西日本電信電話株式会社のロゴ写真

西日本電信電話株式会社

  • 3.8
  • 口コミ投稿数(1200件)
  • ES・体験記(90件)

西日本電信電話の本選考のエントリーシート

本選考の通過エントリーシート

41件中1〜20件表示
男性 21卒 | 京都大学 | 女性
Q. 学生時代頑張ったことは何ですか
A. A. 私が学生時代頑張ったことは個別指導塾の講師をして、気むずかしい性格の生徒の信頼を得ることができたことです。半期に一度生徒アンケートというものを行っているのですがその質問に、この先生の授業を継続して受けたいかという欄があり、そこで評価を得られない生徒がいました。人見...
Q. NTT西日本で実現したいことが何ですか
A. A. 貴社のICT技術を用いて西日本地域活性化の一翼を担いたいと考えています。理由は3つあります。1つ目は、私自身が個別塾の講師経験から人に尽力し、熱量を持った活動をサポートすることに魅力・やりがいを感じたからです。また同時に、個人に対してだけでなくより多くの人々や地域...
男性 21卒 | 金沢大学大学院 | 男性
Q. 自由に自己PRをおこなってください。(400文字以内)
A. A. 私は、積極性と協調性をバランスよく発揮できます。私は大学三年次にタイ留学し、大学の研究室で様々な国の仲間と研究開発を行いました。私は情報の学部ですが、機械系のロボットを動かす研究室に配属され、初めはとても戸惑いました。私はロボットの知識がまるでなく、メンバーとの会...
Q. あなたがNTT西日本で「やってみたいこと」を理由を含めて自由に記載してください。(400文字以内)
A. A. 私はAIやIoTを活用して、地方を盛り上げたいという夢があります。労働人口が減少していく日本において、その影響はまず地方が受け、今のようなシステムが成り立たなくなることもでてくると考えています。地方で育った私だからこそ、地方の現状維持を超えて、地方が活気ある場所、...

