帝人株式会社のロゴ写真

帝人株式会社

  • 3.8
  • 口コミ投稿数(345件)
  • ES・体験記(89件)

帝人の本選考のエントリーシート

本選考の通過エントリーシート

60件中1〜20件表示
男性 21卒 | 立命館大学 | 男性
Q. ①当社を知ったきっかけ 100文字
A. A. 人々の健康を近くで支えられる企業を探しているうちに、友人に人事の方が面白い人だったという話を聞き、貴社を知りました。中でも患者さんに間接的に影響を与えられるMR職に惹かれました。
Q. ②大学時代に最も力を入れたこと 100文字
A. A. 私は好奇心から誘いを承諾することに注力しました。具体的にはフルマラソンやピアノ、ライブなど様々です。社会に出て今度は私が笑顔を与える側にまわり、恩返しをしたいと考えるきっかけになりました。
Q. ③就活における企業選びの軸やポイント 100文字
A. A. 私含め皆が笑顔でいられるかどうかです。理由は単純で、笑顔でいられるときこそ自分の強みが発揮でき、人々を幸せにできるからです。私は常に与える側になりたい。よって笑顔の下支えを就活の軸としています。
Q. 20年後、人々の健康のために、自身が実現していたいことや関わっていたいことを自由に書いてください。(現在の帝人の製品やサービス、ビジネスモデルにとらわれる必要はありません) 500文字
A. A. より医療全体に良い影響を与えられるような大きい仕事に携わり、グローバルに活躍できる人材になりたいと考えています。具体的には、国内外におけるMRの営業責任者やマーケティングに携わることで担当地域の医療水準を向上させ、人々の健康から笑顔を下支えを実現したいです。次にお...
閉じる 質問と回答をもっと見る
男性 21卒 | 青山学院大学大学院 | 男性
Q. 研究活動以外で、学生生活で最も打ち込んだことを100文字以内で具体的にご記入ください。
A. A. 私はサークルのイベントの1つである学園祭でお店のリーダーとして貢献しました。ライバル店に勝つために、はちみつ味のフランクフルトという珍しい商品を考案し、販売した結果、多くの方々に好評して頂きました。
Q. 帝人株式会社を志望した理由を100文字以内でご記入ください。
A. A. 私は「革新的なモノづくり」を通じて、多くの人々の生活をより豊かにしたいという想いがあります。貴社のグローバルかつ幅広い事業領域で私の想いが「モノ」を介して、世界中に伝わり、社会に大きく貢献したいです。
Q. あなたのパーソナリティを長所、短所を踏まえ、簡潔に30文字以内でご記入ください。
A. A. 諦めが悪いが、目標達成に貢献できる冷静沈着な活動家
閉じる 質問と回答をもっと見る
男性 21卒 | 早稲田大学 | 女性
Q. 自分の長所 50字以内
A. A. 最後までやりぬくところ
Q. 自分の短所 50字以内
A. A. 楽観的なところ
Q. 当社を知ったきっかけ、もしくは興味をもった理由を教えてください。 100字以内
A. A. ものづくりを通じ、人びとの暮らしやすさに貢献できる化学メーカーを志望しており、企業研究を進めていくなかで貴社を知りました。
Q. 大学時代に最も力を入れたことを教えてください。 100字以内
A. A. テニスサークルの幹部としてサークル運営をしたことです。練習リーダーをしていた私は、テニス初心者から上級者までの60名のサークル員にとって満足感の高いサークルをつくることに注力してきました。
Q. 就職活動における企業選びの軸やポイントを教えてください。 100字以内
A. A. ものづくりを通じ、人びとへ快適さを提供すること、当事者意識をもって働くことです。文系の自分でもものづくりを通して人びとの暮らしに貢献することで、それが仕事のモチベーションにもなると思っております。
閉じる 質問と回答をもっと見る
男性 21卒 | 新潟大学 | 男性
Q. 当社を知ったきっかけ、もしくは興味を持った理由を教えてください。
A. A. キヤノンやニコンなど、精密機器や医療機器のメーカーのインターンシップに参加してきて、その業界に興味を持ち、業界研究をしていく中で知りました。医療機器以外にも身近な製品を多く作っており興味が湧きました。
Q. 大学時代に最も力を入れたことを教えてください。
A. A. 大学時代に最も力を入れたことは部活動です。中学、高校と柔道を続けており、県大会ベスト8が最高成績だったため、大学では全国大会に出場したいと思い、大学でも柔道を続けることを決意しました。
Q. 就職活動における企業選びの軸やポイントを教えてください。
A. A. 私は困難なことにも挑戦を続け成長し続けたいと思っており、ただ大きな企業・有名な企業というだけでなく、その中でもトップを目指す・さらに成長を続けていくといった企業に非常に魅力を感じています。
閉じる 質問と回答をもっと見る

