フューチャー株式会社のロゴ写真

フューチャー株式会社

  • 3.7
  • 口コミ投稿数(654件)
  • ES・体験記(43件)

フューチャーの本選考TOP

フューチャーの本選考

本選考体験記(17件)

21卒 内定辞退

ITコンサルタント
21卒 | 関西大学 | 女性
Q. 企業研究で行ったことを教えて下さい。
A. A. ITに特化したコンサル会社だということをしっかりと理解したうえで、実際の仕事内容を知ることは重要。グループ合同説明会や座談会なども頻繁にあったため、そういったイベントごとに参加することで社員の雰囲気や会社内容、事業内容の理解は深められる。また、2次面接はプログラミ...

21卒 2次面接

コンサルタント
21卒 | 中央大学 | 男性
Q. 企業研究で行ったことを教えて下さい。
A. A. フューチャーの事業内容がどういった内容なのかを知る為に、1dayインターンシップに参加しておくと良い。そこで会社見学会付きで、会社の事業内容や実際にあったプロジェクト案件の解説もしてくれるので、働くイメージが持てる。ちなみに本選考における会社説明会は参加必須ではな...

21卒 内定辞退

ITコンサルタント
21卒 | 電気通信大学大学院 | 男性
Q. 企業研究で行ったことを教えて下さい。
A. A. OB訪問をまずは行いました。Hello Visitという社会人と学生をマッチングさせるサイトでFuture Architectの社員と知り合って、OB訪問をさせていただきました。準備としては会社の業務内容や特徴などはHPやインタビュー記事などでできるだけ事前に取得...

18卒 内定辞退

コンサルタント
18卒 | 九州大学 | 男性
Q. 企業研究で行ったことを教えて下さい。
A. A.
比較的多くのインターンを開催していて、一個一個の満足度が非常に高かったのでほぼすべてのインターンに参加した。インターンではフューチャーアーキテクトのコンサルタント的な側面と、ITエンジニアとしての側面の両方を体感することが出来た。また、インターンは直接的に選考を優位に進めることはなかったが、社員とかかわりを持つことが出来たほか、疑似的に業務体験でき大変参考になった。特に社員には、なぜフューチャーアーキテクトを選んだのかを聞いた。その際、他のコンサルタントと迷ったのか。ベンダーと迷ったのかを聞き、IT企業としての強みと、コンサル企業としての強みの両方を理解しようとした。これらは面接の際に志望動機を述べる上で大変役立った。 続きを読む

18卒 内定入社

ITコンサルタント
18卒 | 中央大学 | 男性
Q. 企業研究で行ったことを教えて下さい。
A. A.
 私はフューチャーアーキテクト(株)を企業研究するにあたって、主に説明会やOB訪問で実際に勤めている社員の方とお話しすることで企業研究をしました。というのも、コンサルタントという職業からか、ネットやWEBサイトを閲覧しても詳しい事業内容が掲載されておらず、実際にどういう風に働いているのかをイメージできなかったので、直接社員から話を伺った方が良いだろうと思ったので、説明会やOB訪問・各種イベント(one dayインターンなど)を参加することに注力しました。  社員の方達との会話で特に質問して良かったなと思っている点は「どうすれば御社の選考を通過できますか?」と直接聞いたことは今思い出しても大きかったと感じています。なぜならその時「最低限ITに興味を持ってないと無理かなぁ・・・」などとシンプルに回答してくださり、選考対策に必要な戦略に大きな材料となったからです。この質問は一見非常識な様に思えますが、コンサルタントという職業柄「シンプルさ」を好む傾向があるので、案外ストレートであればあるほど会話が弾み、逆に遠回しに気使って話したりすればするほど「で?何を聞きたいの?」と言われることがあります。なので、会話をするときはできるだけシンプルに質問したり回答することをオススメします。上記のことはフューチャーアーキテクト(株)に限らずコンサルタント業界全般にそのような傾向があると私は感じていて、それが外資系であればよりその特質が強まると私は考えています。  企業研究は志望動機に関わってきますが「ITに興味があるから」という動機のみでは、新卒であることを考慮するとよほどのITスキルを持ったスーパー人材ではない限りは通用しません。従って、フューチャーではITに興味を持っていることに加えて、そのITをフューチャーでどうしたいのか?というポイントを考える必要があります。というかもはやそのように面接で聞かれる可能性が非常に高いので「なぜITが好きなのか?」「ITでどうしたいか?」というこの2点は必ず抑えておくべきだと感じております。加えてフューチャーはベンダーやSIerではない「コンサルタント」であることを前提にしているので、例えITに熱意があったとしても「なぜSlerじゃだめなのか?」という質問にも答えらえる様になった方が良いと私は思います。  以上をまとめると、フューチャーアーキテクト(株)における企業研究は「ITでどうしたいのか?」という質問を具体的に回答するために必要になり、フューチャーアーキテクト(株)が実際にどういうプロジェクトを行なっていて、ITを用いてどこのベクトルに向けて世の中をどう変化させていこうとしてるのかを直接社員の方から聞くことが私はこの会社の企業研究として妥当だと考えます。もちろん人によりけりですが、やはり「会って直接聞く」は最強の企業研究の手段だと私は思います。 続きを読む

