メリルリンチ日本証券株式会社のロゴ写真

メリルリンチ日本証券株式会社

  • 0.0
  • 口コミ投稿数(112件)
  • ES・体験記(31件)

メリルリンチ日本証券のインターンTOP

メリルリンチ日本証券のインターン

インターンの評価

評点をもっと見る
総合評価
4.0
選考難易度
inactive
inactive
inactive
active
inactive
4.0
業界理解
inactive
inactive
inactive
active
inactive
4.0
会社理解
inactive
inactive
inactive
inactive
active
5.0
メンターのコミット
inactive
inactive
active
inactive
inactive
3.0
自己成長
inactive
inactive
inactive
active
inactive
4.0
内定直結度
inactive
inactive
inactive
active
inactive
4.0
学生のレベル
inactive
inactive
inactive
inactive
active
5.0
テーマの面白さ
inactive
inactive
inactive
active
inactive
4.0

インターンの内容(6件)

21卒 夏インターン

2019年8月開催 / 3日 / 投資銀行部門
21卒 | 東京大学 | 女性
ソニーに向けてのM&A提案

最初に企業の説明、バリュエーションについての講義が行われた。昼頃からはワークの説明があり、班に分かれてワークに取り掛かった。オフィスは7時くらいまで使えた...

17卒 夏インターン

2015年8月開催 / 3日 / 投資銀行部門
17卒 | 東京大学 |
ある会社に対する買収提案

午前中は参加者の顔合わせ、社員の紹介、グループワークの課題発表だった。午後はバリュエーションの基礎知識に関する講義を行った後グループワーク。一度投資銀行での働き方に関するトークセッションがあったものの、それ以外は常にグループワークであった。午前中はプレゼン資料の作成、午後は最終発表、その後内定者とのトークセッションがあった。最後にクロージングディナーを経て解散であった。

続きを読む

17卒 冬インターン

2016年1月開催 / 5日 / 投資銀行部門
17卒 | 慶應義塾大学 |
日系大手アパレルへの企業買収提案。

会社・部門紹介の講義、課題発表、企業分析方法や時価総額の出し方等に関するテクニカルなレクチャー。ランチは社員さんが16名(各グループ2名)いらして、お話を聞きながら取る。学生を半分に分けてそれぞれ1回ずつ交流ディナーがある。残りの時間はワーク。1日に1回フィードバックセッションがある。基本的にワークの時間。会場に随時社員さんが2名以上いらっしゃり、いつでも質問させて頂けた。また社員さんが5名ほど固まっていらして、軽いフィードバックセッションがあった。チームに対する個人の考えや就活状況の話などをする個別面談が4日目にあった。ランチは同様。

続きを読む

インターンに参加してみて

この企業に対する志望度は上がりましたか?

  • はい
  • いいえ
はい
21卒 / 東京大学 /
夏 / 3日 / 投資銀行部門

一番志望度を上げた理由は社員の雰囲気の良さです。ランチを一緒に食べる時などに話す機会はありましたが、そのときにこの会社、業界で働くことのいいところだけでな...

はい
17卒 / 慶應義塾大学 / 女性
冬 / 5日 / 投資銀行部門

外銀の1〜3年目はどの会社でもだいたいやることや学べるものは一緒であり、異なるのは企業文化や社員さんの雰囲気である。自分の心地良い雰囲気とメリルが持っている雰囲気が合致して、気持よく働く絵を思い浮かべることができたため、志望度が高まった。

続きを読む
はい
17卒 / 東京大学 / 男性
夏 / 3日 / 投資銀行部門

外資系投資銀行はそこまで人数も多くない。そのため、インターンで知り合った社員とは本当に実際に一緒に働く人となるので、自分が実際に働く姿を強くイメージすることができた。この企業の社員は一緒に働きたいと思う人が多かったので志望度が上がった。

続きを読む
閉じる もっと見る

インターンへの参加が本選考に有利になると思いましたか?

  • はい
  • いいえ
はい
17卒 / 慶應義塾大学 / 女性
冬 / 5日 / 投資銀行部門

そもそも、インターン自体が本選考の一環であり、これを通過しないとスーパーデイの最終面接に進めないため。

続きを読む
はい
17卒 / 東京大学 / 男性
夏 / 3日 / 投資銀行部門

インターン終了後、優秀者にはメンターが付き本選考までフォローされるため、本選考でも有利になると思う。

続きを読む
はい
21卒 / 東京大学 /
夏 / 3日 / 投資銀行部門

インターンシップ参加者で優秀だった人にはリクルーターがついたり、そのあと面接に呼ばれて内定をもらっている人がいる。インターンシップでいいパフォーマンスを出...

閉じる もっと見る

参加後の就職にどう影響したか

17卒 / 慶應義塾大学 / 女性
冬 / 5日 / 投資銀行部門
参加前
インターン参加前の志望企業・志望業界を教えて下さい。

[業界]金融もしくはITミドルベンチャー。優秀な人材がファーストキャリアとして選んでいる割合が高かったため。[会社]外銀大手、可能ならばトップティア。ただし選考では運要素が大きいと思っていたので、選考時点ではそれぞれ同じくらいの志望度で臨んだ。[職種]IBD。金融の中でも現場感が多いところの方が適性があったため。

続きを読む
参加後
インターンへの参加がその後の就職活動へどう影響しましたか?

