Img company noimage

株式会社国際協力銀行

  • 0.0
  • 口コミ投稿数(0件)
  • ES・体験記(11件)

株式会社国際協力銀行

社員・元社員による会社の評価

データがありません

社員の口コミ・評判

まだ株式会社国際協力銀行に関する口コミはありません。

みんなの就活速報

会員番号:379211さん / 文系

1次面接通過した学生の就活速報

投稿日:2018年6月12日
面接官/学生
面接官 3人学生 1人
連絡方法
電話即日
雰囲気
和やか
質問内容
その他なぜこの会社か?なぜこの業界か?学生時代のエピソード将来やりたいこと自己紹介(自己PR)

1次と最終だけだったが、行員の方々は本当に気さくで親身に話を聞いてくださった。

会員番号:379211さん / 文系

1次面接通過した学生の就活速報

投稿日:2018年6月11日
面接官/学生
面接官 1人学生 1人
連絡方法
電話即日
雰囲気
雑談に近い
質問内容
なぜこの会社か?なぜこの業界か?学生時代のエピソード自己紹介(自己PR)

ポンポン質問んが飛んできた

会員番号:284175さん / 文系

1次面接通過した学生の就活速報

投稿日:2018年5月24日
面接官/学生
面接官 2人学生 1人
連絡方法
電話即日
雰囲気
和やか
質問内容
なぜこの会社か?学生時代のエピソード将来やりたいこと自己紹介(自己PR)

面接は1:1が2つ。

会員番号:403926さん / 文系

1次面接通過した学生の就活速報

投稿日:2018年5月23日
面接官/学生
面接官 1人学生 1人
連絡方法
電話3日以内
雰囲気
和やか
質問内容
学生時代のエピソード自己紹介(自己PR)

和やかでした

会員番号:381437さん / 文系

1次面接通過した学生の就活速報

投稿日:2018年5月22日
面接官/学生
面接官 1人学生 1人
連絡方法
メール3日以内
雰囲気
和やか
質問内容
学生時代のエピソード

、、、、、

会員番号:414210さん / 文系

1次面接通過した学生の就活速報

投稿日:2018年5月21日
面接官/学生
面接官 1人学生 1人
連絡方法
連絡なし連絡なし
雰囲気
和やか
質問内容
なぜこの会社か?なぜこの業界か?学生時代のエピソード将来やりたいこと自己紹介(自己PR)

二次面接では自分がどういう役割だったのか細かく聞かれた。

会員番号:301276さん / 理系

1次面接通過した学生の就活速報

投稿日:2018年5月19日
面接官/学生
面接官 1人学生 1人
連絡方法
電話即日
雰囲気
厳し目
質問内容
学生時代のエピソード

、、、、、、

会員番号:404423さん / 文系

1次面接通過した学生の就活速報

投稿日:2018年5月14日
面接官/学生
面接官 1人学生 1人
連絡方法
メール3日以内
雰囲気
和やか
質問内容
学生時代のエピソード自己紹介(自己PR)

志望動機に触れなかった

会員番号:301276さん / 理系

1次面接通過した学生の就活速報

投稿日:2018年5月11日
面接官/学生
面接官 1人学生 1人
連絡方法
メール3日以内
雰囲気
和やか
質問内容
学生時代のエピソード

、、、、、

会員番号:295529さん / 文系

1次面接通過した学生の就活速報

投稿日:2018年2月3日
面接官/学生
面接官 1人学生 1人
連絡方法
メール3日以内
雰囲気
雑談に近い
質問内容
自己紹介(自己PR)

好印象だった

本選考情報(ES・体験記)