直近の本選考の選考フロー

志望動機

21卒 志望動機

職種: ITコンサルタント
21卒 | 関西大学 | 女性
Q. フューチャーを志望する理由を教えてください。
A. A. まず初めに私には企業選びの軸が3つあります。1つ目は幅広い業界・業種に携われること、2つ目は国内だけでなく海外にも目を向けていること、3つ目は成長しやすい環境であることです。これらを踏まえた上で貴社を志望する理由は、自身の軸を満たしており、また、貴社の一気通貫でコ...

21卒 志望動機

職種: コンサルタント
21卒 | 中央大学 | 男性
Q. フューチャーを志望する理由を教えてください。
A. A. 私がフューチャーを志望する理由は2つあります。1つ目は私がコンサルタントになる上で理想的な環境であると感じたからです。私は「技術とビジネスの両面に強くなれる環境」を求めています。コンサルタントになる為には技術力の向上のみならず、如何に幅広いビジネスの知識があるかが...

21卒 志望動機

職種: ITコンサルタント
21卒 | 電気通信大学大学院 | 男性
Q. フューチャーを志望する理由を教えてください。
A. A. 研究やインターンシップで経験してきたプログラミングやITという分野に興味を持ち、それらを武器としてビジネスに携わりたいと考え、ITコンサルタントを志望しています。他のコンサルティングファームでもITコンサルタントという職種は多く用意されていますが、FutureのI...

18卒 志望動機

職種: コンサルタント
18卒 | 九州大学 | 男性
Q. フューチャーを志望する理由を教えてください。
A. A.
私がコンサルティング業界に求めているものは、社会に与える影響力の大きさ、自己成長の二つです。一つ目の社会に与える影響力の大きさという面で、戦略系ファームではなく、幅広い領域別に、たくさんのコンサルタントを抱え、総合的にクライアントの変革をサポートできる総合系ファームを志望しています。その中でも御社を志望している理由としては、成長できる環境が整っていることの加え、事業領域としてITでの課題解決に注力している点にとても惹かれました。インターンに参加した際に、文系出身の方が今ではエンジニアとし第一線で活躍しているという話を受けて、御社で働いた際のキャリアの幅の広さに大変感銘を受けました。御社で、働く中で自分の、キャリアを模索しつつ多くのことを吸収していきたいと思っています。 続きを読む

