西日本電信電話株式会社のロゴ写真

西日本電信電話株式会社

  • 3.8
  • 口コミ投稿数(1194件)
  • ES・体験記(88件)

西日本電信電話のインターン面接

インターンの面接

4件中4件表示

18卒 冬インターン 最終面接

2016年11月開催 / 5日 / 総合職
18卒 | 同志社大学 | 男性
Q. 学生時代に頑張ったことは何ですか。
A. A.
代表を務めたテニスサークルでの活動です。経験者よりも未経験者が多く、学内の対抗戦では最下位という状況でした。そこで、私はサークル内で「学内の対抗戦で3位以内に入る」という高い目標を立て、方向性を統一しました。目標を達成するためには「全体で取り組む姿勢」が必要だと考えたので、全員が参加できるスポーツ大会を行い、経験者や未経験者も関係なく混合チームを作りました。チームワークが求められる種目を設け、チームごとで話し合いを行い、意識統一に重点を置きました。その後、練習時間に経験者との意見交換を設け、練習効率や意見交流の向上に努めました。結果、目標達成とはなりませんでしたが24チーム中5位になることできました。この経験から次の行動に繋げる努力の大切さを学びました。 続きを読む
Q. このインターンシップを通して学びたいこと、成長したいこと
A. A.
私は御社のインターンシップを通して、仕事内容を理解するとともに、仕事をしていく上で必要な基礎力を学びたいです。そこで挑戦したいことは、「積極性を伸ばすこと」です。具体的には社会人として、将来働いていく上で必要な姿勢や基礎を身に付け、今の自分に足りていない力は何なのか明確な自分自身の課題を見つけ、補っていけるような成長がしたいと考えています。 続きを読む

18卒 夏インターン 最終面接

2016年8月開催 / 20日 / 総合職
18卒 | 大阪大学大学院 | 男性
Q. どういったテーマに興味を持っているのか?
A. A.
テーマを選ぶ形式のインターンだったので、そのテーマに興味を持っている理由を告げた。また、エントリーシートや学生時代の経験と合わせてこういうものに興味があるというのを伝えた。趣味でプログラムをいじったこともあったし、研究でもやっていたのでそれを伝えた。また、インターンのテーマが複数あり、それぞれ説明がついていたのだが紙に書いてあることはわかりにくいことが多かった。そこで、これはどういう事をやるのかというのを聞いた。 続きを読む
Q. ほとんど雑談と逆質問だったので、西日本と東日本の違いについて聞いた。また、無線が普及しているけど大丈夫かなどを聞いた。
A. A.
基本的には地域が違うだけで同じという事を言われた。ただ、東日本は首都圏を網羅しているけど西日本は離島地域が多くあって(長崎など)、あとは都市圏が分散しているので、設備費用が掛かるという話を聞いた。NTT法で決まっているので、過疎地の通信サービスもやらなきゃいけない。無線については、携帯電話会社の基地局同士はドコモ以外のものであってもほとんどが、NTTの有線でつながっているので、今のところは携帯電話が使われるほどNTT東西にもプラスになるという話を聞いた。 続きを読む

17卒 冬インターン 最終面接

2015年11月開催 / 5日 / 総合職
17卒 | 大阪教育大学 |
Q. 学生時代に頑張ったことを教えてください。
A. A.
現在、学生が主体となってプロジェクトを行う「学生チャレンジプロジェクト」というモノに参加しており、そこで「全く新しい憩いの場」をテーマとしたものをゼミ生5人で協力して行っております。 続きを読む
Q. インターンシップに参加した理由を教えてください。
A. A.
始めは通信というものは発達すれば発達するほどインターネットやWEBに人々が夢中になり人と人の距離が開いてしまうモノだと思っていました。しかし、実際はそうではなく人と人をつなげ、より近くに感じられるようにするモノであると気づきました。それに気づいたことでより通信について知り、通信の新たな可能性について考えたいと思ったからです。 続きを読む

17卒 冬インターン 最終面接

2015年11月開催 / 5日 / 総合職
17卒 | 名古屋大学大学院 |
Q. 自己PRをして下さい(かなり深掘り)
A. A.
まず1分間程度、自分のサークルでやってきたことをESの内容に沿って話した。ここでも必ず自分なりの挑戦を話すようにした。具体的には他の同じサークルではやらないことを、周りを巻き込んで挑戦したと話した。これに対して深掘りされたのち、最終的に「あなたは感情的に話すほうか、理路整然と話すほうか」と性格診断テストみたいなことを聞かれ、後者であると答えた。 続きを読む
Q. 1分程度でインターンで挑戦してみたいことを話してください
A. A.
ESにもあった内容であり、かつ1分程度でという条件があったので、ほとんどESに書いたことを話した。具体的には地域の観光事業にICT技術を活用させたいと話した。これに対して質問はなく、他の学生も同じように1分間話して終わった。 続きを読む
4件中4件表示