味の素株式会社のロゴ写真

味の素株式会社

  • 4.2
  • 口コミ投稿数(469件)
  • ES・体験記(72件)

味の素のインターンTOP

味の素のインターン

インターンの評価

評点をもっと見る
総合評価
4.0
選考難易度
inactive
inactive
inactive
inactive
active
4.5
業界理解
inactive
inactive
active
inactive
inactive
2.5
会社理解
inactive
inactive
inactive
active
inactive
4.0
メンターのコミット
inactive
inactive
inactive
active
inactive
3.5
自己成長
inactive
inactive
inactive
active
inactive
4.0
内定直結度
inactive
inactive
active
inactive
inactive
3.0
学生のレベル
inactive
inactive
inactive
inactive
active
4.5
テーマの面白さ
inactive
inactive
inactive
active
inactive
4.0
総合評価
4.3
選考難易度
inactive
inactive
inactive
active
inactive
4.3
業界理解
inactive
inactive
active
inactive
inactive
3.0
会社理解
inactive
inactive
inactive
active
inactive
3.7
メンターのコミット
inactive
inactive
active
inactive
inactive
3.3
自己成長
inactive
inactive
inactive
active
inactive
4.3
内定直結度
inactive
inactive
active
inactive
inactive
3.0
学生のレベル
inactive
inactive
inactive
inactive
active
4.7
テーマの面白さ
inactive
inactive
inactive
active
inactive
4.3
総合評価
4.0
選考難易度
inactive
inactive
active
inactive
inactive
3.0
業界理解
inactive
inactive
inactive
active
inactive
4.0
会社理解
inactive
inactive
inactive
inactive
active
5.0
メンターのコミット
inactive
inactive
inactive
inactive
active
5.0
自己成長
inactive
inactive
inactive
active
inactive
4.0
内定直結度
inactive
inactive
inactive
active
inactive
4.0
学生のレベル
inactive
inactive
inactive
active
inactive
4.0
テーマの面白さ
inactive
inactive
inactive
active
inactive
4.0

インターンの内容(6件)

21卒 冬インターン

2020年2月開催 / 3日 / 事務系総合職
21卒 | 一橋大学 | 女性
関西圏スーパーマーケットでの売り上げ拡大策/アミノ酸事業の海外マーケティング施策

午前中に会社概要の説明があった。 研修センターの社食での昼食をはさみ、午後はまるまる、売り上げ拡大策を考えるグループワークに使われた。夕方に一度中間発表...

21卒 冬インターン

2020年1月開催 / 1日 / R&D
21卒 | 慶應義塾大学大学院 | 男性
社会問題解決を目的としたR&Dテーマ創出プログラム

はじめに少しだけ会社の説明を行っていただき、その後4、5人のチームでグループワークを3、4つ行いました。最後に、社員の方とお酒やご飯を囲んで懇親会を行いました。

20卒 冬インターン

2019年2月開催 / 3日 / GBW
20卒 | 東北大学大学院 | 男性
実際に起きたことのケーススタディ

味の素という会社自体の詳しい説明はほとんどありませんでした。しかし、味の素Group wayについてとても大事にしている様子で、それについての説明はありま...

20卒 冬インターン

2019年2月開催 / 3日 / 味の素 GBW(グローバル・ビジネス・ワークショップ)
20卒 | 上智大学 | 女性
エリア拡売プラン、3か年計画の提案

自己紹介、事業説明、味の素の価値観の解説 エリア拡売プランをテーマにしたグループワーク(最後に中間報告ということで、人事にプレゼンをし、フィードバックを...

18卒 冬インターン

2017年3月開催 / 3日 / 総合職・グローバル
18卒 | 慶應義塾大学 | 女性
ほんだしの広告マーケティング

全員30秒以内の自己紹介 味の素という会社についてのプレゼン 研修所の社食で昼食 ほんだしの関西マーケティングについてのグループワーク(1グループ6・7人程度) →ライバルメーカーが5割占めている中での販売戦略の考案 翌日朝にプレゼンの発表。朝から前日のグループワークのプレゼン発表 ほんだしの関西マーケティングの実際の販売戦略についての説明 研修所の社食で昼食 中国マーケティングについてのグループワーク(1グループ6・7人程度) →中国での販売戦略・中国支社での黒字化の考案グループワークの発表 実際の中国支社の立ち上げチームのリーダーの当時の解説 →ほんだしもそうだが、すべて実際にあった問題のグループワーク 社員との座談会 懇親会

続きを読む

インターンに参加してみて

この企業に対する志望度は上がりましたか?

  • はい
  • いいえ
はい
21卒 / 一橋大学 /
冬 / 3日 / 事務系総合職

インターン参加前は、体育会系の雰囲気が強いイメージを持っていたが、思ったほどそうではなく、参加学生も接しやすく理性と感性のバランスが取れた人が多かったから...

