みずほ証券株式会社のロゴ写真

みずほ証券株式会社

  • 3.0
  • 口コミ投稿数(2409件)
  • ES・体験記(84件)

みずほ証券の本選考TOP

みずほ証券の本選考

本選考体験記(6件)

21卒 最終面接

総合職
21卒 | 関西学院大学 | 女性
Q. 企業研究で行ったことを教えて下さい。
A. A. セミナーやホームページから情報収集を行う。特に五大証券の中でなぜみずほなのかを明確にするために、みずほフィナンシャル・グループ全体のことを調べておく必要がある。グループ力を生かした提案が強みなら、どのように使われているのかOB・OG訪問などで調べておく必要がある。...

21卒 2次面接

総合職
21卒 | 中央大学 | 男性
Q. 企業研究で行ったことを教えて下さい。
A. A. 5大証券の違いや独立系(野村や大和)と銀行系(日興・みずほ・三菱)の違いを具体的に話せるようにすることは絶対。ネットに載っているような情報に加えてインターンシップに参加して自分で感じたことを付け加えられれば、面接でも突っ込まれることはないと思われる。みずほ証券の強...

20卒 最終面接

総合職
20卒 | 立正大学 | 男性
Q. 企業研究で行ったことを教えて下さい。
A. A.
五大証券が、それぞれ何が違うのかを具体的に説明できるようにすること、みずほ証券になぜ入りたいかを話せるようにするのは当然であるとして、みずほ証券で入社後何をしたいか具体的に話せるとベストだと思う。 これにプラスして、数ある証券会社の中でなぜ大手を志望するか、独立系証券と銀行系証券の違いも明確にすること。 金融系はOB訪問だけでなく、支店訪問もできるため、確固たる答えが出るまで何度も支店訪問に行くことをオススメする。 独立系証券は支店訪問をしてくれない店舗が多いが、銀行系証券は比較的受け入れてくれる。 そしてこの訪問での質問も当たり障りのないよくある質問では意味がない。 自分が本当に知りたいことを納得するまで質問することが重要である。 続きを読む

18卒 内定辞退

M職(総合コース)
18卒 | 神戸大学 | 男性
Q. 企業研究で行ったことを教えて下さい。
A. A.
・この会社の「企業研究」で行ったこと。  まずは、みずほのグループについてどんな会社があるのかを調べ、みずほ証券がグループ内でどんな役割を果たしているのかを調べることにした。四季報、ホームページ等を見ることに加え、みずほ証券が開催するセミナー、社員座談会での逆質問の時間を有効的に使い、自分が調べた中で疑問に思う点について質問し企業研究を深めるようにしていた。 ・特に具体的に調べておいて役に立ったこと、もっと調べておけばよかったこと。  特に調べておいて役立ったのは、銀行系証券の中でどこの取引に強みを持っているのか、また、その強みの背景にあるものは何なのかをしっかりと調べておいたこと。これらの事を調べておくと、面接に臨むときに「銀行系証券の中でもなぜみずほ証券なのか」という重要な質問に、応えることが容易になる。  また、もっと調べておくべきだと思ったのは、社内の雰囲気や働いている社員の方々の雰囲気をより知ること。支店訪問などをもっとしておくべきであった。 ・有益だった情報源 四季報の業界地図。自分自身が行きたいと考えている企業の情報をより知ることができる。また、各会社が配っているパンフレット、各会社のホームページは良く見るようにしていた。 続きを読む

直近の本選考の選考フロー

志望動機

21卒 志望動機

職種: 総合職
21卒 | 関西学院大学 | 女性
Q. みずほ証券を志望する理由を教えてください。
A. A. “One Mizuho”を掲げ銀行系証券としてグループ力を最大限に活用できる貴社で、「挑戦できる社会」を作り、企業の発展を支えたいと思い、貴社を志望します。私は、社会において、リスクを恐れず商品開発に挑戦できる環境を作る存在が、社会の基盤を支える最も重要な仕事だと...

