Img company noimage

本田技研工業株式会社

  • 3.9
  • 口コミ投稿数(1162件)
  • ES・体験記(26件)

本田技研工業株式会社

社員・元社員による会社の評価

もっと見る
総合評価
3.9
成長性、将来性
inactive
inactive
inactive
active
inactive
3.9
給与水準
inactive
inactive
inactive
active
inactive
3.8
安定性
inactive
inactive
inactive
active
inactive
4.0
仕事のやりがい
inactive
inactive
inactive
active
inactive
3.8
福利厚生
inactive
inactive
inactive
active
inactive
4.0
教育制度
inactive
inactive
active
inactive
inactive
3.4
企業の理念と浸透性
inactive
inactive
inactive
active
inactive
4.0

社員の口コミ・評判

本田技研工業株式会社の口コミ・評判

ワークライフバランス

投稿日:2018年4月23日
回答者:
  • 30代後半
  • 男性
  • 1年前
  • その他職種

【良い点】自分が在籍していたころは残業はほとんどなく、平日であれば空いた時間で好きなことを結構やれました。人によっては資格取得をしたりしていました。【気に...

本田技研工業株式会社の口コミ・評判

社員、管理職の魅力

投稿日:2018年4月23日
回答者:
  • 30代後半
  • 男性
  • 1年前
  • その他職種

【良い点】良い意味でフランクです。工場の偉い人が期間社員とも長い時間話し込んでくれます。ロッカールームも一緒ですし。【気になること・改善したほうがいい点】...

本田技研工業株式会社の口コミ・評判

仕事のやりがい

投稿日:2018年4月18日
回答者:
  • 30代前半
  • 男性
  • 4年前
  • 技能工(その他)

【良い点】期間工で寄居工場にいました。待遇は他企業に比べるとコンプライアンスもしっかりしており最高です。内部の施設も充実しており、作業服もクリーニング出来...

本田技研工業株式会社の口コミ・評判

仕事のやりがい

投稿日:2018年4月12日
回答者:
  • 30代前半
  • 男性
  • 今年
  • 生産技術・生産管理・プロセス開発(電気・電子)

【良い点】自分から手を上げれば仕事の裁量を任される為、やる気のある人にとっては非常にやりがいがあります。残業時間の管理も徹底していて、有給休暇も必ず取得で...

本田技研工業株式会社の口コミ・評判

年収、評価制度

投稿日:2018年4月11日
回答者:
  • 年収??万円
  • 20代後半
  • 男性
  • 4年前
  • 技能工(その他)
  • 非正社員

【良い点】契約社員ということなのですが正直かなり給与はいいのではないか?と感じます。他社の期間従業員も同じような制度が設けられていると思いますが契約満了金...

みんなの就活速報

NEW 会員番号:292707さん / 理系

1次面接通過した学生の就活速報

投稿日:2018年4月25日
面接官/学生
面接官 4人学生 1人
連絡方法
電話1週間以内
雰囲気
和やか
質問内容
その他なぜこの会社か?なぜこの業界か?学生時代のエピソード将来やりたいこと自己紹介(自己PR)

緊張せずに正直に答えたら大丈夫です

NEW 会員番号:346813さん / 文系

1次面接通過した学生の就活速報

投稿日:2018年4月24日
面接官/学生
面接官 2人学生 1人
連絡方法
電話1週間以内
雰囲気
厳し目
質問内容
なぜこの業界か?学生時代のエピソード将来やりたいこと自己紹介(自己PR)

今までで一番否定されました。 否定されても貫き通してください。

会員番号:253395さん / 文系

1次面接通過した学生の就活速報

投稿日:2018年4月21日
面接官/学生
面接官 1人学生 1人
連絡方法
電話即日
雰囲気
和やか
質問内容
学生時代のエピソード自己紹介(自己PR)

とてもよく聞いてくださった話を

会員番号:377959さん / 理系

1次面接通過した学生の就活速報

投稿日:2018年4月19日
面接官/学生
面接官 4人学生 1人
連絡方法
電話1週間以内
雰囲気
厳し目
質問内容
なぜこの会社か?なぜこの業界か?将来やりたいこと自己紹介(自己PR)

基本的にはES内容に沿って深掘りされた。

会員番号:260087さん / 理系

1次面接通過した学生の就活速報

投稿日:2018年4月18日
面接官/学生
面接官 4人学生 1人
連絡方法
電話1週間以内
雰囲気
和やか
質問内容
なぜこの会社か?なぜこの業界か?学生時代のエピソード将来やりたいこと自己紹介(自己PR)

Good.

