西日本旅客鉄道株式会社のロゴ写真

西日本旅客鉄道株式会社

  • 3.1
  • 口コミ投稿数(1218件)
  • ES・体験記(89件)

西日本旅客鉄道の本選考のエントリーシート

本選考の通過エントリーシート

31件中1〜20件表示
男性 21卒 | 中央大学 | 男性
Q. 当社を志望した理由を記入してください。300文字以下
A. A. 人の想い出に残る仕事がしたい。下記アルバイトでは、相手の想い出に貢献することが原動力だった。鉄道業界は特定の街だけではない開発やサービスが行える分、多くの生活・想い出に貢献できる。廃線の危機にあった銚子電鉄を目の当たりにしたことも大きい。 なかでも貴社は地域共生...
Q. 長所短所を含めて、あなたのセールスポイントを自由に記入してください。300文字以下
A. A. 私は先頭に立って、人を引っ張ることに弱みを感じる。一方で私の長所は粘り強さだ。いかなる環境・条件においても自らの能力と可能性を生かし、道を切り拓こうとする。短所の克服も例外ではない。 学校側からの信頼を取り戻し、同期の協力も得ながら育成制度を構築したことがあった...
Q. あなたが学生生活で特に力を入れて取り組んだこと、また、その経験で学んだことも併せて記入してください。300文字以下
A. A. 〇〇総合案内所のアルバイトに注力し、苦情を賛辞に変化させるまでになった。私はその高い期待・信頼に応えてみせたい使命感や責任感があった。 現場ではなくこちらに来るほどの強い想いを持つ方に対する統一的な対応が課題だと仮説立て、3点意識した。アトラクション不具合の例を...
閉じる 質問と回答をもっと見る
男性 21卒 | 金沢大学大学院 | 男性
Q. 当社を志望した理由を記入してください
A. A. 私にはIoTやAIの力をもちいて地方をもっと豊かにしたいという夢があります。労働人口がどんどん減っていく現代において、地方から、今のシステムで成り立たなくなってしまうこともでてくると考えています。貴社の持つ地方まで広がる多くの路線の維持・発展を新しい技術を用いて支...
Q. 長所短所を含めて、あなたのセールスポイントを自由に記入してください
A. A. 私は、積極性と協調性をバランスよく発揮できます。私は大学三年次にタイ留学し、大学の研究室で様々な国の仲間と研究開発を行いました。私は情報の学部ですが、機械系のロボットを動かす研究室に配属され、初めはとても戸惑いました。そこで研究室のドクターの方に頼んでロボット分野...
Q. あなたが学生生活で特に力を入れて取り組んだこと、また、その経験で学んだことも併せて記入してください
A. A. 私は学生生活に中で研究に力を入れて取り組みました。研究をするにあたって私は国際会議で論文を発表するという目標を立てました。私は留学に行った時の経験から分野問わず多くの人と関わった方が面白いものができると思っていて、先輩を研究に巻き込んだり、研究室でゼミを開いたりし...
閉じる 質問と回答をもっと見る
男性 21卒 | 神戸大学大学院 | 男性
Q. 当社を志望した理由を記入してください。 300文字以下
A. A. 私の人生の全てを築いてくれた西日本を盛り上げ、その発展に貢献したいと考えたからです。貴社は、交通インフラとして西日本全域に貢献し、またその地域を活性化する役割も担っています。地方創生は現在日本の課題であり、他にはない西日本全域に大きな影響を及ぼすことができる貴社の...
Q. 長所短所を含めて、あなたのセールスポイントを自由に記入してください。 300文字以下
A. A. 私の特徴は誰とでも楽しく会話ができることです。私は居酒屋のホールでアルバイトをしているのですが、接客という仕事で様々な世代の方と話して触れ合うことで、相手の立場に立ち、物事を考え、ニーズを汲み取ることの重要性を学びました。一方で、周囲の人からは論理的な人だと言われ...
Q. あなたが学生生活で特に力を入れて取り組んだこと、 また、その経験で学んだことも併せて記入してください。 300文字以下
A. A. アルバイト先で顧客の満足度向上を通して売上を増加させたことである。カウンターで料理を作る過程があり、顧客と会話する機会が多い。私はこの会話を通して顧客の満足度を向上させ、自店の評判をあげたいと考えた。そこで、よく質問される食材やお酒の勉強と試飲を重ねた。次に、勉強...
閉じる 質問と回答をもっと見る
男性 21卒 | 金沢大学大学院 | 男性
Q. 当社を志望した理由を記入してください。(300文字以下)
A. A. 「地域の活性化に最前線で貢献し、日本社会を支えたい」という私の志を実現できると考えたからです。私は都市集積について研究に取り組み、第二の都市圏である関西地区の発展が日本全体の底上げに繋がると感じました。また北陸新幹線開業により金沢のまちに賑わいが創出され、鉄道イン...
Q. 長所短所を含めて、あなたのセールスポイントを自由に記入してください。(300文字以下)
A. A. 私の最大の強みは「組織を統率する力」です。○○名が所属するソフトボールサークルの○○を務め、メンバー間の勝ちに対する温度差を改善しました。練習の8割を勝敗がつくチーム対抗型の実践練習に組み直すことで、競い合う楽しさを練習に取り入れ、勝負強さと競争意識を醸成しました...
Q. あなたが学生生活で特に力を入れて取り組んだこと、また、その経験で学んだことも併せて記入してください。(300文字以下)
A. A. 所属する学生団体で、教科書の回収冊数を昨年度の2倍に増やすことに注力しました。不要な教科書を回収・再販売し、その利益で途上国の教育を支援する活動です。○○として尽力する中で、2つの新しい仕組みを確立しました。第一に、大学事務との交渉を重ね、教科書が不要になる卒業生...
閉じる 質問と回答をもっと見る