外銀IBD:ITミドルベンチャー=5:5⇒8:2くらいの志望度となった。ITベンチャーにおいてゴリゴリ現場で頑張り続ける前に、大企業経営陣との仕事機会等資本主義の上層部からビジネスを見ることは、学びが大きいと思ったため。

続きを読む
17卒 / 東京大学 / 男性
夏 / 3日 / 投資銀行部門
参加前
インターン参加前の志望企業・志望業界を教えて下さい。

日本企業の経営上の意思決定に深くかかわることを通じて日本経済にポジティブなインパクトを与えられること。戦略を立てるだけでなくソリューションを提供し実行まで手伝えること。

続きを読む
参加後
インターンへの参加がその後の就職活動へどう影響しましたか?

実際に日本経済にインパクトを持てる仕事であると感じた。しかし一方でそれができるMDクラスに新卒からなるのはすごく大変なことであるとも感じた。魅力的な仕事だがその分だけ苦労もしなければならない業界であると思う。

続きを読む
21卒 / 東京大学 /
夏 / 3日 / 投資銀行部門
参加前
インターン参加前の志望企業・志望業界を教えて下さい。

投資銀行部門の人たちは何となくバリバリ働いている様子がかっこいいと思っていた。しかし、専門用語などが多く、知識がないためよくわからないと思っていた。また、...

参加後
インターンへの参加がその後の就職活動へどう影響しましたか?

M&Aを考える業務はおもしろいと思ったが、非常に激務なのを感じて、自分がどのように働きたいかを考えなければならないと改めて思った。この業界で働くには覚悟が...

閉じる もっと見る

インターン当日の感想

参加して学んだこと

17卒 / 慶應義塾大学 / 女性
冬 / 5日 / 投資銀行部門

学生だけのアウトプットではどうしても乏しい知識を土台にした議論となるので、特に前半の方向性を決めるまでは、積極的に社員さんおよびアナリストレポートなど第一線でお仕事をされている方のアドバイスを積極的に受け入れた方が良い。

続きを読む
17卒 / 東京大学 / 男性
夏 / 3日 / 投資銀行部門

インターン参加においては事前知識は求められないが、実際にはバリュエーションに関する基礎知識がある学生のほうがインターンにおいてパフォーマンスを出しやすいように感じた。

続きを読む
21卒 / 東京大学 /
夏 / 3日 / 投資銀行部門

そもそも投資銀行業務についてまったく知らなかったので、それを学べたのは非常に有意義な時間だった。また、バリュエーションの講義などもあったので、勉強になった...

閉じる もっと見る

参加して大変だったこと

17卒 / 慶應義塾大学 / 女性
冬 / 5日 / 投資銀行部門

インターン期間中、休憩時間や食事の時間も含めてずっと社員さんが傍にいるため、気を抜かずに5日間過ごすのは少し疲れる。またメリルは「デキル学生」だけでなくメリルの特殊な文化(仲良い)にも適性のある学生を探しているので、休憩時間等には自然にノリよく交流するモードに切り替えて、自分の新たな側面をアピールしなければならない。

続きを読む
17卒 / 東京大学 / 男性
夏 / 3日 / 投資銀行部門

インターン参加者はみな優秀であったが同時に自分の意見を強く主張する人が多く、意見をまとめるのがとても大変であった。そのため、初日はほとんど何も進まずとても苦労した。

続きを読む
21卒 / 東京大学 /
夏 / 3日 / 投資銀行部門

体力面で、毎日終電近くまで集まって話し合い、朝も早かった。また、投資銀行業務のことをあまり知らなかったので、わからない用語などが多かった。フィードバックの...

閉じる もっと見る

印象的なフィードバック

17卒 / 慶應義塾大学 / 女性
冬 / 5日 / 投資銀行部門

特殊な市場に果敢に挑みながらも、大変緻密な情報収集をしっかりとやり遂げており、面白い買収ストーリーに仕上がった。聞いていて楽しいプレゼンだった。

続きを読む
17卒 / 東京大学 / 男性
夏 / 3日 / 投資銀行部門

もっと班全体を見てドライブしてほしいとアドバイスされた。一歩引いて班全体を見る人がいなかったせいで進捗が遅れたとのこと。

続きを読む
21卒 / 東京大学 /
夏 / 3日 / 投資銀行部門

多くの班で数字の桁の間違いや、計算ミスを指摘されていた。やはり投資銀行なので、そのような数字には厳しく、間違えると一気に説得力がなくなると言われていた。ま...

