関西電力株式会社のロゴ写真

関西電力株式会社

  • 3.7
  • 口コミ投稿数(638件)
  • ES・体験記(90件)

関西電力の本選考TOP

関西電力の本選考

本選考体験記(18件)

21卒 内定入社

技術系総合職
21卒 | 神戸大学大学院 | 男性
Q. 企業研究で行ったことを教えて下さい。
A. A. 関西電力の強みである部分について念入りに調べた。原子力部門志望だったので、自らが瞬時に思いつく表面的な議論だけでなく、これまで体験した「原子力に興味をもったきっかけ」、「自分が原子力に本当に可能性を感じていること」を説得力を持って伝えられるように一生懸命考えた。ま...

21卒 2次面接

総合職
21卒 | 京都大学 | 男性
Q. 企業研究で行ったことを教えて下さい。
A. A. 企業研究は、関西電力のイベントワークショップに参加して、そこでワークを通して、また座談会を通して企業理解を深めた。そこでどんなサービスが強みなのかがかなり解像度高く分かった。また、イベントの中で座談会や懇親会を通して、かなりの時間社員と話すことができて、会社の理解...

21卒 内定辞退

総合職
21卒 | 神戸大学大学院 | 男性
Q. 企業研究で行ったことを教えて下さい。
A. A. 電力自由化によって、電力会社がいかに厳しい状況に置かれているのかを把握し、従来の電力事業の枠にとどまっていてはいけないということを考えることが重要である。電力会社の志望動機は、人々の生活を支えたいということや、公益性の高い企業で働きたいなど、ありきたりになりがちで...

19卒 内定入社

総合職事務系
19卒 | 大阪大学 | 男性
Q. 企業研究で行ったことを教えて下さい。
A. A.
まず火力や水力といった各発電方法の発電割合を表す専門用語として“エネルギーミックス”というものが存在し、中でも理想的な発電割合を表す単語として“ベストミックス”というものがある。 この“ベストミックス”について自分なりの意見を整理できるようにすることが、電力業界で内定を得るための大きな足掛かりとなる。 ただせっかく“ベストミックス”を考えたとしても、それが自分の好き嫌いによるものや根拠のない主張では全く意味がない。 そのため“ベストミックス”を考えるうえで必然的に、“S+3E”と“ベースロード/ミドル/ピーク電源”という考え方が必要になる。 詳しく書くと長くなってしまうので、各専門用語の意味については各自で検索してほしい。 そしてこの“ベストミックス”について自分なりの意見が持てるようになった後、中期経営計画やアニュアルレポートを読むと、各電力会社のカラーというのが手に取るように理解できる。 そしてその段階が、電力業界で就職活動をうえでのスタート時点である。 各種データを見れば一目瞭然だが、関西電力は原子力発電に注力している。 それはなぜなのか? また不思議なことに東日本では原発の再稼働が遅れ、西日本では原発の再稼働が進んでいる。 それはなぜなのか? このようなことをインターンシップや各種セミナー、リクルーター面談で質問すると結構な確率で喜ばれ、また自分自身の企業研究にもつながる。 しかし質問をする際には、予め自分なりの仮説を立てておくことをお勧めする。 この会社は二大評価観点の1つとして「思考力」を重視しており、限られたデータの中でその子がどのように考えを巡らせるのかをみてくるからである。 うまくいけば社員に質問をするだけで、企業研究も捗り、人事評価もアップするという一石二鳥の展開を狙うことができる。 続きを読む

19卒 内定辞退

事務職
19卒 | 大阪大学 | 女性
Q. 企業研究で行ったことを教えて下さい。
A. A.
エネルギー業界の変化を知ること、今後新エネルギーを含めてどういった変化がありえるのかを、インターンでいただく資料などを参考に知識をつけておくと良い。面接でも、今度エネルギー自由化のなかで、関西電力はなにをしていくべきなのか、を聞かれることが複数回あった。また、部署も色々あるので部署の仕事内容を調べて、社員に話を聞くなどして、入社後はどういったポジションで仕事がしたいのかを話せるようにしておくべき。事業範囲が非常に広いので、その中で何に携わりたいのか、なぜそれがしたいのかを考えておくべき。他にもエネルギー、インフラの企業はあるが、どういった点で関西電力が魅力的なのかを考えるべき。リクルーター面談やインターンの回数は人によって異なるが、毎回のイベントに一生懸命に取り組めば良い。 続きを読む