21卒 本選考ES

事務系総合職
男性 21卒 | 大分大学 | 男性
Q. 自由に自己PRを行ってください。(400文字)
A. A.  私の強みは、向上心を持ち、厳しい状況でも努力し続けることが出来ることだ。例えば、交換留学時に、強みが生かされた。米国史を学びたいと思い履修した授業で、現地人向け講義が故に、教授から「留学生には厳しい」と言われた。それが悔しく、絶対に完遂したいと思った。またやるな...
Q. あなたがNTT西日本で「やってみたいこと」を理由を含めて自由に記載してください。(400文字以内)
A. A. ICTを活用した観光まちづくりに取り組みたい。ラグビーW杯で日本を訪れた外国人に対して、アルバイトで接客をした際に、日本の魅力を語る機会が多くあった。そこで、「公共通信整備に不満」や「地方の周遊ルートが不透明」という生の声を耳にした。不十分な通信設備が、地方の魅力...
男性 21卒 | 熊本県立大学 | 女性
Q. 自己PR (400字以内)
A. A. 私は、周囲の人を巻き込み、主体的に行動できる人間です。大学3年生の時、所属しているよさこいサークルが1年を通して使う衣装の制作リーダーをしました。デザインを1から考え、生地を選び、制作会社とのやり取りなどを行いました。班の人たちと予定が合わず、1人で作業することが...
Q. ② あなたがNTT西日本で「やってみたいこと」を、理由を含めて自由に記載してください。(400字以内)
A. A. 私は、貴社に入社し、地域活性化として、ICTを活用した若者に魅力ある地域づくりに取り組みたいです。私は、大学の講義で、消滅可能性都市という言葉を知りました。地元である熊本県では、2040年までに、市区町村の半分以上の人口が、消滅の可能性があると言われています。主な...
男性 21卒 | 神戸大学大学院 | 男性
Q. 自由に自己PRをおこなってください。
A. A. 私は高い洞察力をもって、主体的に行動することができます。具体的には、自分の役割を見極め、課題を見つけ出し、解決するために、すぐに行動に移すことです。このことはより多くの人に必要とされる人間になりたいという感情に起因しています。私は、対話においては相手の考えているこ...
Q. あなたがNTT西日本で「やってみたいこと」を理由を含めて自由に記載してください。(400字以内)
A. A. 私は将来、人々の生活基盤であるインフラを支える新たな仕組みや価値を創造し、世の中に貢献したいと考えています。貴社には未来の「あたりまえ」を創造していく環境があります。特に、ICTを通してこれまでにないサービスを創出できる可能性が大きく、人々になくてはならない「あた...
男性 21卒 | 関西学院大学 | 男性
Q. あなたが入社後に挑戦したいことはなんですか。
A. A. 私がNTT西日本でやってみたいことは、「誰もが住みやすいと感じる社会づくりへの貢献」です。そのために、はっきりとした意志を持ち、お客様一人一人に寄り添えるコンサルティング営業の業務を行ないたいと考えております。全てのお客様が同じ悩みを抱えているという事ではないので...
Q. あなたの強みを教えてください。
A. A. 私は忍耐強く、何事にも諦めずに最後までやり抜く性格です。これは高校時代の部活動での経験から得たものです。私は高校時代テニス部に所属しており、2年生の頃から団体戦メンバーに選出されていました。しかし、3年生になりヘルニアを発症してしまい、今まで通りの練習ができなくな...
男性 21卒 | 金沢大学大学院 | 男性
Q. 自由に自己PRをおこなってください。(400文字以内)
A. A. 私の最大の強みは、「信頼関係を構築し組織に成果をもたらす力」です。これは途上国の教育支援を行う学生団体で〇〇を務め、メンバーの作業効率を改善した経験から得たものです。当初は、作業中に抱いた疑問を解消できずに作業が滞るメンバーが多いことが課題でした。そこで私はメンバ...
Q. あなたがNTT西日本で「やってみたいこと」を理由を含めて自由に記載してください。(400文字以内)
A. A. ICTを活用して社会課題を解決するサービス開発に挑戦したいです。私は学生団体において、メンバーが活動しやすい環境整備にやりがいを感じました。そこで生活に直結した新たなサービスを開発し、多くの人々に暮らしやすい日常を提供したいと考えます。実際に少子高齢化により、地方...
男性 21卒 | 三重大学 | 男性
Q. 自己PR(400字以内)
A. A. 私の強みは、「問題解決力」です。これは、アルバイトの経験から身につけました。私は衣料品店でアルバイトをしており、主に接客を担当しています。当初は、お客様にお勧めしても買ってもらえないといった問題点がありました。そこで私は、社員の方と比べ、お客様との会話が極端に少な...
Q. 入社してやってみたいこと(400字以内)
A. A. 私がやりたいことは、想像を超えた未来を創り、人々の不可能を可能に変えることです。特に私は、教育改革に力を入れたいと考えています。私は、教育学部として実際の教育現場に足を運んでいます。そこでは、設備の施錠システムによる子供の勉強時間の制限や配布物印刷のための早朝出勤...

21卒 本選考ES

コンサルティング営業
男性 21卒 | 山口大学 | 男性
Q. 自由に自己PRをおこなってください。
A. A. 私の座右の銘は「ただ今成長中」です。 高校時代、ヘルニアを患い大好きなテニスが出来なくなった経験や、大学受験に失敗した経験など、辛い経験による挫折をたくさん味わってきました。また、幼い頃から好奇心旺盛で、スポーツや音楽、現在休学していることなど、新しい事への挑戦...
Q. あなたがNTT西日本で「やってみたいこと」を理由を含めて自由に記載してください。
A. A. 私は貴社のコンサルティング営業の業務を行い、自治体のニーズに合わせた改善策を提供したいです。なぜなら、お客様のニーズに応えることでよりたくさんの方に貢献できるからです。私は3年半カフェのアルバイトをしていました。これのやりがいは、多くのお客様のコーヒーライフに携わ...

