大正製薬株式会社のロゴ写真

大正製薬株式会社

  • 2.8
  • 口コミ投稿数(484件)
  • ES・体験記(50件)

大正製薬の本選考のエントリーシート

本選考の通過エントリーシート

24件中1〜20件表示

21卒 本選考ES

生産技術職
男性 21卒 | 岐阜薬科大学大学院 | 女性
Q. 自覚している性格
A. A. 諦めが悪く粘り強い
Q. 趣味・スポーツ
A. A. 趣味は音楽鑑賞です。休日には友人とフェスへ出かけてリフレッシュしています。
Q. 志望動機
A. A. 私は医薬品を通じて人々の健康に貢献したいという思いから製薬業界を志望します。幼少期に薬を使用する経験が多く、その効能効果を深く実感してきました。この経験から将来は患者へより良い薬を届けることに携わることができる製薬業界で働きたいと考えるようになりました。その中で貴...
Q. ものづくりにおいて大切だと思うこと
A. A. 私はものづくりにおいて、チームワークが一番大切だと思います。その理由は2つあります。1つ目は医薬品について詳しく理解するきっかけとなり、高品質な製品を生産することにつながると考えているからです。チーム内で多くの情報を常に共有することはものづくりにおいて必要不可欠で...
Q. あなたの一番の強みは何ですか。
A. A. 私の強みは「何事にも挑戦できること」です。私は大学4年生の時スペインにあるサラマンカ大学で開催された世界薬学教育会議に参加しました。大学の中から3人しか参加できませんでしたが、多くの人と出会い国際学会の雰囲気を体感することで今後の研究生活を有意義なものにしたいと考...
閉じる 質問と回答をもっと見る
男性 21卒 | 東京薬科大学 | 女性
Q. 大正製薬を志望する理由をお聞かせください(300文字以内)
A. A. 私は「1日でも早く患者に薬を届けたい」という思いがあります。貴社は、アンメットメディカルニーズの医薬品開発が進んでおり、MRの医療従事者への情報提供、収集が重要であると考えます。私は貴社のボンビバで患者の病態が改善する経験をし、MRから情報提供を受け、服薬指導に活...
Q. 学生時代、学業で特に力を入れて取り組んだことをお聞かせください(500文字以内)
A. A. 私の研究テーマは、○○の副作用による痺れに対して、経験上使用されている薬の効果について研究を行いました。伝統的な漢方である○○や、○○が、長年臨床の現場で用いられ、安全性については確認されています。特にがんの治療を受けている患者は、体力が低下していることが多く副作...
Q. 自己PR(学業以外で力を入れたこと、強み・弱み など)をお聞かせください(400文字以内)
A. A. 私の強みは「何事もまず挑戦すること」です。その強みを最も発揮することができた経験は、留学です。研修前は、「語学力への不安」や「知識の不足」という問題点がありました。その問題点を解決するために研修前にTOEICの勉強や英語で授業を行う特別講義の受講をして語学力の向上...
閉じる 質問と回答をもっと見る
男性 21卒 | 立命館大学大学院 | 男性
Q. 性格(50文字)
A. A. 何事にも笑顔で前向きに取り組み、最後まで諦めずに挑戦し続けます。しかし、お人好しすぎる所もあります。
Q. 志望理由(300文字)
A. A. 貴社ならば【人々の健康を創り笑顔が絶えない世界にする】という私の目標を実現できると考えたからです。私は大学で薬について、大学院では商品はその情報を上手く伝えないと売れないと学んだことから、製薬業界の営業を志しました。また、ユニセフでの経験から、病気になる前に健康な...
Q. 学業で頑張ったこと(500文字)
A. A. 8か月の大学と企業の共同プログラムでチームリーダーとしてデジタルマーケティングを行いました。私は大量の顧客データを基に企業の課題解決を行いました。しかし、適切にデータを紐解き、納得のいく施策を提案することは難しく、全く議論が進みませんでした。そこで私はリーダーとし...
Q. 自己PR(500文字)
A. A. 私は相手に寄り添い、失敗しても諦めずに挑戦し続けることに関しては誰にも負けません。その一方で、誰が言う事も信じてしまうお人好しな所もあります。そのことがわかるエピソードとして、ユニセフでの営業経験が挙げられます。始めは、社員の方にいただいたマニュアル通りに営業をす...
閉じる 質問と回答をもっと見る

21卒 本選考ES

生産技術職
男性 21卒 | 岡山大学大学院 | 女性
Q. 志望動機 (弊社・生産技術職を志望する理由)をお書き下さい。※500文字程度
A. A. 貴社を志望する理由は2つあります。1つ目は医療事業とセルフメディケーション事業という2つ面から人々の健康に貢献できる点に魅力を感じたからです。病気に苦しむ人々の力になれる医療事業と、自分で健康状態を管理できるセルフメディケーション事業のどちらにも貢献しているのは貴...
Q. ものづくりにおいてあなたが一番大切だと思うことはなんですか。以下の選択肢からお選びください。 安全 技術 コスト チームワーク 納期 品質 モラル
A. A. 品質
Q. 「ものづくりにおいて大切だと思う事」の選択肢を選んだ理由をお書きください。 ※400字程度
A. A. 理由は3点あります。1つ目は、品質に欠陥があると製品として価値がないからです。どんなに画期的な製品でも、品質に欠陥があり、適切に使用できなければ製品としての意味を成さないと考えます。2つ目は安全性に欠けると、製品を使用する人に危害を及ぼす可能性があるからです。製品...
Q. あなたの一番の強みは何ですか。また、その強みを弊社でどのように活かせると思うかをお書き下さい。※400字程度
A. A. 「粘り強く成し遂げる」ことです。私は楽器を弾くことに挑戦してみたいと思い、その中でも珍しいと感じたギターマンドリン部に入部しました。入部するまで楽器の経験がなく基礎知識もない状態からのスタートでした。そのため、「複雑な楽譜が読めないこと」や「大きな音量が出せないこ...
閉じる 質問と回答をもっと見る