直近の本選考の選考フロー

志望動機

21卒 志望動機

職種: 技術系総合職
21卒 | 神戸大学大学院 | 男性
Q. 関西電力を志望する理由を教えてください。
A. A. 最も大きな規模感で、原子力発電に取り組めるフィールドだと考えたからです。 私には人々の安心、安全のために地球環境を守っていきたいという目標があります。これは、小学生の頃に社会科の授業で地球温暖化について知ったことがきっかけです。特に、二酸化炭素がここ50年で20...

21卒 志望動機

職種: 総合職
21卒 | 京都大学 | 男性
Q. 関西電力を志望する理由を教えてください。
A. A. 私は貴社のフィールドで、地域にあった魅力的な街をつくり、新たな賑わいと感動を与えたいと強く思う。そう考える理由は、私の幼少期から進む名古屋駅の再開発が、人々の生活を様々な場面で豊かにし、活気ある街に変えたのを実感し、街づくりが社会に与える影響の大きさに感銘を受けた...

21卒 志望動機

職種: 総合職
21卒 | 神戸大学大学院 | 男性
Q. 関西電力を志望する理由を教えてください。
A. A. 自身の提案によって、お客様のニーズを超える提案をしたいと考えているからです。この思いを持つようになったきっかけは、ディベートにおいて自身の提案によって議論を良い方向に導いた経験から、働く上でもこの提案力を活かしたいと考えたからです。関西電力の売る電気は目に見えない...

19卒 志望動機

職種: 総合職事務系
19卒 | 大阪大学 | 男性
Q. 関西電力を志望する理由を教えてください。
A. A.
私は「楽しく」「誇りをもって」働くことができると確信し、貴社を志望しました。 私は自身のキャリアプランを描くうえで「40年働けること」が最も重要だと考え、それを実現する手段として「楽しく」「誇りをもって」働ける企業探しを行っています。 まず1点目の楽しさについて。 私は幼少のころからエネルギーや乗り物に関心があることから、この電力業界が適していると考えました。 次に2点目の誇りについて。 電力業界それ自体がインフラのインフラとして、社会の根幹を成すものとなっています。 加えて、貴社のセミナーで社員の方から「うちの社員はみんな心にアツいものを秘めている」という話を聞きました。 その後のインターンシップ等から一人一人の社員が「アツい使命感」を持っていることに気づき、心惹かれたため、私は貴社を志望しました。 続きを読む

19卒 志望動機

職種: 事務職
19卒 | 大阪大学 | 女性
Q. 関西電力を志望する理由を教えてください。
A. A.
私が関西電力を志望する理由は、3つあります。1つは、私の志が世界の人々に当たり前の環境を届けたいことであり、それが関西電力の海外事業部で実現できると思ったからです。二度の海外留学の経験から、生まれる環境や国が違うだけでその後の人生に差ができることに問題意識がありました。世界の人々に、生きていく上でなくてはならないものを届ける仕事がしたいと思っています。海外事業部で世界の発電所を支えることで、人々の世界を支えたいです。2つ目の理由は、長い歴史をもつ企業であるにも関わらず、イノベーションを積極的に行っている点が、インターンシップに参加した時に強く感じられました。3つ目の理由は、これまで22年間関西に生まれ住んできて、これからも関西に拠点をおいて働きたいからです。 続きを読む

エントリーシート

21卒 本選考ES

総合職
21卒 | 立命館大学大学院 | 男性
Q. 学生時代に、あなたがチャレンジ、行動したことについて、具体的に述べてください。 チャレンジした理由や困難を乗り越えるために努力したことなども自由に紹介してください。
A. A. 私は研究活動や語学の勉強で培った「自発的な探究心」と「課題を見極める力」を製品開発で活用したいと考えます。私は研究活動において、新規開発材料が研究対象であり考察や実験方法の妥当性を検討する必要があったため、国内・国際学会を通し他分野の研究者から意見をもらい見識を深...