21卒 本選考ES

事務系総合職
男性 21卒 | 神戸大学 | 男性
Q. あなたがNTT西日本で「やってみたいこと」を理由を含めて自由に記載してください 400
A. A. 私は貴社で「住む場所に関わらず生活の豊かさを向上させ、新しい当たり前」を創っていきたいです。私はインドネシアに行った時、普段当たり前のように使うことができ、いつも頼っていたインターネットが使えない状況を2週間ほど経験しました。電波一つ無いだけでここまで不便になると...
Q. 自由に自己PRをおこなってください。
A. A. 私の強みはニーズを把握することです。インドネシアでのフィールドワークに行った際、ホームステイ先の村人100人に対し、感謝を伝えるためにフェアエルパーティを開き、日本食を提供する機会がありました。飲食店でのキッチン経験がある私は日本人8人グループのリーダーとして、実...
男性 20卒 | 金沢大学 | 男性
Q. 自己PR 400字以内
A. A.
私の強みは努力を惜しまず粘り強く物事に取り組む点です。大学では新しいことに挑戦したいと考え、音楽未経験ながら軽音学サークルに入部しドラムの演奏技術向上を目標に掲げ練習に励んできました。音楽の知識と経験が乏しく、最初のうちは思うような演奏ができませんでした。そこで私は、楽譜の読み方や基礎練習を一から学び、毎日1時間個人練習の時間を確保することや自らの演奏を撮影し改善点の修正を繰り返すことなど、常に向上心を持ち試行錯誤を繰り返してきました。また、メンバーとの合同練習では、他の楽器との調和を目指し積極的にコミュニケーションをとり、課題曲の完成度を高めることに注力してきました。執念深く取り組みを継続したことで今では納得のいく演奏ができるようになり、周囲からも認められるまで成長しました。活動から学んだ向上心を持ち物事に取り組み続けることを忘れず、仕事にも全力で取り組みたいと考えています。 続きを読む
Q. 志望動機 400字以内
A. A.
私はICTを利用し、地方企業の業務効率化やビジネス拡大に貢献したいです。日本における様々な課題の中でも、幼い頃から地方に住む私は、企業や人材が都市部に集中する地域格差を強く感じているためです。貴社のセミナーに参加させていただいたことで、貴社には通信に関する高い技術と幅広いフィールドで社会のあらゆる問題を解決し、多様化する課題解決のリソースがあるということを実感しました。変化の早い社会において、自社だけで情報技術の進歩に対応することは難しいような地方企業を貴社で支えたいと考えています。また、私自身が多種多様な業界の方々と関わり自らの知見を広げることで、そこで得た知識経験から他業種の掛け合わせをお客様へと提案し、社会に新たな価値を生み出し続けたいと考えています。貴社の一員として社会が変化しても必要とされる質の高いサービスを提供し、地域経済を活性化できるよう知見を広げ挑戦し続けたいと思います。 続きを読む

