Img company noimage

株式会社日本総合研究所

  • 3.7
  • 口コミ投稿数(357件)
  • ES・体験記(33件)

株式会社日本総合研究所

社員・元社員による会社の評価

もっと見る
総合評価
3.7
成長性、将来性
inactive
inactive
active
inactive
inactive
3.3
給与水準
inactive
inactive
inactive
active
inactive
3.6
安定性
inactive
inactive
inactive
active
inactive
4.1
仕事のやりがい
inactive
inactive
active
inactive
inactive
3.3
福利厚生
inactive
inactive
inactive
active
inactive
3.8
教育制度
inactive
inactive
inactive
active
inactive
3.9
企業の理念と浸透性
inactive
inactive
active
inactive
inactive
2.9

社員の口コミ・評判

株式会社日本総合研究所の口コミ・評判

年収、評価制度

投稿日:2018年2月7日
回答者:
  • 年収??万円
  • 20代後半
  • 男性
  • 今年
  • 研究員、リサーチャー

【良い点】住居手当や、福利厚生も充実しているため、一定水準以上の給料はもらえる。三井住友FGであることが大きい。【気になること・改善したほうがいい点】コン...

株式会社日本総合研究所の口コミ・評判

ワークライフバランス

投稿日:2018年2月5日
回答者:
  • 20代後半
  • 男性
  • 2年前
  • その他のシステム開発(オープン・WEB系)関連職

【良い点】部署によるが、私の部署は比較的帰りが早く、定時で上がることもあった。また、有給についても2か月に一回以上必ず消化するという「スポット休暇」制度が...

みんなの就活速報

会員番号:200337さん / 文系

1次面接通過した学生の就活速報

投稿日:2017年11月6日
面接官/学生
面接官 1人学生 6人
連絡方法
メール3日以内
雰囲気
和やか
質問内容
その他自己紹介(自己PR)

エントリーシート後の面接であったので、集団面接かと思っていたが、実際はグループディスカッションを行った。「社会人に必要とされるスキルを3つあげよ」というお題でGDを行い、そのフィードバックは厳しめであった。いかに短い時間で内容の詰まったものを発表できるかが鍵となるのではないかと思う。

会員番号:203086さん / 理系

1次面接通過した学生の就活速報

投稿日:2017年9月29日
面接官/学生
面接官 1人学生 1人
連絡方法
電話1週間以内
雰囲気
和やか
質問内容
学生時代のエピソード

非常に話しやすかった。

会員番号:261602さん / 理系

1次面接通過した学生の就活速報

投稿日:2017年8月16日
面接官/学生
面接官 1人学生 1人
連絡方法
電話1週間以内
雰囲気
雑談に近い
質問内容
自己紹介(自己PR)

和やかだった

会員番号:247228さん / 理系

1次面接通過した学生の就活速報

投稿日:2017年8月15日
面接官/学生
面接官 1人学生 1人
連絡方法
電話1週間以上
雰囲気
雑談に近い
質問内容
学生時代のエピソード自己紹介(自己PR)

和やかに面接が進んで行く。本当に人柄を見られている感じ。自分のやりたいことを明確化しておいたほうが良いと思う。

会員番号:263622さん / 理系

1次面接通過した学生の就活速報

投稿日:2017年8月9日
面接官/学生
面接官 1人学生 5人
連絡方法
メール1週間以内
雰囲気
和やか
質問内容
その他

他の企業のGDの形式とは全く違った。

会員番号:270851さん / 文系

1次面接通過した学生の就活速報

投稿日:2017年8月7日
面接官/学生
面接官 1人学生 5人
連絡方法
メール1週間以内
雰囲気
和やか
質問内容
その他

グループディスカッションでした。お題は「グローバル化していく社会において重要なのは“努力”か“才能”のどちらか」。はじめに5分個人で考える時間があり、1分で発表します。その後無作為に2つのグループに分けられ、10分程グループでディスカッションをした後、討論を行いました。討論は12分程でした。 抽象的なものを考えるためはじめは難しく感じましたが、落ち着いて取り組めばやりやすいものだったと思います。

