株式会社日本総合研究所のロゴ写真

株式会社日本総合研究所

  • 3.7
  • 口コミ投稿数(465件)
  • ES・体験記(118件)

日本総合研究所の本選考の面接の質問・回答

本選考面接

  • 1次面接
  • 2次面接
  • 最終面接

21卒 1次面接

ITソリューション、サイバーセキュリティ専門職
21卒 | 早稲田大学大学院 | 男性
Q. インターンはどうでしたか?
A. A. かなりよかった。他の企業のインターンは、出来合いのカリキュラムを適当にこなすだけのものもあるなか、現実の問題に対処させてくれたのでリアルに仕事を体験できた。社員と同じ生活をするので、入社後のイメージもわきやすかった。 また、社員の方がいろいろと中を教えてくれたの...
Q. ESに書いてある他の企業とはどういう風に迷ってる?
A. A. セキュリティサービスを他社に提供する仕事か、それとも事業会社で自社の事業のセキュリティの面倒をみるか、という点で迷っている。 日本総研は後者だが、インターンを通して見た感じはっきりいって特殊な技術とかが身につくわけでは無い。そういう部分はパートナー企業の専門家に...

21卒 1次面接

ITソリューションエンジニア
21卒 | 東京大学大学院 | 男性
Q. あなたがこれまでに最も達成感を感じた経験について、なぜ達成できたかの要因を含めて教えてください。
A. A. 最も達成感を得た経験は卒業研究です。この研究では、○○に存在する化合物と結合して蛍光する○○○○を開発していました。この○○○○を開発することによって、○○の物質動態を可視化することができます。この研究の難点は、タンパク質を作製するためのゲノム編集効率を一定に保つ...
Q. あなたが失敗から学んだことと、それを活かした経験について教えてください。
A. A. 学部3年時に、研究を題材としたグループ発表授業のリーダーの経験から、「チーム目標の共有」と「個人の職務責任を明確化すること」を学びました。リーダーとして、各班員に調査分野とその資料作成の分担を行いました。しかし、重要な発表目標を決めず、どこまで調査すべきかを明確に...

21卒 1次面接

ITソリューション
21卒 | 神戸大学大学院 | 男性
Q. なぜ日本総合研究所を志望するのか
A. A. 日本総研は他社のSierと違い、2.3年目からPMとしてのマネジメント力を若いうちから伸ばしていける点。また、外販のみを行っているので本当に必要なことは何かを考えれたり、他の機能で代替できないか、何千万も使ってやってリターンがあるのかなど本質的な部分をしっかりと見...
Q. 今までの人生の中で一番苦労したことについて、
A. A. 高校1年生の時に英語の勉強のために行ったフィリピンでルームメイトの台湾人と1か月過ごしたことです。フィリピンに到着した当初、英語に自信がなかった私は文化や価値観も異なる相手のことを気遣い、言いたいことを言えず、誰にも相談できない状況でストレスと孤独を感じていました...

21卒 1次面接

ITソリューション
21卒 | 慶應義塾大学 | 男性
Q. 就職活動の軸を教えてください。
A. A. 大きく3つあります。①広い意味でのインフラであること。②チームで仕事ができること。③一定程度の社会的地位と給与が保証されていること。です。①に関しては高校の文化祭実行委員で3000人以上が来場する文化祭の運営を下から支えた経験、大学の委員会で2000人が閲覧するH...
Q. 学生時代に力を入れた経験は?
A. A. ゼミでの論文執筆です。私は計量経済学のゼミに所属し、学会優勝を目指して4人班4つに分かれて論文を執筆しました。大学3年生はゼミ以外にサークルや就活が忙しく、各個人におけるゼミの優先度を揃えるのは困難でした。チーム環境が悪かった先輩方の反省を活かし、班長だった私は環...

21卒 1次面接

エンジニア(ITオープンコース)
21卒 | 早稲田大学 | 男性
Q. 最も達成感を感じた経験について教えてください。
A. A. 私が最も達成感を感じた経験は、自身が代表を務めるサークルの新入生勧誘活動において、例年の2倍以上の会員を獲得した経験です。私の大学には25以上の競合サークルがあり、毎年春の新入会員の獲得に苦労していました。そして当サークルは前年の獲得数が特に少なく、比較的小規模で...
Q. 自分が所属するチームで意見が対立したとき、どう対処してきましたか。
A. A. 私は何か意見の対立や問題が生じたときに間を取り持つことが多いのですが、はじめにそれぞれの意見を聞くだけでなく、その主張の背景にある個人の価値観、考え方、立場を整理したり、互いに共有することを意識しています。「もしも自分が相手の立場だったら、こんな主張をしているかも...

