株式会社村田製作所のロゴ写真

株式会社村田製作所

  • 4.2
  • 口コミ投稿数(636件)
  • ES・体験記(111件)

村田製作所のインターンTOP

村田製作所のインターン

インターンの評価

評点をもっと見る
総合評価
4.5
選考難易度
inactive
inactive
inactive
active
inactive
4.0
業界理解
inactive
inactive
inactive
inactive
active
5.0
会社理解
inactive
inactive
inactive
inactive
active
4.5
メンターのコミット
inactive
active
inactive
inactive
inactive
2.0
自己成長
inactive
inactive
inactive
active
inactive
4.0
内定直結度
inactive
inactive
active
inactive
inactive
3.0
学生のレベル
inactive
inactive
inactive
active
inactive
4.0
テーマの面白さ
inactive
inactive
inactive
inactive
active
4.5
総合評価
4.8
選考難易度
inactive
inactive
active
inactive
inactive
3.1
業界理解
inactive
inactive
inactive
active
inactive
3.8
会社理解
inactive
inactive
inactive
active
inactive
4.4
メンターのコミット
inactive
inactive
inactive
active
inactive
4.4
自己成長
inactive
inactive
inactive
active
inactive
4.1
内定直結度
inactive
inactive
inactive
active
inactive
3.9
学生のレベル
inactive
inactive
inactive
active
inactive
3.9
テーマの面白さ
inactive
inactive
inactive
active
inactive
4.3
総合評価
4.2
選考難易度
inactive
inactive
active
inactive
inactive
3.2
業界理解
inactive
inactive
inactive
active
inactive
3.8
会社理解
inactive
inactive
inactive
active
inactive
4.2
メンターのコミット
inactive
inactive
inactive
active
inactive
3.7
自己成長
inactive
inactive
active
inactive
inactive
3.2
内定直結度
inactive
inactive
active
inactive
inactive
3.3
学生のレベル
inactive
inactive
inactive
active
inactive
3.8
テーマの面白さ
inactive
inactive
inactive
active
inactive
4.0
総合評価
4.4
選考難易度
inactive
inactive
inactive
active
inactive
4.0
業界理解
inactive
inactive
inactive
active
inactive
4.0
会社理解
inactive
inactive
inactive
active
inactive
4.0
メンターのコミット
inactive
inactive
inactive
active
inactive
4.2
自己成長
inactive
inactive
inactive
active
inactive
4.2
内定直結度
inactive
inactive
inactive
active
inactive
3.6
学生のレベル
inactive
inactive
inactive
active
inactive
4.0
テーマの面白さ
inactive
inactive
inactive
active
inactive
4.4
総合評価
4.0
選考難易度
inactive
inactive
active
inactive
inactive
2.8
業界理解
inactive
inactive
inactive
active
inactive
3.9
会社理解
inactive
inactive
inactive
active
inactive
4.2
メンターのコミット
inactive
inactive
inactive
active
inactive
3.8
自己成長
inactive
inactive
active
inactive
inactive
3.2
内定直結度
inactive
inactive
inactive
active
inactive
3.9
学生のレベル
inactive
inactive
active
inactive
inactive
3.2
テーマの面白さ
inactive
inactive
inactive
active
inactive
3.7
総合評価
4.4
選考難易度
inactive
inactive
active
inactive
inactive
2.6
業界理解
inactive
inactive
inactive
inactive
active
4.8
会社理解
inactive
inactive
inactive
active
inactive
4.4
メンターのコミット
inactive
inactive
active
inactive
inactive
3.2
自己成長
inactive
inactive
inactive
active
inactive
4.0
内定直結度
inactive
inactive
inactive
active
inactive
3.6
学生のレベル
inactive
inactive
inactive
active
inactive
4.2
テーマの面白さ
inactive
inactive
inactive
active
inactive
4.0
総合評価
3.7
選考難易度
inactive
inactive
active
inactive
inactive
2.6
業界理解
inactive
inactive
inactive
active
inactive
3.6
会社理解
inactive
inactive
inactive
active
inactive
4.3
メンターのコミット
inactive
inactive
active
inactive
inactive
3.3
自己成長
inactive
inactive
inactive
active
inactive
4.0
内定直結度
inactive
inactive
active
inactive
inactive
3.1
学生のレベル
inactive
inactive
active
inactive
inactive
3.4
テーマの面白さ
inactive
inactive
inactive
active
inactive
3.7
総合評価
3.7
選考難易度
inactive
inactive
active
inactive
inactive
2.7
業界理解
inactive
inactive
active
inactive
inactive
3.3
会社理解
inactive
inactive
inactive
active
inactive
3.7
メンターのコミット
inactive
inactive
active
inactive
inactive
3.0
自己成長
inactive
inactive
active
inactive
inactive
3.0
内定直結度
active
inactive
inactive
inactive
inactive
1.3
学生のレベル
inactive
inactive
active
inactive
inactive
3.0
テーマの面白さ
inactive
inactive
inactive
active
inactive
3.7