いいえ
20卒 / 上智大学 /
冬 / 3日 / 味の素 GBW(グローバル・ビジネス・ワークショップ)

上記と重なるが体育会系の雰囲気を感じてしまったため。実際の職場はそうでないのかもしれないが、自分が働くイメージをつけることはあまりできなかったというのが正...

いいえ
18卒 / 慶應義塾大学 /
冬 / 3日 / 総合職・グローバル

前述の通り、社員さんの雰囲気とワークスタイル、キャリアパスが自分の理想とはかけはなれていたため。 しかしインターンシップに参加した事で、自分の求めている一緒に働きたい社員さん、キャリアパスやワーキングスタイルを明確化させることができたので、非常に良かった。

続きを読む
はい
20卒 / 東北大学大学院 /
冬 / 3日 / GBW

有名で大きな会社は、一人当たりの裁量権が小さく、ゆったりとした働き方をしているというイメージがありましたが、それがいい意味で覆されたからです。残業時間が少...

はい
21卒 / 慶應義塾大学大学院 /
冬 / 1日 / R&D

勤務地が川崎であるという点や、フルフレックス制度など非常に働きやすい環境が整っており、社員の方もその点を推していました。また、優秀で親しみやすい方が多く、...

閉じる もっと見る

インターンへの参加が本選考に有利になると思いましたか?

  • はい
  • いいえ
はい
18卒 / 慶應義塾大学 /
冬 / 3日 / 総合職・グローバル

実際に囲い込みがあった子はいた。6月の頭に面接に呼ばれてそこで合格がでることもある。 インターン中に力を発揮させる事ができれば、かなり有利に働いていると考える。

続きを読む
はい
20卒 / 上智大学 /
冬 / 3日 / 味の素 GBW(グローバル・ビジネス・ワークショップ)

インターンシップの倍率が比較的高いらしいこと、その後参加者のみのインターンシップが開催されること、人事社員との交流が深いことから、有利に働くのではないかと...

はい
20卒 / 東北大学大学院 /
冬 / 3日 / GBW

味の素のことをよく知れる、雰囲気がわかる、ということはアドバンテージになると思いました。ただ、早期選考などの優遇はないらしいので、そういった面での有利には...

はい
21卒 / 慶應義塾大学大学院 /
冬 / 1日 / R&D

インターン参加者限定の説明会に案内され、そこで丸1日かけて会社の説明と座談会を行うことができます。そこで、味の素について詳細に知ることができるため、有利に...

閉じる もっと見る

参加後の就職にどう影響したか

18卒 / 慶應義塾大学 /
冬 / 3日 / 総合職・グローバル
参加前
インターン参加前の志望企業・志望業界を教えて下さい。

生活のインフラに携わることができ、柔軟性のある年功序列型ではない社風と海外事業に関われそうな大企業で探していた。 志望業界はディベロッパーとメーカー全般だった。ディベロッパーは大手2社、メーカーの中でも、日本のGDPの約10%を占める大産業である自動車業界が本命だった。食品メーカーへの関心はそこそこだった。

続きを読む
参加後
インターンへの参加がその後の就職活動へどう影響しましたか?

志望業界はディベロッパーとメーカー全般だった。食品メーカーなどのいわゆるホワイト企業への興味がなくなった。日々ノルマに追われるような、毎日自己成長を感じられる環境に身を置きたいと感じた。 自分の理想と違和感を感じ、エントリーシートを出す手間が省けたので、インターンシップに参加できてよかったと思う。

続きを読む
20卒 / 上智大学 /
冬 / 3日 / 味の素 GBW(グローバル・ビジネス・ワークショップ)
参加前
インターン参加前の志望企業・志望業界を教えて下さい。

コンサルティング、メーカー、不動産 業界はあまり絞っていなかった。この3業界から有名どころを受けてみようと考えており、実際にインターンシップもこの3業界...

参加後
インターンへの参加がその後の就職活動へどう影響しましたか?

コンサルティング、メーカー、不動産 体育会色のあまり強くない企業 社風を意識したことはこれまでなかったが、体育会の雰囲気が思いのほか苦手であること...

20卒 / 東北大学大学院 /
冬 / 3日 / GBW
参加前
インターン参加前の志望企業・志望業界を教えて下さい。

様々なインターンシップを通して、自分の興味が持てる業界・持てない業界というのが分かってきました。その中で、多くの価値を提供できる業界を見ていました。また、...

参加後
インターンへの参加がその後の就職活動へどう影響しましたか?

食品企業はゆったり働くというイメージが強かったので、あまり見ていなかったのですが、そのイメージが覆ったので、それぞれに業界のリーディングカンパニーに興味が...

