#{company.name}のロゴ写真

日本生命保険相互会社

  • 2.2
  • 口コミ投稿数(5183件)
  • ES・体験記(133件)

日本生命保険相互会社のインターンTOP

日本生命保険相互会社のインターン

インターンの評価

もっと見る
総合評価
4.5
選考難易度
inactive
inactive
active
inactive
inactive
3.0
業界理解
inactive
inactive
inactive
active
inactive
4.0
会社理解
inactive
inactive
inactive
active
inactive
3.5
メンターのコミット
inactive
inactive
inactive
active
inactive
4.0
自己成長
inactive
inactive
active
inactive
inactive
3.0
内定直結度
inactive
inactive
active
inactive
inactive
3.0
学生のレベル
inactive
inactive
active
inactive
inactive
3.0
テーマの面白さ
inactive
inactive
inactive
inactive
active
4.5
総合評価
4.0
選考難易度
inactive
inactive
active
inactive
inactive
3.0
業界理解
inactive
inactive
inactive
active
inactive
4.0
会社理解
inactive
inactive
inactive
active
inactive
3.5
メンターのコミット
inactive
inactive
inactive
active
inactive
3.5
自己成長
inactive
inactive
active
inactive
inactive
3.0
内定直結度
inactive
inactive
active
inactive
inactive
3.0
学生のレベル
inactive
inactive
inactive
active
inactive
3.5
テーマの面白さ
inactive
inactive
inactive
active
inactive
4.0
総合評価
5.0
選考難易度
inactive
inactive
active
inactive
inactive
3.0
業界理解
inactive
inactive
inactive
inactive
active
5.0
会社理解
inactive
inactive
inactive
inactive
active
5.0
メンターのコミット
inactive
inactive
inactive
active
inactive
4.0
自己成長
inactive
inactive
active
inactive
inactive
3.0
内定直結度
inactive
inactive
active
inactive
inactive
3.0
学生のレベル
inactive
inactive
active
inactive
inactive
3.0
テーマの面白さ
inactive
inactive
inactive
inactive
active
5.0

インターンの内容(14件)

Img square intern

19卒 冬インターン

2017年11月開催 / 3日 / マーケティング
Img human 19卒 | 京都大学 | 女性
日本生命の保険商品の新しい販売促進方法について考えよ

日本生命の業務や全体についての講義、また保険商品についての講義も聞いた。 その後テーマが発表され、チームで議論を始めるという流れであったが、5時には退社なので時間はかなり限られていた。チームで引き続き議論をしつつ、中間発表や、社員の方との座談会も途中に含まれていた。そのため実質あまり議論をずっとできる訳ではなく、結構時間は限られていたように感じる。ほとんど発表と懇親会なので準備の時間があるくらいである。全チームの発表を聞き、都度学生から質疑応答をするという形で、全チームが終わって最後に審査員の方からのフィードバックがもらえる。

Img square intern

19卒 夏インターン

2017年9月開催 / 5日 / 職場受入型インターンシップ
Img human 19卒 | 東京工業大学大学院 | 男性
特別勘定部門において、資産のアロケーションを変更せよ

前半ではブルームバーグの使い方や、資産運用について色々と講義があった。あまり自分達でワークする時間は多くなく。部署の社員と話すことで、業務の理解を深めるという形が多かった。後半も引き続き講義もあったが、主に最終日に発表するための用意をしていた。具体的には日々のニュースなどから、外債、国債、日本株、外株がどのような動きをするか予想し、資産の割合を変えていった。

Img square intern

19卒 夏インターン

2017年9月開催 / 3日 / 総合職
Img human 19卒 | 京都大学大学院 | 男性
10(20?)年後に最も利益がでるような企業を選び投資プランを発表せよ

日本生命の企業概要の説明があり、その後各部門の方との座談会が1時間ほどありました。 その後、最終日のプレゼン発表のテーマが与えられ、グループワークに取り組みました。最終日のプレゼン発表のために朝からずっとディスカッションとパワーポイントの作成に取り組んでいました。 また、午後から中間発表として各グループが比較的年次の高い偉い方々に、できたところまでの発表をしてフィードバックをもらいました。午前中はプレゼン発表の準備を行い、午後から全体で発表がありました。 その後、各グループに対して社員の方々からフィードバックをいただきました。 その後、懇親会が行われました。

インターンに参加してみて

この企業に対する志望度は上がりましたか?