20卒 本選考ES

総合職(営業)
男性 20卒 | 東京農業大学 | 男性
Q. 自己PRをしてください。 500字以内
A. A. 私の強みは「死にものぐるいで目標に向かい努力できる」ことです。 私は大学生までの12年間のラグビー人生を通し、スポーツに自信がありました。 大学では自信と共にラクロス部に入部しましたが、最初の公式戦は実力不足で出場することができませんでした。部を辞めようと思う...
Q. 学生時代力を入れて頑張ったことを教えてください。
A. A. 『農大歴史上初の一部リーグ昇格に向けた取り組み』 私はラクロス部に所属し、一部リーグ昇格を目標にチームを牽引しています。一部リーグの選手を分析すると技術ではなくフィジカルの部分が秀でていることが分かりました。一部リーグ昇格するためにフィジカん強化が必要不可欠...
Q. 志望動機を教えてください。
A. A. 「人が平穏で健康に暮らせる世界を作りたいから」です。 現在、セルフメディケーションという概念は身近なものとなっています。そのため、人々の健康に寄り添うOTC医薬品の需要は今後さらに増すことと思われます。また、「病院に行く時間がない」という患者さんも世の中には多く...
閉じる 質問と回答をもっと見る

20卒 本選考ES

生産技術職職
男性 20卒 | 早稲田大学大学院 | 男性
Q. 志望動機 (弊社・生産技術職を志望する理由)をお書き下さい。  ※500文字程度
A. A. モノづくりを通じて人々の健康に貢献したいと思い志望しました。私は研究で使用する実験装置の製作とスキーのインストラクターの経験から、モノづくりと人に喜んでもらうことに対するやりがいを強く実感しました。私は最も喜びを感じる瞬間とは、健康であるときだと思い、そのためにも...
Q. 「ものづくりにおいて大切だと思う事」の選択肢を選んだ理由をお書きください。 ※400字程度
A. A. モノづくりにおいて「品質」が一番大切だと考えます。私は研究のため、実際に装置部品を設計、加工し、その部品を用いて実験を行った経験があります。そこで一番重要だと感じたことは完成した装置部品の精度です。この部品加工に際して、同じものをいくつか製作し、その完成度を表面性...
Q. あなたの一番の強みは何ですか。また、その強みを弊社でどのように活かせると思うかをお書き下さい。  ※400字程度
A. A. 私の強みは、目的達成のために自ら行動し、より高いレベルに挑戦できることです。私はサークル活動で参加する1000人規模の全国学生スキー大会で80位以内に入るという目標に挑戦しました。理由は昨年の大会では100位以内に入るという目標に届かず苦い思いをしたと同時に、来年...
閉じる 質問と回答をもっと見る
男性 20卒 | 慶應義塾大学 | 男性
Q. 志望理由
A. A. 私は大学で学んだ薬学の知識と医療人としての倫理観と「多くの人の役に立ちたい」という価値観をかけ合わせて、「人々が笑顔で楽しく生活できる世界に貢献したい」という夢を持っています。 貴社はOTC医薬品の売上国内No1という地位を確立して、人々の生活と健康に対して強い...
Q. 学生時代、学業で特に力を入れて取り組んだこと
A. A. 認知症の方やその家族、介護者が気軽に集う場として「認知症カフェ」を主催しました。 *背景 医療職は病気や風邪など健康ではない人に対して仕事をしています。私は実習でそれに疑問を感じ、日常的に人の役に立ちたいと思いました。 *目標 地域の健康への貢献を確認する...
Q. 自己PR
A. A. 私の強みは「1向上心がある」と「2勇気を持って挑戦する」です。 1何事も中途半端にしたくないという価値観があり、能力の限界を見据えることなく努力を惜しみません。5年間続けている東京ドームでのビール販売員サポートアルバイトでは、チーフを任された当初売上が落ち込んで...
閉じる 質問と回答をもっと見る

