キヤノン株式会社のロゴ写真

キヤノン株式会社

  • 3.2
  • 口コミ投稿数(1708件)
  • ES・体験記(104件)

キヤノンのインターンTOP

キヤノンのインターン

インターンの評価

評点をもっと見る
総合評価
3.0
選考難易度
inactive
active
inactive
inactive
inactive
2.0
業界理解
inactive
inactive
active
inactive
inactive
3.0
会社理解
inactive
inactive
active
inactive
inactive
3.3
メンターのコミット
inactive
active
inactive
inactive
inactive
1.7
自己成長
inactive
active
inactive
inactive
inactive
2.3
内定直結度
active
inactive
inactive
inactive
inactive
1.0
学生のレベル
inactive
inactive
inactive
active
inactive
3.7
テーマの面白さ
inactive
inactive
active
inactive
inactive
3.3
総合評価
4.0
選考難易度
inactive
inactive
active
inactive
inactive
3.3
業界理解
inactive
inactive
inactive
active
inactive
4.3
会社理解
inactive
inactive
inactive
active
inactive
4.3
メンターのコミット
inactive
inactive
active
inactive
inactive
2.8
自己成長
inactive
inactive
inactive
active
inactive
3.5
内定直結度
inactive
inactive
active
inactive
inactive
2.5
学生のレベル
inactive
inactive
inactive
active
inactive
4.0
テーマの面白さ
inactive
inactive
inactive
active
inactive
4.0
総合評価
4.0
選考難易度
inactive
inactive
inactive
active
inactive
3.6
業界理解
inactive
inactive
inactive
active
inactive
4.0
会社理解
inactive
inactive
inactive
active
inactive
4.2
メンターのコミット
inactive
inactive
active
inactive
inactive
3.0
自己成長
inactive
active
inactive
inactive
inactive
2.4
内定直結度
inactive
inactive
active
inactive
inactive
2.8
学生のレベル
inactive
inactive
inactive
active
inactive
4.2
テーマの面白さ
inactive
inactive
active
inactive
inactive
3.4
総合評価
4.0
選考難易度
inactive
inactive
active
inactive
inactive
3.0
業界理解
inactive
inactive
inactive
inactive
active
5.0
会社理解
inactive
inactive
inactive
inactive
active
5.0
メンターのコミット
inactive
active
inactive
inactive
inactive
2.0
自己成長
inactive
active
inactive
inactive
inactive
2.0
内定直結度
inactive
inactive
active
inactive
inactive
3.0
学生のレベル
inactive
inactive
active
inactive
inactive
3.0
テーマの面白さ
inactive
inactive
inactive
active
inactive
4.0

インターンの内容(14件)

20卒 冬インターン

2019年2月開催 / 1日 / 製品事業別1Day インターンシップ
20卒 | 茨城大学大学院 | 男性
世界シェアトップのレーザープリンターを生み出す電子写真技術の開発を体験

企業説明、事業所紹介、製品説明、事業所見学、グループワーク、座談会など盛り沢山であり、かなり疲れた。グループワークは製品の原理を理解していないと難しいもので、事前にホームページなどで予習をしておくと良いと思った。

20卒 冬インターン

2019年2月開催 / 1日 / 技術系
20卒 | 福井大学大学院 | 男性
イメージのその先を創造する! カメラ1DAYインターンシップ

まず、社内見学があった。カメラに関する様々な部署の職場を見学し、簡単な説明を受けた。その後、コンパクトカメラのレンズバリアの組み立て、一眼レフカメラの動作確認を体験し、社員の方との座談会があった。

20卒 冬インターン

2019年2月開催 / 3日 / ビジネスコース
20卒 | 名古屋大学 | 女性
キヤノン製品のネットワークカメラを使った、新規事業立案

キヤノンの概要の説明を聞き、そのあとで思考力ワークを各班で行いました。午後からは、ベテラン社員から、グローバル講演の話を聞き、そして残った時間で、各班で新規事業立案のワークに取り掛かりました。朝早くに本社に集合して、そこから全員でバスに乗って、宇都宮のレンズ工場に見学に行きました。工場では、説明会・生産管理のグループワーク・見学・カメラのタッチアンドトライを行いました。30分くらいで最終発表の最後の詰めを行い、そのあとで班ごとに発表を行いました。(15分×8班)そして午後からは、ベスト3の発表と各班への講評を聞いた後、社員と内定者との座談会がありました。最後は、人事・内定者・学生で懇親会...