21卒 1次面接

ITソリューション
21卒 | 上智大学 | 女性
Q. 自己紹介を1、2分でお願いします。
A. A. ○○大学の○○と申します。大学では物理学を専攻しております。研究室では、IT×物理の勉強をする予定です。アルバイトは飲食店での接客をしています。このアルバイトが私が大学生活において最も注力したことです。中でも店全体のサービス力向上に力を入れてきました。お客様の為を...
Q. アルバイトなどで苦手だと思う人はいましたか。
A. A. 飲食店でのアルバイトで、トップダウン志向の社員が苦手だと感じていました。私は正直に、アルバイトでもプライドを持って自分たちなりに考えて働いていること、それをただ否定されて指示されるだけではやる気も出ないこと、もう少しアルバイトを信頼してほしいことを伝えました。また...

20卒 1次面接

ITソリューション
20卒 | 北海道大学 | 女性
Q. 日本総研でどのような仕事をしてみたいか教えてください。
A. A. インターンシップの中で、入社後はまずプロジェクトマネジメント業務に携わったあと、どのような道に進むのかを決めることができるとお伺いしております。現時点では、私はプロジェクトマネージャーの道を究めたいと考えています。具体的には、システム開発プロジェクトの上流工程(要...
Q. なぜ海外業務に興味を持っているのか。
A. A. 就活を進めていく中で、日本の企業は競争に勝ち残っていくために日本に軸足を置きつつも海外での案件にも積極的に関わるフェーズに入っていると感じています。貴社においてもインターンシップで社員の皆様にお話を伺う中で、SMFG全体の発展という意味でも海外でのプロジェクトを成...

20卒 1次面接

ITソリューション
20卒 | 慶應義塾大学大学院 | 男性
Q. これまでに達成感を感じたことは?
A. A. 大学のカート作成の実験です。 チームを作り、作業を効率化し、規定時間内により多くのカートを作成することが実験のテーマです。作成手順は自由であるためどのような工夫をすれば作業を効率化できるか、全員が意見を出し合うことが重要でした。 そこで私はリーダーを務め、どん...
Q. 失敗から学んだことは?
A. A. 1か月間、離島という閉鎖的な環境で住み込みのアルバイトをしたことです。 生活が単調で、顔を合わせる人も常に同じであったため仕事後の行動もマンネリ化し、リフレッシュできない環境はとても辛いものでした。家族や友人の支えがない中で働くことの大変さを実感しました。 こ...

20卒 1次面接

ITソリューション
20卒 | 慶應義塾大学 | 女性
Q. どのように就活をしてきたか、その中でどうやって日本総研を知ったか、日本総研の今の志望度は
A. A. 私は就職活動の軸が2つあります。1つは他者の課題解決を支える仕事であること、2つ目は日本の経済や社会に影響を与える仕事であること、です。これらの軸から、私はコンサルティング・シンクタンク業界やIT・SIer業界を中心に就職活動を行ってきました。その中で日本総合研究...
Q. 学生時代頑張ったことは
A. A. 私が学生時代に頑張ったことは家庭教師のアルバイトです。私が担当していた生徒は、当時不登校だった中学生1年生の女子でした。指導を依頼された科目は、彼女が不登校になる以前から不得意だった理科と社会でした。そこで、私はまず彼女とコミュニケーションをとることを大切にし、何...

20卒 1次面接

ITソリューション
20卒 | 東北大学大学院 | 男性
Q. なぜ日本総研を志望しているのか
A. A. 人材育成に労力を惜しまない環境で安心して働くことができると感じたためです。 両親がSEをしていて、ITを使って世の中に貢献したいという興味のもと、御社のインターンシップに参加させていただきました。そこではITの知識がない学生であっても丁寧に教えてくれ、議論の中で...
Q. 10年後にどのような仕事をしたいか
A. A. プロジェクトマネージャーとして、大規模システムの開発に携わりたいと考えています。 御社では、システム開発の上流工程を主に行っており、多くの人やお金の動く開発をまとめ上げ完成させることで、世の中に貢献するという満足感や達成感を得ることができると思っています。その上...

