Img company noimage

TBS

  • 0.0
  • 口コミ投稿数(0件)
  • ES・体験記(2件)

2016年卒 TBSの本選考体験記 <No.245>

2016卒TBSのレポート

年度
  • 2016年度
結果
  • 3次面接
内定先
  • パナソニック
  • 北海道テレビ放送
  • 森ビル
  • キリン
  • 東京メトロポリタンテレビジョン
大学
  • 早稲田大学

選考フロー

説明会(4月) → 1次面接(5月) → 2次面接(5月) → 筆記試験(5月) → 3次面接(5月)

企業研究

TBSはテレビ局の中でも歴史がある会社であるので資産を多く持っている。例としては土地や株式などの資産である。赤坂のビル収入が莫大な利益を生んでいると言われている。他のテレビ局にはない収入源を会社...

志望動機

アスリートの「生の声」を届けたいからです。私は早稲田スポーツの編集長を務めました。優秀選手には目標に向かって努力した人格者が多かったです。私も選手を見習って何事も愚直に挑戦できました。視聴者の生...

1次面接 通過

形式
学生 1 面接官 2
面接官の肩書
若手社員
面接時間
5分
面接の合否連絡方法
メール

評価されたと感じたポイント

テレビ局では珍しく1次面接から学生1人で面接をしてもらえるのがTBSの特徴です。一人当たりでしっかり見てもらえるので結果がどうであれ納得がいくのではないでしょうか。評価されている基準としては他局...

面接の雰囲気

若手社員が面接で緊張しないように一生けん命に頷いてくれたのが印象に残っています。こちらが言うのにつまってしまっても全く問題がありませんでしたので、緊張していたとしても大丈夫です。

1次面接で聞かれた質問と回答

サークルの代表としてつらかったこと

だまされて詐欺グループに広告枠を売ってしまいました。その詐欺グループは、広告代理店として早稲田スポーツから広告枠を買い、広告を掲載しました。しかし掲載した広告は、詐欺グループが勝手に作成したものでした。新聞に掲載されてしまった会社は、詐欺グループから広告掲載料を一方的に請求されてしまいました。...

スポーツ経験はありますか

高校まで軟式野球をやっていました。9年間やりました。大学では肩を壊してけがをしてしまったこともあり競技を継続することはできませんでした。私がスポーツ新聞会で編集長を務めていてスポーツの取材がしたいと伝えたこともあり競技経験について興味を持たれたと思います。なぜ競技を継続しないで取材をする側にな...

2次面接 通過

形式
学生 1 面接官 2
面接官の肩書
中堅クラス
面接時間
5分
面接の合否連絡方法
メール

評価されたと感じたポイント

最初のプレゼンテーションでTBSで働きたいことについて1分間語ることができる。TBSで働きたいこと=志望理由なので、それに基づいた質問やその応用もされる。しかしそれ以外の部分のことの方が多く聞か...

面接の雰囲気

事前にA4裏表でTBSで働きたい理由についてまとめてきて、1分間でプレゼンテーションをさせられます。それでいかに面接官の気持ちを引き寄せるかが大切なカギとなります。

2次面接で聞かれた質問と回答

サークルの部員の人数と苦労したこと

120人です。女子が6割を占めます。苦労したことは深部政策に集中したいのに組織運営をしなければいけなかったことです。組織運営で強く意識したことは話を聞くようにしたことです。代表という立場上私が意見を言えばその通りになってしまう環境にありました。私の意見が必ずしも正しいとは限りません。なのでまず...

なぜTBSか

スポーツの脚本のないドラマを届ける出口が歴史的にたくさんあるからです。他局と比べてスポーツ中継が多い。野球、サッカー、陸上、ボクシング、高校ラグビーなど。レギュラーのドキュメンタリーもあります。体育会TVといったスポーツバラエティにも力を入れています。そして何といっても情報番組です。2020年...

3次面接 落選

形式
学生 1 面接官 4
面接官の肩書
部長級
面接時間
5分
面接の合否連絡方法
メール

評価されたと感じたポイント

筆記試験を合格した人間を対象にした面接なので、面接官側も一定以上の評価を前提としたうえで厳しく突っ込んでくる気がした。しかしながら見た目ではやる気が感じられず、お偉いさんオーラが存分に出ていた。...

面接の雰囲気

偉い人というオーラが完全に出ていた。けっして圧迫をしているつもりはなかっただろうが、しっかり話を聞いてもらえたとはあまり感じられなかった。話した内容としては大成功を収めたつもりだが良い結果は得ら...

3次面接で聞かれた質問と回答

君の弱みは何ですか

人を笑かしたり、面白いことを言うのが苦手です。単純に弱点や弱みを聞かれた時の答えを用意していなかったので、苦肉の策で出した答えです。弱みや弱点を聞かれた時は長所を誇張して答えるのがよいのではないでしょうか。長所も度を越えれば弱点となってしまいます。しかし長所であれば、直しやすいというか、面接を...

新聞制作で大事にしたこと

(新聞の現物をお見せしながら)新聞制作の上で最も大切にしたことは見た目のインパクトです。どんな良い記事を書いても引きつけるものがなければ読んでもらえません。この『優勝』の大きい文字はいままで黄色が多かったのですが、赤とオレンジのグラデーションで燃えているように見せたり、遠近法を使ったりして工夫...