アステラス製薬株式会社のロゴ写真

アステラス製薬株式会社

  • 4.5
  • 口コミ投稿数(543件)
  • ES・体験記(80件)

アステラス製薬の本選考のエントリーシート

本選考の通過エントリーシート

31件中1〜20件表示

21卒 本選考ES

信頼性保証職
男性 21卒 | 京都大学 | 女性
Q. 職種を希望する理由をご記入ください。(300字以内)
A. A. 価値ある情報を必要とされる場所に迅速に届けるとともに、被験者情報が少ない方々への適切な投薬の糸口になりたいからです。 自身と母の薬の副作用を目の当たりにした経験から、上記の志を持ち続けています。大学の研究では、臨床からの膨大な情報を読み解き、データを介し患者さん...
Q. あなたの強みは何ですか?また、あなたが大切にしていることは何ですか?(200字以内)
A. A. 強みは「努力を厭わない」ことです。大学生活では学業、サークル、アルバイトにおいて自身が立てた目標に対して貪欲に努力し確実に成果を上げてきました。 大切にしていることは「誠実に取り組む」ことです。“現実と逆境を受け止める力”をつけ、“自身の成長”へとつながり、最終...
Q. アステラスに関し、1つだけ質問できるとしたら何を質問したいですか?その理由もお書きください。(200字以内)
A. A. 質問:M&Dにおいて、前例にこだわらず結果にこだわった経験 理由:遵守しなければならない規則が多い臨床試験や製造販売後調査等を担うM&Dにおいては、前例にこだわらないことが難しいのではないかと考えたからです。Astellas Wayの『「前例」にこだわらず、「結...
Q. 変化の激しい医療環境の中において、あなたがアステラスで挑戦したい事を具体的にお書きください。(300字以内)
A. A. 「個々の患者のリスクを考えた、緻密な安全情報収集と提供」を行うことです。 母は外来がん治療中、副作用が発現しても抗がん剤投与を続けた結果重篤化し、治療継続が困難になることがありました。このように治したい一心で無理をする患者さんは少なくないはずです。この回避には、...
閉じる 質問と回答をもっと見る
男性 21卒 | 日本大学 | 男性
Q. 大学時代の中で最も力を入れて取り組んだことは何ですか?(40文字以内)
A. A. よさこいチームの練習計画班を務め、チームを受賞に導いたことです。
Q. 最も力を入れた取り組みにおいて、あなた自身が立てた目標と具体的に挑戦したことを教えてくさい。(400文字以内)
A. A. 「練習参加頻度の低いメンバーのサポートを充実させること」を目標に練習改革を行いました。 私の所属チームは、知名度向上による人数増加で構成メンバーが多様化し、様々な理由から練習にあまり通えない人の入会も増加しました。集団演舞であるよさこいにおいて、上手く踊れないメ...
Q. 具体的に挑戦したことの成果およびその挑戦を通して、あなた自身もしくはあなたが周囲に変化を起こしたことは何ですか?(400文字以内)
A. A. 練習改革を行った結果、本場高知県で開催された全国大会での受賞を果たしました。なぜなら、サポート制度の充実は練習参加頻度の低いメンバーの基礎能力向上と自信回復以外にもチームに利益をもたらしたからです。 1つは、全体練習で扱うメニューのうち基礎練習の時間が圧縮でき、...
Q. あなたはどのようなMRになりたいですか? 一言で表してください。(50文字以内
A. A. 一人でも多くの患者様を笑顔に変えるために、戦略立案し行動できるMR。
Q. その姿を実現させるフィールドが、アステラス製薬でなければならない理由は何ですか?(400文字以内)
A. A. 「一人でも多く」を実現するためには、幅広い疾患をカバーできる製品力と、それを供給できる販売網が必要です。貴社は、患者数の多い疾患のみでなく、アンメットメディカルニーズに対しても積極的に経営資源を投入し、開発に取り組んでおられます。そして、海外売り上げ比率が7割を超...
閉じる 質問と回答をもっと見る
男性 21卒 | 京都薬科大学 | 男性
Q. バイオ技術研究職の志望理由(300字以内)
A. A. バイオ技術研究職を志望した理由は、将来の医療を担う原薬を突き詰めて磨き上げ製品価値を最大化させる「育薬」をもって、多くの患者の治療に直接貢献したいからです。従来の薬物療法では根治が困難な疾患への抜本的根本的な解決、また個人に適した医薬品の選択等の個別化医療の推進お...
Q. 変化の激しい医療環境の中において、あなたがアステラスで挑戦したい事を具体的にお書きください。(300字以内)
A. A. 再生医療が当たり前に思える社会を目指し、米国のバイオ関連企業と共同で再生医療製品の開発に挑戦したいです。入社後3~5年間は配属された部署で研究に必要な基本的な技術や考え方を身に着け、主体的にプロジェクトに関わって経験を積みたいと考えています。現時点で既に再生医療関...
Q. ・あなたの強みや大切にしていることは何ですか?(200字以内)
A. A. 身をもって経験することを大切にしています。経験することで事実を知り、考え方を改め、新たな思考を生むというプロセスを踏むことで、物事を理解し、自己成長に繋がると考えています。失敗しないための情報収集も大事ですが、可能な限り調べた上で実際に行動を起こさなければ成長に繋...
閉じる 質問と回答をもっと見る
男性 21卒 | 東北大学大学院 | 男性
Q. プロセスを志望する理由(300字)
A. A. 私が合成技術研究職を志望する理由は、貴社のインターンシップに参加させていただいた際、患者様と非常に近い立場で仕事ができると感じたからです。大学3年時に悪性リンパ腫で叔父を亡くした際、最期まで必死に闘病する姿を目の当たりにし、悲痛な思いをしました。この経験から、「病...
Q. あなたの強みは何か。また、あなたが大切にしていることは何か(200字)
A. A. 私の強みは「1つの目標に向かって最後まで諦めない精神力」です。これは、12年間続けてきた野球を通じて培ってきました。この強みに関連して、私は「失敗に対する原因の考察」を日々大切にしています。私が設定した目標にはいずれも大きな壁が存在し、その度に多くの失敗をしてきま...
Q. アステラスに関して1つだけ質問するなら何か。その理由も(200字)
A. A. 医療の最先端に立つ貴社で活躍する人材となるために、何が1番重要だとお考えですか。 この質問をさせていただいた理由は2点あります。1点目は技術革新が著しい製薬業界において、長い間業界を引っ張り続ける要因の1つは人材にあるのではないかと考え、非常に興味を抱いている...
Q. 変化の激しい医療環境の中で、アステラスで挑戦したいことを具体的に(300字)
A. A. 私は大学の研究活動で培った有機合成化学の技術を基盤として、ペプチド製剤や核酸医薬といった中分子医薬のプロセス研究に挑戦したいと考えています。なぜなら、変化の激しい医療環境で生き抜くためには、従来の低分子医薬や抗体医薬に加えて新たなモダリティに強みを持つことが大切な...
閉じる 質問と回答をもっと見る
男性 21卒 | 熊本大学大学院 | 男性
Q. 学生時代を100%としたら力を入れたことはそれぞれ何%ですか?(150文字以内)
A. A. 私が学生時代に力を入れて取り組んだことは主に4点あります。それぞれの割合として、主に接客を担当したアルバイトが45%、先行研究のないテーマで行った研究生活が35%、部長として活動したサークル活動が10%、タイへの短期留学や飲食店やボードゲームカフェに通うことによる...
Q. 大学時代の中で最も力を入れて取り組んだことは何ですか?(40文字以内)
A. A. 3年間バーの店員としてお客様と1対1の接客を続けたアルバイトです。
Q. 最も力を入れた取り組みにおいて、あなた自身が立てた目標と具体的に挑戦したことを教えてください。(400文字以内)
A. A. 私がアルバイトをする中で掲げた目標はどのようなお客様とでも楽しく会話できるようなスキルを身に着けることです。この目標は私がアルバイトを始めた当初、お客様が先輩とばかり話し、私自身には関心を持ってもらえず悔しい思いをした経験に起因しています。お客様が私に関心を持って...
Q. 具体的に挑戦したことの成果およびその挑戦を通して、あなた自身もしくはあなたが周囲に変化を起こしたことは何ですか?(400)
A. A. 挑戦の結果、3つの変化が起きました。1:お客様及び店長からの評価の上昇、2:接客スキルの上昇により初対面の方に話しかける抵抗の消失、3:他のアルバイトの方も私の行動を倣うようになったという3点です。出勤前に記録したメモを確認することで、久しぶりに来店されたお客様に...
Q. あなたはどのようなMRになりたいですか?一言で表してください。(50文字以内)
A. A. 私は患者さん一人一人を見据えた上で質の高い情報提供をすることのできるMRになりたいと考えています。
Q. その姿を実現させるフィールドが、アステラス製薬でなければならない理由は何ですか?(400文字以内)
A. A. 貴社の他社にはないユニークなフォーカスエリアの設定から生み出される多様なモダリティ、ソリューションが私の理想のMRには必要な要素だと考えているからです。「患者さん一人一人を見据える」とは、「ある一つの疾患を抱えた患者さん」としてではなく、「ある一つの疾患‘も’抱え...
閉じる 質問と回答をもっと見る