21卒 / 慶應義塾大学大学院 /
冬 / 1日 / R&D
参加前
インターン参加前の志望企業・志望業界を教えて下さい。

食品業界や化学品業界を志望していました。その中でも世界に影響を与えており、多角的に経営できている、味の素、サントリー、旭化成、AGCなどを志望していました...

参加後
インターンへの参加がその後の就職活動へどう影響しましたか?

インターンシップの参加による就職活動への影響は特にありませんでした。当初の予定通り、食品や化学品メーカーの選考を受けました。インターンシップを通して味の素...

閉じる もっと見る

インターン当日の感想

参加して学んだこと

18卒 / 慶應義塾大学 /
冬 / 3日 / 総合職・グローバル

味の素という一つの企業の精神を学ぶことができた。社員のチャレンジを企業の豊かな資金で支えているのも感じた。大企業に入ることの意義を見出せた。 食品メーカーは生活が依拠する食分野を扱う。生活に入り込む産業の、他国への参入がいかに厳しいかを知る事ができた。

続きを読む
20卒 / 上智大学 /
冬 / 3日 / 味の素 GBW(グローバル・ビジネス・ワークショップ)

実際の営業職を知ることができた。特に2日目のワークでは、同時多発的に様々な課題に直面するなかで、どのように順序立てて、対策を練っていくのかを考えていくこと...

20卒 / 東北大学大学院 /
冬 / 3日 / GBW

有名で大きな会社は、一人当たりの裁量権が小さく、ゆったりとした働き方をしているというイメージがありましたが、それが覆されました。与えられた時間の中で役割を...

21卒 / 慶應義塾大学大学院 /
冬 / 1日 / R&D

実際の業務とインターンシップの内容は大きく異なると思いますが、創造性の大切さは学ぶことができたと思います。また、懇親会に多くの社員の方が参加してくれ、お酒...

閉じる もっと見る

参加して大変だったこと

18卒 / 慶應義塾大学 /
冬 / 3日 / 総合職・グローバル

1晩またぐプレゼン発表が二回もあったこと。 20時以降研修所に残る事は禁止されていたが、周辺のファミレスやカフェで夜と朝にグループでミーティングしてた。残業だった。意識の高い子達が集まっていたので、いい発表にしようという意識が高く、また意見がぶつかることもあった。

続きを読む
20卒 / 上智大学 /
冬 / 3日 / 味の素 GBW(グローバル・ビジネス・ワークショップ)

体育会の色が強かった。体育会所属の学生は部活動の関係で、初参加という人も多く、インターン慣れしていないように感じた。SWOT分析を行うワークがあったが、こ...

20卒 / 東北大学大学院 /
冬 / 3日 / GBW

ケーススタディのお題が難しく、最善の解決策を考えるのが大変でした。時間も限られていたので、迅速に考えをまとめる必要があります。16時半で帰ってもいい、との...

21卒 / 慶應義塾大学大学院 /
冬 / 1日 / R&D

ひたすらチームで相談と全体に発表の繰り返しだったため、頭を休める暇がなく大変でした。また、チームのメンバーが非常に優秀だったため、その中で自分ができる役割...

閉じる もっと見る

印象的なフィードバック

18卒 / 慶應義塾大学 /
冬 / 3日 / 総合職・グローバル

国が違えば考え方も生き方も変わる。相手のバックグラウンドである文化や歴史を知り、敬意を持って接することがビジネスの初歩だけでなく、グローバルな人間関係を築く事の第一歩。

続きを読む
20卒 / 上智大学 /
冬 / 3日 / 味の素 GBW(グローバル・ビジネス・ワークショップ)

営業職は短期的目標と長期的目標をうまく立て、それぞれ達成させなければならない。まず短期的に売り上げを伸ばす策を立てて、長期的に伸ばせるような構造づくりをし...

20卒 / 東北大学大学院 /
冬 / 3日 / GBW

「与えられた時間を越えることなく仕事をやりきる」ことで信頼が得られる、とフィードバックされたことです。働き方改革で効率よく仕事を進めることが求められており...

21卒 / 慶應義塾大学大学院 /
冬 / 1日 / R&D

イノベーションや創造の大切さを何度も伝えられたため、その印象が強いです。グループワークでも常にそのアウトプットを求められたため、入社しても大切なことなのだ...