21卒 本選考ES

総合職事務系
男性 21卒 | 慶應義塾大学 | 男性
Q. 当社を志望した理由を記入してください。(300字以内)
A. A. 私は、沿線地域に暮らす人々の生活を支え、沿線地域を盛り上げていくような仕事に携わりたいと考えているため、交通インフラ業界で働きたいと考えています。具体的には、日々の鉄道の安全運行を支えること、駅を中心とした街づくりや生活サービスを創造・提供すること、沿線の魅力を発...
Q. 長所短所を含めて、あなたのセールスポイントを自由に記入してください。(300字以内)
A. A. 物事に取り組む際の粘り強さ、熱意の強さでは他の人に負けないと考えています。私はゼミで日本社会史を学んでおり、昨年は「邦楽・和楽器の近代」という共同論文を執筆しています。この研究、特に私のパートでは先行研究がほぼ無かったため地道に一次史料を集めることからスタートし、...
Q. あなたが学生生活で特に力を入れて取り組んだこと、また、その経験で学んだことも併せて記入してください。(300字以内)
A. A. 私はサークル活動に特に力を入れていました。大学2年時、所属するバスケットボールサークルで代表に任命され、1年間運営に携わりました。サークルを皆にとってより良い場所に変えていく為、メンバー1人1人を気にかけコミュニケーションをとり、利用できる施設数を増やす等、仲間の...
閉じる 質問と回答をもっと見る
男性 21卒 | 同志社大学 | 男性
Q. ゼミ・研究室(担当教授・テーマ)をご記入ください。(100文字以下)
A. A. ジャーナリズムゼミ:〇〇教授 関西から見る東京五輪をテーマに、公式グッズストアやゆかりのある人物を訪ねインタビューし、記事をウェブ上に掲載する活動をしています。私はその中でも関東と関西の五輪に対する熱量の差を軸に取材をしています。
Q. クラブ活動・ボランティア活動(役職等)をご記入ください。(100文字以下)
A. A. 【放送サークル】 学内でのラジオ放送、大会や文化祭に向けた番組制作活動をしている。私は、新歓と文化祭の責任者、副代表を2年間で経験。周りを引っ張るリーダーと運営を円滑に進める裏方、2つの役割を果たした。
Q. 特技・趣味をご記入ください。(100文字以下)
A. A. 【特技】 ・エレキギター…ロックバンドのギタリストとしてライブハウスや駅前でライブ活動を行った。 ・剣道…3段所持 【趣味】 オーケストラ鑑賞…個性の違う複数の楽器が共鳴し、一つの曲になる点に魅力を感じる。
Q. 当社を志望した理由を記入してください。(300文字以下)
A. A. 国内外問わず、人々にその地ごとの魅力を発信したいからだ。その中でも、鉄道業はサービスや運輸という身体に関わる直接的な点だけではなく、乗車時の風景や風情を人々に楽しんでもらい、肉体と精神の両方を満たすことができる。特に貴社は観光列車等による地方活性化とインバウンド事...
Q. 長所短所を含めて、あなたのセールスポイントを自由に記入してください。(300文字以下)
A. A. 【長所】何事も事前の準備を行うこと。  浪人経験から、目標と計画を立てることの大切さを痛感し、凡事徹底をモットーにしている。大学のサークルで幹部を務めた際も、総会の場でどんな質問にも回答できるよう、過去10年分の議事録に目を通す等の準備をした。貴社での仕事にも常...
Q. あなたが学生生活で特に力を入れて取り組んだこと、 また、その経験で学んだことも併せて記入してください。(300文字以下)
A. A. 【所属サークルの運営方針を改正すること】  65年の歴史あるサークルのため伝統的な運営方法を行っていたが、人員や予算という面でムダが多いという課題があった。また、その形式を支持する上級生がいるため変更が難しい状況でもある。そこで私は実際のムダを数値にして「見える...
閉じる 質問と回答をもっと見る

21卒 本選考ES

運輸現業職
男性 21卒 | 神戸大学 | 男性
Q. 当社を志望した理由を記入してください。 300文字以下
A. A. 人々の日常と非日常の両面を支えながら、西日本地域に貢献できる貴社に魅力を感じたため、志望しました。鉄道は、地域に密着した必要不可欠な存在であり、鉄道が日々確実な運行をしていることそのものが人々に安心感を与えています。また、鉄道は人々の生活の当たり前をつくる、無くて...
Q. 長所短所を含めて、あなたのセールスポイントを自由に記入してください。 300文字以下
A. A. 私の強みは課題を発見し、解決できることです。インドネシアでのフィールドワークで、ホームステイ先の村人100人に対し、日本食を提供する機会がありました。飲食店でのキッチン経験を活かし、リーダーとして実際に作るメニューを考えました。唐揚げを作ることになったのだが、試作...
Q. あなたが学生生活で特に力を入れて取り組んだこと、 また、その経験で学んだことも併せて記入してください。 300文字以下
A. A. 私が学生時代に最も打ち込んだことは、飲食店でのアルバイトです。大学入学から現在まで週3回は必ずアルバイトを行いました。なぜアルバイトに打ち込んだかというと、社会人になったら自立したいと考え、今のうちから社会経験を積み、自分の成長のための資金と将来の生活資金を貯めよ...
閉じる 質問と回答をもっと見る