20卒 本選考ES

営業職(MR)
男性 20卒 | 東京農業大学 | 男性
Q. どのようなMRになりたいのか?一言で教えてください。
A. A. 【誰よりも早く誰よりも的確な医薬品を届けられるMR】
Q. その姿を実現させるフィールドがアステラス製薬でなければならない理由。 400文字以下
A. A. 【自社製品にこだわらず、新薬を提供し続けているから】です。 幼い頃、祖母を「がん」で亡くしました。医師が、「もう少し早いタイミングで薬を投与できていれば」と言っていたのが今でも耳に残っています。それを聞いた私は苛立ち・悔しさを隠せませんでした。そのようなタイミン...
Q. 大学生時代に最も力を入れて取り組んだことは? 40字以内
A. A. 「農大歴史上初の一部リーグ昇格にむけ」
Q. 最も力を入れた取り組みにおいて、あなた自身が立てた目標と具体的に挑戦したことは? 400字以内
A. A. 【1.チームのフィジカル強化】 【2.個人能力の向上】 私はラクロス部の悲願である一部リーグ昇格を目標にチームを牽引しています。一部リーグに昇格するため、2つのことを目標にさまざまな取り組みを行いました。 まず1つ目の目標として、【チームのフィジカル強化】で...
Q. 具体的に挑戦したことの成果およびこの挑戦を通してあなた自身もしくはあなたが周囲に変化を起こしたことは何ですか? 400字以内
A. A. 【1.チームのフィジカル強化】に取り組んだ結果、部員の平均体重が12キロ増え、一部リーグに所属するチームに当たり負けないフィジカルを身に付けることができました。また、部員全員の食事やトレーニングに関する意識が高くなり、普段の練習に対する意識も向上しました。 取...
閉じる 質問と回答をもっと見る