20卒 本選考ES

生産技術職
男性 20卒 | 名古屋大学大学院 | 女性
Q. 自覚している性格(50文字以内)
A. A. 目標達成に向けて必要な強い精神力を持った忍耐強い性格
Q. 趣味・スポーツ(50文字以内)
A. A. 趣味:旅行、スポーツ観戦
Q. 志望動機 (弊社・生産技術職を志望する理由)をお書き下さい。 ※500文字程度
A. A. 私が貴社を志望した理由は、「人々の健康との距離感の近さ」に魅力を感じたからです。私には、学部時代から掲げている「人々が不安を抱えず、安心して暮らせる社会を創りたい」という目標があります。OTC医薬品における売上ナンバーワンを誇り、セルフメディケーション事業に注力さ...
Q. ものづくりにおいてあなたが一番大切だと思うことはなんですか。以下の選択肢からお選びください。(安全 or 技術 or コスト or チームワーク or 納期 or 品質 or モラル)
A. A. 技術
Q. 「ものづくりにおいて大切だと思う事」の選択肢を選んだ理由をお書きください。 ※400字程度
A. A. 生産技術職としてのお仕事において特に重要であると考える「安全」、「コスト」、「品質」という3点の核となり得るものが「技術」であると考えるからです。研究や開発の部門を超えて製品化に向けて製造の段階までたどり着いた医薬品を、より安全で、より低コストで、より高品質で大量...
Q. あなたの一番の強みは何ですか。また、その強みを弊社でどのように活かせると思うかをお書き下さい。 ※400字程度
A. A. 私の強みは、「臨機応変に対応するための聴講力の高さ」です。大学入学当時から続けている塾講師のアルバイトは、担当の生徒やその保護者の方々が掲げる目標を達成する為、まず現状を的確に把握し、どのように対応する事で目標を達成する事が出来るのかを考え提案する事が常に求められ...
閉じる 質問と回答をもっと見る
男性 20卒 | 大阪府立大学 | 女性
Q. 志望理由(300字)
A. A. 私は、大学の研究をきっかけに社会人として、「健康寿命の延伸をサポートしたい」という目標があります。そこで、OTCのリーディングカンパニーとしてセルフメディケーションと大きな病気の完治を目指す医療用医薬品を開発・提供をバランスよく人々に提供する貴社に魅力を感じ、志望...
Q. 学生時代、学業で特に力を入れて取り組んだことをお聞かせください(500字)
A. A. 私は医療情報システム研究室に所属し、「独居高齢者を対象とした見守りマッチングシステムの考案〜潜在看護師の活用〜」に取り組んでいます。私はこの研究に力を入れて取り組みました。なぜなら、少々高齢化による働き手不足が深刻化する我が国において、IT技術を介して人と人(特に...
Q. 自己PR(学業以外で力を入れたこと、強み・弱み など)をお聞かせください(500文字以内)
A. A. 私の強みは「課題解決力」と「向上心」です。私はこれらの強みをビアガーデンのアルバイトで発揮しました。具体的には、毎週火曜日に開催していたマジックデーを学割デーへ変更しました。毎週のマジックデーの時、150名収容可能に対し50名程の客入りでした。私は、最低100名の...
閉じる 質問と回答をもっと見る
男性 19卒 | 中央大学 | 男性
Q. 自覚している性格
A. A.
負けず嫌い・素直で真っ直ぐ・目立ちたがり屋・好奇心旺盛・フットワークが軽い・気が利く・忍耐強い 続きを読む
Q. 大正製薬を志望する理由をお聞かせください
A. A.
仕事を通じて全ての人々に健康で自分らしく暮らしていけるきっかけを作りたいと考えています。株式会社○○○○のプログラムで半年間自分について徹底的に向き合った経験から、飾らないことに価値を見出していることに気づきました。私は健康寿命と平均寿命の差に乖離があることに課題を感じています。この課題を解決するため、貴社の時代のニーズに応えるOTC医薬品を広めることで、自分らしく過ごせる健康寿命を延ばすことに挑戦していきたいです。そして貴社はセルフメディケーション事業に強みを持ち、常に生活者の視点に立って身近な人々の健康を支えています。私も身近な人々の健康を守るという立場から私の夢を実現したいと考えました。 続きを読む
Q. 学生時代、学業で特に力を入れて取り組んだことをお聞かせください
A. A.
統計学ゼミでの活動です。ゼミの内容は統計解析ソフト(SPSSやExcel)によって様々なデータを分析し、そこから読み取れることをレポートとしてまとめるというものです。このゼミを選んだ理由は、自分の苦手分野(数学やデータを読み取ること)を克服したいと考えていたからと、また現代は情報が入り乱れた時代なので、データを論理的に把握することに必要性を感じていたからです。正確な分析結果を求めるためにデータ分析を行う上で、自分なりに「結果について仮定すること」を大事にしています。事前に仮のゴールを定めることで、「どのようなデータがあればよいのか」「どのような分析をすればよいのか」「どこから読み取ることができるのか」を明確化することができました。大学3年次の日本全国47都道府県の総人口と人口密度、外国人人口について考察するレポートでは、教授からのアドバイスを受けながら、上記のことを意識して取り組んだ結果、ゼミ内でA評価を頂けました。そして私は、できなかったことができるようになることに喜びを見出していることに気づきました。貴社でも主体的に困難や課題に対して取り組むことができると考えています。 続きを読む
Q. 自己PR(学業以外で力を入れたこと、強み・弱み など)をお聞かせください
A. A.
私は「主体的に行動することで周りを巻き込み」、「目標に向かって徹底的にやり抜く」という人間性を持っています。大学では株式会社○○○○のスクールで半年間自分について徹底的に向き合いました。人に価値を提供し続けないと認められないという思い込みを解消するため、多くの人と関わろうと考えました。具体的には、授業外でも毎週3回はスクール生と対話をしたり、大学生向けの自己分析セミナーを開催したりしました。その取り組み姿勢が認められ、70人の前で発表する代表に選ばれました。また、私は「人に対する時間を惜しまない」という人間性を持っています。高校生の悩み相談を受ける教育ボランティアでは、上記のスクールで学んでいた自分の経験を周りの人にも還元したいという思いから参加しました。高校生に満足してもらうため、何度も経験している先輩からアドバイスを聞きにいったり、シミュレーションとしてやり方を見せてもらったりしました。そうすることによって、自信を持って取り組むことができました。最終的に、多くの高校生から「自分の夢に自信を持てました」という言葉にやりがいを感じました。貴社でも、私の人間性を活かして、貢献したいです。 続きを読む
