Img company noimage

産経新聞株式会社

  • 0.0
  • 口コミ投稿数(1件)
  • ES・体験記(5件)

産経新聞株式会社

社員・元社員による会社の評価

データがありません

社員の口コミ・評判

産経新聞株式会社の口コミ・評判

仕事のやりがい

投稿日:2016年1月14日
回答者:
  • 40代後半
  • 女性
  • 6年前
  • その他の事務関連職

【良い点】やりがいは普通です。自分が、全国紙の一部に関わっているということを意識すれば、やりがいを感じられるはずです。普段はそんなことを考えることはないと...

  • 仕事のやりがい(1件)
  • 年収、評価制度(0件)
  • スキルアップ、教育体制(0件)
  • 福利厚生、社内制度(0件)
  • 事業の成長・将来性(0件)
  • 社員、管理職の魅力(0件)
  • ワークライフバランス(0件)
  • 女性の働きやすさ(0件)
  • 入社後のギャップ(0件)
  • 退職理由(0件)

みんなの就活速報

会員番号:142754さん / 文系

1次面接通過した学生の就活速報

投稿日:2017年7月24日
面接官/学生
面接官 3人学生 1人
連絡方法
メール1週間以内
雰囲気
厳し目
質問内容
なぜこの会社か?なぜこの業界か?自己紹介(自己PR)

1人1人タイプの違う面接官だった。

会員番号:147061さん / 理系

1次面接通過した学生の就活速報

投稿日:2017年6月16日
面接官/学生
面接官 9人学生 6人
連絡方法
メール1週間以上
雰囲気
雑談に近い
質問内容
その他

一般的に言う面接ではありません

本選考情報(ES・体験記)

  • エントリーシート
  • 本選考体験記
Img square es

産経新聞株式会社

職種: 総合職
通過
Q. 1.第一志望の職種を選んだ理由を教えてください。
A. (地元)という街は全国区のニュースが多い。少し前でも殺人事件、発砲事件、小学生の自 殺。そんな環境に生まれこの瞬間まで過ごす私は自然と報道が身近になった。自身も人に情報を伝えたいと感じ、大学では機関誌の製作委員会に所属した。監督してもらっている外部の社会人に何度も文章の書き方をきつく指導されたり、毎日夜遅くまで作業が続いたりした。それでも記事の執筆に自分の使命を感じ、実際に雑誌が読まれているやりがいを思うと耐えられた。次第に広く社会で読まれる、求められる記事を書きたいと感じ、記者を志望した。
Img square es

産経新聞株式会社

職種: 編集部門
通過
Q. 産経新聞を志望する理由
A.  実家が産経新聞を購読しているため、幼いころから親しみがあった。産経新聞が訴える現実的な政策にも共感でき、ここでなら等身大の自分で働けると思ったから。  また、産経カフェに参加し、文化部の安田さんからお話を伺い、他紙より人数が少ない分、一人で仕事をすることが多いと知った。私はグループで協力して仕事をするより、一人で考えて動くほうが好きなので、産経新聞が自分に合っていると感じた。
Img square screening

産経新聞株式会社

19卒 | 道都大学
内定辞退
Q. 面接で話した志望動機を教えて下さい。
A. 「多くの人に信頼のある情報を届けたい」この思いを実現できると考え、貴社を志望しました。現在は、ネットの発達により、だれでも情報を発信できます。その中で、「信頼のある情報」はより需要が高まると思っています。新聞は、幅広い取材網を使い、活字の力で早く正確に情報を届けていると考えています。社会的にも信頼が担保されており、新聞社に興味を持ちました。その中で、貴社は、新聞社の原点である報道・言論機関としての役割を大切にしていると考えています。そのような貴社の新聞の魅力を伝え、発行部数を増やすことに挑戦したいです。  「日本独特の戸別配達網を支え、また産経新聞ファンを増やしたい」この思いを実現できると考え、販売コンサルティングを志望しています。幼い時から、どんな時でも毎日同じ時間に新聞が届くことに感動していました。この配達網を支えているのが新聞社の販売局であることを知りました。担当員として、日本独特な戸別配達網を支えたいです。それに加え、適切な販促活動を販売店とともに行い、一人でも多く「産経新聞ファン」を増やしていきたいです。貴社の新聞を多くの人に届け、国民の知的インフラを支えたいです。
Img square screening

産経新聞株式会社

18卒 | 北海道大学大学院
最終面接
Q. 面接で話した志望動機を教えて下さい。
A. 私が産経新聞を志望したのは、常に信念を持って報道する理念に惹かれたからです。御社では北朝鮮の拉致事件をはじめ、世間が注目しないことや非難されるような内容であっても常に正しいと感じることを報道してきています。多くの新聞社が偏見報道をしていると非難されている中で常にその姿勢を貫くことができることで、社会の人によりよい情報を発信できると考えています。数ある職種の中でも写真記者を選んだのは、1枚の写真が多くの人の心を動かすことを知っているからです。私が関わってきた科学技術コミュニケーションではメディアの存在がいかに社会に影響を与えやすいのかを学んできました。文章よりも影響をあたえることができる写真記者を私は強く志望いたします。

会社情報

基本データ
会社名 産経新聞株式会社
フリガナ サンケイシンブン
本社所在地 〒135-0002 東京都江東区住吉2丁目22-6
電話番号 03-3631-0080