21卒 本選考ES

事務系総合職
男性 21卒 | 神戸大学大学院 | 男性
Q. 自分の長所
A. A. 相手の特徴を捉えて最適な提案が出来る「戦略構築力」
Q. 自分の短所
A. A. 緊急事態における対応力
Q. 1.当社を知ったきっかけ、もしくは興味を持った理由を教えてください。100文字以下
A. A. 根幹の部分で様々なメーカーの製品に付加価値を創出できる素材化学業界に興味を持ちました。その中でも貴社は機能材、IT、医療といった現代に必要される3分野において世界屈指の技術力を誇るため志望しました。
Q. 2.大学時代に最も力を入れたことを教えてください。 100文字以下
A. A. 合唱部において、テノール内の練習メニューをアレンジしました。全体練習中に部員の集中力が切れることが蔓延化していました。原因を基礎体力のなさと特定し、「発声練習」の比重を増やしました。
Q. 3.就職活動における企業選びの軸やポイントを教えてください。 100文字以下
A. A. 私は「独自のアイデアで他者の可能性を引き出したい」という信念があります。その上で、1.シェアの高い製品、事業を持っている。2.幅広い業務を担当できる。この二つを軸にしております。
閉じる 質問と回答をもっと見る
男性 21卒 | 関西学院大学 | 男性
Q. 当社を知ったきっかけ、もしくは興味を持った理由を教えてください(100字以内)
A. A. 日本の高い技術力を世界にもたらせる環境、多様なものづくりを支えることが可能である環境を探していた。不可能を可能にしてきた技術力と、世界のモノを支える素材の魅力に惹かれ、貴社に興味を抱くようになった。
Q. 大学時代に最も力を入れたことを教えてください。 (100字以内)
A. A. 米への留学中に携わった日本語・文化を現地大学生に発信する団体での活動である。自身は企画業務を担い、魅力的なイベント作りに奔走する中で、慢性的な参加者不足にあった団体を1年間で人気団体へと変貌させた。
Q. 就職活動における企業選びの軸やポイントを教えてください。 (100字以内)
A. A. 「日本を発信する中で、世界に豊かさをもたらす男」という理想像を実現できる環境か、を最重要視する。 加えて、多様な人々との出会いが存在するか、チーム力をもって目標に向かっていけるかという点も重視する。
Q. 長所
A. A. チームの核となり、内部からチームの推進力となれる部分。
Q. 短所
A. A. たくさんのすべきことが舞い込むと、余裕を失い、冷静さを欠いてしまう部分。
閉じる 質問と回答をもっと見る
男性 21卒 | 山口大学 | 男性
Q. 自分の長所
A. A. チーム内で、その場に合った身の振り方ができる「カメレオン特性」。
Q. 自分の短所
A. A. 周りが助けを求めた際に積極的に行動しすぎるあまり、自分を犠牲にしてしまうことです。
Q. 当社を知ったきっかけ、もしくは興味を持った理由を教えてください。
A. A. 私は医療に関わる仕事がしたいと考えています。特に、現代において在宅医療が発展が望まれる分野と考えて企業研究していたところ、貴社が様々な事業を持っているという強みを活かせると考え、エントリー致しました。
Q. 大学時代に最も力を入れたことを教えてください。
A. A. 3年半働いたカフェで、売上が激減したコーヒー豆の売上向上に貢献したことです。コーヒーの勉強と試飲活動により、顧客の好みの違いに合わせた提案をすることで売上を10袋から30袋まで伸ばすことができました。
Q. 就職活動における企業選びの軸やポイントを教えてください。
A. A. 価値を生み出し社会に貢献できることです。移り変わりの早い時代の中でニーズを見極め、現状に満足せず社会に求められるものを提供し、働くことを通して関わる人々を笑顔にしたいと考えます。
閉じる 質問と回答をもっと見る
男性 21卒 | 関西学院大学 | 男性
Q. 当社を知ったきっかけ、もしくは興味を持った理由を教えてください
A. A. 大学の先輩からの紹介で貴社に興味を持ちました。SDG3を推進する国連人口基金でインターンをした経験から、貴社のヘルスケア事業に特に関心を持っています。
Q. 学生時代に力を入れたこと
A. A. 国連ユースボランティア派遣への選考に最も力を入れました。応募当時、英語力や知識面など不十分な要素が多くありましたが、4か月でTOEICの点数を100点向上させ、最終的に選考合格に至りました。
Q. 就職活動における企業選びの軸やポイント
A. A. 「大学時代の経験を最大限に活かすこと」が、就職活動における企業選びの軸やポイントです。
閉じる 質問と回答をもっと見る