会員番号:346813さん / 文系

1次面接通過した学生の就活速報

投稿日:2018年4月17日
面接官/学生
面接官 2人学生 1人
連絡方法
電話即日
雰囲気
厳し目
質問内容
なぜこの会社か?なぜこの業界か?学生時代のエピソード将来やりたいこと自己紹介(自己PR)

自分をしっかり持つこと

会員番号:368281さん / 文系

1次面接通過した学生の就活速報

投稿日:2018年4月17日
面接官/学生
面接官 2人学生 1人
連絡方法
電話3日以内
雰囲気
和やか
質問内容
その他なぜこの会社か?なぜこの業界か?学生時代のエピソード将来やりたいこと自己紹介(自己PR)

とても良い感じでした

会員番号:228307さん / 理系

1次面接通過した学生の就活速報

投稿日:2018年4月16日
面接官/学生
面接官 4人学生 1人
連絡方法
電話1週間以内
雰囲気
和やか
質問内容
なぜこの会社か?なぜこの業界か?学生時代のエピソード将来やりたいこと

こちらの発言に対して少々覚束ない点があっても頷いてくれたり好意的な解釈をしてくれている感じがあった。学生時代に頑張ったことがホンダでどう生かせるかしっかりとビジョンを持っていることが重要だと感じました。

会員番号:387182さん / 文系

1次面接通過した学生の就活速報

投稿日:2018年4月15日
面接官/学生
面接官 2人学生 1人
連絡方法
電話即日
雰囲気
和やか
質問内容
なぜこの会社か?学生時代のエピソード将来やりたいこと自己紹介(自己PR)

学生時代取り組んだことに重きを置いて質問されているようでした。

会員番号:316706さん / 文系

1次面接通過した学生の就活速報

投稿日:2018年4月15日
面接官/学生
面接官 1人学生 1人
連絡方法
電話3日以内
雰囲気
雑談に近い
質問内容
なぜこの業界か?学生時代のエピソード

なぜ受かったか分からない

インターン情報(ES・体験記)

  • エントリーシート
  • インターン体験記
Img square es

本田技研工業株式会社

職種: 二輪技術者
通過
Q. Hondaの二輪研究開発インターンシップを希望する理由、習得したいことを簡潔に記述して下さい。
A. 私の夢はバイクが危険というイメージを払拭し、より多くの人にバイクを楽しんでもらうことです。私の周りにはバイクに乗る人が少なく、中には、バイクの免許は取ったが危ないから親が乗ることを許してくれないという友人もいます。自分がバイクに乗り出してから、バイクは車に比べると危険な乗り物というイメージを多くの人が持っていることを実感しました。そんな中、貴社のHonda Riding AssistやABSのようなバイクの安全性を高め、バイクに乗ることのハードルを下げる技術に魅力を感じました。実際にそういったバイクの制御技術を深く知りたいと思い、本インターンシップに応募します。また、今の研究テーマの人の視線の可視化はバイクの安全性を高めることにつなげられるのではないかと考えており、研究者の方々に本インターンで聞いてみたいと思っています。 そしてもう一つ、貴社の研究への姿勢を学びたいと考えています。大学での研究と企業での研究がどのように違うのか、貴社の研究、開発に携わる方々がどのような想い、モチベーションで研究に取り組んでいるのかをこのインターンシップを通じて吸収できたらと考えています。
Img square es

本田技研工業株式会社

職種: 技術職
通過
Q. 希望コース
A. 私はモノづくりを通して人に幸せを届けることで社会に貢献したいと考えています。そこで自動車業界の中でも「熱意」を持って「夢」にチャレンジしているイメージの強い貴社のインターンシップに参加することで、モノづくりの本質を理解したいと思い、希望しました。モノづくりに携わる上で、「夢」にチャレンジすることで、使う人に喜んでもらう仕事をしたいと思っています。貴社はこうした「夢」や「喜び」を実現できるだけの高い技術力をもっているのでその技術や,自分の「夢」を大切にし、その「夢」を「夢」のままでは終わらせないための仕事に対する姿勢を学びたいです.そして貴社が掲げる企業理念の三つの喜びの中の“創る喜び”を体感できればと思います.
Img square es

本田技研工業株式会社

職種: エンジニア
通過
Q. 本インターンシップへの参加を希望する理由をご記入下さい。
A. 私は将来、自動車開発に携わるエンジニアになりたいと考えています。そのきっかけは、自動車免許取得後に祖父からいただいたMT車です。当初、いまどきMT車なんて、と思っていた私は、運転することを面倒だと感じていました。しかし、実際にクルマに乗っているうちに、いつの間にか運転する楽しさのほうが大きくなっていることに気づきました。また高専で電気電子工学を学んでいた私は、いつの日かその専門技術を用いて運転が楽しくなるクルマをつくることが夢になりました。現在では制御分野の研究室に所属し、ステアバイワイヤに関する研究を行っています。貴社では斬新なアイデアを次々と繰り出すところに強く魅力を感じました。そして冒険心のある貴社だからこそ、「新しいことにチャレンジする」という経験は自分の夢と可能性を広げるための貴重な機会であると感じ、本インターンシップへの参加を志望いたしました。

