に利用していただけるチャンスがあること、モノレールというほかの鉄道会社にはない特異的な形状の列車を運転できることに魅力を感じ、貴社を志望しました。お客様が求める「安全と快適」が、定時運行率の高さやお客様の死傷事故がゼロという点から実現できている環境下で、自分自身も最高品質の「安全と快適」を追求し、多くのお客様の生活の支えになりたいと考えています。 続きを読む
Q. 学生時代に、目標達成・課題解決のために、自ら周囲に働きかけを行い、期待した人の動きや成果・結果を引き出した経験を述べてください。
A. A.
大学2年次に文化系16サークルの交流を目的とした宿泊イベントの実行委員の副委員長を務めました。その中で「参加者集め」に最も苦戦しました。200名集めることを目標に、委員長と話し合い、実行委員に対し以下の働きかけをしました。 1.広報担当へ:前年までのイベントの写真や動画をSNSにアップし、楽しさを視覚的情報で伝えてもらう 2.会計担当へ:大学からの援助金を用いて参加費をひとりあたり1000円安くしてもらう →その結果、短いスパンの中で目標であった200明に到達することができました。入社後においても、周囲を巻き込みながら大きなタスクにも立ち向かっていく姿勢を大切にしていきたいです。 続きを読む

18卒 本選考ES

プロフェッショナル専門職(運輸)
男性 18卒 | 大阪経済大学 | 男性
Q. 志望動機
A. A.
私は、人々と直接関わり、社会への貢献が実感できる仕事に就きたいと考えています。日本の鉄道は、年間輸送人員数が世界一であり、その必要性と役割は膨大です。 日本は少子高齢化により、2003年から観光立国政策を掲げ国内需要の拡大を図っており、2020年には4000万人の外国人誘客を目標としています。 とりわけ貴社は、日本一の訪日外国人旅行者数を誇る東京と日本一の乗降者数を誇る羽田空港を結んでいる路線であります。さらに、他社と比べましても円滑にこの2地点を結んでおります。このことから、今後の日本にとって大変重要な役を担っていることに魅力を感じ貴社を志望致しました。 続きを読む
Q. 学校生活(高校時代を含む)やアルバイトで、最も力を入れて取り組んだことと、そのことを通じて得たことを紹介してください。
A. A.
大学の陸上部のサポート役が全国大学駅伝の予選敗退後に不在となり、その穴を埋めるため、2年次より部活動の主務に徹してきました。当時の私は、主力メンバーから外れており怪我をしていたので、今の自分に何かできることはないかと考えたのがきっかけです。 チームの目標は、全国大学駅伝の出場権を奪還することです。しかし、試合本番に結果を出せない選手が多く、目標達成にはこの課題解決が急務でした。選手が本番で力を発揮できるようにすることが私の使命だと考え、選手や監督とコミュニケーションを取ることにより原因を探求しました。判明した原因は、選手達と監督の関係性や日々の厳しい練習によりストレスが蓄積し、体調面や精神面において悪循環を与えていたことが挙げられました。この問題を解決するべく選手や監督と議論し、情報を共有する架け橋となり、選手自身の状態を把握し監督に伝えるようにしました。すると、監督が選手の状態を正確に把握し、練習量を選手に合わせて調整ができるようになりました。 その結果、本番で結果を残せるようになり、2年ぶりとなる全国大学駅伝出場に貢献できました。この経験から、周囲の変化に気付き、コミュケーションをとる中で他者の意見を参考にし行動することによって目標達成に貢献できるということを学びました。 続きを読む
Q. クラブ活動
A. A.
中学では3年間 軟式野球部に所属していました。 高校から7年間 陸上競技部 主に長距離種目に所属しています。 続きを読む
Q. 趣味 特技 資格
A. A.
趣味は、国内旅行・サッカーのスポーツ観戦。特技は、野球・マラソン。資格は世界遺産検定2級を保持しています。 続きを読む
Q. 研究課題および得意な科目
A. A.
海外のテロ事件をテレビのニュースで観たことをきっかけに、私は国際関係論を専攻し、ヨーロッパにおけるテロ活動の発生要因について研究しています。 続きを読む
閉じる 質問と回答をもっと見る
3件中3件表示