インターンの内容(49件)

22卒 夏インターン

2020年8月開催 / 1日 / 事務系・技術系
22卒 | 東京工業大学大学院 | 男性
新規事業の展開/仮想ビジネスプラン

午前中に事業内容についての紹介やオンラインでの工場見学を行ない、午後からはグループディスカッションを中心に行ない社員さんからフィードバックをいただいた。最...

22卒 夏インターン

2020年9月開催 / 1日 / muRata Internship 羅針盤 DAY1 identity
22卒 | 岡山大学大学院 | 男性
今のムラタのビジネスがどのように立ち上がってきたのか/今後ムラタがどこへ向かっていくのかについてワークで体感

始めに軽く会社説明が行われ、今のムラタのビジネスがどのように立ち上がってきたのかについて開発、製造、営業が混合したグループで討論が行われた。その後、今後ム...

21卒 冬インターン

2020年2月開催 / 13日 / 実務実践型インターンシップ
21卒 | 岡山大学大学院 | 男性
ナノ粉体の新規評価手法の検討

初日は京都でオリエンテーションがあり、夜には人事部主催の懇親会がありました。初日夜に八日市の方へ移動して、2日目は事業所見学・受け入れ部署挨拶があり、続い...

19卒 夏インターン

2018年8月開催 / 14日 / 技術職
19卒 | 金沢大学大学院 | 男性
通信モジュールの評価

1日目は飲み会。2日目から部署に実際に入って製品の性能評価。インターン用に組まれた内容ではなく実際に部署に入ってインターン生でもできることをやらせてもらえるという感じだった。2週目も引き続き部署に入って仕事を体験する。退勤は定時を厳守された。最終日には部署の人の前で2週間のまとめプレゼンを行う。部署の方々はこまめに気にかけてくれて優しかった。

続きを読む

19卒 夏インターン

2018年9月開催 / 1日 / 総合職
19卒 | 東京大学大学院 | 男性
村田製作所の買収先として良いものはどれか

村田製作所の買収先として適切であると思うものを次の3つの中から選べ、というグループワークを実施した。その後、買収先と村田製作所が今後うまくいくためには、どれに力を入れればよいかを提案するグループワークを行った。

続きを読む

インターンに参加してみて

この企業に対する志望度は上がりましたか?

  • はい
  • いいえ
はい
22卒 / 岡山大学大学院 /
夏 / 1日 / muRata Internship 羅針盤 DAY1 identity

志望度が上がった理由は、新しいことにチャレンジする会社方針が私の性格と一致しており共感できる点が多かったです。また世界中の電気製品に内蔵される技術力や利益...

いいえ
21卒 / 長崎大学大学院 /
冬 / 1日 / 生産技術コース

生産技術コースのインターンシップに参加して、自分は生産技術などの製品をつくるサポートを行う仕事より、実際の製品の設計だったり開発を行う方が、面白そうだと感...