20卒 本選考ES

事務系総合職
男性 20卒 | 東京大学 | 男性
Q. 自由に自己PRをおこなってください。(400字以内)
A. A.
私の強みは2つあります。 1つ目は、他者の自立的な成長を促すコーチング力です。 個別指導塾の講師として、勉強への熱意を失い授業を真剣に聞かない生徒を担当しました。 まずは勉強以外の相談にも積極的に乗り、生徒との信頼関係を構築しました。また、生徒毎の特徴や習熟度に応じて指導方法を見直し、授業後に生徒から要望を聞き、次回の授業で改善しました。この取り組みで生徒のやる気を引き出し、担当した6人全員が志望校に合格しました。 2つ目は、メンバーと協調しながらチームをリードする統率力です。 新入部員勧誘活動のリーダーを務めたとき、活動内容の広報を、対人説明からSNSやWebを活用したネット型の情報発信へと刷新することを企画しました。当初反対する人もいましたが、彼らの意見を聞き、学業との両立可能な範囲で、各人の得意な役割を整理し直すことで、全員の賛同を得て、勧誘プロセスの刷新と部の戦力増強を実現できました。 続きを読む
Q. あなたがNTT⻄日本で「やってみたいこと」を、理由を含めて自由に記載してください。(600字以内)
A. A.
私は、人や社会、地球環境に優しいスマートな社会を実現したいと思っています。 中学生の時に奈良県の山村にファーム・ステイをして、過疎地域における労働力不足と産業衰退を目の当たりにしました。それ以来、技術力による生産性の向上と産業復興を通じて地方創生を実現したいと考えるようになりました。 日本の社会は、Society5.0を掲げ、すべてのモノがインターネットでつながり、データの横断的な利活用を促進するスマートな社会の実現を目指しています。貴社は農業分野において、高速通信インフラを活用して収集した膨大なデータを分析し、農作業の自動化・省力化、営農計画の合理化・最適化等、農業のスマート化を地域と密着して進めています。貴社での事業活動を通じて、社会課題を解決し、暮らしやすい社会を実現したいと思い志望しました。 こうした事業では、パートナー企業や自治体等の提携先と、収集・分析したデータの管理責任や所有権、システムの責任分界点を契約等で明確にし、法的に保護することが求められると思います。また、個人情報保護法が強化され、顧客情報の安全管理と適切なコンプライアンス対応も重要になってきます。 私は大学で情報法を学び、データ保護に関する法的な知識を深め、法律事務所のアルバイトで法務実務の経験を積みました。これを活かして、貴社の事業拡大と社会貢献に寄与したいと思います。 続きを読む
男性 20卒 | 関西大学 | 男性
Q. 自由に自己PRをおこなってください
A. A.
私の強みは「困難に直面しても諦めずに努力し、成果を残せる」ことです。 私は映像サークルに所属し、ドラマやバラエティ番組などを制作しています。 私は撮影全体の指揮を執るディレクターを務め、サークル史上例がなかった大喜利番組の撮影に挑戦しました。しかし現実は甘くはなく、撮影メンバーからは「素人が大喜利をしても面白いものは撮れない」と反対されてしまいました。この問題を解決するため、私は自らお笑いサークルに赴き出演交渉をするなど制作チームの先頭に立って面白い番組が撮影できるよう尽力しました。そんな私の熱意が伝わったのか、チーム内に「前例がないことへの挑戦」という前向きな意思が芽生え、チーム一丸となって撮影に臨むことができました。 この経験から私は挑戦することの大切さ、諦めないことが自分自身を大きく成長させることを学びました。貴社においてもこのことを忘れず、問題解決に向けて挑戦していきたいと考えています。 続きを読む
Q. あなたがNTT西日本で「やってみたいこと」を理由を含めて自由に記載してください
A. A.
日本社会に存在する「誰もが気づいていながらも未だ解決の糸口が見つかっていない」問題を解決していきたいと考えています。労働人口の減少、多発する自然災害、地方と都心の教育格差など日本には早急に解決しなければならない問題が山積みですが、解決の目途は立っていません。それどころか無意識のうちに「仕方のないことだ」と軽視されてしまい、問題の存在自体が認識されなくなっているという現状さえあります。しかし、これらの社会問題は日本の未来を左右するものであり、決して放置し続けてよいものではありません。そこで私は貴社の国内最大のインフラ網と地域に根差したサービス、そしてそれらを支える技術力をもってこれらの社会問題を解決へと導き、「未来の当たり前」を創り出していきたいです。そのためにも常に当事者目線で物事を考え、現場のニーズとICT技術の架け橋になることで「昨日よりも豊かな暮らし」を提供していきたいと考えています。 続きを読む
