Img company noimage

三井住友信託銀行株式会社

  • 0.0
  • 口コミ投稿数(0件)
  • ES・体験記(121件)

三井住友信託銀行の本選考TOP

三井住友信託銀行の本選考

本選考体験記(2件)

直近の本選考の選考フロー

志望動機

Img square motivation

18卒 志望動機

総合職
Img human 18卒 | 大阪大学 | 男性
Q. 三井住友信託銀行を志望する理由を教えてください。
A. 応募理由は二点ある。一点目は、信託銀行でしか体験できない幅広い業務領域を体感し理解を深めたいからである。特に国内唯一の専業信託銀行である貴行でこそ、普通銀行にはない独特の信託業務や併営業務を深く理解できると考える。二点目は、貴行の行員と実際に交流することで、その人柄や社風を直接学びたいからである。本やネット上では得られない貴社の行員の魅力を確認し、貴行での仕事の醍醐味など...
Img square motivation

18卒 志望動機

総合職
Img human 18卒 | 京都大学大学院 | 男性
Q. 三井住友信託銀行を志望する理由を教えてください。
A. 応募動機は信託銀行では高度な専門性が求められるのでやりがいがあり、業務を通じて自己成長ができると考えたからです。しかし、信託銀行は銀行の業務に加えて、信託業務と併営業務が加わります。これらの業務は学生にとって直接関わる機会が少なく、具体的なイメージが湧きにくいです。今回のインターンシップはオープンコースといことで、信託銀行の業務の幅広さを体感するとともに、自分自身の適正を...
Img square motivation

18卒 志望動機

総合職
Img human 18卒 | 同志社大学 | 女性
Q. 三井住友信託銀行を志望する理由を教えてください。
A. 動機は顧客に対して銀行業務、資産運用、証券代行などを通じて顧客のニーズを把握し解決策を与える信託銀行に興味を持ったからです。幅広い専門性を求められる信託銀行だからこそ高度な専門性を持った成長意欲のある人々と働くことで自己成長につながると確信しました。選考を通過した優秀な仲間と刺激しあうことで今の自分に何が足りていないのかを把握し、自分を見つめなおす貴重な場であると思い応募...

エントリーシート

Img square es

18卒 本選考ES

Gコース
Img human 18卒 | 慶應義塾大学 | 男性
Q. 大学時代に力を入れて取り組んだこと
A. 私は長期インターンシップに最も力を入れて取り組みました。活動内容は企業に対する営業で、電話でのアポイント取りと訪問を行っています。また、30人在籍しているインターンシップ生のリーダーを務めています。当初は法人への営業目標を達成できなかったため、現状を分析してチームのメンバー目線に立って課題解決することを意識しました。目標が達成できない原因を噛み砕くと、重要な課題は目標数値達成への執着心が足り...
Img square es

18卒 本選考ES

総合職
Img human 18卒 | 千葉大学 | 男性
Q. 大学時代に最も力を入れて取り組んだことについて教えてください。 ※ その内容について教えてください。 ※(400文字)
A. 大学新聞の立ち上げとその運営に携わり広告営業を担当しました。千葉大学には大学新聞社は存在しておらず、大学の変化を広く伝え、学生が自分の大学について考える機会を持てたらと思いったのがきっかけです。新聞を発行したことも、取材をしたことも、営業もしたこともなく全て0からのスタート。私の関わった広告営業では、当初は大学周辺の企業への飛び込みを行いましたが、断られる場面が多々有りました。そこで、どんな...

面接

  • 1次面接
  • 2次面接
Img square interview

16卒 1次面接

Img human 16卒 | 青山学院大学 |
Q. 何故金融機関?
A. 私は、大学で属したチアダンスサークルの経験から、自分の発想や提案によって、お客様の役に立ちたいという思いで金融機関を志望しております。+金融業界の特徴として、ある商品に対して自分の知識や発想といった「自分ならではの色」を付ける事が出来る点に面白さを感じて志望。
Img square interview

16卒 1次面接

Img human 16卒 | 明治大学 |
Q. 学生時代に頑張ったことは?
A. 2年生の時のアラバマ大学での約半年間の留学だ。多くの人と交流することを目標に留学に臨んだものの、最初の数週間は友人ができずに悩む日々が続いていたが、英語を流暢に話すことはできなくても常に現地の学生の輪の中にいる留学生が多数いた。彼らに共通していたことは、皆自ら行動に移していたことだった。何も行動を起こさず、ただ相手から話しかけてくるのを待っていた自分を情けなく思った私は、...