はい
19卒 / 東京大学大学院 /
夏 / 1日 / 総合職

村田製作所の企業理念、経営理念に賛同するとともに、村田製作所のこれまでの歴史や今後に成長について詳しく聞くことが出来たため、志望度は上がった。コンデンサというコア技術に則ったグループワークであったため、技術力の高さも伺いしることが出来たと感じる。

続きを読む
はい
19卒 / 金沢大学大学院 /
夏 / 14日 / 技術職

自分に似た雰囲気、進路の人が多いと感じたために志望度があがった。仕事内容もインターンシップで体験した限りではあるが、この内容でお金をもらって社会に貢献できるなら幸せなことだと感じることができたため、このままこの会社で働きたいと思うようになった。

続きを読む
はい
21卒 / 岡山大学大学院 /
冬 / 13日 / 実務実践型インターンシップ

大企業で、今後の技術変革(IoTやAIなど)を考えると、事業内容はかなり将来性のあるポートフォリオになっていると思ったからです。ただし社員の中には「将来安...

閉じる もっと見る

インターンへの参加が本選考に有利になると思いましたか?

  • はい
  • いいえ
はい
19卒 / 金沢大学大学院 /
夏 / 14日 / 技術職

インターンシップ参加者向けの案内が何件かあった。また会社も2週間という時間と経費をかけてインターンシップを行っているので、インターン中にミスを犯していなければインターンシップに参加していない人よりも有利であると思う。実際に内定者にはインターンシップ参加社が非常に多いと感じた。

続きを読む
いいえ
19卒 / 東京大学大学院 /
夏 / 1日 / 総合職

インターンシップに参加した学生のうち、限定的に社員との懇親会に呼ばれていたため、インターンシップの中でもふるいにかけられた学生は存在すると感じた。しかし、懇親会への参加が本選考に有利に働くとは思わなかった。

続きを読む
はい
21卒 / 岡山大学大学院 /
冬 / 13日 / 実務実践型インターンシップ

オリエンテーション時に本選考についての説明がありました。その中で、本インターンに参加した学生は本選考で優遇されるような話がありました。具体的な内容は伏せて...

いいえ
22卒 / 岡山大学大学院 /
夏 / 1日 / muRata Internship 羅針盤 DAY1 identity

今回のインターシップは早期選考などには直結しておらず、インターンが有利に働くことはなさそうでした。しかし、もしかすると何人か選ばれた人には今後の案内が来て...

はい
22卒 / 東京工業大学大学院 /
夏 / 1日 / 事務系・技術系

研究室の先輩が昨年同じように次の選考に呼ばれ、早期選考への招待がきたことから、今年も同様に本選考に有利なるようなものがあると考えている。実際に次の選考に進...

閉じる もっと見る

参加後の就職にどう影響したか

19卒 / 東京大学大学院 /
夏 / 1日 / 総合職
参加前
インターン参加前の志望企業・志望業界を教えて下さい。

ITかメーカーかを迷っていた。インターンシップを通じて、自分の性に合うのはどちらの業界であるのかを見極めようと思い、インターンシップに参加した。メーカーでは部品メーカーを見ており、あまりBtoC向けが強い企業に対しては魅力を感じなかった。ITに対しても然りで、BtoC向けに事業を展開している企業を見ていた。

続きを読む
参加後
インターンへの参加がその後の就職活動へどう影響しましたか?

ITとメーカーどちらのインターンシップも経験したが、自分の性に合うのはメーカーであると感じた。理由としては、自分でものづくりをして、それが社会に貢献している姿を想像しやすいのはメーカーであると感じたためである。影響力の大きい仕事にも魅力を感じたため、ベンチャー企業よりも大企業に入りたいと考える様になった。

続きを読む
19卒 / 金沢大学大学院 /
夏 / 14日 / 技術職
参加前
インターン参加前の志望企業・志望業界を教えて下さい。

インターン参加前は特に業界は決めておらず、なんとなく電子部品業界を選んだ。インターンに参加してみて今までの自分の経歴が役立てられると感じ、実際に志望するようになった。逆に言えば、このインターンで業界選択をしてしまったと感じているので、もっと別の業界をみることがなくなってしまったのはもったいないと感じることもある。

続きを読む
参加後
インターンへの参加がその後の就職活動へどう影響しましたか?