20卒 本選考ES

総合職(MR)
男性 20卒 | 専修大学 | 男性
Q. 大学時代に力を入れて取り組んだことについて教えてください。 大学時代を100%としたら力を入れたことはそれぞれ何%ですか?150文字以内
A. A. バドミントン(部活動、社会人クラブ)70% 学業20% スポーツジムでのインストラクターのアルバイト10%
Q. 大学時代の中で最も力を入れて取り組んだことは具体的に何ですか?40文字以内
A. A. バドミントン関東大学リーグ戦で2部昇格に貢献することに力を入れて取り組みました。
Q. 最も力を入れた取り組みにおいて、あなた自身が立てた目標と具体的に挑戦したことを教えてください。400文字以内
A. A. 現在、体育会バドミントン部で活動していますが、私達のチームは長年、関東大学リーグで2部に上がる事が叶わず、3部止まりでした。 そこで、2部リーグ昇格を目標に、チームへ貢献する事に挑戦しました。 現状、レギュラーとなり直接チームの勝利に貢献するのは厳しかったので...
Q. 具体的に挑戦したことの成果およびこの挑戦を通してあなた自身もしくはあなたが周囲に変化を起こしたことは何ですか?400文字以内
A. A. このように挑戦した結果、昨年の秋リーグで3部優勝、そしてチームでずっと目標としてきた2部昇格を成し遂げる事が出来ました。この挑戦を通して、バドミントンはチームで戦える競技なのだと改めて感じました。 周囲に対しては、ただトレーニングの知識でアドバイスをするだけでな...
Q. あなたは、どのようなMRになりたいですか? 一言で表してください。50文字以内
A. A. 患者さんの目線で提案し、誠実で人々の健康と幸せに貢献できるMR 一人でも多くの患者さんに明るい明日を届けられるMRになりたいです。
Q. その姿を実現させるフィールドが、アステラス製薬でなければならない理由は何ですか? 400文字以内
A. A. やはり人間、最後にものをいうのは健康な体だと思います。健康でなければ運動も仕事も勉強も何もできません。そういった健康が一番大切であるという想いがあり、人々の健康やQOL向上に貢献できる、製薬業界のMR職を志望しています。その中でも貴社のMR職を志望する理由は、アン...
閉じる 質問と回答をもっと見る
男性 20卒 | 慶應義塾大学 | 男性
Q. 大学時代を100%としたら力を入れたことはそれぞれ何%ですか?(150文字以内)
A. A. 東京ドームでのビール販売員サポートのアルバイト:50% テニスサークルでの副代表:25% 学内、その他の友人との交友:25%
Q. 大学時代の中で最も力を入れて取り組んだことは具体的に何ですか?(40文字以内)
A. A. 東京ドームのビール販売員サポートアルバイトでの販売員の指導
Q. 最も力を入れた取り組みにおいて、あなた自身が立てた目標と具体的に挑戦したことを教えてください。(400文字以内)
A. A. サポートアルバイトのチーフとして、売上が落ち込んでいた自社のビールシェアを上昇させることを目標に販売員の指導に挑戦しました。 売上が落ち込んでいる理由を探るべく、まずは販売員との面談を行いました。 ①価値観の違い②お客様志向の低さ 面談によってこの2つが原因...
Q. 具体的に挑戦したことの成果およびこの挑戦を通してあなた自身もしくはあなたが周囲に変化を起こしたことは何ですか? (400文字以内)
A. A. *メンバー・お客様・組織と関わる全ての人の明日を変えた シェア3%上昇を達成。この3%は1試合約450杯にも値し、成長率はビール四社中トップです。それと共に私は、「メンバーが楽しく働いてお客様の信頼と笑顔を得続けた上で売上を出せる組織作り」をすることができました...
Q. あなたは、どのようなMRになりたいですか? 【1】一言で表してください。(50文字以内)
A. A. 医師の立場に立って、常に患者様とご家族を笑顔を忘れないMR
Q. 【2】その姿を実現させるフィールドが、アステラス製薬でなければならない理由は何ですか?(400文字以内)
A. A. ひとつ上のMR・エリア制・ジェネラリスト制で多様な新薬を持つの3点から、実現させる舞台として貴社が最適だと考えます。 私のMRとしての軸は貴社の「ひとつ上のMR」にあります。貴社の社員全員がこれを意識されており、その為に自己成長に対して惜しみない努力をされている...
閉じる 質問と回答をもっと見る
男性 20卒 | 大阪府立大学 | 女性
Q. 大学時代に力を入れて取り組んだことについて教えてください。  大学時代を100%としたら力を入れたことはそれぞれ何%ですか?(150字)
A. A. ・ビアガーデンのアルバイト(業務全般,3年間):40% ・大学での研究と研究室の運営:30% ・オーストラリアへ語学留学、TOEICの勉強など英語力向上への取り組み:20% ・飲食店のアルバイト(ホール業務,2年間):10%
Q. ・大学時代の中で最も力を入れて取り組んだことは具体的に何ですか?(40字)
A. A. ビアガーデンのアルバイトでマジックデーから学割デーへの変更を提案、導入したこと。
Q. ・最も力を入れた取り組みにおいて、あなた自身が立てた目標と具体的に挑戦したことを教えてください(400字)
A. A. 上記の取り組みの目標は、100名の客入りを達成し、売上に貢献することです。元々、毎週火曜日にマジックデーを開催していましたが、150名収容可能な規模に対し平均50名の客入りでした。そこで私は、目標達成のために大人数でお酒を飲みに行く機会が多い大学生客にフォーカスす...
Q. ・具体的に挑戦したことの成果およびこの挑戦を通してあなた自身もしくは周囲に変化を起こしたことは何ですか?(400字)
A. A. この挑戦の成果は、集客目標を達成できたことはもちろんのこと、私自身そしてチームに成長を促すことができたことだと考えます。具体的に、私自身の成長は課題解決力と行動力を養えたことです。店長から反対を受けた経験から、相手のニーズを把握し解決策を立てる重要性を実感すること...
Q. あなたはどのようなMRになりたいですか? ・一言で表してください(50字)
A. A. 治療法がなく苦しむ世界中の患者に一番早く新薬を届けることができる行動力のあるMRになりたいです。
Q. ・その姿を実現させるフィールドが、アステラス製薬でなければならない理由は何ですか?(400字)
A. A. 貴社のMRでなければ実現できない理由は2点あります。1点目は、貴社は新薬開発に特化した製薬会社だからです。新薬のみを扱うことで、十分に研究開発に投資ができるため、いち早くアンメットメディカルニーズを充足できることを期待します。2つ目は、貴社は海外売上比率が約64%...
閉じる 質問と回答をもっと見る
男性 19卒 | 早稲田大学大学院 | 男性
Q. 「あなたらしさ」の強み(専門知識・技術)3つ
A. A.
(1)数学。生物学の中で、数理生物学を専攻した点が強みです。 (2)生命科学。生理学や薬理学など、臓器単位での把握や薬理作用に対する知見が強みです。 (3)複数の専門性を融合する能力。モデリング経験が強みです。 続きを読む
Q. 志望部門と理由
A. A.
●●職 大学での研究経験を最大限に活かしたく志望します。大学院で従事している共同研究経験を通じ、これまで分断されていた数理的手法による創薬の重要性を身をもって感じています。昨秋、論文を作成する際、理論上では起こり得ない症状が臨床データに含まれていました。しかし、医師とのディスカッションを重ねることで、そのような症状も再現することに成功しました。この経験を通じ、数理モデルは想像以上に応用範囲が広く、高齢化が急激に進む日本の新薬創出を加速させたいという思いが募りました。貴社の変化を取り込む風土の下、先の思いを実現し、創薬をリードする人材になるべく本職種に志望します。 続きを読む
Q. 質問事項
A. A.
「貴社は医療現場で問題視されている疾病のうち、今後何に着目していきたいと考えているか」現在研究対象としている**病は、複雑な病態ゆえ明確な治療方針が立てづらいという課題を抱えています。研究では、この課題を数理的に解決することを目標としています。この研究背景から、医療用医薬品および先発品に特化している貴社は、医療現場が抱える様々な問題の中で特に着目している点に興味があるため質問したいです。 続きを読む
Q. アステラス製薬で挑戦したい事
A. A.
貴社の信条の下、海外事業に挑戦したいです。学部の研究対象であった##病は世界で約#人が罹患しています。そして、現在の研究対象である、**病は先進国でも致死率が高く、アメリカでは第*位の死因に挙げられている病気です。これら世界規模で問題となっている病気の研究を通じ、海外事業にも尽力している製薬会社を志望します。特に貴社の「患者志向」「主体性」の風土に共感します。修士1年での研究成果を共同研究先の医師に評価していただき、修士2年では複数の臨床データを用いた統計解析や医師へのシミュレーション教育等に参画する予定です。この開拓精神を武器に海外事業で先駆者になりたいです。 続きを読む
閉じる 質問と回答をもっと見る