  • はい
  • いいえ
はい
19卒 / 京都大学 /
冬 / 3日 / マーケティング

保険について考えるだけのつまらない業務をずっとすると思っていたが、自分の想像以上にいろいろな業務があり、また海外へ行く人も多かったりとその幅広さが面白いと...

いいえ
19卒 / 東京工業大学大学院 /
夏 / 5日 / 職場受入型インターンシップ

志望度が下がった理由は資産運用業務に魅力をあまり感じなかったからだ。資産運用業務はお金があれば誰でも出来る事であり、もしやりたいならば自分でお金を稼いでや...

はい
19卒 / 京都大学大学院 /
夏 / 3日 / 総合職

やはり、株式投資ならびに資産運用は魅力のある仕事であると感じたから。 実際に活躍されている社員さんは本当にかっこよく、私も自分の実力で勝負する世界に入り...

はい
19卒 / 東京工業大学大学院 /
夏 / 5日 / 資産運用コース

様々な運用手法を体験することができるから。資産規模が大きく、JGB、外債、クレジット、外株、国内株、オルタナティブ等、ありとあらゆる運用をやっていた。ロー...

はい
19卒 / 東京大学 /
夏 / 5日 / 総合職

生命保険という、いまやインフラのような立場を確立した事業で働くことに惹かれたから。また、社員さんの人柄がとても良く、働いている雰囲気も良かった。特に、働い...

閉じる もっと見る

インターンへの参加が本選考に有利になると思いましたか?

  • はい
  • いいえ
はい
19卒 / 東京工業大学大学院 /
夏 / 5日 / 職場受入型インターンシップ

選考フローについてはよくわからないが、インターンに参加した事は志望動機を練るうえでは絶対に有利になると思う。また社員さんもあまり評価している様子はないので...

いいえ
19卒 / 京都大学 /
冬 / 3日 / マーケティング

インターンに参加したからといって本選考が直接的に有利になるとは感じなかった。参加したというネタはできるため話やすくはなると思うが、本選考の専攻に直結してい...

いいえ
19卒 / 京都大学大学院 /
夏 / 3日 / 総合職

参加しただけでは有利になるとは思えませんでした。参加している学生のレベルもあまり高くなく、インターンシップで活躍した一部の人にはもしかしたら多少の優遇があ...

はい
19卒 / 東京工業大学大学院 /
夏 / 5日 / 資産運用コース

インターン生限定のインターンがあるが、私は参加していない。それ以上の優遇はないと感じている。一方で、企業理解は進む。他の学生はなかなか言語化できない部分を...

はい
19卒 / 東京大学 /
夏 / 5日 / 総合職

インターンシップ後に個人的なフォローはないが、職場受け入れ型に参加した人専用で、1月に行われるnext stageというイベントに参加することができるよう...

閉じる もっと見る

参加後の就職にどう影響したか

19卒 / 京都大学 /
冬 / 3日 / マーケティング
参加前
インターン参加前の志望企業・志望業界を教えて下さい。

参加前は外資系コンサルティング業界を見ていた。特にやりたいことがあるわけではないので、幅広い業界に関われるというところに魅力を感じて受けていた。金融系は保...

参加後
インターンへの参加がその後の就職活動へどう影響しましたか?

金融系、特に保険でも資産運用だったり不動産のことだったりいろんな業務があることを初めて知った。ホワイトだし、意外と幅広い業務があって、色々経験してみたいと...

19卒 / 東京工業大学大学院 /
夏 / 5日 / 職場受入型インターンシップ
参加前
インターン参加前の志望企業・志望業界を教えて下さい。

インターン前は戦略コンサルティングや投資銀行、資産運用業界に行きたいと考えていた。コンサルという職業に憧れて今の学部に入ったこと、また現在勉強している範囲...

参加後
インターンへの参加がその後の就職活動へどう影響しましたか?

自分としては資産運用業務に上記の理由から魅力を感じなくなったのでコンサルティングや投資銀行に絞ろうと考えた。また生命保険会社は必ずしも自分が行きたい部署に...