閉じる 質問と回答をもっと見る
男性 19卒 | 西南学院大学 | 女性
Q. 志望理由
A. A.
私には、「人々の生活を健康にしたい」という思いがあります。なぜなら人々の暮らしの幸せは健康ゆえに成り立つものであるからです。しかし、現在、医療費の圧迫や生活習慣病が問題視されています。したがって、数ある医薬品業界の中でも、医療医薬品事業だけでなくセルフメディケーション事業で高いシェア率を図る貴社こそが、今後日本に必要とされるに違いないと感じています。また、先日の説明の会で、貴社の課題がすべての領域でまだ1位になれていないことだと聞き、貴社の現状を超えようとする姿勢から、将来への成長性も強く感じました。このような思いを持つ貴社であれば、多くの人々の健康に貢献し続けることができると確信しています。 続きを読む
Q. 学生時代学業で特に力を入れたこと
A. A.
フランス語学習です。私は、3年次での留学が決まっていました。したがって、現地でより成長できるよう当時持っていた資格より「一つ上のレベルの資格試験合格」を目標とし、学業に励みました。中でも苦手としていた分野の「聞き取り」には、最も意欲的に取り組みました。苦手であった理由は、1、単語力不足と2、発音の難しさが原因でした。したがって、1に関しては、留学前までに単語本の単語をすべて覚えることに徹しました。通学時間やアルバイト前などの隙間時間を見つけては何周も行い、例文も一緒に覚えてしまうことで現地でも応用が利くよう心掛けました。2に関しては、単語を覚える際に口にだして覚えるほか、付属CDを何度も聞くことで耳と口を使い、発音に慣れることに徹しました。また、実際に話をする機会を作るべく、フランス人の友人を作り、自分の失敗を恐れずに話す力を付けました。私は、このように現地で可能である限りの準備を積極的に行っていきました。結果、目標としていた資格に「合格」することができ、現地で高いレベルのクラスで語学力を成長させることができました。私はこのように、「苦手」にも果敢に挑戦し、成果を得ることができます。 続きを読む
Q. 自己PR
A. A.
私の強みは、「自分で考え行動する力」です。例として、日韓交流プログラムの一環で、外国人インバウンド数を増やすにはどうすべきであるかについての提案作成にメンバー5人で取り組み、企業に向けて発表した経験があります。しかし、正解のない漠然としたテーマであったこと、全員で話し合う時間の確保が困難であったことから作成に行き詰まりました。従って、私は、1、情報共有と2、情報収集が重要だと考え、実行しました。1に関しては、時間の合間を縫い、数人でも集まり情報と意見を交換しあう場を設けました。そして、必要な情報とそうでない情報に分け、意見を集約していきました。2に関しては、外国人へ街頭アンケートを行い、提案の質を高める情報収集を行いました。結果、アイディアの詰まった提案完成へつながり、企業の方から好評を得ることもできました。私はこのように、課題解決に向けどうすべきであるか考え、行動し達成することができます。この力を活かし、貴社のSRとして働く際には、どうすれば売り場を増やしてもらえるか、自分で考えながら消費者の動向やニーズを察知、収集し、その情報を活かせるよう行動することで成果につなげます。 続きを読む
閉じる 質問と回答をもっと見る
男性 19卒 | 徳島大学大学院 | 男性
Q. 志望動機 300字以下
A. A.
私は、将来人々の健康と病気の予防に貢献できる仕事に携わりたいと考えています。貴社は、OTC医薬品を中心に医療用医薬品の創薬にも取り組まれており、病気の予防から治療まで幅広い分野で生活者視点の医薬品を創出しておられます。私は、この取り組みに魅力を感じ、自分もセルフメディケーション事業の先端企業の一員として、お客様のニーズに応えた医薬品の開発に取り組みたいと考えています。そして常に変化する時代の中で、これまで培った知識や経験を活かす一方で、貴社の長年積み重ねてきたノウハウを習得し、新しいことに挑戦し続けたいです。以上のことから、私は自分の仕事にやりがいと誇りを持って働きたいと考え、貴社を志望しました。 続きを読む
Q. 自覚している性格 300字以下
A. A.
私は、何事にも挑戦し工夫できる探求力がある人間です。私は弓道部に所属しています。大会入賞を目標に毎日練習に励みましたが、スランプに陥った時期もありました。私は新しい練習方法を試すなど努力を怠りませんでした。その結果、スランプを乗り越えることができました。以上より、私は最後まで諦めず挑戦し続ける力あります。一方で私の短所は、細かいところまでこだわりすぎるところです。研究活動において、セミナー発表などがある時、細かいところまで気になり期日ギリギリになって焦ってしまい、周りに迷惑をかけた経験がありました。私は限られた時間の中で何が最優先事項なのか見極めて、計画的に行動するよう心掛けています。 続きを読む
Q. 学生時代で一番印象に残っていること 小学生の時 200字以下
A. A.
小学生時代、私は休憩時間に友達と一緒に秘密基地を作ったことが一番印象に残っています。私の小学校には学校が所有する裏山がありました。私は、友達と一緒に木材や葉っぱを持ち寄り、校長先生にアドバイスをもらいながら、友達と協力して組み立てていき秘密基地を完成させました。出来栄えはあまり良いとは言えませんでしたが、みんなで協力して秘密基地を作り上げた時の達成感と喜びはとても大きく、楽しかった思い出です。 続きを読む
Q. 学生時代で一番印象に残っていること 中学生の時 200字以下
A. A.
中学生時代、私は生徒会長を務めました。生徒会長の仕事は、様々な行事の準備やスケジュールの管理、生徒代表として様々なイベントに出席するなどとても忙しい毎日でした。私は、生徒会役員の仲間と協力して助け合いながら、なんとか乗り越えることができました。生徒会長の仕事はとても大変でしたが、新しいことに挑戦する楽しさと責任感を学ぶことができ、自分自身の成長につながる経験をすることができました。 続きを読む
Q. 学生時代で一番印象に残っていること 高校生の時 200字以下
A. A.
高校時代、私は弓道部の部長として部活動を頑張りました。私は、同期の仲間と相談し試行錯誤しながら練習時間や規則を決めていきました。また、他校との練習試合も提案し、顧問の先生と相談しながら練習試合を開催することもできました。その結果、部のまとまりも良くなり、毎日仲間と切磋琢磨しながら練習に励むことができました。また、県大会に出場し初めて入賞することもでき、とても充実した生活を送ることが出来ました。 続きを読む