男性 20卒 | 名古屋大学 | 男性
Q. 自由に自己PRをおこなってください。(400字以内)
A. A.
私の強みは「他者の目線に立つ姿勢」です。これを発揮できたのが、研究で科学館にICTを導入した際の経験です。 私の研究室は科学館とつながりがあり、そこにICTを活用し科学の魅力を効果的に伝える研究をしたいと考えました。最初私は電子スタンプラリーを活用した研究を企画し科学館職員に協力を依頼しましたが、反応は良くありませんでした。 そこで私は、職員の目線に立とうと話し合いの機会を増やしました。すると職員は、来館者の注目が展示ではなく電子スタンプラリーにいくのが良くないと考えていることが分かりました。展示を通して科学の魅力を伝えるのが効果的だと理解した私は企画を変更し、来館者の興味に合わせ展示を推薦するアプリを作成しました。 結果的に、アンケートではアプリ使用者の9割に「興味が高まった」と回答されました。このように他者の目線に立つ姿勢により質の高い研究ができたと感じています。 続きを読む
Q. あなたがNTT西日本で「やってみたいこと」を理由を含めて自由に記載してください。(400字以内)
A. A.
驚きや感動を与えるサービスを提供し、それを地方まで広めてみたいと考えています。 私は研究として科学館にICTを導入する活動を行ってきました。完成したシステムを使ってもらった際、「こんなことができるのか」と驚いてもらえたことに何よりもやりがいを感じたため、ICTを利用して驚きや感動を与えるサービスを提供したいと思うようになりました。貴社のソリューションビジネス分野と新領域ビジネス分野での経験を積むことで、より大きな驚きや感動を与えるサービスを提供することができると考えています。 一方研究を進める中で、地方の小さな科学館ではICTで何ができるのかを理解している人材がおらず、都市部と地方で科学館の魅力の格差が広がっていることも実感しました。地方にも多くの拠点を置く貴社の強みを活かし、そのような場所でもサービスの提案をすることで地方の活性化や社会課題の解決にも取り組みたいと考えています。 続きを読む
男性 20卒 | 九州大学大学院 | 女性
Q. 自由に自己PRをおこなってください。(400文字以内)
A. A.
私の強みはチャレンジ精神です。日本に来た後、柔道部に入って未経験の状態から、半年で七帝大戦に参加できるようになりました。最初はマネージャーとして入部しましたが、柔道の稽古を見て興味を持ち始め、柔道を勉強し始めました。しかし、実際に柔道の受け身を勉強する時、首が骨折するのが怖く、体を半分しか回転できませんでした。毎回の稽古で怪我をすることで、恐怖心が強くなりました。私は一旦やると決めたら、最後までやり遂げたいと思い、恐怖心を克服して受け身を早く身につけるため、毎日誰よりも早く来て受け身の練習をしたり、先輩に私を投げ続けるようお願いしたりしました。何回も投げられて受け身の練習をした後、やっと恐怖心を克服し、技を身につけました。この経験からチャレンジを続けることが重要だと感じ、今後も自ら新しい事や困難なことに挑戦し、成長していきたいと思っています。 続きを読む
Q. あなたがNTT西日本で「やってみたいこと」を理由を含めて自由に記載してください。(400文字以内)
A. A.
NTT西日本でやってみたいことは、学習の効率や教育の効果を向上させることです。自分の経験から、一斉授業では個人差に応じた指導ができにくいと感じました。そのため、貴社のICTを用いて、個人差に応じた指導のできるシステムを社会に提供することにより、学生たちの学習効率を上げ、教育の効果を向上させたいと考えています。学習する時に各人の問題点や学習時間などの学習データを収集・分析し、一人一人の興味のある科目や勉強が必要な科目に応じた専用カリキュラムを作ることにより、学習への関心を高め、主体的な学びを実現します。その上で、学生各人に対して最適な学習モデルを作ることにより、能力や個性に応じた効果的「個別学習」を実現し、学習の効率や教育の効果を向上させたいと考えています。この課題を解決することにより、より便利な教育環境を提供して社会に貢献することができ、仕事のやりがいも感じられると思います。 続きを読む