21卒 志望動機

職種: 総合職
21卒 | 中央大学 | 男性
Q. みずほ証券を志望する理由を教えてください。
A. A. リテール営業を通して日本経済の発展に寄与したいと思い志望しました。 私は学生時代、○○に力を入れ、地域活性化に繋げるといった目標を掲げ活動を行っています。活動を通して、地元の方と信頼関係を構築し、喜んでもらえることにやりがいを感じました。今後はさらにお客様の人生...

20卒 志望動機

職種: 総合職
20卒 | 立正大学 | 男性
Q. みずほ証券を志望する理由を教えてください。
A. A.
「融通し、融通される」関係ではなく、「託し、託される」関係にこそ証券業界の魅力の真髄があると考えます。人は人に信頼され責任感や重圧に耐えつつ応えることで成長しますが、その意味で証券業界は、私にとって理想的な仕事の場です。特に貴社に支店訪問に行った際に、私のようなただの学生にも非常に丁寧な対応をしていただき、貴社の社員の皆様のような紳士になりたいと思いました。そのため、貴社の一員となり、社員の皆様のような紳士になり、私の持ち味のスーパーポジティブ志向を活かして精一杯輝き成長したいです。小さな縁を自分の糧にしながら、まずは信頼される証券マンを目指し、やがては日本企業の海外進出を後押しするような業務に携わりたいと考えます。 続きを読む

18卒 志望動機

職種: M職(総合コース)
18卒 | 神戸大学 | 男性
Q. みずほ証券を志望する理由を教えてください。
A. A.
私がみずほ証券の総合コースを志望する理由は、多岐にわたるフィールドで活躍し多くの価値観を持ち仕事に活かし、自分の成長とともに、お客様のお役に立っていきたいと思っているからです。私は、御社のセミナー、社員座談会など様々なイベントに参加し、社員の方々にお話を伺う中で、総合コースでは様々な仕事を経験しながら自身のキャリアを形成し、自分自身の成長につなげていけると感じました。また、私は学生時代に、様々な新しいことに挑戦することで多くの価値観を学び、自身の生活に活かしてきました。その経験の中で学んだことを活かし、今後は多様な仕事を通し多くの価値観を学び、私自身の成長とともに、お客様の役に立てていきたいと思います。 続きを読む

18卒 志望動機

M職(総合コース)
18卒 | 関西学院大学 | 男性
Q. みずほ証券を志望する理由を教えてください。
A. A.
私は、刻一刻と変化する世の中に敏感に対応し、お客様に自分ならではの付加価値を提供する仕事として、証券会社を志望しています。中でも貴社は、「One MIZUHO」という銀・信・証一体化戦略に基づいてお客様一人ひとりにグループ全体の力でコンサルティングを行っていることに加え、社員一人ひとりが情熱と強い使命感を持って仕事をしていると私は感じています。情報化が進み、お客様のニーズも多様化している現代において、貴社でならお客様一人ひとりに合わせた最適なコンサルティングを行うことができると考えています。以上のことより、私は、みずほ証券を志望しています。 続きを読む

エントリーシート

21卒 本選考ES

総合職
21卒 | 信州大学 | 男性
Q. 学生時代に頑張ったこと(1つ目) (次の点を考慮して ・力を入れて取り組んだ事例・活動の特定 ・上記事例 ・活動に取り組んだことによる最終的な成果・結果 ・力を入れて取り組み始めた動機やきっかけ ・最終的な成果・結果に繋げる上での一連の流れや一番難しかった点 ・一番難しかった点をどう乗り越えたか、特に工夫した点 ・他に工夫した点や難しかった点)
A. A. [洋服店のアルバイトでお客様のお買い物を全力でサポートする] 最終的に、10名以上の顧客様を作ることができました。アルバイト先は従業員20名ほどで、私は5名のメンズ担当の一員でした。      取り組みの動機は、せっかく足を運んでくれたお客様には、私のサポート...

21卒 本選考ES

総合職
21卒 | 岡山大学 | 男性
Q. 学生時代に頑張ったこと①400字
A. A. 金融リテラシーの向上です。FP試験を通して日本の金融制度について学ぶ中で投資関連に興味を持ち、自身で株式運用を始めました。また、資産運用に携わる仕事に就きたいと思い外務員資格取得に励みました。 103万の所得制限について理解できなかったことがきっかけで自身の金融...