閉じる 質問と回答をもっと見る
男性 19卒 | 大阪市立大学 | 女性
Q. 志望理由(300)
A. A.
貴社がセルフメディケーションの重要性に着目し、幅広いOTC医薬品を提供している点に惹かれ志望しました。私は学生時代部活動に打ち込んでいたので、体調面における自己管理の大切さを常に感じてきました。風邪を引いたが練習を休めない日は市販の風邪薬を服用し、疲れた時には栄養ドリンクを飲むなど、身近なOTC医薬品に支えられました。そして、数ある製薬会社の中でも貴社は商品数が多く、それぞれのブランドを確立しており、お客様が自分に合わせた薬を安心して手に取れるようになっていると思います。そのような貴社で自分の経験を活かし、OTC医薬品を提供する側となり、人々の健康維持に貢献したいと思い志望しました。 続きを読む
Q. 学生時代、学業で特に力を入れて取り組んだこと(500)
A. A.
私は大学で刑事政策ゼミの学習に力を入れて取り組みました。そのゼミでは、主に海外と日本の刑務所、刑事政策、裁判制度について勉強しました。授業や課題で、刑務所の制度や法の犯罪予防としての効果を調べ、実際に裁判所に傍聴に行き、少年院や刑務所への訪問もしました。裁判傍聴では1つの事件に関する裁判を最初から最後まで傍聴し、裁判の流れを学びました。そして、少年院訪問では非行少年に対する処遇や日常生活における指導の方針を学び、刑務所訪問では中の様子や設備など、実際に入らないと知れなかったようなことを自分の目で確かめることができました。また、刑務官からたくさんのことを教わり、私達が元々持っていたイメージとは大きく違う面もあり、とても勉強になりました。そして、私は刑務所内の高齢化の問題について興味を持ち、医療面や食事面、刑務作業での処遇について、これからも改善を続けなければならないと考えています。そして、高齢者が軽犯罪をやめられず、刑務所の出入りを続けていることは大きな社会問題であると思います。閉ざされた空間である刑務所について、国民がもっと理解を深めることが必要であると考えています。 続きを読む
Q. 自己PR(500)
A. A.
私の強みは、逆境でも粘り強く努力し結果を出せることです。私は入部当初から常にスタメン入りを目標にしており、一、二年生の時はそれを達成することが出来ました。しかし、三年生の時のリーグ初戦1ヶ月前に怪我をし、数週間練習に参加できなくなってしまいました。その間に同期や後輩が着実に実力を伸ばし、練習試合にも起用されるようになり、焦りに駆られました。置いていかれたくない気持ちとは裏腹に怪我の回復が遅く、辛い日々が続きました。それでも、スタメン入りの目標を捨てられず、先輩のプレーを見て学び、怪我でもできる自主練をし、周りとの差を埋められるようとにかく努力しました。その結果、なんとか復帰した後も周りに劣ることなくプレーでき、辛い時期があった分、誰よりもがむしゃらに練習することができました。そしてリーグ初戦から、スタメン入りの目標を果たしました。その後も気を抜くことなく練習に取り組み、全試合でスタメン入りすることが出来ました。今後もこのように、粘り強く努力し続けることを大切にしたいと思っています。 続きを読む
閉じる 質問と回答をもっと見る
男性 18卒 | 早稲田大学 | 男性
Q. 大正製薬を志望する理由をお聞かせください(300文字以内)
A. A.
貴社に入社すれば、私の夢を叶えられると考えたからです。私の夢は「多くの人に健康的な生活を提供し、日々の生活をより快活に過ごしてもらうこと」です。きっかけは、私の母が子宮内膜症という病気になり、約1カ月入院したことです。当初、母が家庭にいないという突然の出来事に戸惑いましたが、お医者様や薬剤師の方々のおかげで無事退院することができました。この経験から、私は人々に健康的な生活を送る仕事をしたいと考えました。私は医療や薬学の知識は弱みですが、経営学や経済学の知識には強みがあります。この強みを活かし、貴社のさらなる売上向上に貢献し、より多くの人に健康的な生活を提供できる人材になりたいと考えます。 続きを読む
Q. 学生時代、学業で特に力を入れて取り組んだことをお聞かせください(500文字以内)
A. A.
塾講師のアルバイトに最も打ち込みました。大学1年の4月から3年間続け、中高生に英語と社会を教えてきました。全生徒の成績向上を目標に設定し、生徒一人一人に学習プランのアドバイスや質問対応を毎回行いました。一人一人の成績を逐一チェックし、苦手分野のプリント作成や勉強計画を練り、生徒に実行してもらいます。もちろん生徒の学校生活や体調と相談しながら、負荷をかけすぎることなく行ってもらいます。おかげさまでクラスの平均偏差値が68.0(4月期)から76.0(12月期)に「+8.0」向上しました。このように、私は目の前の問題点を明らかにし、一人一人に向き合いながら課題を解決する人間です。問題を分析し解決策を見出し実行する基本的な姿勢は貴社にも生かせると考えています。こうして塾講師アルバイトに注力した理由は、社会のためになっていると日々実感したからです。授業や面談によって、生徒や保護者の方々の悩みを解消し、誰かのために生きることが私の原動力なのだと知りました。勿論、学習塾は企業であり利益集団ですが、同時に社会貢献を重んじ、倫理に反する行動はしないという信念を持ってやってきました。 続きを読む
Q. 自己PR(学業以外で力を入れたこと、強み・弱み など)をお聞かせください(500文字以内)
A. A.
私は成長意欲が高く、組織のために現状の問題点を明らかにし、周りを巻き込んで解決していく人間です。高校時代は水泳部に所属しシンクロをやっていました。本番2週間前、全体の演技にハリがなく、うろ覚えの状態で演技するメンバーもいました。このままでは本番に間に合わないと感じた私は、高3の同期にかけあい、現状の問題点を明らかにし、みんなで最高の演技をしようといいました。それぞれの演技の担当者にスケジュールを考えてもらい、いつまでに完成するか全体でスケジュールを統一したり、練習に着いてこれない後輩にはマンツーマンで先輩についてもらったりして、チーム一丸となってシンクロを成功させるという雰囲気づくりを行いました。ここまで注力した要因は、一人一人が満足して演技できるようにし、本番を楽しんでもらいたいという気持ちと、お客さんに良い演技を見てほしいという気持ちが強いからです。せっかくシンクロをするからには、喜びや達成感を感じる思い出になってほしいですし、お客さんにもシンクロを楽しんでもらいたいと思いました。このように私は成長意欲が高く、目標達成のために組織をまとめて実行できる人間です。 続きを読む
閉じる 質問と回答をもっと見る