19卒 / 京都大学大学院 /
夏 / 3日 / 総合職
参加前
インターン参加前の志望企業・志望業界を教えて下さい。

金融業界に興味があり、その中でも保険業界に興味がありました。 生命保険と損害保険の違いを学ぶためインターンシップに参加しようと思いました。そして、行くな...

参加後
インターンへの参加がその後の就職活動へどう影響しましたか?

保険業界も一つの選択肢に入りました。 ただ、業界を絞るというよりも、どの業界に行ったとしても、資産運用業務に携わりたいという気持ちが強くなりました。 ...

19卒 / 東京工業大学大学院 /
夏 / 5日 / 資産運用コース
参加前
インターン参加前の志望企業・志望業界を教えて下さい。

幅広い業界を見ていた。具体的には、金融(銀行、投資銀行、マーケット、アセットマネジメント、保険、政府系金融)、コンサルティング、メーカー、商社等。様々なイ...

参加後
インターンへの参加がその後の就職活動へどう影響しましたか?

生命保険会社、特に日本生命の資産運用部門の志望度は上がった。運用額が大きいこと、また専門性を深化させられる環境であり、若手のうちの成長がみこめるのではない...

閉じる もっと見る

インターン当日の感想

参加して学んだこと

19卒 / 京都大学 /
冬 / 3日 / マーケティング

日本生命の強みである、営業のおばちゃんは非常に重要な役割を果たしているのだなと感じた。最後は人がいないとダメな仕事であり、その人が豊富にある日本生命は強い...

19卒 / 東京工業大学大学院 /
夏 / 5日 / 職場受入型インターンシップ

資産運用の実務を学べたことはとても大きかった。やはり、周りに現場の社員さんがいる中で、インターンをし、実際の業務の一例をやるため、その部分は他のインターン...

19卒 / 京都大学大学院 /
夏 / 3日 / 総合職

プレゼン発表の出来も大切だが、それまでのプロセスも社員の方が評価の対象にしていることを学びました。今後のグループワークなどの選考でも、グループみんなが意見...

19卒 / 東京工業大学大学院 /
夏 / 5日 / 資産運用コース

生命保険会社の運用方針について詳しく学ぶことができたこと。特に、ALM等生命保険会社必須の運用方針に加え、オルタナティブ等最近の低金利環境のもとで運用方針...

閉じる もっと見る

参加して大変だったこと

19卒 / 京都大学 /
冬 / 3日 / マーケティング

3日間あったとはいえ、座談会や講義の時間が多く、また5時には退社で実質チームで議論する時間が少なかった。また、PCはもちろん持ち帰れないし、家で作業すると...

19卒 / 東京工業大学大学院 /
夏 / 5日 / 職場受入型インターンシップ

大変だった事は二つある。一つは各商品の動きを予想することである。私はそこまで金融商品を扱っていたわけではないので、それぞれがどのような動きをするのかを予想...

19卒 / 京都大学大学院 /
夏 / 3日 / 総合職

実際に株式投資をしていない人もグループの中にはいたため、投資の基本的な知識がなく、なかなかチーム全員でワークに取り組むことができませんでした。どうしても知...

19卒 / 東京工業大学大学院 /
夏 / 5日 / 資産運用コース

プレゼンテーション作成。資産運用部門の人たち共通であるとは思うが、営業や管理部門の学生に対してプレゼンをする必要があり、彼らに理解させかつ刺さるプレゼンを...

閉じる もっと見る

印象的なフィードバック

19卒 / 京都大学 /
冬 / 3日 / マーケティング

特にたくさんフィードバックがもらえる訳ではないが、本当にその方法で顧客が伸びるのかは結構詰められたし、対面でないと契約できないとかいろいろな制約が多く、大...

19卒 / 東京工業大学大学院 /
夏 / 5日 / 職場受入型インターンシップ

株価や債権の値段は必ずしもニュースによって動かないという事が印象に残った。私がインターンシップをしている時にちょうど北朝鮮からミサイルが発射された。しかし...

19卒 / 京都大学大学院 /
夏 / 3日 / 総合職

個人的なフィードバックはしていただけませんでしたが、グループ発表に対するフィードバックは細かいところまでしていただきました。 具体的には、何人の方しか議...