19卒 本選考ES

エンジニアリング職
男性 19卒 | 東京農工大学大学院 | 男性
Q. アステラス製薬で挑戦したい事(300字以内) ※第一希望は必須です。
A. A.
まず一つは高齢化等で今後益々需要が高まる製薬業界において、安定した製薬の供給を担うエンジニアリング職は重要な役割を持っており、人々の健康の維持に貢献できるからです。もう一つは、様々な分野の知識を持つエンジニアを目指せる環境があることです。私は自身の研究で、機械・電気電子・情報の分野を組み合わせ、新しい装置の開発に取り組みました。今後も業務の中で様々な技術領域を貪欲に学び,それを組み合わせて新たなものを作りたいと考えております。貴社のエンジニアリング職は、新規設備の設計から建設、立ち上げまで担当する傍らで、技術開発にも携われるため、その中で基礎から最先端までの技術を吸収できると思い志望しました。 続きを読む
Q. 自己PRをお願いします(200字以内) ※
A. A.
私の強みは不屈の探求心です。卒業研究にて新しい装置の提案から試作機の開発まで1年で行うテーマを与えられました。装置の開発には他分野のスキルが必要でした。1年という短い時間で装置を試作するために、未習の領域をブラックボックスにして先に進む妥協案を思いつきました。しかし、それは原理を重んじる理系思考が許しませんでした。原理を理解しつつ装置開発を行い、最終的に装置の試作を達成し、学会発表にも行けました。 続きを読む
Q. アステラスに関し、1つだけ質問できるとしたら何を質問したいですか?その理由もお書きください(200字以内) ※
A. A.
もし、エンジニアリング部門の一員として働くことになった際に、技術開発では具体的にどのようなテーマが与えられるのか、お聞きしたいです。私は工場のIoT化やFA化に興味がありますが、そのような技術以外にも今後の生産現場に重要な改善事項や専用の技術があるならば、その内容を知りたいです。そして、残りの1年の学生生活でその技術開発に活きる技術分野を、機械系ならば復習、それ以外ならば新たに学び、基礎の土台としたいです。 ただいまの入力文字数は文字です。 続きを読む
Q. 変化の激しい医療環境の中において、あなたがアステラスで挑戦したいことを具体的にお書きください(300字以内) ※
A. A.
生産現場のIoT化とロボットによるFA(ファクトリーオートメーション)化に挑戦したいです。前述のように、機械工学や電気電子工学、情報工学を横断的に学んだ経験を活かせる場として、IoT化やFA化が挙げられます。というのも、これらはセンサーやマイコン、ロボット等の要素技術を組み合わせ、専用のネットワークを構築する必要があるからです。これらの一つ一つの動作原理を理解した上で、それらが組み合わさって作られるソリューション全体を俯瞰的にも見ることができ、そこから管理や改善ができるエンジニアが必要であると考えます。入社後の業務の中で必要なスキルを更に学び、将来的には貴社の製造現場のIoT化やFA化を牽引していきたいです。 続きを読む
閉じる 質問と回答をもっと見る
男性 18卒 | 横浜市立大学大学院 | 男性
Q. 現在の日本の医療における問題点を挙げ、それに対しアステラスは製薬企業としてどんなことができるでしょうか?あなたの意見・考えをまとめてください
A. A.
私が考える現代医療における最も大きな問題点としては高齢化に伴う社会保障費の増大により世界に誇る高水準の医療の日本の隅々まで行き届かせることができるかということにあるということです。2015年のデータでは社会保障費全体で110兆円であり、およそ10年後には1.5倍になるという試算がなされています。しかしながらそれを支える年齢層の人口減少により財源確保が難しく今後の大きな課題とされています。 そこで私は貴社がこのような問題にどのように貢献していくかについては次のように考えています。まず初めに大きな枠として多くの選択肢かつ高水準の医療を提供することで効率的で無駄のない治療法の提供をすることです。研究部門としては新たな新薬の開発により多くの選択肢を患者様に提供することができると考えます。そして開発された新薬を上市させるまでの迅速化を開発部門で進める必要があると思います。 しかしながら、私が最も重要と考えていることがMR職の方の働きです。薬の情報を医師に提供する力がなければ薬が波及することなく、患者様にR&Dの薬にかける熱意や選択肢を増やすことができず、医療に貢献したとは言えません。MR職の方が自らがただの営業職ではなく、医療の一端を大きく担っているという強い意識を感じて従事することが必要になっていると思います。 また、近年注目されているチーム医療の考え方に製薬企業もその一員として積極的に関与し患者様一人一人にあったお薬の提案を通じてその一端を担う必要があると考えます。現場だけでなく、お薬を提供する立場からしか見えないことが必ずあると思います。 このように多くの選択肢かつ高水準の医療を提供することで効率的で無駄のない治療法の提供をすることにより、社会保障の問題をジェネリック薬品とは別の切り口で解決に迫ることができると考えます。 続きを読む
男性 18卒 | 東京大学大学院 | 女性
Q. 会社に入って達成したい夢
A. A.
私は、貴社で開発職として継続的なキャリアを形成し、入社15年間で30品目以上の新薬開発に携わりたいという夢があります。また、入社15年目 以降は人材育成やプロジェクトマネージャーとして、さらにスキルアップすることで貴社に貢献したいと考えています。 まず、30品目という数字は、あるCROの開発部長の方から聞いた、これまで開発に携わってきた医薬品の数です。CROは臨床開発を専門とするところ が多く、この数字は平均的であるということも伺いました。しかし私は、同じ数の試験を、製薬企業の開発職として行うことで、貴社の開発力アップ に繋がると考えています。また、沢山の試験を経験することで、開発のプロとなり、次の試験に活かしてより正確で速い仕事が出来るようになると考 えています。そうして開発のプロとなったあと、部活動でリーダーを務めた経験を活かしてチームをまとめることで、さらに貴社に貢献したいです 続きを読む
男性 18卒 | 東京大学大学院 | 男性
Q. 得意科目を教えてください
A. A.
蛋白質工学・計算化学 続きを読む
Q. 趣味を教えてください
A. A.
絵画鑑賞、旅行(海外・国内)、読書 続きを読む
Q. 自己PRをご記入ください
A. A.