21卒 本選考ES

総合職(技術系)
男性 21卒 | 九州大学大学院 | 男性
Q. 研究概要(400文字以内)
A. A. 私は「ジアリールエテンのフォトクロミズムに基づくカーボンナノチューブの近赤外発光スイッチング」をテーマに研究を行っております。一次元炭素ナノ材料であるカーボンナノチューブ(CNT)は、様々な優れた特性を有していることから、次世代の材料としての応用が期待されています...
Q. 学生生活で最も打ち込んだこと(100文字以内)
A. A. 私はハンドボールに最も打ち込みました。私は、部活内で唯一の初心者でしたが、上手な人のプレーを吸収して真似ることで上達しました。そしてレギュラーを勝ち取り、2度のリーグ優勝に大きく貢献しました。
Q. 志望理由(100文字以内)
A. A.  貴社の研究開発戦略に惹かれたからです。貴社は従来の素材提供型から課題解決型のカンパニーへと転換されようとしています。私は、市場のニーズを敏感に感じ取り、新たな高機能素材を開発したいと考えています。
閉じる 質問と回答をもっと見る
男性 20卒 | 京都大学大学院 | 女性
Q. 学業において、得意な科目・苦手な科目、それぞれについて教えてください。
A. A.
私が得意とする科目は、生化学である。生化学は、生命現象を化学的に理解しようとする科目であり、当事者として、自分の体で起こっていることを知ることができるという理由で興味を持った。どのように、自分の体で反応が起こっているのかを想像しながら学ぶことができ、非常に楽しい勉強であった。この学問は覚えることも多いが、その知識から新たな生命現象を推測し、実験により明らかにするためにある。この科目を勉強することで、現在の研究活動をスムーズに進めることができた。苦手な科目は、有機化学である。有機化合物の製法、構造についての学問であり、苦手意識を持ったのは、大学1回生のときだ。化合物の製法や構造を理解しても、実際の機能は分からないと思い、興味がわかなかったからである。私は生化学系の研究をしているが、そこでは、有機化学の知識が必要になることが少なくない。自分の身近ではない学問に興味を持たず、苦手意識を持ってしまうことは、勿体ないと実感した。 続きを読む
Q. 就職活動における企業選びのポイントや軸について教えてください。
A. A.
人や社会の成長に貢献できること、さまざまな難しいことに挑戦できるということである。前者について、私はアルバイトで新人教育に関わり、相手の取り巻く環境の一部として成長に貢献することにやりがいを感じてきたためそのように考える。後者について、私は今まで常に挑戦的な選択肢を選び続けてきた。そのような中で出会った人が素晴らしい人ばかりだったため、これからの人生においても挑戦し続けたいと思ったからである。 続きを読む