21卒 本選考ES

特定職(IT、リスク管理コース)
21卒 | 東京大学大学院 | 男性
Q. 学生時代に力を入れたことは何ですか。
A. A. 大学院での研究です。特に力を注いだことは3つあります。1つめは、関連知識の習得です。私は大学院で、ほぼ触れた事のない地球科学分野の研究を始めました。遅れを取り戻そうと、授業や研究室会や論文を通して関連知識を勉強するとともに、高校地学の教科書やセンター地学の参考書を...

20卒 本選考ES

総合職(営業)
20卒 | 東京農業大学 | 男性
Q. 学生時代に力を入れて頑張ったこと。 400字以内
A. A.
『農大歴史上初の一部リーグ昇格へ』 私が所属する農大ラクロス部は歴史上1度も一部リーグに所属したことはありません。 私たちと一部リーグに所属するチームとの差を分析すると、技術ではなくフィジカルが劣っていると分かり、以下の取り組みに注力しました。 ●部員の食事による摂取栄養値を数値化し、各々に最適な食事メニューを提案する。 この取り組みを始めた1年目は、部員に一方的な課題として課していて全学年から否定されました。なので、週に1回ミーティングを開催し、意識の共有を図りました。また、個人でも面談を行い、個人間のギャップを埋めるように取り組みました。結果、全員が納得し誰一人欠けることなくついてきてくれました。 これらの取り組みを始め、今年で4年目になります。 この4年間を通し、目標達成のために課題を分析し、解決していく楽しさを学びました。 今年のリーグ戦で一部リーグ昇格すべく、現在も一丸となって努めています。 続きを読む

20卒 本選考ES

M職(総合コース)
20卒 | 金沢大学 | 男性
Q. 学生時代力を入れて取り組んだことを入力してください。(400文字以下)(1つ目)
A. A.
所属する軽音楽サークルにおいて、質の高い演奏を披露するため個人、そしてチームとして練習に取り組んできたことです。大学では新しいことに挑戦したいと考えた私は、軽音学サークルに入部しドラムを始めました。音楽未経験であり、最初の頃は技術不足により演奏の調和を乱してしまうことが多々ありました。誰よりも負けず嫌いかつ責任感の強い私は、毎日個人練習の時間を確保することや自らの演奏を撮影し修正を繰り返すことなど、常に向上心を持ち試行錯誤を繰り返してきました。また、メンバーとの合同練習では他の楽器との調和のため活発な意見交換を行い、課題曲の完成度を高めることに注力してきました。失敗を繰り返しながらも、執念深く取り組みを継続したことで今では納得のいく演奏が出来るまでに成長しました。向上心を持ち物事に取り組み続けること、周囲と協力しながら目標達成を目指す姿勢を忘れず、仕事にも全力で取り組みたいと考えています。 続きを読む

面接

  • 1次面接
  • 2次面接
  • 最終面接

21卒 1次面接

総合職
21卒 | 関西学院大学 | 女性
Q. 学生時代に頑張ったことは何ですか。
A. A. 交換留学生のサポートボランティアに参加したことです。授業の補助や街頭でのインタビューの手伝い、校外学習など、様々なサポートを行いました。将来日本で仕事をしたい人、日本文化を直接体験したい人など滞在期間も目的も様々で、彼らとの交流の中で「客観的な日本」を知ることがで...

21卒 1次面接

総合職
21卒 | 中央大学 | 男性
Q. なぜ証券会社を志望するのか
A. A. 一つ目は成長性の高さリテール営業を通して、様々な業界の企業や個人の価値観や考え方に触れることによって、今まで考えなかったような新しい考え方を知ることができるから。学生時代は地元という同質的なコミュニティーではなく、幅広く全国の方と接してきたことによって、知識が広が...