19卒 1次面接

ITソリューション
19卒 | 慶應義塾大学 | 女性
Q. インターンシップはどうでしたか。
A. A.
インターンシップは大変なことも多く、苦労した点もありますが学びの多い貴重な経験となりました。膨大な資料をもとに限られた時間でグループ内で見解を一致させ、説得力のある発表を行うことは骨の折れる作業でもありました。グループで意見が対立することも多かったのでしばしば手戻りが生じました。社員の方から厳しいフィードバックやアドバイスをいただけたことで、インターンシップでのグループとしての改善点や個人としての改善点を見つめなおすことのできた良い機会となりました。また、インターンシップに参加したことにより貴社のITソリューションがどういった立ち位置でどのような仕事をしているかのイメージを持つことができました。 続きを読む
Q. リーダー経験はありますか。グループ内ではどんな立場をとることが多いですか。経験について詳しく教えてください。
A. A.
リーダー経験としては、所属している留学生支援団体において留学生による日本語スピーチコンテストの実行委員長を務め全体の統括を行いました。私自身、普段からリーダーの立場をとるというよりはサポート役に回ることが多かったので学ぶところも多かったです。高校生時代までは部活動で会計の立場を務めていました。同学年の人数が少なかったので最高学年として部員をまとめることもありましたし、部長や他の役職を調整するような役割を果たすことも多かったです。コンテストの実行委員長を務めたときは、実行委員の協力のもと以前の行事の改善点を洗い出し出場者を増やし、短期留学生の構成比を増やすことや出場者のアドバイザー制度を整えるなどの工夫をしました。 続きを読む

18卒 1次面接

システムエンジニア
18卒 | 東京工業大学大学院 | 男性
Q. あなたがこれまでに最も達成感を感じた経験について、なぜ達成できたかの要因を含めて教えてください。
A. A.
私が最も達成感を感じた経験は、大学生時代に所属した合氣道部で、大会で好成績を収めたことです。好成績を収めることができた要因として、私を含む部員がコミュニケーションを積極的にとる意識を持つことによって、部員同士のコミュニケーションが円滑になったことだと考えています。  私は武道に興味があり、大学生時代は部員が20名ほどの合氣道部に入部しました。私が入部してから2年間は、技術が高いと言われながらも大会では良い成績を収めることは出来ませんでした。原因分析のため他大学の合氣道の部員から話を聞くことにより、私が所属している合氣道部では、部員同士の人間関係が薄く、コミュニケーションをとれていないことが原因だと感じました。そこで私たち部員で集まり相手を尊重する等、良好な人間関係を築き積極的にコミュニケーションをとることを話し合いました。その結果大学3年時に出場した大会で2位という結果を収めました。私はこの経験から組織内でのコミュニケーションを円滑にすることは、組織で成果を出す大きな要因になり得るということを学びました。 続きを読む
Q. あなたが失敗から学んだことと、それを活かした経験について教えてください。
A. A.
私は高校時代に所属したサッカー部で何も考えずに練習をし続けるという失敗から、自分の能力を分析し、自分にあった練習をしなければならないことを学びました。そしてその学んだことを受験勉強に活かしました。  私は、高校時代サッカー部に入部していましたが入部当時は、全く何も考えずに練習を続けていました。しかしその練習で身につけられた技術、能力は中途半端なものであり、ベンチに入れない日々が続きました。その失敗から目的を持った練習をすることの大事さに気付き、同じ部員に他己分析を頼んだり、自分の能力を考え直す自己分析を行うことにより足りない部分を認識し、自分に合う練習を継続して行いました。そのことにより最終的にチームのレギュラーになり、チームに貢献することが出来ました。そのことから自分の能力を分析し、自分にあった練習をしなければならないことを学びました。  また私はその学んだことを受験勉強に活かしました。具体的には自分が何の教科が得意か、又は不得意かを模試によって分析し、何の教科の実力を伸ばすべきかを常に考えながら勉強に取り組みました。その結果無事第一志望に受かることが出来ました。 続きを読む