  • エントリーシート
  • 本選考体験記
Img square es

株式会社国際協力銀行

総合職
通過
Q. 学生時代に時間をかけて取り組み、やり遂げた重要な実績を2つ挙げ、各実績について、あなた個人が創意工夫した点を含めて600字以内で述べてください。
A. ◆実績1(全角入力50文字まで)海外経験:「世界を自分の目で見る」という目標のために実際に現地へ足を運び、「世界」を経験的に学ぶこと ◆実績2(全角入力50文字まで)語学力の向上:英検準1級・TOEIC800点突破のための勉強法としての短期留学への挑戦
Img square es

株式会社国際協力銀行

総合職
通過
Q. 学生時代に時間をかけて取り組み、やり遂げた重要な実績を2つあげ、_各実績(50字以内)について、あなた個人が創意工夫した点を含めて600字以内で述べてください。
A. 実績1 人間を取り巻く科学の現状を学びとり、医学を通して我々が生きる社会を考える。 実績1の内容 人間科学という広い分野の特徴を活かして入学当初は専門分野を絞らずに心理学、環境学など多様な分野を受講し、教養を高めるように意識していました。その後、副専攻として生命科学を専攻し、生物学や解剖学など基礎医学を積極的に受講し専門性を高めました。3年生からはリハビリテーション医学ゼミに所属し、臨床医学の現状と社会との関係性について考えてきました。 ゼミの臨床医学では癌、心臓疾患など生活習慣病を中心に治療法、検査法、診断法、リハビリテーションなどを学び、病院研修や診察のロールプレイング等も行い、医療の現状を理解しました。負担をより少なく疾患を治療することが現代科学の使命であり、医療に求められているのは疾患の治癒だけではないことも人間科学から学びました。寿命の延長は主に医科学の進歩によって可能となっていますが、医療の発展は決して「不老不死」では無く「健康で日常生活を送れるようにすること」であることが臨床医学を学んで深く理解できました。 集大成として卒業研究では乳幼児疾患の中から乳幼児突然死症候群(SIDS)に着目し、その病態解明や予防に向けた取り組み及びグリーフケアの実態に関して調査を行い、わが国に於ける本疾患の実態把握を行いました。更に、SIDSの認知度をより向上させるための取り組み、新たな予防対策、加えて育児環境の改善を始めとしたSIDSを取り巻く社会的環境要因についても調査しました。 実績2 チームの目標である【関東大会出場】を達成する為に、チーム力の向上を目指す 実績2 中学ソフトテニス部のコーチとして、技術指導や指示出しのみならず積極的にチームマネジメントを行いチーム力の向上に尽力し、コーチとして目標を達成させるために必要なことは的確な判断とチームを支える覚悟であると学びました。意識して取り組んだことが2つあります。 1つ目は選手と一緒に練習することです。朝練や放課後練、試合前の夜練などの練習には出来る限り時間を調整して参加するようにしています。試合だけベンチから指示を与えるだけのコーチではなく選手と同じ目線でテニスをすることによって、より詳しく選手の状態を理解しアドバイスを送ることが可能となり、的確な判断を下すことが出来ていると考えます。 2つ目は選手、監督、保護者各々の架け橋となることです。選手の技術力が高くても試合の応援やチームの雰囲気は非常に重要であると考えます。そのために自由闊達なチームにするように心がけています。特に監督と選手・保護者との関係では指導法の意見の相違などが生じることも多く、間に入り仲介することも多々あります。監督とは選手の状態や試合内容などの報告を逐一行い、連携を密にするようにしています。 以上の2つのことを中心にチームマネジメントを行った結果、選手の頑張りによって関東大会出場という目標をチームで達成することが出来、充実感でいっぱいでした。今後いかなる組織でもこのチームで学んだ目標達成に必要な考えや行動は応用できると考えます。

会社情報

基本データ
会社名 株式会社国際協力銀行
フリガナ コクサイキヨウリヨクギンコウ
URL http://www.jbic.go.jp
本社所在地 〒530-0057 大阪府大阪市北区曾根崎2丁目3-5 梅新第一生命ビルディング 10F
電話番号 06-6311-2520
FAX 06-6311-2529