18卒 志望動機

職種: ITコンサルタント
18卒 | 中央大学 | 男性
Q. フューチャーを志望する理由を教えてください。
A. A.
 御社の志望動機を話すためにまずはなぜこの業界を志望したのかを述べてもよろしいでしょうか?(どうぞ、と返事がくる)  ありがとうございます。なぜこのITコンサル業界を志望したのかというと、私は将来、世の中の肉体労働の人手不足の問題を解決したいと思っていて、それを実現するのにこの業界に入ることが最適だと思ったからです。ではなぜ最適であると考えたのかというと、理由は主に3つありまして、1つ目は『問題解決を生業としていること』2つ目は『複数の業界に携われること』そして最後の3つ目は『ITを強みとし主なソリューションとしていること』以上3つは肉体労働の人手不足を解決するのに必要最低限の条件だと私は考えていて、これらの条件に最もよく当てはまる業界がITコンサルタント業界であると考えたので、この業界を志望しています。  ではなぜこの業界の数ある企業の中で御社を志望したのかを説明しますと、それはいくつか理由があるのですが、一番の理由は『開発ができるITコンサルタントになれることにとても魅力を感じたこと』です。なぜ魅力を感じたのかというと、ITコンサルを志望するにあたって自分が将来どういうITコンサルタントになりたいかを考えた時、ただ知識があるだけではなく実際に日々ITのシステムを自分の手で動かしたりしていて開発の経験が豊富にあるITコンサルタントになりたいと考えたのが魅力を感じた理由です。そう思ったのも、クライアントの立場になって考えた時、自分だったら開発の経験が豊富にある人の方がより本質的で現実的な解決策を打ち出し、その企業の未来の成功へと導いてくれるとクライアントは考えるのではないかと私は思いました。  従って、開発の経験をしっかり積んでいる人達が集まっている御社は数あるITコンサルティング企業の中で最もお客様の未来を考えている企業であると私は認識しており、ぜひ私もその一員として御社にクライアントに、そして社会のために貢献していきたいと思っていますので、御社を志望しております。 続きを読む

エントリーシート

21卒 本選考ES

総合職
21卒 | 立教大学 | 男性
Q. 貴方らしさが最も現れた出来事を小学校、中学校、高校生、大学生の各年代順に簡潔に書いてください
A. A. 私がこれまでの人生で自分らしくあると感じてきたのは、集団の中で自分にしかできない価値を発揮できた時である。 【小学校】少年野球でキャプテンを任された。私は体が華奢でパワーがあるほうではなかったが、バントやスクイズでチャンスの場面を創り上げ、守備で仲間のピンチを救...

21卒 本選考ES

ITコンサルタント
21卒 | 電気通信大学大学院 | 男性
Q. ◆ご自身が注力した作品について教えてください。 (研究内容、自主制作物、ハッカソン成果物、Githubなどのソースなどなんでも可)   作品のタイトルをご記入ください。  ※以下設問(9)~(13)については別紙やWeb参照先を送付いただいてもOKです。   その場合は該当回答欄に「別途添付にて送付」などと記入し、新卒採用チーム宛に   メールに添付・記載してご提出ください。(宛先:recruit@future.co.jp)
A. A. 周期的かく乱による二次元圧縮性噴流の遷移に関する数値解析

21卒 本選考ES

コンサルタント
21卒 | 慶應義塾大学 | 男性
Q. 学生時代頑張ったこと
A. A. 所属団体では、下級生の意欲が低下し戦力の確保ができていないという現状がありました。部員内での意識の差が大きいことが原因と考えた私は、部員間の交流を増やすべきだと上級生に提案しました。しかし当時一年生だった私の意見は全く受け入れられませんでした。そこで私は自分が誰よ...