18卒 1次面接

SE
18卒 | 中央大学 | 男性
Q. あなたが失敗から学んだことと、それを活かした経験について教えてください。
A. A.
私は、失敗から“事前準備の大切さ”を学び、次の経験に活かした。 小学2年生より今まで続けているボーイスカウトの企画の中で、約400人が参加する100キロハイクに2年連続で参加している。この企画は、チェックポイントを辿ると最短で100キロとなっており、チェックポイントを通った上で細かいルートを自分で設定し、24時間以内に眠らずに歩くという企画だ。 1年目は、体力に自信があったこともあり、事前準備もせず体力と精神力のみで挑み、約70キロ地点で肉離れをおこし、挫折してしまった。 その反省点とし、コースの下見不足、ペース配分ミス、体力不足の3点が挙げられた。 そこで2年目は、反省点を踏まえて以下の3つの事前準備を行った。 (1)実際のコースを4回に分けて下見をし、可能な限り地図を見ないで歩けるように道を設定 (2)疲弊しきっている終盤のことを考え、チェックポイントごとに細かくペース配分 (3)月に1回、約50キロの距離を歩いて体力づくり このような綿密な事前準備のおかげで、2年目は完歩することができた。この経験から何事にも事前準備をすることが大切だと学んだ。 続きを読む
Q. なぜ教職をやめて民間企業に就職を決めたのか(自分は教職をとっていたため)
A. A.
私が教職を取っているのにもかかわらず、民間企業への就職を考えている理由は2つあります。 ①教師という職業は属する共同体が狭いから 教師は思春期の子供に大きな影響のあるすばらしい仕事だが、学校内に視野がとどまってしまい、関わる共同体も限定されてしまい社会人として“成長”できるのかという疑問があった。 ②社会に出た経験がないのに子供に上から教えるという環境に疑問を抱いた 本当に教師になりたいのであれば社会人を何年か経験し、様々なことを学び人間的に成長した後でなればよいと考えたから。教えるということ一点のみに着目したときは、教師一筋というのも良いよ思うが、子どもの将来のことや社会性などを学び与えることを考えた時、やはり社会人としての経験は必須だと考えた。 続きを読む

18卒 1次面接

エンジニア
18卒 | 同志社大学大学院 | 男性
Q. 現在力を入れていること
A. A.
現在は来年の6月にボストンで行われる音響に関する国際学会への発表に向けて取り組んでいます.現在の私に足りないことは伝え方の工夫だと考えています.研究対象が違う研究者が集まる学会において,どれだけわかりやすい“抽象的なワード”を入れるか.また,どれだけ研究の神髄に関わる“具体的なワード”を入れるかということです.そして,それを英語で行うことが今の自分への課題だと思っています. 伝え方を育てるため,理系や文系や美術系といった異分野の修士一年の人を集めて「異分野交流」をするイベントを個人的に行い,自分の事を伝える場や相手の伝え方を盗む場を作ることに研究とは別で力を入れています.また,英語を学ぶために英会話教室に通い,自分の考えを英語で伝える練習を行っています. 現在私が取り組んでいることは,目標を見据えた時に今の自分に足りないことを鍛えることです. 続きを読む
Q. 自己PRをしてください。
A. A.
私は自分が好奇心を抱いたことは行動に移して,自分のものにするよう心がける人間です.2年ほど前,私は「将来何のために働くか」ということに悩んでいました.生きるための労働か,儲けるための労働か.より客観的な視点から今の自分の環境を見れるようになりたいと考えた私は,社会主義国家であるキューバの人々の話を聞き,自分の考えを広げたいと思いました.しかし,現地の人の言葉を話せない限り,旅行をしても腹を割ってキューバの人と話ができないと私は考えました.そこで,第二外国語とは別に,週3回講義を履修しスペイン語を学び始めました.目標は1年で話し聞けるようになること.その努力のおかげで,キューバ人に驚かれるほど会話ができるようになり,若者たちの現状への不満などを肌で感じることができました.このように私は行動力をもって好奇心に突き進みますが必要な力を蓄えることを大切にする人間です. 続きを読む

