ヤマハ発動機株式会社のロゴ写真

ヤマハ発動機株式会社

  • 3.6
  • 口コミ投稿数(566件)
  • ES・体験記(38件)

ヤマハ発動機の本選考の面接の質問・回答

本選考面接

  • 1次面接
  • 2次面接
  • 最終面接

21卒 1次面接

技術職
21卒 | 大阪大学大学院 | 男性
Q. あなたが今まで打ち込んだこととそれに取り組むうえで苦労したこと,そしてどのように乗り越えたかを教えてください.
A. A. 私は自転車旅行を自ら計画し実行しました.きっかけは自分が狭い社会の中で生きてきて,外の世界を何も知らないと気付いたからです.そこで自転車やその他装備品をそろえ,飛行機で一度も行ったことのない外国に飛びました.旅先では,現地の人々に密着するためテント泊と自炊をしまし...
Q. 取り組んだ課外活動とその中で得た気づきを教えてください.
A. A. 私はウーバーイーツの配達員をしています.自分の所有しているバイクを使って様々な料理店の配達をするので店や道に詳しくなり,また今度行ってみたいと思えるお店に出会うこともあります.また,報酬は出来高制ですので時間帯・エリア別の需要を分析して効率化を図りました.また,こ...

21卒 1次面接

技術系総合職
21卒 | 名古屋工業大学大学院 | 男性
Q. 研究のオリジナリティと苦労したことを教えて下さい。
A. A. 私の研究のオリジナリティは、金属試料を浮遊させた状態で溶融実験を行うことです。私の研究の目的は「金属材料に添加した強化剤の効果を詳細に調べること」で、それを達成する手段として浮遊状態を利用しています。浮遊溶融実験によって高精度に強化剤効果を調べられると考えられる理...
Q. 集団の中で成果を出した経験はありますか?
A. A. 学部の卒業研究で学会賞を受賞しました。私の卒業研究は流体シミュレーションによる血流解析のテーマだったのですが、企業との共同研究でした。企業から計算ソフトを提供していただき、大学で私と指導教員の先生でシミュレーション方法を検討して解析を進めました。研究を進めるうちに...

20卒 1次面接

業務職
20卒 | 中央大学 | 女性
Q. あなたは総合職と併願して弊社を志望しているようですが、なぜそこまで弊社にこだわるのですか。
A. A. 私はこれから何十年も働くと考えたときに、ずっと仕事は好きでいたいと思ったからです。私がここまで苦しく厳しい部活を7年間続けられたのは、その競技自体が好きで、また切磋琢磨し支え合う仲間がいたからだと考えております。だから私は、自分の好きなものに携わりながら、共に熱く...
Q. あなたはストレスが溜まったとき、どのように発散していますか。
A. A. 私はとにかく体を動かしてストレスを発散しております。近所の河川敷を走ったり、ロードバイクで遠くまで走ってみたりして、自分の頭の中で考えていることやその時の状況を整理するようにしております。サイクリングコースでロードバイクを全力で漕ぐのは、自然の中で風を切って進む感...

19卒 1次面接

総合職
19卒 | 関西学院大学 | 男性
Q. 学生時代頑張ったことの塾講師のアルバイトで具体的に注力したことは?
A. A.
塾講師アルバイトで、今年度受け持ったクラスの増減率(卒業時人数/入塾時人数)の改善に力を入れました。 私が担当している文系数学クラスでは受験科目変更によって退塾する生徒が多く、増減率は60%程度となっており、生徒に志望大学を諦めさせないためにも退塾生徒数の減少に取り組もうと思い立ちました。自身の考えに基づいてわかりやすさを追求した授業を行ったところ、思うように改善がなされなかったため行き詰まりを感じたが、生徒の求めているものに焦点を当てて、アンケート・ヒアリングを重ねたところ、生徒は「早期の成績向上の実感」を求めていることを知り、分かりやすさを追求するばかりでは生徒が付いてこないことに気づきました。そして「入塾初期の段階にのみ個々人のレベルに合わせた課題と小テストの導入を地道に行った結果、入塾時生徒数が15人に対して退塾者数を2人に抑え、中途入塾生も含めた卒業時生徒数を19人で終えることが可能になりました。 続きを読む
Q. 入社後どのような気持ちを持って仕事していきたいか?
A. A.
私は入社後も思いやりを持ち相手の立場に立ち業務を遂行したいと考えています。この気持ちを意識したきっかけとして部活動での経験があります。中学では卓球部に所属しエースとして活躍していましたが、高校ではバレーボール部に入部しました。レギュラーになれず悔しい思いをしましたがサポートや後輩の指導へ熱心に取り組みました。その中で当時意識していなかった中学時代に自身をサポートしてくれていた部員の思いを強く実感しました。以来「発言で相手がどう感じるか」を常に意識しています。今では相談事がある際一番に相談する人と友人に言われています。相手を思いやる言動が信頼を得ている要因と考えており今後も大切にし続けたいと考えています。 続きを読む

