2016年卒 株式会社フコクの選考体験記 <No.829>

業界:
石油製品 その他
本社:
埼玉県
従業員数:
1千人以上2千人未満
URL:
http://www.fukoku-rubber.co.jp

2016卒株式会社フコクのレポート

年度
  • 2016年度
結果
  • 2次面接
内定先
  • アートコーヒー
大学
  • 東京農工大学大学院

選考フロー

説明会 → 1次面接(9月) → 2次面接(9月)

企業研究

なぜフコクなのか、フコクでどんなことに挑戦してみたいのか自分の言葉で説明できるように、説明会の資料を読み込み、ホームページの情報を頭に入れた。基本的なこと...

志望動機

私は学部のときからおよそ3年間、発展途上国の農業開発について日々の論文研究や3回、合計3ヶ月に渡る現地調査研究を続けてきました。一つの事柄について深堀して...

1次面接 通過

形式
学生1面接官2
肩書
人事2名
時間
15分
通知
電話

評価されたと感じたポイント

基本的な質問から学生の人間性を審査し、どの部署で活躍できそうか見られていた。研究開発のどの部門で働きたいか、具体的に聞かれた。

1次面接を圧迫面接と感じましたか?

基本的なことをさらっと質問されました。面接官は優しく、話を引き出してくれる感じでした。こちらのアピールポイントに対して暖かい反応をしめしてくれて、最後には...

1次面接で聞かれた質問と回答

大学ではどのような研究をしていたか

タイにおける天然ゴム生産の現状について、現地でのアンケート調査やインタビューを通して調査を行いました。現地調査では、タイの大学のスタッフと共同で研究調査を...

どのような経験が弊社での仕事に生かせそうですか

一つのことをつきつめて研究した経験と、合計3ヶ月海外で研究をおこなった経験が、御社で生かせると思います。一つのことを深く突き詰めた経験を生かし、コツコツと...

2次面接 辞退

形式
学生1面接官3
肩書
技術2名/人事
時間
15分
通知
電話

評価されたと感じたポイント

技術開発の部門の方が面接官だったので、大学でどのような研究をしてきたか、論理的思考能力が備わっているかを見られていたと思います。私の場合専門的な質問に関す...

2次面接を圧迫面接と感じましたか?

圧迫面接ではないが、エンジニアの方々は少し厳しい目で見ていると感じた。質問は基本的なことから、技術開発部門ということで専門的なことまで聞かれました。

2次面接で聞かれた質問と回答

これまでどのような研究を行ってきて、それがどのように弊社での仕事にいかせるか

タイの天然ゴムの現状と今後の課題について、現地での農家へのアンケートやインタビューを通して研究を行ってきました。姉妹校のゴム研究を行っているスタッフと共同...

弊社でどのような自動車部品を開発してみたいか。

再生可能エネルギーを使った電気自動車や水素自動車のような次世代自動車が今後より多くの人々に普及できるように、そういった次世代自動車の部品を、安価で販売でき...