Img company noimage

株式会社日立製作所

  • 3.7
  • 口コミ投稿数(3210件)
  • ES・体験記(81件)

日立製作所のインターンTOP

日立製作所のインターン

インターンの評価

もっと見る
総合評価
5.0
選考難易度
inactive
inactive
active
inactive
inactive
3.0
業界理解
inactive
inactive
inactive
inactive
active
5.0
会社理解
inactive
inactive
inactive
active
inactive
4.0
メンターのコミット
inactive
inactive
active
inactive
inactive
3.0
自己成長
inactive
inactive
inactive
inactive
active
5.0
内定直結度
inactive
inactive
active
inactive
inactive
3.0
学生のレベル
inactive
inactive
active
inactive
inactive
3.0
テーマの面白さ
inactive
inactive
inactive
inactive
active
5.0
総合評価
5.0
選考難易度
inactive
inactive
inactive
active
inactive
4.0
業界理解
inactive
inactive
inactive
inactive
active
5.0
会社理解
inactive
inactive
inactive
active
inactive
4.0
メンターのコミット
inactive
inactive
inactive
inactive
active
5.0
自己成長
inactive
inactive
inactive
active
inactive
4.0
内定直結度
active
inactive
inactive
inactive
inactive
1.0
学生のレベル
inactive
inactive
inactive
inactive
active
5.0
テーマの面白さ
inactive
inactive
inactive
active
inactive
4.0

インターンの内容(11件)

Img square intern

19卒 冬インターン

2018年1月開催 / 5日 / インフラビジネス
Img human 19卒 | 早稲田大学大学院 | 女性
新規事業提案

企業や事業紹介の座学があったあと、様々な事業へ見学しに行き、その事業所で働く社員の方にインタビューを行い、企業理解を深めた。このインタビュー内容がグループワークの材料となる。後半はグループディスカッションを行い、模造紙にまとめて発表準備をしていった。ワークのゴール地点の制限はない。最終日には部長レベルの社員に模造紙を用いて発表を行う。

Img square intern

19卒 冬インターン

2017年10月開催 / 60日 / 研究開発
Img human 19卒 | 京都大学大学院 | 男性
ある実験装置に対し、内部の電場の構造を高速に計算する手法の開発

研究に使うPCの操作方法の説明を受けたり、課題の対称である実験装置についての論文を読んだりした。一周目の終わり当たりに2つの課題について説明してもらい、そのうち1つを選択した。片方は夏のインターンの学生にさせている用意された課題で、もう一つは実際にユニットで研究を開始しようとしている課題。私は後者を選択した。課題の内容について何度かユニットの人に質問しながら理解し、どのような計算をすればよいかを自分で考え、とりあえずプログラムを組んで実行してみた。プログラムはFortranで書いた。2周目で用いた計算手法では不安定かつ速度が遅いため、課題の解決にはそぐわないと判断し、別の方法を試みること...

インターンに参加してみて

この企業に対する志望度は上がりましたか?

  • はい
  • いいえ
はい
19卒 / 早稲田大学大学院 /
冬 / 1日 / ヘルスケアビジネスユニット

志望度が上がった理由は、業務内容に面白さを感じたことと、社員の方の雰囲気に非常に好感を持てたためである。業務内容に面白さを感じたのは、業務理解を深めること...

いいえ
18卒 / 早稲田大学大学院 /
夏 / 15日以上 / 開発コース

メーカーでの開発業務は面白そうだと感じたが、地方で働くというより、都会に残りたいという感情が勝った。開発業務自体は面白かったので、メーカーでの開発職を受け...

もっと見る

インターンへの参加が本選考に有利になると思いましたか?

  • はい
  • いいえ
はい
19卒 / 京都大学大学院 /
冬 / 60日以上 / 研究開発

研究職を志望する志望動機や自分がどのように働きたいのかのイメージがかなり明確になる。また、面接を受ける際に聞かれるであろう逆質問に対してもかなり詳しく本質...

いいえ
19卒 / 早稲田大学大学院 /
冬 / 1日 / ヘルスケアビジネスユニット

特に人事の方からのフォローもなく、インターンシップ参加者限定のイベントなどもないため、今回のインターンシップに参加することで本選考で有利になるとは思わなかった。

もっと見る

参加後の就職にどう影響したか

19卒 / 早稲田大学大学院 /
冬 / 1日 / ヘルスケアビジネスユニット
参加前
インターン参加前の志望企業・志望業界を教えて下さい。

今回のインターンシップに参加する前は、志望業界としてはインフラやメーカー、システムインテグレーターなど社会貢献度の高い事業を行っている企業を中心に、かなり...