21卒 本選考ES

技術職
21卒 | 神戸大学大学院 | 男性
Q. 研究概要
A. A. 私の研究は「○○細胞を用いた○○の生産プロセスの開発」です。細胞には自らの遺伝情報を基に物質を産生する機能があるので、ゲノム編集で○○の遺伝子を導入した細胞を培養することで、○○を分泌生産させています。 まず、○○製造コストの大幅なダウンが期待できる培養法に挑み...

21卒 本選考ES

総合職
21卒 | 神戸大学大学院 | 女性
Q. あなたが関西電力で実現したいことと、そう考えるに至った理由について教えてください。
A. A. 私は貴社で、IT技術を用いて、人々の安心安全な暮らしに貢献したいと考えています。私は夏のインターンシップに参加した際に、貴社が管理する数多くの電柱や大規模な通信インフラと、最先端のIT技術を掛け合わせることで、様々な革新的システムを提供できるのではと感じました。例...

19卒 本選考ES

総合職事務系
19卒 | 大阪大学 | 男性
Q. 当社で実現したいことを教えてください。
A. A.
私が貴社で実現したいことは『稼げるインフラ企業』を築き上げることです。そのために、私は第一段階として担当業務から専門知識を蓄積し、『プロフェッショナルな事務系社員』になります。その後、第二段階として業務で培った知識を基に的確な将来予測を行い、事業多角化および選択と集中に挑むことで『稼げるインフラ企業』を創り上げます。たとえば貴社の主力となるエネルギー分野では『3つのE+S』を基準に、時代に応じたエネルギーミックスを追求します。現在ベースロードとして定着しているガス火力、原子力、石炭火力は、それぞれ経済効率性、安全性、環境性の観点で課題を有します。その中でACC式ガス火力やIGFC式石炭火力、再生可能エネルギーといった技術革新を敏感に察知し、『3つのE+S』に適合したエネルギーミックスを実現できるよう尽力します。また貴社が戦略として掲げる不動産事業では『2022年問題』等の外部環境を正確に把握し、分譲/賃貸の事業比率を最適なものとします。このように私は担当業務から積極的に知識を蓄えることで『プロの事務系社員』となり、最終的には『稼げるインフラ企業』として明るく豊かな未来を実現する、その一員となります。 続きを読む

19卒 本選考ES

総合職
19卒 | 神戸大学 | 女性
Q. これまでの人生を振り返り、あなたの企業を選ぶ際の考え方を教えてください。(500字以内)
A. A.
私の企業選びの軸は「新しいことに挑戦できる」会社であるかどうかだ。  その理由は2つある。1つ目に新しいことを始めることはワクワクすることだと思うからだ。小さい時にピアノを弾いている人をテレビで見て心がときめき、自分も上手に弾けるようになりたいと思い習い始めた。曲が弾けるようになると新しい曲に挑戦しそれが弾けるとまた新しい曲を練習する、その繰り返しが楽しく、ピアノを弾くことが大好きだった。仕事にもそのワクワクやときめきがあることが楽しく続けられると秘訣だと思う。  2つ目に新しいことに挑戦することは自己の成長につながるからだ。大学から初心者でバレーボールを始めたのだが、できることが増える喜びや色々な視点から物事を見ることができるようになるという人としての考え方の幅が広がる喜びを感じ、新分野に飛び込むことで得られるものの大きさを感じた。  以上の経験から「新しいことに挑戦できる」環境が整っている企業であるかどうかを重要視しているが、これは社風やジョブローテーションといった制度面の話だけではない。企業自体もある程度の収益基盤が安定していながら新たな事業フィールドを模索していることも重要である。 続きを読む

グループディスカッション

卒業年度
人数
時間
テーマ
 
2020卒
40人
120分
①関西電力がこれから注力していくべき事業は何か ②関西電力がこれから注力していくべき発電方法は何か
詳細
2020卒
60人
180分
関電がこれから取り組むべき事業
詳細
2018卒
7人
120分
電力会社の取るべきエネルギーミックスについて/発展途上国への支援活動として関西電力ができること
詳細

面接

  • 1次面接
  • 2次面接
  • 最終面接

21卒 1次面接

技術系総合職
21卒 | 神戸大学大学院 | 男性
Q. 自己PRをお願いします。
A. A. 私は一つのことに粘り強く取り組み、結果を出すことが出来ます。私は合唱部の中でひたすら合唱にふさわしいスキルを求め、活動してきました。理想の歌声のために基礎となる発声練習に力を入れておりましたが、正直練習の成果が実感しにくくモチベーションの維持に苦労しました。しかし...

