Img company noimage

本田技研工業株式会社

  • 4.0
  • 口コミ投稿数(1102件)
  • ES・体験記(17件)

本田技研工業株式会社

社員・元社員による会社の評価

もっと見る
総合評価
4.0
成長性、将来性
inactive
inactive
inactive
active
inactive
4.0
給与水準
inactive
inactive
inactive
active
inactive
3.9
安定性
inactive
inactive
inactive
active
inactive
4.1
仕事のやりがい
inactive
inactive
inactive
active
inactive
3.9
福利厚生
inactive
inactive
inactive
active
inactive
4.1
教育制度
inactive
inactive
inactive
active
inactive
3.5
企業の理念と浸透性
inactive
inactive
inactive
active
inactive
4.1

社員の口コミ・評判

本田技研工業株式会社の口コミ・評判

スキルアップ、教育体制

投稿日:2018年1月19日
回答者:
  • 30代前半
  • 男性
  • 7年前
  • 評価・テスト(機械)

【良い点】職場によるが非常に仕事がしやすい環境だと思う。ただ忙しいのであまり付き合いはなかったと感じる。もちろん人次第なので、環境を変えたい人もあるのは事...

みんなの就活速報

会員番号:98285さん / 文系

1次面接通過した学生の就活速報

投稿日:2017年11月30日
面接官/学生
面接官 1人学生 1人
連絡方法
電話3日以内
雰囲気
和やか
質問内容
なぜこの会社か?学生時代のエピソード将来やりたいこと自己紹介(自己PR)

やりたいことを伝えることが大事

会員番号:189466さん / 理系

1次面接通過した学生の就活速報

投稿日:2017年10月28日
面接官/学生
面接官 2人学生 1人
連絡方法
電話即日
雰囲気
和やか
質問内容
なぜこの会社か?学生時代のエピソード将来やりたいこと自己紹介(自己PR)

終始和やかな雰囲気だった

会員番号:184380さん / 文系

1次面接通過した学生の就活速報

投稿日:2017年10月2日
面接官/学生
面接官 1人学生 1人
連絡方法
直接即日
雰囲気
和やか
質問内容
その他

最初に内定と言われてそのあとは志望度の確認とこちらからの質問

会員番号:220177さん / 理系

1次面接通過した学生の就活速報

投稿日:2017年8月31日
面接官/学生
面接官 3人学生 1人
連絡方法
電話3日以内
雰囲気
雑談に近い
質問内容
なぜこの会社か?なぜこの業界か?学生時代のエピソード将来やりたいこと自己紹介(自己PR)

雰囲気がよかった

会員番号:157576さん / 文系

1次面接通過した学生の就活速報

投稿日:2017年7月5日
面接官/学生
面接官 1人学生 1人
連絡方法
電話即日
雰囲気
和やか
質問内容
なぜこの会社か?学生時代のエピソード自己紹介(自己PR)

和やかな雰囲気だった

会員番号:234104さん / 文系

1次面接通過した学生の就活速報

投稿日:2017年6月25日
面接官/学生
面接官 2人学生 1人
連絡方法
直接即日
雰囲気
和やか
質問内容
なぜこの会社か?なぜこの業界か?学生時代のエピソード将来やりたいこと自己紹介(自己PR)

すごく個性と熱意を大事にしています。

会員番号:132271さん / 文系

1次面接通過した学生の就活速報

投稿日:2017年6月22日
面接官/学生
面接官 2人学生 1人
連絡方法
メール1週間以内
雰囲気
雑談に近い
質問内容
自己紹介(自己PR)

楽しく話してればOK

会員番号:249654さん / 理系

1次面接通過した学生の就活速報

投稿日:2017年6月17日
面接官/学生
面接官 2人学生 1人
連絡方法
メール3日以内
雰囲気
雑談に近い
質問内容
なぜこの会社か?将来やりたいこと自己紹介(自己PR)

学校推薦なので、雑談みたいな雰囲気

会員番号:151881さん / 理系

1次面接通過した学生の就活速報

投稿日:2017年6月17日
面接官/学生
面接官 3人学生 1人
連絡方法
メール1週間以内
雰囲気
和やか
質問内容
なぜこの会社か?なぜこの業界か?学生時代のエピソード将来やりたいこと

技術推薦で、CDでのマッチングは△だった。そこからAPSを突き詰め、面接では自分の想いを論理的に語れるようにできたことが合格の要因だと思う。

会員番号:226171さん / 文系

1次面接通過した学生の就活速報

投稿日:2017年6月17日
面接官/学生
面接官 1人学生 1人
連絡方法
電話即日
雰囲気
和やか
質問内容
なぜこの会社か?学生時代のエピソード将来やりたいこと

