2016年卒 ひかり味噌株式会社の選考体験記 <No.832>

業界:
食料品製造業 飲食
本社:
長野県
従業員数:
100人以上300人未満
URL:
http://www.hikarimiso.co.jp

2016卒ひかり味噌株式会社のレポート

年度
  • 2016年度
結果
  • 2次面接
内定先
  • アートコーヒー
大学
  • 東京農工大学大学院

選考フロー

説明会(6月) → ES → SPI(7月) → 1次面接(8月) → 2次面接(8月)

企業研究

説明会で商品カタログが配られたので商品をよく見て、商品を食べて、面接でコメントを言えるようにした。スーパーの味噌コーナーを観察して成分やパッケージなどの他...

志望動機

学生時代のサラダ・惣菜販売のアルバイトを通して食品業界で働きたいと思うようになった。味噌は日本の伝統的な健康食品であり、長い間日本の食文化を支えてきた。御...

1次面接 通過

形式
学生1面接官1
肩書
人事
時間
60分
通知
メール

評価されたと感じたポイント

本当に面接官の方がフランクで、従来の面接の型に慣れてきてしまっていた私は却って戸惑ってしまうくらいだった。いつも通りの学生の姿を見て、会社で働いている様子...

1次面接を圧迫面接と感じましたか?

会話形式で、堅い話し方でなく、普段の人間性が相手に伝わるようなフランクな話し方で進められた。

1次面接で聞かれた質問と回答

味噌に関してどのようなイメージを持っているか

味噌は、日本が誇る伝統的な健康食品だと思う。私自身味噌は大好きでほぼ毎日味噌汁を飲んでいるし、代表的な”日本の味”だと思う。私は大学の研究でタイに滞在した...

あなたの短所はなんですか

人にはっきり注意できないところが私の短所。例えば、所属していたギター部ではパートリーダーを担当していたが、後輩が集中しきれていないと感じるときも厳しく言え...

2次面接 落選

形式
学生1面接官2
肩書
人事/営業
時間
45分
通知
メール

評価されたと感じたポイント

自分の考えをきちんと持って相手に伝えることができるか、どの部署で働くのが向いているかを見られていると感じました。

2次面接を圧迫面接と感じましたか?

一次面接よりは少し堅い雰囲気。しかし、面接官は厳しい感じではなく、学生の答えを引き出してくれる感じだった。

2次面接で聞かれた質問と回答

どうして海外営業部でなく国内営業部を志望しましたか。

御社の味噌を海外に広めたいという思いはあるものの、まずは国内で知識や能力を身につけたいと思ったため。実力がついた後、機会があれば海外営業も担当してみたい。

アルバイト経験から学んだことはなんですか

食品の安全管理の重要性です。アルバイト先では一度温度管理のミスから商品を回収する事件が起こってしまいました。幸いお客さまの健康被害は起こらなかったものの、...