20卒 本選考ES

技術系総合職
男性 20卒 | 東京大学大学院 | 男性
Q. あなたのパーソナリティを長所、短所を踏まえ、簡潔に30文字以内でご記入ください。
A. A.
私は好奇心が強い一方、一つの事に集中し過ぎる時があります。 続きを読む
Q. 研究活動以外で、学生生活で最も打ち込んだことを100文字以内で具体的にご記入ください。
A. A.
私は大学生の時に部活動の活動に最も打ち込みました。 未経験で体育会の部活に入部した私にとって経験者との実力の差は明らかでしたが、学業と両立しつつ練習や試合、トレーニングに取り組みました。 続きを読む
Q. 帝人株式会社を志望した理由を100文字以内でご記入ください。
A. A.
新たな素材を生み出すことで社会をより豊かに変えたい、という私の希望を、貴社でなら実現できると考え貴社を志望します。なぜなら貴社は、炭素繊維を初めとする高機能材料を多く開発されているからです。 続きを読む
閉じる 質問と回答をもっと見る
男性 20卒 | 九州大学大学院 | 男性
Q. 学業において、得意な科目・苦手な科目、それぞれについて教えてください。(600字以内)
A. A.
私が得意な科目は生物や化学の分野です。 何故ならば、最も興味がある分野だからです。「好きこそものの上手なれ」の精神で頑張ってきました。生物・化学の中でも、興味があり得意であったのは魚類に関する科目です。講義だけでなく、研究活動を通じても学んできました。 研究では、「マイワシの濾胞刺激ホルモン(GTH)の機能解明」というテーマで魚類生理学を学んでいます。 この研究では、マイワシの繁殖のメカニズムを解明することを目標にしています。 マイワシは水産資源上最重要な魚ですが、その数は大きく増減しており、適切に管理することが求められています。 そしてそのためには、マイワシの生態、特に生殖のメカニズムを明らかにすることが必要です。 魚類の生殖は、脳などからそれぞれ分泌される、いくつかのホルモンによって制御されています。そのうちの一つである生殖腺刺激ホルモン(GTH)は、多くの魚種で報告されていますが、マイワシでは、GTHに関する報告は皆無です。 そこで、マイワシにおけるGTHの探索、そしてその機能の解明を行っています。 一方苦手な科目は、数学や物理です。 何故ならば解答に至るまでに細かい計算が必要であり、ミスが多くなってしまうからです。 私は、凡ミスが多く、詰めが甘いのが欠点でした。そこで、回答の際は見直しを数回する習慣をつけ改善しました。見直しをする習慣は学業だけでなく様々な場面で役立っています。 続きを読む
Q. 就職活動における企業選びのポイントや軸について教えてください。(200字以内)
A. A.
「モノづくりを通じて広く社会を支え、変化させる影響力のある企業」です。 私は、業務用食材の物流倉庫でのアルバイト経験から、陰ながら社会を支える仕事に就きたいと考えるようになりました。 そして、モノづくりを通じて陰ながら社会を支えることのできるBtoBメーカーを志望しています。その中でも、様々な分野で産業を支え、そして技術力で社会をより良くすることのできる素材メーカーに魅力を感じています。 続きを読む
男性 20卒 | 関西大学大学院 | 男性
Q. あなたの得意科目と苦手な科目についてそれぞれ述べてください(600)
A. A.
得意な科目は「高分子化学」です。興味のきっかけは、研究を通して、1つの高分子材料が組み合わせ次第で、繊維や医療、電子産業等、社会の根幹を支える可能性を感じたことです。その中でも私は、主に生体材料に使われる蟹由来の「天然高分子」を電気二重層コンデンサ内の「電池材料」に応用する新規素材開発を行っています。目的は、コンデンサ内の電解液が漏液・引火する問題点の改善、且つ従来と同様の電気特性を示すゲル電解質を開発することでした。私は、ゲル電解質を物性のマクロな視点と分子内構造のミクロな視点からゲル作製工程や条件を創意工夫することで、新規ゲル電解質の開発に成功しました。この経験を貴社でも、多視点の分析からお客様の課題を解決する事に活かしたいと考えています。苦手な科目は「英語」です。身近に溢れる化学とは違い、英語は使用する頻度が少なく、勉強不足に繋がったことが原因だと思います。一方、アパレル販売員やボランティア経験から、様々な人の価値観に触れたい想いがあり、漠然と海外に興味はありました。そこで、語学力向上の為に挑戦したのが「留学生との共同研究」でした。「自己紹介レベル」の私は、文化と言語の壁に苦戦を強いられましたが、絶対に日本語を使わないと決め、2年間努力を継続しました。今では日常会話に支障が無く、成長を感じております。この経験から、明確に海外への関心が高まり、今年は短期留学を計画しております。 続きを読む
Q. 就活を選ぶ際のポイントや軸
A. A.
「世界中の人々に、時代にあった素材価値の提供で感動と驚きを届ける」事が私の夢です。そのためには1.「素材価値を提供できる多種多様な事業」2.「将来グローバルに挑戦できる環境」3.「ESGとSDGsへの取り組む」この3つの環境が必要だと考え、就職活動を続けています。貴社の1.「素材、ヘルスケア、ITの融合から、常に新価値をグローバルに提供できるチャンス」、2.「社会課題に目を向けたCSR経営」の環境を志望しております。 続きを読む