会員番号:261556さん / 理系

1次面接通過した学生の就活速報

投稿日:2017年8月1日
面接官/学生
面接官 1人学生 5人
連絡方法
メール3日以内
雰囲気
和やか
質問内容
自己紹介(自己PR)

グループディスカッション

会員番号:260963さん / 理系

1次面接通過した学生の就活速報

投稿日:2017年7月29日
面接官/学生
面接官 1人学生 5人
連絡方法
メール3日以内
雰囲気
和やか
質問内容
その他

グループディスカッション

会員番号:247228さん / 理系

1次面接通過した学生の就活速報

投稿日:2017年7月26日
面接官/学生
面接官 1人学生 5人
連絡方法
メール3日以内
雰囲気
雑談に近い
質問内容
その他

明るい雰囲気でやりやすかった。

会員番号:164285さん / 文系

1次面接通過した学生の就活速報

投稿日:2017年7月14日
面接官/学生
面接官 1人学生 1人
連絡方法
電話3日以内
雰囲気
和やか
質問内容
なぜこの会社か?学生時代のエピソード自己紹介(自己PR)

インターンシップに参加していたことは、大きかったと思います。 またインターンシップでの働きもよく見られていると思います

インターン情報(ES・体験記)

  • エントリーシート
  • インターン体験記
Img square es

株式会社日本総合研究所

企業名: 日本総合研究所/コース・職種: IT戦略

通過
Q. 【今後、学部・院において研究したい専門テーマとその理由をご記入ください。400文字以下】
A. ナノ磁性体(パーマロイ)におけるスピン波に関しての研究をしたいと考えている。私は、大学4年生のときにパーマロイ細線における線幅とダンピング定数との関係に関して研究をした。近年、読み書きの速さ、記録容量などの観点から磁気抵抗型ランダムアクセスメモリ(MRAM)が注目されてきている。読み書き性能に関してはダンピング定数というパラメータについて理解することが極めて重要であり、大学4年時は研究を進める中で試料の形状とダンピング定数の関係を理解することができ学会で口頭発表をするなど成果をあげることができた。大学院に入学した現在は、まだナノ磁性体に関して研究が深く進められていないスピン波という分野の研究をすることによってよりMRAMという技術革新に関して貢献できると考えているため、ナノ磁性体におけるスピン波に関する研究をしたいと考えている。
Img square es

株式会社日本総合研究所

企業名: 日本総合研究所/コース・職種: 総合職

通過
Q. 今後、学部・院において研究したい専門テーマとその理由をご記入ください。 400文字以下
A. 私は大学院で現在、化学を専攻している。今後は、摩擦や圧力、電気等の外界からの刺激によってそのものの色が変化する、クロミズムと呼ばれる性質を持つ物質に関するテーマで基礎研究を行いたい。クロミズムを持つ物質に関する研究は、将来の化学センサーやバイオイメージング技術、記録媒体など、様々な応用への期待から、世界中で幅広く行われている。私は大学院でこの分野に関する基礎研究を行う事で、クロミズム現象の詳細な機構の解明や、クロミズムを持つ分子の設計指針の構築に貢献したい。これらが達成されれば、目的に応じて、より柔軟に性質をコントロールできる物質の創出が可能となり、クロミズムを利用した科学技術が、広く世に還元される事となる。私は科学技術がますます社会の発展に貢献し、人々の暮らしをより豊かにする事を期待している。以上から私は今後、クロミズムを持つ物質に関する基礎研究を行い、詳細な知見を得たい。
Img square es

株式会社日本総合研究所

企業名: 日本総合研究所/コース・職種: IT戦略

通過
Q. 今後、学部・院において研究したい専門テーマとその理由をご記入ください。400文字以下
A. 「日本企業のCSR経営」をテーマに日本における不足点に対する提言を行いたいです。私は、上記テーマを専攻するゼミナールに所属しています。月ごとに異なるプロジェクトを設定しゼミ生が一丸となって、5つのプロジェクトを達成してきました。このプロジェクト学習を通して、日本おけるCSR発達の背景と、政府や経団連などの各セクターの対応を理解することできました。また、企業が行う具体的なCSR活動を分析調査したことで、現状を把握することができました。現在は、海外との比較分析を行うために、英語論文を読み進めています。その過程で、金融市場が企業にCSRを求める力が日本では弱いことに気付き、問題意識を持ちました。これは、SRI数値の海外との比較にも明確に表れています。そこで、4万字の卒業論文作成を通して、日本のCSRの発展には金融市場がCSRに対して働きかける必要があるという提言を行いたいと考えています。