19卒 / 東京工業大学大学院 /
夏 / 5日 / 資産運用コース

特になし。基本的な金融やJGBに関する知識は、社員に聞きに行くたびに教えてくれたのでそこは非常に助かった。一方で、社員も金利予想なんてすごい難しいよねえと...

閉じる もっと見る

選考対策

直近のインターン選考フロー

インターンES

Img square es

19卒 インターンES

資産運用
Img human 19卒 | 中央大学 | 男性
Q. インターンシップに応募した動機や、意気込みについてご記入ください
A. 貴社のインターンシップに応募した理由は、保険という分野にとらわれず、挑戦をし続けているところに感銘を受けたからです。貴社は最近ではヘルスケア事業に進出、フィンテック事業を拡大させています。一方私も、個人営業の長期インターンに参加し、自らが給料でいただくお金の10倍の売上を上げるため、試行錯誤を繰り返しながら働いてます。これらの経験を活かし、貴社のインターンでは失敗をおそれず挑戦したいです。
Img square es

18卒 インターンES

総合職
Img human 18卒 | 早稲田大学 | 男性
Q. 自分自身が最も力を入れて取り組んできたことについて、どのように取り組んできたかを具体的にご記入ください。(300文字以内)
A. 塾講師のアルバイトです。私は勉強があまり得意ではない人に、その人と同じ目線になって勉強を教えることは得意だと思っていたのですが、塾講師を初めてから、授業で分かりやすく教えただけではその子の成績を伸ばすことができないことに気が付きました。その場で理解してもらえても、テストの時に忘れてしまっていたからです。生徒によって勉強習慣や学習レベルが異なります。暗記の苦手な子には何度も同じ問題を解かせる、...
Img square es

17卒 インターンES

総合職
Img human 17卒 | 同志社大学 | 男性
Q. 自分自身が最も力を入れて取り組んできたことについて、どのように取り組んできたか具体的にご記入ください 。
A. 私の所属するアカペラサークルが毎年サークル全体として行うライブの広報部の部員として、責務を全うしたことだ。私は二回生の時、広報部の一員として関西圏を中心とした他大学のアカペラサークルにライブのチケットの訪問販売という役割が与えられていた。私は外向けの大きなライブ等に出たことがなく、プレイヤーとして突出した結果を残せてこなかったため、例年よりチケットを多く売り込み広報部としての成果をあげるとい...

インターン面接

Img square intern

19卒 夏インターン 最終面接

2017年9月開催 / 5日 / 資産運用コース
Img human 19卒 | 東京工業大学大学院 | 男性
Q. なぜインターンシップに参加するか?
A. 資産運用部門が希望だったので、日本生命の資産運用に興味があるという旨を伝えた。差別化するために、ESG投融資やスチュワードシップ活動といった観点から述べた。具体的には、日本生命は生命保険会社なので社会貢献といった要素も資産運用の考え方に入ってきているのではないかという仮説を立て、それに基づいた志望動機を語った。
Img square intern

19卒 冬インターン 最終面接

2017年11月開催 / 3日 / マーケティング
Img human 19卒 | 京都大学 | 女性
Q. 学生時代に頑張ったこと
A. アルバイトでの新人教育である。飲食店のアルバイトリーダーをしているが、新人の割合が半分以上を占めるにも関わらず、新人研修がなく、接客の質も落ちたりしてクレームが多くなり結果的に売り上げも下がっていた。その状況を改善するために、新人研修をはじめにきちんと制度として導入し実行することで、長期的に見たときに時間の短縮しようと考えた。
Img square intern

19卒 夏インターン 最終面接

2017年9月開催 / 5日 / 職場受入型インターンシップ
Img human 19卒 | 東京工業大学大学院 | 男性
Q. 学生時代頑張ったことは?
A. 私は学習塾でのアルバイトにおいて生徒数の増大に注力した。私は学習塾の生徒が少ないことが、以前から問題であると感じていた。その施策として、在籍生徒からの紹介を増やす事が一番の手段であり、そのためには在籍家庭の満足度を上げる必要があると考えた。そこで家庭への定期的な電話がけをし、普段の生徒の様子の伝達を、率先して行った。その結果、在籍生徒からの紹介が増え、2年間で生徒数を倍にする事に成功した。