21卒 本選考ES

プロフェッショナル職運輸系
男性 21卒 | 近畿大学 | 女性
Q. 当社を志望した理由を記入してください。(300文字以下)
A. A. 【人々の生活を身近なサービスで支えたい】これが私の“軸”です。中でも貴社は、「徹底した安全管理」がお客様の目に見える形で実現されており、多くの人の「当たり前」を支えていると感じたため、志望します。高校時代の通学や実家への帰省等、あらゆる場面において貴社の存在が私の...
Q. 長所短所を含めて、あなたのセールスポイントを自由に記入してください。 (300文字以下)
A. A. 長所は「状況を的確に判断し、最善の方法をとるところ」です。大学1年間、肉屋のアルバイトでキッチンとして従事しました。普段は調理担当ですが、お客様の状況をみて接客にも対応できるようホールの仕事も覚え、店舗営業に貢献しました。短所は「頑固なところ」です。マイペースな性...
Q. あなたが学生生活で特に力を入れて取り組んだこと、また、その経験で学んだことも併せて記入してください。(300文字以下)
A. A. 私はアルバイトにて「美しいサンドイッチ作り」で売り上げに貢献しました。大学1年間、肉屋のアルバイトで調理を担当し、朝の勤務では一人で「サンドイッチを作る」業務がありました。入社当初、サンドイッチが1食も売れない日々が続いたため、私は「営業時間内に完売すること」を目...
閉じる 質問と回答をもっと見る
男性 20卒 | 慶應義塾大学 | 男性
Q. 関心を持った理由 300文字以下
A. A.
人と人とを繋ぎ合わせることで暮らしを総合的に支え、未来の地域づくりに貢献したいと考えた為です。私は地域文化の発展を目指した活動を行う大学公認団体に所属しています。その中でも45年続く大規模な港区のお祭り運営に携わった経験が心に残っています。住民の方々の地域への愛着を実感すると共に、人と人が集まり顔を合わせて交流し合うことで大きな賑わいや笑顔を生み出せることを肌で感じました。そこで将来は仕事を通じて暮らしの場の中で、人と人を集まり交流し合う環境を作りたい想いが強くなりました。貴社は2府16県という広いフィールドにおいて人と人とを結びつけ安心・安全な暮らしづくりを実現している為、強く惹かれました。 続きを読む
Q. 取り組みたいこと、実現したいこと 300文字以下
A. A.
性別や国籍・年齢を超え人々が集い交流し合う街づくりを実現したいです。私は「暮らしの中で人と人を繋ぎたい」と共に「日本の暮らしを総合的に支えたい」という想いを持っています。22年間ずっと日本で生まれ育つ中で多くの人々や環境に助けられ、将来は日本に少しでも貢献することで恩返しをしたい気持ちが強くなりました。貴社は大阪・三ノ宮・広島といった大規模拠点において街づくりを進めています。今後、人口減少が進み訪日外国人が増加していく中で国内の大規模都市の魅力を高め、人々が訪れたいと思う街を作っていくことが大切であると思います。そこで将来は3大プロジェクトに携わり国内の重要拠点となる街づくりを実現したいです。 続きを読む
Q. あなたが学生生活で特に力を入れて取り組んだ学業や活動について具体的に教えてください。 また、その経験をJR西日本でどのように活かしたいと思いますか。 (学業に関することと、学業以外で取り組んだこととそれぞれご記入ください。) 学業で取り組んだこと 300文字以下
A. A.
私は将来社会人となった際に備え広い視野で社会を理論的に捉える力を養いたいと考え、インフラ分野に詳しい教授から指導を頂ける公共経済学ゼミを選びました。私は「新駅開業の経済効果」というテーマで論文執筆活動に注力しました。まず新駅開業は地価上昇等の社会的便益を数多く生み出す事業であるという仮説を立てて研究を始めました。そして事業主へのヒアリングから現状分析を行った後、統計ソフトを用いて7000件にも及ぶデータを分析しました。その際には計画立てた行動を意識し、やるべき事を締切日から逆算して分析を進めました。その結果、新駅開業は1兆円を超える便益を生み出す事業であると算出でき、仮説を立証できました。 続きを読む
Q. その活かし方 300文字以下
A. A.
目標達成へ向け地道に行動していく姿勢を活かしたいです。論文執筆では賞の獲得を目指しまず関心のある社会課題を見つけ、その課題が社会に与える影響を仮説として立案します。仮説を立てる為には、幅広い現状分析と深い市場調査の知識が必要です。そこで私は論文執筆を続ける中で直ぐに手に入る情報だけでなく実際に足を何度も運び得られる生の情報を大切にし、膨大なデータを1つ1つ地道かつ確実に解析していくことを大切にしました。貴社の業務においても社内に加え地域の方々や自治体の方々などと直接顔を合わせ、信頼関係を構築していくことが大切であると思います。そこで目標へ向け地道に行動を起こす姿勢を続けて貴社に貢献したいです。 続きを読む
Q. その他学業以外で取り組んだこと 300文字以下
A. A.
所属団体で幹部の相互理解向上へ努めた経験です。私は学内に30以上存在する組織を統括し学生相互の親睦向上を目指す大学公認団体の幹部を務めました。9人の幹部には各役職がありますが、活動を続ける中で活動内容が共有できていない問題点に気づきました。そこで幹部全員が一つのチームとして動いている認識を持つことが必要だと感じ、週1回の幹部会議を提案し活動報告や進捗の共有を行うことにしました。性格や考え方の違いから議論進行に難航しましたが、各自の得意分野を把握して役割を分担させ全員で議論を進める雰囲気が生まれるよう配慮しました。この活動を続けた結果、相互理解が深まり全員で協力し合える環境を醸成できました。 続きを読む
Q. その活かし方 300文字以下
A. A.
この経験から、自ら進んで考え方や取り組みを発信する姿勢はチームの視野を広げ互いの理解を深めることに気づきました。また現状に疑問を抱き改善したいと考えた際は、周囲を巻き込みながら行動を起こしていくことが組織へ良い影響を与えるのだと実感しました。仕事では社内外問わずチームで方向性を合わせながら相手に対して誠実な姿勢を続けることが重要であると思います。そしてチームで動く際には個々が最大限力を発揮し、本音を語り合える相互の信頼関係を築くことが成果に繋がると思います。私はこの経験から得た学びを大切に、自分の意見を発信しつつ相手の考え方にも共感する姿勢を続けることで仕事でも活躍できる人間になりたいです。 続きを読む
閉じる 質問と回答をもっと見る
男性 20卒 | 大阪大学大学院 | 男性
Q. 関心をもった理由
A. A.
日本の社会への影響が大きいインフラ業界の中で,最も影響力のある企業の1つである御社の業務に以下の理由で興味を持ち応募致しました.御社の事業内容が、人々の暮らしに必要不可欠で非常に大きな責任を伴うため、この大きな責任がやりがいに繋がる点です.また,事業展開を行っているエリアが西日本地域であることも志望動機のひとつです.私は幼い頃から関西地域で育ったため,御社の鉄道事業や施設に親しみがあります.御社の鉄道で沿線各地域に行く機会が多く,様々な人たちとの出会いもありました.地域共生企業の一員として西日本地域の安全で豊かな社会づくりに貢献したいと思っています. 続きを読む
Q. 学業で取り組んだこと
A. A.
私は実験のデータ整理と実験結果の考察に力を入れています.実験データを入力することで必要なパラメータを算出できるエクセルシートの作成を行いました.今までに使用したことのない関数を必要とするため作成には非常に多くの時間を要しましたが、実験データの計算方法やさまざまなパラメータを算出する際に個人で設定した定義が一貫性を保つことができるようになりました.また、実験結果の考察を客観的に行うために類似の実験の結果を比較することで考察しています.類似の実験は海外で行われていることが多く英語の論文を読む必要があることに苦労しています.しかし、結果を理論的に考察することで説得力のある考察をつくることができます. 続きを読む
Q. (質問2の続き)その活かし方
A. A.
お客様と接する際には論理的・客観的な説明、車両の設計にはデータの整理力と論理的な分析と考察を活かしたいです.駅乗務員の業務に加え、新路線や新型車両の設計、改造の際に「目的・手段・想定した結果に対する考察」を客観的に抑えておくことで説得力のある説明になると考えます.社員間の話し合いや沿線住民の方々に理解し納得していただくため際に外すことはできません.しかし、論理的・客観的な説明を限られた時間の中で行う必要があり、指摘を頂く場合どのデータを見直す必要があるのか等を迅速に考えなければならないためデータの整理力は重要事項となります.よって力を入れていることを業務に適用する重要性は高いと考えます. 続きを読む
閉じる 質問と回答をもっと見る
男性 20卒 | 大阪大学 | 男性
Q. ①JR西日本に関心を持った理由を記入してください。(300字)
A. A.
私が貴社に関心を持った理由は、私が企業を選ぶ際に最も重視している考えと貴社の事業内容が合致すると考えたからです。就職活動を行う際に私が重視したのは、「社会や地域に貢献しているという実感を強く得られる仕事ができる企業であるか」という点です。自分が今まで本当に頑張れたことは、いつも「誰かのために」と強く思ったことでした。貴社は、そんな自分の頑張りの源泉である「貢献の実感」を強く得られるような企業であると考え、関心を抱きました。関西を基盤として鉄道や都市開発、百貨店事業等を行うことで、関西を支え、関西を発展させている貴社において、強く「貢献の実感」を得られる仕事をしたいと考えました。 続きを読む
Q. ②入社して取り組みたいこと、実現したいことを記入してください。(300字)
A. A.
私は貴社において、関西の魅力を高めることに取り組みたいと考えています。貴社は西日本の様々な地域において開発をなされていますが、その中でも特に私は、自らが生まれ育った地であり、かつこれからの日本を東京と共に支えていくであろう関西という地域の発展に寄与したいと考えています。こうした私の思いを実現するために、私は貴社において、特に再開発事業に取り組みたいと考えています。再開発事業は、防災や地域の魅力向上など、非常に公共性が高いという側面を有していると考えています。そうした「貢献の実感」が強く得られるような働きをすることを通して、私は、関西の魅力や存在感を高めるキープレイヤーになりたいです。 続きを読む
Q. ③あなたが学生生活で特に力を入れて取り組んだ学業や活動について具体的に教えて下さい。また、その経験をJR西日本でどのように活かしたいと思いますか。 (学業で取り組んだこと:300字)(活かし方:300字)
A. A.
私は、ゼミにおける労働法の解釈や労働判例の分析に特に力を入れて取り組みました。労働法の解釈については、その解釈が専門家の間でも異なるものを中心に学びました。指定された教科書だけでは記述が不十分であると感じた時は、図書館で他の先生が執筆された本を借り、記述を比較検討しました。また、労働判例の分析については、裁判所が下した判決の土台となる法律構成を読み解いていくことに力を注ぎました。その際、実際の法律の文言や類似した判例についても徹底的に調べ上げました。図書館や、大学の施設内にある判例検索システムなど、様々なものを複合的に利用し、自らの理解を高めるよう努力しました。 私は上記の経験を活かし、貴社にて働くにおいて「わからないことは徹底的に調べる」ことを確実に行いたいと考えています。上記経験では、法律の文言や判例についての理解が甘いと、グループ発表の際に他のメンバーに迷惑をかけてしまうことを強く感じました。したがって貴社にて働くにおいては、少しでもわからないことがあれば自分の手元にない情報についても積極的に集めたいと考えています。また、上記経験においては、教授や院生などの先輩の方から情報収集の方法や、情報そのものについてたくさんアドバイスを頂いたので、貴社で働く際にも、経験豊富な方から様々な情報や仕事の進め方を吸収したいと考えています。 続きを読む
Q. ④その他学業以外で取り組んだこと(300字)(その活かし方:300字)
A. A.
私は、個別指導塾の曜日リーダーとして、退学者を大幅に減らすことに貢献しました。私の勤める塾では、退学者の多さが従前から問題となっていました。私は、どの生徒にも塾を辞めることなく成績の向上を目指してほしいと思ったので、他のリーダー講師と相談して、生徒に対するアンケートの結果をもとに、(1)担当生徒以外にも声掛けを行うこと、(2)宿題の出し方を改めることの二点を教室の決まり事としました。(1)についてはもちろん、(2)についても、生徒としっかりとコミュニケーションをとることを講師全員に意識してもらい、上記二点に取り組んだ結果、教室全体の退学者が前年度の約半数となりました。 私は、上記した経験から培われた強みである「他者を巻き込んで課題を解決する能力」を、貴社の不動産開発事業において活かしたいと考えています。具体的には、不動産開発の際に必要となる地権者の方や行政との折衝、ゼネコンなどをまとめ上げて実際に建物を作る際の細かな調整、など様々な方との関わり合いが予想される中で、私が常に心掛けてきた「リーダーとして目的意識を持つ」ということを大事にしていきたいです。私は上記活動の中で、「何を目的としてやることなのか」ということを常々考えていました。目的意識をもって他者に働きかけることが最良の結果へと繋がることを学んだ私の経験を、貴社の業務にも活かしたいと考えています。 続きを読む
閉じる 質問と回答をもっと見る