なんとなくで選んだ会社のインターンシップであったが、安心して働くことが予想できたために、そのまま第一志望にしてしまった。自分のやりたいことや向き不向きなど悩むことも必要ではあるが、悩みすぎないことも必要であると思う。逆に自分は悩む時間が短かったのではないかと少し反省する必要がある。インターン前に興味ある業界をピックアップしておくとよい。

続きを読む
21卒 / 岡山大学大学院 /
冬 / 13日 / 実務実践型インターンシップ
参加前
インターン参加前の志望企業・志望業界を教えて下さい。

夏のインターンでエネルギー系・化学系の企業のインターンに参加しました。入社前にいろんな業界を知りたいと考えて、積極的にインターンに参加してきました。村田製...

参加後
インターンへの参加がその後の就職活動へどう影響しましたか?

電子部品系もいいなと感じるようになりました。化学工学出身の自分が活躍できるフィールドがちゃんと存在することを知ることができました。このことを踏まえて、自分...

22卒 / 岡山大学大学院 /
夏 / 1日 / muRata Internship 羅針盤 DAY1 identity
参加前
インターン参加前の志望企業・志望業界を教えて下さい。

電子部品業界を中心に企業を探していました。また大企業志向で将来は世界で活躍したいと思っていました。大企業は会社が合わないと感じた場合など転職や起業もしやす...

参加後
インターンへの参加がその後の就職活動へどう影響しましたか?

このインターンシップを通して、特に印象的な言葉であった、利益だけを求めることなく社会に貢献するという社是がただの企業ではなく社会全体を支えていると感じ、そ...

閉じる もっと見る

インターン当日の感想

参加して学んだこと

19卒 / 東京大学大学院 /
夏 / 1日 / 総合職

村田製作所の企業理念や経営理念を盛り込んだ内容であったため、自分が村田製作所とマッチするかどうかを考える判断材料となったと考えられる。それぞれの企業の理念を把握した上でのエントリーシートの作成や面接の準備をすることは有効であると改めて感じた。

続きを読む
19卒 / 金沢大学大学院 /
夏 / 14日 / 技術職

会社の雰囲気、実際の業務内容を実際に自分の目で見て学べた。「百聞は一見にしかず」だと思う。顧客の要求や締め切りに追われていることもどの業界でも一緒なのだなという感想ももった。残業もある部署はあることを学べた。インターンシップは参加した方が良い。

続きを読む
21卒 / 岡山大学大学院 /
冬 / 13日 / 実務実践型インターンシップ

大企業になればなるほど、自分が担当する分野が細分化されていることを感じました。製造業であるため、労働災害防止にかなり力を入れていると感じました。村田製作所...

22卒 / 岡山大学大学院 /
夏 / 1日 / muRata Internship 羅針盤 DAY1 identity

インターシップを通して既存の製品にないものを、どのようなプロセスで生み出していくのか、またどのように専門外の人とコミュニケーションをとっていくのかについて...

閉じる もっと見る

参加して大変だったこと

19卒 / 東京大学大学院 /
夏 / 1日 / 総合職

1dayインターンでやる分量としては多いと感じた。時間がきつきつであるため、頭を使い続けなければならず、正直もう少し分量を少ない方に調節するべきであると感じた。文系3人と理系3人の6人でのグループワークを行ったが、伝わらないことがあって苦労した。

続きを読む
19卒 / 金沢大学大学院 /
夏 / 14日 / 技術職

製品の予備知識やプログラミング能力がもっとあれば役立てられるのにと思う場面が多々あった。社員の方の時間をとって教えてくださる時間がたくさんあったためなくても問題はないが、やはりあるに超したことはない。任された仕事内容自体はそれほど難しいものではなかった。

続きを読む
21卒 / 岡山大学大学院 /
冬 / 13日 / 実務実践型インターンシップ

苦労したことは、他の学生とあまり交流をもてないということです。私の場合、1つの受け入れ部署につき学生が一人配属されます。業務中、周囲は社員ばかりで少し寂し...

22卒 / 岡山大学大学院 /
夏 / 1日 / muRata Internship 羅針盤 DAY1 identity

開発、製造、営業が混合されたチームで討論が行われたため、自分の考えを伝えるのに苦労した。また、討論時間が少なく、限られた時間内でみんなの意見をまとめるのに...