20卒 本選考ES

文系総合職
男性 20卒 | 名古屋大学 | 男性
Q. あなたがNTT西日本で「やってみたいこと」を理由を含めて自由に記載してください。 (400字以内)
A. A.
「ICTを世の中に浸透させ社会に新しい価値を提供したい」これが私の貴社でやってみたいことです。 長期インターン先である学校法人で、ICTによって全く新しい価値が創出されている環境を目の当たりにし、自分もその実現に寄与したいと考えるようになったことにより、この想いが形成されました。 そのため貴社に入社したら特に教育とICTを掛け合わせることで、教育格差の解消や新しい学びの形の提供、教育現場での業務改善などの社会課題の解決に携わっていきたいと考えています。技術的な知識を身につけその特性を最大限に生かした全体設計ができるシステムエンジニアとして、法人ビジネス分野で公教育にICTを浸透させるために尽力していきたいです。 貴社は教育ICTの分野でも目を見張る実績があり、あらゆる技術を柔軟に組み合わせることができるため出来ることの幅が広く、ここでなら自分の想いが実現できると確信しています。 続きを読む
Q. 自己PR(400字)
A. A.
私は、主体的に学びながら果敢に施策を実行していくことで多くの人に影響を与えることができます。 インターン先である学校法人では、日々の定型業務に多くの時間を割いている現状がありました。しかし私はそれに割く時間を減らすことができれば生徒と交流する機会を増やせると考えました。 そのために日々の業務を自動化しようと考え、プログラミングを学びシステムを作り上げ導入しました。 思い通りに動作せず挫折しかけたこともありましたが、仮説を立て原因を一つ一つ根気よく潰すことで乗り切りました。 その結果、定型業務にかける時間を総計1日30分ほど短縮することができました。 また、これは他のキャンパスでも利用できると考え担当の方に持ち掛けたところ、計8つのキャンパスで使っていただきました。 これによって学校全体の業務効率化に大きく貢献できただけでなく、もっと効率化していこうという意識を根付かせることができました。 続きを読む
男性 22卒 | 北海道大学大学院 | 男性
Q. 自己PR(400字)
A. A. 私は、大学のサークル活動の一環で、大学祭の実行委員会を3年間しております。その中で、自ら周りを巻き込んで、新しいことを始めることを得意としております。その中で、様々な企業からお金(協賛)を頂くことと引き換えに大学祭のパンフレットに広告を掲載すると担当をしていました...
Q. あなたがNTT西日本で「やってみたいこと」を理由を含めて自由に記載してください。(400)
A. A. 私がやってみたいことは、フリーWiFiの強化です。現在日本では、様々な商業施設・観光地などにフリーWiFiが整備されています。しかしながら、これは、大都市の限られたところであり、地方都市では十分に整備されていません。この状態では、地方都市へ訪れた観光客、特に、訪日...
男性 19卒 | 神戸大学 | 女性
Q. 自己PRをしてください。(400字以内)
A. A.
体育の授業でしかしたことのないバレーボールを本格的にしたいと思い、大学1回生のとき初心者で体育会のバレーボール部に入部したのが人生で最も挑戦した出来事である。部のほとんどが経験者という中で、私は試合に出ることを目標に日々努力し続けた。自分の技術力を上げるためにただ盲目的に練習するのではなく、レギュラーメンバーの強みを観察しどのプレーを強化すれば試合に出られるチャンスがあるのかを考察した。その結果サーブを極めることにした。ボールに対する手の当たり方や力の入れ方を意識しながら練習することによってサーブの決定率を上げることに成功し、その努力が認められた結果試合に出ることができるようになった。  このようなチャレンジ精神と努力し続ける力を持っている私は、貴社で新しい事業創造にも挑み、世の中に新しい価値や当たり前を提供するために取り組み続けることができると感じている。 続きを読む
Q. あなたがNTT西日本でやってみたいことを、理由を含めて自由に記載してください。(600字以内)
A. A.