私の強みは、地道に努力を続けられることです。学部時代の研究テーマでは、Baxという膜蛋白質の発現系確立・精製手法の検討を行いました。半年以上にわたり培養温度、時間、ベクターや菌体の種類など様々な条件の検討を行ったにもかかわらず、活性を有する蛋白質を発現することができませんでした。そこで、細かい操作や生成物の色などについても、写真も利用しつつノートへ納めるよう心がけ、先輩へも頻繁にアドバイスを求めました。さらなる検討を通して、蛋白質を僅かな時間室温に晒してしまったために変性が生じたこと、用いる界面活性剤の種類やプロテアーゼ阻害剤の導入によって収率に大きな差が生じることがわかり、1年の検討の末に目的蛋白質の発現・精製条件を決定することに成功しました。今後、仕事において多くの困難に直面することがあるかと思いますが、決して諦めることなく、これまでの経験を糧に挑戦を続けていきたいと思います。 続きを読む
Q. 専門領域における取り組み (400文字以内)
A. A.
キナーゼの一つであるERK2と、ERK2-ATP結合反応の阻害剤であり高い基質特異性を持つ低分子化合物のFRについて、分子動力学シミュレーションによる相互作用解析に取り組んでいます。本研究では特に、FRがERK2に結合する前の状態から結合状態へ至るプロセスに注目して解析を行っています。プロセスでは、結合状態以上に動的な相互作用が生じると考えられ、結合状態のみならずプロセスにおける相互作用も理解できれば、より親和性が高くかつ基質特異的な薬剤の設計が可能になると考えられます。現在、シミュレーションにおいて、異なるプロセスが複数確認されており、各々で異なるアミノ酸残基が相互作用することがわかりました。今後、これらのアミノ酸をアラニンへ置換したERK2を発現し、温度変化表面プラズモン共鳴法(SPR)を用いて野生型との熱力学的パラメータの差を測定することで、プロセスへの影響を考察したいと思います。 続きを読む
Q. 希望部門 
A. A.
物性研究職 続きを読む
Q. 希望理由(物性研究職を選んだ理由) 
A. A.
患者様に一番近いところで、安全かつ確かな薬効を有する薬を生み出す仕事をしたいからです。薬の開発では、性質の物性面からの正確な理解、及び創薬への迅速なフィードバックは欠かせないと思います。国内外の技術部門の専門家からノウハウを学び、また研究室生活で培った物理化学の知見も活かすことで、世界中の患者様に安心して使ってもらえる薬を安定して送り出せる分析手法を考案したいと思い、物性研究職を志望致しました。 続きを読む
閉じる 質問と回答をもっと見る
男性 18卒 | 山口大学 | 男性
Q. 日本の医療の問題を上げ、製薬会社として何ができるか述べなさい
A. A.
私は、現在の日本の医療の課題として、医療事故、特に医薬品の誤用による事故について考えようと思います。 『医療事故情報収集等事業 平成27年度 年報』(日本医療機能評価機構,2016)によると、医療事故の報告件数は2005年から毎年増加傾向にあります。この中には、医療従事者による医薬品の取り違えによる事故など、医薬品に関する事故も含まれています。発生要因を見てみると、「当事者の行動に関わる要因」が45.6%、「ヒューマンファクター」が18.0%と高く、「環境・設備機器」内の「患者側」という項目も11.1%と高いことが分かります。この資料から、医療事故の発生には医療従事者によるものと患者によるものがあるということが分かりました。 次に、製薬メーカーである貴社が解決すべき課題は具体的にどのようなものがあるのかを考えます。上記の統計によると、医療従事者側には、「患者への説明が不十分だった(怠った)」「知識が不足していた」「技術・手技が未熟だった」などが挙げられます。患者側には、「情報不足である」ということが挙げられます。 このような問題が起こる背景には、医師不足による一人当たりの仕事の負担の増加が考えられます。したがって、情報収集に充てる時間が不足してしまうという問題が起こっているのであると考えます。ゆえに、製薬メーカーや医療機器メーカー、卸には医療従事者へ効率的な情報提供のシステムを提供する使命があると考えました。 そこで、製薬業界のリーディングカンパニーである貴社が同業他社や医療機器メーカーと連携して、医師や薬剤師に対する必修の医薬品・医療機器説明会を実施することを提案します。業界全体として、所定の説明会を毎年受講しないと医薬品や医療機器を導入することができない、という取り決めを作り、事故の未然防止に役立つ情報を提供する機会を設けます。これによって、全ての医師・薬剤師に安全に関する知識を身につけた上で医薬品を利用することができます。多忙により説明会に出席できない医師・薬剤師については、Eラーニングのシステムを利用することで効率的な情報収集を可能とします。 医療従事者に加え、患者側に対しても今までより効率的な情報提供を行います。MRによる患者向けの医薬品の安全講習を行うことで、患者による医薬品の誤用を未然に防ぎます。 利益の獲得という大きな課題はありますが、医療業界一体となって医療事故の防止に取り組む必要があります。貴社は、リーダーシップを発揮して情報提供の中心として活動する必要があると考えました。 続きを読む
男性 17卒 | 中央大学 | 女性
Q. あなたがご自身の『明日を変えた経験』もしくは『今後ご自身の明日をどのように変えていきたいか』について教えて下さい。 ※ (400文字以内)
A. A.
私はアルバイトをつうじて「粘り強く」取り組むことの大切さを痛感し、何事にもこれを意識するように学生時代過ごしてきました。この、アルバイトの経験をあげます。当初は、至らないことが多く悔しい思いをしました。しかし「辞めずに成果を出すこと」を目標に2点に取り組みました。まず1点目に話しやすい店員にことです。仕事ができる先輩と自分との能力以外での大きな違いが笑顔だったので、まずは笑顔を作れるように練習しました。2点目にアドリブ力をあげることです。仕事に優先順位をつけられずミスをおこしていたので、忙しい週末で働きその際は仕事ができる人の真似をすることでできることを増やすようにしていきました。これにより、社員の方から接客についてお褒めの言葉をいただけるまでになりました。そして諦めずに継続していき成果をあげることの大切さを学びました。この経験から、入社後に困難に課題があったとしても諦めずに取り組めると思います。 続きを読む
Q. アステラス製薬を志望する理由について教えて下さい。 ※ (400文字以内)
A. A.
現在私たちが風邪にかかったとき、私たちはまず医者ではなく、市販の風邪薬に手を伸ばすと思います。これは、市販の薬でさえ高い治癒力があるからこそなし得ることだと思います。このように、目覚ましい進歩を遂げている製薬業界に従事し、人々の健康の維持を助けたいと思い、志望いたします。その中でも貴社を志望する理由として、競合他社よりも「薬で人を幸せにしたい」という思いが伝わってきたからです。その理由として、貴社が一切ジェネリック医薬品に取り組んでいないという点から見出しました。このことから、薬で治せる病気の数を増やそう、つまり、少しでも病気で苦しむ人を減らそうという強い思いが伝わってきました。 そのような貴社であれば、多くの人の健康を支えることができるのではないかと思い、志望いたします。 続きを読む