20卒 本選考ES

総合職事務系統(開発)
男性 20卒 | 上智大学 | 男性
Q. JR西日本に関心を持った理由と、入社して取り組みたいこと、実現したいことを記入してください。 関心を持った理由(300文字以下)
A. A.
体育会ワンダーフォーゲル部で、主将として部の課題に自ら向き合い改善していく中で確立した仕組みが、今や部に欠かせなくなったことから、「ないと困る」価値を創造する仕事がしたいと考えるようになった。また、私の地元で「駅」を中心に再開発事業が行われ、その街や人の流れが変わる光景を目の当たりにしたことから、「駅」という場所を活かした街づくりやサービスに携わる仕事がしたいと考えるようになり、「駅」を持つ鉄道会社に興味を持った。その中でも、管轄する関西圏にとどまらない広範囲に及ぶ影響力や豊富な観光資源を活かした「駅」と、その「駅」を中心とした魅力的な街づくりができると考え、貴社に関心を持った。 続きを読む
Q. JR西日本に関心を持った理由と、入社して取り組みたいこと、実現したいことを記入してください。 取り組みたいこと、実現したいこと(300文字以下)
A. A.
関西圏のみならず、その周辺エリアなど広範囲に影響力のある貴社だからこそできる「当たり前」で「ないと困る」モノやサービスを提供する仕事がしたい。特に、人々の日常生活を支える「駅」をこれまで以上に「ないと困る」ものとすべく、「駅」を中心とした街づくりやそれに伴う沿線価値の向上に取り組みたい。貴社の管轄エリアには豊富な観光資源があることから、その地域の特性を読み解くことで、その地域に最も合った唯一無二の付加価値を提供することが可能であると考える。そのために、「駅」を利用する地域の人や観光客等の多様な人のニーズを的確に捉えられるように、あらゆる所にアンテナを張り、情報収集に努めたいと考えている。 続きを読む
Q. あなたが学生生活で特に力を入れて取り組んだ学業や活動について具体的に教えてください。また、その経験をJR西日本でどのように活かしたいと思いますか。(学業に関することと、学業以外で取り組んだこととそれぞれご記入ください。) 学業で取り組んだこと(300文字以下)
A. A.
ゼミで「大学教育における体育会部活動で求められるリーダーシップ」について研究した。きっかけは、体育会ワンダーフォーゲル部で主将を務めたことだ。それにより、学校教育の中でも特に学生主体となる大学教育における体育会部活動で求められる「リーダーシップ」について関心を持った。文献から得た情報や主将の経験に加え、サッカー、陸上、登山といった自らの多様なスポーツ経験から考えた、スポーツの形式や性質という観点を重視した結果、集団現象として発生するリーダーシップは、「組織」として活動する大学の体育会部活動全てに存在するが、スポーツの形式や性質によって求められる要素が異なるということがわかった。 続きを読む
Q. あなたが学生生活で特に力を入れて取り組んだ学業や活動について具体的に教えてください。また、その経験をJR西日本でどのように活かしたいと思いますか。(学業に関することと、学業以外で取り組んだこととそれぞれご記入ください。) その活かし方(300文字以下)
A. A.
ゼミでの研究から、大学教育における体育会部活動よりも広いフィールドとなる社会においても、企業や事業に関わる人など、それぞれ「形式」や「性質」が異なるということをしっかり意識することが大切であるということを学んだ。この知見を、西日本エリアの地域活性化に活かしたいと考える。地域活性化のためには、それぞれの地域の人と共に協力していくことが重要となるため、研究で得た知見を活かし、それぞれの地域の特性や人々が持つ価値観などを的確にくみ取る姿勢を大切にしたい。そうすることで、それぞれの地域にとって何をすることが必要なのかということを読み解くことができ、地域に根差した新たな価値を創造できると考える。 続きを読む
Q. あなたが学生生活で特に力を入れて取り組んだ学業や活動について具体的に教えてください。また、その経験をJR西日本でどのように活かしたいと思いますか。(学業に関することと、学業以外で取り組んだこととそれぞれご記入ください。) その他学業以外で取り組んだこと(300文字以下)
A. A.
体育会ワンダーフォーゲル部での主将として活動した。登山を行う当部では、部員の主体性という課題を抱えていた。当部はこれまで、安全第一の登山で重要な地道な準備を主体的に行うことから避けてきた。そこで私は、この課題の改善に取り組んだ。まず、部内での技術講習を少人数で行い、主体的な学びを促進させた。また、各自の目標とやるべきことを記入する「目標設定シート」を導入した。内容は部内で共有し、各自の目標に対して責任を持たせた。部内での反発もあったが、「楽しくない」準備が至上の「楽しみ」を生む、という考えを一人一人と対話する中で明確に伝え続けて部員を巻き込み、結果として部員の主体性を向上させることができた。 続きを読む
Q. あなたが学生生活で特に力を入れて取り組んだ学業や活動について具体的に教えてください。また、その経験をJR西日本でどのように活かしたいと思いますか。(学業に関することと、学業以外で取り組んだこととそれぞれご記入ください。) その活かし方(300文字以下)
A. A.
体育会ワンダーフォーゲル部での主将の経験から、一人一人と向き合いながらも自らの意志を貫き、周囲を巻き込み課題解決をやり抜くリーダーシップを学んだ。この経験を活かし、あらゆる場面で貴社のサービスを利用することを「当たり前」とするような付加価値を創造する仕事がしたいと考えている。そのために、線区価値を向上させることへの責任感や使命感を持つと同時に、それぞれの地域の人と共に協力して取り組みを行っていくことが重要となる。これまでの経験を活かして、それぞれの地域のあらゆるニーズを汲み取りつつ、JR西日本として提供できる価値を明確にし、地域の人を巻き込んで新たな価値を創りあげたいと考えている。 続きを読む
閉じる 質問と回答をもっと見る