19卒 本選考ES

エンジニア
19卒 | 早稲田大学 | 男性
Q. 貴方らしさが最も現れた出来事を小学校、中学校、高校生、大学生の各年代順に簡潔に書いてください。
A. A.
【小学生】 小学校6年生の時にクラスで大会に出るためにドッジボールの練習をしていたことです。私はチームの中でどんどん相手を当てるというより、相手のボールを受け止めたりパスをつないだりする、縁の下の力持ち的なポジションで練習に臨んでいました。 【中学校】 体育祭で用いる小道具制作や応援歌決めなどを行う部署のリーダーをやりました。この部署は裏方ということもあり、体育祭に熱意のある人は応援団やチームの看板を作るぶしょに言ってしまってやる気のある人があまりいませんでした。もちろんリーダーをやりそうな人もおらず、このままでは部署として成り立たないと思い自ら引き受けました。リーダーになってからは、誰か一人が仕事をさせられすぎてはいないか、進捗状況が悪いところが無いかなどを確認しながら作業を進めて、体育祭を無事に終えることができました。 【高校生】 部活動で副部長を任されたことです。先生から副部長になってほしい旨を伝えられた際、同時に「短気な人が多い中でぜひあなたにチームの中で緩衝材として働いてほしい」と言われました。その言葉で自分が求められていることが嬉しくて断りにくくなり、その嬉しさとっ使命感で、引退までその役目を果たしました。 【大学生】 国際法のゼミを選んで入ったことです。ゼミを選ぶ時期にちょうどイスラム国が活発に活動していたため、この大問題についての少しでもでも増やしたいと考えていました。またこのゼミでは英語を多く用いるのですが、受験英語しか学んでこなかったために英語を用いることに抵抗がありました。サークルも忙しく同期がいかに楽かでゼミを選ぶ中、どうせやるなら思い切り学ぶことが多そうなゼミにしようと考えた結果、現在のゼミで活動しています。 続きを読む

18卒 本選考ES

コンサルタント
18卒 | 明治学院大学 | 男性
Q. 貴方らしさが最も現れた出来事を小学校、中学校、高校生、大学生の各年代順に簡潔に書いてください。800文字以下
A. A.
小学校 学級委員長やサッカーチームのキャプテンを務め大会では選手宣誓などを行いました。小さい頃から責任感が強く率先してチームの為に動いていました。今の強みである協調性や責任感に繋がっています。 中学校 全国大会常連のクラブチームに入るためのセレクションがありました。自分が受けた回の倍率が20倍で、不安のなか挑んだ選考でしたが落ちました。どうしても諦めがつかず、必ず結果を出すので取ってくださいとコーチに頼みに行きました。コーチ陣達に自分の根性ややる気を認めてもらうことが叶い加入することができました。負けず嫌いで行動力があります。 高校生 サッカー部部員総勢200人を超える中、3年間レギュラーとして全国大会を目指す、レギュラー争いも激しく競争社会。そういった環境に身を置けたことからプレイヤーとしてだけでなく人として成長させてもらいました。その中でみんなを代表する責任感、人の期待を背負うことの使命感を学びました。1−2年生の頃は普段やらないポジションを任されていました。不慣れなポジションでも試合に出続ける為に言われたこと、他人がプレーしているところを吸収、プロ選手のプレースタイルを勉強したりしました。努力と成長を重ね続けてこそ成し遂げられました。 大学生 私は4年間飲食店でアルバイトをしていて、主に外国人客の接客を担当しています。平均売上が15万円と潰れかけの店でした。券売機のシステムで日本語表記のみで外国人の方々には理解できませんでした。また、店頭に券売機があるため行列になり帰ってしまうお客様も多かったです。そこで私は外国人客には店内に通しオーダーを取るシステムを提案したところ回転がスムーズになりお客様を取りこぼすことはなくなりました。また、マニュアルを作り私がいない時でもスムーズに回転できる仕組みも整えました。売上も30万から多い時は40万円までアップしました。主体性と提案力があります。 続きを読む

面接

  • 1次面接
  • 2次面接
  • 最終面接

21卒 1次面接

ITコンサルタント
21卒 | 福島大学大学院 | 男性
Q. ・なぜIT業界を志望しているのか?
A. A. 私の就活の軸として、「介在価値の大きなことがした」というのがあり、それを実現するためにはIT業界が最も適切だと考えたからです。 まず、「介在価値の大きなことがしたい」と考えるようになったのは大学での馬術部の経験によるものです。私の所属していた馬術部は、学生が馬の...