男性 17卒 | 早稲田大学 | 男性
Q. ■あなたが『明日を変えた経験』について教えてください。 ◆目標設定及び成果 【1】それはどのような経験で、どのような目標を設定し、どのような成果を上げることができましたか。(400字以内)
A. A.
居酒屋でのアルバイト経験です。 私は一休という居酒屋で、2年間ホールのアルバイトをしています。お店は繁華街にあり周囲に居酒屋が多くあり、売り上げが伸びないという問題点がありました。お店の経営は非常に厳しく、チェーン店での売り上げランキングでは最下位クラスと、このままでは閉店の可能性も考えられる状況でした。開店の朝礼の度に、店長が一瞬見せる悲しそうな表情が忘れられませんでした。そこで、私はただ仕事をこなすのではなく、自分が何か行動することでお店の成績向上に貢献したいと考えました。そこで目標としたことは2つあり、1つ目が常連客の獲得による来客数増加、2つ目が売り上げ増加のための、客単価500円以上増という事です。結果としては、平均来客数15%増加、売り上げ25%増加に貢献し、閉店の危機を脱することが出来ました。また、モバイル会員獲得の活躍から社員さんからは「モバイルエース」と呼ばれています。 続きを読む
Q. 【2】【1】の目標達成のために具体的にどのような行動を起こしましたか。(400字以内)
A. A.
問題解決のために、私は2つの取り組みを行いました。1つ目は、メールマガジンによる常連客の獲得を狙った「モバイル会員の勧誘」です。最初は、断られることが多く、成果は出ませんでした。そこで、成功例や失敗例から研究した結果、店員とお客様という関係ではなく、まず一人の人間として信頼されることが大切だと気が付きました。そこで、一接客一会話や、お客様が何を求めているかを常に考え行動することを意識し、信頼関係の構築に努めた結果、成果が徐々に出るようになりました。2つ目が、「プラス1品運動」です。客単価向上のために、もう1品おまけに注文して頂けるようにお勧めを行いました。ただお勧めするのではなく、お客様とのコミュニケーションに加え、飲んでいるお酒や、注文履歴から、お客様が好むメニューを考えて提案することを意識しました。この結果、お客様からも喜ばれるサービスとなり、客単価は平均600円の増加を達成しました。 続きを読む
Q. 【3】上記の経験により、あなたの明日はどのように変わりましたか。(400字以内)
A. A.
この経験から学んだことは、「お客様の視点に立って考える」という事です。特に、モバイル会員の勧誘では、最初は、サービスを提案することしか頭になく、100人以上にお勧めしても、登録して頂けるのは5人程と非常に悔しい思いをしました。そこで、相手の立場になって考えるという視点を取り入れることで、「お客様が何を求めているのか」を少しずつ理解することが出来るようになりました。その結果として、モバイル会員の勧誘の成績が改善されただけでなく、「お客様に信頼されること」が自分にとって非常に嬉しいことであり、仕事のやりがいも強く感じることが出来ています。ここで学んだことを、将来の仕事でも活かしたと考えています。特にMRとなった際には、ドクターや医療従事者の視点に立って考えるという事を大切にし、相手の課題やニーズを少しでも捉えていきたいです。その上で、信頼関係を築き、医療に貢献するパートナーとなりたいです。 続きを読む
Q. ■あなたは、どのようなMRになりたいですか? ◆一言 【1】一言で表してください。(50字以内)
A. A.
革新的な医薬品を、信念をもって患者様の元へ届けるMR 続きを読む
Q. 【2】その姿を実現させるフィールドが、アステラス製薬でなければならない理由は何ですか? (400字以内)
A. A.
貴社でなければならない理由は2つあります。1つ目は、新薬の提供に特化している点です。日本、世界には新薬に期待を寄せる多くの患者様がいます。そこで必要なのは、後発品ではなく、新薬です。そこで、共同販促など自社品にこだわらずに「新薬」を提供し続ける貴社のMRでなければならないと考えています。「先端・信頼の医薬で、世界の人々の健康に貢献する」貴社であるからこそ、より多くの患者様を救う事が出来ると確信しています。2つ目は、貴社のMRは患者様視点を持っている点です。座談会で、MRの方々が「患者様と向き合い、医薬品を届ける」という想いを持っている点が印象的でした。特に○○さんの、一人の患者様のために、病院の制度を変えた経験を伺い、貴社のMRは高い倫理観と、顧客志向を持ち合わせているという印象を受けました。貴社であれば「革新的な医薬品を、信念をもって患者様の元へ届ける」という私の夢を実現できると考えております。 続きを読む
閉じる 質問と回答をもっと見る
男性 17卒 | 関西学院大学 | 男性
Q. あなたが『明日を変えた経験』について教えてください。 目標設定及び成果 【1】それはどのような経験で、どのような目標を設定し、どのような成果を上げることができましたか。(400字以内)
A. A.
献血推進活動を続けていくやり甲斐を見つけ、チャレンジしていく姿勢を身に着けた経験です。血液を待つ患者さんに希望を与えることが出来たと考えます。目標として、「献血者数の更なる増加」を掲げ、結果として昨年度は過去最多の献血者数を叩き出しました。 所属当初、私は言われたことをこなすだけでしたが、活動に打ち込む中で輸血用血液は人工的に造れないことや献血でしか救うことのできない命があることを知り、また実際に輸血で救われた方からお話を伺う機会もありました。その方は「私に血液を届けてくれる誰かのおかげで私は生きていられる、ありがとう」と言って下さり、私は自分の行動で人を救えることのやり甲斐や重大さ、献血された方と患者さんの互いの想いを伝える使命を感じるようになりました。 それからは一人でも多くの患者さんに血液を届けるため、「献血者数の更なる増加」という目標を掲げ活動してまいりました。 続きを読む
Q. ◆具体的行動 【2】【1】の目標達成のために具体的にどのような行動を起こしましたか。(400字以内)
A. A.
献血者数増加のための方策として、自分の考えやアイデアを積極的に発信し長年の慣習からの脱却を図りました。具体的には、従来の型にはまったビラやポスターでは学生の目を引けていないと考え、過去に類を見ない斬新なデザインや内容への刷新、献血をしない原因を根本から把握するため献血をしたことがない学生に対するアンケートの実施を行いました。アンケートから「痛そう」というイメージが先行していることを突き止めたので、患者さんの声を発信することで献血したいという気持ちの後押しをしました。また献血して下さった方々のメッセージを集めて患者さんの居る病院へ届ける試みや認知度向上のためミスキャンの方とコラボレーションしPRのお手伝いをしてもらうことなどを提案し、意見が採用されました。 続きを読む