19卒 本選考ES

総合職鉄道系
男性 19卒 | 大阪大学 | 男性
Q. ゼミ・研究室(担当教授・テーマ)をご記入ください。
A. A.
担当教授→○○教授 テーマ→企業価値評価と証券投資 今年度は『日本企業の弱体化』という社会問題に焦点を当て、論文を作成しました。 続きを読む
Q. クラブ活動・ボランティア活動(役職等)をご記入ください。
A. A.
ハンドボールサークル『○○』選手 『初心者でも楽しめるハンドボールサークルを作る』を合言葉に7人の友達でサークルを創設し、現在のメンバーは49人となりました。 続きを読む
Q. 特技・趣味をご記入ください。
A. A.
趣味は国内旅行です。 中学2年生のときから旅行を始め、2017年1月には47都道府県を制覇しました。 続きを読む
Q. 関心を持った理由
A. A.
私は貴社の『現場起点の考動』を重視する姿勢に心を惹かれ、応募を決めました。私は中学生のころからゴールキーパーを務めています。そこから学んだことは『ゴールキーパーのことだけ知っていても意味がない。攻撃・守備とチーム全体を理解してはじめて、ゴールを守ることができる。』ことです。これは仕事にも応用できると私は考えます。要するに『総合職はそれぞれの現場を把握してはじめて、会社全体を支えることができる。』というわけです。そんな私にとって現場研修期間を約3年設定し、駅の現場も、運行の現場も経験したうえで総合職の実務に就くことができる貴社はとても魅力的に感じ、志望するに至りました。 続きを読む
Q. 取り組みたいこと、実現したいこと
A. A.
私は『稼げるインフラ企業』を経営の面から築き上げたいです。そして収益性を向上させ、株価や利率といった資金調達コストを抑制することによって、積極投資を可能にし、それをお客様に還元する形で行いたいです。そのため私はまず、営業や企画、調達といった仕事に携わり、『どこから収益が生まれるのか』『どこから費用が発生するのか』を学びたいです。そして、経営企画へ移り、現場経験も加味したうえで収益を増加させる施策、費用を圧縮させる施策を策定することで経営効率化を図り、『稼げるインフラ企業』を築き上げたいです。 その後、収益改善によって生じた財源をもとに駅舎リニューアルや車両更新といった投資を行いたいです。 続きを読む
Q. あなたが学生生活で特に力を入れて取り組んだ学業や活動について具体的に教えてください。また、その経験をJR西日本でどのように活かしたいと思いますか。
A. A.
◎取り組んだこと 私はアルバイト先で業務改革に尽力し、達成率を20%から100%まで向上させました。 私は大学入学時からZ会で事務アルバイトを行っています。 私の配属先では生徒管理業務の達成率が5年連続で20%以下でした。 まず私は聞き取り調査を行い、口頭での引継が連鎖して生じた“業務のブラックボックス化”が原因だと解明しました。 そこで私はExcelを用いて、『業務の見える化』を行いました。 『どうすれば良いかわからない』という声に対して、『業務内容の見える化』を行いました。 『誰が何をすれば良いかわからない』という声に対して、『担当者と進捗状況の見える化』を行いました。 結果、達成率は20%から100%まで向上し、業務改革は成功しました。 ◎活かし方 私は上記の経験を活かし、各配属先において目的意識を持ちながら日々業務に取り組んでいこうと思います。 自分の最終目標である『稼げるインフラ企業を築き上げる』ために、現在の部署で何を学び、何ができるのかということを常に考えながら業務に取り組みたいということです。 たとえば営業部門に配属された場合、『収益はどのようなビジネスモデルによって生まれるのか?』『顧客のニーズはどのように収益へつながるか?』ということを念頭に置きながら自身の業務に励みたいと考えております。 そうして複数の部署を回り、知識や経験を蓄積した後、最後は『稼げるインフラ企業を築く』という目標に向かって経営企画を行えるようになりたいです。 続きを読む
Q. あなたを自由に表現してください。 (あなたが夢中になったこと、強み、得意なことなど何でも結構です。)
A. A.
私は『達成力』に関して誰にも負けない自信を持っております。 一度決めた目標は必ず達成するということです。 目標を達成するにあたって、私は『計画力』がカギを握ると考えております。 『計画力』とは目標から逆算して、自身の現状を分析し、『どのように自分はゴールへ進むべきか』を計画・把握する能力を指します。 この計画力が顕著に表れたのが、自身の大学受験時です。 私は高校2年生の冬、『現役で阪大〇〇学部に合格する』と目標を立て、公言しました。 そして高校3年生へ進級する際、私は志望校の合格点を調べ、自身の合格ビジョンを設定しました。 具体的には、まず阪大〇〇学部の過去5年間における合格最低点を調べ、『センター試験で80%、二次試験で60%の得点を取れば合格する』と把握しました。 次に自分の得意科目苦手科目や好不調の波を踏まえたうえで、『センター試験で80%を得点するために、各教科どれぐらいの得点をめざすか』計画しました。 たとえば英語は得意科目であること、好不調で5%得点が上下することを加味し、90%得点することを目標にしました。 同様に得意不得意や好不調を考慮し、『二次試験で合計60%を得点するために各教科どれぐらいの得点をめざすか』の計画も設定しました。 このようにして私は阪大合格ビジョンを立て、各教科が目標点数に届くよう勉強に励みました。 そして毎月模試を受験し、各教科の得点と自分が設定した目標得点との乖離度を比較し、各科目の進捗度合を把握したうえで、次の模試までに重点学習する科目を決めました。 このように大学合格という目標から逆算し、自身の現状を定期的に分析したうえで、小刻みな経過目標を設定することで、私は見事現役で第一志望校の阪大〇〇学部へと合格しました。 続きを読む
閉じる 質問と回答をもっと見る