20卒 本選考ES

事務系総合職
男性 20卒 | 法政大学 | 男性
Q. あなたの企業選びの基準について教えてください(200字以内)
A. A.
私は、自分の能力を発揮したうえで組織に貢献することと、日本の経済の発展に貢献することの2点を軸としており、素材メーカーこそが軸に合致すると考えています。第一に、私の長所は情報収集能力ですが、素材業界は最終製品の市場動向に見通しを立てて意思決定を行う必要があり、この能力が発揮できると考えました。また、日本の主要産業である輸送機器や電機分野を素材から支えていることから、後者の軸に合致すると考えました。 続きを読む
Q. 学問の得意分野と不得意分野について教えてください(600字以内)
A. A.
学問における得意分野は経営戦略論と財務会計分野です。ゼミでこれらの分野を専攻しており、論文を通じて学を深めました。この取り組みではJR東日本を題材にして、多角化戦略と企業価値の関係性を検討しました。ここでは、JR東日本の有価証券報告書やIR資料、文献や記事、業界レポートなどの情報を収集し、ゼミで培った理論にこれらを落とし込んで整理する工夫をしました。具体的には、JR東日本の各事業の年度別の経営成績や財務状況を示す数値を整理し、会計学の勉強で知った財務指標に分解しました。そして、鉄道業よりも流通業のほうが投資の回収速度が速いことから、流通業の拡大によって全体の回収速度が上がったと仮説を立て、資金流動性を調査しました。これを皮切りに論理関係をつなげ、最終的に論文を完成させることができました。以上のように、得意分野を論文という形で磨き上げてきました。 一方で、経営学部の授業の中でも、マーケティングデザインや商品企画といった分野は苦手としていました。パワーポイントのデザインや、広告チラシのデザインなど、より視聴者の目を引きやすいものを検討しましたが、アート的な素養が乏しく、必要最小限の情報しかない地味な作品しか生み出すことができませんでした。以上から、私は分析的思考を得意とする一方で、感性を駆使した柔軟な発想には難があると考えています。 続きを読む
男性 19卒 | 成城大学 | 男性
Q. 学業と課外活動で取り組んだことを教えて下さい。
A. A.
まず学業において現在、通っている大学には指定校で入学をしたので他の学生と比べて大きな学力差がありました。また、高校3年生の時に両親が離婚をして母子家庭となりました。そのため、他の学生に負けたくない、親に楽をさせたいという想いから入学時に学費が支給される特待生選出を目標に掲げました。しかし、特待生は学生の約1%しか選ばれないので困難な挑戦でした。その目標を達成するために、徹底したスケジュール管理をしました。まず自身の現状把握から始めて、各授業で良い成績を収めるために何が必要なのかということを全て紙に書き出しました。そして時間配分や重要度などを考慮して一週間スパンの計画表を作成致しました。これによって無駄なく効率よく勉強が出来ました。その成果として2年連続特待生選出されました。また課外活動においては、現在ボランティア部に所属をしており高齢者施設や障がい者施設を訪問して活動を行ってきました。私は2年生の時に、伊豆大島にある障がい者施設を訪問してレクリエーションの進行や行事の手伝いをする活動の担当を務めました。しかし、浜松町から船に乗って行かなければならないため、参加者が集まりませんでした。一人一人に連絡をしても、船が乗れない、虫が怖い等の理由から参加する人は私を除き1人のみでした。施設には50以上の利用者がいるので、2人で利用者一人一人に目を向けレクの進行等をするのが大変でした。しかし、連携をしっかり取り視野を広げることによって喜んで頂けました。 続きを読む
Q. 大切にしていること、企業選びの軸を教えて下さい。
A. A.
私は、「医療機器を通して多くの人の健康に貢献する」ということを軸に企業選びをしております。現在、日本は長寿国と言われていて今後も平均寿命が伸びると予測されています。しかし、平均寿命が伸びているのに対して健康寿命はほとんど横ばいです。そのため、ヘルスケア分野で人々が健やかな暮らしを1年でも長く送れるようにサポートしたいと思っています。 続きを読む