18卒 本選考ES

生産技術職
男性 18卒 | 慶應義塾大学大学院 | 男性
Q. 自覚している性格
A. A.
温和で協調性に富み、気配りができます。 続きを読む
Q. 趣味・スポーツ
A. A.
マリンスポーツ 続きを読む
Q. 志望動機 (弊社・生産技術職を志望する理由)をお書き下さい。※500文字程度
A. A.
私は「多くの人の暮らしをゆたかにするものづくりをしたい」からです。そのため、人の健康を予防から治療まで支えている医薬品を通して多くの人の健康な生活に貢献したいです。また、私は医学部と共同研究をする中で医療業界には工学部の技術が求められていると感じたことから、工学的な知識や技術を活かすことで医療分野に貢献したいと考えるようになりました。その中でも学生時代に学んだ機械工学の知識やものづくりの経験を活かしたいと思い、貴社の生産技術職として医薬品の製造設備の開発やメンテナンスに携わりたいと考えています。そして、医療と工学の分野をつなぐ架け橋となりたいです。また、現在、高齢化の影響で医療費や保険料の高騰が世界中での社会的課題となっており、早期予防と早期治療が求められていることから、多くの人が健康を自己管理できるようなOTC医薬品を届けて健康を支えたいです。そして個人を、日本を、世界中を笑顔あふれる世界に変えていきたいです。そのためも多くの人に使用されるからこそ、お客様に届く商品の安全性を築き上げる設備を生産技術職として設計したいと考えています。 続きを読む
Q. 学生時代、特に力を入れて取り組んだこと、その具体的成果について簡潔にまとめ、成果を上げることが出来た要因を具体的にお書き下さい(行動、特にアピールしたい点、成果をだすコツ、得たこと、等)。※500文字程度
A. A.
私が最も頑張ったことは、連日満席の飲食店のアルバイトを4年間勤続したことです。私は働き始めてから2年でお店のリーダーを任されるようになりました。しかし、始めは人に指示を出すことに抵抗があり、従業員の管理が上手くできませんでした。また、任された仕事を自分が全て行おうという責任感から空回りしてしまい、お店を上手く回せていない状況でした。そこで、なんとかスムーズにお店を回したいと思い、自分に与えられた立場を改めて理解し、どう振る舞えば良いのかを常に意識するようにしました。リーダーは、予約の管理や席の配置、オーダーや従業員の管理といったお店全体の状況把握を第一に行わなければならないと気づき、年齢も国籍も異なる多様な従業員に個人の長所を活かした指示を出すように心掛けました。これにより、各々のやるべき事柄が明確となってスムーズな接客に繋がりました。結果として、お店の回転率が上がり一日20万円代後半に留まっていた売り上げが30万円を超えるようになりました。この経験から、複数の仕事を同時に管理することによる全体を把握する力、その中で自分の役割を自覚する力、また、人にあった指示を出す力が身に付きました。 続きを読む
Q. あなたの一番の強みは何ですか。また、その強みを弊社でどのように活かせると思うかをお書き下さい。※400字程度
A. A.
私の強みは行動力です。私は研究活動を行う際に解析ソフトの使用や医学的な技術の習得を要求されましたが、研究室に経験者がおらず設備も整っていない状況でした。そこで、私はソフトを販売している会社に自らアポイントを取って足を運んだり、共同研究先の医学部に通うことにより新しい知識や技術の習得に取り組みました。また、研究はハードなスケジュールでしたが目標を持ち計画を根気強く実施することで成果を出しました。これらの過程で養った新たなことに積極的に挑戦し自ら学ぶ姿勢、決めた目標を最後までやり遂げる行動力は私の一番の強みです。この知識や経験、それを生み出した行動力はエンジニアリング業務である新たな工場や設備の設計に挑戦する時に活かせると考えています。また、入社後もこの行動力を活かして高い目標を持ち自ら知識やスキルを貪欲に吸収することで成長して、製造設備のスペシャリストとして御社の医薬品の未来を支えたいです。 続きを読む
閉じる 質問と回答をもっと見る
男性 18卒 | 同志社大学 | 男性
Q. 志望理由
A. A.
私自身が商品として活躍できると感じたからです。 私はフィットネスクラブでのアルバイトで、一緒に体作りを行った会員様が、転勤で退会される際、「○○君がいたから続けられた。」と言われ、強い喜びを感じました。その経験から、自分が魅力的な商品として必要とされ、活躍できる会社で働きたいと考えます。 私は昨年の夏、貴社のインターンシップで、SRの方に営業同行させていただきました。 そこで体験した業務は貴社製品を扱いながらも、SRがドラッグストアの方々からの信頼が必要だと感じました。その経験から、貴社のSRとして、貴社製品以上に信頼される営業マンになりたいと強く思いました。 続きを読む
Q. 学生時代、学業で特に力を入れて取り組んだことをお聞かせください
A. A.
私が学業で力を入れて取り組んだことは、ゼミの活動です。ゼミでは、ミクロ経済学の応用分野の産業組織論を学んでいます。具体的には、まず産業を一つ取り上げ、その産業で市場メカニズムが有効に機能しているかどうかの仮説を立てます。次に市場を「市場構造」「市場行動」「市場成果」という3つの観点から分析し、財やサービスの分配が効率的に行われているかを検証・評価します。 私は当時、興味のあった住宅業界について市場分析を行いました。 「市場構造」では、業界規模等、具体的に測定可能な形で把握し、市場のもつ特性を明らかにします。 「市場行動」では、製品の品質・種類等、各企業が市場の需給条件や他企業との関係を考慮してとるさまざまな意思決定行動を分析します。 「市場成果」では、売上高等から、企業の行動の結果、どのような成果が得られているかを評価しています。 そして、市場メカニズムが機能していないと判断した場合は、改善策を考えます。 ゼミでの活動を通じ、事象に対し仮説を立て、データなどの客観的な指標を元に分析・検証する力が身に付きました。 続きを読む