21卒 1次面接

ITコンサルタント
21卒 | 関西大学 | 女性
Q. 学生時代に力を入れたことを教えてください。
A. A. 英語力向上です。1年の時にいろいろあり、英語に対して挫折を仕掛けたのですが、その後それを乗り越え、さらに留学を経てTOEIC910点取得まで上り詰めました。挫折を乗り越えたこと、そして留学中に直面した課題を乗り越えたこと、この二つがこの成功につながっていると感じま...

21卒 1次面接

コンサルタント
21卒 | 中央大学 | 男性
Q. 過去に困難だった出来事について教えてください。
A. A. 私が過去に困難と感じた出来事は個別塾のアルバイトで塾の売上低迷を受け、私が売上アップの為の施策を発案し、そのプロジェクトリーダーとして1年間活動した経験です。具体的に話をすると、私は塾の売上低迷の原因は周囲の競合他社の設立に伴う差別化の不足であると感じました。そこ...

18卒 1次面接

コンサルタント
18卒 | 九州大学 | 男性
Q. 弊社を志望する理由は何ですか
A. A.
私はコンサルティング業界で働きたいと思っています。その理由としては二つあります。1社会に与える影響力の大きさ、2自己成長の二つです。一つ目の社会に与える影響力の大きさという面で、戦略系ファームではなく、幅広い領域別に、たくさんのコンサルタントを抱え、総合的にクライアントの変革をサポートできる総合系ファームを志望しています。総合系のファームの中でも御社を志望している理由は二つあります。一つは、ITでの課題解決に強みがあり、さらにはその技能を身に付けるサポート体制が整っていること。二つ目にはコンサルタントファームでありながら経営者が存命で、ある種ベンチャー企業のような雰囲気が味わえることが挙げられます。 続きを読む

18卒 1次面接

ITコンサルタント
18卒 | 中央大学 | 男性
Q. なぜITコンサルタント業界を志望したのですか?
A. A.
理由は、私が将来やりたいことを実現するのに最適な業界だと考えたからです。というのも、私は、将来人々が生産活動や流通活動をする上で欠かせない単純労働をしなくても最低限生活できるような世の中にしたいと考えております。そしてその方向に向けて努力し、人々を牽引することが私なりの社会貢献だと考えていて、その世の中を実現するには機械の導入ひいてはIT技術の導入が必要であると考えています。また、単にIT技術を導入する前に、どこに本質的な問題があるのかを見極める全体を俯瞰できる力やそれを吸収できる環境が必要であると考えています。従って、それら全てを実現できる業界はITコンサルタント業界であると考えたので、この業界を志望しました。 続きを読む

内定者のアドバイス

21卒 / 関西大学 / 女性
職種: ITコンサルタント
1
内定をもらうために大事なことを教えて下さい。

自己分析をしっかりと行ない、自分の強みや特徴を理解しておくこと。また、ITになぜ興味あるのか、どんなことをやりたいのか、やる気がどれくらいあるのかなど、I...

2
内定が出る人と出ない人の違いを教えてください。

ITコンサルタントとしてやる気があるかどうか、自分で勉強して知識・スキルを身につけていこうという姿勢があるかどうかだと思う。また自分のことを自分でよくわか...

3
内定したからこそわかる選考の注意点を教えてください。

他の参加者の通過率はわからないが、2次面接のプレゼン選考という独自のものはしっかりと準備した上で挑んだ方がいいと思う。資料だけでなく、5分という短い時間の...