男性 19卒 | 同志社大学 | 男性
Q. これまでの学生生活を通じて、あなたは学業と課外活動それぞれにおける力の入れ具合を 比率でお答えください。(力の入れ具合は”時間”ではなく、”意欲”や”得たもの”による) ※「学業の割合」と「課外活動の割合」の合計は 10 となるようにお答えください。
A. A.
学業の割合4 課外活動の割合6 続きを読む
Q. 学生時代に力を入れてきたことについて、学業と課外活動それぞれを踏まえて具体的な取り組み内容をお答えください。(なぜそれを取り組んで、何が大変でどのように乗り越えてきたかなど) ※改行をせずにご記入ください。(600字以内)
A. A.
学業ではゼミでのディベートに力を入れました。学業を通して論理的思考力やコミュニケーション能力の向上を図りたいと考えたからです。ディベートの中で一番苦労したのが知識の面でした。私のチームは議題に関する知識はもちろん、ディベート自体の知識もありませんでした。そこで私はミーティングごとに個人の自習内容を発表する時間を設けることを提案実行しました。さらに他のゼミに働きかけて模擬試合を開催し、実践的な知識をつけていきました。課外活動では伝統産業の活性化をテーマにした学生プロジェクトに力を入れました。京都に住むようになってから伝統に触れる機会が多なり、その中で後継者問題や外国人観光客との関わり方など多くの課題を抱えていることを知りました。そこで学生視点でこれらの課題と向き合いたいと考えたのがきっかけでした。私はここで日本人学生19名、留学生10名のリーダーを1年間勤めました。この中でチーム全体としてのモチベーション低下という時期に直面し、その解決のために以下の2点のことを行いました。「マネジメント」週ごとに個々の行動計画と進捗状況を管理し全体に共有しました。これにより目標への到達具合を明確にすることができました。「コミュニケーション」一人一人と話す機会を増やし、個々の考えや適正を理解しました。その上で作業を依頼する際、その理由を伝えることでどのようなことを期待しているか認識してもらいました。 続きを読む
Q. あなたが就職活動において大切にしていることや、企業選びのポイントを教えてください。 ※改行をせずにご記入ください。(200字以内)
A. A.
私には世界中の人々の生活向上に貢献したいという夢があります。私の就職活動の軸はこの夢を叶えられる企業です。具体的には2点あります。1点目は独自の高い技術力を持っているということです。その企業にしかない技術力を生かして、その企業にしかできない社会貢献がしたいと考えています。2点目はグローバル展開していることです。私は世界を視野に入れた環境の中で仕事をすることでやりがいを持って働けると考えています。 続きを読む
閉じる 質問と回答をもっと見る
男性 19卒 | 東京農工大学大学院 | 男性
Q. あなたのパーソナリティを長所、短所を踏まえ、簡潔に30文字以内でご記入ください。
A. A.
真面目で、様々な事に努力を惜しまないが、熱中しすぎてしまう。 続きを読む
Q. 趣味・クラブ活動などを簡潔に30文字以内でご記入下さい。
A. A.
趣味はバスケットボールで、サークルにも所属していました。 続きを読む
Q. 研究活動以外で、学生生活で最も打ち込んだことを100文字以内で具体的にご記入ください。
A. A.
工業高等専門学校在学中の5年間を学生自治が主体の学生寮で過ごした事です。その中でも、私は3年間指導寮生を務め、下級生の指導や快適かつ円滑に寮生活が行えるように寮運営の中枢を担っていました。 続きを読む
Q. 帝人株式会社を志望した理由を100文字以内でご記入ください。
A. A.
私が貴社を志望した理由は、貴社において私の能力を存分に発揮できると考えたからです。具体的には、高専時代から習得してきた化学の知識や経験に加えて、寮生活や研究生活で培ったリーダーシップなどの能力です。 続きを読む
閉じる 質問と回答をもっと見る

