九州電力株式会社のロゴ写真

九州電力株式会社

  • 4.0
  • 口コミ投稿数(219件)
  • ES・体験記(15件)

九州電力の本選考TOP

九州電力の本選考

本選考体験記(1件)

17卒 最終面接

17卒 | 福岡大学 |
Q. 企業研究で行ったことを教えて下さい。
A. A.
九州電力の志望度は低かったため、企業研究は面接直前に経営計画概要を確認する程度でした。説明会で先輩社員と話をする機会があり、その際に名前を覚えてもらえた事が最終選考まで進んだ要因だったのではないかと思います。説明会後のリクルーター面談は説明会でお世話になった先輩社員の紹介でした。説明会でも気を抜かず、積極的に発言することが重要かと思います。面接において、「当社が今後行なうべきサービスは何か」と尋ねられる事が多かったため、自分が入社したら何をすべきか考えることも大切かと思います。 続きを読む

直近の本選考の選考フロー

志望動機

18卒 志望動機

総合職
18卒 | 九州大学大学院 | 男性
Q. 九州電力を志望する理由を教えてください。
A. A.
私が貴社を志望した理由は、社会基盤という手段で世の中に貢献する仕事にやりがいを深く感じたからです。私は他社のインターンシップで、原子力発電所の廃炉・再稼働の政策について議論・提案を行いました。以前はそのようなコンサルティングやシンクタンクを目指していました。しかし、調査をする中で、発電に付随する日本が抱える問題、例えば海外から輸入する燃料コストや、世論との衝突、既存の原発を再稼働する際の安全基準策定など、解決すべき問題が次々と浮かび上がってきました。政策提言によるアプローチもこの問題解決に貢献する一つの方法ですが、私は、実際に現場で動く人間になり、直接的にこの問題に立ち向かいたいと固く決意しました。また、私の地元は宮崎で、思い入れがある九州に貢献したいと考えたため、貴社を志望致しました。 続きを読む

18卒 志望動機

総合職
18卒 | 九州大学 | 女性
Q. 九州電力を志望する理由を教えてください。
A. A.
私は、貴社が地元九州の人々の生活を豊かにする企業であり、環境問題と向き合って新しい電力のあり方を常に探し続けている姿勢に魅力を感じたため入社を志望しています。私は、東北大震災により電気に関する人々の意識が変化したことは、ポジティブな面があると思っています。電気に関して真剣に考える人が増え、電気に求められることが一層多様化しているからこそ、よりやりがいを持って仕事に挑めると思いました。私も社会的問題に真剣に向き合い、解決へ一歩一歩向かいながら、お客様の生活の基盤をしっかり保ち、向上できるように働きたいです。私が貴社に入社したら、演劇や塾のアルバイトで培ったコミュニケーション能力や伝達力を武器に、営業やサポートを行い、電気における不安を解消してもらえるように努めていきます。問題に対して着実に挑戦し続ける貴社でなら、誇りを持って自分の仕事に取り組むことができると思い、志望いたしました。 続きを読む

17卒 志望動機

企業名: 九州電力
17卒 | 福岡大学 |
Q. 九州電力を志望する理由を教えてください。
A. A.
人々の生活だけでなく、自らの人生も豊かにできる企業が九州電力だと考えています。大学三年次にカンボジアに滞在した際、発展し行く都市部とインフラが整わず社会から照らす取り残される農村地帯を目にしました。貴社には離島や僻地にも電力を供給できる高い技術があると伺い、国や地域の発展に不可欠な電力を安定供給することで人々の暮らしや人生を明るくしたいと考えております。また、学内の女性キャリア講座にて、女性管理職の方が三人の子供を育てながらフルタイム勤務を行っていると伺いました。自らの人生を歩みながら、人々の生活に貢献したいと考え志望しました。 続きを読む

エントリーシート

21卒 本選考ES

事務系総合職
21卒 | 九州大学 | 男性
Q. あなたが会社を選ぶ上で、最も重要視しているポイントは何ですか。また、それを踏まえて、入社後に当社で挑戦したいことを教えてください
A. A. 私は地元九州の発展、そして多くの人の当たり前や喜びに貢献できる点、また幅の広い仕事が出来る点を最も重要視している。 私は貴社に入社し、国際事業部で燃料やエネルギーの業務に携わりたい。 その理由は大きく二点ある。 一点目は、燃料を安定的に調達する事で人々の暮ら...

21卒 本選考ES

事務(エリア指定)
21卒 | 愛媛大学大学院 | 男性
Q. あなたが会社を選ぶ上で、最も重要視しているポイントは何ですか。またそれを踏まえて、入社後に当社で挑戦したいことを教えてください(300字)
A. A. 私は「地元への貢献」を重視します。昨今、全国で災害が多発する中、私の地元でも地震や豪雨の被害が毎年目立ちました。地元を離れて当時のニュースを見た私は、「連絡が取れない」、「暑い」、「寒い」、そして「暗い」という被災地からの声を聞きました。その時私は、電力が現代の生...

18卒 本選考ES

総合職
18卒 | 九州大学大学院 | 男性
Q. 志望理由(350字以内)
A. A.
私が貴社を志望した理由は、社会基盤という手段で世の中に貢献する仕事にやりがいを深く感じたからです。私は他社のインターンシップで、原子力発電所の廃炉・再稼働の政策について議論・提案を行いました。以前はそのようなコンサルティングやシンクタンクを目指していました。しかし、調査をする中で、発電に付随する日本が抱える問題、例えば海外から輸入する燃料コストや、世論との衝突、既存の原発を再稼働する際の安全基準策定など、解決すべき問題が次々と浮かび上がってきました。政策提言によるアプローチもこの問題解決に貢献する一つの方法ですが、私は、実際に現場で動く人間になり、直接的にこの問題に立ち向かいたいと固く決意しました。また、私の地元は宮崎で、思い入れがある九州に貢献したいと考えたため、貴社を志望致しました。 続きを読む

18卒 本選考ES

総合職
18卒 | 慶應義塾大学 | 男性
Q. 譲れないこと
A. A.
「挑戦」を大切にしています。成長をしようという強い意志を持ち、何か学べるのではないかと様々な場所に飛び込むようにしています。例えば大学2回生の時には、議員インターンシップに参加をしました。2か月間議員と行動を共にし、仕事内容や考え方を学ぶというものです。初めは、議員からの信頼関係も薄く、ポスティングや事務の仕事等の雑用を頼まれていましたが、足茂く事務所に通う内に、演説の手伝いや有権者訪問などに同行させてもらいました。ここでは信頼関係の重要さを学びました。このように挑戦をすることで学ぶことも多く、これからも挑戦を続けていきたいです。 続きを読む

グループディスカッション

卒業年度
人数
時間
テーマ
 
2017卒
6人
--
リーダーに求められるものとは
詳細

面接

  • 1次面接
  • 2次面接
  • 最終面接

17卒 1次面接

17卒 | 福岡大学 |
Q. 学生時代に頑張ったことはなんですか?
A. A.
3年間は異文化交流に力を入れました。私は化学を専攻する一方で学部内外の教授の元に通い国際紛争や社会情勢を学び、海外数カ国に滞在しました。海外でスリや物乞いに遭い、各国の学生と交流する事で異文化を理解するとはその国の社会問題や歴史を理解し自分なりに解釈する必要があるのではないかと考えるようになりました。私は異文化交流のなかで、自分で考えて自分の意見を持つ大切さを学びました。☆注意した点は、結論はありきたりになっても、そこに至るまでのプロセスに興味を持ってもらえるよう気を付けました。 続きを読む