18卒 1次面接

総合職
18卒 | 早稲田大学大学院 | 男性
Q. 大学時代に何に力を入れ、どんなことに達成感を感じたのか?
A. A.
私が最も達成感を感じた時は、初めて自らの論文が国際論文誌に受理された時です。私の研究は薬学についてであり、自らの研究をより多くの人のために生かしたく、このテーマを選びました。そのため実際に自分の研究成果が世界中の人に見てもらえるようになった時は大きなやりがいを感じました。諦めず人一倍成果にこだわり続けたことが、研究を1年半で論文に出来た要因だと考えています。しかし研究を始めた当初は困難も多く、主に二つの問題で苦戦しました。それは「医学知識」と「研究資金」の不足です。私の大学には医学部がないため専門知識を学ぶのが難しく、また研究が立ち上げ初年度であり満足な実験機器が使用できないという現状があったのですが、これを打開するために、まず私は他の医大の授業に参加し短期間での情報収集を試みました。そして資金に関しては学会中に声をかけていただいた企業に共同研究を提案することで解決を試み、幾度のプレゼンテーションの末、資金の獲得に成功しました。このようにどんな環境でも諦めず周りを巻き込み成果に執着し続けたことが、研究を短期間で論文に出来た要因であると考え、今でも常に「執念」と「スピード感」を大切にして何事にも取り組んでいます。 続きを読む
Q. 失敗から学んだことはなんですか?
A. A.
私は自らの失敗から「物事の背景を深く考える癖」を身に着けました。その失敗とは小学生時代のサッカーに関するものです。私はその時キャプテンであったが、小学校最後の公式戦でチームを勝利に導けず初戦で敗退させてしまいました。これは私にとって一番の挫折でした。その敗因としては、何も考えずに監督に言われた練習だけに取り組んでいたためだと考えています。それ以来「何が足りないから今の練習をするのか」、「勝つためにはどんな練習が必要なのか」など練習メニューの立案から始め、体以上に頭を使って練習に取り組みました。その結果、中学ではその大会でベスト4への入賞を決めました。また物事の背景を考える癖はサッカーだけでなく勉強面においても大きな影響があり、物事の現象の「なぜ」を突き詰めていく「物理」という学問を専攻したのはこれが原因です。そして私は特に今の研究過程において、この考え方が最も活きていると感じます。「なぜその問題があるのか」といった研究テーマの立案から仮説・実験・考察を幾度と繰り返し行った結果が、今の研究成果に繋がっているからです。以上のように私は失敗から「物事の背景を考えることの大切さ」を学び、今に活かしています。 続きを読む

16卒 1次面接

16卒 | 豊橋技術科学大学 |
Q. どんなときにわくわくしますか
A. A.
褒められて伸びるタイプで,高く評価されたり,考えを受け入れてもらったりするとわくわくします.そのためには成果を出さなければなりませんから,信頼したうえで挑戦させてくれる環境にいたいと考えています.個別指導塾でのアルバイトでは根拠をもって提案すれば,「それやってみましょう」とアルバイトの意見も取り入れてくれる環境でしたので非常に充実していました.今後企業に勤めるうえでもそういった環境で仕事をしたいと考えています. 続きを読む
Q. 知性と知能の違いについて教えてください
A. A.
知性を字義通り知の性質と考えると,知識や知力を持っているか否かということになると思います.可能性や再現性などの性がつく言葉はあるかないかで話されることが多いと思います.知性もそれと同じだと思います.知能を字義通り知の能力と考えると,知識や知力がどの程度の水準であるかということになると思います.まとめますと,知性は知を有するか否か,知能は知の水準がどの程度であるかをそれぞれ意味する語であると思います. 続きを読む

16卒 1次面接

16卒 | 早稲田大学 |
Q. 頑張ったことを教えてください。
A. A.
大学3年生の1年間、スキューバダイビングサークルの会計として「愛されるサークル」をつくる努力をしました。年間1人80万円以上の活動費が必要なため、多くの時間をアルバイトに費やしていました。それでも金銭面の理由から合宿への参加率は低く、メンバーが大好きだった私は、現状を変える2つの工夫をしました。1つ目はメンバーの相談にこまめに乗ることです。2つ目はメインの長期沖縄合宿のコスト削減です。合宿時期を閑散期に、移動はLCCや早割を活用し、結果的に20%の削減に成功しました。2つの工夫から常に8割以上の参加率に変わり、多くのメンバーに「入ってよかった」と言ってもらいました。この経験から自分なりの信頼関係の築き方と今までにとらわれない改革力を学びました。注意したのは、聞いてほしいところはあえて次の質問につなげるために穴をつくったことです。数字をだすことで、説得力をだすように工夫しました。 続きを読む
Q. チームで働くとしたら、あなたの役割はなんですか
A. A.
私は何事も笑顔で乗り越えることができる、根性のある人間です。大学時代はサークルの幹部や長期インターンシップ、短期留学など様々な挑戦を重ねてきましたが、どんな時も前向きに取り組み、成果を残してきました。この強みを養った背景には、高校時代のバレーボール部での経験があります。私はエースとして誰よりも点数を決めることを目標にしており、自分の思い描く理想のエース像として「チームの明るい雰囲気創り」「大切なときこそ任せてもらえるような、攻めの姿勢」という2つのことを大切にしてきました。今後、仕事をする上で辛い場面はたくさんあると思いますが、常に自分らしく乗り切っていきたいと思います。「チームで働くことが多い」と、WEB説明会でいっていたので、バレー部の頃のチームでのエピソードを話ました。 続きを読む