19卒 本選考ES

事務系総合職
男性 19卒 | 同志社大学 | 男性
Q. JR西日本に関心を持った理由と、入社して取り組みたいこと、実現したいことを記入してください。
A. A.
関心を持った理由 300文字以下 私は野球サークルの主将として、様々な想いを持つ仲間を1つにまとめた経験から、周囲を巻き込んでチーム一丸で取り組む仕事に強く興味を持ちました。そこから、チーム一丸となって人々を支えるインフラ業界の使命感に魅力を感じました。その中でも、関西地方から中国、北陸地方にわたる広い営業範囲をカバーし、地域共生企業として西日本地域活性化ひいては日本の活性化のために大きな役割を担っている貴社に関心を持ちました。加えて、新大阪から博多を繋ぐ山陽新幹線によって遠く離れた人やモノを繋ぎ、新たな出会いや喜びを生み出している影響力の広さも魅力です。 取り組みたいこと、実現したいこと 300文字以下 開発事業の営業という視点で西日本全域の地域活性化に取り組みたいです。地域活性化をするためには、沿線地域で旅行やビジネスが出来る環境を作り、地域の価値向上や新たな価値の創出が必要になると考えます。そのため、まずは事業の最前線に立って事業展開に必要な考え方や能力を身に着け、沿線地域に存在するニーズを的確に掴む人材に成長します。そして、それだけではなく、学生時代に培った幅広い意見を受け入れて周囲を巻き込む力を活かし、社内や地域住民の方々と意見を出し合いながら利便性や「まち」のブランド力を高めます。また、時代や地域に合わせた柔軟な施策を打ち出し、社会全体に浸透させたいです。 続きを読む
Q. あなたが学生生活で特に力を入れて取り組んだ学業や活動について具体的に教えてください。 また、その経験をJR西日本でどのように活かしたいと思いますか。
A. A.
取り組んだこと 300文字以下 野球サークル主将としての活動に尽力しました。主将になった以上は、チームで目標達成の達成感を得たいと考え、学内リーグ戦優勝を目標として全体の意思統一を試みました。当初は自身の技術力でチームをまとめようとしましたが、一部の仲間からしか共感を得られませんでした。そこで、全員が心地よく野球ができる環境作りを心掛けました。具体的には、参加頻度に関わらずに意見を聞き、チーム運営に役立てることで、全員でチームを作る意識を高めました。特に同級生だけではなく、下級生の意見も取り入れるようにしました。その結果、チーム全体の参加率と団結力が向上し、1勝もできなかった相手に勝利し念願の初優勝を達成しました。 活かし方 300文字以下 貴社の鉄道事業は在来線と山陽新幹線で広い営業エリアに住む人々にとってなくてはならない交通手段です。それだけではなく、開発事業や各種関連事業を通して沿線地域の価値向上や新たな価値の創出に取り組んでいます。私は、野球サークル主将としての経験で、周囲の信頼を得て巻き込むには、相手の意見を受け入れる姿勢が大切になるということを学びました。そこで、その経験で得た能力を活かして社内や地方自治体・地域住民の意見を誠実に受け入れ、お客様に寄り添った施策を打ち出します。そして、より豊かな西日本地域の創造に貢献することで、貴社と共に地域共生企業を作り上げます。 続きを読む
Q. あなたを自由に表現してください。 (あなたが夢中になったこと、強み、得意なことなど何でも結構です。)
A. A.
私には3つの強みがあります。1つ目は、常に現状維持に甘えず、高い目標を目指す「上昇志向」。2つ目は、難しいことでも投げ出さずやり抜く「胆力」。3つ目は、周囲の特性や特徴を活用して相乗効果を生み出す「リーダーシップ」です。これら3つの強みは、高校生時代に所属した硬式野球部の経験で身に着けました。私の所属していた高校は、日本でも有数のスポーツ強豪校で、特に野球に関しては甲子園での優勝回数や勝利数がいまだに破られることなく1位です。そのような環境に自ら挑み、背番号をもらうことを目標に日々練習に励みました。しかし、3年間で一度も背番号をもらうチャンスは訪れず、最前線の選手として活躍することはできませんでした。そこで、その後はチームが日本一になるために改善すべき課題を見つけ、最短距離で解決していくことに力を注ぎました。その中でも、キャッチャーというポジションを務めていた私ならではの視点で、勝利のためには点を絶対にとらせないことが重要だと考え、自チームの投手の長所や短所を分析して投手それぞれに合った投球プランを提案しました。具体的には、練習や試合中の投球データを集め、個々の投手が持つ特徴や傾向を分析し、フィードバックをしていました。この作業は一人ではできないため、他ポジションの同級生や下級生に協力をもとに取り組みました。結果として、チームの失点数は減少しましたが、甲子園に出場することはできませんでした。しかし高校時代の常に高い目標に向かって課題点や改善点を見つけ、それを周囲に伝達する大切さを学んだ経験は、今でも生きています。この経験から得た、「上昇志向」、「胆力」、「リーダーシップ」は、地域共生企業を目指す貴社の地元住民や社内の方々の協力を得て社会の発展に貢献する姿勢に役立てることが出来ます。 続きを読む
閉じる 質問と回答をもっと見る

18卒 本選考ES

総合職 鉄道
男性 18卒 | 関西学院大学 | 男性
Q. JR西日本に関心を持った理由 
A. A.
【鉄道という多くのお客様の生活に影響を与える社会的責任が大きい仕事に、組織のマネジメント役として携わりたい。】貴社の山陽新幹線や在来線の運営は、日本の発展に不可欠であり、大きな責任が伴う。このような社会的責任の大きさはやりがいにつながると考えており、貴社の業務を魅力的に感じた。また、大学時代に体育会準硬式野球部の投手リーダーとして日本一を目指す組織を運営し、自ら考動する中で周囲に影響を与えることにやりがいと責任を実感した。以上の経験から、貴社の鉄道業務に携わる総合職の働き方に心が惹かれた。今後の貴社の発展と鉄道業界を牽引する覚悟と熱意を持ち、貴社を第1志望として志望する。 続きを読む
Q. JR西日本に入社して取り組みたいこと、実現したいこと 
A. A.
【お客様の生活を支えると同時に日本国土全体に影響を与える事ができる鉄道事業に関わりたい。】入社、1~2年は駅員などで現場に出て、お客様が求める事は何かということを肌で実感し、その後で在来線、新幹線と範囲を広げていきたい。学生時代に経験した「組織を運営し、自ら考動するなかで周囲に影響を与えること」を生かして、人々の移動に新たな価値を提供する。また、近々東京五輪の開催されることから多くの観光客が日本に訪れることが推測される。そこで、私は首都圏から貴社の2府16県の広範囲なネットワークを利用し著名な場所へと輸送を促すために、新幹線事業という輸送を中心とした幅広い事業で、多様な業界と連携しながら、新たなサービスを生み出す。結果的に、「まち」の発展に貢献し、経営計画にもあるように「新幹線のポテンシャルを高め交流」を促進する。私は2府16県の広範囲なネットワークがある貴社だからこそ実現できることである。 続きを読む
Q. あなたが学生生活で特に力を入れて取り組んだ学業や活動について具体的に
A. A.
【スーパーマーケットの夜間品出し店員のバイト。】大学1回生から現在まで3年間継続中です。しかし、私が入社して1年が経ったころ店舗全体の目標営業利益率達成回数は年に3回と近隣店舗と比べればワーストの業績であった。そこで、私は日々の品出し業務を全力でこなす上で、加えてレジ打ち、他店の広告・商品並びを調査と、学生目線からのオススメ商品の発注を店長から任せていただいた。その結果、次々と私が発注した商品をお客様が購入してくださり、その取り組みを行って以来、店舗の売り上げは右肩上がりに、そして12カ月連続で目標営業利益率を達成した。結果的には本社からは表彰される売上が良い店舗へと組織を成功へと導いた。以上より、リーダーシップを発揮し組織を成功へと導くために周囲に影響を与えることの重要さを学んだ。 続きを読む
Q. その経験をJR西日本でどのように活かしたいか。
A. A.
【リーダーシップを発揮して組織を統括し、組織の発展に最大限貢献すること】仕事をする上で、社内の様々な部門の方々と協力してチームを組み、一つのプロジェクトに取り組むことになることがある。そして将来的に自分がチームをマネジメントする立場に就いた際、学生時代の部活動とアルバイト経験を活かし、現場を尊重し目標達成に向けて自らの業務に責任感をもつこと。加えて一人一人の強みと弱みを分析し、それぞれが補完し合える組織を構築すること。このように組織を統括して、訪れる困難を乗り越え組織の発展に最大限貢献する。 続きを読む
閉じる 質問と回答をもっと見る

18卒 本選考ES

プロフェッショナル採用
男性 18卒 | 大阪経済大学 | 男性
Q. 当社を志望した理由を記入してください。
A. A.
私が貴社を志望した理由は、鉄道を通して西日本の人々に「安心」を提供したいと考えるからです。何事においても、安心がなければ成り立ちません。例えば、私は部活動においても部長を務める中でお互いの信頼関係を構築し、そこで生まれた安心感があったからこそ様々な取り組みを無事成功させることができたのだと思います。鉄道は、地域に密着した必要不可欠な存在であり、鉄道が日々確実な運行をしていることそのものが人々に安心感を与えています。私は、安全・地域密着を掲げている貴社でどうすればよりお客様に安心してご利用いただけるかを常に考え、日々着実に行動できる運転士になりたいと思い志望しました。 続きを読む
Q. 長所短所を含めて、あなたのセールスポイントを自由に記入してください。
A. A.
私の長所は、困難なことでも最後まで諦めずにやり遂げることができる点です。部活動では、部長として部員の定着率の低さを改善しようと決意しました。目標達成へ向け、部員のモチベーション維持のために1人1人とのコミュニケーション強化、知識の均一化を図るべく勉強会を例年より多く開催するなどの対策を講じ、その問題を改善することができました。一方で、私の短所は頑固なところです。私は一度決めたことを最後までやり遂げようとするあまりに頑固になってしまうところがあります。そのため、常に周りの人の意見を汲み取ることを心掛け、柔軟な対応を取れるようにしています。 続きを読む