閉じる もっと見る

印象的なフィードバック

19卒 / 東京大学大学院 /
夏 / 1日 / 総合職

村田製作所の企業理念や経営理念を考えた上で、グループワークに望むとスムーズに進められるとフィードバックされた。顧客の真のニーズを捉えることが一番大事であり、言われたことをそのまま実行するだけでは行けない。

続きを読む
19卒 / 金沢大学大学院 /
夏 / 14日 / 技術職

大学の研究室に似たところという印象をもったが、その一方で決定的な違いとして、「利益になるか」ということを気にしていた。会社なので儲けを出すことが大事ということを身をもって学んだ。

続きを読む
21卒 / 岡山大学大学院 /
冬 / 13日 / 実務実践型インターンシップ

しっかり自分の頭で考えて実験・解析ができていると評価いただきました。後半の実験構成はほとんど私の提案となり、仮定の裏付けもしっかり取れたのでいろんな方から...

22卒 / 岡山大学大学院 /
夏 / 1日 / muRata Internship 羅針盤 DAY1 identity

新規製品の研究は非常にリスクも大きくなかなか手をだしずらいが、ムラタはこれまでの知識や顧客を持っているからこそチャレンジできる環境があるといわれたのが印象...

閉じる もっと見る

選考対策

直近のインターン選考フロー

インターンES

21卒 インターンES

一般職
21卒 | 同志社大学大学院 | 男性
Q. 3dayインターンシップの志望動機をお教えください。(200字)
A. A. 研究で培った生産設備へのアイドリングストップ(IS)搭載による省電力化の知見を活用し、「多方面で価値を創り出す技術」を追求したいためです。私はMLCC等の電子部品の大量生産や、一貫生産体制を支える生産設備に対して、IS搭載で実現される電力供給の最適化により、貴社の...

20卒 インターンES

技術職
20卒 | 大阪府立大学大学院 | 男性
Q. 応募動機、学びたいこと(200文字)
A. A. 学生時代、海外テーマパークで最新技術を駆使したエンターテイメントに感動したという経験から、革新的な最新技術を支える電子部品の研究開発という仕事に興味をもちました。 貴社のインターンシップでは現場の技術者の視点や課題解決のプロセスを体験できることを知り、ぜひ体験した...

20卒 インターンES

技術系総合職
20卒 | 神戸大学大学院 | 男性
Q. ■大学における研究テーマとその内容についてお書きください。(300字)
A. A. 私の研究テーマは、○○です。〇〇の内、その一方のみを○○すると〇〇が得られます。この反応プロセスは○○の製造に重要な役割を果たしています。しかし、従来反応器では○○なため、○○が困難となり○○の収率が低くなってしまいます。そこで、○○を適用しました。○○とは、○○...

18卒 インターンES

技術職
18卒 | 同志社大学大学院 | 男性
Q. 研究概要(800字)
A. A.
私の研究は,人の脳活動から心理状態を評価することです.近年,人々のライフスタイルの多様化により,製品開発において各々の心理状態に適したモノづくりが必要とされています.そこで研究の将来目標として一人一人の心理状態に適した製品を開発したいと考えています.このような製品の開発には,情動(心理状態)の評価が必要です.一般的に情動を評価するにあたり,自己申告による主観評価が用いられています.しかし,主観評価は定性的な評価である点,評価に時間がかかる点,言語の理解度によって解釈が異なる点などが問題点として指摘されています.そこで情動の基である脳活動に着目し,定量的な情動の評価手法の確立を目指しています.これまでは人の快・不快感などの情動は脳深部に現れると言われていることから,脳深部の測定が可能なMRIを用い,人の脳活動から心理状態を評価してきました.ところがMRIの計測には特殊な環境が必要であるため,実生活の空間で計測できないという問題点があります.将来目標を実現させるために,実生活の空間で計測可能機器として脳波計が挙げられます.更に脳波計はMRIと比べ時間分解能が高いという利点があります.近年,多チャンネルの脳波計及びソフトウェア技術の進歩により,脳波計での脳深部活動の推定は実現の可能性が出てきたものの,脳波計は今日でも主にてんかんの診断に使われる場合がほとんどであり,脳深部活動の研究においては未開拓のままです.そこでMRIでの深部活動結果と脳波計での深部活動推定結果を比較し脳波計の深部活動推定精度の検証を行うことで,仮にMRIのデータと相関があれば,脳波計だけで実空間で測定可能となると考えています.現在は,人に感情喚起画像を提示した時の脳の活動を,MRIと脳波計で同時計測し,得られた脳波データから脳の活動領域の推定の精度を検証しています. 続きを読む