インターンに参加してみて

この企業に対する志望度は上がりましたか?

  • はい
  • いいえ
はい
20卒 / 福井大学大学院 /
冬 / 1日 / 技術系

志望度が上がった理由は、インターンシップを通じて、よりキヤノンの製品やその製品に対する考え方・想いに共感したから。また、社員の方々の話を聞くうちにその考え...

いいえ
20卒 / 茨城大学大学院 /
冬 / 1日 / 製品事業別1Day インターンシップ

他の企業に比べて、学生の扱いが雑なように感じ印象が下がった。また対応する社員が無駄に多く、全体的に段取りが悪くグダグダしている印象で、部署間での連携が全く...

はい
20卒 / 名古屋大学 /
冬 / 3日 / ビジネスコース

このインターンシップに参加したことで、いかにキヤノンがものづくりを大切にしているかということを工場見学で目の当たりにしたり、社員との交流を通して強く実感す...

はい
20卒 / 名古屋大学 /
冬 / 3日 / 事務系3daysインターンシップ

カメラの需要がどんどん低下していくため、将来的な不安はあったのだが、多角化している事実と高い技術力を知って安心した。また、お会いする社員の方も非常に優しく...

はい
20卒 / 名古屋大学大学院 /
夏 / 1日 / 総合職

展示場見学で、いろんなキヤノン製品を見て触れて体験することができ、デジタル好きな私としてはとても魅了され、製品開発に携わりたいと感じた。 当時はどんな企...

閉じる もっと見る

インターンへの参加が本選考に有利になると思いましたか?

  • はい
  • いいえ
はい
20卒 / 福井大学大学院 /
冬 / 1日 / 技術系

インターンシップ参加者には、その後の選考でインターンシップ参加者限定の早期選考が設けられ、一般的な選考日程よりも早い段階で選考に進めるチャンスが設けられたから。

いいえ
20卒 / 茨城大学大学院 /
冬 / 1日 / 製品事業別1Day インターンシップ

本当に選考があったのかと思うほど参加人数が異様に多く、とても一人一人の学生を見ているとは思えなかった。また、選考に関する説明は何もなかった。ただ名札は付け...

いいえ
20卒 / 名古屋大学 /
冬 / 3日 / ビジネスコース

同じチームだったメンバーとは、インターンシップ終了後もたまに連絡を取り合っていましたが、チームの中で、インターンシップをきっかけとして接触があった人がいな...

はい
20卒 / 名古屋大学 /
冬 / 3日 / 事務系3daysインターンシップ

前述したとおり、インターンシップ参加者は早期選考に参加することが出来る。ただ、早期選考自体も倍率はある程度高いと思う。少しでも入社する意思のある学生は絶対...

いいえ
20卒 / 名古屋大学大学院 /
夏 / 1日 / 総合職

マイページをつくってから応募するインターンシップではなく、人数も60人ほどと大人数、全学部全学年に対応しているような内容であったため、本選考とは全く関係が...

閉じる もっと見る

参加後の就職にどう影響したか

20卒 / 茨城大学大学院 /
冬 / 1日 / 製品事業別1Day インターンシップ
参加前
インターン参加前の志望企業・志望業界を教えて下さい。

日本の産業を支える仕事がしたいと考え、素材メーカーや測定・分析機器メーカー、分析会社など、業界を細かく絞らずに様々な企業について調べていた。また、中小企業...

参加後
インターンへの参加がその後の就職活動へどう影響しましたか?

部署がカンパニー化しており連携が上手く取れていない、上が詰まっており出世が難しそう、製品に対して自分が関わることができる領域がかなり狭い、などなど超巨大企...

20卒 / 福井大学大学院 /
冬 / 1日 / 技術系
参加前
インターン参加前の志望企業・志望業界を教えて下さい。

志望する業界は特に考えていなかったが、自分の専攻に関係があり、自分の知識を少しでも活かせるような業界を志望していた。また、志望企業は、一般的に知名度が高く...

参加後
インターンへの参加がその後の就職活動へどう影響しましたか?