18卒 本選考ES

プロフェッショナル職(電気)
男性 18卒 | 三重大学大学院 | 男性
Q. 学生生活で特に力を入れて取り組んだ学業や活動について具体的に教えてください。またその経験をJR西日本でどのようにいかしたいと思いますか
A. A.
取り組んだこと 私は実験装置企画から実装を一貫して取り組みました。特に誤差改善に注力しました。放電による誤差が発生したため、次の要素を教授・共同研究者と議論しました。1.放電発生理由2.改善案3.放電抑制目標値。議論の後実験試料に問題が発覚したため、治具を作製し、95%の放電抑制目標を立てました。加工では作業者の方に図面を渡すだけでなく、作業場に赴き工程ごとに精度を確認しながら完成させました。治具導入後、放電は99 %抑制され誤差要因を概ね無くすことができました。 活かし方 現場とコミュニケーションを密にとり、鉄道電力安定供給の一翼を担いたいと考えています。特に災害時には迅速な復旧が望まれます。復旧に向かいプロセスを議論し、普段の会話等から各人の役割を提案できると自負しています。活動から課題をチームで協議し、主体性を発揮することが問題解決に繋がると学びました。また共同研究者が装置を使用している際に取り組んで良かったと感じます。取り組みにより他者への貢献に対する喜びを得ました。貴社ではお客様へのより良いサービスの提供に向け改善を続けます。 続きを読む
Q. あなたを自由に表現してください
A. A.
周囲を巻き込み”共に成長できる”人材です! 高専では陸上部の主将を務めました。私達の部は練習方法が確立されておらず各自に委ねられていました。そのため、練習のばらつきを無くしたいと考え、私は以下の改善を行いました。 1.部員達と議論を重ね、練習方法を確立し、部の成長を目指しました。 2.自らの専門外種目も基礎から試合運びまで一貫して検討しました。 結果、部の士気が上がり、記録更新数倍増など前年度以上の成績を上げました。周りを巻き込みチームを成長させる取り組みにやりがい感じました。 関心を持った理由と、入社して取り組みたいこと、実現したいことを記入 出身地である西日本をもっと近くしたい。紀勢線は赤字といわれている中もっとたくさんの人に来てもらえるように運輸の面で活躍したい。 取り組みたいことは社員懇談会できいたことどうどうさんに聞いたのは駅全体を省エネにしたり、駅を橋上化して利用しやすく、多くの方に貢献したい 続きを読む
Q. 関心を持った理由
A. A.
多岐に亘る仕事を通じて、多くの人や人生で関わってきた人が豊かに暮らすお手伝いをしたい。これが私の就職活動の軸です。私の出身地は和歌山県みなべ町でいわゆる赤字路線にあたります。そのため貴社で活躍することで、観光客の増加やさらなる安定輸送等の貢献をして、ひいては西日本全体をより身近にし、多くの方を鉄道輸送の面から支えたいと考えています。この取り組みに対し、様々なアプローチができる企業が貴社であると社員懇談会で強く感じたため関心を持ちました。 続きを読む
Q. 取り組みたいこと実現したいこと
A. A.
特に駅及び都市の再開発に携わりたいと貴社社員懇談会にて感じました。駅橋上化や大阪の再開発に貴社は取り組まれています。電気技術者として電灯・電力設計に携わり、お客様に駅・鉄道をより快適に利用していただきたいと考えています。これより地域価値や地方への利便性を向上することで西日本をさらに活性化させたいです。そのためには若手のうちから様々な部署や協力会社の方々と案件に携わり、経験を重ねることでつぶしの利く社会人に成長します。周りから信頼され、貴社電気技術の一翼を担いたいです。 続きを読む
閉じる 質問と回答をもっと見る
男性 18卒 | 京都大学大学院 | 男性
Q. JR西日本に関心を持った理由と、入社して取り組みたいこと、実現したいことを記入してください。
A. A.
貴社に関心を持った理由は大きく2つあります。1つは人々の暮らしを支える社会貢献度の高い仕事であることと、もう1つは人を大切にする社風であるということです。私は、大学時代の部活やアルバイトの経験を通して人の役に立つことに大きな喜びを感じることに気づきました。そこで、就職活動をする中で人々の暮らしを支え、かつ社会に対する影響力の大きい仕事をしたいと思うようになりました。その中でも、鉄道業界は人々が当たり前のように使っているものをお客様に近い視点から支えるため、関心を持ちました。また、貴社の説明会や懇親会に参加して安全を最優先していると感じ、お客様・社員等、人を大切にしている点に魅力を感じました。私が貴社に入社して実現したいことは「人々が笑顔でいる時間を長くすること」です。人は,他人と会い時間を共にすることに幸せを感じると私は思っています。私は,人と人を繋ぐ鉄道業に携わることで人々が共に過ごし笑顔でいる時間を長くしたいと考えています。この目標を実現するために,私はより多くのお客様に快適だと思ってもらえるダイヤの作成と,安全に直接関わる乗務員・指令員の育成に取り組みたいと思っています。最も重要である「安全」に貢献しつつ,人々の幸せを創造することは非常にやりがいを感じると思います。 続きを読む
Q. あなたが学生生活で特に力を入れて取り組んだ学業や活動について具体的に教えて下さい。また、その経験をJR西日本でどのように活かしたいと思いますか
A. A.
私は、大学4年間体育会の◯◯部に没頭しました。大学4年生の時にはポジションリーダーを務め、プレー面と戦術面でチームを引っ張りました。チームの目標である日本一を達成するために自分が如何に上手くなるかと、後輩の育成を常に意識しながら取り組みました。結果的に目標を達成することは出来ませんでしたが、4年間部活を続けリーダーを務めたことで協調性と責任感が得られました。現在は◯◯部のコーチとして後輩を指導する一方で社会人チームの主将を務めており、双方のチームの目標に貢献したいと考えています。私が学生時代の経験から貴社で活かせるのは「体力」と「リーダーシップ」です。4年間,週5回朝7時からの部活動を続けたことで体力がつきました。会社に入ってから体力面で辛い時があっても仕事をやり抜く自信があります。また,部活でポジションリーダーを務めた経験からリーダーシップが身に付きました。チームとして目標を達成するために同じポジションのメンバーの内発的モチベーションを喚起させることを意識して取り組みました。そのために,定期的に面談を行いチームの中での個人の役割を考えるように促しました。貴社で乗務員・指令員の育成をする際に,この経験を活かすことができると考えています。 続きを読む
Q. あなたを自由に表現してください。
A. A.
強み:向上心が強いことです。私が所属していた◯◯部は1軍から3軍まであり、2年生で1軍に入った時に技術面で上級生と大きな差がありました。練習でミスをしてしまい叱られることが頻繁にあったのですが、今後活躍するためにはレベルの高い環境で練習することが重要であると感じていたので,必死に食らいつきました。正規練だけでなく授業の隙間時間や放課後も,自分がチームで活躍するために何をするべきか考えて自主練を繰り返しました。結果として、2年生で1軍に定着し、公式戦で得点するという大きな経験をすることができました。 得意なこと:人と信頼関係を築くことです。私は1対1のコミュニケーションを大切にしており,人のためになることには努力を惜しみません。例えば友達に勉強を教えたり,後輩に指導をすることは自ら進んで行います。また,自分が悩んでいることがあった場合には人に相談するようにしています。その結果,多くの人と信頼関係を築けていると思います。 続きを読む
閉じる 質問と回答をもっと見る
男性 18卒 | 名古屋大学大学院 | 男性
Q. JR西日本に関心を持った理由と、入社して取り組みたいこと、実現したいことを記入してください。  関心を持った理由:
A. A.
大学、大学院で学んできた土木工学の知識を活かして、「社会基盤を支えたい」と思い、インフラ業界を志望しております。その中でも、鉄道は、日常生活、経済活動にとって必要不可欠な存在となっており、貴社の運営する鉄道は、西日本の多くの政令指定都市、中核都市を支える重要な役割を担っております。多くの都市の人、物、金の流れを生む貴社の鉄道を安全、安定、快適に運営していくことで西日本全体を支えるといった使命に魅力を感じ、貴社へ強い関心を抱いております。 続きを読む
Q.  取り組みたいこと、実現したいこと:
A. A.
施設系統の社員として現場を学び、安全、快適に鉄道運営を続けるために、作業の効率化を考えていきたいです。鉄道を安全、快適に運営するためには構造物の維持管理に莫大な費用と労力を要します。今後も質の高いサービスを提供するため、労働人口減少に向けて作業の効率化を図り、長期にわたって西日本エリアを支えたいです。その他にも、日本の課題である首都一極化を解消するため西日本全体を活気づけたいと考えています。様々な現場で経験を積み知識を深めることで、西日本を活気づけられるような経営方針を提案できるようになりたいです。 続きを読む
Q. あなたが学生生活で特に力を入れて取り組んだ学業や活動について具体的に教えて下さい。 また、その経験をJR西日本でどのように活かしたいと思いますか。  取り組んだこと:
A. A.
大学三年次にサークルの代表を務め、参加率向上に向けて尽力しました。例年参加率が低下しており、原因を探るべく仲間との話し合いの機会を設けました。議論の結果、人数が多いことからそれぞれの関りが深めにくいことが原因であるとわかりました。解決策として、馴染みやすい環境をつくるため、定期的なイベントや懇親会を開催し、孤立している人に積極的に話しかけることを行っていきました。また、これまで代表、副代表が主に運営を行っていたので、仲間の強みを活かした役割分担を行い、皆でサークルをつくる体制へと変えました。参加率向上の目標を共有し、チーム一丸となって取り組んだことで参加率を50%から90%へと向上させることに成功しました。 続きを読む
Q. 活かし方:
A. A.
私はサークル代表での経験から、問題を見つけ分析すること、組織をまとめることを学びました。この経験を活かし、作業効率化、西日本を活気づける、といった二つの課題を成し遂げたいです。この二つの課題を達成するためには、幅広い知識が必要であり、色んな視点から考えることが大切であると思います。そのためには、様々な方と共に議論し考えていくことで多角的に二つの課題を分析する必要があり、これまで培った経験を活かし、チームとして作業効率向上、西日本を活気づけるといった課題に向けての提案を考えて、長期間にわたって西日本を支えたいきたいです。 続きを読む
Q. あなたを自由に表現してください。 (あなたが夢中になったこと、強み、得意なことなど何でも結構です。写真、絵、文章など表現方法は自由です。)
A. A.
これまで私はサークルや、勉学においても高い目標を掲げ尽力してきました。勉学では、まず今後グローバル化する社会において英語力が必要になると感じた私は、TOEICスコア倍増を目標に定めて勉強に取り組みました。一年間かけて単語の勉強、模試の反復練習を繰り返すことで、結果としてはスコアを360から795に上げることに成功しました。現在では、会話力を身に着けるために研究室の留学生のサポート役も行っております。また、今後技術者として社会を支えていくためにも、これまで学んできた土木工学を総復習する必要性を感じ、大学院入試上位合格を目標に定め一年生からの復習に取り組んでいきました。結果としては大学院上位合格の目標を達成し、その後には国家公務員総合職試験合格の目標も達成することができました。 このように私は常に高い目標を持ち努力を惜しまずに取り組んでいました。この強みを活かして貴社の社員として鉄道事業をより安全、効率的に運営し、さらに活気ある西日本をつくるための努力を惜しまず取り組んでいきたいと思います。 続きを読む
閉じる 質問と回答をもっと見る