本選考情報(ES・体験記)

  • エントリーシート
  • 本選考体験記
Img square es

本田技研工業株式会社

職種: 技術系
内定
Q. 学生時代に最も情熱を注いで取り組んだ内容について入力してください。
A. 大学で東京大学運動会フェンシング部に所属し、大会での優勝を目標に自分の技術向上を行ったり、女子主将を務めてチームのために尽力したりしたことです。私がフェンシング部に入る決め手となったのは、「初心者でも経験者に勝ったり全国大会で活躍したりできる」という先輩の言葉に惹かれたからです。私は小学校から高校までテニスを続けてきましたが、幼い頃から選手育成強化コースでプレーしていた選手にはどうしても勝つことができないことに悩まされていました。ところがフェンシングにおいては、大会で初心者が経験者に勝つケースもたくさんあり、また過去に先輩が全国国公立大会で優勝を果たしたというように、努力次第で実績を残せるということを耳にしました。テニスで限界を感じていた私にとって、フェンシングのこれらの特徴は大きな魅力であり、「頑張って全国大会で優勝できるような選手になろう」と決意した私は入部を決めました。それから私は、全国国公立大会の個人戦・団体戦での優勝を目標として人一倍熱心に活動に取り組み、その結果女子個人戦での優勝、団体戦での準優勝に加え、3年ぶりの双青戦での優勝といった戦績を残すことができました。
Img square es

本田技研工業株式会社

職種: 技術職
内定
Q. あなたが学生時代に直面した困難な経験は何ですか。困難を乗り越えるために「どうしたか」を、自身の想いなども踏まえて入力してください。 
A. 「望遠鏡の製作所に住み込みで働き、職人の方に必死に食らいついて製作技術を学んだ」ことです。大学に設置される望遠鏡の組み上げを個人の製作所が担っており、私は3週間住み込んで、その組み上げ作業に携わりました。職人の方から望遠鏡の製作技術を少しでも学び取りたいという思いから作業のお手伝いをしたのですが、工具の名称も覚えたての私は職人の方が必要な道具が分からず、作業を滞らせてしまい何度も厳しい指導を受けました。その中で「相手の作業の次の手順を読みなさい」と指導を頂き、私は作業の流れを理解すべく、職人の方の動作を逐一観察するよう心掛けました。また作業後や合間を見計らっては工具の名称や保管している位置を勉強し続けたところ、次第に職人の方と適確に作業出来るようになり、最終日には「○○君がいなければ望遠鏡は完成しなかった」とお褒めの言葉を頂くまでになりました。  3週間かけて実践的に望遠鏡の構造や工具の使用法を学んだことで、望遠鏡が設置された際には先生から望遠鏡の調整を任されるようになりました。この経験から、共同作業をする際は相手を思いやり、何をすべきか自発的に考えることが重要だと学びました。
Img square screening

本田技研工業株式会社

18卒 | 横浜国立大学大学院
内定辞退
Q. 面接で話した志望動機を教えて下さい。
A. 私はたくさんの人々に楽しんで乗ってもらえるモビリティを開発したいと考えたためです。私は、小さいころから車が好きで現在でも車を所持しており、ドライブ等に出かけています。しかしながら現在の若い世代においては、車に対して興味が薄れている傾向にあると感じており、私の周りでも車に興味を抱かない、運転をしたくないという人が多くいます。そこで、幅広い世代の人々に喜んでもらい楽しんでもらえる車づくりをしたいと考えるようになりました。私は仕事を通じて、まずは、運転することが楽しい車、エネルギーコストなどの維持費を抑えた車の開発に携わりたいと考えています。さらに、貴社における様々なモビリティの開発ノウハウや技術を生かし、陸上だけでなく、海や空を走ることができるモビリティを生み出したいと考えています。御社であれば、このような自由な発想のもと私の夢を実現できると感じ、志望しました。
Img square screening