21卒 / 電気通信大学大学院 / 男性
職種: ITコンサルタント
1
内定をもらうために大事なことを教えて下さい。

自分がこれまでやってきたことを羅列するのではなく、なぜそれを行ったか?どうして行おうと思ったか?などの考え方や理由についても整理して伝えられるように準備す...

2
内定が出る人と出ない人の違いを教えてください。

開発フェーズも含めて、同じ社員が一気通貫で携わるため、プログラミングを含めたITスキルがあるかどうか、もしくはそれらに関するやる気や適性があるかどうかを重...

3
内定したからこそわかる選考の注意点を教えてください。

ITへの適性・関心が予想よりもかなり重視されていると感じました。そのため自分は開発力をアピールしました。コード選考で受けたこともあり、プログラミングができ...

21卒 / 東京農工大学大学院 / 男性
職種: ITコンサルタント
1
内定をもらうために大事なことを教えて下さい。

志望理由が一番大事であると感じました。数多くある他のITコンサルタントではなくなぜこの会社なのか、またこの会社に入ったあとどのような経験を積み、将来はどの...

2
内定が出る人と出ない人の違いを教えてください。

自分の考えをうまく人に説明できるかがどうかだと思います。面接では鋭い質問であったり、思いもよらない質問が飛んでくる場面もありますが、その時に慌てずに落ち着...

3
内定したからこそわかる選考の注意点を教えてください。

プログラミング選考もあるがプログラミングのテストだけが良くても難しいと思う。プログラミングのテストの点数が良くてもそこで油断するのではなく、志望理由をしっ...

21卒 / 福島大学大学院 / 男性
職種: ITコンサルタント
1
内定をもらうために大事なことを教えて下さい。

・IT業界・コンサル業界の中でフューチャーがどのような立ち位置であるのか、フューチャーの強みは何なのかをしっかりと把握することが大切である。そのために、会...

2
内定が出る人と出ない人の違いを教えてください。

将来何をしたいのか、が明確になっている人物が内定者には多いように感じる。自分の場合は「ITを用いて教育現場での業務効率化」であり、他に受けている企業はその...

3
内定したからこそわかる選考の注意点を教えてください。

一次面接で落ちたという話はあまり聞かないが、三次面接は結構な割合で落ちるし、最終面接で落ちる人も多くいる。どの段階の面接でも気が抜けないだろう。 内定辞...

閉じる もっと見る

内定後入社を決めた理由

21卒 / 福島大学大学院 / 男性
職種: ITコンサルタント
1
内定後、入社を迷った企業を教えて下さい。

日本タタ・コンサルタンシー・サービシズ株式会社

2
入社を決めた理由を教えてください。

・日本タタ・コンサルタンシー・サービシズに比べ、フューチャーの方が上流案件に携われる機会が多いから。将来、総合コンサル会社へ転職したいと考えており、そのた...

20卒 / 京都大学大学院 / 男性
職種: ITコンサルタント
1
内定後、入社を迷った企業を教えて下さい。

アセットマネジメントOne株式会社

2
入社を決めた理由を教えてください。

興味のあったIT業界と金融業界とで、それぞれ1社ずつ内定をもらったが、データサイエンティストとして働けそうな2社のうち最後は成長できそうな環境にあるフュー...

18卒 / 立命館大学 / 男性
職種: アーキテクト
1
内定後、入社を迷った企業を教えて下さい。

株式会社船井総合研究所

2
入社を決めた理由を教えてください。

私が船井総合研究所よりもフューチャーアーキテクトを志望した理由は、新たなことにどんどん挑戦できる環境がフューチャーのほうが整っていると感じたからです。船井総研では、新たなサービスを提供するよりは既存のサービスをもっとたくさんのお客様に拡大していくというイメージが強かったためその点で、自分のやりたいことと少し違うのではないかな感じてしまいました。既存のサービスよりも新たなサービスを提供しようと考えているフューチャーが自分には合っていると思い入社を決めました。

続きを読む
閉じる もっと見る