Q. ◆結果 【3】上記の経験により、あなたの明日はどのように変わりましたか。(400字以内)
A. A.
このような企画や地道な呼びかけが実を結び、多くの方に満足していただいたことに加え、昨年度は過去最多の献血者数を叩き出しました。この経験から、変化を厭わず向上しようと挑戦することで結果を出せることを学びました。また今までと違いより明確なやり甲斐を持って活動をすることで、「相手の気持ちを意識する」ようにもなりました。がむしゃらに自身の気持ちを伝えるのではなく、相手がどのように感じ取るのか、どうしたら自分の思っていることをそのまま相手に伝えられるのか、心を揺さぶるにはどうすればいいのか、など相手のことを第一に考えることで、より多くの人に献血を知ってもらい協力して頂けると考えたからです。現在では一人でも多くの患者さんに希望を与えられるように、学生に響く呼びかけを心掛け日々研鑽しています。 続きを読む
Q. あなたは、どのようなMRになりたいですか? ◆一言 【1】一言で表してください。(50字以内)
A. A.
患者さんにとっての希望に、お医者さんにとっての一番のパートナーになれるMR 続きを読む
Q. ◆その理由 【2】その姿を実現させるフィールドが、アステラス製薬でなければならない理由は何ですか? (400字以内)
A. A.
私は献血推進活動をしており、患者さんに感謝の言葉を頂いた経験から人の命や生活を支えることのやり甲斐や重大さを感じました。仕事を通じて人々に貢献できるMRという仕事に強く惹かれました。製薬会社のなかでも貴社は新薬の開発に力を入れており、今までの医療では救うことの出来なかった患者さんの未来を創りだせると考えます。また貴社の価値観・考え方に共感いたしました。常に変化を求め挑戦していくことを推奨する貴社では、医療の最先端に立ち責任感とやり甲斐を持ち働き続けられると考えました。貴社で働くことで、いままでの薬では治すことの出来なかった患者さんを一人でも多く救い、患者さんにとっての希望と成れるようなMRになりたいです。 続きを読む
閉じる 質問と回答をもっと見る
男性 17卒 | 東京大学大学院 | 男性
Q. あなたが『明日を変えた経験』について教えてください。 【1】 それはどのような経験で、どのような目標を設定し、どのような成果を上げることができましたか。(400字以内)
A. A.
大学時代、3年間行っていたアロマオイルを販売するアルバイトでの経験です。アルバイトでは、全国29店舗320名の店員の中で、月間売上1位になることを目標としました。常に目標を持つことでアルバイトに対するモチベーションを保ち、かつ人前で輝けるいいチャンスだと思ったからです。始めた当初は、与えられた業務をこなすことに手一杯で、「お客様のために」という意識を持つ事ができないまま、接客をしていました。そこで、「双方間のコミュニケーションがとれる営業」を実行した結果、月間売上1位を獲得し、7ヶ月間維持することができました。8割のお客様がリピーターとなって下さり、何よりも、お客様に喜んでもらえることの充実さを覚え、自分が輝ける嬉しさを再確認できました。この経験から、「課題に対し原因を考え解決のために行動に移す姿勢」や、「相手目線でニーズをくみ取る傾聴力」が大切なのだと学びました。 続きを読む
Q. 2】【1】の目標達成のために具体的にどのような行動を起こしましたか。(400字以内)
A. A.
相手の気持ちをくみ取る事を意識して行動しました。当初は、自社の製品がいかに高品質であるかを必死でアピールしましたが、どれだけ多くのお客様と会話をしても売上に繋げることができませんでした。そこで私は、アロマオイルは多様な使用方法があるのにも関わらず、自身の売上に気を取られ、そもそもお客様がアロマオイルに何を求めているのかということを理解しようとしていないことに原因があると考え、お客様から性格、趣味、抱えている悩みを聴く姿勢を大切にし、お客様一人ひとりに合ったアロマオイルの使用法を一緒に模索し、提案するように努めました。また、アロマオイルの知識が十分に備わっていないと、お客様が満足のいくアロマオイルを提案することはできないと考え、7日間の講習と試験を受け、アロマテラピー検定2級を取得しました。取得後も自店舗の10名の店員同士で知識を共有し、常にお客様に最新で最良の提案ができるよう心がけました。 続きを読む
Q. 上記の経験により、あなたの明日はどのように変わりましたか。(400字以内)
A. A.
コミュニケーションの取り方が変わりました。従来は相手の考えを理解しようとすることよりも自分の考えを理解してもらうことに意識がいきがちでした。しかし、この経験で、まずは相手の考えを聴き、相手をよく理解した後に相手の性格や考えを踏まえて自分の考えを伝えていくことが大事であると学びました。また、ものの考え方・価値観が違う人に対しては相手の考えや立場を尊重し否定せずに、その人の良い所を探し出すことで受け入れていく事を心掛けるようになりました。このように如何なる相手であっても「相手目線に立つ」という意識を常に持つことが大切であるということを改めて認識しました。もちろん社会に出ると自分とは考えが合わない方々と関わっていく場面もたくさんあると思うので、この経験を活かし、全ての人とより良い人間関係・信頼関係を築いていきたいと思います。 続きを読む
Q. あなたは、どのようなMRになりたいですか? 1】 一言で表してください。(50字以内)
A. A.
常に患者さんを第一に考えられるMRになります 続きを読む
Q. 【2】その姿を実現させるフィールドが、アステラス製薬でなければならない理由は何ですか? (400字以内)
A. A.
理想のMRになる為に、私の企業選びは、企業自身の「患者さんへの貢献を果たす意思」がどれだけ感じられるかを重視しています。貴社の説明会に参加して、日本に症例が1つしか確認されていない疾患のために、オーファディンという新薬を開発したという話を聴いて非常に驚きました。たった1人の患者さんのために、多額の費用と長い期間をかけ新薬を作り出すような風土がある貴社でなら間違いなく自分の目指すMRに近づくことができると考えました。このような貴社の考え方は社員一人ひとりにも根強く浸透していて、石川様の製品軸ではなく1人の患者さんのためを想ってとった行動に感動しました。社員一人ひとりまで患者さん目線を貫いているからこその考え方であり、他社ではあまり感じることができませんでした。私もアルバイト経験で学んだ「相手目線に立つ」ことを大切にし、このようなMRの方と共に働きたいと感じ、志望しております。 続きを読む
閉じる 質問と回答をもっと見る

