Img company noimage

ネスレ日本株式会社

  • 0.0
  • 口コミ投稿数(6件)
  • ES・体験記(6件)

ネスレ日本株式会社

社員・元社員による会社の評価

データがありません

社員の口コミ・評判

ネスレ日本株式会社の口コミ・評判

女性の働きやすさ

投稿日:2016年7月20日
回答者:
  • 40代前半
  • 女性
  • 2年前
  • 生産技術・生産管理(食品・化粧品)

【良い点】長く仕事をしていこうと考えた場合、あまり良い点はないと思います。【気になること・改善したほうがいい点】女性の活躍の場は期待できない。男社会の考え...

みんなの就活速報

会員番号:242155さん / 理系

1次面接通過した学生の就活速報

投稿日:2017年7月12日
面接官/学生
面接官 1人学生 6人
連絡方法
メール1週間以内
雰囲気
雑談に近い
質問内容
その他

グループディスカッションです

会員番号:254844さん / 文系

1次面接通過した学生の就活速報

投稿日:2017年6月24日
面接官/学生
面接官 1人学生 1人
連絡方法
メール3日以内
雰囲気
和やか
質問内容
その他学生時代のエピソード自己紹介(自己PR)

自分のことについて詳しく聞かれた。

会員番号:229342さん / 文系

1次面接通過した学生の就活速報

投稿日:2017年6月21日
面接官/学生
面接官 2人学生 1人
連絡方法
電話3日以内
雰囲気
厳し目
質問内容
なぜこの会社か?なぜこの業界か?学生時代のエピソード将来やりたいこと自己紹介(自己PR)

最終面接はアメとムチ、といった感じでした。多少たどたどしくても、最後まで自分の気持ちや熱意をしっかりと伝えれば問題ないと思います。厳しいことを言われるかもしれませんが、謙虚に受け止める姿勢、前向きに考える姿勢が大切です。

会員番号:229342さん / 文系

1次面接通過した学生の就活速報

投稿日:2017年5月31日
面接官/学生
面接官 2人学生 1人
連絡方法
電話1週間以内
雰囲気
厳し目
質問内容
なぜこの会社か?自己紹介(自己PR)

丁寧に話すことを心がけた。回答に迷っても、会話を続けることが大切です。

会員番号:160863さん / 理系

1次面接通過した学生の就活速報

投稿日:2017年5月26日
面接官/学生
面接官 1人学生 1人
連絡方法
電話3日以内
雰囲気
和やか
質問内容
なぜこの会社か?なぜこの業界か?学生時代のエピソード将来やりたいこと自己紹介(自己PR)

非常に近い距離で話してもらえた

会員番号:202437さん / 理系

1次面接通過した学生の就活速報

投稿日:2017年5月25日
面接官/学生
面接官 1人学生 1人
連絡方法
メール1週間以内
雰囲気
雑談に近い
質問内容
学生時代のエピソード

雑談に近い

会員番号:153144さん / 理系

1次面接通過した学生の就活速報

投稿日:2017年5月12日
面接官/学生
面接官 1人学生 1人
連絡方法
メール3日以内
雰囲気
和やか
質問内容
学生時代のエピソード自己紹介(自己PR)

とても優しいです。

会員番号:49782さん / 文系

1次面接通過した学生の就活速報

投稿日:2017年4月26日
面接官/学生
面接官 1人学生 1人
連絡方法
メール1週間以内
雰囲気
和やか
質問内容
なぜこの会社か?なぜこの業界か?学生時代のエピソード将来やりたいこと自己紹介(自己PR)

笑顔で伝えたいことをちゃんと伝える コミュニケーション

会員番号:113101さん / 理系

1次面接通過した学生の就活速報

投稿日:2017年4月16日
面接官/学生
面接官 1人学生 1人
連絡方法
メール1週間以内
雰囲気
和やか
質問内容
なぜこの会社か?学生時代のエピソード自己紹介(自己PR)

あああああああああああああああああ

会員番号:77424さん / 理系

1次面接通過した学生の就活速報

投稿日:2016年8月10日
面接官/学生
面接官 1人学生 1人
連絡方法
メール3日以内
雰囲気
和やか
質問内容
なぜこの会社か?学生時代のエピソード自己紹介(自己PR)

面接官とのコミュニケーションをきっちりとるように気をつけていた

インターン情報(ES・体験記)