17卒 本選考ES

技術(車両)
男性 17卒 | 広島市立大学大学院 | 男性
Q. 当社を志望した理由を記入してください.
A. A.
小学生の頃は,休日に水泳練習のために,父と電車に乗ってプールに行きました.練習がきついため休日の私のちょっとした楽しみは電車に乗る事でした.高校生になると,毎日電車通学でした.小学生の頃と違い,英単語帳を覚えたり,大学の進路を真剣に考え込んだりと,毎日通学するうちに電車は私にとって自分と素直に向き合うことができる場所になりました.電車移動以外でも食事,服,本など生活必需品も広島駅に揃っており,広島駅に私たち家族の生活を支えてもらっています.私の人生には,貴社が常に関わっており,貴社なくして今の自分に出会えていなかったと思います.私が貴社にこのような思いを抱くのは,貴社の安全・地域貢献に対する使命感を持って努力しているためだと考えます.だからこそ貴社に支えてもらう立場から,今度は貴社と共にお客様を支えていく立場になりたいと思い貴社を志望しました.貴社の社員の一員となって私を育ててくれた地域や多くの人に貢献し,今度は私を育ててくれた貴社とともに成長していきたいと思っています. 続きを読む
Q. 長所短所を含めて,あなたのセールスポイントを自由に記入してください.
A. A.
私は継続するための努力が出来ます。毎週土曜日日曜日は必ずジョギングをして体力づくりを行っています。悪天候の場合であっても必ず行います。これを毎週継続して行っているため、大学生になって風邪を引いたことがありません。また、愛犬を連れて走ることもあります。その時に、同じように愛犬を連れた様々な世代の人々に会う機会があり、最初は挨拶からでしたが、何回も会ううちに様々な会話が出来るようになり、このことからコミュニケーション能力がついたと思っています。しかし、その反面ストイックになりすぎるところがあり、一度決めたら曲げられない部分があります。それが表に出てしまい、一度体調不良で高熱を出し、大事な予定をキャンセルしてしまったことがあります。この経験から、たとえ自分で決めていたとしても、こだわりすぎずやっていくように気をつけています。 続きを読む
Q. あなたが学生生活で特に力を入れて取り組んだこと,また,その経験で学んだことも併せて記入してください.
A. A.
私は研究活動に最も注力しました.私が大学院で行っている研究は,高齢者見守り支援システムという高齢者のライフデータを医療機関に自動で送り,病院に行かずに高齢者の健康状態がわかるシステムの開発研究を行っています.そのシステムのキーデバイスである耳装着型のデバイス開発に私は携わっています.その装置は耳の動きから咀嚼回数などのライフデータを入手します.私はそのライフデータの中でいつ食事をしたのかに関するデータを選び,現在はそのデータ処理に注力しています.しかし被験者がいつ食事をしたかを推定するために様々な課題があり,特に装置から取得するデータにノイズが入ってしまう課題に苦労しました.課題克服のため,装置にノイズフィルターを実装しました.しかしながら上手く除去することができませんでした.そこで研究室メンバーや先輩に積極的に相談し助言をもらうこと課題を克服することができました.このことから自分一人で解決できない課題も周りの人に助けてもらえば,解決できることに気づきました. 続きを読む
閉じる 質問と回答をもっと見る
31件中1〜20件表示