17卒 本選考ES

臨床開発職
男性 17卒 | 東京理科大学大学院 | 男性
Q. あなたらしさ"を表現するkey wordを3つお答えください(各30字以内)
A. A.
何事にも努力し、最後まで諦めない「粘り強さ」 一体感を大事にし、周囲と目標の共有に努める「リーダーシップ」 新たな視点を求める「知的好奇心」とそれを実現する「行動力」 続きを読む
Q. 自分の専門領域における知識および技術をあらわすKey Wordを3つ回答してください。(各30字以内)
A. A.
細胞接着分子インテグリン(インテグリンの活性制御を行います) 神経膠芽腫(ラット脳腫瘍モデルを作製して研究を行っています) 分子病態学(がんの増殖、浸潤、分散など評価しています) 続きを読む
Q. アステラス製薬で達成したいあなたの夢についてお答えください。(400字以内) 小論文「アステラス製薬で達成したいあなたの夢」
A. A.
私の夢は「多くの人の治療を変える新薬開発に携わること」です。脳腫瘍という研究を行う中で、共同研究先の医師の方のお話を伺い、医療の現状を知ったことで、医療現場のより近くで仕事がしたい、そして、未だ治療が満たされていない領域に対して現在の治療を変えたいと思うようになりました。また、薬は、目の前の人だけでなく、世界中の多くの人々の健康に貢献することができます。そこで、私は新薬開発に携わることのできるCRA職を志望しています。貴社は新薬を国内問わず届けられる体制が整っており、治療を変えるような革新的な新薬を創出できる研究開発力を有しています。そのため、貴社の一員となり、私の夢を叶えたいと考えます。「周囲と協働できる」強みを活かして現場の方や関連部署と相互に考えや目標を共有し、グローバルでの新薬開発を実現することで、今より多くの患者さんのために、治療そして医療を変えていきたいです。 続きを読む
Q. 自己PRをお書きください。(400字以内)当社に活かせるアイディア等もあればご自由にお書きください。
A. A.
「粘り強く」物事に取り組むことができます。高校時代に偏頭痛を患い、薬によって寛解した経験を通して「将来は製薬業界に携わりたい」という想いが芽生えました。そこで、この想いを達成するため、薬学の深い知識が必要と考え学業に力を入れました。勉強に着手する際は、講義のまとめノートを作成するなど、やるべきことに優先順位をつけ日々の短期目標を設定したのち1時間単位の勉強計画を作成し、スケジュール管理を徹底しました。一つ一つ自身が立てた課題をクリアすることで、モチベーションを保ちながら継続することができました。結果、大学4年間を通して90人中5位という成績を収められました。以上から、継続した努力が大きな結果に結びつくことが実感できました。この姿勢を活かして、難しい仕事を任されても、自身で必要なことを洗い出し、綿密な計画を立て、短期目標を繰り返し達成していくことで、粘り強く挑戦していきたいです。 続きを読む
Q. 何かご質問があればご記入下さい(150字まで)
A. A.
・グローバル展開がなされている貴社では海外の開発チームとどのように連携を行っているのでしょうか。基本、電話やメールなのでしょうか。・ワクチンを治療薬として応用する取り組みをなされていて画期的だと感じたのですが、実現する可能性はどれくらいなのでしょうか。 続きを読む
閉じる 質問と回答をもっと見る
31件中1〜20件表示