和やかで、話しやすい雰囲気を作ってくれました。

インターン情報(ES・体験記)

  • エントリーシート
  • インターン体験記
Img square es

本田技研工業株式会社

企業名: 本田技研工業/コース・職種: 技術職

通過
Q. 希望コース
A. 私はモノづくりを通して人に幸せを届けることで社会に貢献したいと考えています。そこで自動車業界の中でも「熱意」を持って「夢」にチャレンジしているイメージの強い貴社のインターンシップに参加することで、モノづくりの本質を理解したいと思い、希望しました。モノづくりに携わる上で、「夢」にチャレンジすることで、使う人に喜んでもらう仕事をしたいと思っています。貴社はこうした「夢」や「喜び」を実現できるだけの高い技術力をもっているのでその技術や,自分の「夢」を大切にし、その「夢」を「夢」のままでは終わらせないための仕事に対する姿勢を学びたいです.そして貴社が掲げる企業理念の三つの喜びの中の“創る喜び”を体感できればと思います.
Img square es

本田技研工業株式会社

企業名: 本田技研工業/コース・職種: エンジニア

通過
Q. 本インターンシップへの参加を希望する理由をご記入下さい。
A. 私は将来、自動車開発に携わるエンジニアになりたいと考えています。そのきっかけは、自動車免許取得後に祖父からいただいたMT車です。当初、いまどきMT車なんて、と思っていた私は、運転することを面倒だと感じていました。しかし、実際にクルマに乗っているうちに、いつの間にか運転する楽しさのほうが大きくなっていることに気づきました。また高専で電気電子工学を学んでいた私は、いつの日かその専門技術を用いて運転が楽しくなるクルマをつくることが夢になりました。現在では制御分野の研究室に所属し、ステアバイワイヤに関する研究を行っています。貴社では斬新なアイデアを次々と繰り出すところに強く魅力を感じました。そして冒険心のある貴社だからこそ、「新しいことにチャレンジする」という経験は自分の夢と可能性を広げるための貴重な機会であると感じ、本インターンシップへの参加を志望いたしました。

本選考情報(ES・体験記)

  • エントリーシート
  • 選考体験記
Img square es

本田技研工業株式会社

企業名: 本田技研工業/コース・職種: 総合職

内定
Q. ★A-1:学生生活において、もっとも力を入れて取り組んだ学問・研究テーマはなんですか。 また、その内容について具体的に入力してください。
A. <学問・研究テーマ> 500文字以内 プログラミング技術の習得 ★<内容> 500文字以内 私は情報工学科に所属しており様々な情報学の知識を学んでおり、特にプログラミングに注力して学んでいます。大学で扱った言語は「c」「java」「lisp」で4年時には「c++」の習得を予定しています。3年次にこれまで習ったことをいかしてグループでコンテンツを作成する実習がありました。内容としては、与えられた地図データを適宜処理し、加工して3D地図を作成するというものです。私の班は優秀賞を目指し課題に取り組みました。
Img square es

本田技研工業株式会社

企業名: 本田技研工業/コース・職種: 総合職

通過
Q. 学生時代に最も情熱を注いで取り組んだ内容について入力してください。
A. ゼミ活動の活性化です。2年時から環境経済学のゼミに所属し、3年時はゼミ長を務め、ゼミ生が生き生きと活動できる環境を目指し、運営に取り組んで参りました。この目標を掲げ実践した背景ですが、2年時にはゼミ生の気持ち、モチベーションに大きなばらつきがあり、それによりゼミから活気が失われておりました。自分の執行代では、必ずこれを変えてやろうという気持ちを持ったためです。具体的には①自らが手本となり信頼を得ること②一人一人を理解し相手の良さを引き出すこと。主にこれらを通じ課題の解決とゼミの活性化に努め、全体をまとめてまいりました。例えば人見知りのT君という後輩に対し、積極的に仕事を与え褒めること、普段は冗談等を通し気の置けない関係作りを大切に接した結果、自ら仕事ありませんかと尋ねてくれるようになり、主体性を引き出すことが出来ました。このように一人一人と向き合い地道に信頼関係を築き上げ、他のゼミ生からも「このゼミに入って良かった」等の言葉を聞くことが出来、ゼミ活動全体の活性化に繋げることが出来たと考えます。
Img square es