19卒 本選考ES

事務系総合職
男性 19卒 | 関西学院大学 | 男性
Q. これまでの学生生活を通じて、あなたは学業と課外活動それぞれにおける力の入れ具合を 比率でお答えください。(力の入れ具合は”時間”ではなく、”意欲”や”得たもの”による)
A. A.
学業の割合 3 課外活動の割合 7 続きを読む
Q. 学生時代に力を入れてきたことについて、学業と課外活動それぞれを踏まえて具体的な 取り組み内容をお答えください。(なぜそれを取り組んで、何が大変でどのように乗り越えてきたかなど)600字以内
A. A.
私は大学入学時に部活動と学業のどちらも手を抜かないという目標を立てました。どちらも両立してこそ価値があると考えたからです。部活動では、1年生の頃からリーグ戦に出場する機会がありましたが、2つ上の学年の試合に出場する重圧もあり、自分の力を発揮できませんでした。自分を試合に出してくれる4年生になんとか結果で恩返しがしたいと考え、毎日300スイングをこなしました。練習試合で結果を残し、私はスタメンに定着し、チームは全国大会に出場、負ければ4年生は引退というプレッシャーのかかる場面でホームランを含む3打点の活躍でチームのベスト8進出に貢献できました。全国大会の緊張感とその中で結果を残せたことは大きな経験になりましたが、目標である優勝には届きませんでした。そのため悔しさも大きく自分達の代で全国優勝をしたいという思いが更に強くなりました。この経験を通して、うまくいかない時や結果が出ない時でも粘り強く取り組むことの大切さを学びました。また学業では授業に出来る限り出席し、試験期間には1ヶ月の予定を1時間ごとに区切って計画し、勉強しました。その結果、通算●●を獲得し●●賞を受賞しました。これらの経験を通して、計画して努力することは目標を達成する可能性を大きくすることを学びました。貴社でも目標を立て、何が求められているかを意識し行動します。 続きを読む
Q. あなたが就職活動において大切にしていることや、企業選びのポイントを教えてください。200字以内
A. A.
今後の世界に必要不可欠なものを扱い、幅広く人々のの役に立てる仕事がしたいと考えています。完成品は、その製品を使わない人にとっては必要ないですが、素材は幅広く価値を提供できると考えます。中でも日本の化学素材は高品質・高付加価値で、素材1つで様々な用途があるため、化学素材メーカーを志望します。貴社は衣料繊維など生活に深く関わる製品を取り扱っており、そのような製品をお客様に提供したいと考えます。 続きを読む
閉じる 質問と回答をもっと見る
男性 18卒 | 九州大学大学院 | 男性
Q. あなたのパーソナリティを長所、短所を踏まえ、簡潔に30文字以内でご記入ください。
A. A.
何事も論理的に考えて、それにこだわりを持つ変わった性格 続きを読む