参加後
インターンへの参加がその後の就職活動へどう影響しましたか?

システムインテグレーター、インフラやメーカーの業界を中心に、企業研究を行っていたが、今までヘルスケアに関する分野を全く見ていなかった。しかし、今回のインタ...

もっと見る

インターン当日の感想

参加して学んだこと

19卒 / 早稲田大学大学院 /
冬 / 1日 / ヘルスケアビジネスユニット

社員の方の業務紹介が非常によく分かりやすく、業務内容を良く理解することができた。業務フローからキャリアステップなど具体的に説明してくださった。また、社員の...

もっと見る

参加して大変だったこと

19卒 / 早稲田大学大学院 /
冬 / 1日 / ヘルスケアビジネスユニット

今回のインターンシップで大変だったことや苦労したことは特にない。私たちのチームはグループディスカッションにおいても非常にスムーズに議論が行われ、結論まで出...

もっと見る

印象的なフィードバック

19卒 / 早稲田大学大学院 /
冬 / 1日 / ヘルスケアビジネスユニット

このチームはグループディスカッションを行う上で役割分担が非常によくできていたため、スムーズに議論を行うことが出来ていて、とても良かったという評価を頂くこと...

もっと見る

選考対策

直近のインターン選考フロー

インターンES

Img square es

18卒 インターンES

総合職
Img human 18卒 | 早稲田大学大学院 | 男性
Q. セールスポイント200字
A. 私は、継続力に自信があります。この強みは、高校時代の学業において最も発揮されました。高校入学当初、定期テストの出来は平均レベルで良くも悪くもありませんでした。成績改善の為、私は、授業時間や通学時間を有効活用し、集中して勉強に取り組みました。この取り組みを継続した結果、学内模試、定期テストで学年トップの成績をとることができました。この継続力は、研究開発を進める上で重要な素質であると自負しております。
Img square es

18卒 インターンES

技術職
Img human 18卒 | 同志社大学大学院 | 男性
Q. 研究内容(1200文字)
A. 私の研究は,人の脳活動から心理状態を評価することです.近年,人々のライフスタイルの多様化により,製品開発において各々の心理状態に適したモノづくりが必要とされています.そこで研究の将来目標として一人一人の心理状態に適した製品を開発したいと考えています.このような製品の開発には,情動(心理状態)の評価が必要です.一般的に情動を評価するにあたり,自己申告による主観評価が用いられています.しかし,主...

インターン面接

Img square intern

18卒 冬インターン 最終面接

2017年2月開催 / 5日 / システム&サービスソリューション
Img human 18卒 | 東洋大学 | 男性
Q. なぜ日立製作所のSE職のインターンに応募したのか。
A. SE職について興味が湧いたから。ただ実際に参加することと、インターネットでの情報収集では大きな差があり、日立グループにはたくさんの企業が存在している中で、日立製作所のSE職とはどんなものなのかを自身の目で確かめてみたかったから。また、少人数ということもあり、突き詰めた内容を吸収できるとも感じることができたから。
Img square intern

18卒 夏インターン 最終面接

2016年8月開催 / 15日 / 開発コース
Img human 18卒 | 早稲田大学大学院 | 男性
Q. どのような研究をしているか
A. 具体的な研究の内容を答えた。研究で必要となる知識は、学部で学んだものとは違っており、ゼロからのスタートであったが、今抱えている問題を解決するためには何の知識が必要なのかを見極めて一つ一つ問題を解決していくことで研究を進めてきたと伝えた。研究に取り組む中で、ただ学ぶだけでなく、学んだ知識を活かして新しいものを生み出す力を身に着けたと伝えた。
Img square intern

19卒 冬インターン 最終面接

2017年10月開催 / 60日 / 研究開発
Img human 19卒 | 京都大学大学院 | 男性
Q. なぜこのインターンシップ(とある実験装置の精度向上のためのシミュレータの開発)を受けようと思ったのか。
A. 大学でシミュレーションを用いた研究を行っているため、当インターンシップの課題内容であるシミュレータの開発に興味があったため。また、シミュレーションをする際に高精度で計算するための方法を勉強したため、本インターンシップに活かすことができるかもしれないと考えたため。また、研究対象の実験装置が物理的に興味深い現象を利用しているため、物理学が好きな自分に合っていて研究を楽しめると思ったため。