Img company noimage

旭化成株式会社

  • 3.8
  • 口コミ投稿数(420件)
  • ES・体験記(62件)

旭化成の本選考体験記

本選考体験記

10件中10件表示
Img square screening

17卒 内定入社

Img human 17卒 | 東京工業大学大学院 |   内定入社
Q. 企業研究で行ったことを教えて下さい。
A. アニュアルレポートを読み込むことです。旭化成は複数の事業分野でシナジーを作ることに力を入れている会社です。アニュアルレポートは、投資家向けに今後どのような戦略を描いているのかをまとめたもので、これを読むと今後の方向性が分かります。ここで疑問に思ったことを逆質問でぶつけると、ちゃんと調べているなと思われて評価が上がるのではないかと思います。また、私は読みませんでしたが、B&Tブックスから「旭化成の研究」という本が出ているので、そちら...
Img square screening

18卒 内定辞退

研究開発職
Img human 18卒 | 大阪大学大学院 | 男性   内定辞退
Q. 企業研究で行ったことを教えて下さい。
A. 化学会社はたくさんあるのでその中での位置づけを理解しておくべき。製品や歴史は特殊だと思うので旭化成の強みを理解しておくべきでしょう。時代の変化とともに常に新領域を開拓してきた歴史を持つ会社なので(最終面接では旭化成の歴史の本が配られた)、その歴史およびdnaについては知っておくとよいかもしれません。また変わった会社なのでobの先輩から会社や採用活動の話を聞けたことがとても良かったと思います。先輩に言われたこととしては、時代の流れと...
Img square screening

18卒 内定辞退

技術職
Img human 18卒 | 京都工芸繊維大学大学院 | 男性   内定辞退
Q. 企業研究で行ったことを教えて下さい。
A. ホームページを確認することが良い企業研究になると思う。特にこの会社は手がける事業が多く、何をしているのかやどこで働く環境があるのかを知ることが重要だと思う、またその中で、ただ漠然と開発がしたいだとか、研究がしたいと思うのではなく、特に合成ゴムの研究がしたいだとか、さらには合成ゴムの中でも機能性に優れるポリイソプレンに変わる新材料の開発などより具体的なほうが良いと思う。特に重要なのはその仕事がどことつながっているのかを知ることだと思...
Img square screening

17卒 内定辞退

Img human 17卒 | 京都大学大学院 |   内定辞退
Q. 企業研究で行ったことを教えて下さい。
A. この企業は建材の杭打ち問題で1度世間で問題を起こしたという認識があります。建材を扱うの旭化成のグループのうちの1つにすぎないのですが、全グループが法令順守について意識を1新したようです。話題にもなりやすいので、どのような問題だったのか見ておくとよいと思います。また化学の技術としては膜の技術が高い会社なので、旭化成が自社製品のうち何を特に自信にもっているのかを見ておくと面接で話しやすくなると思いました。
Img square screening

16卒 内定辞退

Img human 16卒 | 大阪大学 |   内定辞退
Q. 企業研究で行ったことを教えて下さい。
A. 企業研究としては、企業のホームページで事業内容や企業の目指している方向を把握することや説明会に参加して企業の求める人物像やより詳細な内容を知ること、さらに説明会であった社員の方に疑問をぶつけることでそれらを解決することを行いました。また、工場見学の後には、企業が開催する懇親会があるため、そこでも多くの社員の方と話すチャンスがあるため、積極的に社員の人たちにコンタクトを取ることをお勧めします。また、同じ業界を目指している学生とも知り...
Img square screening

16卒 2次面接

Img human 16卒 | 九州大学 |   2次面接
Q. 企業研究で行ったことを教えて下さい。
A. 旭化成は化学メーカーであるがいろんな事業を持っている企業である.実際ケミカル繊維,住宅建材,医療,エレクトロニクスとそれぞれ特徴が大きく違う4つの事業領域を持っており,旭化成入社後はそれぞれの子会社にて働くという形式になっている.(一部旭化成本体に残る人もいるみたいですが)それぞれの事業で旭化成独自の製品,技術を持っているため,それらを理解し,どういうことをしたいのか具体的な考えを持っておいた方が良い.また,最近は報道でも取り上げ...
Img square screening

16卒 1次面接

Img human 16卒 | 筑波大学 |   1次面接
Q. 企業研究で行ったことを教えて下さい。
A. 入社後の仕事内容をよく調べること。自分の専攻をベースに比較的近いと思われる仕事内容も調べて置くと面接で話しやすいと思う。本社一括採用で、内定後に子会社やグループ会社に配属する方式なので、自分が配属されるであろう会社や製品についてよく調べておく。事業が幅広く様々なバックグラウンドを持った社員さんが働いており、説明会でも自分の専攻とは違う先輩社員しかいない場合もある。そういった時に備えてOB訪問はしたほうがいいかもしれない。
Img square screening

16卒 1次面接

Img human 16卒 | 一橋大学 |   1次面接
Q. 企業研究で行ったことを教えて下さい。
A. 採用HPの事業内容や会社の今後について書かれているページはくまなく読んで、企業研究や志望動機づくりに役立てた。その際先輩社員の紹介ページにも意外とヒントになるようなことが書いてあることが多いので、そのページもできるだけ読むようにしていた。自分はしていないが、OB訪問をできる場合はしたほうが絶対に良いと思う。その際OBの方の志望動機なども聞くと大変参考になると思う。
Img square screening

16卒 1次面接

Img human 16卒 | 慶應義塾大学 |   1次面接
Q. 企業研究で行ったことを教えて下さい。
A. この企業の場合、説明会やセミナーは参加した方が良いと感じた。セミナーにおいて、グループワークがあり、そこで各自の席が予め決められていたり、グループワークの際に使用した個人のワークシートを企業側が回収していたりしたため、何かしらの形で選考に影響していると感じた。また、エントリーシートを提出後に通過者にはリクルーターがつくため、そのリクルーターを通して、仕事内容などを詳しく聞いておくと、面接などのおいても役に立つと感じた。
10件中10件表示