本田技研工業株式会社

企業名: 本田技研工業/コース・職種: 技術職

内定
Q. 学生生活において、最も力を入れて取り組んだ学問・研究テーマは何ですか。
A. 学問:制御工学 研究テーマ:終端状態制御を用いた2自由度電流制御系によるガルバノスキャナの位置決め制御  レーザ加工機の走査部として用いられるガルバノスキャナは、モータ軸に接続されたミラーの角度を制御することにより対象物の加工をおこないます。レーザ加工のさらなる発展のため、高速・高精度位置決め制御技術に対する期待が高く、同時に、エネルギー問題への対応から制御時の省電力化も求められています。先行研究では省電力化のためにPWM アンプの使用を前提にし、その際の電流制御系の性能劣化を、電流制御系を2 自由度化することで最小限に抑える手法を提案しました。本研究ではその2 自由度電流制御系の有効性を実機実験により検証します。 研究テーマ:ステアバイワイヤシステムの開発  大学院に進学してからはステアリング操作を電気信号で伝えるステアバイワイヤ(SBW)に関する研究をおこなっています。SBWは車両レイアウトや制御器設計の自由度が高く、高度な車両運動性能を実現する技術として期待されています。しかし、機械的接合がないため、操舵反力の欠如による運転者の違和感や非常時のバックアップ機構などの課題が指摘されています。本研究では実ステアリングコラムを用いてHILS環境を構築し、これらの課題を解決するための新たな制御系を開発しています。
Img square screening

本田技研工業株式会社

17卒 | 長崎大学

内定入社
Q. 面接で話した志望動機を教えて下さい。
A. 御社を志望する理由は2つあります。1つ目は、運転する楽しさを妨げず、自動運転に取り組んでいることに魅力を感じたからです。御社の描く自動車の自動運転は、運転手と協働して事故を防ぐという考え方で、支援が目的ということを社員の方からお聞きしました。その技術として「Honda SENSING」と呼ばれる安全運転支援システムがあり、安全を確保しつつ運転する楽しさを妨げないという技術に魅力を感じています。このことから私が成し遂げたいことは貴社でしかできないと思い志望しています。2つ目に、自動車以外の事業にも取り組んでいることです。高度な制御技術やセンサー技術、メカトロニクスなどを融合したロボティクスの最先端技術が活用されている「ASIMO」で培った技術を自動運転技術に取り入れたことで、大きな力を発揮していることを知りました。私が現在研究でセンサーを搭載した自律可能な飛行ロボットを製作しているため、関心を抱きました。このように他の事業にも取り組んでいるからこそ、他メーカーでは開発できない技術を生み出していけると感じたため志望しました。
Img square screening

本田技研工業株式会社

17卒 | 東京電機大学

最終面接
Q. 面接で話した志望動機を教えて下さい。
A. 私の夢は、クルマで人を笑顔にすることです。クルマで人を笑顔にするためには、運転が楽しいこと・乗っていて安心できる必要があります。運転が楽しいのはエンジンが良い(自分にとって)こと、乗っていて安心できるためには安全運転支援システムがなければいけません。ホンダは良いエンジンを作っていることで有名でありまた、壊れにくい製品としても定評があります。良いエンジンのおかげで運転が楽しく、さらにクルマが頑丈なので安心感があります。私は運転支援システムの開発に携わり、クルマで人を笑顔にしたいと考えているので、クルマが頑丈ということは人を笑顔にする上でとても重要な要素です。なので、私の夢はホンダでしか実現できないと考えたため志望いたしました。
Img square screening

本田技研工業株式会社

17卒 | 和歌山大学

最終面接
Q. 面接で話した志望動機を教えて下さい。
A. 実現の場として御社を志望する理由として3つ挙げます。1つ目は若いうちから夢に向かって挑戦できる環境であると感じた事です。インターン経験より現場の雰囲気が最高の自己研鑽の場であり、素晴らしい社員の方が多いと感じました。インターンシップではクルマの研究開発現場を体感させていただきました。その間に出会った方全員がとてつもなく熱い想いをもって、クルマ作りに立ち向かっていらっしゃる事、そして私が提案した案に真剣に議論して頂けました。御社の環境では、全員が自らの熱意を提案し、互いにぶつかり合いながら成長していくことが可能であると考えており、若いうちから活躍できる、私の夢に挑戦していけると考えています。2つ目に様々な製品について研究されているということです。これからクルマは自動運転、人工都市集中等で様々な姿形に進化していくと考えております。その進化の際に、様々な分野での研究をなさっている御社では高いレベルでの表現を進めていけると考えております。

会社情報

基本データ
会社名 本田技研工業株式会社
フリガナ ホンダギケンコウギヨウ
URL http://www.honda.co.jp
本社所在地 〒107-8556 東京都港区南青山2丁目1-1
電話番号 03-3423-1111
FAX 03-3423-0511