閉じる もっと見る

選考対策

直近のインターン選考フロー

インターンES

21卒 インターンES

IBD
21卒 | 東京大学大学院 | 女性
Q. In your own words, please describe the function of the division you have selected and why have you applied to Bank of America Merrill Lynch?
A. A. 投資銀行業務は企業の大きな決定のサポートを通して経済にインパクトを与えられる上にどこまでも結果を求められると認識しているからだ。IBD業務は、案件がクローズすることで高額の手数料が入ってくる、結果が求められる厳しい業務であると認識している。私は大学の部活動において...

20卒 インターンES

投資銀行部門
20卒 | 慶應義塾大学大学院 | 男性
Q. バンクオブアメリカ・メリルリンチおよび第1志望部門(投資銀行・資本市場部門)のサマージョブへの応募理由をご記入ください。(300文字以内)
A. A. 投資銀行は、「製造業界における日本の存在感を取り戻す」という私の志を叶える1つの道だと考えるからだ。私は、あるベンチャー企業と共同で研究をしている。その企業は世界に通じうるレベルの技術力を持つが、経営陣が現状に妥協してしまって、技術力を最大限発揮できていないように...

20卒 インターンES

投資銀行部門
20卒 | 東京大学大学院 | 男性
Q. ・バンクオブアメリカ・メリルリンチおよび第1志望部門のサマージョブへの応募理由をご記入ください。(300文字以下)
A. A. 私は物事を成す時にその根本的な成因を考え、それが大局にどう影響するのかを考えるのが好きだ。それ故大学では万物の根本原理である物理を専攻した。企業やその周囲の環境の成因を考え、適した成長戦略をM&Aなど専門的な手法で支援し実現する投資銀行業務には、この上ないやりがい...

19卒 インターンES

営業
19卒 | 早稲田大学 | 男性
Q. バンクオブアメリカ・メリルリンチおよび第1志望部門のサマージョブへの応募理由をご記入ください。 (日本語) 300文字以下
A. A.
投資銀行部門を志望する理由は、貴部門の方々と環境に非常に魅力を感じたからだ。私は仕事を選ぶ際、人と環境を重視している。その中で私は仕事に対して主体的に取り組むことがとても好きなため、自分の意見やアイディアを発信することが良しとされているような環境で働きたいと思っている。合同説明会での貴社の方々の様子を見ていて、年次や国籍等で壁を作ることなく、皆がとても仲が良かったのが印象的で、私はここでなら自分の主体性を存分に発揮して働けるだろうと感じた。しかし、実際の業務のイメージが湧いていないため、本インターンシップを通じて業務への理解を深めたい。 続きを読む

18卒 インターンES

総合職
18卒 | 京都大学大学院 | 男性
Q. バンクオブアメリカ・メリルリンチ及び第一志望部門のサマージョブへの応募理由をご記入ください(日本語)
A. A.
志望理由は、インターンを通じて、現在興味を持っている投資銀行部門の業務内容をより理解すると共に、貴社のカルチャーを体感したいからです。興味を持った要因は三つあります。一つ目は関わる業界の幅広さです。研究室において、過去の研究や他人の発表から知識が広がることに楽しみを感じており、この好奇心旺盛な性格は、専門分野以外への興味にも繋がり、様々な業界に関わる仕事に就きたいと考えるようになりました。二つ目は扱う案件の大きさです。アメリカとドイツに親戚が居たことから、これまで海外に行く機会が多く、そこで日本企業の活躍を見るたび誇らしく思いました。この経験から、クライアントの経営を左右する大きな意思決定に携わり、世界での日本企業のプレゼンスの向上に貢献できることに魅力を感じています。三つ目は適性があると考えたからです。私は人から感謝された時に最も心が満たされます。つまりプロジェクトを成功させ、クライアントから信用を得ることにやりがいを感じ、それは困難な案件であるほど大きくなります。逆境をもチャンスと捉えることができ、意欲が掻き立てられるため、激務で有名な投資銀行業務で力を発揮できると考えています。 続きを読む

インターン面接

21卒 夏インターン 最終面接

2019年8月開催 / 3日 / 投資銀行部門
21卒 | 東京大学 | 女性
Q. 志望動機を教えてください。
A. 私は御社を志望した理由は主に2つあります。第一に、私は御社が世界中にクライアントを持っていることに関心があります。私は将来世界経済に関わっていたいと思っており、規模と影響力の大きい御社ではそれが可能だと思いました。第二に、御社の人に惹かれました。例え忙しくても、協働する人が良ければ最大限に力を発揮できることが分かりました。説明会で見た御社の社員の方々は同僚のことを大切に思っており尊敬できる方...

17卒 夏インターン 最終面接

2015年8月開催 / 3日 / 投資銀行部門
17卒 | 一橋大学 |
Q. 企業選びの軸は何ですか?
A. それは二つあります。一つ目は実力主義であることです。私は中高と野球部であり実力主義の世界に属していました。大学では実力主義とは無関係のサークルに入ったのですが、自分の中で実力主義の世界に身を置いていた時の方が自分の中のモチベーションが高いままで維持することが出来るということに気づいたからです。二つ目は、チームで仕事をすることに重きをおいていることです。中高と野球部に所属しチームで動くことの大...