閉じる もっと見る

選考対策

直近のインターン選考フロー

インターンES

21卒 インターンES

グローバルビジネス
21卒 | 関西学院大学 | 男性
Q. 自分を表す4字熟語
A. A. 一意専心 私は、目標を設定し努力を続け、目標を達成できたときに最も喜びを感じます。 そのため、人生においても、その時々の目標を設定し、目標という1つのことを達成するために、どれだけ厳しい状況でも努力を続けてきました。

20卒 インターンES

研究開発職
20卒 | 筑波大学大学院 | 男性
Q. ゼミの内容についてご⼊⼒ください。30文字以下
A. A. 食品の消化挙動の解析、エマルション等の高機能キャリアの開発

20卒 インターンES

総合職
20卒 | 大阪大学 | 男性
Q. ①学⽣時代に、周囲の⼈と関わりながら進めた最も⼒をいれた取り組みは何ですか︖ 例:学内で最⼤規模サッカーサークルの活動、個⼈経営の居酒屋でのアルバイト (35字以内)
A. A. 個別指導塾でのアルバイトにおける、曜日リーダーとしての働き。

19卒 インターンES

総合職
19卒 | 一橋大学大学院 | 男性
Q. あなたが当社にエントリーする理由を記述してください。(200文字以内)
A. A.
「食」を発信する事で世界中に笑顔を届けたいからです。留学を機に、日本食の健康面や味の面での素晴らしさを痛感しました。日本から「食」を発信する事で多くの笑顔を生み出す事が出来ると確信しています。GBWにて、貴社は海外展開の際“3現主義”を徹底していることを知りました。そのような文化のある貴社でこそ、真に全ての人に愛される食品を提供する事ができる為、世界中に笑顔を届けられると考え、志望致しました。 続きを読む

18卒 インターンES

総合職
18卒 | 早稲田大学 | 女性
Q. 取り組みの中で、あなた自身が主体的に設定した課題は何ですか?(100字以内)
A. A.
課題は2点あり、1点目は「価値観やモチベーションの異なる23人の後輩をまとめ、団体戦優勝という目標に向かわせる事」、2点目は「同期と協力をし、リーダーとしてチーム全体を率先してサポートする事」です。 続きを読む

インターン面接

21卒 冬インターン 最終面接

2020年2月開催 / 3日 / 事務系総合職
21卒 | 一橋大学 | 女性
Q. ゼミで取り組んでいる内容を教えてください
A. マーケティングやPR戦略を学んでいる。具体的なゼミの内容としては、学術書を輪読したり、そこで得た知識に基づいて実際のPR事例を挙げて議論するなど、理論と実践両方が身につくような勉強をしている。 また、経営戦略を体感するため、グループに分かれ、各グループが企業に見立てられて実績を競う、経営シミュレーションゲームにも取り組んでいた。

20卒 冬インターン 最終面接

2019年2月開催 / 3日 / GBW(グローバルビジネスワークショップ)
20卒 | 北海道大学大学院 | 男性
Q. なぜ事務系か?(自分が理系であったため)
A. 正直に言うと、未だに事務系なのか研究系なのか決めかねてるというのが本音です。元々は研究系志望だったのですが、事務系のインターンに何度か行かせていただいて、研究にこだわる必要はないのではないか?と思い始めています。今回このインターンシップに応募したのは非常に単純で、「ハイレベルな仲間に出会って、最高難度の課題に触れることへのワクワクが抑えられなかったから」です。

20卒 冬インターン 最終面接

2019年2月開催 / 3日 / GBW
20卒 | 東北大学大学院 | 男性
Q. ESに記載した取り組みについて、苦しかったことは?
A. 団体に入った際に知り合いが全くいなかったこと、会議が英語で行われておりついていけなかったことです。これを解決するために、コミュニケーションを重視して活動を進めました。毎週の会議はもちろん、その後の食事会、団体が開催するイベントなどできる限り接点を増やそうとしました。その結果、円滑に取り組みを進められたと思います。

20卒 冬インターン 最終面接

2019年2月開催 / 3日 / 味の素 GBW(グローバル・ビジネス・ワークショップ)
20卒 | 上智大学 | 女性
Q. インターンシップへの参加動機
A. 食品メーカーへの関心が高いこと、そのなかでもグローバルビジネスワークショップと題し、海外ビジネスについて学べる貴重なチャンスであること、またこれと同時に海外で働くことへの関心の高さや留学について話した。 30分のうち、大半は雑談がメインでこのような志望動機を聞かれたのは後半10分くらいだったと思う。

18卒 冬インターン 最終面接

2017年3月開催 / 3日 / 総合職・グローバル
18卒 | 慶應義塾大学 | 女性
Q. 学生時代頑張ったこと・なんでインターンに参加しようと思ったか・グローバルってなんだと思う?
A. 学生時代頑張ったこと :部活のマネージャーでの仕事について。ESとはちがうエピソードを話した。20分という短い時間を生かすにはESにかいてあることをそのまま話しても相手もつまらないだろうと思ったからだ。 あと、なぜマネージャーをはじめたか、もあわせて質問された。オンとオフしっかり切り替えられる自分になりたいと答えた。