本田技研工業株式会社

18卒 | 関西学院大学
内定入社
Q. 面接で話した志望動機を教えて下さい。
A. 最も自分が情熱をもって挑戦できるモノが自動車であり、最も自分が挑戦したいと思う場所がHondaだからです。 自動車業界は今変革期にあります。自動運転やテスラ、トランプ政策などの荒波に対し、私は日本の基幹産業として絶対負けたくないと思い、この業界に挑戦したいと考えています。また私にとってクルマはただの移動手段ではなく、快適な空間を与えながらも人命に関わるインフラです。だから私はクルマが好きで、情熱をもってクルマを作りたいと考えています。 貴社は私にとって夢を実現できる最適の企業だと確信しています。理由は事業と風土でそれぞれ「挑戦」しているからです。 事業面では、クルマに限らず複数の事業を持つことで、ASIMOから応用したライディングアシストのような、相乗効果によるイノベーションを創出しているからです。また最近では日立製作所やソフトバンクなどの他業者との技術提携を組み、更なる技術向上に挑戦していると感じました。 風土では、やはり夢を持ってモノづくりを行う、そして常にやりたいことは挑戦させてくれる環境であるとOBの方に伺いました。また一方で三現主義に基づき、しっかりと地に足をつけた姿勢もあるという二面性に、技術への責任感を感じました。そして何より説明会やOB訪問で出会う全ての従業員が、HondaとHondaの製品を愛してやまない姿に、自分もこの中の一員になりたいと強く思い志望しました。 具体的には、私の強みである「異なる価値観を理解する力」を活かしながら営業として働きたいです。十二分にあるグローバルな環境で、他部署との連携から新しいクルマを生み出し、人々の満足に貢献したいと考えています。
Img square screening

本田技研工業株式会社

18卒 | 京都大学大学院
最終面接
Q. 面接で話した志望動機を教えて下さい。
A. 私はモノ作りから世界の人々に自分の関わった製品や技術で安全と安心を届けたいという夢があります。その方法として自動車社会に事故の無い世界を作りたいと思います。私は以前、十字交差点で左側から軽トラックに追突される交通事故にあいました。その時はとても恐怖を感じました。今は問題なくハンドルを握れますが、十字路交差点ではまた追突されてしまうのではないかと思ってしまい、左側を見るのに少し抵抗と恐怖があります。このような思いは追突した相手側にもあると思います。この経験から私は世界中の車に乗る人にこのような恐怖は味わってほしくないと思い、今後ドライバーの認知ミスによる交通事故を無くしたいと考えています。そこで私は走行安全制御技術をどのような状況下でも完全に人や車を認知できるように向上させ、このような交通事故を完全に無くしたいと思います。そのために自分一人の考えだけではなく、同じ思いを持ち合わせた人々とチームを組み、私は色々な技術者の方々と本音でぶつかり合い、議論する中で技術を向上させ、交通事故の無い世界を作りたいと思います。 私はこれまで様々な学問を学んできました。自分の枠にとらわれず色々なことを学び挑戦していきたいと思い、学部3年次までは物理学科で物理を学び、4年次からはリチウム電池の材料研究を行い、現在は核融合の研究を行っています。この経験から自分の殻に閉じこもらず、常に挑戦する志が大切であることを学びました。 また私はアルバイトでベネッセ進研模試の採点リーダーをやってきました。その中で私は異なる意見をまとめて全員が納得できる結果を導き出す力を培いました。採点リーダーの業務の1つに採点基準作成があります。主に記述問題の採点基準を作成する際に他のサブリーダーと採点基準に関して意見が衝突します。そこで私が常に注意していることは、問題の意図や解答の軸を念頭に置き、まずみんなの意見を聞き、解答の大筋から離れていないか、なぜそのような意見に至ったかなどを聞くようにしています。そうすることでそれぞれ皆の意見の核となる部分が見え、その部分を中心に議論を進めていくことで全員が納得できる基準を作成できました。 これらの経験から、色々なことに挑戦していく志と周りの意見を上手く調整することを活かし、アプローチしていきます。 私が実現の場としてHondaを志望する理由は2つあります。一つ目は貴社のモノづくりに対する思いに共感したためです。3月12日にHonda Human Liveに参加し、そこで社員の方から「ホンダではどのような技術が人に好かれるかを軸に開発を行っている」と聞き、単なる技術革新ではなく、どう人の生活に役立てるかを軸にしていることから、私の夢である自分の関わった製品や技術で安全と安心を届けることが出来ると考えました。 二つ目は貴社の社風です。以前OB座談会にてワイガヤを経験させていただきました。そこでは1つのお題に対し、自分とは全く違う意見を周りの人たちは持っており、そこにはみんなそれぞれ独自の発想を持ち、そういう人たちと意見を交わしより良いアイデアを出していくことを実感し、アイデアは人の数だけ存在し、それをいかに上手くまとめるかが重要であることが分かりました。この経験より貴社でなら自動車メーカーという枠組みに囚われず自由な発想でモノづくりが出来ると考えました。 以上の理由により貴社を志望し、自動車社会に事故の無い世界を作りたいと思います。

会社情報

基本データ
会社名 本田技研工業株式会社
フリガナ ホンダギケンコウギヨウ
URL http://www.honda.co.jp
本社所在地 〒107-8556 東京都港区南青山2丁目1-1
電話番号 03-3423-1111
FAX 03-3423-0511