本選考情報(ES・体験記)

  • エントリーシート
  • 選考体験記
Img square es

株式会社日本総合研究所

企業名: 日本総合研究所/コース・職種: コンサルティング

通過
Q. 学生時代に力を入れた学業(研究テーマ等)の具体的な内容と工夫した点を分かり易くご回答ください。400
A. CSRをテーマに、企業経営と社会の関係性について考察している。CSR発展の背景などの基礎知識を文献学習を通して習得した。様々な学者の著書を読み、CSRの議論には明確な答えが存在しないことに気付いた。そこで、自分自身がCSRについてどのように考えるかを大切にしながら研究を続けた。研究過程で、5つのプロジェクトにゼミ生一丸となって取り組み、多面的な視点からCSRについて考察した。特に国立台北大学との共同発表の際に、各国のCSRに関する論文を読み、比較の中で日本のCSRを特徴づけることができた。また、企業とのダイアログを通して、学問で得た理解の現場での捉えられ方に触れた。このようなプロジェクト形式の学習と、ゼミ生同士との議論で他人の意見に触れることで、自分の主張を強固にすることができた。金融というアプローチに優位性を感じ、「コーポレートガバナンス向上のための金融のあり方」というテーマのもと卒業論文の製作に取り組んでいる。 (399)
Img square es

株式会社日本総合研究所

企業名: 日本総合研究所/コース・職種: 総合職

内定
Q. あなたがこれまでに自分自身で最も力を注いだエピソードを教えてください。
A. 私は大学院での研究に力を入れて取り組んでいる。所属する研究室では、研究テーマ決めの際、卒業した先輩の研究を引き継ぐことが慣習となっていた。私は、大学院は主体性を持って学問に取り組む場であるべきだと考え、新しい分野を自ら開拓し挑戦することを決意した。半年がかりで最新の英語文献を読み漁り、論理性をもって教授を説得し承認を得ることができた。しかし、すべてがゼロベースでのスタートであったため、実験装置を自分で作り上げる必要があった。装置の作成には、教授とベンダーとの連携が不可欠であると考え、教授と何度もコンセプトをすり合わせ、予算をもらい、ベンダーの技術担当と密に連絡を取り合いながら装置の設計・製作を行った。この結果、予定通りに問題なく所望の装置を完成させることができた。研究は途中段階であるため大きな成果はないが、研究の過程において主体的な行動力に加え、人・物・金をマネジメントする力を身につけた。
Img square es

株式会社日本総合研究所

企業名: 日本総合研究所/コース・職種: ITソリューション

通過
Q. あなたがこれまでに自分自身で最も力を注いだエピソードを教えてください。 400文字以下
A. 私がこれまでに最も力を注いだエピソードは、大学公認のオーケストラで本番に演奏できるメンバーに選ばれるためにクラリネットを練習したことである。このオーケストラは、通常のオーケストラ4つ分の人数に相当する400人近くが所属している。そのため、本番に演奏できる人は限られており、そのメンバーから外れてしまったときは、何のために所属しているかという意味を見失ったことがあった。しかし、私は挫けながらも、練習室が開いている8時から22時までのほとんどの時間で練習することにした。その結果、基礎から楽器を見直すことができ、楽器も少しずつ上達した。そして、再び本番に演奏するメンバーに選ばれ、東京芸術劇場という舞台で演奏できた。この経験で、私は苦境に立たされたとき、それを打破するために一切のことを犠牲にして、限界まで力を出せる人物であると自覚した。今後もどんな苦境においても、諦めずに全力を尽くしていく。

会社情報

基本データ
会社名 株式会社日本総合研究所
フリガナ ニホンソウゴウケンキユウジヨ
URL http://www.jri.co.jp
本社所在地 〒141-0022 東京都品川区東五反田2丁目18-1 大崎フォレストビルディング
電話番号 03-6833-0900