20卒 1次面接

総合職
20卒 | 立正大学 | 男性
Q. 数ある証券会社との違いや、みずほが優れているところはどこだとかんがえているか
A. A.
「One MIZUHO」戦略という高度なサービス提供が貴社の優れている点であり、このようなところに魅力を感じました。 銀行、証券、信託が一体となり、お客様一人一人にグループ総出でコンサルティングを行うことで、ワンストップでお客様に最大に満足していただけると考えたためです。ほかにも銀行系証券はありますが、その中でも貴社が一番総合金融を行った時期が早く、また唯一同グループ内の連携であるため、最も総合金融を体現できていると考えています。 証券マンに今後求められることは、長期的な資産形成でお客様のライフプランを考え、提供するコンサルティング力だと思っています。私も個人や経営者をはじめとしたお客様が本当に必要なコンサルティングをしたいと思い、志望しました。 続きを読む

18卒 1次面接

M職(総合コース)
18卒 | 神戸大学 | 男性
Q. なぜ金融で、なぜ証券なのか。
A. A.
私が金融を志望する理由は、日本の経済の根幹である金融から日本、世界に影響を及ぼしていきたいからです。またその中でも証券を志望する理由といたしましては、これから伸びる業界の中で、多くの方々の影響し私自身も成長していきたいからです。その中でもみずほ証券を志望いたしますのは、みずほグループのグループ力の中で、銀行、信託、証券の連携を生かし、多くの仕事に従事できること、そして業界の中でも多くの資格取得率の高さや、取引の種類別において優秀な業績を収めているため、私自身も成長しつつ、更なる影響を与えていくことができると考えたからです。このようなことを自身の強調したい部分に力を込めて話すようにしていました。 続きを読む

内定者のアドバイス

18卒 / 神戸大学 / 男性
職種: M職(総合コース)
1
内定をもらうために大事なことを教えて下さい。

セミナーと社員座談会などの就活イベントには、可能な限り行くべきである。セミナー、社員座談会でしっかりとアピールしておくと、個別に声がかかり内定に近づくことができる。また、なぜこの会社じゃなければ自分のキャリアや夢を達成できないのかを、しっかりと筋道をたてることが大事である。あとは、とことんこの会社に入社して働きたい情熱を伝え続ける事が大切である、またこの企業は学歴に関しては関係なく見ていただけるので、自分自身がどういう人間でどうゆう強みを持っているのかをしっかりと、分かりやすく伝えるべきである。面接に関しては、楽しむことを軸に、失敗してもめげない精神力を見られていると思うので、とにかく楽しむことをおすすめする。

続きを読む
2
内定が出る人と出ない人の違いを教えてください。

やはり、人間性と志望動機。しっかりと自分自身の事を伝えられている人は、面接での印象もよく進むし、志望動機がしっかりしている人も同様である。また、どれだけその企業に対して足を運び多くの事を聞き、面接に活かせるのかも大切である。

続きを読む
3
内定したからこそわかる選考の注意点を教えてください。

最終面接では、その場で内定が出る人、電話で出る人、内定が出ない人等多くの結果があるため、気を付けるべきである。最終面接では、必ず御社に入社するという強い意志を伝えることが大切である。最後まで油断せず面接に臨むべきである。

続きを読む
17卒 / 早稲田大学 /
企業名: みずほ証券
1
内定をもらうために大事なことを教えて下さい。

本格的な選考が始まる前に、事前相談会という名の面接のようなものが4回あった。それは全員呼ばれるわけではなく、裏で選考をしていると思われる。これにすべて参加し、きちんと高評価を得ることができれば、6月からの選考はかなり有利になる。きちんと企業研究をし、みずほの特徴とそこに入りたい理由を固めておくことが最重要だと思う。

続きを読む
2
内定が出る人と出ない人の違いを教えてください。

事前相談という早い段階から志望動機や自己分析を完璧にできているかが分かれ目であると思う。内定者に関しては、証券会社が第一志望であると言う人が多いが、みずほは第一志望ではない人が多いような気がした。多くの人が内定を辞退しようか迷っている雰囲気があって、こちらも考えさせられた。証券会社志望だけあって、将来働く意欲は皆高い。

続きを読む
3
内定したからこそわかる選考の注意点を教えてください。

繰り返しになるが、「なぜみずほなのか」が言えないと、先には進めない。事前相談会では、ほとんど逆質問がメインであり、それだけで選考していることを考慮すると、質問な内容が重要になってくると思われる。きちんと企業研究をし、調べればわかるような質問や常識外れの質問などは絶対にしてはいけない。これを乗り越えれば、解禁後の選考はあっという間に終わる。

続きを読む
閉じる もっと見る