ヤマハ株式会社のロゴ写真

ヤマハ株式会社

  • 3.8
  • 口コミ投稿数(671件)
  • ES・体験記(13件)

ヤマハの本選考TOP

ヤマハの本選考

志望動機

18卒 志望動機

生産技術職
18卒 | 芝浦工業大学 | 男性
Q. ヤマハを志望する理由を教えてください。
A. A.
貴社は「音楽」と「ものづくり」をやっており自分自身深く関わってきたことなので非常に身近に感じ志望しました。 私は高校の時からバンドを組んでドラムを叩いており、現在大学でもバンド活動を行っています。貴社のスネアはものづくりの質が良く現在でも愛用させてもらっています。ウッドシェルのスネアは木材から作られているため季節や気温、湿度によって品質が左右されやすいですが、貴社の製品はそういった環境に左右されることなく高い品質で製造されており末永く愛用できます。こういった品質の高さの背景にはヤマハの社員が一人一人のお客様からの要望に誠実に取り組み続けているからだと確信しています。 また、貴社の電子ドラムは電子楽器という「枠」にとらわれることなくアコースティックドラムに近い演奏性や演奏者の感性に訴えかけておりとても魅了されます。貴社の「枠」を超えて積極的にチャレンジする姿勢に強く惹かれ志望致しました。 続きを読む

18卒 志望動機

生産技術
18卒 | 芝浦工業大学 | 男性
Q. ヤマハを志望する理由を教えてください。
A. A.
貴社は「音楽」と「ものづくり」をやっており自分自身深く関わってきたことなので非常に身近に感じ志望しました。 私は高校の時からバンドを組んでドラムを叩いており、現在大学でもバンド活動を行っています。貴社のスネアはものづくりの質が良く現在でも愛用させてもらっています。ウッドシェルのスネアは木材から作られているため季節や気温、湿度によって品質が左右されやすいですが、貴社の製品はそういった環境に左右されることなく高い品質で製造されており末永く愛用できます。こういった品質の高さの背景にはヤマハの社員が一人一人のお客様からの要望に誠実に取り組み続けているからだと確信しています。 また、貴社の電子ドラムは電子楽器という「枠」にとらわれることなくアコースティックドラムに近い演奏性や演奏者の感性に訴えかけておりとても魅了されます。貴社の「枠」を超えて積極的にチャレンジする姿勢に強く惹かれ志望致しました。 続きを読む

エントリーシート

21卒 本選考ES

技術職
21卒 | 大阪大学大学院 | 男性
Q. 経験や能力のうち最もアピールしたいものについて詳しく説明してください。(100文字以内)
A. A. 私は化学について高い能力を有しています。学部では○○○○を専攻し、現在は○○○○の研究を行っており、ミクロとマクロ両方の視点を持っています。これを活かして幅広い技術を持つ研究者になれると考えています。

21卒 本選考ES

技術系
21卒 | 千葉大学大学院 | 女性
Q. ヤマハを志望する理由を、興味関心の背景、能力適性、キャリアプランなどの観点で説明してください。
A. A. 私が貴社を志望する理由は大きく二つあります。 一つ目は、音楽を通して人々の豊かな生活を築くことに貢献したいからです。私は貴社のピアノなどの楽器を通じて音楽に親しみ、その楽しさを知りました。また小中高とオーケストラに参加し、多くの人との繋がりを得ることができました...

20卒 本選考ES

技術系総合職
20卒 | 中央大学 | 男性
Q. あなたが取り組んでいる研究の内容は何ですか。
A. A. 私の研究内容は租税法であり、主に判例研究やディベート等で理解を深めました。もともとの専攻科目はマーケティング関連でしたが、あえて法学系のゼミを選んだ理由は、教養科目の法学入門がきっかけです。しかし、専攻科目ではないために租税の知識が不足し、あらゆる法律が絡む複雑さ...

19卒 本選考ES

総合職
19卒 | 大阪大学 | 女性
Q. 大学における専攻または研究内容を、具体的かつ簡潔にお書きください。  ※150文字以内
A. A.
グリム童話やゲルマン神話といったドイツの伝承から読み解けるドイツ人の気質や国民性について研究しています。一例としては、森に関する物語が世界の他の国のものより圧倒的に多いことから、現在もなお森に執着するドイツ人の性質がうかがえます。 続きを読む

17卒 本選考ES

総合職事務
17卒 | 立命館大学 | 女性
Q. あなたがヤマハに興味を持った理由と、ヤマハで取り組みたい仕事、またその理由をお書きください。
A. A.
私は人の生活に、物理的な豊かさだけではなく、心理的な豊かさを与えてくれる音楽事業に携わりたいと考えます。貴社の製品は私にとって身近であったこと、また総合楽器メーカーとして、世界中に多種多様で高品質な製品を提供していることから、世界をフィールドに、人と音楽を広く繋ぐことができる貴社に関心を抱きました。そして私は貴社の海外営業として、新興国地域に楽器を普及させたいと考えます。その理由は、貴社の社員の小野さんのお話を拝聴した際、新興国では未だ趣味層としての楽器使用者が少ないことを知り、より多くの人に音楽によって生まれる豊かな時間を提供したいと考えたためです。その際、ヤマハのモノづくりと、楽器を知り触れる機会=コトづくりを同時に行うことで訴求力を高めたいです。例えば、貴社の行うおとまちプロジェクトを導入するなど、参加型で楽しむ機会をつくり、音楽が普及していない国で、興味を最大限引き出したいと考えます。そして私自身が、国境を越え、音楽で人々の充実した時間を創造する架け橋となりたいです。 続きを読む