17卒 インターンES

総合職
17卒 | 東京工業大学大学院 | 男性
Q. インターンシップへの参加動機(当社に限らず)についてお書きください。(200字以内)
A. A.
来年度の就職活動を控えた現在、業界に対する知識を蓄えるとともに、入社してからのイメージを掴み、自身のキャリアビジョンを明確に定める時期に来ていると思います。そのため、私はインターンシップを通して、実際に業務の流れを体験することにより業界の特性を把握したいと考えております。また、社員の方々との懇親会で直接話を伺うことによって、職場での業務内容や現場での情熱を感じたいと思っております。 続きを読む

インターン面接

21卒 冬インターン 最終面接

2020年2月開催 / 13日 / 実務実践型インターンシップ
21卒 | 岡山大学大学院 | 男性
Q. 志望理由を教えてください。
A. 志望理由は2つあります。1つ目は、セラミックコンデンサーを始めとし、高い技術力で他社が真似できない部品を数多くつくり、部品から世界を変えていくスローガンに魅力を感じたからです。2つ目は、私と同研究室の先輩が村田製作所に内定をもらっており、普段から村田製作所の魅力や事業内容に関する話を伺う中で、興味が湧いたからです。

21卒 夏インターン 最終面接

2019年8月開催 / 14日 / 技術職 実習型インターンシップ
21卒 | 同志社大学 | 男性
Q. 数あるテーマの中からあなたが希望したテーマの志望動機を教えて下さい
A. 私は、SIの将来性を危ぶむ考えに同意していますが、将来はSEとして働きたいと考えております。そこで社内SEという職種に目を付けて調べていたところ、将来人を支えるシステムを提供したいと考えている私の就職活動の軸に対して非常に合う部分を感じました。 御社は一貫生産体制を強みにしており、その生産体制を支えることが、御社で働く人だけでなく御社の部品を扱う人も支えることにつながると考え御社に魅力を感...

21卒 夏インターン 最終面接

2019年8月開催 / 10日 / 総合職
21卒 | 徳島大学大学院 | 男性
Q. 会社を知ったきっかけは何ですか。
A. 関西出身であるため、元々企業名は知っていた。大学に入学してからは電気電子について学ぶうちに、関連する業界でも大きく有名な企業として知るようになった。また、大学院で電子回路について学ぶうちに、業界内でもトップクラスの売上を誇り、世界トップシェアの製品を数多く生み出している最先端の技術を持つ企業であるということを知った。

19卒 夏インターン 最終面接

2018年8月開催 / 14日 / 技術職
19卒 | 金沢大学大学院 | 男性
Q. 勉強以外で学生時代打ち込んだこと
A. マイナースポーツをやっていたのでそのスポーツの説明と日頃どういうことをしているのか(合宿運営の経験とか)を説明した。楽しそうに話を聞いてくれて話しやすかった。おそらく話す中身はあまり関係なく、わかるように説明しているか等を見ていると思う。わかりやすく説明する練習をしたほうが良い。仕事に使えそうなことを説明したほうが良かった。しなかった。

19卒 夏インターン 最終面接

2017年9月開催 / 14日 / 総合職
19卒 | 神戸大学大学院 | 男性
Q. 研究において何に苦労しましたか
A. 実験全体の系の作成に関してですね.私は「乾燥・焼成中の塗布膜の被膜形成過程に関する研究」を行っております.この研究では非接触な手法は私の研究グループ内では扱っていませんでした.そこで私は学会に自主的に参加することで自身の知見を少しでも広げ,また担当教授だけでなく化学工学以外の分野の人達とミーティングの場を設け、意見交換をしているとき、医学分野でレーザー血流計測に使う散乱光技術を塗布膜の被膜形...