Q. 自己PR(学業以外で力を入れたこと、強み・弱み など)をお聞かせください
A. A.
私が力を入れて取り組んだことは筋力トレーニングです。 私は高校時代に野球部に所属していましたが、引退後は受験勉強で運動不足になっていました。さらに大学生になってからは、一人暮らしを始めたことで、今までのような食生活を維持することが出来ず、筋力が低下してしまいました。そんな中、大学の野球サークルに入って試合に出場した時、私のイメージ通りに体が動かないことや打球が飛ばないこと、ボールを速く投げられないことがとても悔しかったことを覚えています。そこで私は、以前の筋力を取り戻すことを目標にトレーニングに取り組みました。しかし野球部の練習と違って、決められたメニューもなければ、強制的なものでもありません。そこでフィットネスクラブでのアルバイトを始めることで、筋肉の知識を深め、トレーニングに取り組む人たちの中に身を置くことで、モチベーションを維持しました。そしてアルバイト後の深夜や、大学に行く前の早朝など、週三回以上のトレーニングを三年近く続けました。その結果、高校時代の80キロを上回る、100キロの重りを上げられるようになりました。これらの経験から、自ら行動し、それを継続することの大切さを学びました。 続きを読む
閉じる 質問と回答をもっと見る
男性 17卒 | 名古屋大学大学院 | 男性
Q. 志望動機
A. A.
OTC医薬品業界でトップシェアを誇る貴社で大学で学んだ研究を活かし、より多くの人々の健康を支えていきたいと思ったため。 続きを読む
Q. 研究課題
A. A.
粘液細菌由来の新規生理活性物質の探索 続きを読む
Q. 自覚している性格
A. A.
①粘り強い②素直③心配性 続きを読む
Q. 各学歴中にあった一番の想い出
A. A.
小学生の時:妹が生まれたこと。当時は嬉しくて皆に自慢した。 中学生の時:卓球部の部長となり、部の活性化に努めた。 高校生の時:大学受験に失敗したこと。これ以上親に迷惑をかけたくないという思いで必死に勉強した。 続きを読む
閉じる 質問と回答をもっと見る
男性 17卒 | 早稲田大学 | 男性
Q. 志望動機
A. A.
私が貴社を志望する理由は大きく2つあります。 1つめが、貴社の「製品力」です。貴社には予防から治療までをカバーする幅広い製品ラインナップがあります。その点で、多くの商品をお客様に届けることのできる社会貢献性と、多くの製品の知識を学ぶことによる自己成長との両立が出来るのではないかと考えております。そのように、自分を最大限成長させ、セルフメディケーションに貢献出来ることは、リーデイングカンパニーである貴社でしかできないことだと考えております。 2つ目は貴社の「直販体制」です。卸を介さない販売体制であるからこそ、店舗責任者や薬剤師との信頼関係が大切になります。私は生活者、お得意先、大正製薬を強く繋ぐことの出来るSRとなっていきたいと考えております。また、生活者の声を聞き、開発に伝えることや、お得意先の経営面でのコンサルティングを通じ、様々な立場に立って考えることで多くのベネフィットを生み出せる存在になりたいと考えております。 続きを読む
男性 17卒 | 東京理科大学 | 男性
Q. 私の性格・強み・弱み
A. A.
私の性格は「目標を達成したい」という気持ちが強く、何事にも真剣に、誠実に取り組むことができます。向上心も強く、そのための努力は厭いません。また、人に喜んでもらえることがとても嬉しく、行動の原動力になります。強みは「問題を見極め、ニーズに応える力」です。アルバイト先のドラッグストアではその強みを活かし、お客様満足度の向上に大きく貢献しました。 続きを読む
Q. これまでの私の体験
A. A.
アルバイト先のドラッグストアで各スタッフの接客力向上策を立案し実行しました。その際、お客様満足度を向上させるという目標を掲げ取り組みました。これはお客様に十分な接客ができていない現状を変えたいと思ったのがきっかけでした。私はこの目標を達成するために二方面からアプローチを試みました。取り組む姿勢の改善と商品に関する知識不足の改善です。前者について、エリア内トップのお客様満足度という現状に満足するスタッフがいる一方で満足していないスタッフもいました。このように目指す店舗レベルがスタッフごとに異なることが取り組みを妨害する根本的な問題だと気が付きました。そこで、私の勤務店舗を接客力においてエリア内で模範となる店舗にするという目標を定め、スタッフの意識統一を図ることで取り組む姿勢を改善しました。もう一つの改善点は知識不足が原因でお客様からの商品に関する質問に曖昧な返答をすることであり、これがお客様満足度の停滞に繋がっていると考えました。私は商品に関するQ&Aと特徴をまとめ、知識不足の改善を図りました。店長と相談をして新商品や答えられなかったQ&Aについて情報共有する場を設けました。その結果、それまでお客様満足度は70%を維持していましたが、取り組み後は85%超えるほどになり接客力の向上が数値に表れました。また、この取り組みは社内報で取り上げられました。この取り組みをするに当たり、複数のスタッフや社員の方にも相談しながら進めたからこそよりよい成果が出せたのだと考えています。相談し意見を求めることは、一つの問題に対しても多面的な切り口の発見に繋がり、問題解消のための最適な立案ができると学びました。現在この教訓は研究活動でも活かされ、考察段階において最適な案を出すために大切なことだと認識しています。仕事では一人でこなす力も必要ですが、他者の意見を求めることもより優れた結果を出すために必要なことだと考えています。 続きを読む