21卒 1次面接

総合職
21卒 | 京都大学 | 男性
Q. 就活の軸を教えてください。
A. A. は以下2つの軸を大切にし、世の中に大きなインパクトを発信したい。 1つ目は、挑戦的で、積極的に新しいビジネスを創造していくカルチャー。 私は上記のメディアサイトを立ち上げて運営した経験など、自ら挑戦し新たな価値を創り、多くの人々に喜びや感動を発信することにやりがい...

21卒 1次面接

総合職
21卒 | 神戸大学大学院 | 男性
Q. なぜコンビニエンスストアのアルバイトを選んだのか、やってみてどうだったか。
A. A. 自身が当たり前に利用しているものが、どのような人や仕組みに支えられているのかを知りたいと思ったからです。私は好奇心の強い人間なので、物事の仕組みや裏側を知りたい、体験したいという思いを常に持っています。そんな中で、普段よく利用しているコンビニエンスストアに目を向け...

19卒 1次面接

総合職事務系
19卒 | 大阪大学 | 男性
Q. 学生時代最もがんばったことは何ですか?
A. A.
私は大学入学時より、Z会での事務アルバイトに尽力してきました。 中でも生徒管理業務の改革に注力し、達成率を20%から100%に向上させました。 私の配属先では、生徒管理業務の達成率が5年連続20%以下でした。 このままでは、生徒一人ひとりに合った学習アドバイスができないと思い、生徒管理業務の改革を決意しました。 まず私は先輩後輩や社員から聞き取り調査を行い、“業務のブラックボックス化”が原因だと解明しました。 口頭での引継が長年続き、生徒管理業務のあるべき姿が誰にもわからない状態だったということです。 次に私はExcelを用いて、『業務の見える化』を行いました。 『どうすれば良いかわからない』という声に対し、『業務フローの見える化』を行いました。 『誰が何をやれば良いかわからない』という声に対し、『担当者と進捗状況の見える化』を行いました。 結果、達成率は20%から100%に向上し、業務改革は成功しました。 続きを読む

19卒 1次面接

事務職
19卒 | 大阪大学 | 女性
Q. 学生時代にがんばったこと。
A. A.
頑張ったことは留学先で勉強と遊びを両立させるということです。大学3年時にアメリカの●●大学●●校に1年交換留学をしました。留学先で出会う人と学問を通して視野を広げたいと思ったので多くを学び、多くを経験することを目標とし勉強と友達と遊ぶことに尽力しました。そこで膨大な量の課題に取り組む時間と友達と交流する時間のバランスをとることが困難でしたが、日々メリハリをつけて過ごすことで乗り越えました。勉強に関しては、多くを学びたく必要以上の授業を履修しました。平日は図書館で夜遅くまで勉強し、積極的に教授のオフィスアワーに行きました。 外国語の勉強は友人に教えてもらい英語圏出身の友人とレポートを添削しました。同時にやりがいと楽しみを感じて取り組みました。友達との交流に関しては、寮の食堂で世界中の留学生の友人と共に夕食を食べました。勉強に忙しくても、それが息抜きになりました。時には政治の話を食堂が閉まる時間まで議論することもありました。私は多くの欧米人と仲良くなり以前は知らなかった価値観や考え方を学びました。勉強と遊びの両方に常に前向きな姿勢で取り組み、自分の世界観や視野を広げることができました。 続きを読む

内定者のアドバイス

21卒 / 神戸大学大学院 / 男性
職種: 技術系総合職
1
内定をもらうために大事なことを教えて下さい。

まず、事務系と技術コンサルティングならインターンシップに参加すること。そして技術系ならインターンシップルートか推薦で選考に参加すること。また、オーソドック...

2
内定が出る人と出ない人の違いを教えてください。

インフラ業界だと定石な気がするが学歴が非常に高く、上位国公立以上がボリュームゾーンだと思われる。関関同立MARCHや地方国公立は少なかったように思える。そ...

3
内定したからこそわかる選考の注意点を教えてください。

インターンシップ後のキャリア面談、そして本選考の面談で一貫して第一志望であるとPRすることが必要なように思える。また、インターンルートでも本選考で志望度の...