特に志望する業界はなく、自分の知識を生かせる業界を志望していただけだったが、インターンシップを通じて具体的に精密機器をやりたいと思うようになり、志望業界を...

20卒 / 名古屋大学 /
冬 / 3日 / ビジネスコース
参加前
インターン参加前の志望企業・志望業界を教えて下さい。

海外展開に積極的な日系大手メーカーをみていました。将来的には海外で、もしくは海外を相手に働いていきたいと考えていたため、海外との取引が多い企業をみていまし...

参加後
インターンへの参加がその後の就職活動へどう影響しましたか?

このインターンシップに参加したことで、大手メーカーへの志望度が上がりました。まず大手であるからこそ、世界各地に拠点を持ち海外とかかわる仕事や、また規模感の...

20卒 / 名古屋大学 /
冬 / 3日 / 事務系3daysインターンシップ
参加前
インターン参加前の志望企業・志望業界を教えて下さい。

メーカー志望であった。ただし、メーカーの中でもどの業界に行きたいかという所まではあまり考えておらず、それを見つけるために多くのインターンに参加してきた。今...

参加後
インターンへの参加がその後の就職活動へどう影響しましたか?

元々メーカー志望だったということもあり、大きな変化は正直なところ無かった。しかし、私はキヤノンの将来性に対して不安を抱いていたのだが、参加することでそれは...

閉じる もっと見る

インターン当日の感想

参加して学んだこと

20卒 / 茨城大学大学院 /
冬 / 1日 / 製品事業別1Day インターンシップ

座談会の時間が長かったため、企業の雰囲気や仕事の進め方を詳しく聞くことができた。一番良かったのは、自分の性格や考え方はこの企業には向いていないということが...

20卒 / 福井大学大学院 /
冬 / 1日 / 技術系

自分はカメラに詳しくなかったため、参加した企業のカメラ製品についてより詳しくなれたことや、普段は触ることができない製品に触れられたりしたことは参加してよか...

20卒 / 名古屋大学 /
冬 / 3日 / ビジネスコース

参加してよかったと思うのは、日本のものづくりのすごさを肌で感じることができたことです。普段はなかなか行く機会がない工場見学を通して、どれくらい精密に、細か...

20卒 / 名古屋大学 /
冬 / 3日 / 事務系3daysインターンシップ

基本的に優秀な学生が多く、その中でワークを進めることで大きな刺激になった。この時期だと外資系の会社に既に内定を貰っている人もいた。また、キヤノンという会社...

閉じる もっと見る

参加して大変だったこと

20卒 / 茨城大学大学院 /
冬 / 1日 / 製品事業別1Day インターンシップ

グループワークでは専攻が異なる学生とも協力して作業を進めていく必要があるが、考えかたや文化が違うので苦労した。また、事業所がかなり広いため見学ではたくさん...

20卒 / 福井大学大学院 /
冬 / 1日 / 技術系

社員の方々との座談会の時間が長く、多くの社員の方と話す機会が多かったのはよかったが、後半になると、考えてきた質問内容もなくなり、質問しないというのも失礼な...

20卒 / 名古屋大学 /
冬 / 3日 / ビジネスコース

インターンシップで大変だったのは、グループワークを進める時間がインターン時間中にあまりなかったため、それ以外の時間で進めなければならなかったことです。2日...

20卒 / 名古屋大学 /
冬 / 3日 / 事務系3daysインターンシップ

とにかく発表の準備の時間が足らない。1日目で大部分を完成させなければとうてい間に合わないと思う。終了後店に集まり進めるグループもあった。時間が厳しいことを...

閉じる もっと見る

印象的なフィードバック

20卒 / 茨城大学大学院 /
冬 / 1日 / 製品事業別1Day インターンシップ

グループワークの答え合わせのような形式で、全体に対しての説明はあったが個々へのフィードバックはなかった。またその説明も難解で物理を専攻していない学生には厳...

20卒 / 福井大学大学院 /
冬 / 1日 / 技術系

コンパクトカメラのレンズバリアの組み立てにおいて、他の人より早くできたため褒められた。また、社員の方々との座談会で、積極的に質問したことで、社員の方に顔を...