Q. 趣味・クラブ活動など ※ (30字以内)
A. A.
趣味はお笑いを見ることと、ウィンドサーフィンの練習 続きを読む
Q. 研究活動以外で、学生生活で最も打ち込んだことを100文字以内で具体的にご記入ください。
A. A.
ウィンドサーフィンに全力を尽くした。最初は海の力に負けて挫折する日々であったが、苦労がにじむ練習成果が初めて実った時の達成感は、今でも忘れることが出来ない。その感動を胸に秘め、日々練習を行っている。 続きを読む
Q. 帝人株式会社を志望した理由を100文字以内でご記入ください。
A. A.
貴社は、IT、高機能素材およびヘルスケアの技術を複合した新事業に挑戦している。私は、これに基づいた高次元の創薬が可能である点に魅力を感じ、貴社と共に新たな領域に挑戦して成果を挙げたいと思い、志望した。 続きを読む
閉じる 質問と回答をもっと見る
男性 18卒 | 同志社大学大学院 | 男性
Q. 研究概要
A. A.
現在,超音波は医療分野において安全性の高い技術として,診断・治療に幅広く応用されています.しかし,技術の発展に伴う装置の機能やモードの多様化により,超音波の強度が増加傾向にあります.そのため,超音波が生体に与える影響を明らかにする必要があると考えられます.特に血液は超音波による診断・治療を行う際には必ず超音波に曝されます.そのため,超音波が血液に与える影響について検討することは重要であると考えられます.そこで,私の研究ではウシ血液を用いて,超音波が血液の主成分である赤血球に与える影響に着目し,超音波照射条件の変化による赤血球への影響を検討しています.赤血球が損傷すると,ヘモグロビン等の内包物が外部へ流出し,細胞膜のみが残った状態の赤血球となります.このような状態の赤血球を光学顕微鏡により観察することで血液への影響を定量的に評価しています. 続きを読む
Q. あなたのパーソナリティ(長所短所込み)
A. A.
人のために行動できますが,自分のことを後回しにしがちです. 続きを読む
Q. 趣味
A. A.
野球,バスケットボール,スポーツ観戦,音楽鑑賞,散策. 続きを読む
Q. 学生生活で最も打ち込んだこと
A. A.
私が最も打ち込んだことは研究活動です.研究を始めた頃は血液に関する知識がなく,研究の進め方に苦労しました.しかし,文献をよく読み,粘り強く実験を続けたことで,学会発表と論文投稿という成果を残せました. 続きを読む
Q. 志望理由
A. A.
私は医療に関わる仕事がしたいと考えています.特に,現代において在宅医療は発展が望まれる分野と考えており,貴社の様々な事業を持っているという強みを活かして,新しい在宅医療を創りたいと考えています. 続きを読む
閉じる 質問と回答をもっと見る
60件中1〜20件表示