21卒 / 神戸大学大学院 / 男性
職種: 総合職
1
内定をもらうために大事なことを教えて下さい。

まずは、インターンに参加することである。インターンに参加することで、選考を早く進めることができるからである。また、インターンに参加しなければ、現在電力会社...

2
内定が出る人と出ない人の違いを教えてください。

内定が出る人は総じてコミュニケーション能力が高い人が多いと感じた。これは、単に人と話すのがうまいということではなく、相手の意見をきちんと聞いて、それを踏ま...

3
内定したからこそわかる選考の注意点を教えてください。

当たり前ではあるが、特に志望度を重視している企業なので、一貫して第一志望とアピールしないと選考は通らないと思う。この志望度に関してはリクルーター面談の際に...

20卒 / 大阪大学 / 男性
職種: 総合職事務系
1
内定をもらうために大事なことを教えて下さい。

一に志望度、二に志望度、三四がなくて五に志望度、と言っても過言ではないくらい志望度が非常に重要である。どんな場面でも「第一志望です」以外の答えは許されない...

2
内定が出る人と出ない人の違いを教えてください。

考えの深さとの違いであると思う。関西電力は今どんな状況で、日本や世界のエネルギー市場はどうなっているかなどを日頃からニュースなどを通して考え、自分の意見を...

3
内定したからこそわかる選考の注意点を教えてください。

インターンシップでの入社枠が、内定者のほとんどを占める。少しでも関西電力に入社する気があるのなら(たとえ消極的な理由でも)、インターンシップに参加すること...

20卒 / 関西大学 / 男性
職種: エリア総合職
1
内定をもらうために大事なことを教えて下さい。

電力業界を志望するのであれば、会社ごとの差別化を図るためにも、企業研究は抜かりなく行ったほうが良い。この会社や電力会社に限らず、インフラ業界全体として、協...

2
内定が出る人と出ない人の違いを教えてください。

自己分析をしっかり行い、自分の考えが固まっており、軸がしっかりとしている人が内定者には多いと感じた。自分ばかりが話すのではなく、相手の話をしっかりと聞きそ...

3
内定したからこそわかる選考の注意点を教えてください。

面接で緊張するのは仕方がないが、緊張した状況でも実力が発揮できるように、事前の準備と確認はしっかりと行うべき。自分はインターンシップに参加していなかったが...

閉じる もっと見る

内定後入社を決めた理由

21卒 / 神戸大学大学院 / 男性
職種: 技術系総合職
1
内定後、入社を迷った企業を教えて下さい。

日本製粉株式会社

2
入社を決めた理由を教えてください。

インフラ業界に携わりたいと考えた。自分の仕事観としては生活の根幹に関わる部分で一つのテーマを追求したいというものがあった。しかし同じ仕事ばかりしていると絶...

20卒 / 大阪大学 / 男性
職種: 総合職事務系
1
内定後、入社を迷った企業を教えて下さい。

近鉄グループホールディングス株式会社

2
入社を決めた理由を教えてください。

優しくておっとりした人が多かった近鉄に最初の方はかなり惹かれていたが、関西電力の社員の方のフランクで面白い感じに最後は魅せられ、関西電力への入社を決めた。...

20卒 / 大阪大学 / 女性
職種: 総合職
1
内定後、入社を迷った企業を教えて下さい。

大阪瓦斯株式会社

2
入社を決めた理由を教えてください。

私が大阪ガスよりも、関西電力を選んだのは、事業の規模感の違いです。やはり、扱っている事業の大きさが関西電力の方が大きい、という点や、電気というエネルギーを...

19卒 / 大阪大学 / 男性
職種: 総合職事務系
1
内定後、入社を迷った企業を教えて下さい。

電源開発株式会社

2
入社を決めた理由を教えてください。

率直に申し上げると給与・待遇である。 自分の感覚として、給与が4桁になるタイミングというのが一つの基準であった。 そう考えたときに、自分が入社を決めた企業と自分が入社を迷った企業では約10年ほど隔たりがあり、10年間は大きいと感じたため、現在の判断に至った。 また万が一の事態として転職を考えたときに、関西電力という名は有利に働くということを知り、リスク管理という面からも魅力的に感じたため、私は関西電力へ入社することを選択した。

続きを読む
閉じる もっと見る