18卒 1次面接

技術職
18卒 | 大阪府立大学大学院 | 男性
Q. 学生時代に、時間を費やして取り組み、成果が出たと思う活動について
A. A.
私は,学生音楽団体のリーダーとして団をまとめる活動に最も力を入れ,無事演奏会を成功させることができました.私はまずリーダーに選ばれたとき,前任のリーダーに何が大変であったかを聞き,それを自分たちの代に活かそうと考えました.その答えでは一番大変なことはリーダーとして,チームのやる気を引き出し維持し,それらをまとめることだと聞きました.そのため,まとめるにはどうすればいいかを分析し問題点をあぶり出しました.チームの皆がやる気を出すためにはやはり,チームの雰囲気環境づくりが大事だと考え,お互いのことを知るための機会を設けるべく,自己紹介ブックや飲み会・合宿の企画などを行いました.それらの結果,次第に皆が打ち解け合い,チームとしての結束力も現れ,無事に演奏会を成功させることができました. 続きを読む
Q. その活動で得られたことはどんなことか.
A. A.
ある物事をリーダーとして成功させるとき自分がいかにして,人と信頼関係を築き,人を動かしていくかを学んだ.以前は一人で仕事を抱え込みがちで(自分がやったほうが早い)、達成感はあるが、楽しみよりも疲労感のほうが大きかった. なので、今度の団体では人を信用していろいろ仕事を振っていった.うまい仕事の振り方や信頼関係の構築などを学んだ.そう仕事を振れば、ただつらいだけではなく、自分ももっと楽しむことができ、みんながハッピーになるとわかった。仕事を振る際においては、自分も他人を信用して仕事を任せるのが大事である。任せられた方もそれが嬉しくて期待に応えようとしてくれる。ただし、これはお互いの信頼関係が成り立っていることが前提条件である.また、その場合も、仕事の進捗を「ほうれんそう」できちんとお互いに把握することがとても大事だ. 続きを読む

18卒 1次面接

技術系総合職
18卒 | 横浜国立大学大学院 | 男性
Q. ヤマハ発動機に入社してやりたいこと、どんな製品を作りたいか。
A. A.
人々に感動を与えるものづくりをしたいと考えたためです。私は、企業との共同研究を通じて開発の最前線で働く社員の方と接しする中で、より高効率なシステムを目指し続ける姿勢に触れました。この経験から、人の役に立ち、喜ばせる製品の開発に携わりたいと考えました。また、貴社のバイクは、初めはデザインに惹かれて購入しましたが、実際に乗車してみると、他のバイクとは異なるパワーや日常では感じることのできない楽しみを体感しました。購入してから約2年間経ちましたが、見た目、乗り心地、性能とますます魅力に惹かれていき、このような人を虜にする製品を生み出した貴社に興味を持ちました。さらに、貴社のグローバルな社員の方と働くことで、様々な考え方に触れ、独創のコンセプトを製品化できるエンジニアに成長したいと思いました。 続きを読む
Q. あなたの特徴を自由に表現してください。
A. A.
私の強みは目標を定め計画を遂行する能力であると考えています。私は、プレゼン力と英語力への苦手意識を克服しようと思い毎週の進捗報告を英語で行う研究室に所属しました。その上で、修士1年生での国際学会発表を目標に掲げましたが、そのためには約8か月間で成果を挙げなければならないという課題がありました。そこで、常に成果を意識した研究開発を行うために企業との共同研究を志願しました。さらに、社員の方とは2か月に1回のミーティングを行い、毎回3つ以上の目標を定め、計画的に課題に取り組むことを意識しました。その中で、自分では気づかない点や検証が不十分である点を指摘されることも多く、様々な視点から検討する大切さを学びました。その結果、合計で5回の発表の機会を得ることができました。このように、課題や目標に向けてひたむきに取り組むことができると考えています。 続きを読む

18卒 1次面接

技術職
18卒 | 岩手大学大学院 | 男性
Q. リーダ経験はありますか。
A. A.
そこでリーダーシップを発揮できたかはわかりませんが、部が年に一度行う全国の競技者や地域の方々に向けた大会の実行委員長を務めたことがあります。20人という少人数で協賛企業を探すことや大会で用いる場所の渉外や地図作成を行わなければならなかったためにとても苦労しました。しかし、全員が協力し合い自分の仕事に責任をもって携わってくれたので大会を成功に収めることができました。私が行ったことはミーティングの際話し合いを効率よく進めるために事前に話し合う内容をリストアップしみんなに伝え、答えを用意してもらったうえでミーティングに臨んでもらうようにしたことや、みんなの予定を加味し、運営スケジュールを立てたことぐらいなので、本当にみんなが一生懸命やってくれたからこその成功だと思っております。頼りにされるようなリーダーであれたのかはわかりませんがこんなぼくに協力してくれたみんなに本当に感謝しております。 続きを読む
Q. 長所と短所を教えてください。
A. A.
長所は目標に向かって着実に努力ができることです。例えば部活動のオリエンテーリングでは全国大会で個人、団体共に岩手大学歴代最高記録を残すことを目標に取り組みました。この目標の達成のために計画を緻密に立て、それに着実に取り組みことを続けました。その結果、この目標達成することができました。短所は集中しすぎて周りが見えなくなることがあることです。私は自分が行っている業務に集中しすぎて周りの人の話へ意識を向けることができなくなることが時々あります。仕事をする上では人の話を聞き逃すというのは、組織が円滑に機能しなくなる要因になります。この短所を克服するために時常に余裕を持って取り組むことを意識しております。 続きを読む