Q. 学生時代に頑張ったこと(学業と研究室)
A. A.
(学業) 臨床現場での実務実習において、患者様の生活の負担を減らせるように取り組みました。実際の患者様との会話の中やカルテ情報から、病気が原因で夜眠れないことや肌が荒れること等に対処せず、患者様のさらなるQOLの低下を招いていることがとても気に掛かったからです。実際に悩み苦しむ声を耳にし、「患者様のために何か私にできることはないか」という気持ちが強まりました。そこで、薬学的な知識から原因を考え、追加処方薬候補とその正当性を中心に吟味しました。薬剤師とも十分に話し合いをし、医師に対して処方提案しました。その後、患者様から快眠できたことや肌荒れが改善したことに加え、生活でできることが増えて治療に対しても前向きになれたという声を聞き、実習で最も喜びを感じた経験となりました。治療生活の負担を減らすことは患者様の身体だけでなく精神から支えることを実現して学べた有意義な実習でした。 (研究室) 3年目となる研究活動において、ディスカッションをすることに力を入れて取り組みました。まずは様々な論文情報を基に自分で考察をし、そのうえで先生方や研究室内に意見を求めて着実に実験をしていくことを心掛けています。私は実験をするに当たって実験の目的を明確化することを意識しています。こうすることで、論文調査、仮説、考察、実験という4つの周期をスムーズに進めることができると考えています。一人では解決に繋がらず実験成果が出せなかった経験から、自身の考察に多くの人の意見を取り入れることで多面的な切り口の発見に繋がるディスカッションが重要であると気づきました。それからは先生方や研究室内で活発にディスカッションをすることで目的を明確化した研究周期を回転できるという収穫を得ました。以来、有意義なディスカッションを日々繰り返すことで自身のその能力を磨き、その地道な努力の結果、現在の研究テーマを学会で発表することができました。 続きを読む
Q. 心がけている事柄
A. A.
「なぜ?」「目的は?」といったように疑問を持つことで発想力を磨いています。学会発表では専門外の方々とも質疑応答を通し、自他の各実験に対する着眼理由や目的を明確にすることを心掛けてきました。すると専門外の研究でもストーリーが見え、専門外の知識はなくても活発に議論することができました。この経験から私は、知識が不足している場合でもまずは発想力を活かして議論に積極的に参加することにチャレンジしています。 続きを読む
閉じる 質問と回答をもっと見る
男性 16卒 | 同志社大学 |
Q. 大正製薬を志望する理由をお聞かせ下さい
A. A.
私は企業選びの軸の一つとして「人の役に立つ」ことを掲げています。SRは人の健康・命に関わる仕事で、人間の本質の部分に対して貢献できると考え興味を持ちました。その中でも貴社はOTC医薬品シェアNo.1かつ直販体制をとっており、より患者さんに身近に寄り添えると考え、魅力に感じています。また、アジア圏への積極的なグローバル展開を行っている貴社に挑戦する強い姿勢を感じたので、私も貴社の一員としてその挑戦に寄与し、また私自信も挑戦し続けることによって会社と共に成長していきたいと考えました。以上の理由から私は貴社のSRとして働くことを大いに志望します。 続きを読む
Q. 学生時代、学業で特に力を入れて取り組んだことをお聞かせ下さい
A. A.
実験です。1年次から継続して現在も取り組んでいますが、実験が問題なく1回で上手くいくことはほとんどありません。その中で何が原因で失敗したのかを考え、時には過去のデータや統計などと照らし合わせて分析していき、自分なりの解決策を導き出した結果、実験が成功したときの喜びは大きかったですし、それが私にとって大きなやりがいでした。座学では、移動現象論という科目に力を入れていました。私自身、地球環境問題や資源・エネルギー問題に特に興味がありますが、この科目は生産処理プロセスや環境保全プロセスにおける異相間界面での物質の移動を基礎的に解明するとともに、環境・エネルギー問題やナノテクノロジーに応用していくといった流れを学べるので私の興味・関心に非常に関係する科目でした。 続きを読む
Q. 自己PR(学業以外で力を入れたこと、強み・弱み など)をお聞かせ下さい
A. A.
私は留学先でバスケットボールサークルを立ち上げ、代表として活動に取り組みました。私は当初、リーダーというのは人に指示を与えて動かしていくものだと思っていましたが、この方法では全く上手くいかず、むしろ反発ばかりでした。そこで相手を受け入れ、上手く柔軟に合わせていくという自分の強みを活かし、考えを「発信する」のではなく「聴く」ことを意識し、まず相手をよく理解して一人ひとり全員としっかり向き合うことを心がけました。相手の考えを聴くことによって自分自身を見つめ直すこと・新たな視点を持つこと・相手の良さを引き出すことが出来ましたし、聴くという姿勢そのものが各々のモチベーションの向上に繋がったと感じました。その結果、他のメンバーも相手を受け入れようとする姿勢を持つようになりチームに協調性が生まれました。 続きを読む
閉じる 質問と回答をもっと見る
24件中1〜20件表示