20卒 / 名古屋大学 /
冬 / 3日 / ビジネスコース

新規事業室案の方向性がチーム内でなかなか決まらなかったときに、社員の方から「具体的に、どこに住んでいる・何歳・性別・職業などを通して、ターゲットを具体的な...

20卒 / 名古屋大学 /
冬 / 3日 / 事務系3daysインターンシップ

発表後に審査員の社員の方からフィードバックをいただけるのだが、ビジネスモデルをもう少し徹底できると良かったとのフィードバックをいただいた。私たちが提案した...

閉じる もっと見る

選考対策

直近のインターン選考フロー

インターンES

20卒 インターンES

技術職
20卒 | 上智大学 | 男性
Q. 学業、ゼミ、研究室などで取り組んだ内容について、具体的に記述してください。(300字以内)
A. 私の専攻は「情報学」です。プログラミングを中心にハードウェア、ソフトウェア、通信工学、ネットワーク、情報数学等のコンピュータや情報通信システムの基礎を学びます。 さらに「人間情報」、「情報通信」、「社会情報」、「数理情報」の4つに沿った学科科目を勉強するのですが、私はこの中でも「情報通信」を中心に勉強しています。「情報通信」では、情報を伝える通信技術の基礎と最新技術について学びます。具体的...

20卒 インターンES

総合職
20卒 | 上智大学 | 男性
Q. 今回弊社のインターンシップへの参加を志望する理由を記入してください。
A. 私が貴社のインターンシップを志望した理由は、貴社の挑戦し続けた結果得た成功体験から、私にも吸収できるものがあるのではないかと考えたからです。私も日頃から何か新しいことに挑戦しています。例えば、最近だと投資を勉強しています。これは、元々私が老後を迎えたときの日本の財政状況を考えたときの危機感から、将来的に副収入で資産形成できないかと試みたのがきっかけでした。私自身、この機会に積極的な姿勢で貴社...

20卒 インターンES

総合職
20卒 | 慶應義塾大学 | 男性
Q. 本インターンシップに参加しようと思った理由について教えてください。 400
A. 私は、キャノンの思い出があります。私が小学6年生の時、両親にデジタルカメラを買ってもらいました。そのカメラで、毎週電車を取りに行っていました。そのような思い出を与えることができるbto cビジネスの会社で働きたいと思います。よって、私は貴社で働きたいと思いました。その思いを間違っていなかったという事を確かめるために、貴社のインターンシップに参加したいです

インターン面接

20卒 冬インターン 最終面接

2019年2月開催 / 3日 / 事務系3daysインターンシップ
20卒 | 名古屋大学 | 男性
Q. どのようなインターンに参加していますか。それはなぜですか。
A. 私はメーカーを中心に参加しています。私は音楽を大勢の人に届けるという活動をしており、その時の経験から出来るだけ多くの人に影響を与えたいという思いがあります。その中でも、私がメーカーで働きたいという理由は2つあります。1つは、私は、これまで世界を変えてきたのはメーカーだと考えているからです。技術の進化が時代を大きく変えてきました。そのため、私はメーカーで働くことによって世界を大きく変えたいと考...

20卒 冬インターン 最終面接

2019年2月開催 / 3日 / ビジネスコース
20卒 | 名古屋大学 | 女性
Q. なぜキヤノンのインターンシップへの参加を志望するのか
A. キヤノンへのインターンシップへの参加を志望する理由は、キヤノンへの理解をさまざまな方向から深めたいからです。たとえば、工場見学への参加を通して、普段キヤノンのものづくりがどのように行われているのかということを肌で感じたり、また、キヤノンの社員との交流を通して、説明会に参加するだけでは感じることのできない、社員の雰囲気や社風について知りたいと考えています。

19卒 冬インターン 最終面接

2018年2月開催 / 3日 / 総合職
19卒 | 慶應義塾大学 | 男性
Q. 学生時代頑張ったこと
A. アメフト部でのフィジカルリーダーの活動だ。私はチームが優勝するために自身の筋トレ面での経験をチームに還元したいと考え上記に立候補した。当時のチームの課題は部員間で筋トレの取り組みに差があることだった。解決のために私はボトム層の意識改革を狙った。まず、講義形式のものを中心に行ったが効果はみられず、試行錯誤の後ペアでノルマを設けるバディ制度を導入し、これによりチーム全体平均8キロの体重増加に成功した。