  • エントリーシート
  • インターン体験記
Img square es

ネスレ日本株式会社

企業名: ネスレ日本/コース・職種: 総合職

通過
Q. 強い情熱をもって目標を掲げてチャレンジしたこと、あるいはチャレンジしていることを具体的に記述してください。複数の事例を挙げていただいても結構です500文字から800文字以内
A. 大学四年時に行った、大学院入試と陸上競技の両立である。 私は陸上競技を大学二年の秋に一度退部した。 理由の一つは度重なる怪我が重なり、一度競技から離れたいと考えたため。 もう一つは、競技以外で将来の職業について考えたことがなかったためだ。 だから、大学三年次に貴社のこのインターンシップに応募した。 その際に化学工学という分野を知った。 もともと応用化学科に所属していたが、品質の向上や安定供給に携わることができる化学工学に興味を持った。 しかし、その分野で活躍するためにはまだ知識や経験が足りていないと判断した。 だから、その分野に詳しい教授から話を聞き、様々な研究室を精力的に訪問して進学先を決定した。 とはいうものの、その学科は在籍していた学科の内容とは異なり、未習の分野が多かった。 だから自宅浪人の経験を生かして受験の八ヶ月前となる一月から計画的に勉強を行った。 また、研究と並行して勉強していたため、毎日勉強するだけでは不十分だった。 そこで、忘却曲線意識して、また、選択と集中を実践した。 つまり、勉強に集中する日は一日中勉強し、それも一日一科目だけを繰り返し解くことを意識して限られた時間を最大限に活用した。 研究する日は結果を追い求めて試行錯誤を繰り返した。 このように、日によって何か一つに脳みそを集中させていた。 その結果、第一志望の研究室から合格通知をいただいた。 この間に脚の怪我が治ったため、実は四年生の春から陸上競技に復帰した。 目標の研究室から合格を貰う事も大事だが、陸上部に結果で恩返しをしたかったので再入部をした。 両立のため時間を確保できないことが多かったため、他の部員に合同練習の協力を募った。 別日程を組み、合同練習を行うことができたため質の高い練習を積むことができた。 結果として箱根駅伝予選会にチームの一員として参加することができ、四年間の大学時代の中で最も満足のいく結果を出すことができた。

本選考情報(ES・体験記)

  • エントリーシート
  • 選考体験記
Img square es

ネスレ日本株式会社

企業名: ネスレ日本/コース・職種: 総合職

通過
Q. あなたの一番のチャレンジ経験を教えてください。(400〜800字)
A. 私の一番のチャレンジ経験は海外で、営業活動を行ったことです。 大学二年生のとき、コンサルティング会社でインターン活動を行い、自動二輪車の海外販売戦略に関わりました。学生四人のチームで、役割分担はせず、その時々でタスクを割り振って活動していました。 担当した企業は海外展開に着手したばかりで、海外での認知度もなかったため、マーケットリサーチやチャネル構築が必要となりました。そのため、数字を集めたり、電話をしたりして情報を集め、どこの市場に注力すべきかを考え、提案しました。しかし、適切な流通チャネル構築案がなかなか考えられず、考え出した案も頓挫してしまいました。そこで、成功体験を得たいと思った私は、戦略立案から離れ、直接海外で営業活動を行うことを決意し、フィリピンへ飛び立ちました。社員さんと二人で議論して、営業をかける店舗や段取りを決め、現地ディーラーへの営業活動を行いました。最初は全くうまくいかず、つらい思いをする毎日を過ごしましたが、なぜ失敗するのかを冷静に考え、行動することで反応がよくなり、地域の有力ディーラーとの契約を結ぶことができました。 企業の看板を背負って営業を行うこと、それも海外で営業を行うことは私の人生でとてもチャレンジングなことでしたし、成果を挙げられたときの喜びも一番大きかったです。 今後も、リスクを恐れず、チャレンジ精神をもって物事に取り組みたいと思っています。
Img square es

ネスレ日本株式会社

企業名: ネスレ日本/コース・職種: マーケティング職

通過
Q. 【リーダー経験】 「あなたのリーダー経験」について論文を作成してください。(400字〜800字))
A. 【概要】高等学校におけるサッカー部の活動において、部員による投票で部長兼ゲームキャプテンに任命されました。私たちの部は約50名の部員で構成され、AチームからCチームまで存在しています。チームを牽引する立場として、目標達成のために自身がすべきことは何か、チームがどうあるべきかを常に考え行動しました。 【困難】私たちの代では、厳しい監督の言葉を重く受け止めてしまい、萎縮する選手が多く存在しました。それが選手の消極的なプレーに繋がり、チームの士気低下をもたらしていました。私は原因を選手が監督の意図を上手く汲み取れていないことにあると考えました。ミスや失点があると監督から厳しい叱責を受けますが、選手は必要以上に落ち込み萎縮してしまっていたのです。そこで自身が監督と選手のパイプ役になることを意識しました。威厳や統率力でもってチームを引っ張るのではなく、監督と選手の間に立ち、選手を後押しする形でチームを牽引しようと試みました。当時のチーム状況を鑑みればそのやり方が最も適していると考えたからです。例えば、「監督はチームを思っているからこそ厳しい言葉をぶつけてくれる。監督も同じ目標を目指す同志であり、一人のチームメイトに過ぎない。」といった旨のことを伝えることで解決を図りました。そういった姿勢が奏功し、監督の言葉を受けて萎縮する選手は減りました。それがチームの士気向上に繋がり、チームの前進に寄与しました。 【気付き】私はこの経験を通じて、「リーダーとはチームを統率する人ではなく、チームを目標達成に導く人である」ことを学びました。第一義に考えなければならないのはチームを目標達成に導くことであり、統率はそのための一つの要素に過ぎないと考えます。そしてこの経験からそのための力を僅かながらも培うことができたと自負しています。
Img square es