【メンタルヘルスを数値化】  私が貴社でやってみたいことは、人の心の状態を視える化し、その状態とその人の行動属性によって行動指針を示すことができるような装置の開発だ。具体的にはウェアラブルの装置を想定しており、ここから得られたデータを自身の携帯電話やパソコン、場合によっては医療機関に送信できるようにしたい。  このような装置を開発したいと思ったのは、ある時クレプトマニアの人についてのニュースを見たときに大変心が痛んだことがきっかけだ。これは窃盗をすることで満足感や快感を得ようとし、その衝動を抑えられないという精神疾患である。私が提案している人の心に寄り添うようなサービスがあれば、周りの人がその人の精神状態を把握し対処することができたり、早期に医療機関を受診することで犯罪などを防ぐことができるのではないかと考えている。また、スポーツ選手にとってもメンタル面での調整が容易に行うことができるようになると考え、パフォーマンスの向上も見込めるのではないかと思っている。  様々なアライアンス先をもち、西日本に広大なネットワークを築き上げている貴社だからこそこのようなサービスを展開することができ、精神的な面での社会課題の解決をもできるのではないかと期待し、こういったサービスの開発に取り組んでみたいと考えている。 続きを読む
男性 19卒 | 神戸大学大学院 | 男性
Q. 自由に自己PRをおこなってください
A. A.
私の強みは,諦めずに粘り強く取り組む力を持っていることです.これは,私の研究活動にも表れています.昨年,研究を進めている際に,私は大きな壁にぶつかりました.ある実験結果の原因が特定できず,研究が完全に行き詰まってしまったのです.見かねた指導教員からは「研究内容を変えてみる?」と提案されました.しかし,私は妥協して原因不明のままにしたくないと思い,諦めずにその原因調査にチャレンジすることにしました.「原因の仮説立て」「仮説を検証するための実験」「得られた結果の分析」というサイクルを30回以上実行して知見を積み重ねていきました.その結果,原因を突き止めることができました.その原因は,先行研究では考慮されていない要素であり,指導教員からも「これが原因になっていることをよく見つけたね.」と感心されました.貴社で,困難な問題に直面した場合でも,粘り強く取り組むことで解決に導きたいと考えております. 続きを読む
Q. あなたがNTT西日本で「やってみたいこと」を理由を含めて自由に記載してください。
A. A.
私が貴社で実現したいことは,通信技術を活用することで不可能を可能にし,多くの人々に感動を与えることです.私は,小学生の頃,初めてインターネットに触れました.家にいながら多くの友人と同時にコミュニケーションが取れることに大変感動しました.また,大学の授業で通信技術について学び,その奥深さに惹かれるとともに,人の心を動かすことができる可能性を感じました.これらのことから,私は,通信技術を活かして人々に感動を与えたいと考えるようになりました.私は,通信技術の中でも特にIoTやLPWAといった最新の技術に興味があり,これらの革新的な技術を活用することで,今まで予想することができなかった全く新しい価値を人々に提供することができると考えています.このような最新技術を積極的に取り入れ,それを活用したソリューションを幅広い業界の企業や自治体に提供されている貴社でなら,私の夢が実現できると考えております.貴社に入社後は,法人ビジネス分野のシステムエンジニア職に着任し,クライアントの要望や抱えている問題をヒアリングし,問題の本質を見抜き的確なソリューションを提供したいと考えております.そうすることで,クライアントの企業や自治体の人に感動を与えられるだけでなく,その企業や自治体の製品・サービスを利用する消費者に対しても感動を与えることができると考えております. 続きを読む
男性 19卒 | 南山大学 | 男性
Q. NTTでやってみたいこと 600文字以内
A. A.
私が貴社で挑戦したいことは「ワークスタイル変革によって時代の趨勢に合った企業を共創すること」です。なぜなら日本の企業を世界に誇れる企業にしたいと思ったからです。私は労働生産性の低下や国際競争力の低下が謳われている現状を変えたいと思っています。ICTの導入がもたらす価値は業務効率化によって人々が豊かに働けるだけでなく、そこからクリエイティブな発想が生まれることだと考えます。およそ20年前の日本企業は当時時価総額ランキングで上位を占めていましたが、今ではアメリカが上位を占めています。これは日本が外国と比べて研究開発費が少ないことや旧態依然な組織体制などによって新しいことを生み出すことが苦手だからだと考えます。日本式の勤勉な働き方はモノづくりにおいて強みが発揮されましたが、昨今では成長性が見込めなくなり、手抜きをせざるを得なくなることで様々な不祥事が続いてしまっているのだと考えます。そこでICTの導入によって経営を改善し、人々が生き生きワクワクと働ける環境を作ることで日本式の勤勉な働き方とクリエイティブな発想を両立した、世界に誇れるニホン企業を再び復活させることができると思っています。国内で最も優れた通信技術をもつ貴社で時代を導くプロフェッショナルリーダーに成長し、より豊かな日本の未来を切り開いていきたいです。 続きを読む
41件中1〜20件表示