ネスレ日本株式会社

企業名: ネスレ日本/コース・職種: 総合職(事務系)

通過
Q. 「あなたの異文化交流・海外経験」について論文を作成してください。
A. 私は留学を通じて大きく2つの力が身に付きました。 1.チーム・組織の和や場の空気を乱さない範囲で自信を持ってしっかり自分の言葉で自分の意見を主張する・自分の個性をアピールする力 2.人を受け入れる心・姿勢やそれによって得た柔軟かつ多面的に物事を捉える力 英語力の向上はもちろん、現地企業でのインターンシップやボランティアなど日本ではなかなか味わえない貴重な経験が出来たことは間違いなく私にとってプラスになりました。しかし、それ以上に今挙げた二点のような留学生活全体を通して出会った多種多様な人々との関わりの中で得たこと・感じたことは私の中では非常に大きく、私の価値観・視野・人間性の幅を広げてくれるものであり、人間的な部分での成長を大きく促してくれました。 またさらに、そのような諸外国の人々との関わりの中で一番感じてきたのが「日本人で良かった」というような日本人であることを誇りに思う気持ちです。「おもてなし」に象徴されるような日本の他人を思いやる・気遣う文化は世界に誇れるものであると思いますし、実際留学生活を通して、このような日本の文化が世界で認知され、また日本人が世界で愛されているということを多々実感してきました。もちろん諸外国の人々との関わりの中で得たインターナショナルな視野・価値観も大切にしたいと思いますが、私個人としては、やはりそれ以上に日本人らしさ・日本人としてのアイデンティティーを大切にしたいという思いがより一層強くなりました。もちろん就職し、仕事をする上でもこの気持ちを大切にしたいと思いますし、日本の文化・良い所をどんどん世界に発信するという形でグローバルに活躍し、日本をもっと世界に誇れるような国にしていきたいと強く思いました。
Img square screening

ネスレ日本株式会社

16卒 | 同志社大学

1次面接
Q. 面接で話した志望動機を教えて下さい。
A. 私はモノづくりを通してお客様の社会生活を支える企業に勤めたいと考えています。「食」は、おいしさや健康を提供することで人々の生活を豊かにしています。食品の中でもコーヒーやお菓子などは一息入れる時に食べられ、より人々の笑顔や幸せに密着しています。おいしくて健やかな人々の生活に貢献しながらも常に新しい価値を創造する貴社で働くことができたら私の思いに一致すると考え志望しました。貴社の製品が一から作られる現場を学び、品質・安全を第一に考えながら製品を安定供給して、お客様に笑顔をお届けしたいです。
Img square screening

ネスレ日本株式会社

16卒 | 大阪大学

内定辞退
Q. 面接で話した志望動機を教えて下さい。
A. 私は人の役に立つことをするときにやりがいや喜びを感じられます。そのため多くの人々の役に立つ仕事をしたいと思っていました。その中でも食品は人々の生活に密着しているためより身近な場面で子供からお年寄りまで、全ての人々の生活の向上に貢献できる点に魅力を感じました。また日々の生活や身体の健康は毎日の食生活を基盤としているものであり、食生活を支える食品メーカーの果たす責任は極めて重いものであると考えています。私は世界トップクラスの技術力を持ち、グローバルに活躍しておられる世界最大手のメーカーである御社でエンジニアとして安心できる商品、幸福感を呼び起こすことのできる商品の製造に携わることで、世界中の一人一人の充実した生活を根底から支えたいと思い、このコースを志望いたしました。

会社情報

基本データ
会社名 ネスレ日本株式会社
フリガナ ネスレニホン
URL http://www.nespresso.co.jp
本社所在地 〒651-0087 兵庫県神戸市中央区御幸通7丁目1-15 三宮ビル南館 11F
電話番号 078-230-7000
FAX 078-230-7100